日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

2020年が東京オリンピックですが、なにか危機的な状況が、その前後に来るにちがいないという確信のようなものがあって。(6)

・amazonに「核兵器」とうちこめば、871件の書籍が分かります。「兵頭二十八」と入れれば、112冊の書籍がでてきます。最近の本は『「地政学」は殺傷力のある武器である』、『隣の大国をどう斬り伏せるか』等です。日本の核装備には専門家の数だけ見解がある…

2020年が東京オリンピックですが、なにか危機的な状況が、その前後に来るにちがいないという確信のようなものがあって。(5)

『宇宙からの大予言』 迫り来る今世紀最大の危機にそなえよ 松原照子 現代書林 1986/12 <ズバリ予言の驚異> <レーガン大統領の身辺> ・1985年4月、事務所で原稿用紙を前に雑文でも書こうとデスクに向かっていたときです。後ろに人の気配を感じ、振り返…

2020年が東京オリンピックですが、なにか危機的な状況が、その前後に来るにちがいないという確信のようなものがあって。(4)

『巡航ミサイル1000億円で中国も北朝鮮も怖くない』 北村淳 講談社 2015/3/23 <中国軍の対日戦略が瓦解した日> ・現実には(2015年3月現在)日本には中華人民共和国に対してだけでなく、いかなる国に対しても海を越えて報復攻撃を実施する軍事力は存在しな…

2020年が東京オリンピックですが、なにか危機的な状況が、その前後に来るにちがいないという確信のようなものがあって。(3)

『カルト・陰謀 秘密結社 大事典』 アーサー・ゴールドワグ 河出書房新社 2010/10/9 <エリア21、ステルス飛行物体、マジェスティック12、異星人による誘拐、神の宣託> ・エリア51はさまざまな名称で知られている。グルーム湖、ドリームランド、居心地の良…

2020年が東京オリンピックですが、なにか危機的な状況が、その前後に来るにちがいないという確信のようなものがあって。(2)

<ウェブサイト「天下泰平」(滝沢泰平公式ブログ)(2016/12/28)より引用> 『SECRET SPACE PROGRAM いま私たちが知って受け入れるべき【この宇宙の重大な超現実】』 陰謀論をはるかに超えていた《リアルUFOと異星人》 高島康司 ヒカルランド 2016/12/26 ●…

2020年が東京オリンピックですが、なにか危機的な状況が、その前後に来るにちがいないという確信のようなものがあって。(1)

『高島康司の未来激変‼ 2019~2024年』 ここ数年で、世界の風景は一変。私たちは今、大きな歴史の「転換点」にいる。 高島康司 著 聞き手:喜多見龍一 ヴォイス 2018/12/28 <これからの変化のキーワード、「抑圧されたものの怨念は爆発する」> ・(ヤス) …

菅義偉は、多くの二世政治家や官僚出身の国会議員に見られるような門閥や学閥の背景を持ち合わせていない。(3)

『日本政治のウラのウラ』 証言・政界50年 森喜朗 田原総一朗 講談社 2013/12/10 <ラグビー部退部> ・ラグビー部を退部する以上、大学も辞めなければいけないと思って、大西鉄之祐監督のところに行きました。「ラグビー部を辞めますから、大学も辞めます」…

菅義偉は、多くの二世政治家や官僚出身の国会議員に見られるような門閥や学閥の背景を持ち合わせていない。(2)

『心をつかむ力』 勝率90%超の選挙プランナーがはじめて明かす! 三浦博史 すばる舎 2011/1/20 <プロパガンダ> ・プロパガンダとは、簡単な例を挙げれば「本来嫌いだったものを好きにさせる」ために相手をうまく誘導する技術です。自分の属性を際立たせる…

菅義偉は、多くの二世政治家や官僚出身の国会議員に見られるような門閥や学閥の背景を持ち合わせていない。(1)

『総理の影』 菅義偉の正体 史上最強の官房長官を完全解剖! 森巧 小学館 2016/8/29 <秋田から上京した農家の青年は、いかにして最高権力者となったのか。> ・菅義偉(よしひで)が生まれ、少年時代を過ごした秋田県雄勝郡秋ノ宮村は、そんな自然の恵みと…

ベーシックインカムは究極のセーフティーネットであり、まさに税と社会保障の一体改革そのものなのです。(9)

・「みんなの党」渡辺代表の8億円の借入金の問題がメディアをにぎわせたことがありました。政治家とカネの問題は、昔は汚職問題等で政治の後進性が問題になりましたが、現代ではインターネット献金などの個人献金が問題になります。実際に選挙に金がかかるよ…

ベーシックインカムは究極のセーフティーネットであり、まさに税と社会保障の一体改革そのものなのです。(8)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・ポストコロナの時代は、「災いを転じて福となす」ということでしょう。 デジタルトランスフォーメーション(DX)への変革も加速度を増しそうです。テレワーク(在宅勤務)も普及するようです。さまざまな…

ベーシックインカムは究極のセーフティーネットであり、まさに税と社会保障の一体改革そのものなのです。(7)

<津波がまちを襲う> ・マグニチュード9.0というわが国の観測史上最大規模の巨大地震とそれが引き起こした津波は、東日本の太平洋岸に大きな被害をもたらした。なかでも岩手県の三陸沿岸中部に位置する大槌町は、今回の震災で最大の被害を出した市町村のひ…

ベーシックインカムは究極のセーフティーネットであり、まさに税と社会保障の一体改革そのものなのです。(6)

<レゾンデートルの終焉> ・周囲の反対を押し切って政経塾をつくった松下幸之助には、確かに先見の明があったのだろう。「普通」の若者に国政への道を開いたのは、紛れもなく彼の功績だった。かつての塾生たちが、大きなリスクを承知で政経塾に進んだことに…

ベーシックインカムは究極のセーフティーネットであり、まさに税と社会保障の一体改革そのものなのです。(5)

『低欲望社会』 大前研一 小学館 2015/4/23 <飯を食うスキル> ・シリコンバレーは、日本では生まれない。となると、やはり日本はドイツやスイスと同様に、日本の昔の制度でもある「職人の育成」で勝負していくしかない。 ところが、アメリカの真似をして大…

ベーシックインカムは究極のセーフティーネットであり、まさに税と社会保障の一体改革そのものなのです。(4)

『病気にならない人の「考え方」』 「治す」から「守る」へー“予防医療”という選択 折茂肇 池森賢二 ダイヤモンド社 2013/2/16 <「100歳までの健康長寿」の人々の知恵に学ぶ> ・最近の日本では100歳を超えて長生きする人の数が急速に増えていて1963年には…

ベーシックインカムは究極のセーフティーネットであり、まさに税と社会保障の一体改革そのものなのです。(3)

<時代遅れ㉗ 政治家の発言やメディアの報道を疑いなく信じる> ・生産性を高める法則㉗ 報道を鵜呑みにせず、誰が何のためにした報道かを考え、直接情報源にあたる。 <時代遅れ㉘ 上から与えられた民主主義を、無批判に享受> ・生産性を高める法則㉘ 金融…

ベーシックインカムは究極のセーフティーネットであり、まさに税と社会保障の一体改革そのものなのです。(2)

<日本が北欧諸国を真似るのは非現実的> ・日本が、神奈川県や兵庫県ほどの人口しかない北欧諸国のように、「非常に大きな政府」を目指すことはほとんど不可能に思われる。 日本は一部西欧諸国のような「大きな政府」を目指すのか。それとも、増税は一時的…

ベーシックインカムは究極のセーフティーネットであり、まさに税と社会保障の一体改革そのものなのです。(1)

『ポストコロナの「日本改造計画」』 竹中平蔵 PHP 2020/7/30 <新型コロナウイルスのパンデミック> <今後に向けた前向きの改革の大きなチャンスをもたらしている> ・歴史を振り返ると、このようなパンデミックは大きく二つの教訓をもたらしてきました…

私は、中国の崩壊というのは、パンデミックによって実現するかもしれないと思っています。宋と元はペスト、明はコレラによって滅んだという側面があるからです。(13)

・「中世ドイツの領主のほとんどは『異人』かその末裔であった」そうですが、中世では地主が圧倒的な力を持っていたようです。それに反してユダヤ人は狭いゲットー(ヨーロッパ諸都市内でユダヤ人が強制的に住まわされた居住地区)に住み、両替商や金貸しや…

私は、中国の崩壊というのは、パンデミックによって実現するかもしれないと思っています。宋と元はペスト、明はコレラによって滅んだという側面があるからです。(12)

・マクモニーグルという米国の未来透視者によると「23世紀と24世紀の2度に渡って世界大戦があり、人類の人口が6分の1に減る」といわれます。そして「核兵器や化学兵器も使われるが、ペスト菌のような細菌兵器が使われる」そうです。20世紀には「第3次世界大…

私は、中国の崩壊というのは、パンデミックによって実現するかもしれないと思っています。宋と元はペスト、明はコレラによって滅んだという側面があるからです。(11)

・「アメリカもヨーロッパもロシアも、もはや力がない。つまり、これまで世界を支配してきた「白人」の指導力の衰えが明確になっているということだ」といわれます。はたしてマスターレイス(支配人種)の力が衰えてきているのでしょうか。金髪碧眼のマスタ…

私は、中国の崩壊というのは、パンデミックによって実現するかもしれないと思っています。宋と元はペスト、明はコレラによって滅んだという側面があるからです。(10)

『沈黙の大陸』 (アトランティス・ミステリー) (南山宏著)(学研) 1996/10 <ケイシーのリーディングが描くアトランティス> ・「ケイシーの行なったリーディングの全ては、彼が1931年米国バージニア州バージニア・ビーチに創設した<研究啓発協会…

私は、中国の崩壊というのは、パンデミックによって実現するかもしれないと思っています。宋と元はペスト、明はコレラによって滅んだという側面があるからです。(9)

『人類アカシャ全史』 (ゲリー・ボーネル+古川益三) (ボイス) 2002/2 <ゲリー・ボーネルのヒトラーに関する説明「終戦時のヒトラーは影武者だった」> ・ ヒトラーは、ホワイト・ブラザーフッドの儀式を受けたメンバーです。ホワイト・ブラザーフッド…

私は、中国の崩壊というのは、パンデミックによって実現するかもしれないと思っています。宋と元はペスト、明はコレラによって滅んだという側面があるからです。(8)

『霊知の源泉 アトランティスからの未来リーディング』 地球大変動のシンクロニシティ ジャーリー・アンドリュース 徳間書店 2011/2/1 <クロマニョン人の起源とアトランティス文明発祥の謎> <10万年前に出現した人類は、直観と理性の力で繁栄を築きあげ…

私は、中国の崩壊というのは、パンデミックによって実現するかもしれないと思っています。宋と元はペスト、明はコレラによって滅んだという側面があるからです。(7)

<ウイルスと人間の終わりなき戦い> <最悪のウイルス・エボラ> ・感染後の潜伏期間は短く、症状は、発熱や頭痛を覚えた後、全身の穴という穴から出血する。 出血が起きれば、およそ3週間以内に死亡するとされ、その確率は、なんと50~90%にもなる。 しか…

私は、中国の崩壊というのは、パンデミックによって実現するかもしれないと思っています。宋と元はペスト、明はコレラによって滅んだという側面があるからです。(6)

<●●インターネット情報から●●> 「三峡ダム」の恐怖! 攻撃されたら万事休す・・・軍壊滅、民は「億単位で飲み込まれる」=中国メディア (サーチナ) 中国の軍事情報サイト「捷訊網」は21日、米国や台湾と戦争の事態になった場合、三峡ダムがミサイル攻…

私は、中国の崩壊というのは、パンデミックによって実現するかもしれないと思っています。宋と元はペスト、明はコレラによって滅んだという側面があるからです。(5)

《雇用 ▶「流通サービス業」の人材不足は一層深刻に 海老原嗣生》 ・少子高齢化等の影響を受け2020年には各企業で人員が不足すると懸念されている。かといってどの業界でも人員不足になるかといえばそうともいえない。前期高齢者の雇用促進、女性の社会参加…

私は、中国の崩壊というのは、パンデミックによって実現するかもしれないと思っています。宋と元はペスト、明はコレラによって滅んだという側面があるからです。(4)

『中国の崩壊が始まった!』 日下公人 石平 ワック 2008/6/28 <独裁政権の常として、中国共産党政権はいずれ対外的冒険主義の道に走ってしまうのではないか、という危惧> ・石;しかし、中国国内で内乱が起きるとしても、その内乱を抑えるために、いっそ台…

私は、中国の崩壊というのは、パンデミックによって実現するかもしれないと思っています。宋と元はペスト、明はコレラによって滅んだという側面があるからです。(3)

『無防備列島』 志方俊之 海竜社 2006/6/23 <生物テロの被害を局限する備えを構築せよ> <人類の新たな敵、SARSウィルス、天然痘ウィルス・・・・> ・我が国は地下鉄サリン事件のオウム集団に対して、破壊活動防止法を適用し、これを徹底的に壊滅させ…

私は、中国の崩壊というのは、パンデミックによって実現するかもしれないと思っています。宋と元はペスト、明はコレラによって滅んだという側面があるからです。(2)

『パンデミック・マップ』 伝染病の起源・拡大・根絶の歴史 サンドラ・ヘンベル 日経ナショナルグラフィック 2020/2/14 <人類と伝染病の闘い> ・14世紀にヨーロッパに壊滅的な被害をもたらしたペストから、19世紀に流行して多数の死者を出したコレラ、毎年…