読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

成長戦略に多くの政策があるが、あえて要約すると、「規制緩和」「女性の活用」「TPPの推進」「大幅な法人税減税の実施」の4つの柱になる。(4)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・政府のホームページを見ますと多用な成長戦略の具体化が見られます。「女性が輝く日本!」ということで、女性管理職登用を促進することをうたった法律も可決されました。政府にはベスト&ブライテストが集結…

成長戦略に多くの政策があるが、あえて要約すると、「規制緩和」「女性の活用」「TPPの推進」「大幅な法人税減税の実施」の4つの柱になる。(3)

『 COURRiER April 2016』 『「無条件に月13万円をお渡しします」人生を変える社会実験が始まった』(ベーシックインカム 貧困対策の“切り札”をめぐる欧州各国の議論沸騰) 何もしなくても最低限の生活費が保障されるとしたら、あなたは働くだとうか?究極の…

成長戦略に多くの政策があるが、あえて要約すると、「規制緩和」「女性の活用」「TPPの推進」「大幅な法人税減税の実施」の4つの柱になる。(2)

『日本の論点 2016~2017』 大前研一 プレジデント社 2015/11/13 <「事実」と「論理」の積み重ねから結論を導き出せ!> <「言わぬが花」の美徳は世界では通用しない> ・これからも欧米との付き合いは続くし、中国やインドなどの新興大国も西洋思想に馴化…

成長戦略に多くの政策があるが、あえて要約すると、「規制緩和」「女性の活用」「TPPの推進」「大幅な法人税減税の実施」の4つの柱になる。(1)

『世界が日本経済をうらやむ日』 浜田宏一 安達誠司 幻冬舎 2015/1/31 ◎「インフレ目標」が最も重要 ◎銀行貸し出しが増えないのに、なぜ景気が回復したのか ◎小泉内閣の構造改革に欠けていたもの ◎非正規雇用が激増した理由 ◎現在の株価はバブルではない ◎世…

そこで、各地のネットユーザーが「人肉捜索(=人物特定)」を開始したところ、暴徒のリーダーたちは何と現地の公安警察官であることが実名とともに明らかになったのだ。(3)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・2017年5月22日、6人の日本人がスパイ容疑で逮捕・拘束されているというニュースが流れています。家族の方々も心配のことでしょう。何があったのでしょうか。 中国の公安当局も担当者が多すぎて、自国民を取…

そこで、各地のネットユーザーが「人肉捜索(=人物特定)」を開始したところ、暴徒のリーダーたちは何と現地の公安警察官であることが実名とともに明らかになったのだ。(2)

『中国の崩壊が始まった!』 日下公人 石平 ワック 2008年6月28日 <独裁政権の常として、中国共産党政権はいずれ対外的冒険主義の道に走ってしまうのではないか、という危惧> ・石;しかし、中国国内で内乱が起きるとしても、その内乱を抑えるために、いっ…

そこで、各地のネットユーザーが「人肉捜索(=人物特定)」を開始したところ、暴徒のリーダーたちは何と現地の公安警察官であることが実名とともに明らかになったのだ。(1)

『常識ではあり得ない中国の裏側』 中国人だからよくわかる 陳破空 ビジネス社 2016/12/22 <中国共産党こそ歴史上最大の“穀潰し”―—なぜ、中国は2006年まで食糧援助を受けていたのか?> ・「一番大きな問題は飯を食うこと」「共産党は13億人を養ってきた!…

こうした危機感は、ドナルド・トランプが、アメリカ国家にとって最も重要な安全保障問題について経験や見識がまったくないことから生じている。だがアメリカはこの8年間、それこそ経験も見識もないオバマ大統領のもとで、外交、戦略上の失敗を繰り返してきた。(6)

・首都直下地震津波や南海トラフ巨大地震津波が発生する確率は、東日本大震災を機会に、地震研究所や危機管理機関の警告も「発生確率が非常に高い」という深刻なものに変っております。ひとつでも大地震が起これば、200兆円の損害、2つで400兆円以上の損害…

こうした危機感は、ドナルド・トランプが、アメリカ国家にとって最も重要な安全保障問題について経験や見識がまったくないことから生じている。だがアメリカはこの8年間、それこそ経験も見識もないオバマ大統領のもとで、外交、戦略上の失敗を繰り返してきた。(5)

・日本の核シェルターはほとんどありませんが、周辺諸国が核兵器や「貧者の核兵器」といわれる細菌兵器、化学兵器を対米決戦に向けて、整備に余念がないそうです。核シェルターも米ソの核戦争の危機、第3次世界大戦の危機以来、特に主要国では整備されており…

こうした危機感は、ドナルド・トランプが、アメリカ国家にとって最も重要な安全保障問題について経験や見識がまったくないことから生じている。だがアメリカはこの8年間、それこそ経験も見識もないオバマ大統領のもとで、外交、戦略上の失敗を繰り返してきた。(4)

『円高は日本の大チャンス』 「つくって売る」から「買って儲ける」へ 堀川直人 PHP 2010/12 <いまの政治家は「使命を忘れたカナリア」> ・歌を忘れたカナリアに、歌を思い出させるというか、「稼ぐ」ことや、「国を豊かにする」という本来の使命を忘れ…

こうした危機感は、ドナルド・トランプが、アメリカ国家にとって最も重要な安全保障問題について経験や見識がまったくないことから生じている。だがアメリカはこの8年間、それこそ経験も見識もないオバマ大統領のもとで、外交、戦略上の失敗を繰り返してきた。(3)

『悪魔の情報戦略』 隠された「真実」を看破する戦略的視点 浜田和幸 ビジネス社 2004/4/1 <中国有人飛行成功の裏に隠された情報戦略> ・国民の平均年収が8万円でありながら、3000億円近い経費を投入した今回の打ち上げに対しては、内外から批判的な見方も…

こうした危機感は、ドナルド・トランプが、アメリカ国家にとって最も重要な安全保障問題について経験や見識がまったくないことから生じている。だがアメリカはこの8年間、それこそ経験も見識もないオバマ大統領のもとで、外交、戦略上の失敗を繰り返してきた。(2)

『いまアメリカで起きている本当のこと』 日本のメディアが伝えない世界の新潮流 日高義樹 PHP 2011/3/19 <核戦争の危機が高まっている> ・冷戦時代は、二つの超大国が核兵器を保有していたため、抑止力によって核戦争が起きなかった。だが、北朝鮮とイ…

こうした危機感は、ドナルド・トランプが、アメリカ国家にとって最も重要な安全保障問題について経験や見識がまったくないことから生じている。だがアメリカはこの8年間、それこそ経験も見識もないオバマ大統領のもとで、外交、戦略上の失敗を繰り返してきた。(1)

『「核の戦国時代」が始まる』 日本が真の独立国になる好機 日高義樹 PHP 2016/7/13 <イスラエルの核兵器保有> ・イスラエルはすでに核兵器を保有しているが、これまではこの核兵器を使ってテヘランやモスクワを攻撃するといった基本戦略を明らかにはし…

日本で女性の労働者は全体の43%を占めています。その女性たちの生産性が高くないのであれば、日本の「第27位」という低い水準を説明できる大きな要因になります(3)

<●●インターネット情報から●●> 「三井マリ子著『月刊自治研』2004年1月号」 「衆院選が終わった。 「女性は社会のほぼ半分を占めるのだから、社会のしくみを決める場でもほぼ半分を占めるようにしよう」という私にとって至極当たり前の目標は、今回も一顧…

日本で女性の労働者は全体の43%を占めています。その女性たちの生産性が高くないのであれば、日本の「第27位」という低い水準を説明できる大きな要因になります(2)

『稼ぐ力』 仕事がなくなる時代の新しい働き方 大前研一 小学館 2013/9/5 <韓国やドイツに学ぶグローバル化の“起爆剤”> ・まず韓国では、1997年のアジア通貨危機の際、IMF(国際通貨基金)の管理下に置かれた屈辱から、国策でグローバル化を推進したの…

日本で女性の労働者は全体の43%を占めています。その女性たちの生産性が高くないのであれば、日本の「第27位」という低い水準を説明できる大きな要因になります(1)

『デービッド・アトキン 新・所得倍増論』 潜在能力を活かせない「日本病」の正体と処方箋 デービッド・アトキン 東洋経済新報社 2016/12/22 <日本は先進国でもっとも生産性が低く、もっとも貧困率が高い> ・皆さんが学校でこんなに熱心に勉強して、塾にも…

この「身体検査」という言葉は、安倍内閣のときに一気に有名になった、一種の隠語である。要するに、登用しようとする政治家に金銭や異性の問題はないか、事前に行う調査のことだ。(9)

・私たち一般人には、難しい外交の話は分かりませんが、今回は外務省の職業外交官「チャイナ・スクール」の面々の見解・予測、経験を重要視するべき時だといわれます。「チャイナ・スクール」の面々は、はたして何を知っているのでしょうか。 ・機能しない経…

この「身体検査」という言葉は、安倍内閣のときに一気に有名になった、一種の隠語である。要するに、登用しようとする政治家に金銭や異性の問題はないか、事前に行う調査のことだ。(8)

・とにかく人口問題の深刻さは、日本の甘い有識者の想像を絶するもののようです。テレビなどで街角で中国の市民が溢れ出てくるようなシーンがありますが、人口問題は中国最大のタブーなのではないのでしょうか。13億人のマーケットと考えている日本のビジネ…

この「身体検査」という言葉は、安倍内閣のときに一気に有名になった、一種の隠語である。要するに、登用しようとする政治家に金銭や異性の問題はないか、事前に行う調査のことだ。(7)

『中国はもう終わっている』 黄文雄、石平 徳間書店 2013/9/30 <地方政府の崩壊が秒読み> ・地方政府の税収は、その大半を中央政府に吸い上げられるシステムになっています。そこで、2006年あたりから、地方政府は土地の使用権を転売することで自主財源を…

この「身体検査」という言葉は、安倍内閣のときに一気に有名になった、一種の隠語である。要するに、登用しようとする政治家に金銭や異性の問題はないか、事前に行う調査のことだ。(6)

『エコノミスト 2016.2.2』 特集:丸わかり 激震!中国 ◇失速する経済、資源暴落 ◇世界に広がる負の連鎖 『崩壊防ぐのに必死の習政権 経済成長は鈍化する (遠藤誉)』 <共産党支配の限界> ・習近平主席は共産党の一党支配を維持するのに懸命だ。さまざま…

この「身体検査」という言葉は、安倍内閣のときに一気に有名になった、一種の隠語である。要するに、登用しようとする政治家に金銭や異性の問題はないか、事前に行う調査のことだ。(5)

『天国の真実』 マシューブック1 マシューが教えてくれる天国の生活 スザン・ワード ナチュラル・スピリット 2006/10/10 <パートナーシップ> (スザン)同性愛のパートナーは、両者が望めばニルヴァーナ(涅槃・天国)でもそのつながりを継続できるの? …

この「身体検査」という言葉は、安倍内閣のときに一気に有名になった、一種の隠語である。要するに、登用しようとする政治家に金銭や異性の問題はないか、事前に行う調査のことだ。(4)

『遠野物語拾遺 retold』 柳田國男 × 京極夏彦 角川学芸出版 2014/6/10 (171) この鍛冶屋の権蔵は川狩り巧者であった。夏になると本職の鍛冶仕事にはまるで身が入らなくなる。魚釣りに夢中になってしまうのである。 ある時。 権蔵は山の方の川に岩魚釣りに…

この「身体検査」という言葉は、安倍内閣のときに一気に有名になった、一種の隠語である。要するに、登用しようとする政治家に金銭や異性の問題はないか、事前に行う調査のことだ(3)

『職場のLGBT読本』 柳澤正和、村木直紀、後藤純一 実務教育出版 2015/7/22 <LGBTを知っていますか?> ・LGBTは、Lesbian(レズビアン)、 Gay(ゲイ)、Bisexual (バイセクシュアル)、transgender(トランスジェンダー)の頭文字をとった、…

この「身体検査」という言葉は、安倍内閣のときに一気に有名になった、一種の隠語である。要するに、登用しようとする政治家に金銭や異性の問題はないか、事前に行う調査のことだ(2)

『晋三よ!国滅ぼしたもうことなかれ』 ~傘張り浪人人生決起する~ 亀井静香 メディア・パル 2014/11/29 <小学校3年生のときに迎えた敗戦のショック> ・吉田茂や岸信介は小さな抵抗はしたかもしれないが、大きな流れでいえば従米路線を進め、それが自民党…

この「身体検査」という言葉は、安倍内閣のときに一気に有名になった、一種の隠語である。要するに、登用しようとする政治家に金銭や異性の問題はないか、事前に行う調査のことだ(1)

『堂々たる政治』 与謝野馨 新潮社 2008/4 <官房長官として30日> ・「与謝野さんは事務所費の件、大丈夫ですか」 「うちは事務所費に関しては税理士を入れ、ちゃんと過去の分も監査しているし、いまは1ヶ月に1回、税理士の人が来て、全部点検していますよ…

経済学者でさえも、なぜTPPが重要なのかということについて、きちんと説明できないからです。疑問なのは、なぜ政治的資本をTPPのようなものに費やさないといけないのかということです。(3)

『選挙の裏側ってこんなに面白いんだ!スぺシャル』 三浦博史 前田和男 ビジネス社 2007/6 <大手広告代理店が選挙を仕切る?><去勢された日本の大手広告代理店> ・ちょっと選挙をかじったことがある人は「実は、選挙は大手広告代理店の電通が仕切ってい…

経済学者でさえも、なぜTPPが重要なのかということについて、きちんと説明できないからです。疑問なのは、なぜ政治的資本をTPPのようなものに費やさないといけないのかということです。(2)

『日本の論点 2015~16』 大前研一 プレジデント社 2014/11/14 <さて、今の日本にとって最大の論点は何だろうか。> ・種切れのアベノミクス、冷え込んだ中国や韓国との関係、集団的自衛権と日本の安全保障、歯止めのかからない少子高齢化、グローバルな人…

経済学者でさえも、なぜTPPが重要なのかということについて、きちんと説明できないからです。疑問なのは、なぜ政治的資本をTPPのようなものに費やさないといけないのかということです。(1)

『2020年 世界経済の勝者と敗者』 ポール・クルーグマン、浜田宏一 講談社 2016/1/25 <TPPは日本の問題かアメリカの問題か—―浜田> ・かつて、私はTPP(環太平洋経済連携協定)は日本の問題だと思っていました。しかし実際のところ、TPPをもたつか…

≪世界標準≫の国際法の見地からすれば、個別的自衛権はよいが、集団的自衛権は行使できないとする以前の憲法解釈のほうが、明らかに異常で非常識なのだ。そのため、限定的にもそれを修正した今回の安保関連法は正しい、と筆者は考える。(3)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・米ソの冷戦時代には、スイス(人口790万人)は相当熱を入れて、核シェルターを作っていたようです。ヨーロッパの長い戦乱の時代が、スイスを永世中立国にしたようです。現代では、核戦争の世界大戦があって…

≪世界標準≫の国際法の見地からすれば、個別的自衛権はよいが、集団的自衛権は行使できないとする以前の憲法解釈のほうが、明らかに異常で非常識なのだ。そのため、限定的にもそれを修正した今回の安保関連法は正しい、と筆者は考える。(2)

『円高は日本の大チャンス』 「つくって売る」から「買って儲ける」へ 堀川直人 PHP 2010/12 <いまの政治家は「使命を忘れたカナリア」> ・歌を忘れたカナリアに、歌を思い出させるというか、「稼ぐ」ことや、「国を豊かにする」という本来の使命を忘れ…

≪世界標準≫の国際法の見地からすれば、個別的自衛権はよいが、集団的自衛権は行使できないとする以前の憲法解釈のほうが、明らかに異常で非常識なのだ。そのため、限定的にもそれを修正した今回の安保関連法は正しい、と筆者は考える。(1)

図解 図25枚で 『世界基準の安保論がスッキリわかる本』 高橋洋一 すばる舎 2016/7/16 <戦後の戦争の基礎データは、日本周辺が世界の中でも「戦争リスクが高い危険地帯」であることを教えてくれる。> <大戦後、2007年までに世界では「戦争」が38回起こっ…

デフレ不況を十数年も放置してきた責任の大半は日銀にあるのだ。リーマン危機以来、アメリカは通貨供給量を3倍に増やすなどを米英中韓その他主要国の中央銀行は猛然と紙幣を刷り景気を刺激した。(3)

『エコノミスト 2016.4.19』 <識者7人が採点 黒田日銀3年の評価> <70点 失業率低下が政策の正しさを証明 2%未達は消費税増税が原因 (高橋洋一)> ・この3年の日銀を評価する基準は2つある。失業率とインフレ率だ。 まず完全失業率は3.3%(2月時点)ま…

デフレ不況を十数年も放置してきた責任の大半は日銀にあるのだ。リーマン危機以来、アメリカは通貨供給量を3倍に増やすなどを米英中韓その他主要国の中央銀行は猛然と紙幣を刷り景気を刺激した。(2)

『「新富裕層」が日本を滅ぼす』 金持が普通に納税すれば、消費税はいらない! 武田知弘 著 森永卓郎 監修 中央公論新社 2014/2/7 <必要なのは経済成長や消費増税ではなく、経済循環を正しくすることなのだ> ・世界の10%以上の資産を持っているのに、たっ…

デフレ不況を十数年も放置してきた責任の大半は日銀にあるのだ。リーマン危機以来、アメリカは通貨供給量を3倍に増やすなどを米英中韓その他主要国の中央銀行は猛然と紙幣を刷り景気を刺激した。(1)

『アメリカは日本経済の復活を知っている』 浜田宏一 講談社 2013/1/8 <白川方明という名の優秀な学生> ・経済学者として長い間、教鞭をとってきた私だが、学生に「大学院に進んでみないか」と声をかけることは少ない。本人に能力がなければ、あとから、本…

本来はグローバリズムで日本人が得をすることはないのに、あたかも得するかのような錯覚を与えることになる。しかし、TPPの目的は、「関税自主権という国家の主権を奪う」ことなのに、それが隠されて、どんどん国内に入ってきてしまうのは、やはり危ない(6)

・amazonに「日中戦争」といれますと8025件、「米中戦争」といれますと139件の書籍が分かります。「日中戦争」の本が多いのは、第2次世界大戦のものが多いからでしょう。自衛隊と人民解放軍の兵器を比較したカラー写真の雑誌や本も多く出版されたりしました…

本来はグローバリズムで日本人が得をすることはないのに、あたかも得するかのような錯覚を与えることになる。しかし、TPPの目的は、「関税自主権という国家の主権を奪う」ことなのに、それが隠されて、どんどん国内に入ってきてしまうのは、やはり危ない(5)

『2013年、米中戦争勃発す!』 テッド・G・カーペンター 河出書房新社 2007/1 <米中衝突の危機><きしみつづける米中関係> ・アメリカの強硬路線派は、このように最近とみに態度を硬化させており、下院の「中華人民共和国に関するアメリカの国家安全保障…

本来はグローバリズムで日本人が得をすることはないのに、あたかも得するかのような錯覚を与えることになる。しかし、TPPの目的は、「関税自主権という国家の主権を奪う」ことなのに、それが隠されて、どんどん国内に入ってきてしまうのは、やはり危ない(4)

『巡航ミサイル1000億円で中国も北朝鮮も怖くない』 北村淳 講談社 2015/3/23 <中国軍の対日戦略が瓦解した日> ・現実には(2015年3月現在)日本には中華人民共和国に対してだけでなく、いかなる国に対しても海を越えて報復攻撃を実施する軍事力は存在しな…

本来はグローバリズムで日本人が得をすることはないのに、あたかも得するかのような錯覚を与えることになる。しかし、TPPの目的は、「関税自主権という国家の主権を奪う」ことなのに、それが隠されて、どんどん国内に入ってきてしまうのは、やはり危ない(3)

『リベラルタイム』 2015/12 特集『5年後の「日本社会」』 《政治 ▶景気回復なら次期首相は「谷垣禎一氏」 平河敦》 ・安倍晋三首相は内閣改造後、経済最優先を唱え、「新3本の矢」を掲げたが、3年後、安倍首相が後継に谷垣氏を指名できれば自民党は安泰。一…

本来はグローバリズムで日本人が得をすることはないのに、あたかも得するかのような錯覚を与えることになる。しかし、TPPの目的は、「関税自主権という国家の主権を奪う」ことなのに、それが隠されて、どんどん国内に入ってきてしまうのは、やはり危ない(2)

『独走する日本』 精神から見た現在と未来 日下公人 PHP 2007/11/5 <日本は「原子爆弾を持て」という結論になる> ・その26の階段を手っ取り早く言って、その登りきった先に何があるかと言えば、「日本は原子爆弾を持て」という結論がある。 <借金を踏…

本来はグローバリズムで日本人が得をすることはないのに、あたかも得するかのような錯覚を与えることになる。しかし、TPPの目的は、「関税自主権という国家の主権を奪う」ことなのに、それが隠されて、どんどん国内に入ってきてしまうのは、やはり危ない(1)

『ようやく「日本の世紀」がやってきた』 今、世界で何が起こっているか 日下公人 × 馬淵睦夫 W∧C 2016/10/6 <日本は欧米の文化をすべて日本化して受け入れてきた> ・(日下)私はずっと見ていて、今に株式会社は滅びて同族会社の時代が来ると思っている…

「早く沈没寸前の中国船から逃げろ」と世界的に知名な投資家ソロスはすでに明言している。この「口禍」で、彼は中国政府からあらゆる手をつくして袋叩きされている。それでもソロス自身どころか、実際中国からのヒトとカネの大逃走は日を追って加速している。(2)

『台湾人にはご用心!』 愛しているから全部書く 酒井亨 三五館 2011/9/21 ・中国も韓国もいいけれど、自由で軽快でアナキーな彼らを愛す。 台湾を無視して、アジアは語れない! <台湾人がわかると幸せになれる> <東日本大震災を「わがこと」のように報じ…

「早く沈没寸前の中国船から逃げろ」と世界的に知名な投資家ソロスはすでに明言している。この「口禍」で、彼は中国政府からあらゆる手をつくして袋叩きされている。それでもソロス自身どころか、実際中国からのヒトとカネの大逃走は日を追って加速している。(1)

『中国黙示録』 未来のない国の憐れな終わり方 余命わずかな大中華帝国の断末魔! 同情したくなるほど気の毒な国家の未来 黄文雄 渡邉哲也 ビジネス社 2016/4/8 <余命わずかに突入した中国経済> ・つまり、外国人投資家たちは中国の人民元相場に疑念を呈し…

平たく言えば、工場からの製品出荷が鈍り、デパートには買い物客の姿が見られなくなるということである。生産も消費も激減する。成長率4%とは、40年前の生活水準に逆戻りするということを意味する。(2)

『チャイナクライシスへの警鐘』 2012年中国経済は減速する 柯隆 日本実業出版社 2010年9月20日 <「市場経済」という言葉自体はタブーだった> ・実はその当時は、「市場経済」という言葉自体を公にすることができなかった。 ・なぜなら、「市場経済=資本…

平たく言えば、工場からの製品出荷が鈍り、デパートには買い物客の姿が見られなくなるということである。生産も消費も激減する。成長率4%とは、40年前の生活水準に逆戻りするということを意味する。(1)

『ついに中国で始まった大崩壊の真実』 急落する経済と社会混乱の実態を現地から衝撃報告 邱海涛 徳間書店 2015/7/24 <株も土地も大暴落、年金破綻、無法がまかり通り、AIIB、外交、国内政治も大波乱> <経済崩壊で好戦的気運が高まる中国> ・2015年4…

執拗に米国を破産に追い込もうとし、雇用を奪い、テクノロジーを盗み、ドルを弱体化させ、我々の生活を破綻させようとする連中を私にどう呼んでほしいのだ?私からすればそんな奴らは敵だ。(3)

『未来を透視する』 (ジョー・マクモニーグル) (ソフトバンク・クリエイティブ)2006/12/21 <気象変動> ・来るべき気象変動により、2008年からこの台風の発生回数は増えていくと私は、予想している。とくに2011年は過去に例を見ない台風ラッシュとなり…

執拗に米国を破産に追い込もうとし、雇用を奪い、テクノロジーを盗み、ドルを弱体化させ、我々の生活を破綻させようとする連中を私にどう呼んでほしいのだ?私からすればそんな奴らは敵だ。(2)

『21世紀の歴史』 未来の人類から見た世界 ジャック・アタリ 作品社 2008/8/30 <三つの波が21世紀を決定する> <2050年の世界は、一体どうなっているのであろうか> ・現状はいたってシンプルである。つまり、市場の力が世界を覆っている。マネーの威力が…

執拗に米国を破産に追い込もうとし、雇用を奪い、テクノロジーを盗み、ドルを弱体化させ、我々の生活を破綻させようとする連中を私にどう呼んでほしいのだ?私からすればそんな奴らは敵だ。(1)

『タフな米国を取り戻せ』 アメリカを再び偉大な国家にするために ドナルド・トランプ 訳者 岩下慶一 筑摩書房 2017/1/19 ・本書は当初、2012年の大統領選挙前に刊行され、2016年の大統領選挙に向けて改訂された。 <タフになれ> ・一例を挙げよう。中国は…

中国の経済縮小、何よりもその不確かな「偽造統計」が、中国バブル崩壊後、世界にどれだけの影響を及ぼすのか――未曽有の大混乱がほぼ確実に起こることを前提に、私たち日本人は備えていかなければならない。(3)

『エコノミスト 2016.4.19』 <識者7人が採点 黒田日銀3年の評価> <70点 失業率低下が政策の正しさを証明 2%未達は消費税増税が原因 (高橋洋一)> ・この3年の日銀を評価する基準は2つある。失業率とインフレ率だ。 まず完全失業率は3.3%(2月時点)ま…

中国の経済縮小、何よりもその不確かな「偽造統計」が、中国バブル崩壊後、世界にどれだけの影響を及ぼすのか――未曽有の大混乱がほぼ確実に起こることを前提に、私たち日本人は備えていかなければならない。(2)

『「新富裕層」が日本を滅ぼす』 金持が普通に納税すれば、消費税はいらない! 武田知弘 著 森永卓郎 監修 中央公論新社 2014/2/7 <必要なのは経済成長や消費増税ではなく、経済循環を正しくすることなのだ> ・世界の10%以上の資産を持っているのに、たっ…

中国の経済縮小、何よりもその不確かな「偽造統計」が、中国バブル崩壊後、世界にどれだけの影響を及ぼすのか――未曽有の大混乱がほぼ確実に起こることを前提に、私たち日本人は備えていかなければならない。(1)

『中国GDPの大嘘』 高橋洋一 講談社 2016/4/21 <中国の偽造経済がクラッシュする日はいつか> ・さらにいえば中国経済の崩壊は、まだ序章に過ぎず、これから本格化すると私は見ている。それはあたかも、ソビエト社会主義共和国連邦(ソ連)崩壊を想起さ…