UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

国内の山村にして遠野より物深き所にはまた無数の山神山人の伝説あるべし。願わくはこれを語りて平地人を戦慄せしめよ。『遠野物語』(2)

『『遠野物語』を読み解く』 石井正己 平凡社 2009/5/16 <天狗伝説と寺や家の宝物の関係> ・維新当時、赤い衣を着た僧侶が二人、大きな風船に乗って六角牛山の空を南に飛び過ぎるのを見た者があったということを、佐々木は祖父から聞いています(拾遺235話…

国内の山村にして遠野より物深き所にはまた無数の山神山人の伝説あるべし。願わくはこれを語りて平地人を戦慄せしめよ。『遠野物語』(1)

『いまこそ知りたい日本の思想家25人』 小川仁志 KADOKAWA 2017/9/22 <今なぜ日本思想なのか?> ・今、日本国内では日本回帰が進んでいるように思います。その背景の一つとして挙げられるのが、2020年に開催予定の東京オリンピックです。 ・こうした背景の…

どうも日本人は、専守防衛であれば小さい金額ですむと思っているようです。一方、攻撃能力の増強には莫大なお金がかかると思っているのですが、じつは逆なのです。(4)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・国際化がすすみ知日派の外国人が増えています。「岡目八目」といいますが、外国人の眼から、日本の良いところ、悪いところの指摘は、斬新なものだそうです。人手不足が問題になっていますが、「移民の問題も…

どうも日本人は、専守防衛であれば小さい金額ですむと思っているようです。一方、攻撃能力の増強には莫大なお金がかかると思っているのですが、じつは逆なのです。(3)

<中国の時代の終わりの始まり> <中国は人間の住めるところではなくなりつつあるのだ!> <すでに富裕層は海外逃亡している> ・世界保健機構(WHO)の調査によれば、世界のガン発症率は、中国がワースト1位だったことがわかった。あの大気汚染、水質…

どうも日本人は、専守防衛であれば小さい金額ですむと思っているようです。一方、攻撃能力の増強には莫大なお金がかかると思っているのですが、じつは逆なのです。(2)

『公開霊言 二宮尊徳・渋沢栄一・上杉鷹山 富国創造論』 大川隆法 幸福の科学出版 2010/6/2 <中国経済への警告> <中国バブルは必ず崩壊する> ・農業国家から工業国家に移る段階では、かなりの高度成長が可能だけれども、そこから、さらに第3次産業である…

どうも日本人は、専守防衛であれば小さい金額ですむと思っているようです。一方、攻撃能力の増強には莫大なお金がかかると思っているのですが、じつは逆なのです。(1)

『日本人だけがなぜ日本の凄さに気づかないのか』 ケント・ギルバート 石平 徳間書店 2017/8/31 <日本は世界でもっとも素晴らしい国> ・私は日本に住んで40年近くになります。石平さんは約30年。日本から見て片や東のアメリカ、片や西の中国からやって来て…

実は、森友学園問題には、主役である籠池理事長や、脇役である野党やマスコミが知らないところで、重要な問題提起がされている。(5)

<熱烈歓迎(訪中)の中身> ・彼らは手荷物をあけてみたりなど、すぐわかるようなことはしない。しかし、パスポートは、実は個人情報の宝庫だ。本籍地は当然だが、過去に中国や他の国のどこに滞在したかまで記録されている。中共はその個人の情報を得て、調…

実は、森友学園問題には、主役である籠池理事長や、脇役である野党やマスコミが知らないところで、重要な問題提起がされている。(4)

<財務官僚・日銀職員は国民のために働くエリートではない> ・バーナンキ議長はかつて、「日銀はケチャップを買えばいい」と言い、何でもいいから買いを入れてマネーを供給すればいいではないかと主張していたが、日銀は、分かっている人から見ればそのくら…

実は、森友学園問題には、主役である籠池理事長や、脇役である野党やマスコミが知らないところで、重要な問題提起がされている。(3)

『日本はこの先どうなるか』 高橋洋一 幻冬舎 2016/8/10 <政治・経済では本当は何が起きているのか> <英国のEU離脱、欧州への大量移民、崩壊寸前の中国経済、米国の過激な大統領候補、日本の戦争リスク………> <データに基づかなければ、議論する意味は…

実は、森友学園問題には、主役である籠池理事長や、脇役である野党やマスコミが知らないところで、重要な問題提起がされている。(2)

『SAPIO 2018/1・2』 『財務省の「国民貧困化計画」を暴く 三橋貴明』 <このままでは2020年に日本は破滅してしまう> ・国民を豊かにするために存在するはずの財務省が秘かに「国民貧困化」を進めている—―経済評論家の三橋貴明氏は財務省が、自分たちの影響…

実は、森友学園問題には、主役である籠池理事長や、脇役である野党やマスコミが知らないところで、重要な問題提起がされている。(1)

『「官僚」の真実』 大手新聞・テレビが報道できない 高橋洋一 SB新書 2017/7/6 <「森友学園問題」> ・そして最近、そうしたマスコミの体たらくぶりを、改めて強く認識する出来事があった。「森友学園問題」である。 ・実は、森友学園問題には、主役であ…

プレアデス星人はタイムトラベルさえも簡単なようで、恐竜が生息していた時代や古代エジプト時代、キリストのいた時代をマイヤーは旅したという。(5)

『人類はなぜUFOと遭遇するのか』 (カーティス・ピ-ブルズ) 文芸春秋 2002/7 <ラージノーズ・グレイが人類を創造した> ・クーパーは、1947年から53年にかけて、27機のUFOが墜落した、と主張した。全部で91体の異星人の死体と、5人の生きた異星人が回…

プレアデス星人はタイムトラベルさえも簡単なようで、恐竜が生息していた時代や古代エジプト時代、キリストのいた時代をマイヤーは旅したという。(4)

<アンドロメダ銀河との衝突を避けるために、次元を変えるには、人々の意識の周波数を上げる必要がある> <アンドロメダ銀河> ・でも異次元だと、アンドロメダ銀河が、地球の隣りに来るのね。 ・「火星と金星は戦争になって戦った時期があったから、火星か…

プレアデス星人はタイムトラベルさえも簡単なようで、恐竜が生息していた時代や古代エジプト時代、キリストのいた時代をマイヤーは旅したという。(3)

<惑星に命をかける勇敢なライトワーカーの皆様へ> ・特にプレアデスの方で金星経由で日本に降りられた方々で、戸惑われて道を探されている方たちは、『日本民族はすべて平等』という自虐的ルールを抜けないと、頭1つ抜けて活動ができません。あなたの真実…

プレアデス星人はタイムトラベルさえも簡単なようで、恐竜が生息していた時代や古代エジプト時代、キリストのいた時代をマイヤーは旅したという。(2)

(3)普通の人 ・これはサイキック的に発達していない人である。睡眠中はアストラル体で漂って居るが、多かれ少なかれ無意識状態のことが多い。深く熟眠中はこの人達のアストラル媒体の高級本質は肉体から常に出て行き、肉体のすぐ近くをさまよっているが、…

プレアデス星人はタイムトラベルさえも簡単なようで、恐竜が生息していた時代や古代エジプト時代、キリストのいた時代をマイヤーは旅したという。(1)

『超常現象のつくり方』 オカルトの世界にはすべてカラクリがあった 山口敏太郎 宝島社 2017/3/11 <UFO・宇宙人> ・UFO・宇宙人は存在していないとは言い切れない。だがそのほとんどは思い込みによる勘違いが多い。 <全裸の宇宙人は地球上ではすぐ…

35話では、白望山の森林の前を、中空を走るように横切る女であり、「待て」と大声で二度叫ぶ。(4)

『世界不思議大全』 増補版 泉保也 Gakken 2012/8 <「ダルシィ文書」と異星人地下基地の秘密> <異星人とアメリカ政府が結んだ密約とは?> <明らかになった異星人地下基地> ・1970年代半ばから、アメリカ、ニューメキシコ州アルバカーキに近いマンザノ…

35話では、白望山の森林の前を、中空を走るように横切る女であり、「待て」と大声で二度叫ぶ。(3)

『世界不思議百科』 コリン・ウィルソン + ダモン・ウイルソン 青土社 2007/2 <歴史と文化の黒幕 神秘の人びと> <ブラヴァツキー夫人の奇跡> ・1883年の初頭、ロンドンで『密教』と題する本が出た。たちまち評判になり第二版に入った。著者はアルフレッ…

35話では、白望山の森林の前を、中空を走るように横切る女であり、「待て」と大声で二度叫ぶ。(2)

『世界のUFO現象FILE』 並木伸一郎 学研パブリッシング 2011/3 <エイリアン・アニマル> <ビッグフットは異星人のペットだった!> ・全身けむくらじゃで異臭を放つ獣人タイプのモンスター。さらには吸血怪獣チュパカブラに代表される異形のUMAの出…

35話では、白望山の森林の前を、中空を走るように横切る女であり、「待て」と大声で二度叫ぶ。(1)

『遠野物語辞典』 石井正己 監修 岩田書店 2003/7/1 <天狗> ・天狗とされる者の特徴について、「大男」、「大なる僧形」、「きはめて大なる男」とあるように、3つの話とも、大男であるという点は共通している。これら大男たちは、人間が目を塞いでいる間に…

震災後、青森のイタコの元には、死者と「対話」しに訪れる被災者が相次いだという。(4)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・神霊との交流は、太古から連綿と続いているといわれます。現代でも沖縄のユタとか青森のイタコが知られているようです。北海道のアイヌも神霊との交流話があると指摘されています。 宗教団体については比較…

震災後、青森のイタコの元には、死者と「対話」しに訪れる被災者が相次いだという。(3)

『ニッポンの河童の正体』 飯倉義之 新人物ブックス 2010/10/13 <外国の河童たち> <○○は外国の河童? -河童は日本固有種かー> ・では日本以外の土地に河童は存在しないのだろうか?どうやらそうではないようだ。世界各地の妖怪を紹介する本や文章ではし…

震災後、青森のイタコの元には、死者と「対話」しに訪れる被災者が相次いだという。(2)

『誰の上にも奇跡が降りてくる』 琉球ユタ HARU PHP研究所 2010/6/17 <よい波動を受けるために本物に囲まれて暮らしましょう> ・私はふだんの生活では、価値あるものに囲まれるようにしています。それは、よいものからよい波動が出てくるからです。…

震災後、青森のイタコの元には、死者と「対話」しに訪れる被災者が相次いだという。(1)

『霊魂を探して』 鵜飼秀徳 KADOKAWA 2018/2/22 <癒えぬ心の傷、宗教界「相談を」(産経新聞 2012/1/18)> ・「『お化けや幽霊が見える』という感覚が、東日本大震災の被災者を悩ませている」という書き出しで始まるこの1000字ほどの記事は、被災地におけ…

デフレは間違いなく平和の産物であって、大規模な戦争がない時代にはデフレの終息はありえない。デフレは「買い手に極楽、売り手に地獄」である。(5)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・デフレ脱却は難しいようです。安倍総理自身もアベノミクスの失敗を認めたといわれます。数字にはっきりでてきますが、日銀の異次元金融緩和だけでは、デフレの実態経済には、効果的ではなかったといわれます…

デフレは間違いなく平和の産物であって、大規模な戦争がない時代にはデフレの終息はありえない。デフレは「買い手に極楽、売り手に地獄」である。(4)

『築土構木の思想』 土木で日本を建てなおす 藤井聡 晶文社 2014/7/25 <世間は皆、虚言ばかりなり> ・「土木」というと、多くの現代日本人は、なにやら古くさく、このITやグローバリズム全盛の21世紀には、その重要性はさして高くないものと感じているか…

デフレは間違いなく平和の産物であって、大規模な戦争がない時代にはデフレの終息はありえない。デフレは「買い手に極楽、売り手に地獄」である。(3)

『日本はこの先どうなるか』 高橋洋一 幻冬舎 2016/8/10 <政治・経済では本当は何が起きているのか> <英国のEU離脱、欧州への大量移民、崩壊寸前の中国経済、米国の過激な大統領候補、日本の戦争リスク………> <データに基づかなければ、議論する意味は…

デフレは間違いなく平和の産物であって、大規模な戦争がない時代にはデフレの終息はありえない。デフレは「買い手に極楽、売り手に地獄」である。(2)

『なぜ日本だけがこの理不尽な世界で勝者になれるのか』 高橋洋一 KADOKAWA 2017/4/28 <いまや世界経済のリスクとなった中国> <自国の統計を信じない中国の政治家たち> ・経済学者の目から見ると、中国は不思議な国だ。経済学の基本でいえば、輸出は外需…

デフレは間違いなく平和の産物であって、大規模な戦争がない時代にはデフレの終息はありえない。デフレは「買い手に極楽、売り手に地獄」である。(1)

『2017 長谷川慶太郎の大局を読む』 長谷川慶太郎 李白社 2016/9/13 <デフレは「買い手に極楽、売り手に地獄」である> ・「デフレ対応には必要不可欠なインフラ整備・補修、技術開発に全力を挙げれば日本は世界一住みよい国になる」 ・デフレは「買い手に…

現代の学説によれば、あらゆる「幽霊」は「幻覚」すなわち偽の知覚であり、実際にそこにはないものを認識する現象である。(7)

・芸能の神とも言われる魔多羅神も専門家の間でも分からない要素が多い奇妙な障礙神のようです。神々がどこからこの世に来るのかわかりませんが、神智学ではエーテル界とかアストラル界という異次元の世界を説明しています。日本の伝承の神々もそのような異…