UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

諏訪大社上社のご神体は守屋山という山で、諏訪大社の祭祀を司ってきたのは守矢という一族です。それが『旧約聖書』に出てくるエルサレムのモリヤ山と関係あるんじゃないかという説があります。(6)

・金髪碧眼のノルディック、金髪碧眼のウンモ星人、金髪碧眼のアルデバラン星人、金髪碧眼のプレアデス星人と金髪碧眼の宇宙人は、神々や天使、異星人のイメージとして定着しています。もちろん、宇宙人は多種多様で金髪碧眼の宇宙人のみではありません。街…

諏訪大社上社のご神体は守屋山という山で、諏訪大社の祭祀を司ってきたのは守矢という一族です。それが『旧約聖書』に出てくるエルサレムのモリヤ山と関係あるんじゃないかという説があります。(5)

『人類を操る異次元の暗黒宇宙人』 宇宙人最後の真実 浜田政彦 徳間書店 2009/11/11 <再び現れた黒服の男たち(メンインブラック)> ・黒服の男たちの特徴は、ほぼ共通していて、一見すると東洋人風だが、アジアのどの国の人間にも似ておらず、正体はまる…

諏訪大社上社のご神体は守屋山という山で、諏訪大社の祭祀を司ってきたのは守矢という一族です。それが『旧約聖書』に出てくるエルサレムのモリヤ山と関係あるんじゃないかという説があります。(4)

『シュメールの天皇家』 陰陽歴史論より 鷲見紹陽 明窓出版 2007/8/1 <高天原はスバルである> <太古、神人はスバル、北極星、オリオンからやってきた> ・本書の「陰陽歴史論」とは、高天原の昴(スバル)系の氏族とアースガルトやアガルタの地底系氏族と…

諏訪大社上社のご神体は守屋山という山で、諏訪大社の祭祀を司ってきたのは守矢という一族です。それが『旧約聖書』に出てくるエルサレムのモリヤ山と関係あるんじゃないかという説があります。(3)

『家畜人ヤプー』 (沼正三) (幻冬舎) 1999/7 <飛行島は人間の目に見えない存在に化しているのだった> ・浮力盤の機構は、20世紀科学の用語では説明しがたいが、島の中心部(中央山の岩盤内)の振動素子結晶体から送られる高速四次元微震動が、地球重…

諏訪大社上社のご神体は守屋山という山で、諏訪大社の祭祀を司ってきたのは守矢という一族です。それが『旧約聖書』に出てくるエルサレムのモリヤ山と関係あるんじゃないかという説があります。(2)

<崇神としての大物主命> ・古代天皇の性格がガラリと変わるのが第10代「崇神天皇」からである。初代神武天皇のエピソードがあまりにも神話的であること、それに続く第2~9代の記述が極端に少なく、通称「欠史八代」と呼ばれることから、これらの天皇はすべ…

諏訪大社上社のご神体は守屋山という山で、諏訪大社の祭祀を司ってきたのは守矢という一族です。それが『旧約聖書』に出てくるエルサレムのモリヤ山と関係あるんじゃないかという説があります。(1)

『日本の文脈』 内田樹、中沢新一 角川書店 2012/1/31 <日本人にあってユダヤ人にないもの> <諏訪はユダヤ教の聖地?> (中沢)このまえ、建築家で建築史家の藤森照信先生の東大退官記念講義があって、僕もゲストとして呼んでいただいて対談をしました。…

彼女は16日間も山の中にいて、幻聴を体験したのである。天狗の怪異の場合、太古や笛の音が聞こえるわけで、これも幻聴である。(4)

・日本の農村には、古くから色々な特殊家筋があるそうです。それらの家筋の中には、「第一の区分けとして、「禰宜(ねぎ)(昔の神職の一つ)筋」「神子筋」「稚児筋」「稲荷筋」「陰陽筋」「鬼筋」「山ごぼう」「ごそぼ種」「生霊筋(沖縄ではこれをいちじ…

彼女は16日間も山の中にいて、幻聴を体験したのである。天狗の怪異の場合、太古や笛の音が聞こえるわけで、これも幻聴である。(3)

<鬼 日本に深く息づく闇の存在> <日本人の持つ鬼のイメージ> ・日本人にとって鬼は非常に身近な存在である。鬼を「おに」と呼ぶようになったのは、平安時代からであるといわれている、疫病や天災など、姿を見せないが災いを成すものを「隠」といっていた…

彼女は16日間も山の中にいて、幻聴を体験したのである。天狗の怪異の場合、太古や笛の音が聞こえるわけで、これも幻聴である。(2)

『陰陽師(おんみょうじ)』 安倍晴明と蘆屋道満 繁田信一 中公新書 2006/4 <安倍晴明と蘆屋道満> <英雄の誕生> <「道の傑出者」「陰陽の達者」> ・安倍晴明という陰陽師は、その活躍を直接に知る平安時代中期の貴族層の人々にとって、「道の傑出者」…

彼女は16日間も山の中にいて、幻聴を体験したのである。天狗の怪異の場合、太古や笛の音が聞こえるわけで、これも幻聴である。(1)

『山の怪奇 百物語』 山村民俗の会 編 河出書房新社 2017/5/26 <上州奥多野山地の妖怪 時枝務> <奥多野への誘い> ・奥多野という言葉が使われるようになったのはそう古いことではない。ふつう、群馬県多野郡上野村・中里村・万場町の総称として使われて…

大国日本のトップリーダーである安倍総理の仕事のうち、足立康吏が特に注目する経済、外交、憲法の三点を一瞥するだけで、安倍総理が「余人をもって代えがたいリーダー」であることは明らかだろう。(4)

ゴールドマン・ファミリーズ・グループが認める唯一の承認者(フラッグシップ)が語る 『吉備太秦(きびのうずまさ)が語る「世界を動かす本当の金融のしくみ」』 ――われわれのまったく知らない《超裏金融》の正体 地球経済は36桁の天文学的数字《日本の金銀…

大国日本のトップリーダーである安倍総理の仕事のうち、足立康吏が特に注目する経済、外交、憲法の三点を一瞥するだけで、安倍総理が「余人をもって代えがたいリーダー」であることは明らかだろう。(3)

<大事なことは、通貨安競争をすれば日本は負ける、ということです。> ・日本の場合は違います。下手に通貨を安くしたら、上場企業がドル建てで見たら割安になってしまう。あとから追いかけてくる国、自分たちではとうてい日本が築き上げたノウハウを生み出…

大国日本のトップリーダーである安倍総理の仕事のうち、足立康吏が特に注目する経済、外交、憲法の三点を一瞥するだけで、安倍総理が「余人をもって代えがたいリーダー」であることは明らかだろう。(2)

『世界はこう激変する』 2016-17長谷川慶太郎の大局を読む ◎米国利上げで浮かぶ国、沈む国 ◎悪貨(中国元)が世界を脅かす ◎IS不況のヨーロッパ ◎好調な米国、堅調な日本が世界を牽引する 長谷川慶太郎 李白社 2016/2/12 <結局、イランとサウジとは実害の…

大国日本のトップリーダーである安倍総理の仕事のうち、足立康吏が特に注目する経済、外交、憲法の三点を一瞥するだけで、安倍総理が「余人をもって代えがたいリーダー」であることは明らかだろう。(1)

『足立無双の逆襲』 永田町アホばか列伝Ⅱ 日本維新の会 衆議院議員 足立康吏 悟空出版 2018/6/11 <国権の最高機関である国会を有名無実なものにしている> ・私はこれまで、プラカード掲げて暴行事件を起こしてきた「なんでもありの野党」のことを「アホば…

我が国は先の大戦における敗戦後、日本国憲法が施行されてから、世界でも類のない極めて不毛な安全保障議論を繰り返してきました。その象徴が「専守防衛」という世界の常識ではありえない政策です。(4)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・我が国の防衛政策については、多くの有識者、自衛隊関係者から様々な提言がなされています。いつまでも憲法をめぐって議論をしているようでは、時代遅れになるといわれます。本当に優れた政治家や官僚が登用…

我が国は先の大戦における敗戦後、日本国憲法が施行されてから、世界でも類のない極めて不毛な安全保障議論を繰り返してきました。その象徴が「専守防衛」という世界の常識ではありえない政策です。(3)

<戦後の日本は、フヌケの「町人国家」なのか> ・この『日本町人国家論』がきっかけとなり、日本は町人国家でいいのか、それとも武士国家に戻るべきか、という論争が始まったんだ。この議論は形を変えて、いまでも続いている。 武士国家論のいまの急先鋒は…

我が国は先の大戦における敗戦後、日本国憲法が施行されてから、世界でも類のない極めて不毛な安全保障議論を繰り返してきました。その象徴が「専守防衛」という世界の常識ではありえない政策です。(2)

図解 図25枚で 『世界基準の安保論がスッキリわかる本』 高橋洋一 すばる舎 2016/7/16 <戦後の戦争の基礎データは、日本周辺が世界の中でも「戦争リスクが高い危険地帯」であることを教えてくれる。> <大戦後、2007年までに世界では「戦争」が38回起こっ…

我が国は先の大戦における敗戦後、日本国憲法が施行されてから、世界でも類のない極めて不毛な安全保障議論を繰り返してきました。その象徴が「専守防衛」という世界の常識ではありえない政策です。(1)

『日本の有事』 ケーススタディで背筋が凍る ――国はどうする、あなたはどうする? だからこそ今、日本強化宣言 渡辺悦和 ワニブックスPLUS新書 2018/8/22 <中国の「三戦」の実態は> ・中国の「戦わずして勝つ」日本弱体化戦略の重要な要素が三戦です。 <…

慣れ親しんだはずの場所で異空間に足を踏み込んでしまう。それが白い山や青い池だった話は東北地方でも聞いたことがある。大抵の場合は二度とそこへ行くことが出来ない。(4)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・『山怪』シリーズの3冊は、山での不思議な話を集めてあります。様々な怪異の現象は、オリオンETグループのイルージョンや異次元操作の現象なのかもしれません。ウォークイン(憑依・人格転換)やワンダラ…

慣れ親しんだはずの場所で異空間に足を踏み込んでしまう。それが白い山や青い池だった話は東北地方でも聞いたことがある。大抵の場合は二度とそこへ行くことが出来ない。(3)

<幻の巨大石塔> ・五箇山の酒井眞照さんが古い新聞記事のコピーを見せてくれた。日付は明治27年である。その記事は岐阜、富山、石川三県に跨る笈ヶ岳近辺に巨大な石塔が存在することを伝えている。 内容はこうだ。ある一人猟師が熊を追って山深く入り込ん…

慣れ親しんだはずの場所で異空間に足を踏み込んでしまう。それが白い山や青い池だった話は東北地方でも聞いたことがある。大抵の場合は二度とそこへ行くことが出来ない。(2)

<国がシカを保護した時代> ・獣害が出ない時代とは、野生動物が激減した時代でもある。実際、シカの生息数も少ななかった。シカの生息数の長期データが見つからなかったので正確には言えないが、どうも1960-70年代がもっとも少なかったと思われる。 ・シカ…

慣れ親しんだはずの場所で異空間に足を踏み込んでしまう。それが白い山や青い池だった話は東北地方でも聞いたことがある。大抵の場合は二度とそこへ行くことが出来ない。(1)

『山怪 参 』 山人が語る不思議な話 田中康弘 山と渓谷社 2018/9/10 <山と人と怖いモノ> ・ただし、これが一人で山の中にいる女性となると話が変わってくる。奈良県の例のように普通の恰好をした女性が一人ぽつんと奥山に立っていれば、それはかなりの恐怖…

「文明の衝突」においては、優越種が劣等種を滅ぼすという歴史が繰り返されてきたのであり、危機に直面する我々は喫緊の生存戦略を問われている。(6)

・日本の経済界も中国からインドへ軸足を動かしているようです。インド神話は宇宙人に関して豊富な情報を提供しているようです。チャネラーは、理論的には『不死の神々』から情報を得ていることになるそうです。秘密結社の『緑龍会』の正体も歴史の大きな謎…

「文明の衝突」においては、優越種が劣等種を滅ぼすという歴史が繰り返されてきたのであり、危機に直面する我々は喫緊の生存戦略を問われている。(5)

<神も霊魂も存在しない> ・最初のメッセージで説明したように、神は存在せず、また明らかに霊魂も存在しません。死んだあとは、科学が何らかの介入をしない限りは、何も残らないのです。あなたもご存知のように、人間の各細胞には、その人を構成している肉…

「文明の衝突」においては、優越種が劣等種を滅ぼすという歴史が繰り返されてきたのであり、危機に直面する我々は喫緊の生存戦略を問われている。(4)

<私達の故郷は「あの世」である> ・私達の故郷は、どうやら「あの世」らしい。そして、私達の本体は霊魂=意識体である。この地球という学校へ勉強に来て、いま寄宿生活をしている。故郷へ帰りたがってはいけないから、学校へ入る時に、一時的に故郷の記憶…

「文明の衝突」においては、優越種が劣等種を滅ぼすという歴史が繰り返されてきたのであり、危機に直面する我々は喫緊の生存戦略を問われている。(3)

<日本人が中心となり「百匹目の猿現象」をおこせば良い未来をつくれる確率は高い> <「闇の勢力の本体」が去った> <陰と陽を組み合わせることによりバランスがとれる> ・創造主は、地球人を「性善ポジティブ型」の人間として創りました。ただ地球人が幼…

「文明の衝突」においては、優越種が劣等種を滅ぼすという歴史が繰り返されてきたのであり、危機に直面する我々は喫緊の生存戦略を問われている。(2)

<企業が政府になる> ・東京、名古屋、大阪、福岡などの都市が「経済特区」になり、これまで労働者を守ってきた法律が廃止される見込みとなりました。つまり「経済特区構想」とはニホン全体を租界のように作り変えることなのです。このように自国の政府では…

「文明の衝突」においては、優越種が劣等種を滅ぼすという歴史が繰り返されてきたのであり、危機に直面する我々は喫緊の生存戦略を問われている。(1)

『略奪者のロジック』 響堂雪乃 三五館 2013/2/21 <おそらく真理は清廉よりも、汚穢の中に見出されるのだろう> <グローバリズム> ・グローバリズムという言葉は極めて抽象的なのだが、つまるところ16世紀から連綿と続く対外膨張エリートの有色人種支配に…

ふとみると、眼の前をいつ現われたのか1人のおじいさんが歩いて行きます。長い杖をつき、真っ白な髪と長いひげ、着ているものは何やらゆったりしたもので、ただの人とは思われません。(6)

・シャーマンはあの世とのコンタクト窺わせますが、世界中にシャーマニズムが存在するようです。事典による定義によると「シャマン(シャーマン)は踊りや歌、呪文、太鼓、鈴などによって特殊な意識状態(トランス)に入り、神や霊と直接接触して、神霊の意…

ふとみると、眼の前をいつ現われたのか1人のおじいさんが歩いて行きます。長い杖をつき、真っ白な髪と長いひげ、着ているものは何やらゆったりしたもので、ただの人とは思われません。(5)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・「来訪神」といわれるものは、人間タイプが識別できないため、異類異形タイプがほとんどのようです。「来訪神」といえるのかどうか? インタ―ネット情報によると、2018年11月29日(産経ニュース)「ユネスコ…