UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

ナポレオンはエジプト遠征の前とエルバ島へ流される数ヶ月前の2回「『チュイルリー宮殿の赤い服の男』に会い、助言をうけた」といわれていますが、この『赤い服の男』は、サン・ジェルマン伯爵だったといわれています。(7)

・「ブラジルの女流ノンフィクション作家ジモーニ・ゲレイロ・ディアスによると戦後アルゼンチンへ渡ったヒトラーは南米を転々とし最後はブラジル奥地のマットグロッソという場所に移り住み1984年に95歳でこの世を去ったという。」とのこと。ヒトラーには、…

ナポレオンはエジプト遠征の前とエルバ島へ流される数ヶ月前の2回「『チュイルリー宮殿の赤い服の男』に会い、助言をうけた」といわれていますが、この『赤い服の男』は、サン・ジェルマン伯爵だったといわれています。(6)

・神と堕天使の争いから始まって宇宙の2大勢力の争いは、スター・ウォーズとして長く続いており、その反映である地上において、平和な時代よりも戦争の時代の方が長かった理由のようです。「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦…

ナポレオンはエジプト遠征の前とエルバ島へ流される数ヶ月前の2回「『チュイルリー宮殿の赤い服の男』に会い、助言をうけた」といわれていますが、この『赤い服の男』は、サン・ジェルマン伯爵だったといわれています。(5)

『アトランティスの叡智』 (思考の現実化、意識の物質化) (ゲリー・ボーネル)(徳間書店) 2004/9/30 <ホワイト・ブラザーフッドとアトランティス> ・ 数世紀にわたりブラザー・オブ・ライト(ホワイト・ブラザーフッドとも呼ばれています)のメンバー…

ナポレオンはエジプト遠征の前とエルバ島へ流される数ヶ月前の2回「『チュイルリー宮殿の赤い服の男』に会い、助言をうけた」といわれていますが、この『赤い服の男』は、サン・ジェルマン伯爵だったといわれています。(4)

『〔宇宙人と地球人〕の超真相!』―地球に危機が迫っている! (深野一幸) (徳間書店) 1997/10 <地球人と関係の深い宇宙人の情報> <1、琴座(リラ)星人> ・琴座は、地球が存在する銀河系宇宙における人間型生命体の発祥地という。琴座(リラ)星人…

ナポレオンはエジプト遠征の前とエルバ島へ流される数ヶ月前の2回「『チュイルリー宮殿の赤い服の男』に会い、助言をうけた」といわれていますが、この『赤い服の男』は、サン・ジェルマン伯爵だったといわれています。(3)

『二十世紀』 海野弘 文藝春秋 2007/5 <ヒトラーのユダヤ人大虐殺> ・一人の男が20世紀にこれほどの衝撃を与えたことにおどろかざるを得ない。そしてヒトラーを生みだしてしまった20世紀とは、なんという時代なのだろうか。ともかく私たちはヒトラーの出現…

ナポレオンはエジプト遠征の前とエルバ島へ流される数ヶ月前の2回「『チュイルリー宮殿の赤い服の男』に会い、助言をうけた」といわれていますが、この『赤い服の男』は、サン・ジェルマン伯爵だったといわれています。(2)

『ヒトラーの秘密の生活』 ロータル・マハタン 文藝春秋 2002/3 <ヒトラーの私生活> ・本書はヒトラーの伝記ではない。本書はむしろ、今後ヒトラーの伝記が再考されることを促すために書かれたものである。本書がテーマとしているのはヒトラーの私生活、な…

ナポレオンはエジプト遠征の前とエルバ島へ流される数ヶ月前の2回「『チュイルリー宮殿の赤い服の男』に会い、助言をうけた」といわれていますが、この『赤い服の男』は、サン・ジェルマン伯爵だったといわれています。(1)

『携帯都市伝説』 竹書房 2007/8/3 <吸血生物『チュパカブラ』の正体とは………> <こないだメキシコに行ったとき変な動物の死体が見つかったって騒いでたんだ。あれってまさか……> ・1995年11月19日、プエルトリコで謎の生物にヤギの生き血が吸われるという…

僕は都市伝説が好きである。だからこそ、「都市伝説を信じてはいけない」と強く訴えたい。(7)

・amazonに「山川紘矢」と入力すると164件が検索されます。夫婦で活躍する翻訳家のようです。著者のような異常体験は、アセンションの時代ですからより多くの人々が体験するのかもしれません。マスコミが煩いので、「沈黙のコンタクティ」に徹している人々も…

僕は都市伝説が好きである。だからこそ、「都市伝説を信じてはいけない」と強く訴えたい。(6)

<●●インターネット情報から●●> <岩木山> <光り物、雲> ■ 1571年1月21日夜、光り物が岩木山から出て、東の方へ飛び移った。雷のごとき大音がした。22日夜と23日夜も同じだった。 ■ 1605年2月20日午後8時頃、岩木山の南の肩から大きな光り物が出て、空中…

僕は都市伝説が好きである。だからこそ、「都市伝説を信じてはいけない」と強く訴えたい。(5)

『ルポ 現代のスピリチュアリズム』 織田淳太郎 宝島新書 2010/3/10 <『アウト・オン・ア・リム』翻訳とサン・ジェルマン伯爵> ・サン・ジェルマン伯爵は、歴史上に実在したとされる謎の人物である。1700年代にヨーロッパを中心に活動し、数々の超常的な伝…

僕は都市伝説が好きである。だからこそ、「都市伝説を信じてはいけない」と強く訴えたい。(4)

<アブダクション経験者は3億8500万人> ・そして、また別の調査によると、ちょっと驚きだけれども、世界中のどこでも人口の約5.5パーセントがアブダクションを体験している可能性があるというのである。 <宇宙人の存在は地球人の価値観を変えるのか> ・私…

僕は都市伝説が好きである。だからこそ、「都市伝説を信じてはいけない」と強く訴えたい。(3)

『地球に生まれたあなたが今すぐしなくてはならないこと』 木村秋則 KKロングセラーズ 2014/3/28 <わたしたちの想像を超えた世界が存在する?> ・17歳の時に、わたしは「龍」を見ています。この時、周りの時間も空間も止まったような体験をしました。 時間…

僕は都市伝説が好きである。だからこそ、「都市伝説を信じてはいけない」と強く訴えたい。(2)

<「奇跡のリンゴ」はなぜ腐らないのか> ・完全無農薬・無肥料で栽培した「奇跡のリンゴ」の生みの親、青森県でリンゴ農家を営む木村秋則さんは、間違いなく「本物」のひとりです。 ・「日本を救うためには、小さな木村秋則を100人、200人とつくらなくては…

僕は都市伝説が好きである。だからこそ、「都市伝説を信じてはいけない」と強く訴えたい。(1)

『トンデモ本の世界X』 と学会 著 楽工社 2011/7/1 <日本トンデモ本大賞> <その多くは、書店の棚に普通に並んでいるものです> ・僕たち「と学会」という団体は、トンデモ本をはじめ、現代にはびこる数々のトンデモ物件をウォッチングする趣味のグループ…

1830年のこの日付から、約50年間、つまり1830年から76年までの間に、マリアはほとんどひっきりなしに民衆の前に姿を現した。(8)

・遥かに進化した異星人は、ワンダラー(転生)やウォークイン(憑依)やその他のさまざまな形態で人間界に出てくるともいわれています。「幽霊ハンス」のようにゲルマンの神々、「超人」は、幽霊のような形態で人間とコンタクトしていたようです。「超人」…

1830年のこの日付から、約50年間、つまり1830年から76年までの間に、マリアはほとんどひっきりなしに民衆の前に姿を現した。(7)

・金髪碧眼のノルディックが爬虫類的異星人(レプティリアン)を低層4次元に追放したともいわれています。アルデバランの宇宙人が神に近い異星人なのかもしれません。アルデバラン星人は「幽霊」のように現れたり消えたりするようです。ハリウッド映画などで…

1830年のこの日付から、約50年間、つまり1830年から76年までの間に、マリアはほとんどひっきりなしに民衆の前に姿を現した。(6)

『2012年にパワーをもらう生き方』 セドナUFOコネクション リチャード・ダネリー 徳間書店 2009/9 <指揮官アシュタール> ・クウェッツアルによれば、アシュタールは本命をアルスィークと言い「最も高等なギゼー知性体」と呼ぶ者の従兄弟にあたりギゼー…

1830年のこの日付から、約50年間、つまり1830年から76年までの間に、マリアはほとんどひっきりなしに民衆の前に姿を現した。(5)

『フェローシップ』 知られざる宇宙の隣人たち ブラッド・スタイガー たま出版 1996/2 <エジプトでナポレオンの前に現れたレッド・マン> ・神秘的現象として伝えられている伝承によると、野望にあふれる軍事指導者であったナポレオンの前に「レッド・マン…

1830年のこの日付から、約50年間、つまり1830年から76年までの間に、マリアはほとんどひっきりなしに民衆の前に姿を現した。(4)

<「透明人」とシリウスA星人が創造し、りゅう座(ドラコ)に配置した爬虫類人> ・その生物(透明人)は、私の思考に直接働きかけ、完全にテレパシーで交信してきた。もはや人間が存在しなくなった遠い未来から来たこと、そして、その生物種は、この現実界…

1830年のこの日付から、約50年間、つまり1830年から76年までの間に、マリアはほとんどひっきりなしに民衆の前に姿を現した。(3)

<●●インターネット情報から●●> 『ブルーアイランド』 エステル・ステッド ハート出版 1992/11 <ブルーアイランドの建物> ・霊界というと、非現実的で夢のような世界を想像なさるに違いありません。が、そうではなく、みなさんが外国に行くのとまったく同…

1830年のこの日付から、約50年間、つまり1830年から76年までの間に、マリアはほとんどひっきりなしに民衆の前に姿を現した。(2)

<公表された「ファチマ第3の秘密」は捏造されていた!> ・「それは、内容が非常に重大なことだからです。私の先任の教皇たちは、外交的な配慮からこの発表を控えました。しかし、次のことがわかるだけで十分でしょう。すなわち、ファチマ第3の預言によれば…

1830年のこの日付から、約50年間、つまり1830年から76年までの間に、マリアはほとんどひっきりなしに民衆の前に姿を現した。(1)

『オカルティズム』 非理性のヨーロッパ 大野英士 講談社 2018/12/12 <聖母マリア出現と右派オカルティズム> <「出現」の伝統> ・聖心信仰が、せいぜい18世紀に始まる新しい信仰形態であるのに対し、聖母マリア信仰は、初期教会に遡る伝統をもつ。ただし…

「未知なる知性体の科学技術力が不明である以上、戦闘することは絶対に避けるべきだ」(9)

・また、「神々や天使は、背後霊や守護霊となり人間に憑依している」とか「神々も市井の人となり普通の生活をしている」ので誰も分からないそうです。はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうです。時空を超えた宇宙人の「この世」…

「未知なる知性体の科学技術力が不明である以上、戦闘することは絶対に避けるべきだ」(8)

・「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうですが、人は例えば、過去に何千回(?)と転生をしているそうです。自分の前世を何代も遡り、語れる人がいるので驚きです。「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植…

「未知なる知性体の科学技術力が不明である以上、戦闘することは絶対に避けるべきだ」(7)

『八幡神の謎』 (大里長城 著) まんぼう社 2003/11 <謎の多い八幡神> ・「全国で約11万社ある神社の中で、八幡神社は、4万6百余社と最も多く、その総本宮は、大分県宇佐市にある宇佐神宮である。『鍛冶の神』『予言の神』『託宣の神』『武の神』『護…

「未知なる知性体の科学技術力が不明である以上、戦闘することは絶対に避けるべきだ」(6)

<柳田國男の執念> ・日本に一神教をうち立てようとしたのは、天理教の二代真柱、中山正善だけではなかった。正善と同時代に、異なるアプローチの仕方によって一神教の確立をめざしたのが、日本の民俗学の創始者、柳田國男であった。 ・柳田は『祖先の話』…

「未知なる知性体の科学技術力が不明である以上、戦闘することは絶対に避けるべきだ」(5)

<インドの躍進> ・世界銀行は、2025年までにインドが中国と並ぶ世界経済の「成長の柱」になると予想しています。成長の柱が1本から2本に増えることで、世界経済はより安定したものになるかもしれません。 15~20年後、インドは日本やドイツを追い抜く、中…

「未知なる知性体の科学技術力が不明である以上、戦闘することは絶対に避けるべきだ」(4)

『本当に大恐慌がやってきた』 2009年後半から最悪の10年が始まる!日・米・欧・アジア各国が陥った「負のスパイラル」、迫りくる連鎖倒産、大失業、デフレ、国家破綻の実情に迫る! ブルームバーグ・グローバル・ファイナンス&フジサンケイ・ビジネスアイ …

「未知なる知性体の科学技術力が不明である以上、戦闘することは絶対に避けるべきだ」(3)

『漂白する神と人』 (花部英雄) (三弥井書店) 2004 <(憑霊の声)> ・憑霊の語りを表した昔話に「こんな晩」というのがある。民俗学者の向山雅重が長野県の伊那谷で聞いたのは、こんな話である。 ・渡し船を業とする川越え人夫が、二十三夜の明け方、…

「未知なる知性体の科学技術力が不明である以上、戦闘することは絶対に避けるべきだ」(2)

『オカルト』 現れるモノ・隠れるモノ・見たいモノ 森達也 角川書店 2012/4/10 <「現状は、誠実な能力者には不幸でしょう」オカルト・ハンターの返信はすぐに来た> ・とにかく対談は行われた。以下は『STUDIO VOICE』2008 年12月号に掲載された対談の一部…