UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

地球の月は、永劫の昔、レムリア大陸への入植の時代に、軌道上に設置されたりゅう座人の宇宙船である(6)

・天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人がニルヴァーナ(涅槃・天国)を運営していることは、マシューという事故死した息子からのチャネラーである著者のスザン・ワードの本書から分かります。しかし、「闇の勢…

地球の月は、永劫の昔、レムリア大陸への入植の時代に、軌道上に設置されたりゅう座人の宇宙船である(5)

「日本人が知らない『人類支配者』の正体」 船井幸雄・太田龍 ビジネス社 2011/9/22 <「カタカムナ」が説く日本人の特殊性> <大和朝廷以前に住んでいたカタカムナ人> <「YAP」という特殊な遺伝子を持つ日本人> ・(船井)さらに、日本人に関して最…

地球の月は、永劫の昔、レムリア大陸への入植の時代に、軌道上に設置されたりゅう座人の宇宙船である(4)

「スピリチュアル革命」 因果律は愛である 三浦賢大 文芸社 2010/2/1 <霊界の階層> ・マイヤースによる七つの階層に対し、浅野和三郎をはじめとする日本の多くのスピリチュアリストは物質界、幽界、霊界、神界の四つの階層に分けるほうが適切であるとして…

地球の月は、永劫の昔、レムリア大陸への入植の時代に、軌道上に設置されたりゅう座人の宇宙船である(3)

「天国の真実」 マシューが教えてくれる天国の生活 スザン・ワード ナチュラルスピリット 2006/10/10 <起源> ・(マシュー) ニルヴァーナ(涅槃・天国)の本来の目的は、今は主に住まい、そして、学びの場としての現在の状態とは違うものだ。ここは地上に…

地球の月は、永劫の昔、レムリア大陸への入植の時代に、軌道上に設置されたりゅう座人の宇宙船である(2)

「運命改善の不思議の旅99の謎」 森田健 二見文庫2010/6/10 <中国の奥地に実在する『生まれ変わりの村』の謎> ・私は100人ほどインタビューしましたが生まれ変わった人はみんな、前世と同じ「私」という感覚を持っていました。死は終わりではなかったので…

地球の月は、永劫の昔、レムリア大陸への入植の時代に、軌道上に設置されたりゅう座人の宇宙船である(1)

『地球を支配するブルーブラッド 爬虫類人DNAの系譜』 スチュアート・A・スワードロー 徳間書店 2010/6/18 <エイリアン集団紳士録> <アルデバラン ゲルマン人とバイキングを創作・管理> ・典型的なアーリアン型で金髪で青い目を持つ。薄い茶色か中ぐ…

ニギハヤヒは天つ神の命を受け天の磐船に乗って河内国の河上の哮峯に降臨し、後に大倭国の鳥見の白庭山に遷坐したと記す。(5)

・「学研」社の本は、興味深いものが多いようです。オカルト雑誌『ムー』の出版社だからでしょうか。実際は真偽のほども分からないものも多いそうです。この面の知識も、私たち一般人は、当然詳しくはありません。遥かに進化した異星人、高等知性体(神々や…

ニギハヤヒは天つ神の命を受け天の磐船に乗って河内国の河上の哮峯に降臨し、後に大倭国の鳥見の白庭山に遷坐したと記す。(4)

<秘密組織フリーメーソン> ・詳細は既刊に譲るが、結果として、人類はノアの大洪水を生き延びることができた。箱舟がアララト山に漂着し、そこから出てきた4人の男、すなわちノアと3つ子の兄弟ヤフェト、セム、ハムは、ともに神聖なる預言の鍵を手にしてい…

ニギハヤヒは天つ神の命を受け天の磐船に乗って河内国の河上の哮峯に降臨し、後に大倭国の鳥見の白庭山に遷坐したと記す。(3)

『ユダヤ陰謀説の正体』 松浦寛 ちくま新書 1999/11/1 <UFOとホロコースト> <UFOを操っているのはだれか> ・ホロコーストとUFOとはいかにも奇妙な取り合わせのように思われるが、ユダヤ人に関する偏見には、他のどの民族に関する偏見にもまして…

ニギハヤヒは天つ神の命を受け天の磐船に乗って河内国の河上の哮峯に降臨し、後に大倭国の鳥見の白庭山に遷坐したと記す。(2)

『ニギハヤヒ』 『先代旧事本紀』から探る物部氏の祖神 戸矢学 河出書房新社 2011/12/1 <神の国から飛来降臨する「天磐船」 ニギハヤヒに発するイワクラ信仰> ・それによって、ニギハヤヒの統治していた国は、あちこちにあった小規模な部族国家というよう…

ニギハヤヒは天つ神の命を受け天の磐船に乗って河内国の河上の哮峯に降臨し、後に大倭国の鳥見の白庭山に遷坐したと記す。(1)

『物部氏の伝承と史実』 前田晴人 同成社 2017/9/8 <物部氏の祖先伝承> <饒速日命の降臨神話> <古代のどの氏族にも氏の始祖とされる神や人がおり、その神・人にまつわる伝承があった> ・使用された漢字は読みづらいので、本書では史料を引用する場合を…

UFOが突如現われて、突然消えるとか、「アルザル」という名の地底の別世界があるなどということも肯定できます。つまり5次元世界から見ると、3次元世界の過去も未来も、お見とおしのようです。(4)

・ドイツ、イタリアとの枢軸国のつながりは、ドイツの金髪碧眼のアーリア人種の宇宙人との関連もあったのかもしれません。ナチスのヒトラーも一種の霊媒であったそうですが、霊的にチャネラーの存在がいたのかもしれません。「ヒトラーの側近も四人の重要な…

UFOが突如現われて、突然消えるとか、「アルザル」という名の地底の別世界があるなどということも肯定できます。つまり5次元世界から見ると、3次元世界の過去も未来も、お見とおしのようです。(3)

『UFO学入門』 伝説と真相 皆神龍太郎 楽工社 2008/3 <クロード・ボリロンのケース> ・アダムスキー、マイヤーとともに「三大コンタクティ(宇宙人との接触者)」と呼ばれているのが、ラエルことクロード・ボリロンだ。 ・ラエルを中心としたラエリアン…

UFOが突如現われて、突然消えるとか、「アルザル」という名の地底の別世界があるなどということも肯定できます。つまり5次元世界から見ると、3次元世界の過去も未来も、お見とおしのようです。(2)

『人間の『正しいあり方』』 われわれの本質は肉体ではなく霊魂です 船井幸雄 ヒカルランド 2011/10 <政木先生が教えてくれた修業の場としての「この世」> ・若い時に血のにじむような苦労をし、陰徳を積み、多くの人々に幸福を与えたのちに目先の欲望を捨…

UFOが突如現われて、突然消えるとか、「アルザル」という名の地底の別世界があるなどということも肯定できます。つまり5次元世界から見ると、3次元世界の過去も未来も、お見とおしのようです。(1)

『二つの真実』 未来を変える衝撃の力に目覚める時代の到来 船井幸雄 ビジネス社 2009/7/8 <とりあえず、「二つの真実」の概要をここで簡単に説明いたします> ・ 一つめの真実は、人類の歴史はもとより、われわれ個々人の生涯につきましても、生没の年月日…

それをわざわざ「驚くべき話」に仕立て上げ、UFOが来たらこの世の終わりだというくらい「大変だ!」みたいに作っていたのが映画やテレビ番組です。(2)

『王仁三郎の霊界物語大預言』 富士山大爆発とミロク神人種誕生の神ドラマ 海野光彦 徳間書店 1995/11 <ミロク神人種だけが「黄金のそりはし」を渡る!> ・国祖、国常立命は、太古の昔、地球主宰神の位についていたが、悪魔の謀議によって艮(とどめ)の地…

それをわざわざ「驚くべき話」に仕立て上げ、UFOが来たらこの世の終わりだというくらい「大変だ!」みたいに作っていたのが映画やテレビ番組です。(1)

『スピリチュアリズム』 苫米地英人 にんげん出版 2007/8/15 <催眠現象のメカニズム> ・実は福来助教授の錯覚は、催眠術師のよく起こす間違いと同じです。催眠術師が催眠をかけたときは、術者本人も深い変性意識状態に入っているという事実があまり知られ…

フリーメイソンは、日本人が西欧キリスト教文明をみる場合の、盲点である。(2)

『坂本龍馬とフリーメーソン』 明治維新の礎を築いた英雄は秘密結社のエージェントだった! 鬼塚五十一 学研 2007/1 <鎖国から開国へー日本の基盤作りを開始> ・今日、世界の流通機構のほとんどはフリーメーソンが牛耳り、世界市場で商取引をスムーズに行…

フリーメイソンは、日本人が西欧キリスト教文明をみる場合の、盲点である。(1)

『フリーメイソン 秘密結社の社会学』 最古で、最大の「友愛組織」。その「謎」を理解すれば、世界がわかる。 橋爪大三郎 小学館 2017/8/1 <フリーメイソンは、日本人が西欧キリスト教文明をみる場合の、盲点である> ・フリーメイソンは、キリスト教から派…

とても巨大な飛行物体でした。少なくともフットボール場くらいの長さはありました。(3)

「日月神示 縄文サンクチュアリ」 (麻賀多神社編) 中矢伸一 ジュード・カリヴァン ヒカリランド 2010/10/31 <シュメールと日本のシンクロニシティは、アヌンナキ(竜/爬虫類人)という人類をつくり出した地球外生命体に淵源がある!> 中矢;日本の古史…

とても巨大な飛行物体でした。少なくともフットボール場くらいの長さはありました。(2)

『図解雑学 日本の妖怪』 小松和彦 ナツメ社 2009/7/17 <山奥に潜む異世界 隠れ里と神隠し> ・隠れ里、神隠しは、この世ではない「異界」にまつわる概念である。 <山奥や風穴の向こう側にある異界> ・隠れ里は、山奥や塚穴の奥深くなどにあるという理想…

とても巨大な飛行物体でした。少なくともフットボール場くらいの長さはありました。(1)

『「youは」宇宙人に遭っています』 スターマンとコンタクティの体験実録 900人を超える遭遇者の長期取材を通じて記録された実態ドキュメンタリー。 アーディ・S・クラーク 明窓出版 2013/10/1 <アメリカの先住民族たちがその起源をプレアデスの星々に持つ…

インド人は、相手の風貌や名前からある程度カースト階級を推測できるらしいが、我々外国人には難しい。難しいが、よく理解しておかないと、インドでの活動やインド人との付き合いで苦労することになる。(2)

『公務員が日本を救う』 偽りの「政治主導」との決別 榊原英資 PHP 2011/6/27 <「がんばれ!公務員」こそ真の国益> ・いわゆる「公務員改革」が民主党政権の中心的政策課題になっています。政権をとった2009年衆議院選挙のマニフェストでは、国家公務員…

インド人は、相手の風貌や名前からある程度カースト階級を推測できるらしいが、我々外国人には難しい。難しいが、よく理解しておかないと、インドでの活動やインド人との付き合いで苦労することになる。(1)

『最後の超大国 インド』 元大使が見た親日国のすべて 平林博 日経BP社 2017/6/22 <北京の地下壕見学> ・筆者は、1974年から76年までの文革末期に、北京の日本大使館に1等書記官として勤務していたので、反覇権主義については生き証人の1人だ。 当時の北…

大きな円形の宇宙船でした。強大なものでした。フットボールの競技場を端から端まで覆い隠してしまうほどでした。(6)

・田村珠芳さんは、異星人とのコンタクティやチャネラーなのでしょうか。グランドマスターとコンタクトがあったのでしょうか。日本でも不思議な世界の人々とコンタクトがあるという告白が時々あったりしたようです。神々や天使のような異星人とコンタクトし…

大きな円形の宇宙船でした。強大なものでした。フットボールの競技場を端から端まで覆い隠してしまうほどでした。(5)

『〔宇宙人と地球人〕の超真相!』 地球に危機が迫っている! (深野一幸) (徳間書店) 1997/10 <地球人と関係の深い宇宙人の情報> <1、 琴座(リラ)星人> ・琴座は、地球が存在する銀河系宇宙における人間型生命体の発祥地という。琴座(リラ)星人…

大きな円形の宇宙船でした。強大なものでした。フットボールの競技場を端から端まで覆い隠してしまうほどでした。(4)

『ようこそ宇宙ZINE』 宇宙人との接触、UFO搭乗が始まった! 田村珠芳ほか ハギジン出版 2011/5/6 <TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)で日本壊滅> ・TPPが実現すれば、日本の農業、工業は壊滅します。林業、漁業もです。環太平洋の加盟国はア…

大きな円形の宇宙船でした。強大なものでした。フットボールの競技場を端から端まで覆い隠してしまうほどでした。(3)

『奇蹟に出会える世界の聖地』 稲田美織 小学館 2014/7/2 <ネイティブアメリカンの「聖なる地」へ> <7世代先のことを考えて生きる> ・ネイティブアメリカンの人々は、人類学によれば、紀元前2万3000年から紀元前1万2000年頃、アジア・アラスカ間のベーリ…

大きな円形の宇宙船でした。強大なものでした。フットボールの競技場を端から端まで覆い隠してしまうほどでした。(2)

『SKY PEOPLE』 超古代マヤ人から連綿と続く宇宙人との繋がり 今なぜ緊急に接触を強めているのか アーディ・S・クラーク ヒカルランド 2015/12/25 <古代マヤ遺跡> ・7年にわたる調査、古代マヤ遺跡を89か所めぐって集めた、約100人におよぶインタビュー、…

大きな円形の宇宙船でした。強大なものでした。フットボールの競技場を端から端まで覆い隠してしまうほどでした。(1)

『スターピープルはあなたのそばにいる 下』 アーディ・S・クラーク 明窓出版 2017/9/15 <ワイオミングのハイウェイでの遭遇> ・「それが頭上にやってきた時には、船体の正面の部分だけが見えて、あとの部分は見えませんでした。僕の見た感じでは、あれが…