UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

220兆円の被害となると国が潰れてしまうんではないですか?(5)

<平成の“土光臨調”をつくれ> ・今の行政制度、官僚制度ができて60年以上である。いや、戦前から続いている制度も多いので、100年以上になるかもしれない。 同じ制度を100年も使っていれば、絶対に矛盾や不合理が生じるはずである。 <先進国として恥ずかし…

220兆円の被害となると国が潰れてしまうんではないですか?(4)

<中福祉・中負担> ・社会保障制度についても、現在は高福祉・低負担でありますが、将来、中福祉・中負担への改革を提案したいと思っています。 自分の受けたサービスに見合う費用は受益者負担として応分に負担しなければならないと思うのです。方策として…

220兆円の被害となると国が潰れてしまうんではないですか?(3)

<二重国籍の政治家は論外だ> (百田)もう一つ、国会議員の「資格」ということで触れておきたいのは、民進党の代表になった連坊さんの二重国籍問題です。私はもう「政治家の二重国籍は絶対に駄目」だと考えています。 (青山)同感です。 ・(青山)敗戦後…

220兆円の被害となると国が潰れてしまうんではないですか?(2)

<政財界のリーダーは65~70歳で定年に> ・企業に限りません。政財界の65~70歳以上のリーダーは全員例外なく、お国のためにその職から退いてもらったらどうでしょうか。つまり、大部分は65歳未満の世代で新しい日本の指導者層、中枢をつくっていくのです。…

220兆円の被害となると国が潰れてしまうんではないですか?(1)

『日本をどのような国にするのか』 地球と世界の大問題 丹羽宇一郎 岩波新書 2019/2/21 <日本の現在の立ち位置> ・食料の自給率について。これについては、ごく直近の2017年までの数字が出ています。これによると、カナダが264%、オーストラリアが223%、…

こうした経緯から、三上照夫は巷でいつしか「天皇の国師」と呼ばれるようになった。本人がご進講のことを口外することはなかったが、周りが噂しはじめたのである(5)

・「陰謀論」もサブ・カルチャーですが「知る人そ知る」世界のようです。荒唐無稽な話が多く、理解不能な内容に感じられ、私たち一般人には、訳の分からない奇説だそうです。しかし、執拗に商業ベースにはのらないのに、陰謀ハンターも棲息しているようです…

こうした経緯から、三上照夫は巷でいつしか「天皇の国師」と呼ばれるようになった。本人がご進講のことを口外することはなかったが、周りが噂しはじめたのである(4)

<昭和天皇の国師、三上照夫は物理霊媒の亀井三郎と双璧の博士> ・三上は毛沢東、周恩来の学者ブレーンたちと協議して日中国交回復時の対日賠償請求を中国側に断念させた人物だ。三上は3人のニッポン人国際法学者を同行、中国側の専門家たちとの間で日中の…

こうした経緯から、三上照夫は巷でいつしか「天皇の国師」と呼ばれるようになった。本人がご進講のことを口外することはなかったが、周りが噂しはじめたのである(3)

『宇宙戦争』{ソリトンの鍵} 光悠・白峰 明窓出版 2006/5 <エイリアンが、地球で行う生体実験・・・それは、宇宙戦争の歴史のカルマの清算と修復である> <源氏と平家―両極を動かす相似象とは> ・日本でもこれと相似象のことがけっこうあるのですよ。そ…

こうした経緯から、三上照夫は巷でいつしか「天皇の国師」と呼ばれるようになった。本人がご進講のことを口外することはなかったが、周りが噂しはじめたのである(2)

<吉備太秦が語る/巨額資金分配の構造とその目的> ・日本が危機に直面したとき、背後から天皇家を支えてきた縄文八咫烏直径の吉備太秦が必ず登場して、世界のロイヤルファミリーを道案内し、教導する。 そして「地球連邦政府」を樹立する歴史的使命と役割を…

こうした経緯から、三上照夫は巷でいつしか「天皇の国師」と呼ばれるようになった。本人がご進講のことを口外することはなかったが、周りが噂しはじめたのである(1)

『天皇の国師 知られざる賢人 三上照夫の真実』 宮崎貞行 学研 2014/3/18 <海ゆかば> ・4月15日の日記によると、同席した入江侍従長が{屋久島で樹齢七千年の世界一の巨杉を発見、太古を偲ばせるものがあり、天皇御在位五十周年を記念しているかのよう}と…

NSAが目論み、アメリカ軍が密かに実行するレッドライト・プロジェクトの最終目的はひとつ。本物のエイリアンと最終戦争をして勝利を収め、この地球を完全支配することなのだ。(6)

・「とある米軍基地に行けば神に会える」とか「イルミナティなどのフリーメーソンに入れば神に会える」という与太話があるそうですが、「高次元の異星人=神々」と考えれば、神々とのコンタクティやチャネラーもいるのでしょうか。神々は憑依などで市井のひ…

NSAが目論み、アメリカ軍が密かに実行するレッドライト・プロジェクトの最終目的はひとつ。本物のエイリアンと最終戦争をして勝利を収め、この地球を完全支配することなのだ。(5)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・当時のアイゼンハワー大統領が、異星人と「協定」を結んだそうです。対等に「宇宙人」とは、協定を結べなかったようです。エイリアン・エンジニアリングが想像を絶する程度に進化していたようです?当時のア…

NSAが目論み、アメリカ軍が密かに実行するレッドライト・プロジェクトの最終目的はひとつ。本物のエイリアンと最終戦争をして勝利を収め、この地球を完全支配することなのだ。(4)

『私は宇宙人を知っている』 松村潔 ベストセラーズ パソコンネットで飛び交うUFO秘密情報 1991年 <古代リラ人は日本人の祖先> ・私は、この古代リラ人の中心的な人物は、トス(のちの、ヘルメス)だったという考えを持っている。年々考えるたびに、ヘルメ…

NSAが目論み、アメリカ軍が密かに実行するレッドライト・プロジェクトの最終目的はひとつ。本物のエイリアンと最終戦争をして勝利を収め、この地球を完全支配することなのだ。(3)

『怪奇事件の謎』 小池壮彦 学研 2014/7/8 <首相公邸の怪談> <“足だけの幽霊”> ・首相公邸に幽霊が出るという噂について、政府が「承知していない」という答弁書を決定したことを報じた新聞記事(東京新聞・13年5月24日付)があります。 ・旧首相公邸だ…

NSAが目論み、アメリカ軍が密かに実行するレッドライト・プロジェクトの最終目的はひとつ。本物のエイリアンと最終戦争をして勝利を収め、この地球を完全支配することなのだ。(2)

『ナポレオン・ミステリー』 倉田保雄 文藝春秋 2001/8 <フリーメーソンと情報網> ・半信半疑といった印象を免れないが、フリーメーソンが実在することは確かで、秘密結社だからメンバーのリストなどは発表されていないが、知られている創成期の名士として…

NSAが目論み、アメリカ軍が密かに実行するレッドライト・プロジェクトの最終目的はひとつ。本物のエイリアンと最終戦争をして勝利を収め、この地球を完全支配することなのだ。(1)

『失われた空飛ぶ円盤「ナチスUFO」の謎』 飛鳥昭雄・三神たける 学研 2012/1 レンデルシャムのUFO着陸事件の真相と「アダムスキー型円盤」の正体に迫る!! <レンデルシャム事件のUFO> ・いわば事件の裏づけともいえる証人が見つかったことで、彼…

いずれにせよ、空飛ぶ円盤関連の書籍においては、南米や南極大陸にナチスのUFO基地があることが「通説」として語られてきた。(9)

・「タイム・トラベラーであるジーン・ロッデンベリー(訳注;SFシリーズ『スター・トレック』を生み出したテレビ・映画プロデューサー)によってあなた方に紹介されました」ということですが、テレビ映画『スター・トレック』は、真偽は分かりませんが色…

いずれにせよ、空飛ぶ円盤関連の書籍においては、南米や南極大陸にナチスのUFO基地があることが「通説」として語られてきた。(8)

・世界中のいわゆる「失踪者」について書きますと非常に多くのページと調査時間が必要になります。多くは家出人か、逃亡者か、子どもの誘拐のように犯罪事件か、犯罪か事故か、そして、ごく少数のエイリアンのアブダクション(誘拐)なのか、警察への届け出…

いずれにせよ、空飛ぶ円盤関連の書籍においては、南米や南極大陸にナチスのUFO基地があることが「通説」として語られてきた。(7)

<寺内謙寿機長> ・1986年11月、アラスカ上空を飛んでいた日本航空の寺内謙寿機長の報告は少なくとも大きさに関して、驚くべきものであった。アンカレッジ空港への最終着陸準備に入っていた時、寺内氏と貨物輸送のフライト乗務員は、彼らのボーイング747ジ…

いずれにせよ、空飛ぶ円盤関連の書籍においては、南米や南極大陸にナチスのUFO基地があることが「通説」として語られてきた。(6)

『あなたはいまスターシードとして目覚める』 限りない愛を受ける存在 シリウスの超叡智3 パトリシア・コーり 徳間書店 2011/9/30 <四つのマスター種族とは> ・地球では白人種と定義されている「エリエン」のルーツはオリオン星雲にあります。テクノロジー…

いずれにせよ、空飛ぶ円盤関連の書籍においては、南米や南極大陸にナチスのUFO基地があることが「通説」として語られてきた。(5)

『シュメールの天皇家』 陰陽歴史論より 鷲見紹陽 明窓出版 2010/1 <高天原はスバルである> <太古、神人はスバル、北極星、オリオンからやってきた> ・本書の「陰陽歴史論」とは、高天原の昴(スバル)系の氏族とアースガルトやアガルタの地底系氏族とい…

いずれにせよ、空飛ぶ円盤関連の書籍においては、南米や南極大陸にナチスのUFO基地があることが「通説」として語られてきた。(4)

『世界文明の「起源は日本」だった』 巨大地上絵でわかった ついに開いた!世界史のびっくり箱 大国主=神武天皇=イエス・キリストの衝撃! 次々と特定される驚天動地の解き明かし 上森三郎&神部一馬 ヒカルランド 2013/7/12 <大国主=神武天皇=イエス•キ…

いずれにせよ、空飛ぶ円盤関連の書籍においては、南米や南極大陸にナチスのUFO基地があることが「通説」として語られてきた。(3)

<●●インターネット情報から●●> アメリカ人UFO研究家アルバート・K・ベンダーは、1952年UFOの謎を研究する団体、IFSBを創設し、海外にもその輪を広げている。 1953年3月、IFSBの会員がテレパシーで宇宙からの訪問者に相互理解のメ…

いずれにせよ、空飛ぶ円盤関連の書籍においては、南米や南極大陸にナチスのUFO基地があることが「通説」として語られてきた。(2)

『宇宙人第0の遭遇』 南極大陸の地下基地で活動したエイリアンの生態記録 アルバート・K・ベンダー 監訳;コンノケンイチ 徳間書店 1995/4 <ベンダーが接触した宇宙人の特徴> 黒服の男、美形の女性、高貴な男性を偽装して現れる。 しかし、その実体は「…

いずれにせよ、空飛ぶ円盤関連の書籍においては、南米や南極大陸にナチスのUFO基地があることが「通説」として語られてきた。(1)

『流言のメディア史』 佐藤卓己 岩波新書 2019/3/21 <デジタル時代こそメディア史的思考を> ・そうした「絶対的な義務」を新聞社が果たさない理由を、林は三つ挙げている。第一に、自社掲載の記事を捏造だと発表することにより読者の信用を低下させるので…

「われわれは苦い現実を認めなくてはならない。次の戦争では恐るべき飛行体から攻撃を受けるだろう。南極には進んだ文明と優れた先端技術をもつ人々が存在する。彼らはナチスSSとともに活動している」(6)

・エーテル界の「高等知性体」については、私たち一般人には、訳の分からない奇説だそうです。5次元の異星人が、4次元の異星人を支配し、人間を操作し支配することは容易だといわれます。「シリウスのテクノロジーは、アヌンナキによって地球にもたらされた…

「われわれは苦い現実を認めなくてはならない。次の戦争では恐るべき飛行体から攻撃を受けるだろう。南極には進んだ文明と優れた先端技術をもつ人々が存在する。彼らはナチスSSとともに活動している」(5)

『霊の探求』 (近代スピリチュアリズムと宗教学) (津城寛文) (春秋社) 2005/10 <「霊の探求」> ・近代スピリチュアリズムの最初にして最大の体系化はフランス人で英語の筆名を名乗るアラン・カルデックの「霊の書」によってなされた。その後のイギリ…

「われわれは苦い現実を認めなくてはならない。次の戦争では恐るべき飛行体から攻撃を受けるだろう。南極には進んだ文明と優れた先端技術をもつ人々が存在する。彼らはナチスSSとともに活動している」(4)

『天国への手紙』 江原啓之 集英社 2007/3/20 <「たましい」の行方> <臨終~舞台の幕が降りるとき> ・臨終のとき、すなわち死に臨む最期のときに、意識がはっきりしていて「さようなら」が言えるケースはほとんどないでしょう。亡くなり方にもよりますが…

「われわれは苦い現実を認めなくてはならない。次の戦争では恐るべき飛行体から攻撃を受けるだろう。南極には進んだ文明と優れた先端技術をもつ人々が存在する。彼らはナチスSSとともに活動している」(3)

『江原啓之 本音発言』 江原啓之 講談社 2007/10/19 <スピリチュアル基礎用語> (あの世) 死後の世界。この世との境にある幽現界を経て、幽界、霊界、神界へ移行する。 (カルマ) 因果律、業ともいう。自分の行動は善いことも悪しきこともいつか自分に返…

「われわれは苦い現実を認めなくてはならない。次の戦争では恐るべき飛行体から攻撃を受けるだろう。南極には進んだ文明と優れた先端技術をもつ人々が存在する。彼らはナチスSSとともに活動している」(2)

<ジェームズ・ボンド> ・イアン・フレミングによる大ヒットスパイ小説と、それを基にして製作された映画シリーズの主人公。大胆不敵なポンドは別名エージェント007といい、00から始まるコードネームは殺しのライセンスを与えられたことを指す。 ストーリー…