UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

ロシアの「第1ハートランド」と赤い支那の「第2ハートランド」の膨張の脅威が、アジア国際情勢の特性になった。(3)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・核ミサイルによって、「戦争と兵器のパラダイム・シフト」がおこりました。少数の核ミサイルによってでも、北朝鮮のような小国が、周辺国やアメリカのような大国を威嚇することができるようになりました。マ…

ロシアの「第1ハートランド」と赤い支那の「第2ハートランド」の膨張の脅威が、アジア国際情勢の特性になった。(2)

『プレアデスとのコンタクト』 (地球外知的生命) (ビリー・E.A.マイヤー)(徳間書店) 2001/8 <地球以外の出自を持つ人間> ・地球上には、地球人、つまり地球に起源を有する人間だけでなく、地球以外にその出自を持つ人間もいる。それらの人間の故郷…

ロシアの「第1ハートランド」と赤い支那の「第2ハートランド」の膨張の脅威が、アジア国際情勢の特性になった。(1)

『地政学の論理』 拡大するハートランドと日本の戦略 中川八洋 徳間書店 2009/5 <マッキンダー/スパイクマンの地政学> ・地球をくまなく、一瞬にして感知できる「知の偵察衛星」が、マッキンダー/スパイクマンの地政学である。本書が、マッキンダー/スパイ…

「日本銀行を政府の子会社化して国債を持たせてしまえばいい」というような安易な考え方。(4)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・日本経済の動向や世界経済は、当然のことながら、現代のビジネス社会の毎日の関心事です。さまざまな情報や学者の見解が多くのメディアに流れています。日本の経済政策についても2020年の東京オリンピック・…

「日本銀行を政府の子会社化して国債を持たせてしまえばいい」というような安易な考え方。(3)

『「借金1000兆円」に騙されるな!』 暴落しない国債、不要な増税 高橋洋一 小学館 2012/4/2 <日銀法を改正すべき> ・中央銀行の独立性は、手段の独立性と、目標の独立性に分けられているが、1998年の日銀法改正で、日銀にはそのどちらもが与えられるとい…

「日本銀行を政府の子会社化して国債を持たせてしまえばいい」というような安易な考え方。(2)

『伝説の教授に学べ!』 本当の経済学がわかる本 勝間和代が本気で勉強したかったとても大切なこと 誰がデフレ不況を長引かせているか 浜田宏一、若田部昌澄、勝間和代 2010/7/8 東洋経済新報社 <これが経済学のカンドコロだ> 1、 身の回り(ミクロ)では…

「日本銀行を政府の子会社化して国債を持たせてしまえばいい」というような安易な考え方。(1)

『東京五輪後の日本経済』 元日銀審議委員だから言える 白井さゆり 小学館 2017/9/13 <異次元緩和に、果たして効果はあったのか?> <異次元緩和の成果> ・黒田総裁の下で推し進められた異次元緩和ですが、まず効果があった点とは、極端な円高と株安を是…

ユーラシア大陸の縁=リムランドの争奪が世界大戦の原因である。国際政治はランドパワー(大陸国家)とシーパワー(海洋国家)のせめぎあい。(6)

・巨大宇宙母船の話は、宇宙人のコンタクティの話からも多いそうです。まるで、ガリバー旅行記の空飛ぶ島「ラピュタ」の物語のようなファンタジーです。しかし、『ガリバー旅行記』は、火星の衛星の正確な描写から実は宇宙旅行記だという説もあったそうです…

ユーラシア大陸の縁=リムランドの争奪が世界大戦の原因である。国際政治はランドパワー(大陸国家)とシーパワー(海洋国家)のせめぎあい。(5)

『宇宙人がくれた21世紀の聖書』 接触者(コンタクティ)ビリー・マイヤは何を観たか 大高良哉 徳間書店 1989/3 <マイヤを訪ねて日本人のルーツ太陽系を知る> ・我々は1987年4月、スイスにマイヤを訪ねた。マイヤの本を読み、マイヤやスイスのFIGU・SSSC活…

ユーラシア大陸の縁=リムランドの争奪が世界大戦の原因である。国際政治はランドパワー(大陸国家)とシーパワー(海洋国家)のせめぎあい。(4)

『ユダヤ陰謀説の正体』 松浦寛 ちくま新書 1999/11/1 <UFOとホロコースト> <UFOを操っているのはだれか> ・ホロコーストとUFOとはいかにも奇妙な取り合わせのように思われるが、ユダヤ人に関する偏見には、他のどの民族に関する偏見にもまして…

ユーラシア大陸の縁=リムランドの争奪が世界大戦の原因である。国際政治はランドパワー(大陸国家)とシーパワー(海洋国家)のせめぎあい。(3)

『ニギハヤヒ』 『先代旧事本紀』から探る物部氏の祖神 戸矢学 河出書房新社 2011/12/1 <神の国から飛来降臨する「天磐船」 ニギハヤヒに発するイワクラ信仰> ・それによって、ニギハヤヒの統治していた国は、あちこちにあった小規模な部族国家というよう…

ユーラシア大陸の縁=リムランドの争奪が世界大戦の原因である。国際政治はランドパワー(大陸国家)とシーパワー(海洋国家)のせめぎあい。(2)

『地球を支配するブルーブラッド 爬虫類人DNAの系譜』 スチュアート・A・スワードロー 徳間書店 2010/6/18 <エイリアン集団紳士録> <アルデバラン ゲルマン人とバイキングを創作・管理> ・典型的なアーリアン型で金髪で青い目を持つ。薄い茶色か中ぐ…

ユーラシア大陸の縁=リムランドの争奪が世界大戦の原因である。国際政治はランドパワー(大陸国家)とシーパワー(海洋国家)のせめぎあい。(1)

『世界史で学べ!地政学』 世界で多発する紛争の原因がひと目でわかる 茂木誠 祥伝社 2016/12/24 <国際政治はランドパワー(大陸国家)とシーパワー(海洋国家)のせめぎあい> <いまなぜ地政学が必要なのか?> ・地政学は、帝国主義の論理です。国家と国…

50~100%の高率でシェルターが準備されていると聞く。日本では0.02%である。「日本は核兵器を認めていないからシェルターも認めていないのだ」という言い訳は、全く理屈になっていない。(4)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・米国の国防関係者は、北朝鮮リスクについて、多くの研究をしているようです。トランプ大統領も対応を検討しているようですが、「瀬戸際政策」が頻繁に行われているそうです。北朝鮮も自国が滅びるようなこと…

50~100%の高率でシェルターが準備されていると聞く。日本では0.02%である。「日本は核兵器を認めていないからシェルターも認めていないのだ」という言い訳は、全く理屈になっていない。(3)

『自衛隊「影の部隊」情報戦 秘録』 松本重夫 アスペクト 2008/11 <影の部隊> ・かつてマスコミや革新政党から「影の部隊」あるいは「影の軍隊」と呼ばれ、警戒された組織があった。自衛隊にあって情報収集と分析を専門に行う「調査隊」だ。私は調査隊の編…

50~100%の高率でシェルターが準備されていると聞く。日本では0.02%である。「日本は核兵器を認めていないからシェルターも認めていないのだ」という言い訳は、全く理屈になっていない。(2)

『自衛隊の情報戦』 陸幕第二部長の回想 塚本勝一 草思社 2008/9 <情報担当> ・陸上幕僚監部(陸幕)の第二部(情報担当)長をつとめ、朝鮮半島の問題のエキスパートとして知られる元高級幹部が、ベールに覆われていた活動の実相を初めて明らかにする。 ・…

50~100%の高率でシェルターが準備されていると聞く。日本では0.02%である。「日本は核兵器を認めていないからシェルターも認めていないのだ」という言い訳は、全く理屈になっていない。(1)

『軍事のリアル』 富澤暉 新潮社 2017/11/16 <米国安全保障戦略の揺らぎ> ・米戦略国際問題研究所(CSIS)シニアアドバイザーのエドワード・ルトワックは、(1)財務省とウォール街は「親中」である、(2)国務省は「親中」と「反中」の間をゆれる、(…

今後、北朝鮮の核戦力がさらに向上すれば、韓国が核武装に動くことも予想され、東アジアでの核拡散が現実のものとなる。(6)

・中国についてはカシオペア座方面の異星人の未来予測が頭に残っています。異星人はタイム・トラベラーが多いので不気味です。昔は宇宙人たちが核戦争を懸念して地球に来ているといわれていました。それは以下の予測です。「中国はこれからの地球の変化の大…

今後、北朝鮮の核戦力がさらに向上すれば、韓国が核武装に動くことも予想され、東アジアでの核拡散が現実のものとなる。(5)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・国際関係が不透明な時代になると「地政学」が見直されるそうです。北朝鮮や韓国の「事大主義」という解釈も興味深いものです。朝鮮半島、朝鮮民族は、太古から外国の勢力に侵略されてきた結果、行動形態や思…

今後、北朝鮮の核戦力がさらに向上すれば、韓国が核武装に動くことも予想され、東アジアでの核拡散が現実のものとなる。(4)

『 円高は日本の大チャンス』 「つくって売る」から「買って儲ける」へ 堀川直人 PHP 2010/12 <いまの政治家は「使命を忘れたカナリア」> ・歌を忘れたカナリアに、歌を思い出させるというか、「稼ぐ」ことや、「国を豊かにする」という本来の使命を忘…

今後、北朝鮮の核戦力がさらに向上すれば、韓国が核武装に動くことも予想され、東アジアでの核拡散が現実のものとなる(3)

『アメリカにはもう頼れない』 日本外交戦略の失敗をどう正すか 日高義樹 徳間書店 2010/10/31 <やはり核兵器は必要である> ・アメリカを始め核兵器を持つ国が外交上、有利な立場に立つことができるのは、究極の軍事力である核兵器を背後に持っているから…

今後、北朝鮮の核戦力がさらに向上すれば、韓国が核武装に動くことも予想され、東アジアでの核拡散が現実のものとなる(2)

『アメリカが日本に「昭和憲法」を与えた真相』 日高義樹 PHP 2013/7/8 <核兵器の国際管理と独自の核兵器を提唱する> ・アメリカは核戦略の三本柱としてICBM大陸間弾道ミサイル、原子力ミサイル潜水艦、それに長距離戦力爆撃機を保有し、ロシア、中…

今後、北朝鮮の核戦力がさらに向上すれば、韓国が核武装に動くことも予想され、東アジアでの核拡散が現実のものとなる(1)

『21世紀の地政学アトラス』 反グローバル時代の覇権戦争のゆくえ 地政学地図研究会 小学館クリエイティブ 2016/9/13 <北東アジア> ・超大国を目ざす成長にブレーキがかかり、さまざまな問題が起こっている中国だが、近代以降の屈辱の歴史を晴らすため、国…

マレビトは魂の故郷であるニライカナイから、境界を踏み越えて、こちらの世界にあらわれる。(2)

『世界の中の柳田国男』 REモース、赤坂憲雄 編 藤原書店 2012/11/20 <『遠野物語』の表と裏―柳田国男と井上ひさし (クリストファー・ロビンス)> <民族の受容・抹消・回顧> ・「遠野郷の民家の子女にして、異人にさらはれて行く者年々多くあり。こと…

マレビトは魂の故郷であるニライカナイから、境界を踏み越えて、こちらの世界にあらわれる。(1)

『虎山に入る』 中沢新一 角川書店 2017/10/27 <「内側から」描かれる歴史—―柳田國男『海上の道』> ・九学会連合大会(1952年)で話された柳田國男の「海上の道」という講演は、その場にいた多くの研究者に衝撃を与えたばかりでなく、その後活字になってか…

石巻では、車を運転中に人にぶつかった気がするという通報が多すぎて、通行止めになった道路もあると聞いた。まるで都市伝説のような恐怖体験だが、当時はこんな話は掃いて捨てるほどあったのである。(2)

『松下幸之助はなぜ、松下政経塾をつくったのか』 江口克彦 WAVE出版 2010/6/20 <個性・持ち味を生かす> ・結論を申せば、松下幸之助は職種を増やすことを考慮した政治をおこなうことであり、「お互いの欲望が適正に満たされる社会」が政治の目指す姿…

石巻では、車を運転中に人にぶつかった気がするという通報が多すぎて、通行止めになった道路もあると聞いた。まるで都市伝説のような恐怖体験だが、当時はこんな話は掃いて捨てるほどあったのである。(1)

『魂でもいいから、そばにいて』 3・11後の霊体験を聞く 奥野修司 新潮社 2017/2/28 <旅立ちの準備> ・死者・行方不明者1万8千人余を出した東日本大震災。その被災地で、不思議な体験が語られていると聞いたのはいつのことだったのだろう。多くの人の胸に…

「家が一回なくなっても出てくるのか。律儀なザシキワラシだなあ!」(4)

・人間の感覚やその時代の常識が通用しない世界の話が、異星人の話です。30年前には、日本で宇宙人とコンタクトして異星に行った日本人が本を書いたこともあったようです。当時、宇宙連合のメンバーが日本にも来ていたそうです。宇宙連合のメンバーは世界中…

「家が一回なくなっても出てくるのか。律儀なザシキワラシだなあ!」(3)

『大いなる秘密』 (レプティリアン爬虫類人) (デーヴィッド・アイク) (三交社) 2000/8 <アーリア人の祖先たちの故郷> <シャンバラと呼ばれる都市を主都とする地下王国「アガルタ」> ・「ヒトラーについていけ!彼は踊るだろう。笛を吹くのは私だ」…

「家が一回なくなっても出てくるのか。律儀なザシキワラシだなあ!」(2)

<孔子も「易」を研究し、朱子も「鬼」に熱中した> ・そもそも、儒教の開祖であった孔子は、怪力乱神については、怪しい神々や荒っぽい化け物のことをさらに語らなかったけれども、まるで無関心だったわけではない。孔子すらもじつは易学のような神秘的な学…