UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

財政破綻の確率を知る格好の指標があるよ。それは、各国の国債の「クレジット・デフォルト・スワップ」、略して「CDS」のレート、つまり保証料率を見ればいい。(7)

・私たち一般人は、エコノミストではないので、詳しい分析はできませんが、円の国際的な評価が、その実態を反映するそうです。「国債などの政府債務残高は現在、約1000兆円。日本政府の資産を考えると、ネット(差し引き)で500兆円になる。そこに日銀を政府…

財政破綻の確率を知る格好の指標があるよ。それは、各国の国債の「クレジット・デフォルト・スワップ」、略して「CDS」のレート、つまり保証料率を見ればいい。(6)

『あなたのすぐ隣にいる中国のスパイ』 鳴霞 千代田情報研究会 飛鳥新社 2013/4/6 <「日本人がいかに易々と中国人に騙されるか」> ・来日後の私は、大学や兵庫・大阪の中国語学校で教える傍ら、日本企業の通訳もしていたが、その折痛感したのは「日本人が…

財政破綻の確率を知る格好の指標があるよ。それは、各国の国債の「クレジット・デフォルト・スワップ」、略して「CDS」のレート、つまり保証料率を見ればいい。(5)

『「借金1000兆円」に騙されるな!』 暴落しない国債、不要な増税 高橋洋一 小学館 2012/4/2 <日銀法を改正すべき> ・中央銀行の独立性は、手段の独立性と、目標の独立性に分けられているが、1998年の日銀法改正で、日銀にはそのどちらもが与えられるとい…

財政破綻の確率を知る格好の指標があるよ。それは、各国の国債の「クレジット・デフォルト・スワップ」、略して「CDS」のレート、つまり保証料率を見ればいい。(4)

<中国のハニートラップ> ・左巻きの人々が中国に都合のいい言動をしてしまう理由のひとつが「ハニートラップ」だ。実は筆者も「罠」を仕掛けられたことがある。 1990年代のはじめ頃、筆者がかつて大蔵省の官僚だった時の話だ。中国の経済シンクタンクに招…

財政破綻の確率を知る格好の指標があるよ。それは、各国の国債の「クレジット・デフォルト・スワップ」、略して「CDS」のレート、つまり保証料率を見ればいい。(3)

『なぜこの国ではおかしな議論がまかり通るのか』 メディアのウソに騙されるな、これが日本の真の実力 高橋洋一 KADOKAWA 2018/3/16 <筆者のことを安倍晋三首相の提灯持ちと揶揄する人もいる> ・なぜこの国ではおかしな議論がまかり通るのか?その裏には、…

財政破綻の確率を知る格好の指標があるよ。それは、各国の国債の「クレジット・デフォルト・スワップ」、略して「CDS」のレート、つまり保証料率を見ればいい。(2)

<労働人口減少は心配しなくていい> ・総務省によると、2013年で7883万人いた労働人口(生産年齢人口=15歳以上65歳未満)は、2060年には4418万人まで減少すると予測している。しかし、前述したように今ある仕事の多くはAIに代替することが可能だ。 悲観…

財政破綻の確率を知る格好の指標があるよ。それは、各国の国債の「クレジット・デフォルト・スワップ」、略して「CDS」のレート、つまり保証料率を見ればいい。(1)

『日本の「老後」の正体』 高橋洋一 幻冬舎 2019/3/28 <この国に蔓延している日本経済危機説> ・一方で、年金制度は厳密な計算の上に成り立っていて、最初から破綻しないように設計されています。そのため、「年金は将来、破綻する」といった言説を真に受…

星野の話のなかでも、耳を疑うほど驚いたのは、「東条英機がミッドウェー海戦の無惨な戦況を知ったのはサイパン陥落の直前だった」というくだりである。(10)

・「中国経済は崩壊する」という言葉は、どこにでも出てくる言葉になりました。一種の流行語になりつつあるそうです。大手一流どころは、もちろん、中国崩壊論を素人でも書ける時代になったようです。いつのまにか崩壊論者が多数説になりました。社会主義経…

星野の話のなかでも、耳を疑うほど驚いたのは、「東条英機がミッドウェー海戦の無惨な戦況を知ったのはサイパン陥落の直前だった」というくだりである。(9)

・amazonに「地政学」といれますと461件の書籍がわかります。現代では「地政学」は人気のテーマのようです。ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)の定義によりますと、 「地政学(英: Geopolitics:ジオポリティクス、独: Geopolitik:ゲオポリティク…

星野の話のなかでも、耳を疑うほど驚いたのは、「東条英機がミッドウェー海戦の無惨な戦況を知ったのはサイパン陥落の直前だった」というくだりである。(8)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・インタ―ネット情報によると「政府は14日、終戦記念日の15日に全国戦没者追悼式を開催するに当たり、「戦没者をしのび、心から黙とうをささげられるよう切望する」との菅義偉官房長官談話を発表した」とのこ…

星野の話のなかでも、耳を疑うほど驚いたのは、「東条英機がミッドウェー海戦の無惨な戦況を知ったのはサイパン陥落の直前だった」というくだりである。(7)

『円高は日本の大チャンス』 「つくって売る」から「買って儲ける」へ 堀川直人 PHP 2010/12 <いまの政治家は「使命を忘れたカナリア」> ・歌を忘れたカナリアに、歌を思い出させるというか、「稼ぐ」ことや、「国を豊かにする」という本来の使命を忘れ…

星野の話のなかでも、耳を疑うほど驚いたのは、「東条英機がミッドウェー海戦の無惨な戦況を知ったのはサイパン陥落の直前だった」というくだりである。(6)

『数年後に起きていること』 日本の「反撃力」が世界を変える 日下公人 PHP 2006/9/19 <中国経済の発展はもうじき終わる> ・中国経済過熱の将来はどうなるか。これは誰が考えてもじきに終わるはずである。終わる原因は経済以外から来る。 ・衛生というのは…

星野の話のなかでも、耳を疑うほど驚いたのは、「東条英機がミッドウェー海戦の無惨な戦況を知ったのはサイパン陥落の直前だった」というくだりである。(5)

<イランが中東核戦争の発火点になる> <アメリカが最新鋭の核兵器を開発する> ・アメリカが開発しようとしている最新鋭の核兵器は、B60-12と呼ばれるGPSのチップを爆弾の尾翼に埋め込んだ最新鋭の核爆弾である。GPS機能を活用し、あらゆる目標を10センチ…

星野の話のなかでも、耳を疑うほど驚いたのは、「東条英機がミッドウェー海戦の無惨な戦況を知ったのはサイパン陥落の直前だった」というくだりである。(4)

<日本:驚異的な成長も現在は停滞中> ・中国と朝鮮半島の北東に位置する日本のジャパンという英語名は、中国語で「日本」をリーベンと呼んだことに由来する(ジーペンと聞こえる)。この非常に古いアジアの国は、世界的に見て二つの大きな地理的特徴をもっ…

星野の話のなかでも、耳を疑うほど驚いたのは、「東条英機がミッドウェー海戦の無惨な戦況を知ったのはサイパン陥落の直前だった」というくだりである。(3)

『悪魔の情報戦略』 隠された「真実」を看破する戦略的視点 浜田和幸 ビジネス社 2004/4/1 <中国有人飛行成功の裏に隠された情報戦略> ・国民の平均年収が8万円でありながら、3000億円近い経費を投入した今回の打ち上げに対しては、内外から批判的な見方も…

星野の話のなかでも、耳を疑うほど驚いたのは、「東条英機がミッドウェー海戦の無惨な戦況を知ったのはサイパン陥落の直前だった」というくだりである。(2)

『天皇の金塊』 高橋五郎 学習研究社 2008/5 <明治以降の日本における最大のタブーと欺瞞> ・「金の百合」と称せられる“巨大資金”がわが国には隠匿されている。戦争を繰り返した大日本帝国が、“天皇の名”のもとにアジア各地から強奪した戦利品の集大成であ…

星野の話のなかでも、耳を疑うほど驚いたのは、「東条英機がミッドウェー海戦の無惨な戦況を知ったのはサイパン陥落の直前だった」というくだりである。(1)

『転進 瀬島龍三の「遺言」』 新井喜美夫 講談社 2008/8/7 <太平洋戦争の真実を明かす「遺言状」> ・本書は、瀬島の言葉を私なりの解釈を交えながら綴った、太平洋戦争の真実であり、瀬島の「遺言状」である。 <東条が語った驚くべき事実> ・星野の話の…

やつらは大きな銀色の宇宙船に乗って、よその星からやって来る。女をさらって、子供を産ませるんだ。指は4本で、親指がない。女を守ろうとした男は具合が悪くなって、何日も治らないんだ。(6)

・岡山県は、「桃太郎伝説」の鬼の話とか、「宇宙人との繋がりが窺われる伝承」が多い地域のようです。安井さんはすでに亡くなったので、詳細な情報は分かりません。 ・都市型の「超巨大宇宙母船」の存在に言及したコンタクティの日本人は安井さんが最初の人…

やつらは大きな銀色の宇宙船に乗って、よその星からやって来る。女をさらって、子供を産ませるんだ。指は4本で、親指がない。女を守ろうとした男は具合が悪くなって、何日も治らないんだ。(5)

『アセンションの準備はできていますか』 (希望の太陽)中丸薫の光のワークショップ 中丸薫 ヒカルランド 2011/9/30 <5次元と霊界はどうちがうか> ・(中丸)霊界と言うのは4次元以降のあの世といわれるところですね。5次元というのは、この世の5次元…

やつらは大きな銀色の宇宙船に乗って、よその星からやって来る。女をさらって、子供を産ませるんだ。指は4本で、親指がない。女を守ろうとした男は具合が悪くなって、何日も治らないんだ。(4)

『2013:人類が神を見る日』 (半田広宣) (徳間書店) 2008/2 <プレアデス的統制からオリオン的統制へ> ・―人間が意識進化を起こすためにはプレアデス的統制の成熟を待たねばならないーとオコツトは言った。これは言い換えれば、物質とは何かという命題…

やつらは大きな銀色の宇宙船に乗って、よその星からやって来る。女をさらって、子供を産ませるんだ。指は4本で、親指がない。女を守ろうとした男は具合が悪くなって、何日も治らないんだ。(3)

『セドナ・スピリチュアル・ガイド』 レバナ・シェル・ブドラ クリアサイト・ジャパン 2011/11/1 <セドナのヴォルテックス> ・人々がセドナで経験したことや、ヴォルテックスの性質や場所、特別なパワーが感じられる場所、宇宙への出入り口、時間の扉、崖…

やつらは大きな銀色の宇宙船に乗って、よその星からやって来る。女をさらって、子供を産ませるんだ。指は4本で、親指がない。女を守ろうとした男は具合が悪くなって、何日も治らないんだ。(2)

『「シャンバラの秘宝」Zファイル』 (玉井禮一郎)(たまいらぼ出版)1998/6 <ブラジルからの地下都市シャンバラ> ・「ブラジルの地底世界(シャンバラ)-法華経、聖書に示される未知の存在―マヤ、インカ文明、アトランティス、ムー大陸―金星、宇宙人―…

やつらは大きな銀色の宇宙船に乗って、よその星からやって来る。女をさらって、子供を産ませるんだ。指は4本で、親指がない。女を守ろうとした男は具合が悪くなって、何日も治らないんだ。(1)

『SKY PEOPLE』 超古代マヤ人から連綿と続く宇宙人との繋がり 今なぜ緊急に接触を強めているのか アーディ・S・クラーク ヒカルランド 2015/12/25 <古代マヤ遺跡> ・7年にわたる調査、古代マヤ遺跡を89か所めぐって集めた、約100人におよぶインタビュー、…

ナバホの伝説は、「稲光を伴った渦巻き雲」とともに空から降りてきた「金髪の神」について語っている。(5)

・テンプル騎士団と異星人、異人とのつながりがあったといわれます。欧米におけるキリスト教の普及は、どのような背景があるのでしょうか。近年では「イエスは磔刑されていない」という有力説があるそうです。欧米における、キリスト教への民衆の熱狂は、昔…

ナバホの伝説は、「稲光を伴った渦巻き雲」とともに空から降りてきた「金髪の神」について語っている。(4)

「テンプル騎士団とフリーメーソン」 (アメリカ建国に到る西欧秘儀結社の知られざる系譜) (マイケル・ベイジェント+リチャード・リー)(三交社)2006/5/1 <テンプル騎士団の業績> ・ここ数年間というもの、イギリスでは、テンプル騎士団がいつも話題…

ナバホの伝説は、「稲光を伴った渦巻き雲」とともに空から降りてきた「金髪の神」について語っている。(3)

「秘密結社」 (秦野啓)(新紀元社)2005/4/1 <州議会を始め、裁判所や警察などの議員、職員にかなりの数のメイソンがいた> ・また、アメリカ社会へのフリーメイソンリーの浸透を表す一例として、1940年代に行なわれた調査の結果があげられる。アメリカ本…

ナバホの伝説は、「稲光を伴った渦巻き雲」とともに空から降りてきた「金髪の神」について語っている。(2)

「聖書の真義」(福音と預言書の秘儀解明) (M・ドーリル博士)(霞ヶ関書房)1975/1/1 <イエス・キリストの略歴> ・ その後、アメリカ大陸(南北)に渡られ、9年間各地を経て教えを説かれる。 ・ その後、北方シャンバラ(北極地方の地下、今も秘密事…

ナバホの伝説は、「稲光を伴った渦巻き雲」とともに空から降りてきた「金髪の神」について語っている。(1)

「ライオンの隠れ家」 (異星人だった歴史上の偉人たち) (ジョージ・ハント・ウィリアムスン)(求龍堂) 1999/9/1 <魔法の鍋> ・チベワ族は、また「魔法の鍋」の伝説も語り継がれている。その昔、ある偉大な占い師と数名の戦士が旅にでた。そして、ある…

背の低いものや青くずんぐりした型、イエティ型(ヒマラヤにいるといわれている毛に覆われた謎の生き物)などのエイリアンと接触したと語った者もいた。(5)

UFO

・ネガティブな宇宙人による仕業でしょうが、異星人問題は想像や常識を遥かに超えることが非常に多いので、ネガティブな高等知性体の仕業ゆえに私たち一般人には、到底理解できないもののようです。メディアも国策に協力しましょうということのようです。 ・…

背の低いものや青くずんぐりした型、イエティ型(ヒマラヤにいるといわれている毛に覆われた謎の生き物)などのエイリアンと接触したと語った者もいた。(4)

『カルト・陰謀 秘密結社 大事典』 アーサー・ゴールドワグ 河出書房新社 2010/10/9 <エリア21、ステルス飛行物体、マジェスティック12、異星人による誘拐、神の宣託> ・エリア51はさまざまな名称で知られている。グルーム湖、ドリームランド、居心地の良…