日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

物質界を通じての贖罪の道は長く険しい。しかし、最終的には神へと至るのである。(11)

・空飛ぶ円盤により飛来する宇宙人がさらに大進化すると5次元以上に進出できるようになり、異星人はウォークイン(憑依)やワンダラー(転生)として人間を装うようになるそうです。新人類のような子供達も増えているようです。「その彼らは地球から68光年離…

物質界を通じての贖罪の道は長く険しい。しかし、最終的には神へと至るのである。(10)

・「理論的には神々は『不死』で、時空を超えており、何でもできる」そうですので、現代の神話も多いはずです。が、アバブ・トップシークレットでマスコミも取り上げないので、一般人には分からないようです。また誰にも認識が出来ないのかもしれません。イ…

物質界を通じての贖罪の道は長く険しい。しかし、最終的には神へと至るのである。(9)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ (2021/2/26) ・欧米人にはキリスト教徒が多いので、「天使」に関する本はよくベストセラーになるそうです。著者はイタリアの作家で、本書『天使伝説』は国際的なベストセラーになったそうです。 天使や堕天…

物質界を通じての贖罪の道は長く険しい。しかし、最終的には神へと至るのである。(8)

『宇宙人遭遇への扉』 (リサ・ロイヤル&キース・ブリースト) (ネオ・デルフィ社) 2006/2 <日本の東北地方に残る「キリストの墓」> <やはりキリストは日本に来ていた> ・東北地方には「イエス・キリストの墓」とされる伝承の地(編訳者注―青森県三の…

物質界を通じての贖罪の道は長く険しい。しかし、最終的には神へと至るのである。(7)

地球アストラル次元 『シャンバラからの超レッスン』 目から銀河も飛び出す超巨大宇宙情報 By ペガサス ヒカルランド 2012/12/10 <薔薇十字団/仕組まれた入会> ・「神とはどんな存在でしょうか?」「はい、天敵です!」 ・地球独立のため、シャンバラの地…

物質界を通じての贖罪の道は長く険しい。しかし、最終的には神へと至るのである。(6)

ルシファーの企て 『エル・ランティの新復活』 (銀河天使から21世紀人類へのメッセージ) (エル・ランティ 述 萩原直樹 記)(TEN BOOKS)2000/11/22 <ベーター星人> ・さて、あなた方地球人の祖先は地球から数億光年先のベーター星人ですが、それは今…

物質界を通じての贖罪の道は長く険しい。しかし、最終的には神へと至るのである。(5)

『この世[現実]はまもなく霊界化する』 量子力学・日月神示・般若心経・王仁三郎の超結論 コンノケンイチ 5次元文庫 2010/12/10 <地球全土に、ファティマの巨大UFOが出現!> ・1917年10月13日、ファティマで青空に、七色の光を放射しながら回転する銀…

物質界を通じての贖罪の道は長く険しい。しかし、最終的には神へと至るのである。(4)

『新たなるフォトン・ベルトか』 {NASA新発見}光の超巨大構造フェルミバブルの真実 J.C.ガブリエル(エハン・デラヴィ) ヒカルランド 2011/7/2 <向こう側の別世界に私たちの未来形「天使」がすでに集まっている!?> ・最先端のコスモロジーには…

物質界を通じての贖罪の道は長く険しい。しかし、最終的には神へと至るのである。(3)

<第22章 天界での空間> ・(191) 天界では、万物がこの世とまったく同じように、場所と空間のうちにあらわれますが、天使たちは、場所や空間の知識・概念は、いっさいもっていません。これは、逆説めいているだけでなく、重大なことでもあるので、はっき…

物質界を通じての贖罪の道は長く険しい。しかし、最終的には神へと至るのである。(2)

『天使的宇宙人とのコンタクト』 (ハワード&コニー・メンジャー)(徳間書店)2007/7/19 <マスターと準マスターの違いとは何ですか?> ・マスターは何でもできますが、実際はしない人です。準マスター(熟練者のような人)は、ほとんど何でも(物質や自…

物質界を通じての贖罪の道は長く険しい。しかし、最終的には神へと至るのである。(1)

『天使伝説』 パオラ・ジオベッテイ 柏書房 1994/12/1 <忘れられたカテゴリー> ・近年、神学者は天使のことを「忘れられたカテゴリー」と定義している。確かに現代人は、光の天使よりも、悪魔や悪魔憑き、呪文、黒ミサ、悪魔祓いなどといった暗い話題に興…

対外情報機関も、国境を越えて動けるサイバー部隊も持たない日本は、これからの時代に本当に世界と伍していけるのだろうか。(16)

・[メン・イン・ブラック][MIB]に関してなのか、欧米では、コンタクティが関係する殺人事件や命を狙われた事件があったそうです。日本でも昔から「異人殺し」という伝説もあったようです。インターネットの『ウィキペディア』によると「ジョージ・アダムスキ…

対外情報機関も、国境を越えて動けるサイバー部隊も持たない日本は、これからの時代に本当に世界と伍していけるのだろうか。(15)

・アストラル体(感情体)、メンタル体(精神体)、コーザル体(原因体)などで、「異世界」「異次元」などに幽体離脱することによって、神々の世界が見えてくるのでしょうか。「アストラル界にもアストラルの惑星がたくさんあり、アストラル界またはアスト…

対外情報機関も、国境を越えて動けるサイバー部隊も持たない日本は、これからの時代に本当に世界と伍していけるのだろうか。(14)

・馬頭観音に似ている異星人に「イアルガ星人」がいます。イアルガ星人とオランダ人のコンタクト話は洋書になっています。イアルガ星人の中型宇宙船(空飛ぶ円盤)を縦に5機結合して、宇宙飛行をすることもあるようです。五重塔は、このタイプの宇宙船からの…

対外情報機関も、国境を越えて動けるサイバー部隊も持たない日本は、これからの時代に本当に世界と伍していけるのだろうか。(13)

『『隠国 日本版』 神々の指紋(下)』 岩戸開き「地球再生」と星の暗号 藤原定明 ヒカルランド 2011/12/31 <『竹内文書』は秘密結社「ヤタガラス」との関係において正当性が証される> ・実は「太陽の暗号者」の伝説を現在まで受け継ぐ秘密結社「ヤタガラ…

対外情報機関も、国境を越えて動けるサイバー部隊も持たない日本は、これからの時代に本当に世界と伍していけるのだろうか。(12)

『宇宙人大図鑑』 (中村省三) (グリーン・アロウ社) 1997/2 <バーンサイド事件、英国、1980年11月13日> <宇宙人の身体的な特徴> ・宇宙人は男女のカップルで、2人とも身長1メートル65センチ程度だった。どちらもブロンドの髪の毛を肩まで垂らしてい…

対外情報機関も、国境を越えて動けるサイバー部隊も持たない日本は、これからの時代に本当に世界と伍していけるのだろうか。(11)

『神々の帰還』 (エーリッヒ・フォン・デニケン)(廣済堂出版)1999/5/1 <スターウォーズ勃発> <地球を周回する大城砦> ・古代インドの大叙事詩「マハーバーラタ」の一部「ヴァナパルヴァン」では、神々の住まいは、宇宙城砦と呼ばれ、地球のはるか上…

対外情報機関も、国境を越えて動けるサイバー部隊も持たない日本は、これからの時代に本当に世界と伍していけるのだろうか。(10)

<守護霊を構成する4つの霊> ○守護霊(ガーディアン・スピリット) 私たちの守護霊の中心的役割を果たしている霊魂です。統計的に見ると、4百年から7百年前に他界した先祖の霊魂がこの守護霊であることが多いようです。 ○指導霊(ガイド・スピリット) 私た…

対外情報機関も、国境を越えて動けるサイバー部隊も持たない日本は、これからの時代に本当に世界と伍していけるのだろうか。(9)

<●●インターネット情報から●●> 『ブルーアイランド』 エステル・ステッド ハート出版 1992/11 <ブルーアイランドの建物> ・霊界というと、非現実的で夢のような世界を想像なさるに違いありません。が、そうではなく、みなさんが外国に行くのとまったく同…

対外情報機関も、国境を越えて動けるサイバー部隊も持たない日本は、これからの時代に本当に世界と伍していけるのだろうか。(8)

『天国の住民が教えてくれること』 ポール・ミーク 新紀元社 2005/1 <霊界には7つの界層がある> ・霊界には7つの主要な階層があり、各々はさらにいくつかの階層に分れていて、お互いに重なり合ったり、複雑に混じり合っている。そのほかに、人が死によって…

対外情報機関も、国境を越えて動けるサイバー部隊も持たない日本は、これからの時代に本当に世界と伍していけるのだろうか。(7)

<結社は最終目標を達成するまで決して諦めない!> Q:「ナチス原爆説を証明する人物は、だれかほかにいるか」 A:「ノーだ」 ・そこで、再び結社の歴史を大まかに振り返りながら、ベラスコのNOの背後に隠れている人々を探ってみよう。 イギリスの結社…

対外情報機関も、国境を越えて動けるサイバー部隊も持たない日本は、これからの時代に本当に世界と伍していけるのだろうか。(6)

<アルカサール・デ・ベラスコによる対英米スパイ活動> ・彼は、スペイン国境から100キロメートルほどのモン・ド・マルサンという町の近くにある、南仏のナチの飛行場から飛んできた。彼は最初に、旧友と会い指令を受けるために、アブベールの司令部に立ち…

対外情報機関も、国境を越えて動けるサイバー部隊も持たない日本は、これからの時代に本当に世界と伍していけるのだろうか。(5)

<●●インターネット情報から●●> イラクに化学兵器あった~NYタイムズ紙 < 2014年10月16日 6:48 > 15日付のアメリカ・ニューヨークタイムズ紙は、イラクでフセイン政権時代の化学兵器が見つかっていたと報じた。 それによると、イラク戦争後の2004年…

対外情報機関も、国境を越えて動けるサイバー部隊も持たない日本は、これからの時代に本当に世界と伍していけるのだろうか。(4)

『自衛隊の情報戦』 陸幕第二部長の回想 塚本勝一 草思社 2008/9 <情報担当> ・陸上幕僚監部(陸幕)の第二部(情報担当)長をつとめ、朝鮮半島の問題のエキスパートとして知られる元高級幹部が、ベールに覆われていた活動の実相を初めて明らかにする。 ・…

対外情報機関も、国境を越えて動けるサイバー部隊も持たない日本は、これからの時代に本当に世界と伍していけるのだろうか。(3)

<「専守防衛」は軍事的に成り立たない> <理念は良いけど、対策は?> ・何よりもまず、この戦略の基本理念を「国際協調主義に基づく積極的平和主義」としているところを筆者は高く評価している。 ・本来、テロ・ゲリラ対策には人手を必要とする。1996年に…

対外情報機関も、国境を越えて動けるサイバー部隊も持たない日本は、これからの時代に本当に世界と伍していけるのだろうか。(2)

『核拡散時代に日本が生き延びる道』 独自の核抑止力の必要性 元陸将補 矢野義昭 勉誠出版 2020/3/31 <日米などが配備しているMD(ミサイル防衛)システムも万全ではなくなってきている> 核保有は最も安く確実な抑止力 反日中朝の核脅威は高まり、米国の…

対外情報機関も、国境を越えて動けるサイバー部隊も持たない日本は、これからの時代に本当に世界と伍していけるのだろうか。(1)

『世界のスパイから喰いモノにされる日本』 MI6、CIAの厳秘インテリジェンス 山田敏弘 講談社 2020/1/21 <あまりに脆弱な日本のインテリジェンス――なぜ日本にMI6が必要なのか> <ロシアは北方領土にファーウェイを> ・「国際的に活動するテロリ…

つまるところネオリベラリズム(新自由主義)とは有産階級による生存権の解体なのである。(10)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ (2021/2/16) ・「天災は忘れたころにやって来る」といわれますが、(2021/2/13)の夜11時7分の地震は、東日本大震災の「余波」だそうですので、驚きます。国民の寝ている最中に襲って来る恐ろしい地震・津波…

つまるところネオリベラリズム(新自由主義)とは有産階級による生存権の解体なのである。(9)

『ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ』 15歳から始める生き残るための社会学 響堂雪乃 白馬社 2017/3/3 <君たちはニホンという国ができて以来、最も過酷な時代を生きなくてはならないのだ> <本書の特性とは反証が極めて困難な点にある> ・ま…

つまるところネオリベラリズム(新自由主義)とは有産階級による生存権の解体なのである。(8)

<at nearest station> ・安保改正の議決に伴い文民統制が解除され、ついには地球全域への派兵が法案化されるとおり、すでに我々は寡頭資本家が意匠した歴史の檻の中にあるのだ。 「軍事のグローバリゼーション(脱 国境化)」とは自衛隊を米軍の下部組織と…