UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

日本国も早く普遍的な憲法とした方がよい。今のままにしておいては、それが手枷足枷となり、時に臨んで最適行動がとれぬことも生じよう。(3)

『神仙道の本』 (秘教玄学と幽冥界への参入)(学研)2007/3 <山人界(天狗界)> <多種多様な天狗らの仕事と生活の実際> <高級山人が住まう壮麗な宮殿> ・山人とは山の神のことだが、天狗の異名として用いられることもある。「お山には善美を尽くした…

日本国も早く普遍的な憲法とした方がよい。今のままにしておいては、それが手枷足枷となり、時に臨んで最適行動がとれぬことも生じよう。(2)

『信仰は力なり』 佐藤正忠 経済界 1990/12 <神との貸借対照表> ・仏典には、世に三楽あり……と言っている。 一つは世楽である。これは、酒を呑むとかマージャンをするとか、いわゆる普通の楽しみである。 第二は道楽である。道の楽しみ。絵を描くとか、お…

日本国も早く普遍的な憲法とした方がよい。今のままにしておいては、それが手枷足枷となり、時に臨んで最適行動がとれぬことも生じよう。(1)

『霊界太陽Ⅱ 他界にそびえる神殿』 小野塚酵 MBC21 1992/1 ・曰く、「我、日頃思うに、今の日本国がこのまま推移すれば、他国の戦略にひきずられ思わぬ道に迷わん。さりとてその根元は、日本は自らの防衛を他国に頼らざるを得ぬ憲法を、時代が変わっても…

夜が明けたように明かるくなり、広々とした国へ出た。家もあり、人もいる。けれども人の姿は鬼のようにおそろしい。(3)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・未来社の『日本の民話』シリーズは、75巻と別巻4巻なので、時間のある人が見れば、多くの「かくれ里」と「異類婚姻譚」、「異人」、「山神」の昔の民話を発見できることでしょう。信じるか信じないかはあな…

夜が明けたように明かるくなり、広々とした国へ出た。家もあり、人もいる。けれども人の姿は鬼のようにおそろしい。(2)

『龍の棲む日本』 黒田日出夫 岩波新書 2003/3/20 <龍穴だらけの中世的(国土)> ・改めて列島の(大地)を見つめなおしてみよう。 すると、無数の穴が開いており、それらは「龍穴」や「人穴」「風穴」などと呼ばれていることに気づくであろう。龍穴とは、…

夜が明けたように明かるくなり、広々とした国へ出た。家もあり、人もいる。けれども人の姿は鬼のようにおそろしい。(1)

『越後の民話 第二集』 日本の民話70 水澤謙一 編 未来社 2017/3/21 <昔話を追って> ・「越後の民話」が刊行されたのは、昭和32年。あれから、すでに20年が過ぎて、その第2集(昭和53年8月)がでることになりました。この20年間、越後の昔話に徹して…

中選挙区時代、我々は朝の部会で諸先輩の議論を聞いて政策を勉強した。地元で5~10人規模の座談会を1000回以上行い、有権者が何に関心があるかを聞きながら国政報告をした。(9)

・神話の中では、厳しすぎる神様がいて、他の神様の集団に嫌われて、厳しすぎる神様が幽閉されてしまったというのがあります。このような厳しい時代だからこそ、何事でも「厳しい」基準が適用されていくようです。スポーツでも厳しく結果が求められています…

中選挙区時代、我々は朝の部会で諸先輩の議論を聞いて政策を勉強した。地元で5~10人規模の座談会を1000回以上行い、有権者が何に関心があるかを聞きながら国政報告をした。(8)

・「格差」は、税制で作られたともいわれます。「財源の裏付けのない政策は実現できない」ということで、「限られた予算、限られた処遇、増えない税収、十分でない福祉予算を削る財政赤字」という状況が続きました。財政・社会保障費の抜本改革が不可欠であ…

中選挙区時代、我々は朝の部会で諸先輩の議論を聞いて政策を勉強した。地元で5~10人規模の座談会を1000回以上行い、有権者が何に関心があるかを聞きながら国政報告をした。(7)

『世襲格差社会』 機会は不平等なのか 橋本俊詔 参鍋篤司 中公新書 2016/5/18 <二極化する世襲は、日本に何をもたらすのか!?> ・医師、農家、政治家などの職業はいかに継承されているのか。世襲を通して、日本の不平等を考える。 <医師の世界における世襲…

中選挙区時代、我々は朝の部会で諸先輩の議論を聞いて政策を勉強した。地元で5~10人規模の座談会を1000回以上行い、有権者が何に関心があるかを聞きながら国政報告をした。(6)

『選挙の裏側ってこんなに面白いんだ!スぺシャル』 三浦博史 前田和男 ビジネス社 2007/6 <大手広告代理店が選挙を仕切る?><去勢された日本の大手広告代理店> ・ちょっと選挙をかじったことがある人は「実は、選挙は大手広告代理店の電通が仕切ってい…

中選挙区時代、我々は朝の部会で諸先輩の議論を聞いて政策を勉強した。地元で5~10人規模の座談会を1000回以上行い、有権者が何に関心があるかを聞きながら国政報告をした。(5)

『ある凡人の告白』 軌跡と証言 塩川正十郎 藤原書店 2009/6/30 <21世紀に移行して政治家は、20世紀の力の政治、物質支配の政治から目覚めて、人類の共通の目標は何かを確認し自責を負担すべきときにきた> ・私は、1967年衆議院に初当選した。当時の衆議院…

中選挙区時代、我々は朝の部会で諸先輩の議論を聞いて政策を勉強した。地元で5~10人規模の座談会を1000回以上行い、有権者が何に関心があるかを聞きながら国政報告をした。(4)

『タックス・イーター』 ――消えていく税金 志賀櫻 岩波新書 2014/12/20 <タックス・イーターとは何者か> <族議員> ・タックス・イーターは、のちに述べるように「政官業の鉄のトライアングル」を結成している。このトライアングルの中枢は「政」、言い換…

中選挙区時代、我々は朝の部会で諸先輩の議論を聞いて政策を勉強した。地元で5~10人規模の座談会を1000回以上行い、有権者が何に関心があるかを聞きながら国政報告をした。(3)

『「借金1000兆円」に騙されるな!』 暴落しない国債、不要な増税 高橋洋一 小学館 2012/4/2 <日銀法を改正すべき> ・中央銀行の独立性は、手段の独立性と、目標の独立性に分けられているが、1998年の日銀法改正で、日銀にはそのどちらもが与えられるとい…

中選挙区時代、我々は朝の部会で諸先輩の議論を聞いて政策を勉強した。地元で5~10人規模の座談会を1000回以上行い、有権者が何に関心があるかを聞きながら国政報告をした。(2)

<円安戦略では、日本は勝てない> ・時代そのものが変わったので、通貨は強いほうがよくなったのですが、日本が変わったことも、日本にとって円が強いほうが国益になる第2の理由です。 ・日本はもはや超成熟経済国家です。高齢化ばかりに話題がふられていま…

中選挙区時代、我々は朝の部会で諸先輩の議論を聞いて政策を勉強した。地元で5~10人規模の座談会を1000回以上行い、有権者が何に関心があるかを聞きながら国政報告をした。(1)

『SAPIO 2017/9』 <『安倍首相は武士として自ら身を引かれよ 村上誠一郎』 10回連続当選議員の直言> <「安倍政権はそろそろ賞味期限を迎える」> ・現政権は限界まで来てしまった。安倍首相が武士(もののふ)として責任を取るならば、自ら身を引か…

私たちの体の中にはおよそ9万6000キロメートルもの血管が張り巡らされ、これは地球を2周以上する距離に当たります(3)

60歳からはじめる 『認知症にならない脳にいいこと』 周東 寛 コスモ21 2012/12/5 <これが脳を元気にする食生活の基本> <糖・塩・油・酒の摂りすぎは認知症リスクを高める> ・アルツハイマー型認知症の原因物質として、近年「アミロイドβタンパク」が注…

私たちの体の中にはおよそ9万6000キロメートルもの血管が張り巡らされ、これは地球を2周以上する距離に当たります(2)

『100歳までの健康の知恵』 賢い生活と食 中村雅美 日本経済新聞出版社 2013/5/23 <世界一の長寿国> <野菜や魚を中心にした低脂肪食> ・日本人の平均寿命は80.9歳(1998年)で世界一の長寿国である。しかし、単に長命というだけでは十分ではない。たとえ…

私たちの体の中にはおよそ9万6000キロメートルもの血管が張り巡らされ、これは地球を2周以上する距離に当たります(1)

『塩分が日本人を滅ぼす』 本多京子 幻冬舎新書 2016/1/29 <健康寿命> ・健康上の問題がない状態で日常生活を送ることのできる「健康寿命」こそ、幸せな長生きの基本です。病気を抱えて長生きするのではなく、健康で元気に年をとりたいもの。それには減塩…

我々は陸地から陸地へ移動する巨大な浮遊都市のある海を見、また空には音もたてずに動いている同様に巨大な船が浮かんでいた(7)

・巨大母船の2キロの通路などは面白い話です。宇宙連合の先遣隊の情報員が当時、日本にも来ていたそうですし、政府ともコンタクトがあったのでしょうか。宇宙人も外国人としか見えないそうです。地球では白人種と定義されている「エリエン」のルーツはオリ…

我々は陸地から陸地へ移動する巨大な浮遊都市のある海を見、また空には音もたてずに動いている同様に巨大な船が浮かんでいた(6)

<●●インターネット情報から●●> <エベレストの山頂からは、三葉虫など古代の海の生き物の化石が見つかっている> エベレストはヒマラヤ山脈という巨大な山の集まりの一部なんだ。富士山のようなひとつの大きな山ではない。この山脈は長さが2400キロメート…

我々は陸地から陸地へ移動する巨大な浮遊都市のある海を見、また空には音もたてずに動いている同様に巨大な船が浮かんでいた(5)

『闇の支配者に握りつぶされた世界を救う技術』 ベンジャミン・フルフォード ランダムハウス講談社 2009/4/23 <円盤技術の鍵は古代文明の中に> <9千5百年前に存在していた超・古代文明> ・普通、世界史では、もっとも早く発生した古代文明はメソポタミア…

我々は陸地から陸地へ移動する巨大な浮遊都市のある海を見、また空には音もたてずに動いている同様に巨大な船が浮かんでいた(4)

『天空人伝承』 (山岡徹・山岡由来)(たま出版)1999/12 <「サンダー・バード物語」> ・北米インディアンのクィラュト族に不足の災難が襲ってきて、異常気象が続き、食物となる魚や作物がとれなくなり、一族は連日のように餓死していった。このとき、一…

我々は陸地から陸地へ移動する巨大な浮遊都市のある海を見、また空には音もたてずに動いている同様に巨大な船が浮かんでいた(3)

『新・UFO入門』 日本人は、なぜUFOを見なくなったのか 唐沢俊一 幻冬舎 2007/5/30 <日本におけるCBA(宇宙友好協会)の活動> <「実際に宇宙人に出会った」> ・松村の復活の原動力となったのは、やはり、「実際に宇宙人に出会った」という、そ…

我々は陸地から陸地へ移動する巨大な浮遊都市のある海を見、また空には音もたてずに動いている同様に巨大な船が浮かんでいた(2)

『チベット第3の目の謎』 (中岡俊哉)(二見書房)1994/4 <古代インドに伝わるもう一つの「死者の書」> ・「具舎論」と呼ばれる書物がそれである。本来は哲学として釈迦の教えをまとめあげたものだ。その中に「死者の書」と非常に似た「死後の世界」の描…

我々は陸地から陸地へ移動する巨大な浮遊都市のある海を見、また空には音もたてずに動いている同様に巨大な船が浮かんでいた(1)

『古代の洞窟』 チベット少年僧の不思議な物語 T.ロブサン・ランパ 中央アート出版社 2008/7 <『第三の眼』> ・本書は、かつて世界的なベストセラーとなった『第三の眼』の著者、チューズディ・ロブサン・ランパの続いての著作である。『第三の眼』は1956…

<サンカ>は、現在の夫婦より5代前の高祖父母を<テガカリカミ>という生き神扱いし、生きていれば、3日ごとに食物を運ぶということですね。(6)

・「マスター・クラスの長老などと宇宙船上で会った」という話もあり、当時は宇宙人も街中を徘徊していたそうです。伝説や民話では、昔から「異人」や「神人」が地上に現われて、活動していたようですが、現代でも同じようなことがあるのでしょうか。より進…

<サンカ>は、現在の夫婦より5代前の高祖父母を<テガカリカミ>という生き神扱いし、生きていれば、3日ごとに食物を運ぶということですね。(5)

・サンカは、なぜ漂泊していたのかはわかりません。ジプシーもアガルタの住人の末裔といわれ、異人とのコンタクトを求めていたのでしょうか。またアガルタの出入り口を求めて、流浪していたともいわれているようですが、謎です。ジプシーには昔からおぞまし…

<サンカ>は、現在の夫婦より5代前の高祖父母を<テガカリカミ>という生き神扱いし、生きていれば、3日ごとに食物を運ぶということですね。(4)

『宇宙戦争』{ソリトンの鍵} 光悠・白峰 明窓出版 2006/5 <エイリアンが、地球で行う生体実験・・・それは、宇宙戦争の歴史のカルマの清算と修復である> <源氏と平家―両極を動かす相似象とは> ・日本でもこれと相似象のことがけっこうあるのですよ。そ…

<サンカ>は、現在の夫婦より5代前の高祖父母を<テガカリカミ>という生き神扱いし、生きていれば、3日ごとに食物を運ぶということですね。(3)

『「天国」と「地獄」がよくわかる本』 クリエイティブ・スイート編著 PHP 2009/8/3 <天界に用意されている神の都市国家> <天上のエルサレム(新しいエルサレム)> <広さは東京都のおよそ2倍にもなる、天上の都市> <世界が終末を迎えた後に地上に…

<サンカ>は、現在の夫婦より5代前の高祖父母を<テガカリカミ>という生き神扱いし、生きていれば、3日ごとに食物を運ぶということですね。(2)

『失われた日本ユダヤ王国「大邪馬台国」の謎』 飛鳥昭雄・三神たける 学研 2011/1/12 <物部氏の正体は何者であるのか> <多次元同時存在の法則> ・実際、縄文人だという人あれば、典型的な弥生人だという人あり、邪馬台国の王族であったという人あらば、…

<サンカ>は、現在の夫婦より5代前の高祖父母を<テガカリカミ>という生き神扱いし、生きていれば、3日ごとに食物を運ぶということですね。(1)

『丸山眞男 と 吉本隆明』 <戦後思想>入門講義 仲正昌樹 作品社 2017/6/28 <山人> ・最初に『遠野物語』の「山人」の話が4つ紹介されていますね。死者や他界が絡んでくるという因果話になっている、ということです。「山人」というのは、山に住んでいる…

外国人観光客1人あたりの観光収入が世界第46位の日本には、Five Star Allianceに登録されている「5つ星ホテル」はわずか28軒しかありません。世界第22位です。(3)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・官民あげて外国人観光客を増やそうと努力しているようです。観光業の振興には、さまざまな識者の見解があります。2020年の東京オリンピック・パラリンピックにむけて、いろいろな新企画が動き出しているよう…

外国人観光客1人あたりの観光収入が世界第46位の日本には、Five Star Allianceに登録されている「5つ星ホテル」はわずか28軒しかありません。世界第22位です。(2)

『「知の衰退」からいかに脱出するか?』 そうだ!僕はユニークな生き方をしよう!! 大前研一 光文社 2009/1/30 <「ウェブ2.0」時代の大前流「情報活用術」> ・私が述べたいのはネットをうまく利用すれば、リアル世界の知の衰退に巻き込まれるのを防げる…

外国人観光客1人あたりの観光収入が世界第46位の日本には、Five Star Allianceに登録されている「5つ星ホテル」はわずか28軒しかありません。世界第22位です。(1)

『世界一訪れたい日本のつくりかた』 新観光立国論 デービッド・アトキンソン 東洋経済新報社 2017/7/7 <日本は「世界一訪れたい国」になるポテンシャルがある> <「日本には世界に誇る底力がある」> ・2013年に1036万人だった訪日外国人観光客は、わずか…

王仁三郎は、日本の立替と世界の立替について、日本は共産主義により立替えられること、世界も米ロ戦争によって共産主義の天下となることを予言しています。(3)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・「みろくの世」のイメージも私たち一般人には、訳の分からない奇説だそうです。最終戦争で、環境基盤が崩壊すると、「共産主義」的な政策で、食料が国民に分配されていくという話なら、ある程度理解できます…

王仁三郎は、日本の立替と世界の立替について、日本は共産主義により立替えられること、世界も米ロ戦争によって共産主義の天下となることを予言しています。(2)

<メンタル体> ・メンタル物質によって構成された人間の精妙な体の一つ。高位メンタル体と低位メンタル体に分かれ、前者は魂(こん)に属し転生するが、後者は体(たい)に属し、死後分解する。 高位メンタル体(高位マナス)は、現象の背後にある概念、シ…

王仁三郎は、日本の立替と世界の立替について、日本は共産主義により立替えられること、世界も米ロ戦争によって共産主義の天下となることを予言しています。(1)

『地球の雛型「日本」は世界一切を救う』 出口王仁三郎の三千世界テレスコープ 宇宙時空の構造の特異な「場」 伊達宗哲 ヒカルランド 2011/9/30 <朝鮮半島を発火点として東アジア戦争—―朝鮮から中国そして米ロの最終戦> <アメリカとソ連は必ず戦争する> …

モーセとキリストが日本の国造りを行ったというのも驚天動地だが、キリストが神武天皇だったという説も仰天しないではいられない。(2)

『シュメールの天皇家』 陰陽歴史論より 鷲見紹陽 明窓出版 2010/1 <高天原はスバルである> <太古、神人はスバル、北極星、オリオンからやってきた> ・本書の「陰陽歴史論」とは、高天原の昴(スバル)系の氏族とアースガルトやアガルタの地底系氏族とい…

モーセとキリストが日本の国造りを行ったというのも驚天動地だが、キリストが神武天皇だったという説も仰天しないではいられない。(1)

『世界文明の「起源は日本」だった』 巨大地上絵でわかった ついに開いた!世界史のびっくり箱 大国主=神武天皇=イエス・キリストの衝撃! 次々と特定される驚天動地の解き明かし 上森三郎&神部一馬 ヒカルランド 2013/7/12 <大国主=神武天皇=イエス•キ…

政治に関心のないひとはいるが、政治に関係のないひとはいない(8)

・昔のアストラル界の本をみると『アストラル界』(C・W・リードビーター、神智学協会ニッポンロッヂ 昭和59年5月)。住者として「人間」「生きている者」(①アデプトとその弟子達、②サイキック的に進歩している人、③普通の人、④黒魔術師とその弟子) 「死者…

政治に関心のないひとはいるが、政治に関係のないひとはいない(7)

『ジュセリーノ 未来予知ノート』 (ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース) (ソフトバンククリエイティブ) 2007/12/18 <2014年から2016年に、300人もの日本人幼児が北朝鮮に拉致される> <アジアの未来> ・2011年から2013年に、エルス(Herus)という…

政治に関心のないひとはいるが、政治に関係のないひとはいない(6)

『中国大破綻』 ついに「失われた20年」に突入する 宮崎正弘 PHP研究所 2015/2/5 <軍事クーデターの可能性が、中国の政変シナリオで一番高い> ・秦、漢、隋、唐、宋、元、明、清、そして中華民国、中華人民共和国と「王朝」は変遷しても本質は変わらず、王…

政治に関心のないひとはいるが、政治に関係のないひとはいない(5)

『不惑の日中関係へ』 元外交官の考察と提言 吉田重信 日本評論社 2012/4/5 <「危うい大国」中国といかにつきあうか――あくまで敬と礼を尽くす> <中華人民共和国の現状――「難治の国」> ・1972年、日中国交正常化の直前に、私は北京と上海に滞在したことが…

政治に関心のないひとはいるが、政治に関係のないひとはいない(4)

<●●インターネット情報から●●> <ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)から> 夜這い(よばい)とは、夜中に性交を目的に他人の寝ている場所を訪れる日本の風習。 語源は、男性が女性に呼びかけ、求婚すること(呼ばう)であると言われる。 古くは、…

政治に関心のないひとはいるが、政治に関係のないひとはいない(3)

<LGBTの日本史> ・日本は欧米に比べ、LGBTに寛容な国だといわれてきましたが、おそらくその理由には、日本人が異性装、ことに女装が大好きだからということもあるでしょう。三橋順子氏は著書『女装と日本人』(講談社刊、2008年)において、ヤマト…

政治に関心のないひとはいるが、政治に関係のないひとはいない(2)

<自衛隊全軍をすぐ福島に派遣しろ!> ・「どのくらいだ」 「8000名の陸上自衛隊を派遣しました」 「おまえ、何を言っているんだ。こういうときに頼りになるのは、自衛隊と警察と消防だぞ。特に自衛隊だ。陸海空を全部派遣しろ。全指揮を統幕議長にとらせろ…

政治に関心のないひとはいるが、政治に関係のないひとはいない(1)

『亀井静香、天下御免!』 岸川真 河出書房新社 2017/6/12 <「政治に関心のないひとはいるが、政治に関係のないひとはいない」> ・小沢氏がベトナム戦争で指揮を執ったボ・グエン・ザップ将軍を敬愛するのに対し、亀井がエルネスト・チェ・ゲバラを尊敬し…

レプティリアン自身もコード化されたコンピュータープログラムで、決められたことを実行しているに過ぎないのです。要するに彼らの上にも、彼らの行動や人間を操作する究極の力を持つ「透明な人々」が存在するのです。(2)

『地球を支配するブルーブラッド 爬虫類人DNAの系譜』 スチュアート・A・スワードロー 徳間書店 2010/6/18 <エイリアン集団紳士録> <アルデバラン ゲルマン人とバイキングを創作・管理> ・典型的なアーリアン型で金髪で青い目を持つ。薄い茶色か中ぐ…

レプティリアン自身もコード化されたコンピュータープログラムで、決められたことを実行しているに過ぎないのです。要するに彼らの上にも、彼らの行動や人間を操作する究極の力を持つ「透明な人々」が存在するのです。(1)

『2人だけが知っている世界の秘密』 太田龍 + デーヴィッド・アイク 成甲書房 2009/11/21 <爬虫類的血統の人々> ・その中の1人の女性に、後に私の個人的友達にもなった方なんですが、キャシィ・オブライエンがいます。爬虫類的人間との交流について書いた…

実際、2011年に東日本大震災が起きた。しかし、同じような災害が再び、それも一度や二度ではなく何度も日本に起きるだろう、という予感が私にはまだある。油断をしてはいけない。(3)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・矢追氏は、元日本テレビのディレクターであった時、数多くのUFO特別番組を企画し、UFOマニアとして有名な人物でした。UFOに関する書籍も多くあります。UFOの秘密基地があるといわれているエリア51地区の近…