UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

結論として、ビジネスを含め、あらゆる世界で偶然や運が果たす役割が非常に大きいことをまず受け入れなくてはなりません。(7)

・旧約聖書の創世記の洪水物語における「ノアの箱舟」といえば、「フットボール球場位の大きさの超大型宇宙船に、豪雨の洪水の前にその家族と動物のつがいを乗せて地球から去った」という米国人のUFO画家の絵がありましたが、興味深いものです。ノアは時…

結論として、ビジネスを含め、あらゆる世界で偶然や運が果たす役割が非常に大きいことをまず受け入れなくてはなりません。(6)

・異星人の末裔で、異星人の遺伝子を持っている人々のネットワークがあるのかもしれません。異星人が人間の精神や肉体に憑依した場合、人格転換が起こり、外見からは識別ができないといわれます。異星人とのコンタクティやチャネラーは、先天的に何か異星人…

結論として、ビジネスを含め、あらゆる世界で偶然や運が果たす役割が非常に大きいことをまず受け入れなくてはなりません。(5)

『宇宙が残した最後の謎』 (南山宏)(廣済堂文庫) 2001/11/1 <空中都市が建設されていた!?> ・『マハーバーラタ』の戦いは、人間界のクル族とパンダヴァ族の抗争に神界のデーバ(善神)族とアスラ(魔神)族がからむというのが基本的構図だが、実際には…

結論として、ビジネスを含め、あらゆる世界で偶然や運が果たす役割が非常に大きいことをまず受け入れなくてはなりません。(4)

『いま人に聞かせたい神さまの言葉』 (船井幸雄+中矢伸一)(徳間書店) 2008/3 <世界の構造の裏の裏を知る知識> ・紀元前3千5百年ごろ書かれたシュメール文書の「爬虫類族が本当に降りてきた」という記述は、間違いなくアヌンナキの到来を表している。…

結論として、ビジネスを含め、あらゆる世界で偶然や運が果たす役割が非常に大きいことをまず受け入れなくてはなりません。(3)

<人間と同じ姿の神> ・「世界の導師」についてももう一つの考えは、その著『聖霊についての科学的解明』に自分の見解をもとめようとしている技師R・J・ムートンが提出する。 ムートンは、『聖書』の中の特定の言葉は、その純粋に神聖な性質を示す極度に…

結論として、ビジネスを含め、あらゆる世界で偶然や運が果たす役割が非常に大きいことをまず受け入れなくてはなりません。(2)

<ナポレオンを生み出して殺した勢力> ・ナポレオンはフランス革命が起こった後の混乱状態にあるフランスを統率し、ヨーロッパ各国と戦争(ナポレオン戦争)を起こし、一時は全ヨーロッパ各国と戦争(ナポレオン戦争)を起こし、一時は全ヨーロッパを手中に…

結論として、ビジネスを含め、あらゆる世界で偶然や運が果たす役割が非常に大きいことをまず受け入れなくてはなりません。(1)

『世界を支配する運と偶然の謎』 ビギナーズ・ラックは、なぜ起きるのか―― 植村修一 日本経済新聞出版社 2019/10/26 <歴史は偶然が作り出す> ・どの時代の歴史を扱う場合でも、感情を交えず、偏見を持たないことは、歴史家にとってつねに不可能なことだと…

天地開闢の始源神が『記』では天御中主神になっているのに対し、『紀』では国常立尊になっている。(5)

・高野誠鮮氏は、「ローマ法王御用達米」に認定された神子原米(みこばらまい)を最大限に利用して、ブランド化を計画して成功したといわれます。高野誠鮮氏は、若いころにUFOの特別番組の制作に関係していたそうで、UFOには格別の関心があったようで…

天地開闢の始源神が『記』では天御中主神になっているのに対し、『紀』では国常立尊になっている。(4)

<レプティリアンたちがこの星で栄え、後に他の宇宙人のグループ、特に金髪碧眼のノルディックに敗北した> <地下の住人の共通の特性> ・彼らは、地上から追放されるか地上の人間および(あるいは)太陽から隠れている。彼らは、自分たちの宝、知識、秘密…

天地開闢の始源神が『記』では天御中主神になっているのに対し、『紀』では国常立尊になっている。(3)

『世界不思議大全 増補版』 泉保也 Gakken 2012/8 <ジョージ・アダムスキー 史上最大のUFOコンタクティ> <驚異の宇宙旅行と素晴らしい宇宙船> ・アダムスキーは、その後数回にわたって異星人とコンタクトすることになるが、そのたびに彼は驚くべき体…

天地開闢の始源神が『記』では天御中主神になっているのに対し、『紀』では国常立尊になっている。(2)

『シークレット・ドクトリンを読む』」 (ヘレナ・P・ブラヴァツキー)(出帆新社) 2001/5 <第4根幹人類と第5根幹人類の文明と崩壊> <彼ら(レムリア人)は、途方もなく巨大な都市を建築した> ・次第に、人類は、第4根幹人類が真に出現する前に、彫…

天地開闢の始源神が『記』では天御中主神になっているのに対し、『紀』では国常立尊になっている。(1)

『面白いほどよくわかる神道のすべて』 日常の暮らしに生きる神道の教えと行事 菅田正昭 日本文芸社 2004/6/1 <日本の神の二大系統――天神(あまつかみ)と地神(くにつかみ)> <天つ神と国つ神の違い> <「天神地祇」の分類と定義> ・神社神道では神の…

「メタトロン」射手座・インクルード星のヤギ型宇宙人。イエス・キリストの宇宙の魂(アモール)の一部。六千五百年ほど前にメソポタミア地方に生まれた。光の神の一人。(7)

・天使団の3分の1を率いて神に反逆した堕天使ルシファーの例を持ち出すまでもなく、神々の争い、天使の争い、スター・ウォ-ズと、とかく、太古の昔から、この世もあの世も争いが絶えないようです。「人類の歴史は、平和の時代よりも戦争の時代の方が長か…

「メタトロン」射手座・インクルード星のヤギ型宇宙人。イエス・キリストの宇宙の魂(アモール)の一部。六千五百年ほど前にメソポタミア地方に生まれた。光の神の一人。(6)

『あの世の存在に活かされる生き方』 (パット・クビス&マーク・メイシー)(徳間書店) 1999/7 <テレパシーを送ってくる目に見えない仲間> ・他界から通信してくる者たちは、多くのアイデアはまずアストラル界で生まれ、それが現世の発明家に与えられると…

「メタトロン」射手座・インクルード星のヤギ型宇宙人。イエス・キリストの宇宙の魂(アモール)の一部。六千五百年ほど前にメソポタミア地方に生まれた。光の神の一人。(5)

『人類が神になる日』(デニケンの宇宙文化人類学) (E・V・デニケン)(佑学社)1986/10 <神々の国連> <天から来て、アメリカ、アリゾナ州のホピ・インディアンに色々教えたのは、カチーナの神々だった。> ・インドの神々の世界については、詳しく伝…

「メタトロン」射手座・インクルード星のヤギ型宇宙人。イエス・キリストの宇宙の魂(アモール)の一部。六千五百年ほど前にメソポタミア地方に生まれた。光の神の一人。(4)

『エーテルと高次元宇宙』 (シーラ・アビリア)(暗黒通信団)2000/8 (全ての超常研究家に送る) <自分の運命がほぼ決まってしまっているということは、すなわちアストラル体がほぼ決まってしまっているということ> ・ ある作品内容が五感で認容され、脳…

「メタトロン」射手座・インクルード星のヤギ型宇宙人。イエス・キリストの宇宙の魂(アモール)の一部。六千五百年ほど前にメソポタミア地方に生まれた。光の神の一人。(3)

『人類はなぜUFOと遭遇するのか』 (カーティス・ピ-ブルズ)(皆神龍太郎:訳)(ダイヤモンド社)2002/7 <ラージノーズ・グレイが人類を創造した> ・クーパーは、1947年から53年にかけて、27機のUFOが墜落した、と主張した。全部で91体の異星人…

「メタトロン」射手座・インクルード星のヤギ型宇宙人。イエス・キリストの宇宙の魂(アモール)の一部。六千五百年ほど前にメソポタミア地方に生まれた。光の神の一人。(2)

『中世日本の予言書』 (小峯和明)(岩波新書)(未来記を読む)2007/1/19 <衡山恵思禅師の再誕> ・太子伝でもうひとつ見過ごせないのが、太子は中国衡山(こうざん)の恵思禅師(えしぜんし)の再誕であるとする説である。これが太子伝の成長に伴い遣隋…

「メタトロン」射手座・インクルード星のヤギ型宇宙人。イエス・キリストの宇宙の魂(アモール)の一部。六千五百年ほど前にメソポタミア地方に生まれた。光の神の一人。(1)

『メタトロンの霊言』 危機にある地球人類への警告 大川隆法 幸福の科学 2019/5/10 <メタトロン> ・射手座・インクルード星のヤギ型宇宙人。イエス・キリストの宇宙の魂(アモール)の一部。六千五百年ほど前にメソポタミア地方に生まれた。光の神の一人。 …

バチカンでは、「まず病気でないかどうかを確かめ、病気だったら精神病院で治療してもらえ」ということで、病気の兆候がないかどうかを確認してから、エクソシズムに入るかたちになっています。(7)

・高橋信次氏の活動期間は、短かったようですが、かなりの著名人たちに知られていたようです。「異言」をしゃべるという信者の精神状態もあったようです。「幸福の科学の大川隆法も、一時はGLAの会員だった」と語られています。戦前は、多くの宗教団体が…

バチカンでは、「まず病気でないかどうかを確かめ、病気だったら精神病院で治療してもらえ」ということで、病気の兆候がないかどうかを確認してから、エクソシズムに入るかたちになっています。(6)

『高橋信次のUFOと宇宙』 UFOの実在と人類の起源を語る 大川隆法 土屋書店 1988年3月 <UFOの種類> ・まあ、基本的には母船と、それから分乗した小型船と、両方あるんですね。これは事実です。母船そのものは、かなり大きな母船が来ています。母船…

バチカンでは、「まず病気でないかどうかを確かめ、病気だったら精神病院で治療してもらえ」ということで、病気の兆候がないかどうかを確認してから、エクソシズムに入るかたちになっています。(5)

<アメリカの新宗教からの影響> ・それによれば、人類の数々の文明は、アガシャ、クライオ、アモンといった「主の教師たち」の導きによって創造された。彼らは数千年前から幾度も転生を繰り返し、宗教的・政治的指導者として叡智を授けてきたのである。 「…

バチカンでは、「まず病気でないかどうかを確かめ、病気だったら精神病院で治療してもらえ」ということで、病気の兆候がないかどうかを確認してから、エクソシズムに入るかたちになっています。(4)

<「自分に厳しく、他人に寛容に生きてください」> ・しかし私はその後、事業に失敗して、生命保険金で責任を取ろうと「死」を覚悟したとき、「逃げるな/試練だ/引き受けなさい/必ず道は開けます」との天の声に導かれ、すんでのところで自殺を思いとどまり…

バチカンでは、「まず病気でないかどうかを確かめ、病気だったら精神病院で治療してもらえ」ということで、病気の兆候がないかどうかを確認してから、エクソシズムに入るかたちになっています。(3)

<天国・地獄を知れば、ライフスタイルが変わる> ・そうした人々に説教をしながら、あの世での行き先をだんだん仕分けていく仕事をしている霊人がいるわけですが、納得して天国に行く人もいれば、地獄というところへ行って修行をする人もいるのです。 ・そ…

バチカンでは、「まず病気でないかどうかを確かめ、病気だったら精神病院で治療してもらえ」ということで、病気の兆候がないかどうかを確認してから、エクソシズムに入るかたちになっています。(2)

『天御祖神(あめのみおやがみ)の降臨』 古代文献『ホツマツタエ』に記された創造神 大川隆法 幸福の科学出版 2019/1/31 <『ホツマツタエ』> ・まことに不思議な書物であろう。 私の2千5百書目にあたる本書こそ、現代の『ホツマツタエ』かもしれない。本…

バチカンでは、「まず病気でないかどうかを確かめ、病気だったら精神病院で治療してもらえ」ということで、病気の兆候がないかどうかを確認してから、エクソシズムに入るかたちになっています。(1)

『真のエクソシスト』 大川隆法 幸福の科学出版 2019/4/23 <エクソシスト> ・私の説くエクソシスト論は、現代世界では、最先端のものである。キリスト教、イスラム教、仏教、神道等で、断片的に説かれているものを統合したものである。しっかりと学んでほ…

一方、国会で法案が通過した法案は、「移民政策」や「カジノ法案」「水の民営化」「TPP」などと日本の富を海外に売り渡すようなものばかりである。(8)

・「道州制」の議論も「夢の様な万能の素晴らしい」解決策のように言われています。そして多くの有識者が賛同しているようです。はたしてそうなのでしょうか。道州制が実現すると、混乱して一番不便になるのは一般大衆ではないのでしょうか。行政サービスが…

一方、国会で法案が通過した法案は、「移民政策」や「カジノ法案」「水の民営化」「TPP」などと日本の富を海外に売り渡すようなものばかりである。(7)

『選挙の裏側ってこんなに面白いんだ!スぺシャル』 三浦博史 前田和男 ビジネス社 2007/6 <大手広告代理店が選挙を仕切る?><去勢された日本の大手広告代理店> ・ちょっと選挙をかじったことがある人は「実は、選挙は大手広告代理店の電通が仕切ってい…

一方、国会で法案が通過した法案は、「移民政策」や「カジノ法案」「水の民営化」「TPP」などと日本の富を海外に売り渡すようなものばかりである。(6)

<オリンピックバブルに騙されてはいけない> <日本を活性化できるのは東京の「西高東低」を是正する大規模開発だ> <長距離通勤は人生を消耗させる> ・日本の大都市の特徴として、都市の西側のほうが東側よりも地価が高くなるという傾向がある。東京・大…

一方、国会で法案が通過した法案は、「移民政策」や「カジノ法案」「水の民営化」「TPP」などと日本の富を海外に売り渡すようなものばかりである。(5)

<格差最大の原因はテクノロジーか――クルーグマン> ・次にアメリカにおける格差問題に関して、オバマ大統領は、富裕層への課税を強化しようとしてきました。それは、かつて投資収益に対して行った減税を逆転しようというものです。つまり、ビル・クリントン…