日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

2016-11-14から1日間の記事一覧

沖縄宜野湾市新城に巨木のある屋敷があり、その木にキジムンが住んでいた。屋敷の主の中泊老人と友達になり、毎晩、老人を海に連れていっては魚をとって遊んだ。(4)

・「河童は小柄な異星人グレイの一種だ」とすれば、日本全国に一種のグレイ(河童)の伝説があり、昔から宇宙連合が来ていたということになります。「河童とUFOを結び付ける日本映画」もありましたが、異類混血などで、かなり人間に近いものになっている…

沖縄宜野湾市新城に巨木のある屋敷があり、その木にキジムンが住んでいた。屋敷の主の中泊老人と友達になり、毎晩、老人を海に連れていっては魚をとって遊んだ。(3)

『カシオペアのΨ(プサイ)』 C・I・ドフォントネー 図書刊行会 1990/5/14 <衛星群> <タシュル> ・最後のネムセードとスター人類の生存者たちを乗せたアバールは、いったん大気圏外に出ると計り知れない速度で上昇していった。ラムズュエルは上昇に上…

沖縄宜野湾市新城に巨木のある屋敷があり、その木にキジムンが住んでいた。屋敷の主の中泊老人と友達になり、毎晩、老人を海に連れていっては魚をとって遊んだ。(2)

『ど・スピリチュアル日本旅』 たかのてるこ 幻冬舎 2014/8/5 <会社を辞めて“旅人・エッセイスト”として独立した私> <「世界一、スピリチュアルな国」日本をめぐる旅> ・私も、人生のテーマは「お金儲け」ではないので、「うわ、こんなおもろい人に出会…

沖縄宜野湾市新城に巨木のある屋敷があり、その木にキジムンが住んでいた。屋敷の主の中泊老人と友達になり、毎晩、老人を海に連れていっては魚をとって遊んだ。(1)

『妖怪の本』 異界の闇に蠢く百鬼夜行の伝説 学研 1999/3 <神々の領域からはみ出した者たち> ・妖怪とは何者か。日本民俗学の祖・柳田国男は「神々が零落した存在」と定義した。以来、学問的にはそういう説明になっている。 では、ここでいう”神”とはどん…