UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

2017-08-16から1日間の記事一覧

中選挙区時代、我々は朝の部会で諸先輩の議論を聞いて政策を勉強した。地元で5~10人規模の座談会を1000回以上行い、有権者が何に関心があるかを聞きながら国政報告をした。(9)

・神話の中では、厳しすぎる神様がいて、他の神様の集団に嫌われて、厳しすぎる神様が幽閉されてしまったというのがあります。このような厳しい時代だからこそ、何事でも「厳しい」基準が適用されていくようです。スポーツでも厳しく結果が求められています…

中選挙区時代、我々は朝の部会で諸先輩の議論を聞いて政策を勉強した。地元で5~10人規模の座談会を1000回以上行い、有権者が何に関心があるかを聞きながら国政報告をした。(8)

・「格差」は、税制で作られたともいわれます。「財源の裏付けのない政策は実現できない」ということで、「限られた予算、限られた処遇、増えない税収、十分でない福祉予算を削る財政赤字」という状況が続きました。財政・社会保障費の抜本改革が不可欠であ…

中選挙区時代、我々は朝の部会で諸先輩の議論を聞いて政策を勉強した。地元で5~10人規模の座談会を1000回以上行い、有権者が何に関心があるかを聞きながら国政報告をした。(7)

『世襲格差社会』 機会は不平等なのか 橋本俊詔 参鍋篤司 中公新書 2016/5/18 <二極化する世襲は、日本に何をもたらすのか!?> ・医師、農家、政治家などの職業はいかに継承されているのか。世襲を通して、日本の不平等を考える。 <医師の世界における世襲…

中選挙区時代、我々は朝の部会で諸先輩の議論を聞いて政策を勉強した。地元で5~10人規模の座談会を1000回以上行い、有権者が何に関心があるかを聞きながら国政報告をした。(6)

『選挙の裏側ってこんなに面白いんだ!スぺシャル』 三浦博史 前田和男 ビジネス社 2007/6 <大手広告代理店が選挙を仕切る?><去勢された日本の大手広告代理店> ・ちょっと選挙をかじったことがある人は「実は、選挙は大手広告代理店の電通が仕切ってい…

中選挙区時代、我々は朝の部会で諸先輩の議論を聞いて政策を勉強した。地元で5~10人規模の座談会を1000回以上行い、有権者が何に関心があるかを聞きながら国政報告をした。(5)

『ある凡人の告白』 軌跡と証言 塩川正十郎 藤原書店 2009/6/30 <21世紀に移行して政治家は、20世紀の力の政治、物質支配の政治から目覚めて、人類の共通の目標は何かを確認し自責を負担すべきときにきた> ・私は、1967年衆議院に初当選した。当時の衆議院…

中選挙区時代、我々は朝の部会で諸先輩の議論を聞いて政策を勉強した。地元で5~10人規模の座談会を1000回以上行い、有権者が何に関心があるかを聞きながら国政報告をした。(4)

『タックス・イーター』 ――消えていく税金 志賀櫻 岩波新書 2014/12/20 <タックス・イーターとは何者か> <族議員> ・タックス・イーターは、のちに述べるように「政官業の鉄のトライアングル」を結成している。このトライアングルの中枢は「政」、言い換…

中選挙区時代、我々は朝の部会で諸先輩の議論を聞いて政策を勉強した。地元で5~10人規模の座談会を1000回以上行い、有権者が何に関心があるかを聞きながら国政報告をした。(3)

『「借金1000兆円」に騙されるな!』 暴落しない国債、不要な増税 高橋洋一 小学館 2012/4/2 <日銀法を改正すべき> ・中央銀行の独立性は、手段の独立性と、目標の独立性に分けられているが、1998年の日銀法改正で、日銀にはそのどちらもが与えられるとい…

中選挙区時代、我々は朝の部会で諸先輩の議論を聞いて政策を勉強した。地元で5~10人規模の座談会を1000回以上行い、有権者が何に関心があるかを聞きながら国政報告をした。(2)

<円安戦略では、日本は勝てない> ・時代そのものが変わったので、通貨は強いほうがよくなったのですが、日本が変わったことも、日本にとって円が強いほうが国益になる第2の理由です。 ・日本はもはや超成熟経済国家です。高齢化ばかりに話題がふられていま…

中選挙区時代、我々は朝の部会で諸先輩の議論を聞いて政策を勉強した。地元で5~10人規模の座談会を1000回以上行い、有権者が何に関心があるかを聞きながら国政報告をした。(1)

『SAPIO 2017/9』 <『安倍首相は武士として自ら身を引かれよ 村上誠一郎』 10回連続当選議員の直言> <「安倍政権はそろそろ賞味期限を迎える」> ・現政権は限界まで来てしまった。安倍首相が武士(もののふ)として責任を取るならば、自ら身を引か…