UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

2017-12-30から1日間の記事一覧

2017年10月に公開されたCIAの文書の中には、驚くべきものがふくまれていた。それは、第2次世界大戦後もヒトラーが“生きていた”と記された極秘文書だった‼(6)

・「小柄なグレイの後に金髪碧眼のノルディックや赤毛のオレンジが来て、その後に東洋人タイプの異星人が来た」そうですが、宇宙人情報については、米国では核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階も上回る『厳秘』のため、リ…

2017年10月に公開されたCIAの文書の中には、驚くべきものがふくまれていた。それは、第2次世界大戦後もヒトラーが“生きていた”と記された極秘文書だった‼(5)

・ナチス・ヒトラーが金髪碧眼のアーリア人、ゲルマンの神々「超人」を崇拝していたそうです。そして金髪碧眼のアルデバランの異星人とコンタクトしていたようです。ヒトラーは異次元の「超人達」を感じて知覚していたのかもしれません。宇宙人は科学技術の…

2017年10月に公開されたCIAの文書の中には、驚くべきものがふくまれていた。それは、第2次世界大戦後もヒトラーが“生きていた”と記された極秘文書だった‼(4)

『図解 第三帝国』 森瀬 繚 / 司 史生 新紀元社 2008/5/8 <ヒトラーは生きている?> ・生存神話は歴史的に名高い人間につきものだが、各国の猜疑心が助長したアドルフ・ヒトラーの生存説は半ば都市伝説となっている。 <アドルフ・ヒトラー生存説> ・敗北…

2017年10月に公開されたCIAの文書の中には、驚くべきものがふくまれていた。それは、第2次世界大戦後もヒトラーが“生きていた”と記された極秘文書だった‼(3)

『伝説の秘密諜報員 ベラスコ』 “天皇の金塊”の真実を知っていた男 高橋五郎 学研 2014/9/9 <ボルマンが語ったヒトラーの安否> ・ナチス再興を決意した男ボルマンと同伴人ベラスコらを乗せたUボートは、イベリア半島北西部沿岸から南下した。いわゆるドイ…

2017年10月に公開されたCIAの文書の中には、驚くべきものがふくまれていた。それは、第2次世界大戦後もヒトラーが“生きていた”と記された極秘文書だった‼(2)

<雑誌『ムー』(14 9月号)によると> 「アルゼンチンは戦中・戦後の軍事独裁政権がいずれも親ナチス派だったため、第2次世界大戦にナチスの残党を大量に受け入れて匿った国だ。一説にはアルゼンチンだけで5000人、南米全体では9000人のナチス残党の戦争犯…

2017年10月に公開されたCIAの文書の中には、驚くべきものがふくまれていた。それは、第2次世界大戦後もヒトラーが“生きていた”と記された極秘文書だった‼(1)

『ムー 2018年1月 No.446 学研』 <「衝撃の機密文書が公開‼ やはりヒトラーは南米でいきていた!(並木伸一郎)」> アメリカでは今、情報公開法に基づきさまざまな機密文書が開示されている。なかでも2017年10月に公開されたCIAの文書の中には、驚く…

2050年の日本は、世代、性別、国籍に関係なく、挑戦し、失敗してもいつでも再挑戦が可能な社会だ。明るく、のびのび、そしてくじけることなく、夢を追いかける元気な老若男女があふれている。(6)

・人類は45 万年前に地球にやってきたアヌンナキという異星人が、遺伝子操作によってつくった存在だと語られています。「彼(デーヴィッド・アイク)はイルミナティの祖先をアヌナキだとする。アヌナキは古代シュメールの神々の種族であり、実は宇宙からやっ…

2050年の日本は、世代、性別、国籍に関係なく、挑戦し、失敗してもいつでも再挑戦が可能な社会だ。明るく、のびのび、そしてくじけることなく、夢を追いかける元気な老若男女があふれている。(5)

『(SAPIO 2016.5)人間力の時代 (大前研一)』 <「0から1」の発想術を身につければ新しいビジネスのアイデアが次々生まれてくる> ・「無から有」を生み出すという意味の「ゼロイチ」「ゼロワン」という言葉が、ビジネスマンの間で注目されている。 ・私…

2050年の日本は、世代、性別、国籍に関係なく、挑戦し、失敗してもいつでも再挑戦が可能な社会だ。明るく、のびのび、そしてくじけることなく、夢を追いかける元気な老若男女があふれている。(4)

『デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論』 潜在能力を活かせない「日本病」の正体と処方箋 デービッド・アトキンソン 東洋経済新報社 2016/12/22 <日本は先進国でもっとも生産性が低く、もっとも貧困率が高い> ・皆さんが学校でこんなに熱心に勉強して…

2050年の日本は、世代、性別、国籍に関係なく、挑戦し、失敗してもいつでも再挑戦が可能な社会だ。明るく、のびのび、そしてくじけることなく、夢を追いかける元気な老若男女があふれている。(3)

『未来の年表』 人口減少日本でこれから起きること 河合雅司 講談社 2017/6/14 <呑気な人々> 2020年 女性の半数が50歳越え 2024年 全国民の3人に1人が65歳以上 2027年 3戸に1戸が空き家に 2039年 火葬場が不足 2040年 自治体の半数が消滅 2042年 高齢者人…

2050年の日本は、世代、性別、国籍に関係なく、挑戦し、失敗してもいつでも再挑戦が可能な社会だ。明るく、のびのび、そしてくじけることなく、夢を追いかける元気な老若男女があふれている。(2)

『国家機能を立て直す』 若手政治家が目指す、新しい日本のかたち 衆議院議員 野田佳彦ほか フォースプレス2009年4月30日 <政府はお金の使い方がわからない> ・(公立高校授業料の無償化は)3000億円あれば、みんなが教育を受けられるのです。私立もそ…

2050年の日本は、世代、性別、国籍に関係なく、挑戦し、失敗してもいつでも再挑戦が可能な社会だ。明るく、のびのび、そしてくじけることなく、夢を追いかける元気な老若男女があふれている。(1)

『2050年への人創り・国創り』 分断する社会と世界を繋ぎとめるために フォーラム21 梅下村塾30期生 丸善プラネット 2017/10/31 <これは世界にも例を見ない奇跡である> ・第2次世界大戦後こそ米国を中心とする連合国の統治下におかれたものの、アジアの主…