UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

2018-01-01から1日間の記事一覧

「家が一回なくなっても出てくるのか。律儀なザシキワラシだなあ!」(4)

・人間の感覚やその時代の常識が通用しない世界の話が、異星人の話です。30年前には、日本で宇宙人とコンタクトして異星に行った日本人が本を書いたこともあったようです。当時、宇宙連合のメンバーが日本にも来ていたそうです。宇宙連合のメンバーは世界中…

「家が一回なくなっても出てくるのか。律儀なザシキワラシだなあ!」(3)

『大いなる秘密』 (レプティリアン爬虫類人) (デーヴィッド・アイク) (三交社) 2000/8 <アーリア人の祖先たちの故郷> <シャンバラと呼ばれる都市を主都とする地下王国「アガルタ」> ・「ヒトラーについていけ!彼は踊るだろう。笛を吹くのは私だ」…

「家が一回なくなっても出てくるのか。律儀なザシキワラシだなあ!」(2)

<孔子も「易」を研究し、朱子も「鬼」に熱中した> ・そもそも、儒教の開祖であった孔子は、怪力乱神については、怪しい神々や荒っぽい化け物のことをさらに語らなかったけれども、まるで無関心だったわけではない。孔子すらもじつは易学のような神秘的な学…

「家が一回なくなっても出てくるのか。律儀なザシキワラシだなあ!」(1)

『荒俣宏妖怪探偵団 ニッポン見聞録』 荒俣宏、荻野慎諧、 峰守ひろかず Gakken 2017/8/29 <ザシキワラシが守った家宝はホロタイプ標本?> ・ここまで見てきたのは、いずれも日本中に広く伝承されている、いわば全国区の妖怪だった。では東北を代表する、…