UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

2018-03-22から1日間の記事一覧

その結果、2025年には営業利益率がマイナス20パーセントとなり、多くの新聞社が経営危機に陥ることになると予測した。(6)

<●●インターネット情報から●●> <リオ五輪 ジカ熱より怖い豚インフル…すでに1000人超死亡> (産経新聞 7月3日(日)14時0分配信) 「南半球のブラジルはこれからが冬季。蚊を媒介にしたジカ熱の収束が期待されるが、ところが今度は豚インフルエンザの拡…

その結果、2025年には営業利益率がマイナス20パーセントとなり、多くの新聞社が経営危機に陥ることになると予測した。(5)

『ドラッカーの遺言』 ピーター・F・ドラッカー 講談社 2006/1/20 ・情報化が進展する新時代の世界経済のもとで、最も苦労する国は日本である―――。 <時代の変わり目に入る自覚を> ・重要なのは、「時代の変わり目」にいま自分がいるということを明確に認…

その結果、2025年には営業利益率がマイナス20パーセントとなり、多くの新聞社が経営危機に陥ることになると予測した。(4)

『私は宇宙人と出会った』 秋山眞人 ごま書房 1997年4月30日 <宇宙人の未来予測(世界編)> (中国) ・中国はこれからの地球の変化の大きなポイントになっていく。とくに内乱が起こる可能性が強く、それが引き金となって第3次世界大戦へと進むかもしれな…

その結果、2025年には営業利益率がマイナス20パーセントとなり、多くの新聞社が経営危機に陥ることになると予測した。(3)

『人類が絶滅する6つのシナリオ』 ブレッド・グテル 河出書房新社 2013/9/18 <スーパーウィルス> ・遺伝子のルーレットがたった一度悪い目を出しただけで、感染力も致死率も高いヒトのインフルエンザが誕生し、数日で世界全体に広がるかもしれない。致死率…

その結果、2025年には営業利益率がマイナス20パーセントとなり、多くの新聞社が経営危機に陥ることになると予測した。(2)

『100年経営』 世紀を超えるマネジメント 若松孝彦 ダイヤモンド社 2011/3/18 <7つの経営プログラム> ・100年先を見つめて、会社存続のために何をするべきか、「7つの経営プログラム」で会社の未来をつくる! ☑粗利益率40%・経常利益率10%・連続10年 ☑…

その結果、2025年には営業利益率がマイナス20パーセントとなり、多くの新聞社が経営危機に陥ることになると予測した。(1)

『新聞社崩壊』 元朝日新聞販売局の部長が、全国43紙の経営を徹底分析。 畑尾一知 新潮社 2018/2/15 <2030年代の新聞の姿> ・そのように再生した2030年代の新聞の姿を以下のように想定したい。 ・今より部数はずっと少ないが、安定した購読者層を維持して…