UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

2018-04-06から1日間の記事一覧

デフレは間違いなく平和の産物であって、大規模な戦争がない時代にはデフレの終息はありえない。デフレは「買い手に極楽、売り手に地獄」である。(5)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・デフレ脱却は難しいようです。安倍総理自身もアベノミクスの失敗を認めたといわれます。数字にはっきりでてきますが、日銀の異次元金融緩和だけでは、デフレの実態経済には、効果的ではなかったといわれます…

デフレは間違いなく平和の産物であって、大規模な戦争がない時代にはデフレの終息はありえない。デフレは「買い手に極楽、売り手に地獄」である。(4)

『築土構木の思想』 土木で日本を建てなおす 藤井聡 晶文社 2014/7/25 <世間は皆、虚言ばかりなり> ・「土木」というと、多くの現代日本人は、なにやら古くさく、このITやグローバリズム全盛の21世紀には、その重要性はさして高くないものと感じているか…

デフレは間違いなく平和の産物であって、大規模な戦争がない時代にはデフレの終息はありえない。デフレは「買い手に極楽、売り手に地獄」である。(3)

『日本はこの先どうなるか』 高橋洋一 幻冬舎 2016/8/10 <政治・経済では本当は何が起きているのか> <英国のEU離脱、欧州への大量移民、崩壊寸前の中国経済、米国の過激な大統領候補、日本の戦争リスク………> <データに基づかなければ、議論する意味は…

デフレは間違いなく平和の産物であって、大規模な戦争がない時代にはデフレの終息はありえない。デフレは「買い手に極楽、売り手に地獄」である。(2)

『なぜ日本だけがこの理不尽な世界で勝者になれるのか』 高橋洋一 KADOKAWA 2017/4/28 <いまや世界経済のリスクとなった中国> <自国の統計を信じない中国の政治家たち> ・経済学者の目から見ると、中国は不思議な国だ。経済学の基本でいえば、輸出は外需…

デフレは間違いなく平和の産物であって、大規模な戦争がない時代にはデフレの終息はありえない。デフレは「買い手に極楽、売り手に地獄」である。(1)

『2017 長谷川慶太郎の大局を読む』 長谷川慶太郎 李白社 2016/9/13 <デフレは「買い手に極楽、売り手に地獄」である> ・「デフレ対応には必要不可欠なインフラ整備・補修、技術開発に全力を挙げれば日本は世界一住みよい国になる」 ・デフレは「買い手に…