UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

2018-08-09から1日間の記事一覧

このときから体脱体験を繰り返すようになったという。自分でもどうにもできない身の毛のよだつような思いをした。他人の考えていることがわかるようにもなった。(6)

・中央防災会議やその他の防災機関も多くの「地震の予測」は出ていますので、実際の防災対策の指導をしっかりとやってもらいたいものです。「とてつもない大きな地震が来るかもしれない」ということで、とうとう東日本大震災が起こりました。大津波が起こっ…

このときから体脱体験を繰り返すようになったという。自分でもどうにもできない身の毛のよだつような思いをした。他人の考えていることがわかるようにもなった。(5)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・米国の遠隔透視家のジョー・マクモニーグルが、どのようにして「遠隔透視の超能力」を得たのか分かりません。おそらく、2度にわたる臨死体験なのかもしれません。臨死体験によって、「あの世」の不思議な存…

このときから体脱体験を繰り返すようになったという。自分でもどうにもできない身の毛のよだつような思いをした。他人の考えていることがわかるようにもなった。(4)

『宇宙人と地球人の超真相』 (深野一幸)(徳間書店) 1997/10 < 大統領に会った金星人(ヴァリアント・ソー)> ・ヴァルは、3年間ペンタゴン(国防総省)に個室を与えられ住むことになった。ヴァルは、護衛には彼の幻影を見せておいて、ペンタゴンの外…

このときから体脱体験を繰り返すようになったという。自分でもどうにもできない身の毛のよだつような思いをした。他人の考えていることがわかるようにもなった。(3)

『FBI超能力捜査官マクモニーグル』 「遠隔透視」部隊の現実 (並木伸一郎・宇佐和通) (学研) 2007/2 <UFO、幽霊、数々の超常体験> ―UFOや幽霊を見たことは? ・いくらでもある。まずUFOの話から始めましょう。あれは1966年のバハマだった。深夜、宿舎…

このときから体脱体験を繰り返すようになったという。自分でもどうにもできない身の毛のよだつような思いをした。他人の考えていることがわかるようにもなった。(2)

『図解 超常現象の真相』 石川幹人 宝島社 20147/11/10 <科学的探究が進む超心理現象> ・透視やテレパシー、予知などのESPは、他の超常現象とされる諸現象の中では厳密な実験を行うことが比較的やさしい。そのため、超心理学分野におけるこの50年間の科…

このときから体脱体験を繰り返すようになったという。自分でもどうにもできない身の毛のよだつような思いをした。他人の考えていることがわかるようにもなった。(1)

『アメリカ超能力研究の真実』 国家機密プログラムの全貌 アニー・ジェイコブセン 太田出版 2018/3/16 <超能力研究> ・1950年代初期から40年以上、国家安全保障の名目でアメリカ政府主導によりESPやサイコキネシスなど超能力研究が行われてきた。極秘プ…