日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

2018-11-23から1日間の記事一覧

日本では、台湾の「モシナ(魔神仔)」の知名度はどれほどのものだろう。台湾人で「モシナ」を知らない人は少ないが、日本で知っている人のほうがまれではないだろうか。(9)

・旧帝国陸軍の中国での戦線に白い衣服を着た神人が現れたり消えたりしたという話を昔、何かの本で読んだ記憶があるのですが、“加納天狗”のことだったのでしょうか。アストラル界の住人が地上にも出てくることは秘密結社の最高機密だそうですが、また「神人…

日本では、台湾の「モシナ(魔神仔)」の知名度はどれほどのものだろう。台湾人で「モシナ」を知らない人は少ないが、日本で知っている人のほうがまれではないだろうか。(8)

『森の神々と民俗』 ニソの杜から考えるアニミズムの世界 金田久璋 白水社 1998/10 <無言交易と異類伝承> <無言交易というターム> ・『日本民族事典』の北見俊大の解説によれば、「無言交易」とは「売買する相手が相互に姿を隠して行う古い交易の形態」…

日本では、台湾の「モシナ(魔神仔)」の知名度はどれほどのものだろう。台湾人で「モシナ」を知らない人は少ないが、日本で知っている人のほうがまれではないだろうか。(6)

『ど・スピリチュアル日本旅』 たかのてるこ 幻冬舎 2014/8/5 <会社を辞めて“旅人・エッセイスト”として独立した私> <「世界一、スピリチュアルな国」日本をめぐる旅> ・私も、人生のテーマは「お金儲け」ではないので、「うわ、こんなおもろい人に出会…

日本では、台湾の「モシナ(魔神仔)」の知名度はどれほどのものだろう。台湾人で「モシナ」を知らない人は少ないが、日本で知っている人のほうがまれではないだろうか。(5)

『神仙道の本』 (秘教玄学と幽冥界への参入) (学研)2007/3 <山人界(天狗界)> <多種多様な天狗らの仕事と生活の実際> <高級山人が住まう壮麗な宮殿> ・山人とは山の神のことだが、天狗の異名として用いられることもある。「お山には善美を尽くし…

日本では、台湾の「モシナ(魔神仔)」の知名度はどれほどのものだろう。台湾人で「モシナ」を知らない人は少ないが、日本で知っている人のほうがまれではないだろうか。(4)

『神仙道の本』 (秘教玄学と幽冥界への参入)(学研)2007/3 <地球大気圏の某所の映像> ・宇宙の根本神は、いうまでもなく天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高皇産霊神(たかみむすひのかみ)、神皇産霊神(かみむすひのかみ)の造化三神だ。 ・…

日本では、台湾の「モシナ(魔神仔)」の知名度はどれほどのものだろう。台湾人で「モシナ」を知らない人は少ないが、日本で知っている人のほうがまれではないだろうか。(3)

『写真で見る日本に来た?!UFOと宇宙人』 (矢追純一)(平安)(昭和51年) <北海道函館市にはUFOの基地がある?> ・北海道の南端、函館市をのぞむ小さな港町、上磯では、しょっちゅうUFOが目撃されるそうだ。 ・地元でもUFO目撃者の数が多い。 ・吉…

日本では、台湾の「モシナ(魔神仔)」の知名度はどれほどのものだろう。台湾人で「モシナ」を知らない人は少ないが、日本で知っている人のほうがまれではないだろうか。(2)

『ニッポンの河童の正体』 飯倉義之 新人物ブックス 2010/10/13 <外国の河童たち> <○○は外国の河童? -河童は日本固有種かー> ・では日本以外の土地に河童は存在しないのだろうか?どうやらそうではないようだ。世界各地の妖怪を紹介する本や文章ではし…

日本では、台湾の「モシナ(魔神仔)」の知名度はどれほどのものだろう。台湾人で「モシナ」を知らない人は少ないが、日本で知っている人のほうがまれではないだろうか。(1)

『何かが後をついてくる 妖怪と身体感覚』 伊藤龍平 青弓社 2018/8/3 <台湾の妖怪「モシナ」の話> <「お前さんモシナかい?> ・日本では、台湾の「モシナ(魔神仔)」の知名度はどれほどのものだろう。台湾人で「モシナ」を知らない人は少ないが、日本で…