日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

2018-12-02から1日間の記事一覧

ふとみると、眼の前をいつ現われたのか1人のおじいさんが歩いて行きます。長い杖をつき、真っ白な髪と長いひげ、着ているものは何やらゆったりしたもので、ただの人とは思われません。(6)

・シャーマンはあの世とのコンタクト窺わせますが、世界中にシャーマニズムが存在するようです。事典による定義によると「シャマン(シャーマン)は踊りや歌、呪文、太鼓、鈴などによって特殊な意識状態(トランス)に入り、神や霊と直接接触して、神霊の意…

ふとみると、眼の前をいつ現われたのか1人のおじいさんが歩いて行きます。長い杖をつき、真っ白な髪と長いひげ、着ているものは何やらゆったりしたもので、ただの人とは思われません。(5)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・「来訪神」といわれるものは、人間タイプが識別できないため、異類異形タイプがほとんどのようです。「来訪神」といえるのかどうか? インタ―ネット情報によると、2018年11月29日(産経ニュース)「ユネスコ…

ふとみると、眼の前をいつ現われたのか1人のおじいさんが歩いて行きます。長い杖をつき、真っ白な髪と長いひげ、着ているものは何やらゆったりしたもので、ただの人とは思われません。(4)

<自ら身代わりに立った猟師> ・第7の話の概略を紹介しよう。 ・美作国に中参・高野という神がいた。中参は猿、高野は蛇であった。土地の者は、毎年一度の祭りには人間の生贄を差し出すことが決まりになっていて、ある家の、年の頃16、7歳の美しい娘が次の…

ふとみると、眼の前をいつ現われたのか1人のおじいさんが歩いて行きます。長い杖をつき、真っ白な髪と長いひげ、着ているものは何やらゆったりしたもので、ただの人とは思われません。(3)

<●●インターネット情報から●●> ユタ ( 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』) <概念> 沖縄の信仰において、琉球王国が制定したシャーマンであるノロ(祝女)やツカサ(司)が公的な神事、祭事を司るのに対し、ユタは市井で生活し、一般人を…

ふとみると、眼の前をいつ現われたのか1人のおじいさんが歩いて行きます。長い杖をつき、真っ白な髪と長いひげ、着ているものは何やらゆったりしたもので、ただの人とは思われません。(2)

<奇妙かつ不可解な祭り> <キリスト祭り キリストの墓で盆踊り 青森県新郷村> <――まさかいきなり青森の奥地で十字架に遭遇するとは> <――キリストは日本で死んでいた> ・担;先生がこのあいだ「キリストの墓が日本にある」なんて仰るから、頭ごなしに…

ふとみると、眼の前をいつ現われたのか1人のおじいさんが歩いて行きます。長い杖をつき、真っ白な髪と長いひげ、着ているものは何やらゆったりしたもので、ただの人とは思われません。(1)

『信濃の民話』 [新版]日本の民話1 瀬川拓男、松谷みよ子 未来社 2015/4/22 <仙人の碁うち(上高井郡)> 昔、菅平のふもとの仙仁という部落に太平さんというきこりが住んでいました。今日も一日、山で木を切って、さあ帰ろうと、荷股に丁度いい木がぼやの…