日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2018-12-07から1日間の記事一覧

我が国は先の大戦における敗戦後、日本国憲法が施行されてから、世界でも類のない極めて不毛な安全保障議論を繰り返してきました。その象徴が「専守防衛」という世界の常識ではありえない政策です。(4)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・我が国の防衛政策については、多くの有識者、自衛隊関係者から様々な提言がなされています。いつまでも憲法をめぐって議論をしているようでは、時代遅れになるといわれます。本当に優れた政治家や官僚が登用…

我が国は先の大戦における敗戦後、日本国憲法が施行されてから、世界でも類のない極めて不毛な安全保障議論を繰り返してきました。その象徴が「専守防衛」という世界の常識ではありえない政策です。(3)

<戦後の日本は、フヌケの「町人国家」なのか> ・この『日本町人国家論』がきっかけとなり、日本は町人国家でいいのか、それとも武士国家に戻るべきか、という論争が始まったんだ。この議論は形を変えて、いまでも続いている。 武士国家論のいまの急先鋒は…

我が国は先の大戦における敗戦後、日本国憲法が施行されてから、世界でも類のない極めて不毛な安全保障議論を繰り返してきました。その象徴が「専守防衛」という世界の常識ではありえない政策です。(2)

図解 図25枚で 『世界基準の安保論がスッキリわかる本』 高橋洋一 すばる舎 2016/7/16 <戦後の戦争の基礎データは、日本周辺が世界の中でも「戦争リスクが高い危険地帯」であることを教えてくれる。> <大戦後、2007年までに世界では「戦争」が38回起こっ…

我が国は先の大戦における敗戦後、日本国憲法が施行されてから、世界でも類のない極めて不毛な安全保障議論を繰り返してきました。その象徴が「専守防衛」という世界の常識ではありえない政策です。(1)

『日本の有事』 ケーススタディで背筋が凍る ――国はどうする、あなたはどうする? だからこそ今、日本強化宣言 渡辺悦和 ワニブックスPLUS新書 2018/8/22 <中国の「三戦」の実態は> ・中国の「戦わずして勝つ」日本弱体化戦略の重要な要素が三戦です。 <…