日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

2019-04-25から1日間の記事一覧

さらに地球から400光年の距離にあるプレアデス星団や、150光年離れたヒアデス星団の使者まで登場させているのだから、この原点こそ、宇宙人とのコンタクトの記録として捉えるべきであろう。(9)

・「進化した宇宙人は人間の肉体や精神体に憑依するので誰にも分からない」ともいわれます。しかし、さまざまな形態で、この世に出現することができるようです。いわゆるテレポーテーションが自由自在にできるようなのです。テレコン(テレパシー・コンタク…

さらに地球から400光年の距離にあるプレアデス星団や、150光年離れたヒアデス星団の使者まで登場させているのだから、この原点こそ、宇宙人とのコンタクトの記録として捉えるべきであろう。(8)

・神々や天使や堕天使の実態は、知る人ぞ知る世界で、私たち一般人には、訳の分からない奇説だそうです。彼らは、人間の精神に憑依したり、ワンダラー(転生)やウォークイン(憑依・人格転換)等で、自由自在に人間を信じられないほど、知っており、常に観…

さらに地球から400光年の距離にあるプレアデス星団や、150光年離れたヒアデス星団の使者まで登場させているのだから、この原点こそ、宇宙人とのコンタクトの記録として捉えるべきであろう。(7)

『地球の中のブラックホール』 地球空洞説にでてくるアガルタ (セルジュ・ユタン)(大陸書房)1978/10 <アガルタ> ・「アガルタの君主、世界の王は、正真正銘の人間であり、世界の運命の支配者であり、架空の人物でなければ超人でもない」。 「アガルタ…

さらに地球から400光年の距離にあるプレアデス星団や、150光年離れたヒアデス星団の使者まで登場させているのだから、この原点こそ、宇宙人とのコンタクトの記録として捉えるべきであろう。(6)

『チベット第3の目の謎』 (中岡俊哉)(二見書房) 1994/4 <古代インドに伝わるもう一つの「死者の書」> ・「具舎論」と呼ばれる書物がそれである。本来は哲学として釈迦の教えをまとめあげたものだ。その中に「死者の書」と非常に似た「死後の世界」の…

さらに地球から400光年の距離にあるプレアデス星団や、150光年離れたヒアデス星団の使者まで登場させているのだから、この原点こそ、宇宙人とのコンタクトの記録として捉えるべきであろう。(5)

『地底人王国』 (エリック・ノーマン)(大陸書房) 昭和51年6月 <私はフランスの赤い人だ> ・地上の支配者の前に「世界の王」が姿を現したか、その使者が現れたという話は数多い。ナポレオン・ボナパルトには、三度に渡って「燃える赤い人」が訪れ、…

さらに地球から400光年の距離にあるプレアデス星団や、150光年離れたヒアデス星団の使者まで登場させているのだから、この原点こそ、宇宙人とのコンタクトの記録として捉えるべきであろう。(4)

『宇宙戦争』{ソリトンの鍵} 光悠・白峰 明窓出版 2006/5 <ヒューマノイドの宇宙神> ・そして、二ビル星人と言われている「アヌンナキ」ですが、彼らが地球に降りて神の如く振る舞い、人間にテクノロジーや知恵を与えて、エジプト文化などに関与してきた…

さらに地球から400光年の距離にあるプレアデス星団や、150光年離れたヒアデス星団の使者まで登場させているのだから、この原点こそ、宇宙人とのコンタクトの記録として捉えるべきであろう。(3)

『鬼』 高平鳴海/糸井賢一/大木憲司/エーアイ・スクウェア (新紀元社)1999/8 <創造神とドラ息子> <伊吹(いぶき)弥三郎・伊吹童子> ・弥三郎の特殊能力;鉄の体、巨体 童子の特殊能力;不老長寿、仙術、怪力 出自;『御伽草子』『三国伝記』『仮名草…

さらに地球から400光年の距離にあるプレアデス星団や、150光年離れたヒアデス星団の使者まで登場させているのだから、この原点こそ、宇宙人とのコンタクトの記録として捉えるべきであろう。(2)

<地球内部のニューベルリン/新ドイツの人口は1800万人> ・しかし、インナー・ワールドの新しいドイツ国家への移住リストに載っているかどうかにかかわらず、誰が地下で暮らすことが許されるのかという決定はもっぱらボッドランド人の手に委ねられていた。…

さらに地球から400光年の距離にあるプレアデス星団や、150光年離れたヒアデス星団の使者まで登場させているのだから、この原点こそ、宇宙人とのコンタクトの記録として捉えるべきであろう。(1)

『D級都姿伝説』 信じる、信じないは、あなたの自由。でも真実は 成田青央 エムジー・コーポレーション 2008/1/15 <ある宗教団体の宇宙進出計画> ・その昔、アメリカのロードムービーに憧れて、ルート66をドライブ旅行したことがある。 ・その旅の途中で…