UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

2019-07-24から1日間の記事一覧

やはり、ユーロは解体せざるを得ないのではないか。(7)

・amazonに「アベノミクス」といれますと1000件以上の書籍がわかります。『日本経済長期低迷の構造』(荒巻健二)、『アベノミクス崩壊』(牧野富夫)、『日本経済崖っぷち 妄念の中の虚像、アベノミクス』(浜矩子)等で、ネガティブなものが増えてきている…

やはり、ユーロは解体せざるを得ないのではないか。(6)

『あなたのすぐ隣にいる中国のスパイ』 鳴霞 千代田情報研究会 飛鳥新社 2013/4/6 <「日本人がいかに易々と中国人に騙されるか」> ・来日後の私は、大学や兵庫・大阪の中国語学校で教える傍ら、日本企業の通訳もしていたが、その折痛感したのは「日本人が…

やはり、ユーロは解体せざるを得ないのではないか。(5)

<国際競争力のために本当にすべきこと> ・バブル崩壊後の日本は、「国際競争力」という“錦の御旗”のもとで、企業の業績を最優先事項と捉え、サラリーマンの給料を下げ続け、非正規雇用を激増させてきた。 <無税国債は一つのアイデアに過ぎない> ・何度も…

やはり、ユーロは解体せざるを得ないのではないか。(4)

<ソ連のGDPは発表の半分だった> ・中国の統計システムはソ連譲りということについて、ここで少々説明しておこう。「左巻き」(左派)が理想としている社会システムでは、統計改竄しやすいという実例である。簡単に言えば、左巻きは、経済活動で公的部門…

やはり、ユーロは解体せざるを得ないのではないか。(3)

<「公共事業は悪」キャンペーンの理論的な誤り> <増税するなら「全部を使う」> ・しかし、安倍政権は賢いので、「増税はするけれど、財政再建は先送り」といっています。増税した分は国債償還には回さず、支出されます。 ・安倍政権は、増税して、それを…

やはり、ユーロは解体せざるを得ないのではないか。(2)

<行政も変わる時が来た> ・AIの特性を活かすならば国会答弁も適していると思う。 国会の審議で政治家たちに向けられる質問内容は、事前に通告される。これを「質問通告」と呼ぶが、前日の午後6時頃に行われることがしばしばである。午後6時というと退庁…

やはり、ユーロは解体せざるを得ないのではないか。(1)

『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』 宮崎正弘・藤井厳喜 海竜社 2018/9/3 <米中経済戦争の火蓋が切って落とされた> <米露間のビッグ・ディールとは何か> ・先ず、ロシアが求めているのは、アメリカによる経済制裁の解除とクリミア併合の承認である…