日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

2019-09-22から1日間の記事一覧

ティタン神族と争い、覇権を握ったとされるのが、ゼウスを筆頭とするオリュンポス神族だ。ギリシア神話の中心的存在である。(8)

・また、フランスのエロヒムやサタン(悪魔)というリラ星人のコンタクティ、クロード・ボリロン・ラエルによると「エロヒムが人類を実験室で創造した」と主張しています。またイタリアのクラリオン星人のコンタクティ、マオリッツオ・カヴァーロによると「…

ティタン神族と争い、覇権を握ったとされるのが、ゼウスを筆頭とするオリュンポス神族だ。ギリシア神話の中心的存在である。(7)

・「アルデバラン人が強い関心を持って、こと座文明の再創造を支援している。よくノルディック人と混同されることがあるが、ノルディック人は、もっと背が高く傲慢である」とのことです。が、アルデバラン星人とプレアデス星人が混同されているそうです。金…

ティタン神族と争い、覇権を握ったとされるのが、ゼウスを筆頭とするオリュンポス神族だ。ギリシア神話の中心的存在である。(6)

『日月神示』 (魂の叡智) (中矢伸一)(徳間書店) 2005/6/17 <日月神示は、「実行する側」から書かれた霊的文書> ・太古の昔、地球神界の主宰神として霊主体従による神政を施かれていた国常立大神(くにとこたちのおおかみ)は、悪神の多数決によって…

ティタン神族と争い、覇権を握ったとされるのが、ゼウスを筆頭とするオリュンポス神族だ。ギリシア神話の中心的存在である。(5)

『UFO最後の真実』 5次元文庫 異次元に広がる超文明世界の謎 浜田政彦 徳間書店 2009/1/9 <悪魔の入口と霊界の入口とは!?> ・ミズーリ州とアーカンソー州に異次元世界への「見えない入口」を何箇所か見つけたキーシッグは、こうした入口には「西の扉」…

ティタン神族と争い、覇権を握ったとされるのが、ゼウスを筆頭とするオリュンポス神族だ。ギリシア神話の中心的存在である。(4)

『図解 北欧神話』 池上良太 新紀元社 2007/7/3 <北欧神話の宇宙観> ・北欧神話の宇宙は、それぞれの種族の住む九つの世界によって構成されていた。 <神々や巨人たちの住まう世界> 1、(ニヴルヘイム)――世界のうち最も北方に位置するのが極寒の世界。 …

ティタン神族と争い、覇権を握ったとされるのが、ゼウスを筆頭とするオリュンポス神族だ。ギリシア神話の中心的存在である。(3)

『あの世の存在に活かされる生き方』(2) (パット・クビス&マーク・メイシー)(徳間書店)1999/7 <タイムストリームの地球との通信に従事> 「タイムストリームによれば、彼らの施設はマルドゥクという名前の惑星にあり、アストラル世界の第三界に位置…

ティタン神族と争い、覇権を握ったとされるのが、ゼウスを筆頭とするオリュンポス神族だ。ギリシア神話の中心的存在である。(2)

<魔術的シンボリズムにおいては、鷲は最高神のアトリビュート(持物)である> <1ドル札の最高の秘密は、ピラミッドの円窓にある> ・すでに見たように、切頭ピラミッドの最も合理的な解釈は、アメリカの建国はいまだ進行中であるという観念だ。そこで、こ…

ティタン神族と争い、覇権を握ったとされるのが、ゼウスを筆頭とするオリュンポス神族だ。ギリシア神話の中心的存在である。(1)

『世界を読み解くためのギリシア・ローマ神話入門』 庄司大亮 河出書房新社 2016/6/14 <神話は生き続ける> ・「ギリシア・ローマ神話」は、古代ギリシア文明の時代(前8~前4世紀)に記録されたものが中心となっている、神々と太古の英雄についての物語群…