日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2019-10-14から1日間の記事一覧

イギリスでは今もなお、その土地や河川から、ルーンが刻まれた古い遺物が出土している。(10)

・ヒトラーは表の歴史ではベルリンの地下壕で、愛人のエバ・ブラウンとともに毒薬を飲んで自決したとされています。そして、2人の遺体は焼却されて埋葬されたが、ソ連軍が掘り出して、歯の治療痕から「ヒトラーの遺骨」と断定されたといわれています。また…

イギリスでは今もなお、その土地や河川から、ルーンが刻まれた古い遺物が出土している。(9)

・異星人とテレパシー交信していると本などに発表する顕在化しているコンタクティと「沈黙のコンタクティ」がいまして、沈黙のコンタクティーのほうがはるかに多いように思われます。コンタクティも目に見えない異星人からテレパシーで色々な情報を受け取る…

イギリスでは今もなお、その土地や河川から、ルーンが刻まれた古い遺物が出土している。(8)

『地球大変動の危機を救うアセンションの光』 シリウスの超叡智2 パトリシア・コーリ 徳間書店 2011/7 <天からやってきた「神」になった二ビル星人> ・彼らは、地球時間にして何十万年の間、シリウスとラーを結ぶ宇宙のメッセンジャーの役割を果たし、私た…

イギリスでは今もなお、その土地や河川から、ルーンが刻まれた古い遺物が出土している。(7)

<結論> ・『星からの遺産』には、未来の世界で、地球の地底に暮らす人たちが繁殖の能力を失ってしまっている話が紹介されている。彼らは、身体の正確な複製を作って石棺のような容器に保存していたが、魂がそれに入り込む決心をしなければ、それは生命のな…

イギリスでは今もなお、その土地や河川から、ルーンが刻まれた古い遺物が出土している。(6)

『ムー』 2015年7月 No.416 <ヒトラーはマットグロッソという場所に移り住み1984年に95歳でこの世を去った> <ナチスUFOと南極エイリアン基地の謎> <ナチスの南極遠征の目的地は天空人の子孫が築いた地下都市> ・ヴリルUFOが次々と開発されていく最中の…

イギリスでは今もなお、その土地や河川から、ルーンが刻まれた古い遺物が出土している。(5)

『大いなる秘密』(レプティリアン爬虫類人) デーヴィッド・アイク 三交社 2000 <アーリア人の祖先たちの故郷> <シャンバラと呼ばれる都市を主都とする地下王国「アガルタ」> ・「ヒトラーについていけ!彼は踊るだろう。笛を吹くのは私だ」のエッカル…

イギリスでは今もなお、その土地や河川から、ルーンが刻まれた古い遺物が出土している。(4)

<アカシャ・フィールドについて> ・アカシャ・フィールドとは、この次元ではないところに存在する壮大で神秘的な図書館、またはスーパーコンピューターのようなものです。ここには、2億600万年前から西暦6732年までの人間一人ひとりの意識から集合意識まで…

イギリスでは今もなお、その土地や河川から、ルーンが刻まれた古い遺物が出土している。(3)

『2000年5月5日宇宙人大襲来』 (草刈龍平)(第一企画出版)1996/12 映画インディペンデス・デイはなぜ緊急制作されたのか アメリカ政府が隠し続けた恐るべき事実 <ヒトラーが宇宙人と密約していた動かぬ証拠> <ヒトラー> ・ナチスが開発したとい…

イギリスでは今もなお、その土地や河川から、ルーンが刻まれた古い遺物が出土している。(2)

『世界を支配する秘密結社』 (謎と真相-別冊歴史読本) (新人物往来社) 2003/5 <サンカを秘密結社として描いた三角寛(今井照容)> ・三角寛がサンカ小説を通じて活写する“サンカの社会”はサンカを秘密結社として描いている。1932年~1940年までの間に…

イギリスでは今もなお、その土地や河川から、ルーンが刻まれた古い遺物が出土している。(1)

『ルーン文字』 古代ヨーロッパの魔術文字 ポール・ジョンソン 創元社 2009/4/18 <イギリスでは今もなお、その土地や河川から、ルーンが刻まれた古い遺物が出土している> ・1世紀から中世末期にかけて、古代の呪術文字であるルーン文字が碑文などに残され…