日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

2019-10-23から1日間の記事一覧

「大地の重荷」=増えすぎた生類が戦争につながる、という構造が共通している。(9)

・1960年代の宇宙友好協会の活動は、当時、大きな影響力を持ったそうです。当時はUFOブームでもあったようです。多くの知識人や経済人も関心を示したようです。金髪碧眼のノルディックたちも日本に来ていたのでしょうか。異星人でも街中に混じれば誰も識…

「大地の重荷」=増えすぎた生類が戦争につながる、という構造が共通している。(8)

・「我々は陸地から陸地へ移動する巨大な浮遊都市のある海を見、また空には音もたてずに動いている同様に巨大な船が浮かんでいた」そうです。「浮遊都市」の宇宙母船を作ることができる超テクノロジーを持つ宇宙人は、天使クラスの異星人のようです。惑星を…

「大地の重荷」=増えすぎた生類が戦争につながる、という構造が共通している。(7)

『ゴッド・コード』 遺伝子に秘められた神のメッセージ グレッグ・ブレイデン ダイヤモンド社 2011/8 <インドの『マハーバーラタ』は、古代に核戦争があったという物語> ・ヒンズー教の聖書と同様、インドの国家的叙事詩と呼ばれるものの中で、『マハーバ…

「大地の重荷」=増えすぎた生類が戦争につながる、という構造が共通している。(6)

『FBI超能力捜査官マクモニーグル』 「遠隔透視」部隊の現実 (並木伸一郎・宇佐和通) (学研) 2007/2 <UFO、幽霊、数々の超常体験> ―UFOや幽霊を見たことは? ・いくらでもある。まずUFOの話から始めましょう。あれは1966年のバハマだった。深夜…

「大地の重荷」=増えすぎた生類が戦争につながる、という構造が共通している。(5)

『円盤に乗った青年のマジメな話』 (昭和49年、北海道宇宙人事件の真相) (平野威馬雄) (平安書房) 1974年 <ニコロでの記者会見> 田中:「小人の丈がだいたい1メートルくらい」 <タコのような宇宙人> 平野:「こんな感じ?・・・へえ、こんな、タコ…

「大地の重荷」=増えすぎた生類が戦争につながる、という構造が共通している。(4)

『宇宙人についてのマジメな話』 (平野威馬雄)(平安書店) 1974年 <母船内部の円盤発着場から降り立ち、廊下へ出ると、再び地上に降りたのではないかと錯覚するほどであった。それは渋谷か新宿の大通りの観を呈していた> <CBA(宇宙友好協会)> ・CBAの…

「大地の重荷」=増えすぎた生類が戦争につながる、という構造が共通している。(3)

『UFO原理と宇宙文明—―21世紀科学への展望』 (太田竜)(日経企画出版社)1991/6 <クーパー氏の情報は大きな影響を与えた> ・クーパーによれば、米政府の極秘文書は4種類の異星人を挙げているという。一つは、米政府、MJ―12が協定を結んだ相手である…

「大地の重荷」=増えすぎた生類が戦争につながる、という構造が共通している。(2)

<●●インターネット情報から●●> 『月刊ムー公式ウェブ ムーPLUS』より引用。 <地球の歴史に多種の異星人がかかわっている!「パルサー・プロジェクト」の真実> <カナダの要人が公言したUFOの存在> 「異星人はすでに地球を訪れている!」「われわれの…

「大地の重荷」=増えすぎた生類が戦争につながる、という構造が共通している。(1)

『マハーバーラタ入門』 インド神話の世界 沖田瑞穂 勉誠出版 2019/5/10 <『マハーバーラタ』> ・全18巻、約10万もの詩節より成る古代インド叙事詩『マハーバーラタ』。これは従兄弟同士の戦争物語を主筋とし、その間に多くの神話、説教、哲学が織り込まれ…