日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

2019-11-01から1日間の記事一覧

スコットランドではもう少し大きくて、人間ほどの身長があり、妖精の国エルフェイムからやってきては、人間をさらったり家畜の牛を殺したりするという。(14)

・「米国では、異星人情報は、『厳秘』処理でマスコミも手が出ない」、「映画のように米国大統領にも分からない」とよくいわれています。しかし、旧日本軍では、軍部での情報の取扱には秘密の重要度により5段階に区分し、上から「軍機」「軍極秘」「極秘」「…

スコットランドではもう少し大きくて、人間ほどの身長があり、妖精の国エルフェイムからやってきては、人間をさらったり家畜の牛を殺したりするという。(13)

・[メン・イン・ブラック][MIB]に関してなのか、欧米では、コンタクティが関係する殺人事件や命を狙われた事件があったそうです。日本でも昔から「異人殺し」という伝説もあったようですが。 「UFOは、フリーメーソンの創作」という説もあるようです。UFO…

スコットランドではもう少し大きくて、人間ほどの身長があり、妖精の国エルフェイムからやってきては、人間をさらったり家畜の牛を殺したりするという。(12)

・インターネットで「同性愛者」と検索してみると「近年の多くの英米の調査では人口の2―13%(50人に1人から8人に1人)の割合で同性愛者が存在していると言われている。性的少数者は、おおよそ概念上で少数者とされているものであり、実際はそれほど少…

スコットランドではもう少し大きくて、人間ほどの身長があり、妖精の国エルフェイムからやってきては、人間をさらったり家畜の牛を殺したりするという。(11)

・情報の流れといいますとYou Tubeがかなりの影響を与えているようです。「百聞は一見にしかず」です。非常に豊富な奇妙で不思議な動画が見られます。真偽のほどは分かりませんが、とにかく奇妙な動画が豊富です。近未来ではテレビを見る時間が減り、You Tub…

スコットランドではもう少し大きくて、人間ほどの身長があり、妖精の国エルフェイムからやってきては、人間をさらったり家畜の牛を殺したりするという。(10)

『地底人王国』 (エリック・ノーマン) (大陸書房)1969年 <地球空洞説> ・地球空洞説、デロという悪魔的人類。 ・スカンジナビアの伝説は、北のかなたにあるという常夏の集団ウルチマ・トゥーレについて伝える。 < 地下世界の異質人類(巨人、超人、小…

スコットランドではもう少し大きくて、人間ほどの身長があり、妖精の国エルフェイムからやってきては、人間をさらったり家畜の牛を殺したりするという。(9)

『ジョージ・アダムスキー』 不朽の叡智に照らして ゲラード・アートセン アルテ 2012/10 <金星人「ヤムスキ」> ・ジョージ・アダムスキーは1965年4月23日(聖ジョージの祝日)に亡くなった時には74歳でしたが、彼の人生の謎がその日で終わることはありま…

スコットランドではもう少し大きくて、人間ほどの身長があり、妖精の国エルフェイムからやってきては、人間をさらったり家畜の牛を殺したりするという。(8)

『UFO原理と宇宙文明』 (太田竜) (日経企画出版社) 1991/6 <米政府の極秘文書は4種類の異星人を挙げている> ・クーパーによれば、米政府の極秘文書は4種類の異星人を挙げているという。一つは、米政府、MJ―12が協定を結んだ相手であるラージノー…

スコットランドではもう少し大きくて、人間ほどの身長があり、妖精の国エルフェイムからやってきては、人間をさらったり家畜の牛を殺したりするという。(7)

『日本人が知らない『人類支配者』の正体』 船井幸雄・太田龍 ビジネス社 2007/10 <なぜ、『聖書』から異星人に関する記述が削除されたのか> <イルミナティもフリーメーソンも力をなくしている> ・アヌンナキは地球人をエゴの塊にした存在なのですが、レ…

スコットランドではもう少し大きくて、人間ほどの身長があり、妖精の国エルフェイムからやってきては、人間をさらったり家畜の牛を殺したりするという。(5)

『天国の真実』 スザン・ワード (ナチュラルスピリット)2006/10/10 マシューが教えてくれる天国の生活 <自殺> スザン;自殺した人たちは違った扱いを受けるの? マシュー;どちらとも言えない。自殺者も他の到着者と同じように個別で愛情豊かな歓迎を受…

スコットランドではもう少し大きくて、人間ほどの身長があり、妖精の国エルフェイムからやってきては、人間をさらったり家畜の牛を殺したりするという。(4)

『日本編「死後世界地図」』 秋山眞人 (コスモトウーワン) 2006/11/30 <霊界情報は記号化されてやってくる> ・だいたい霊界では、こちらの世界にとって50年先のことがいま起こっているようです。ですから、能力者としては、それにアクセスして予知を行…

スコットランドではもう少し大きくて、人間ほどの身長があり、妖精の国エルフェイムからやってきては、人間をさらったり家畜の牛を殺したりするという。(3)

『未確認動物 UMA 大全』 並木伸一郎 Gakken 2012/2 <カッパ> <目撃地域と形態> ・“カッパ”は川や沼、淵に棲息するという、妖怪型の未確認動物だ。北は北海道から南は沖縄まで、この妖怪にまつわる伝説は、日本全土で語り継がれており、古くから実在…

スコットランドではもう少し大きくて、人間ほどの身長があり、妖精の国エルフェイムからやってきては、人間をさらったり家畜の牛を殺したりするという。(2)

『世界の伝説と不思議の図鑑』 サラ・バートレット エクスナレッジ 2015/2/25 <UFOホットスポット> ・UFOの目撃情報がいちばん多いのはアメリカ南西部だが、そこから遠く離れたオーストラリアのバラゴラン谷やチリのサン・クレメンテといった場所で…

スコットランドではもう少し大きくて、人間ほどの身長があり、妖精の国エルフェイムからやってきては、人間をさらったり家畜の牛を殺したりするという。(1)

『リトル・ピープル』 ピクシー、ブラウニー、精霊たちとその他の妖精 ポール・ジョンソン 創元社 2014/4/13 <リトル・ピープル> ・イギリス諸島で頻繁に目撃される妖精は、英語でリトル・ピープルとも総称される。その秘密は、遠い昔から人びとを大いに悩…