日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

2019-11-23から1日間の記事一覧

村人がもしこの方々に出会うと、そのまま地下の妖精国へ連れ去られると信じられた。あるいは、もっとおそろしいことに、夢の中で野猟に駆り出され、魔物にもてあそばれるのだという古老もいた。(7)

・「山に棲む老婆の怪『山婆』で「山姥」ともいわれる」とのことですが、身長が2メートル40センチもあり、異次元の長身の宇宙人、アストラル界の異人との関わりが窺われます。長身の大男の話は、『遠野物語』やその他の伝説にもよく出てくるようです。日本…

村人がもしこの方々に出会うと、そのまま地下の妖精国へ連れ去られると信じられた。あるいは、もっとおそろしいことに、夢の中で野猟に駆り出され、魔物にもてあそばれるのだという古老もいた。(6)

・「リゲル人と爬虫類人の交配人種が築いた国が現在の日本と中国であり、これは西洋の親類とは無関係に発展した」そうです。「欧米イルミナティは、日本のイルミナティは竜座人階層の下等な種の末裔であると主張している」と語られています。「世界や日本も…

村人がもしこの方々に出会うと、そのまま地下の妖精国へ連れ去られると信じられた。あるいは、もっとおそろしいことに、夢の中で野猟に駆り出され、魔物にもてあそばれるのだという古老もいた。(5)

『地球を支配するブルーブラッド 爬虫類人DNAの系譜』 スチュアート・A・スワードロー 徳間書店 2010/6/18 <リゲル 米政府と協定を結んだオリオン連盟リーダー> ・この集団は1954年に米国政府と協定を結び、彼らの技術と科学情報を米国に与えるのと引…

村人がもしこの方々に出会うと、そのまま地下の妖精国へ連れ去られると信じられた。あるいは、もっとおそろしいことに、夢の中で野猟に駆り出され、魔物にもてあそばれるのだという古老もいた。(4)

『妖怪になりたい』 水木しげる 河出書房新社 2003/5/20 <近藤勇と国境線> ・調布というところは、百姓の多いところで、僕は常に狭い土地の境界問題で頭をなやまされた。たとえば、右側の百姓は、茶の木から一尺という領有権をゆずらず、建具屋はそんなこ…

村人がもしこの方々に出会うと、そのまま地下の妖精国へ連れ去られると信じられた。あるいは、もっとおそろしいことに、夢の中で野猟に駆り出され、魔物にもてあそばれるのだという古老もいた。(3)

<●●インターネット情報から●●> ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)より <雪男> 雪男(ゆきおとこ)は、降雪の多い地方にいると言われているUMA(未確認動物)の総称である。 <概要> ヒマラヤ山脈のイエティ、ロッキー山脈のビッグフットなどを指…

村人がもしこの方々に出会うと、そのまま地下の妖精国へ連れ去られると信じられた。あるいは、もっとおそろしいことに、夢の中で野猟に駆り出され、魔物にもてあそばれるのだという古老もいた。(2)

<河童百態、百花繚乱!> ・先ほども述べた通り、岩手で妖怪と言えば—―荒俣さんはなぜかあまり評価されていないようだが――やはり『遠野物語』に欠かせないのではないだろうか。 ・わだかまる疑問を抱えたまま、我々は最初の取材先へ向かった。訊ねた先は、…

村人がもしこの方々に出会うと、そのまま地下の妖精国へ連れ去られると信じられた。あるいは、もっとおそろしいことに、夢の中で野猟に駆り出され、魔物にもてあそばれるのだという古老もいた。(1)

『アラマタヒロシの妖怪にされちゃったモノ事典』 アラマタ妖怪研究の集大成 ‼ 荒俣宏 秀和システム 2019/7/20 <マレビトたち> <たまにきて、こわがらせて、お土産を残して去る方々> ・ここでは、目に見えない恐ろしい力に対して、人間が最初にイメージ…