日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

2020-03-04から1日間の記事一覧

あの辺りの人たちは、「ネッシー」とか「ネス湖の怪獣」なんて呼ばず、「けだもの(beast)」、ゲール語で“beistean”と呼んでいた。(14)

・チェンジリングとは、「取り替え子」という意味です。ヨーロッパの民話で、妖精が人間の子供をさらった後に置いていく妖精の子供。転じて嬰児交換の意味でも用いられます。「取り替え子」の例は、昔から多くあり、異星人の直接的な末裔の存在は、特定のネ…

あの辺りの人たちは、「ネッシー」とか「ネス湖の怪獣」なんて呼ばず、「けだもの(beast)」、ゲール語で“beistean”と呼んでいた。(13)

・「宇宙の商人」とイスラエルが通商協定を結んでいるそうですが、どのような形でイスラエル国内で現れてきているのでしょうか。「エイリアン・エンジニアリング」も高度なものになるようです。「シリウス人は、別の非物質的存在の集団であるオハル評議会の…

あの辺りの人たちは、「ネッシー」とか「ネス湖の怪獣」なんて呼ばず、「けだもの(beast)」、ゲール語で“beistean”と呼んでいた。(12)

・「虚船の蛮女」はウンモ星人系列だったのかもしれません。近年、金髪碧眼のウンモ星人がヨーロッパの社会に浸透しているといわれています。文字も似ているそうです。米軍の情報関係者のリークによると「最初にグレイが来た。その後に金髪碧眼のノルディッ…

あの辺りの人たちは、「ネッシー」とか「ネス湖の怪獣」なんて呼ばず、「けだもの(beast)」、ゲール語で“beistean”と呼んでいた。(11)

『エイリアンの謎とデルタUFO』 (飛鳥昭雄・三神たける)(学研) 2003/5/27 <知られざるプラズマ戦闘機の開発とロズウェル事件の真相を暴露する!!> ・しかも異星人は一種類だけではないらしい。少なくとも4種類の異星人が存在する。具体的にそれらは、グ…

あの辺りの人たちは、「ネッシー」とか「ネス湖の怪獣」なんて呼ばず、「けだもの(beast)」、ゲール語で“beistean”と呼んでいた。(10)

『天使的宇宙人とのコンタクト』 2012年に再び戻ってくる ハワード&コニー・メンジャー 徳間書店 2007/7/19 <「私は金星から肉体波動を落として地球へやってきた」金星人女性クリスティーナの告白> ・クリスティーナは北欧系の白人で、明るいブロンドの髪…

あの辺りの人たちは、「ネッシー」とか「ネス湖の怪獣」なんて呼ばず、「けだもの(beast)」、ゲール語で“beistean”と呼んでいた。(9)

『私はアセンションした惑星から来た』 (金星人オムネク・オネクのメッセージ) (オムネク・オネク) (徳間書店) 2008/3 <金星人、火星人、土星人、木星人の特徴> ・現在、アーリア人という呼び名で多くの人々が知っている白色人種は、金星から来まし…

あの辺りの人たちは、「ネッシー」とか「ネス湖の怪獣」なんて呼ばず、「けだもの(beast)」、ゲール語で“beistean”と呼んでいた。(8)

『神々の予言』 (ジョージ・ハント・ウィリアムソン)(ごま書房)1998/9 <神になった「シータ・ユニバース」のエルダー> ・彼らは、物理的な世界に住む、物理的な肉体を持った生命体ではあったが、厳密に言えば、今の我々のような三次元の世界のみで生き…

あの辺りの人たちは、「ネッシー」とか「ネス湖の怪獣」なんて呼ばず、「けだもの(beast)」、ゲール語で“beistean”と呼んでいた。(8)

『UFOコンタクティー ジョージ・アダムスキー』 久保田八郎 訳 中央アート社 2010/12/10 <サイレンスグループの正体 ジョージ・アダムスキー> ・(訳注;UFO研究家やコンタクティーを脅迫し、UFO研究界を混乱させるサイレンスグループ(暗躍団体…

あの辺りの人たちは、「ネッシー」とか「ネス湖の怪獣」なんて呼ばず、「けだもの(beast)」、ゲール語で“beistean”と呼んでいた。(6)

『レムリアの真実』 (シャスタ山の地下都市テロスからのメッセージ) (オレリア・ルイーズ・ジョーンズ)(太陽出版)2007/5/18 <アガルタ・ネットワーク> ・レムリアの時代、現在カリフォルニア州となっている地域はレムリアの土地の一部でした。レムリ…

あの辺りの人たちは、「ネッシー」とか「ネス湖の怪獣」なんて呼ばず、「けだもの(beast)」、ゲール語で“beistean”と呼んでいた。(5)

『恐怖の世界大陰謀』 デーヴッド・アイク (三交社) 2008/12 <いわゆる「神々」について> ・この「神々」のうちの爬虫類種属、――部はドラコ(竜座)から来たと言われ、英単語draconian(過酷な)の語源ともなっているーが、異種交配の中心的な役割を担っ…

あの辺りの人たちは、「ネッシー」とか「ネス湖の怪獣」なんて呼ばず、「けだもの(beast)」、ゲール語で“beistean”と呼んでいた。(4)

<●●インターネット情報から●●> ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典) 並木伸一郎(なみき しんいちろう、1947年2月16日 - )は、日本の作家、超常現象研究家、怪奇現象研究家。東京都出身。 小学生時代に父親にUFOの本を買い与えられたことがきっかけ…

あの辺りの人たちは、「ネッシー」とか「ネス湖の怪獣」なんて呼ばず、「けだもの(beast)」、ゲール語で“beistean”と呼んでいた。(3)

『眠れないほど面白いUFO 9割方、これは本当だ!』 並木伸一郎 三笠書房 2015/11/28 <“異次元空間”から地球外エイリアンのUFO出現!> ・そして2015年6月29日、「プラズマF装置」は、さらなるポータルがこのテキサス州エルパソ上空で開いたのを検知し…

あの辺りの人たちは、「ネッシー」とか「ネス湖の怪獣」なんて呼ばず、「けだもの(beast)」、ゲール語で“beistean”と呼んでいた。(2)

<谷間や渓谷、低地> <いたずら好きの大騒ぎ> ・シェイクスピアが「夏の夜の夢」を書いた時、かれはクム・プカつまり、パックの棲む谷から、インスピレーションを得たのかもしれない。この谷はウェールズ地方のブレコン山地にある魔法の谷で、自然の精霊…

あの辺りの人たちは、「ネッシー」とか「ネス湖の怪獣」なんて呼ばず、「けだもの(beast)」、ゲール語で“beistean”と呼んでいた。(1)

『スコットランド』 ミステリー&ファンタジーツアー 石井理恵子、杉本優 新紀元社 2004/3/1 <スコットランド> ・なかでも特に興味深かったのは、宿泊したお城が、ゴーストが出るというので評判になっていたこと。日本だったら薄気味悪がられるためそうい…