日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2020-03-18から1日間の記事一覧

妖精物語の多くが、巨人その他の怪物について語っている。大きくて毛むくじゃらな北のトロールは、ビッグフットに似ている(嫌なにおいがするというビッグフットの特徴も持っている)。(11)

・「沖縄では、年間300冊近くの沖縄本が出版され、この店だけでも1万5000冊を取り扱っているのだという」とのことですが、「沖縄もの」の本は、他県の本よりも特に多いようです。日本の歴史上、激戦地になり多くの戦死者がでた太平洋戦争に関するものでも、…

妖精物語の多くが、巨人その他の怪物について語っている。大きくて毛むくじゃらな北のトロールは、ビッグフットに似ている(嫌なにおいがするというビッグフットの特徴も持っている)。(10)

・鈴鹿御前は「天女」だったのですが、「鬼」の集団の中にいたそうです。鬼のタイプの中には「人間タイプ」も混じっていたといわれます。「天女」はどこから来たのでしょうか。天国からか、異星か、分かりませんが、昔の伝説には「天女」がでてきます。シリ…

妖精物語の多くが、巨人その他の怪物について語っている。大きくて毛むくじゃらな北のトロールは、ビッグフットに似ている(嫌なにおいがするというビッグフットの特徴も持っている)。(9)

フラワーオブライフにも登場するマカバ。 六芒星の立体版でもあり、人類だれにも存在している幾何学のエネルギーシールドですが、深い自身の内部と繋がると、このマカバを発動させることができ、意識が宇宙空間や時空間を超えて自由に様々な世界を行き来でき…

妖精物語の多くが、巨人その他の怪物について語っている。大きくて毛むくじゃらな北のトロールは、ビッグフットに似ている(嫌なにおいがするというビッグフットの特徴も持っている)。(8)

『地球を支配するブルーブラッド 爬虫類人DNAの系譜』 スチュアート・A・スワードロー 徳間書店 2010/6/18 <リゲル 米政府と協定を結んだオリオン連盟リーダー> ・この集団は1954年に米国政府と協定を結び、彼らの技術と科学情報を米国に与えるのと引…

妖精物語の多くが、巨人その他の怪物について語っている。大きくて毛むくじゃらな北のトロールは、ビッグフットに似ている(嫌なにおいがするというビッグフットの特徴も持っている)。(7)

『うわさの人物』 心霊と生きる人々 加門七海 集英社 2010/3 <『普通の高校生がユタになるまで』(平博秋)(ユタ)> ・それは17歳のことだった。 ・母方のお祖母さんがカミンチュ(神人)だったんだから、きっと感じたんでしょうね。 <拝みの言葉は自然…

妖精物語の多くが、巨人その他の怪物について語っている。大きくて毛むくじゃらな北のトロールは、ビッグフットに似ている(嫌なにおいがするというビッグフットの特徴も持っている)。(6)

『妖怪の本』 異界の闇に蠢く百鬼夜行の伝説 学研 1999/3 <神々の領域からはみ出した者たち> ・妖怪とは何者か。日本民俗学の祖・柳田国男は「神々が零落した存在」と定義した。以来、学問的にはそういう説明になっている。 では、ここでいう”神”とはどん…

妖精物語の多くが、巨人その他の怪物について語っている。大きくて毛むくじゃらな北のトロールは、ビッグフットに似ている(嫌なにおいがするというビッグフットの特徴も持っている)。(5)

『神仙道の本』(秘教玄学と幽冥界への参入) (学研)2007/3 <山人界(天狗界)> <多種多様な天狗らの仕事と生活の実際> <高級山人が住まう壮麗な宮殿> ・山人とは山の神のことだが、天狗の異名として用いられることもある。「お山には善美を尽くした…

妖精物語の多くが、巨人その他の怪物について語っている。大きくて毛むくじゃらな北のトロールは、ビッグフットに似ている(嫌なにおいがするというビッグフットの特徴も持っている)。(4)

『鬼』 高平鳴海/糸井賢一/大木憲司/エーアイ・スクウェア (新紀元社)1999/8 <創造神とドラ息子> <伊吹(いぶき)弥三郎・伊吹童子> ・弥三郎の特殊能力;鉄の体、巨体 童子の特殊能力;不老長寿、仙術、怪力 出自;『御伽草子』『三国伝記』『仮名草…

妖精物語の多くが、巨人その他の怪物について語っている。大きくて毛むくじゃらな北のトロールは、ビッグフットに似ている(嫌なにおいがするというビッグフットの特徴も持っている)。(3)

<コロポックル アイヌ伝承/小人> ・《蕗の下に住む人》の意。アイヌ以前に北海道に住んでいたとされる小人で、アイヌ伝承に登場する。 住んでいたのは、北海道から樺太、南千島列島におよび、各地に伝承が残されている。蕗の下というのは、蕗を傘にしてい…

妖精物語の多くが、巨人その他の怪物について語っている。大きくて毛むくじゃらな北のトロールは、ビッグフットに似ている(嫌なにおいがするというビッグフットの特徴も持っている)。(2)

<『台湾風俗誌』の鬼神たちと、沖縄のキジムナー> ・「水鬼変城隍」は絵本や童話にもなっているが、問題になるのは、水鬼をどのようにビジュアル化するかという点である。日本の「河童」と違って、「水鬼」には固定したビジュアルイメージがない。 ・さて…

妖精物語の多くが、巨人その他の怪物について語っている。大きくて毛むくじゃらな北のトロールは、ビッグフットに似ている(嫌なにおいがするというビッグフットの特徴も持っている)。(1)

『妖精の教科書』 神話と伝説と物語 スカイ・アレクサンダー 原書房 2020/1/31 <妖精はいたずら好き> ・妖精はいたずら好きで気まぐれで裏切りも得意、人を助けることもあれば死に誘うこともある。ルールに縛られない自由さと危うさは、太古から人を惹きつ…