日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

2020-03-20から1日間の記事一覧

伊勢の祭神をヤマトタケルとみなせば、多くの謎が解けてくる。ヤマトタケルの正体は、ひとりの英雄などではなく、「タニハ連合」の王族たちであり、「タニハ連合の墓場」が、伊勢神宮だった。(8)

・この「家畜人ヤプー」という小説の「飛行島」とシャンバラのような「都市型の超巨大宇宙船」とは、何かイメージとしても相関があるのでしょうか。シャンバラも異次元に突入した「都市型の超巨大宇宙母船」ともいわれております。「家畜人ヤプー」は、SM…

伊勢の祭神をヤマトタケルとみなせば、多くの謎が解けてくる。ヤマトタケルの正体は、ひとりの英雄などではなく、「タニハ連合」の王族たちであり、「タニハ連合の墓場」が、伊勢神宮だった。(7)

<●●インターネット情報から●●> ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典) 『摩多羅神』 摩多羅神(またらじん、あるいは摩怛利神:またりしん)は、天台宗、特に玄旨帰命壇における本尊で、阿弥陀経および念仏の守護神ともされる。常行三昧堂(常行堂)…

伊勢の祭神をヤマトタケルとみなせば、多くの謎が解けてくる。ヤマトタケルの正体は、ひとりの英雄などではなく、「タニハ連合」の王族たちであり、「タニハ連合の墓場」が、伊勢神宮だった。(6)

『「日本の神さま」おもしろ小事典』 久保田裕道 PHP研究所 2008/11/22 <魔多羅神(またらじん)> <職人の神さまー後ろに潜む芸能神!> <一般の人はあまり目にすることのない神さま> ・実際に仏教では悟りの妨げになる神であるとされています。なぜそ…

伊勢の祭神をヤマトタケルとみなせば、多くの謎が解けてくる。ヤマトタケルの正体は、ひとりの英雄などではなく、「タニハ連合」の王族たちであり、「タニハ連合の墓場」が、伊勢神宮だった。(5)

『宇宙からの黙示録』 オイカイワタチとは何か 目覚めよ、日本のワンダラーたち! 渡辺大起 徳間書店 1982/1 <オイカイワタチという特別な役割> ・(本書原本の刊行当時は、1982年。) ・その日、その時、地球を覆うほどに膨大な数の“宇宙船”と“空飛ぶ円盤…

伊勢の祭神をヤマトタケルとみなせば、多くの謎が解けてくる。ヤマトタケルの正体は、ひとりの英雄などではなく、「タニハ連合」の王族たちであり、「タニハ連合の墓場」が、伊勢神宮だった。(4)

『人類の祖先は宇宙人である』 (ミン・スギヤマ)(第一企画出版)(1993年) <一番科学的でないのは科学者自身> <科学者はアインシュタインを裏切りたくない> ・光速度を超える光が近年各地で観測されていることや、光速度を超える速度で飛来してきた…

伊勢の祭神をヤマトタケルとみなせば、多くの謎が解けてくる。ヤマトタケルの正体は、ひとりの英雄などではなく、「タニハ連合」の王族たちであり、「タニハ連合の墓場」が、伊勢神宮だった。(3)

『失われた徐福のユダヤ人「物部氏」の謎』 飛鳥昭雄 三神たける 学研 2011/5/11 <ニギハヤヒ命> ・読むとわかるが、ここに描かれたニギハヤヒ命は、まさに大王である、記紀においてはまったく無視された降臨神話がドラマチックに描かれている。すなわち、…

伊勢の祭神をヤマトタケルとみなせば、多くの謎が解けてくる。ヤマトタケルの正体は、ひとりの英雄などではなく、「タニハ連合」の王族たちであり、「タニハ連合の墓場」が、伊勢神宮だった。(2)

『日本を不幸にした藤原一族の謎』 関裕二 PHP研究所 2006/10/1 <近衛文麿> ・元首相・細川護熙の外祖父・近衛文麿は、泣く子も黙る藤原北家の嫡流である。その近衛文麿が昭和天皇の前で足を組んで平然としていたというのは、有名な話。 ではなぜ、この…

伊勢の祭神をヤマトタケルとみなせば、多くの謎が解けてくる。ヤマトタケルの正体は、ひとりの英雄などではなく、「タニハ連合」の王族たちであり、「タニハ連合の墓場」が、伊勢神宮だった。(1)

『神社が語る古代12氏族の正体』 関祐二 祥伝社 2014/7/2 <日本の古代史は、『日本書紀』の編者によって改竄された。> <神社の「本当の姿」を見極める> ・天皇家の祖神を祀る神社は、なぜ大和から遠く離れた伊勢につくられたのか。三種の神器のひとつで…