日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

2020-04-25から1日間の記事一覧

このような倍率の高さから、中国は史上最悪の就職難に直面しています。(15)

・中国のハードランディング論も増えているようです。どこまで経済統制が効果を持続するのか分かりません。どこかで統計数字の大きな乖離が表面化しそうです。10年程前は「保八」という「年8%成長を維持できなければ、中国は失業者でメルトダウンする」とい…

このような倍率の高さから、中国は史上最悪の就職難に直面しています。(14)

・トランプ大統領も異星人にはアバブ・トップシークレットのようです。異星人がアバブ・トップシークレットをアメリカ政府に要求したのかもしれません。神と悪魔の理論的、実際的な混乱は、情報操作により歴史上、随所に見られるといわれます。「フリーメイ…

このような倍率の高さから、中国は史上最悪の就職難に直面しています。(13)

・街中を歩いて見てみると、さまざまな社会問題が頭に浮かびます。確かに街中は、10年前の街中と大変違ってきているそうです。外国人観光客の姿もいたるところで見られるようになっています。しかしながら、街中の人々の生活状態は、大きく格差が開いている…

このような倍率の高さから、中国は史上最悪の就職難に直面しています。(12)

『エコノミスト 2016.4.19』 <識者7人が採点 黒田日銀3年の評価> <70点 失業率低下が政策の正しさを証明 2%未達は消費税増税が原因 (高橋洋一)> ・この3年の日銀を評価する基準は2つある。失業率とインフレ率だ。 まず完全失業率は3.3%(2月時点)ま…

このような倍率の高さから、中国は史上最悪の就職難に直面しています。(11)

<極端な話、無税国債は返さなくていい借金> ・個人金融資産は1500兆円あるのだから、750兆円を無税国債に置き換えるというのは、夢の話ではない。ちょっと頑張れば可能なことなのである。 750兆円を税金で徴収しようと思えば、大変である。消費税率を10%…

このような倍率の高さから、中国は史上最悪の就職難に直面しています。(10)

<「オークンの法則」> ・オークンの法則は、GDPと失業率には密接な関係があり、経済成長しなければ失業者が増えるという理論である。成長しなければ人々の満足度も豊かさも高めることはできないという因果モデルは、経済学では動かしがたいテーゼだ。 …

このような倍率の高さから、中国は史上最悪の就職難に直面しています。(9)

<人間の心の「悪魔」を利用した毛沢東> (石平)矢板さんが先にふれたノーベル平和賞の劉暁波が自伝のようなものを書いています。彼が子供のとき、悪い分子にされた実父を仲間の少年たちと一緒にいじめたのだと。 彼曰く、結局自分たちの心のなかにもそう…

このような倍率の高さから、中国は史上最悪の就職難に直面しています。(8)

『「知の衰退」からいかに脱出するか?』 そうだ!僕はユニークな生き方をしよう!! 大前研一 光文社 2009/1/30 <「ウェブ2.0」時代の大前流「情報活用術」> ・私が述べたいのはネットをうまく利用すれば、リアル世界の知の衰退に巻き込まれるのを防げる…

このような倍率の高さから、中国は史上最悪の就職難に直面しています。(7)

<ホテルの単価向上は2030年目標達成に不可欠> ・前著『新・観光立国論』でも、日本には世界の富裕層たちが宿泊して、そのサービスに満足してお金を落としていく「高級ホテル」がないということを、データに基づいて指摘させていただきました。 日本国内で…

このような倍率の高さから、中国は史上最悪の就職難に直面しています。(6)

『未来を透視する』(ジョー・マクモニーグル) FBI超能力捜査官 (ソフトバンク・クリエイティブ)2006/12/21 <気象変動> ・来るべき気象変動により、2008年からこの台風の発生回数は増えていくと私は、予想している。とくに2011年は過去に例を見ない…

このような倍率の高さから、中国は史上最悪の就職難に直面しています。(5)

<2065年 世界の人口は103億人、65歳以上の人口は2015年の3.2倍の19億人に> <2065年 高速道路の料金徴収が満了> <2100年 上昇し続ける世界の気温> ・100年後には4.8°Cも上がり氷河や海氷面積が激減 ⁉ (気候変動と地球温暖化問題のこれから)世界がこ…

このような倍率の高さから、中国は史上最悪の就職難に直面しています。(4)

<メガトレンド 権力の拡散 アメリカを始め欧米各国の力が衰え、世界は「覇権国家ゼロ」状態に> ・2030年までには、国際社会の権力構造も大きく変わります。権力は「独占」状態から「分散」されていくようになります。具体的には、発言権を持つ国家の数が増…

このような倍率の高さから、中国は史上最悪の就職難に直面しています。(3)

<マッキンダーの「予言」> ・20世紀初頭、マッキンダーは次のように述べた。 「中国は世界の自由にとっての黄禍となるかもしれない。巨大な大陸の資源に加えて海洋正面(フロンテージ)を持つだろうからである。それはロシアが持ち得ない優位性である」 10…

このような倍率の高さから、中国は史上最悪の就職難に直面しています。(2)

(「空巣青年」の「孤独経済」) ・第三の現象は、「空巣青年」の増加である。 ・日本語の「空き巣」とは無関係で、親元を離れて大都市で一人暮らしをしている若者のことだ。 <2021年 中国共産党100周年で「貧困ゼロ」に> ・北京から農村に追放されて貧し…

このような倍率の高さから、中国は史上最悪の就職難に直面しています。

『清華大生が見た最先端社会、中国のリアル』 夏目英男 クロスメディア・パブリッシング 2020/2/28 <中国の過去と未来、そしてイマ> ・2000年7月、私は両親の仕事の都合上、中国・北京に移住しました。当時の中国は改革開放真っ只中で、外国人も少なく、皆…