日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2020-05-10から1日間の記事一覧

人が死ぬたびにつくり直すのを手間に感じた女媧は、人間に生殖機能をつけて婚姻制度を整えさせたといい、そのため女媧は今でも婚姻の女神として崇められている。(18)

・「スウェーデンのスヴェーデンボリの霊界旅行は有名ですし詳細のようだといわれます。 人類型異星人の起源は、琴座周辺からやって来た異星人ですが、ほかにプレアデス星団やアルデバランの生物も混ざっているといわれます。 古代・地球には異星から知的生…

人が死ぬたびにつくり直すのを手間に感じた女媧は、人間に生殖機能をつけて婚姻制度を整えさせたといい、そのため女媧は今でも婚姻の女神として崇められている。(17)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・世界の神話には共通性があるといわれます。神々も進化した異星人として、世界的に共通の特徴があるといわれます。中国も異人や神人の伝承の豊富な歴史を持っているといわれます。 ただ、モンスター・タイプ…

人が死ぬたびにつくり直すのを手間に感じた女媧は、人間に生殖機能をつけて婚姻制度を整えさせたといい、そのため女媧は今でも婚姻の女神として崇められている。(16)

「北極の神秘主義」 (ジョスリン・ゴドウィン) (工作舎)1995/9/1 <アーリア主義と神智学> ・ブラヴァツキーの「ベールを剥がれたイシス」には、かってヒマラヤ山脈の北の中央アジアー「現代の科学が、人類の揺籃であったと完全に認められている地域―に…

人が死ぬたびにつくり直すのを手間に感じた女媧は、人間に生殖機能をつけて婚姻制度を整えさせたといい、そのため女媧は今でも婚姻の女神として崇められている。(15)

「日本の中のユダヤ文化」 (久保有政) (学研)2008/1/1 聖書に隠された神道のルーツと極東イスラエルの真相 <「エフライム族」の王族> ・ 日本の風習・言語・伝統・歴史・文化などは、古代日本にイスラエル人がやってきたことを示している。とくにイスラ…

人が死ぬたびにつくり直すのを手間に感じた女媧は、人間に生殖機能をつけて婚姻制度を整えさせたといい、そのため女媧は今でも婚姻の女神として崇められている。(14)

「秘教真義」 (ドーリル)霞ヶ関書房1975/1/1 <地球内奥部と青色人> ・「『では、この道路に沿ってもっと遠いところまで行ってみよう。そして、青色人種の実体をみてみよう』 ゼロンが言い終わると、セートンは急速にこの道路を落下させられたように感じ…

人が死ぬたびにつくり直すのを手間に感じた女媧は、人間に生殖機能をつけて婚姻制度を整えさせたといい、そのため女媧は今でも婚姻の女神として崇められている。(13)

「神々と獣たち」 ダスティー・スクラー著(大陸書房)1988/4/1 <デミウルゴス> ・「中世の有名なグノーシス派であるカタリ派は、旧約聖書の神エホバを物質の世界を創造したデミウルゴスと同一のものとみなし、従って悪魔と同じものとみたのであった。グノ…

人が死ぬたびにつくり直すのを手間に感じた女媧は、人間に生殖機能をつけて婚姻制度を整えさせたといい、そのため女媧は今でも婚姻の女神として崇められている。(12)

「宇宙人と地球人の超真相」 (深野一幸)(徳間書店)1997/10/1 「大統領に会った宇宙人」 フランクス・E.トレンジス(たま出版)1996/12/1 ・地球を観察するビクター・シリーズの宇宙船287機。日本を監視する29機が配置されているという。 <大統領…

人が死ぬたびにつくり直すのを手間に感じた女媧は、人間に生殖機能をつけて婚姻制度を整えさせたといい、そのため女媧は今でも婚姻の女神として崇められている。(11)

「あの世の存在に活かされる生き方」 (パット・クビス&マーク・メイシー)(徳間書店)1999/7/1 ・「プラトンは、生きている私たちが死者で、本当に生きているのは死んだ人たちなのだと主張しましたが、その考えは正しかったのかもしれません」。 ・「アス…

人が死ぬたびにつくり直すのを手間に感じた女媧は、人間に生殖機能をつけて婚姻制度を整えさせたといい、そのため女媧は今でも婚姻の女神として崇められている。(10)

「口語訳 遠野物語」 (柳田国男) (河出書房新社)2014/7/8 <山田の蜃気楼> ・海岸の山田では、毎年蜃気楼が見えます。いつも外国の景色だということです。 それは、見たこともない都会のようすで、道路をりっぱな馬車がひっきりなしにとおり、人の往来…

人が死ぬたびにつくり直すのを手間に感じた女媧は、人間に生殖機能をつけて婚姻制度を整えさせたといい、そのため女媧は今でも婚姻の女神として崇められている。(9)

(物語5巻22章、神示の方舟) ・王仁三郎は、2度目の大洪水では滅ぶものは何もなかったと言っている。それでも、大洪水の前は神人で、大洪水の後に人間なるものが生まれたと言っているので、猿族と蟹族が人間の祖となったのだろう。では猿族と蟹族が天足彦と…

人が死ぬたびにつくり直すのを手間に感じた女媧は、人間に生殖機能をつけて婚姻制度を整えさせたといい、そのため女媧は今でも婚姻の女神として崇められている。(8)

「幽真界研究」 (刺使河原大鳳) (山雅房) 2002/1/1 『異境備忘録』釈義 <初めて明かされた神仙界の全体像> ・第一の根本神界、つまり最高次元の神界は北極紫微宮という、天之御中主神をはじめとする別天神五柱が鎮まる。 ・第二は、神集岳神界(神集大…

人が死ぬたびにつくり直すのを手間に感じた女媧は、人間に生殖機能をつけて婚姻制度を整えさせたといい、そのため女媧は今でも婚姻の女神として崇められている。(7)

日本編「死後世界地図」 秋山眞人 (コスモトウーワン)2006/11/1 <霊界情報は記号化されてやってくる> ・だいたい霊界では、こちらの世界にとって50年先のことがいま起こっているようです。ですから、能力者としては、それにアクセスして予知を行なうこ…

人が死ぬたびにつくり直すのを手間に感じた女媧は、人間に生殖機能をつけて婚姻制度を整えさせたといい、そのため女媧は今でも婚姻の女神として崇められている。(6)

<地球の内側に住む人々> ・地球中心部と内部には、大昔に他の世界や宇宙から来た太古の文明人が大勢住んでいます。彼らは、アセンションを遂げた意識か状態にいますが、なかにはある程度の物理的状態に留まっている人たちもいます。大部分が5次元と6次元…

人が死ぬたびにつくり直すのを手間に感じた女媧は、人間に生殖機能をつけて婚姻制度を整えさせたといい、そのため女媧は今でも婚姻の女神として崇められている。(5)

<りゅう座人(ドラコ) このレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティ> ・地球の月は、永劫の昔、レムリア大陸への入植の時代に、軌道上に設置されたりゅう座人の宇宙船である。分断して征服することを画策する彼らは、リゲルとともに海を沸騰させたり…

人が死ぬたびにつくり直すのを手間に感じた女媧は、人間に生殖機能をつけて婚姻制度を整えさせたといい、そのため女媧は今でも婚姻の女神として崇められている。(4)

『世界史と西洋占星術』 ニコラス・キャンピオン 柏書房 2012/8/1 <19世紀 神智学的啓蒙主義> ・アリス・ベイリーは、教会の日曜学校で教師をしていて、後に熱心な神智学者となった。彼女の関心の多くは、シュタイナーと共通するものである。彼女はまた、…

人が死ぬたびにつくり直すのを手間に感じた女媧は、人間に生殖機能をつけて婚姻制度を整えさせたといい、そのため女媧は今でも婚姻の女神として崇められている。(3)

<「世紀の大発見」!? 冷凍ビッグフット> ・2008年8月15日、アメリカ、カリフォルニア州バロアルトから世界に向けての驚愕のニュースが発せられた。なんと、ジョージア州北部の森林地帯でビッグフットの死体が発見されたというのだ。身長210センチ、体重は2…

人が死ぬたびにつくり直すのを手間に感じた女媧は、人間に生殖機能をつけて婚姻制度を整えさせたといい、そのため女媧は今でも婚姻の女神として崇められている。(2)

『江戸幻獣博物誌』 妖怪と未確認動物のはざまで 伊藤龍平 青弓社 2010/10 <「山人の国」の柳田國男> <柳田國男の山人論> ・昔々、越後の国の話。魚沼郡堀之内から十日町へと超える山道を、竹助という若者が大荷物を背負って歩いていた。 ・道も半ばを過…

人が死ぬたびにつくり直すのを手間に感じた女媧は、人間に生殖機能をつけて婚姻制度を整えさせたといい、そのため女媧は今でも婚姻の女神として崇められている。(1)

『ゼロからわかる中国神話・伝説』 かみゆ歴史編集部 イースト・プレス 2019/8/23 <中国の神話> ・日本では中国には神話がないというイメージをもつ人が多い。日本神話やギリシャ神話のような系統だった物語がなく、多くの神話が散逸しているためだ。 ・か…