日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

2020-06-21から1日間の記事一覧

「東京の荒川って、大丈夫かなァ。この荒川が氾濫する時が近づいている気がしてならない」。(10)

・「失政」が増えている時代に、私たち一般人は、政治意識を高めていく必要があるそうです。「改革が遅れているのは本当に優れた官僚や政治家が登用されていないからだ」といわれます。「昔から政治が一番遅れている。票の請負業のようなもの」といわれます…

「東京の荒川って、大丈夫かなァ。この荒川が氾濫する時が近づいている気がしてならない」。(9)

・インターネット情報によると、「外国人労働者の受け入れ拡大 改正案に懸念 三重県 2018/11/9」 「外国人労働者の受け入れ拡大に向けた入国管理法の改正案について、三重県の鈴木知事は8日「女性や障がい者などの雇用の場が奪われることになっては困る」と…

「東京の荒川って、大丈夫かなァ。この荒川が氾濫する時が近づいている気がしてならない」。(8)

『闘う政治』 手綱を握って馬に乗れ 長妻昭 講談社 2008/9/18 <民間企業の常識と、永田町や霞が関の常識が余りにもかけ離れている> ・35歳、生まれてはじめて献金をいただいたとき、驚き、そして感動した。政治家は信用できない職業―。政治家を目指す中で…

「東京の荒川って、大丈夫かなァ。この荒川が氾濫する時が近づいている気がしてならない」。(7)

<研究開発費は世界第3位で、でも1人あたりで見ると「世界第10位」> ・では、少し視点を変えて、「1人あたり」で考えてみましょう。日本の1人あたり研究開発費は1344.3ドルで、世界10位。ドイツの1313.5ドルイドとほぼ同じとなっています。アメリカは1人あ…

「東京の荒川って、大丈夫かなァ。この荒川が氾濫する時が近づいている気がしてならない」。(6)

<日本を救う10の処方箋> 【戦略的に縮む】 1・「高齢者」を削減。新たな年齢区分で計算する。増え続ける「高齢者」の数を減らしてしまうのだ。 2・24時間社会からの脱却 3・非居住エリアを明確化 4・都道府県を飛び地合併 5・国際分業の徹底 【豊かさを維…

「東京の荒川って、大丈夫かなァ。この荒川が氾濫する時が近づいている気がしてならない」。(5)

<戦争を避けるために避難する人々> ・近年では争いが起きた国内にとどまる、あるいは国境を越えずに避難生活を送っている。 <爆発的に増加し続ける世界各国の難民> ・国連ではUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)を立ち上げ、世界128か国がこの救済…

「東京の荒川って、大丈夫かなァ。この荒川が氾濫する時が近づいている気がしてならない」。(4)

<こんな業務でも紙の書類が消えていく!> ・政府が普及を進めているマイナンバーカード。生駒市でも普及に尽力し、全国800近い市・特別区の中で第8位の交付率となっていますが、日本全体で見ると交付率はわずか10.7%。 ・前述したエストニアでは、15歳以…

「東京の荒川って、大丈夫かなァ。この荒川が氾濫する時が近づいている気がしてならない」。(3)

『聖書と宇宙人』 クロード・ボリロン (ユニバース出版社)1980年 <リラ(琴座)の別の世界> ・やがて機体がかすかに揺れ、私たちは、出口に向かった。そこで、私が目にしたものは、信じられないほどう痛苦しい天国のような光景だった。その素晴らしさを…

「東京の荒川って、大丈夫かなァ。この荒川が氾濫する時が近づいている気がしてならない」。(2)

『幸福への近道』 松原照子 主婦と生活社 2011/7/8 <不思議な世界の人々> ・私だけが今は、お会いできている不思議な世界の皆様方のお話をいたしましょう。 何故そうなのかを知ろうとしても分からない事柄の事を「不思議」と人々はいいます。 私が体験して…

「東京の荒川って、大丈夫かなァ。この荒川が氾濫する時が近づいている気がしてならない」。(1)

『月刊ムー 7月/2020 No.476』 <『緊急傾向‼ 松原照子の未来予言』 文月ゆう> <東京オリンピック2020延期と新型ウイルスによるパンデミックの大世見が的中‼ > ・東日本大震災を予言したことで、多くの人の注目を集めるようになった松原照子氏。じつはそ…