日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2020-08-11から1日間の記事一覧

その惑星は本当にすばらしい桃源郷のようなところであった。現地での滞在は丸2日間(約48時間)であったが、地球に帰ると2、3時間しか経過していなかった。(18)

・第2次世界大戦後、米国に飛来した金髪碧眼のノルディックと小柄なグレイは、金髪碧眼のアーリア支配種と遺伝子的に劣化した、いく種かの亜人類でしょうか。リークされた情報によると金髪碧眼のノルディックはプレアデス星人だそうですが、いろいろと説が…

その惑星は本当にすばらしい桃源郷のようなところであった。現地での滞在は丸2日間(約48時間)であったが、地球に帰ると2、3時間しか経過していなかった。(17)

・このような時代になって「宇宙人は実在するのかどうか」と真面目に議論している学者がいるのが不思議だそうです。眼に見えない世界は、死後の世界の精霊界と同じで、通常は認識されません。が、チャネラーなどの情報で、一般の人々にも、おぼろげながら、…

その惑星は本当にすばらしい桃源郷のようなところであった。現地での滞在は丸2日間(約48時間)であったが、地球に帰ると2、3時間しか経過していなかった。(16)

・天竺(インドの旧名)との異界も昔から繋がっていたようなのです。インド神界もシリウス星人とか、オリオン星人系列の神々もいたのかもしれません。映画『男はつらいよ』シリーズの場所となった「柴又帝釈天」がありますが、帝釈天(インドラ)のマハーバ…

その惑星は本当にすばらしい桃源郷のようなところであった。現地での滞在は丸2日間(約48時間)であったが、地球に帰ると2、3時間しか経過していなかった。(15)

・世界中にある、見えたり、見えなかったりする「妖怪」の実体も、オリオンETグループが実験生物として創ったのかもしれません。しかし、今なお、底層4次元にモンスター・タイプが生存しているともいわれます。神ではないオリオンETグループが創ったUM…

その惑星は本当にすばらしい桃源郷のようなところであった。現地での滞在は丸2日間(約48時間)であったが、地球に帰ると2、3時間しか経過していなかった。(14)

『天孫降臨 / 日本古代史の闇』 神武の驚くべき正体 コンノケンイチ (徳間書店) 2008/12/8 <シリウス星系(龍)対オリオン星系(牡牛)> ・世界各地の神話や伝説を調べると、BC4000~3000年ごろ「牛神」と「龍神」という2種の異星人が地球に…

その惑星は本当にすばらしい桃源郷のようなところであった。現地での滞在は丸2日間(約48時間)であったが、地球に帰ると2、3時間しか経過していなかった。(13)

『矢追純一のUFO大全』 (矢追純一) (リヨン社) 2006/6 <「ついに、軍と宇宙人の共同プロジェクトが・・・」> <アバブ・トップ・シークレット(最高機密の上にランクされる領域)> ・グルームレイク近くのS-4区域には地下30階に及ぶ巨大な施設があ…

その惑星は本当にすばらしい桃源郷のようなところであった。現地での滞在は丸2日間(約48時間)であったが、地球に帰ると2、3時間しか経過していなかった。(12)

『薔薇と謎の秘密結社』 (桐生操)(KKベストセラーズ)1994/4 <小説家ブルワー・リットンが発表した「来るべき民族」> ・ミュンヘン大学の地政学教授の地位にあったハウスホーファーは、「魔人」と呼ばれるほどの能力を持ったオカルト主義者だった。ハ…

その惑星は本当にすばらしい桃源郷のようなところであった。現地での滞在は丸2日間(約48時間)であったが、地球に帰ると2、3時間しか経過していなかった。(11)

『聖杯の守護者』 復活した古代ケルトの聖石 (グラハム・フィリップ&マーティン・キーツマン) (中央アート出版社) 2006/10/10 <超自然の知性> <続く3年間、ジョン・エーヴィスとスージーは不思議な夢を見始める> ・催眠下でジョン・エーヴィスは不…

その惑星は本当にすばらしい桃源郷のようなところであった。現地での滞在は丸2日間(約48時間)であったが、地球に帰ると2、3時間しか経過していなかった。(10)

『オカルティズム事典』 (アンドレ・ナタフ)(三交社)1998/7 <アガルタ、世界の中心=ナチとトゥーレ> ・<世界の中心>という考え方はギリシア文化、ヘブライ文化の中に見出される。それは、オカルティズムの中にも存在する。 ・この「アガルタ」とい…

その惑星は本当にすばらしい桃源郷のようなところであった。現地での滞在は丸2日間(約48時間)であったが、地球に帰ると2、3時間しか経過していなかった。(9)

『仙境往来』 (神界と聖地) (田中文雄)(春秋社) 2002/12 <「洞天内の建物と住人」 > ・さて、この洞天のなかで暮らすことができるのは、どんなひとであろうか。住人は、かって道徳的に優れたことをした人々である。 ・地下主者とは、「地下主者に三…

その惑星は本当にすばらしい桃源郷のようなところであった。現地での滞在は丸2日間(約48時間)であったが、地球に帰ると2、3時間しか経過していなかった。(8)

<祈りを受けた神のお返しもの> ・その一方で、「もし、神に対して失礼な言葉、間違った言葉や作法をしようものなら、人間の祈りは決して神にとどかず、神を冒とくしたことになって、その反動が必ず祈る人間に返ってくる」ともいいます。カムイノミはそれだ…

その惑星は本当にすばらしい桃源郷のようなところであった。現地での滞在は丸2日間(約48時間)であったが、地球に帰ると2、3時間しか経過していなかった。(7)

『神仙道の本』(秘教玄学と幽冥界への参入) (学研)2007/3 <神仙界の構造> <神仙が住まう天の霊界と地の霊界> ・世界には目に見える物質的世界(顕界)と目に見えない霊的な世界(幽冥界・幽界)があると説いている。 ・極陽に近い部分が天の霊界(天…

その惑星は本当にすばらしい桃源郷のようなところであった。現地での滞在は丸2日間(約48時間)であったが、地球に帰ると2、3時間しか経過していなかった。(6)

『エイリアンの謎とデルタUFO』 (飛鳥昭雄・三神たける)(学研) 2003/5/27 <グレイは地球産UMAだ> ・とくに、グレイは日本人にとっては非常に馴染みが深い動物であるといってもいい。日本でもグレイは住んでいるからだ。昔から日本人はグレイをし…

その惑星は本当にすばらしい桃源郷のようなところであった。現地での滞在は丸2日間(約48時間)であったが、地球に帰ると2、3時間しか経過していなかった。(5)

『絵でみる江戸の妖怪図巻』 善養寺ススム、江戸人文研究会 廣済堂出版 2015/9/3 <キジムナー 琉球伝承> ・ガジュマル、赤榕、福木、栴檀の古木に棲むと言われる精霊。 姿は様々で、髪は肩まであり、全身が赤い子供、または小人で、手は木の枝のようだとも…

その惑星は本当にすばらしい桃源郷のようなところであった。現地での滞在は丸2日間(約48時間)であったが、地球に帰ると2、3時間しか経過していなかった。(4)

<森町の環状列石と私の夢> ・北海道一の規模、森町にある環状列石は、過去に拘束道路建設のため破壊の危機がありました。 ある日、運転手兼同行者としてアイヌの友人に連れられ、森町の役場、教育委員会に赴きました。アイヌの彼は、そこで「俺の先祖の墓…

その惑星は本当にすばらしい桃源郷のようなところであった。現地での滞在は丸2日間(約48時間)であったが、地球に帰ると2、3時間しか経過していなかった。(3)

『光速の壁を越えて』 今、地球人に最も伝えた[銀河の重大な真実] ケンタウルス座メトン星の【宇宙人エイコン】との超DEEPコンタクト エリザベス・クラーラー ヒカルランド 2016/4/30 ・【宇宙人エイコン】の子供を産み、メトン星で4か月の時を過ごしたエリ…

その惑星は本当にすばらしい桃源郷のようなところであった。現地での滞在は丸2日間(約48時間)であったが、地球に帰ると2、3時間しか経過していなかった。(2)

<「トクナガ文書」と「1960年大変動」騒動> <1960年大変動」騒動> <1960年1月、産経新聞の記事から始まった> ・まず、1960年1月29日、産経新聞「話題パトロール」欄が、「CBAの情報」の記事を掲載した。前掲の『宇宙友好協会(CBA)の歩み』によ…

その惑星は本当にすばらしい桃源郷のようなところであった。現地での滞在は丸2日間(約48時間)であったが、地球に帰ると2、3時間しか経過していなかった。(1)

『日本のオカルト150年史』 日本人はどんな超常世界を目撃してきたのか 秋山眞人 布施泰和 河出書房新社 2020/2/22 <空飛ぶ円盤 アメリカで報告され、米軍が研究機関を設立> ・そのようなときに、海外から飛び込んできたのが、UFOの目撃ニュースである…