日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2020-08-21から1日間の記事一覧

少なくとも世界標準並みのGDP2%程度の防衛予算を配当し、有事には国民の1%程度が戦える正規軍と予備役からなる通常戦力も必要になる。(14)

・「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けた、と」いわれます。フリーメーソンと進化した宇宙人の繋がりに言及した書籍は少ないようです。「また、彼らは人類の創造者でもあります。シリウス星からやって…

少なくとも世界標準並みのGDP2%程度の防衛予算を配当し、有事には国民の1%程度が戦える正規軍と予備役からなる通常戦力も必要になる。(13)

・ミディアム(霊媒)により、霊界の実在が実感できるし、ミディアム(霊媒)体質の人も多くいると主張されています。もちろん、日本にもいるといわれます。臨死体験を通じてミディアム(霊媒)の能力が目覚めたりするようです。英国には、スピリチュアリス…

少なくとも世界標準並みのGDP2%程度の防衛予算を配当し、有事には国民の1%程度が戦える正規軍と予備役からなる通常戦力も必要になる。(12)

・5兆円という限られた防衛予算で、抑止力のない高価な通常兵器を少数そろえるのでは、費用対効果の点からも問題にされるといわれます。大地震や大津波の対策と並行して、核シェルターも増やしていく必要があるといわれます。また小火器の備蓄も必要といわれ…

少なくとも世界標準並みのGDP2%程度の防衛予算を配当し、有事には国民の1%程度が戦える正規軍と予備役からなる通常戦力も必要になる。(11)

『日本人が知らない『人類支配者』の正体』 船井幸雄・太田龍 ビジネス社 2007/10 <なぜ、『聖書』から異星人に関する記述が削除されたのか> <イルミナティもフリーメーソンも力をなくしている> ・アヌンナキは地球人をエゴの塊にした存在なのですが、レ…

少なくとも世界標準並みのGDP2%程度の防衛予算を配当し、有事には国民の1%程度が戦える正規軍と予備役からなる通常戦力も必要になる。(10)

『失われたメシアの神殿『ピラミッド』の謎』 飛鳥昭雄、三神たける 学研 2010/1 <秘密組織フリーメーソン> ・預言者の組織を「フリーメーソン」という。今日、世に知られる秘密結社としてのフリーメーソンは近代フリーメーソンである。1717年にイギリスで…

少なくとも世界標準並みのGDP2%程度の防衛予算を配当し、有事には国民の1%程度が戦える正規軍と予備役からなる通常戦力も必要になる。(9)

『プレアデス・ミッション』 (ランドルフ・ウィンターズ) (たま出版) 1997/12 <「パラレルワールド(平行世界)に住む」> ・プレアデス星人の祖先である古代リラ人の兵士たちがアザエルに率いられ、住むべき星を求めてさまよったとき、ちょっとした間…

少なくとも世界標準並みのGDP2%程度の防衛予算を配当し、有事には国民の1%程度が戦える正規軍と予備役からなる通常戦力も必要になる。(8)

『河童・天狗・神かくし』 (松谷みよ子)(立風書房)1985 <山の神などによる神隠し> ・ある時、この部落の小さい女の子がふっとかき消すようにいなくなった。部落総出で探してみても、いっこうに手がかりはない。幾日かたって、また、ふっと現われた。そ…

少なくとも世界標準並みのGDP2%程度の防衛予算を配当し、有事には国民の1%程度が戦える正規軍と予備役からなる通常戦力も必要になる。(7)

『続 スピリチュアリズム入門』 高級霊訓が明かす霊的心理のエッセンス&霊的成長の道 (心の道場) <宇宙人の存在とその様子> <異次元の物質世界> ・高級霊の霊界通信は、宇宙に関する驚くような事実を明らかにしています。それは同じ物質世界でありな…

少なくとも世界標準並みのGDP2%程度の防衛予算を配当し、有事には国民の1%程度が戦える正規軍と予備役からなる通常戦力も必要になる。(6)

<ダンカン、ヘレン 1897-1956> ・降霊術の集いで軍事機密をばらしたとされる降霊術師。その内容は、戦死したイギリス兵が最も近しい親族に話しかけてきたものだった。結果として1944年3月、彼女は中央刑事裁判所において、1735年制定の魔術法違反で裁かれ…

少なくとも世界標準並みのGDP2%程度の防衛予算を配当し、有事には国民の1%程度が戦える正規軍と予備役からなる通常戦力も必要になる。(5)

<利口な生き物たち> ・「国家とは、抽象概念が作りだした記号のひとつにすぎない。つかみどころのない形而上のその国家を、戦争の真犯人呼ばわりしてどうする。世間にはもっと、利口な生き物がいる。彼らは国家と呼ばれる架空世界を隠れ蓑に、その架空国家…

少なくとも世界標準並みのGDP2%程度の防衛予算を配当し、有事には国民の1%程度が戦える正規軍と予備役からなる通常戦力も必要になる。(4)

『成功していた日本の原爆実験』――隠蔽された核開発史 ロバート・ウィルコックス(著)、 矢野義昭(翻訳) 勉誠出版 2019/8/1 <CIA機密調査が、日本の核開発はとん挫したという定説を覆す> ・1945年8月12日早朝、北朝鮮興南沖にて海上爆発に成功していた ・…

少なくとも世界標準並みのGDP2%程度の防衛予算を配当し、有事には国民の1%程度が戦える正規軍と予備役からなる通常戦力も必要になる。(3)

『日米秘密情報機関』 「影の軍隊」ムサシ機関長の告白 平城弘通 講談社 2010/9/17 <日米秘密情報機関は生きている> ・「ムサシ機関」とは、陸幕第二部別班、通称「別班」のことを指す。昭和47~48年ごろ、共産党の機関紙「赤旗」によって、秘密謀略組織「…

少なくとも世界標準並みのGDP2%程度の防衛予算を配当し、有事には国民の1%程度が戦える正規軍と予備役からなる通常戦力も必要になる。(2)

<安全保障を成立させる4つの方法> ・脅威に対して価値を守る手段として次にあげるような4つの方法があるように思えます。 失って困るような価値は最初から持たない 脅威(敵)をなくす。または敵の力、意志を弱める 被害を被っても、その被害を最小限に食…

少なくとも世界標準並みのGDP2%程度の防衛予算を配当し、有事には国民の1%程度が戦える正規軍と予備役からなる通常戦力も必要になる。(1)

『核拡散時代に日本が生き延びる道』 独自の核抑止力の必要性 元陸将補 矢野義昭 勉誠出版 2020/3/31 <日米などが配備しているMD(ミサイル防衛)システムも万全ではなくなってきている> 核保有は最も安く確実な抑止力 反日中朝の核脅威は高まり、米国の…