日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2020-10-24から1日間の記事一覧

UFO説――数ヵ月前からこの近辺の上空に正体不明の火球が飛んでいた。もしそれがUFOで、テント近くに着陸してエイリアンが降りてきたら、どんな剛毅な人間でもパニックになって逃げだすだろう。(7)

・現代においてもビッグフットやサスカッチのような「獣人」を「空飛ぶ円盤」からオリオンETグループが降ろしているといわれています。 オーストラリアでは「獣人」は「ヨーウィ」といわれ、現代でも遭遇事件が報告されているそうです。UMA(未確認動物…

UFO説――数ヵ月前からこの近辺の上空に正体不明の火球が飛んでいた。もしそれがUFOで、テント近くに着陸してエイリアンが降りてきたら、どんな剛毅な人間でもパニックになって逃げだすだろう。(6)

『「宇宙人と地球」の超真相!』 工学博士 深野一幸 (徳間書店) 1997/10 <オスカー・マゴッチの「深宇宙探訪記」の分析(宇宙の霊的存在)> ・「宇宙の霊的存在」 肉体を持たない様々な意識体(霊的生命体)を、マゴッチの情報で分類してみると。 1、 …

UFO説――数ヵ月前からこの近辺の上空に正体不明の火球が飛んでいた。もしそれがUFOで、テント近くに着陸してエイリアンが降りてきたら、どんな剛毅な人間でもパニックになって逃げだすだろう。(5)

『世界のUFO現象FILE』 並木伸一郎 学研パブリッシング 2011/3 <古代コンタクト事件の記憶> <羽衣伝説> ・静岡市三保の松原には有名な羽衣の松がある。ここはこの地方に古くから伝わる羽衣伝説の舞台だが、伝説にちなんだ名所旧跡は多い。だが、その…

UFO説――数ヵ月前からこの近辺の上空に正体不明の火球が飛んでいた。もしそれがUFOで、テント近くに着陸してエイリアンが降りてきたら、どんな剛毅な人間でもパニックになって逃げだすだろう。(4)

『河童の文化誌』 和田寛 岩田書院 2012/2 <平成8年(1996年)> <河童の同類とされている座敷童子(ざしきわらし)> ・ザシキワラシ(座敷童子)については柳田國男の『遠野物語』によって知られていたところである。 <アメリカのニューメキシコ州の異…

UFO説――数ヵ月前からこの近辺の上空に正体不明の火球が飛んでいた。もしそれがUFOで、テント近くに着陸してエイリアンが降りてきたら、どんな剛毅な人間でもパニックになって逃げだすだろう。(3)

<カナダの獣人サスカッチ> ・カナダ北西部のブリティッシュ・コロンビア州からユーコン河流域にかけての山岳地帯では昔から、正体不明の獣人が目撃されている。地元のインディアンが「サスカッチ」と呼び、身長2~3メートルの巨人で、全身に灰褐色の毛が生…

UFO説――数ヵ月前からこの近辺の上空に正体不明の火球が飛んでいた。もしそれがUFOで、テント近くに着陸してエイリアンが降りてきたら、どんな剛毅な人間でもパニックになって逃げだすだろう。(2)

『妖獣バニヤップの歴史』 オーストラリア先住民と白人侵略者のあいだで 藤川隆男 刀水書房 2016/8/17 <バニヤップ> ・民俗学的研究はふつう、対象とする民族や集団のさまざまな文化活動を記録しようとします。しかし、ドリーミングの意義が強調されると、…

UFO説――数ヵ月前からこの近辺の上空に正体不明の火球が飛んでいた。もしそれがUFOで、テント近くに着陸してエイリアンが降りてきたら、どんな剛毅な人間でもパニックになって逃げだすだろう。(1)

『中野京子の西洋奇譚』 中野京子 中央公論新社 2020/9/8 <●ハーメルンの笛吹き男> <「まだら男」に連れられて姿を消した子どもたち> ・ドイツの代表的観光ルート「メルヒェン街道」は、グリム兄弟が生まれた中部ハーナウを起点に北へのぼり、音楽隊で有…