日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2020-12-15から1日間の記事一覧

2018年の時点で、米国のジョンズ・ホプキンス大学が新型コロナウイルスの出現を予見し、警鐘を鳴らしていたことが広く知られている。(9)

・シャンバラに関する説も色々ありますが、エーテル界に突入した「都市型の超巨大宇宙母船」という説もあるそうです。目に見えない非常に細かい粒子の世界、エーテル界は、現代科学では解明できない世界ですが、昔から神智学などで語られているようです。そ…

2018年の時点で、米国のジョンズ・ホプキンス大学が新型コロナウイルスの出現を予見し、警鐘を鳴らしていたことが広く知られている。(8)

『何かが空を飛んでいる』 稲生平太郎 国書刊行会 2013/11/25 <異界の言葉―テオドール・フルールノワ『インドから火星へ』> ・たとえば、1895年夏には、アメリカの霊媒スミード夫人の許に、死者の霊を通して火星の住民に関する啓示が届いた。いっぽう、そ…

2018年の時点で、米国のジョンズ・ホプキンス大学が新型コロナウイルスの出現を予見し、警鐘を鳴らしていたことが広く知られている。(7)

『光のアカシャ・フィールド』 超スピリチュアル次元の探究 よしもと ばなな × ゲリー・ボーネル 徳間書店 2009/7/23 <エイリアンは我々にテクノロジーを与えてくれます> ・-今、よしもとさんが言った話は、異次元から来る異次元人みたいな感じでしょうか…

2018年の時点で、米国のジョンズ・ホプキンス大学が新型コロナウイルスの出現を予見し、警鐘を鳴らしていたことが広く知られている。(6)

『クローン人間にYes!』 (ラエル) (無限堂)(日本ラエリアン・ムーブメント)2002/10/7 「本書は私達が未来に向かって前進をするための手引書」 <(クロード・ボリロン・ラエル)> ・1946年フランス生まれ。当時カーレーサーであった彼は、1973年12…

2018年の時点で、米国のジョンズ・ホプキンス大学が新型コロナウイルスの出現を予見し、警鐘を鳴らしていたことが広く知られている。(5)

<巨大すぎる詐欺さからこそ見過ごされる> ・日本銀行は国の機関ではなく民間企業です。それなのに、原価20円の1万円紙幣を銀行などに貸し出して莫大なおカネを稼いでいるのです。また日銀は400兆円の国債を所有していますが、これも自分たちが刷った紙幣と…

2018年の時点で、米国のジョンズ・ホプキンス大学が新型コロナウイルスの出現を予見し、警鐘を鳴らしていたことが広く知られている。(4)

『略奪者のロジック』 響堂雪乃 三五館 2013/2/21 <おそらく真理は清廉よりも、汚穢の中に見出されるのだろう> <グローバリズム> ・グローバリズムという言葉は極めて抽象的なのだが、つまるところ16世紀から連綿と続く対外膨張エリートの有色人種支配に…

2018年の時点で、米国のジョンズ・ホプキンス大学が新型コロナウイルスの出現を予見し、警鐘を鳴らしていたことが広く知られている。(3)

『終末社会学用語辞典』 響堂雪乃 編 / 飯山一郎 監修 白馬社 2016/2/16 <崩壊社会の構造とメカニズムの解明> <ディストピア> ・[構造的暴力] 資本と国家が人権蹂躙を共同し、何もなかったかのようにばっくれること。 ・原発事故は収束するどころか終末…

2018年の時点で、米国のジョンズ・ホプキンス大学が新型コロナウイルスの出現を予見し、警鐘を鳴らしていたことが広く知られている。(2)

『フェルドマン教授の未来型日本経済最新講義』 ロバート・フェルドマン 文藝春秋 2020/8/27 <フェルドマン式未来型経済のポイント> ◉生産性の高いIT人材を育成する ◉技術革新が経済復興のカギ ◉国のお金は公共投資、研究開発費、教育費へ ◉大学生の海外…

2018年の時点で、米国のジョンズ・ホプキンス大学が新型コロナウイルスの出現を予見し、警鐘を鳴らしていたことが広く知られている。(1)

『ポストコロナの経済学』 8つの構造変化のなかで日本人はどう生きるべきか? 熊谷享丸 日経BP 2020/7/2 <テレワークが当たり前になり通勤ラッシュ「教科書に載る日」が来る> ・人類の感染症との闘いは長期化することに加えて、ポストコロナの時代は、そ…