UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

勿論、官僚である以上は、陽界の官僚社会と同じく、陰界の官僚社会にも、賄賂や汚職も存在すると考えられている。(6)

 

 

『地球一切を救うヴイジョン』

白峰   徳間書店     2008/11/30

 

 

 

<西洋でもルシファーは堕天使とかサタンとか言われていますけど、実はルシファーは光の存在>

イルミナティの優秀な神官やシャーマンの一族は、血族結婚というか、その同族でずっと子供をつくり、種を守っている。そして、太陽信仰なのです。神様のご神託、例えばギリシャだったらアポロのご神託がありますが、上からの命令で、宇宙的なスピリチュアルな存在で、歴史を全部動かしてきたのが、イルミナティなんです。

 

フリーメーソンは、イルミナティ王族などトップの人たちの神殿をつくったり、下働きをする人たちのことです。現場の作業員みたいな集団なんです。だから石屋(いしや)と言うんです。

 

フリーメーソンで言っているルシファー信仰は、いい悪いは別として、完璧な選民思想なんです。我々のグループだけはどんな時代になっても常にワンワールド(世界国家、統一政府)をつくっていくと。ところが、イルミナティにいきますと、我々の存在は、地球人じゃなくて、宇宙の崇高な生命進化をつかさどったんだとしている。だから、アヌンナキとか、異星人による地球文明創成説は、実はフリーメーソンじゃなくてイルミナティのほうなんです。

 

・ルシファーの起源も2通りあります。例えば、京都の鞍馬山のサナトクマラは魔王尊と呼ばれていますけれども、地球で言えば、すばらしい光の存在なんです。西洋でもルシファーは堕天使とかサタンとか言われていますけど、実はルシファーは光の存在なんです。秘密結社のイルミナティが信仰対象としています。その一方で、フリーメーソンでは、ルシファーを世の中を制裁する神としてとらえている。

 この制裁の神というのは、日本で言えば例えば、閻魔大王であったり、死神であったり、それから国常立神(くにとこたちのかみ)もそうですね。結局、世の中を清めて、建てかえる。

 

<インディゴ・チルドレン>

・インディゴ・チルドレンと呼ばれる常識では測れないような子供達がどんどん増えています。こうした現象は、真実の歴史から考えれば、日本人にとっては何の不思議もありません。

 天孫降臨の伝説では、日本民族はそれこそ天浮舟(あまのうきふね)で宇宙から降りてきたという伝記があるわけで、宇宙に一番近い民族は日本人なんですね。日本民族は例外なく全部ハイブリッドですからね。在日宇宙人問題こそ真剣に考えなければならない時期かもしれません。

 

 

 

『2012年にパワーをもらう生き方』 セドナUFOコネクション

リチャード・ダネリー  徳間書店  2009/9

 

 

 

<指揮官アシュタール>

・クウェッツアルによれば、アシュタールは本命をアルスィークと言い「最も高等なギゼー知性体」と呼ぶ者の従兄弟にあたりギゼーの知性体はしばしばセミヤーゼのグループと対立しているのだという。

クウェッツアルはまた、アシュタールの一派がアドルフ・ヒトラーの後ろ盾だったという、かなり奇抜な主張を唱える。アシュタールが常に愛についてキリストの教えについて話そうとしている事実に照らして考えると、これは相当大胆な主張である。実はアシュタールは、かってイエスであった存在は現在「サナンダ」と名乗っており、アシュタールとともに彼の宇宙船に住んでいる、と言っているのである。さらにクウェッツアルはファティマの奇跡を起こしたのもアシュタールの一派であるという。もしそれが本当ならアシュタールがヒトラーの後援者であったという主張とまったく相容れない。

 

・ビリー・マイヤーと接触のあるプレアデス星人、「セミヤーゼの一派」がアシュタール及び「高度に進化した者」と対立していることは確実と思われる。

 

 

 

図解雑学 『世界の天使と悪魔』

 藤巻一保  ナツメ社   2009/9/5

 

 

 

<天使と悪魔の世界は広大だ>

・天使という存在は、狭い意味では「アブラハムの宗教」(ユダヤ教キリスト教イスラーム教)に登場し、神のお告げをもたらしたり、神の軍団として悪の勢力と戦ったりしている「神の御使い」を指す。

 

・たとえば仏教から発した密教では、天地宇宙のすべては大日如来から派生したとし、大日如来以外のすべての仏菩薩や神々は、みな大日如来の化身とみなす。また、『法華経』では、一切の仏菩薩や神々は、唯一絶対の釈迦如来の分身・分流だと説いている。この考え方に立てば、根源仏(天地宇宙の源である大日如来、ないしは釈迦如来)の分身として宇宙に現れ、根源仏の理想とする仏国土を創出するために働いている仏神は、みな天使とみなすこともできる。

 

・もっともアブラハムの宗教やイランのゾロアスター教などでは、一方で悪を独立した原理のようにとらえてもきた。宇宙史や人類史とは「神=光」と「悪魔=闇」の闘争史であり、最後には悪が滅ぼされて神の国が実現するという考え方だ。これに対し、仏教神道などは、まったく違う考え方をする。魔は存在するが、絶対的な魔や悪があるとは考えていない。神の働きのうちの一部が、ときに悪魔的な相貌をとるだけなのである。

 

<天狗、是害坊   人を超える力を得た山の使い>

<当初は仏教を守護する存在だった>

・はじめは箒星のような異常現象を天狗(アマツキツネ)と呼んだ(『日本書紀』)。平安期には護法童子、金剛童子と呼ばれる仏法守護の童子が天狗とされた。

・今日のように山神であるとか国津神の使徒で、その姿が山伏姿となるのは、中世以降である。山に籠った山伏が、人を超える験力を得て山神と合一するという修験の概念が天狗の属性と重なり、山伏=天狗のイメージが定着したためだ。

 

<中国からきた天狗、是害坊>

・中世の絵巻、『是害坊絵詞』には、中国から渡ってきた是害坊と呼ばれる魔天狗が、わが国の魔王尊天狗の拠点である愛宕山にわたり悪業を重ね、比叡山の僧侶の法力によって封じられる様が描かれている。

 

山岳信仰と天狗>

・天狗は山伏姿で赤ら顔、鳥のクチバシで表現されることが多い。本来は中国渡来の魔物である天狗だが、山岳信仰を主なものとする修験道の影響を受け、次第に土着の山の神と化していった。

 

<堕天使 悪に染まった天使たち>

<堕天使とは何か>

・堕天使とは、堕落した天使、天上世界から落下した天使たちの総称だが、さて、堕落とは何だろうか?堕落の内実として考えられてきたものには大きく分けて2つある。1つは人間の女への欲情で、『エノク書』に説かれた。もう1つは神からの離反である。離反説には、自由意志によって神から物理的に離れて落ちた(自然落下に近い)、自由意志によって愛を優先したという2つの理由が考えられている。自己愛は驕りや嫉妬を生み、アダム、イエス、さらには神自身もを敵と見なすようになる。このような堕天使が悪魔と同一視されるようになっていく。

 

<悪の原因としての堕天使>

・なぜ天使が堕落せねばならなかったのか?歴史的に考えれば、ヤーウェの神格が天上に押し上げられて全知全能という属性を与えられた時、この世に悪が存在する原因が必要になったから、ということになるだろう。悪は神によって引き起こされるものではなく、神の被造物が自由意志によって巻き起こした混乱である、と説明するため。いわば神義論のためだ。

・神に一番近い存在だった天使ルシファー。だが慢心したルシファーは神になりかわろうと天国で反乱を起こす。大天使ミカエルとの闘いに敗れた彼は地獄に落とされ、彼に味方した天使たちもまた堕天使となった。

 

トリックスター的な神、ヘルメス>

・多少とも天使に近いイメージの存在として、ヘルメス(ローマ神話ではメルクリウス)を挙げることもできる。ゼウスと妖精マイアの子と言われ、半神的存在である。好機の神で、商人や盗賊を庇護する。翼のついたサンダルと帽子を身に着け、行動も思考も素早い。トリックスター的な神とも言える。ギリシア神話の中で神々の使者の役目をしばしば務めている。

 

・また、プシュコポンポス=魂を導く者として死者を冥界に送り届けるとされており、これも天使風だ。このような、魂を冥界に導くという役目を持つ下位の神は、いろいろな神話で見られることがある。ちなみに、キリスト教の伝統の中では、ヘルメスは異教の神なので、悪魔扱いされたようである。

 

<『ロキ 善悪では測れない神』>

<悪魔に擬せられた北欧のトリックスター

トリックスターはペテン師・道化師にして英雄という両面的価値を持つ神的な存在のことである。トリックスターは禁忌を破り、世界を変革する契機となるようなさまざまな動きを見せるため、時として悪神の顔を持っているように見える。ゲルマン神話のロキは現在ではトリックスターとして知られるが、キリスト教世界で悪魔のように見なされてきたという歴史を持つ。

 ロキはしばしばトールやオーディンというゲルマン神話の中心的な神々と行動を共にしているが、厄介ごとを引き起こすのを常としている。そしてその厄介ごとを収拾するために何かしら創造する。ただしその創造には不吉さ、不完全さがまとわりついている。

 

北欧神話を代表する神々。オーディンは万物の創造主として、トールはオーディンの子で雷や戦争を司る神といわれる。

 

<ルシファー 神への反逆によって天から堕ちた堕天使>

<ルシファーの誕生>

・原始キリスト教では、悪魔の起源を考察し、堕天使であるということに落ち着いていった。イエスは(私はサタンが落ちるのを見た)と語る。天上の宮廷の一部を占めていた天使の1人サタンは、そこから放りだされたのである。そして悪魔の軍隊を組織して、人間に取り憑くなどして苦しめ、神の威光に抵抗しているが、キリストの到来によってその力は弱められた、と考えた。

 

キリスト教では『エノク書』の、天使が女に欲情して地に降りたという説を退け、高慢によって堕落したという説を採った。

 

<ケルブとしてのルシファー>

・オリゲネスはさらに、『エゼキエル書』でテュロス(フェニキアの首都)の君主について語った言葉も堕天使=悪魔のことだと考えた。もとはケルブとして造られた無垢な存在で、神の聖なる山にいたのだが、「お前の心は美しさのゆえに高慢となり/栄華のゆえに知恵を堕落させた」ので滅ぼされて灰になってしまった、という内容である。このことからルシファーはケルブの1人だったとされた。

 

<アンチキリスト>

<終末の前に出現する正体不明の破壊者>

<イエスの名を騙る者>

・イエスは、終末の前触れとして、メシアを騙る者が現れることを予言する。偽のメシアは奇蹟的なわざで人々を惑わし、そこから苦難の時代が始まるが、最後まで耐え忍ぶ者は救われると言う(『マタイ福音書』)。この言葉から(アンチキリスト)という応用の幅の広い悪魔の概念が広がっていくことになる。

 パウロは書簡の中でさらに具体的に述べている。サタンの働きによって不法の者、滅びの子が出現し、自分こそは神であると宣言する、と(『テサロニケ2』)

 また、ヨハネは書簡の中で、アンチキリストという言葉を初めて使い、自分たちが脱退した集団をアンチキリストと見なしている。

 

<迫害者と異端者>

・こうしてアンチキリストに2つのイメージが与えられることになった。イエスやパウロの言葉に拠れば、奇蹟に見えることを行い、キリストを騙る、誰か1人の者だ。ヨハネに拠れば、信仰の否定者、また妨害者、異端者で、複数でもかまわない。両者に折り合いをつけるため、後の神学では最終の超自然的アンチキリストの前に、多数の人間のアンチキリストが現れるとした。

 

ネフィリム 悪霊がこの世にはびこる理由>

<『創世記』の亀裂を埋める物語>

・『創世記』には、神の子らが美しい人の娘たちを妻にしたために、ネフィリムという大昔の名高い英雄たちが属する種族が生まれた、というエピソードがある。だが、その直後にいきなり、地上に人の悪が増したことに心を痛めた神が、ノアを除いて人間を滅ぼそうとしたことが語られている(いわゆる洪水神話)。この奇妙な断絶に目を留めた者が、亀裂を埋めるため、ネフィリム神話を語り替えた。それがアゼザルの項で取り上げた、『エノク書・寝ずの番人の書』が描き出す見張りの天使の堕落の物語である。

 

・その筋書きによれば、神の子とは堕落した天使で、そのために世界には悪があふれた。しかもその人間と天使の間に生まれた巨人ネフィリムは英雄どころではなく、大食らいだったので、穀物などを食べ尽くすと、すべての生き物を食べ始め、しまいには人間を食い、互いの肉を食らいあった。この惨状を知った神は、ガブリエルに、ネフィリムを互いに殺し合わせて滅ぼせと命じる。さらに洪水によって悪人を滅ぼし、世界を一新しようとする。

 

<滅ぼされた巨人たちが悪霊>

・こうして『エノク書』の作者は『創世記』に整合性をもたらした。しかも同時に、外から来る悪(自然災害・疫病など)の起源をも説明する。すなわち、滅ぼされたネフィリムたちの霊が悪霊になり、女たちは魔女になったのだと。

 だが、この整合性のある悪の由来は、キリスト教ではほとんど問題にはされなかった。『エノク書』の一部『巨人の書』がマニ教の正典となったために、知られざる外典となったこともあるが、性的な話題を嫌うキリスト教ではあまり受けの良い説ではなかったのである。

 

 

 

『プレアデス・タントラ・ワークブック』

 性エネルギーを通して魂に目覚める

アモラ・クァン・イン  ナチュラルスピリット  2009/8/4

 

 

 

<ヘルメスとの出会い>

・数年間、シリウスの姉妹たちと、そして最終的にはシリウスの大天使たちとともに働いた後、ある日、睡眠中にとても大きな光の存在が私に挨拶してきました。彼が「ヘルメス」と名乗り、シリウスの大天使たちの代表者だと言いました。ヘルメスがさまざまな事柄について、話すときには光輝く男性と女性両方のイメージを持っています。それは、ヘルメスが男女両性を持つ存在だからです。女性の存在として現われるときには、「レイアラ」という名前を使います。男性の姿で現れるときは、ヘルメスという名です。ヘルメスについては、私は、便宜上男性の話ことばを使うことにします。

 

・ヘルメスが初めて現れたとき、古代の霊的な教師であり、ギリシアとエジプトのピラミッドで錬金術の原理を教えたヘルメス・トリスメギスタスと彼は同じ存在なのかどうかを私は、尋ねました。ヘルメス・トリスメギスタスというのは、はるか昔に彼全体に溶けこんだ意識のかすかな閃光にすぎないと彼は言いました。ちょうど私が観音の小さな一部分であるようにヘルメス・トリスメギスタスは大天使ヘルメスの一部分なのです。

 

 

 

『FBI超能力捜査官マクモニーグル

「遠隔透視」部隊の現実 (並木伸一郎・宇佐和通) (学研)2007/2

 

 

 

<幽霊のハンス>

・幽霊もよく見る。亡くなった妻の母も会いにきた。陸軍時代、ドイツでも幽霊を見た。長旅を終えて新しい宿舎に着いた夜のことだ。洗濯をしようと地下に行ったが、どの部屋が洗濯室なのか分からずうろうろしていると、年老いたドイツの男性と出くわした。ドイツ人だと分かったのは、民族衣装を着ていたからだ。

 

・彼に『洗濯室はどこです』かと尋ねると『ああ、こっちだよ。ついて来なさい』といわれ、『ここだよ』と、部屋まで案内してもらった。私は、礼を言って洗濯を始めたが、目をあげると、彼の姿はもうなかった。

 

・私は、ドアと彼の間に立っていたから、彼が出て行くのに気付かないはずはない。不思議に思って、あちこち探したが見当たらなかった。

 

・同僚たちの部屋に向かう途中で、ふと当り前のことを思い出した。そこは情報関係の建物で、ドイツ人が出入りできるわけがないのだ。部屋に入って、『あのドイツ人は誰だ?』と聞くと『ああ、それは幽霊のハンスだよ』と、あっさりいわれた。部隊では有名な幽霊だったようだ。悪さをしないが、頻繁に姿を見せるという。

 

・現れたり消えたりしながら、アメリカ兵とのコミュニケーションを楽しむらしいのだ。その建物に取り付いているのだろう。ドアを開け閉めすることや、あるいは皆がいる部屋に入ってきたり、ポーカーをしているテーブルの脇でじっとしていることもあった。兵士の一人が怒って灰皿を投げつけたら、灰皿はハンスの体を通り抜けて壁に当たった。

 

 

 

『大いなる秘密』   (レプティリアン爬虫類人

(デーヴィッド・アイク)  (三交社)   2000/8

 

 

 

<シャンバラと呼ばれる都市を主都とする地下王国「アガルタ」>

・「ヒトラーについていけ!彼は踊るだろう。笛を吹くのは私だ」のエッカルトと、「死の天使」ヨーゼフ・メンゲレヒトラーを精神操作。

 

・スカンディナヴィアの伝説によると、ウルティマ・トゥーレは、太陽の沈むことなき極北の楽園であり、アーリア人の祖先たちの故郷であったと言われている。ヒュペルボーリアが水没し始めたとき、ヒマラヤ山脈の地下に高度な科学技術を持っていたアーリア人たちは、地殻にトンネルを掘り抜き、ヒマラヤ山脈の地下に巨大な地底都市を建設したのだった。これはのちに、シャンバラと呼ばれる都市を主都とする地下王国「アガルタ」として知られるようになった。少なくともトゥーレ協会の人々はそう信じていた。ペルシア人たちは、その地域をアーリアナと呼んでいたが、これは「アーリア人の土地」という意味である。

 

ナチスの教義では、アガルタの人々が「善者」で、シャンバラが「悪者」ということになっている。この両勢力の争いは、何千年も続いており、ナチスは、アガルタの「善者」たちと同盟して、「悪者」のシャンバラが操る「フリーメーソンシオニスト」と戦っていた。少なくともナチス自身はそのように信じていたのだ。

 

・非常に長期にわたるこの争いは、「火星由来のアーリア人対アヌンナキ・レプティリアン」の戦いだったのではないのだろうか?彼らは最初、火星上で戦いを繰り広げ、続いて戦場を月に移し、さらに地球へと下りて争いを続けた。アーリア支配種との接触を果たさんとしたヒトラーは、この地下世界への入口を見つけ出そうと躍起になっていたが、「死の天使」ヨーゼフ・メンゲレによる精神操作を受けていた彼は、事実上レプティリアンの繰り人形であった。