読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

これからの新しい時代をささえる中核のテクノロジーは、まちがいなくフリーエネルギーの活用です。(5)

 

 

『〔宇宙人と地球人〕の超真相!』

 地球に危機が迫っている!

(深野一幸) (徳間書店)   1997/10

 

 

 

<地球人と関係の深い宇宙人の情報>

<1、 琴座(リラ)星人>

 

・琴座は、地球が存在する銀河系宇宙における人間型生命体の発祥地という。琴座(リラ)星人は、人間型の肉体を持つ最初の所属で、地球人と関係のあるシリウス星人、オリオン星人、プレアデス星人、ベガ星人、ゼータ・レチクル星人などは、みな琴座星人の子孫という。

 

<2、 ベガ星人>

・琴座星人と対極的な種族が生まれて発達した。これが、ベガ星人で、琴座星人を陽性文明とするとベガ星人は、陰性文明という。両者の間に争いが絶えなかった。

 

<3、シリウス人>

・琴座のシリウス人には、もともと肉体を持たないシリウス人(第5密度以上)がいた。超能力の意識により物質領域や非物質領域など波動密度の異なる複数の領域を作り、シリウス人の長老たちと呼ばれた。

 

・琴座星人とベガ星人が争っていた時代、双方を代表するものたちが統合を目指してシリウスに入植した。そのうち、ベガ星人は、物質レベルの星に移住し、霊性を否定し、支配欲の強いネガティブなシリウス人となった。

 

・ネガティブなシリウス人の文明が発展していたとき、琴座からポジティブなシリウス人との間に紛争が起こった。そのためにシリウス人の長老たちが介入し、紛争の移転先を推した。その移転先がオリオンである。

シリウスには、シリウスの長老、ポジティブなシリウス人、ネガティブなシリウス人と多様な意識形態が存在している。

 

<地球文明に大きな影響を与えているシリウス

・地球から8.7光年の距離の大犬座にある星で、地球から二番目に近い恒星。ポジティブなシリウス人は、通常、地球人の目には見えないが、地球人の前に任意に物質化して姿を現すことができる。現れたり消えたりする存在であるため、古代人はシリウス人を神のように崇めた。

 古代エジプト王朝において、目に見えないシリウス人の意識が第三波動レベルの地球に、古代エジプトの神々(イシス、オシリス、アヌビスなど)に化身して出現した。

 

シリウス人は、地球人に科学文明や文化を教え、卓越した人物に転生してきた。歴史上の傑出した人物の中にシリウス人の転生者がかなりいる。転生者は、シリウス人の魂を持って生まれてきた地球人として、ピタゴラスソクラテスヒポクラテス、オウラトンなどのギリシャの哲学者がシリウス人だという。また、古代マヤ人に対しても高度な技術を与えたのは、シリウス人だった。

 

<4、オリオン人>

シリウス人の長老の介入でネガティブ、ポジティブのシリウス人がオリオンへ移動して、それぞれに新しい文明を築いた。

 

・ネガティブなオリオン人は、地球に来ている地球外生命体の中で、最も発達レベルの低い存在で、地球に暗黒をもたらそうとしている。

黒服の男MIB(メン・イン・ブラック)として物質化して活動する。宇宙人やUFOの存在を暴こうとしている地球人を妨害することが多い。

 

・ネガティブなオリオン人が、地球人の肉体に宿って、ネガティブな活動を行なう。「影の世界政府」、巨大財閥の主要人物には、ネガティブなオリオン人の魂が転生している可能性が高い。オリオン人には、ネガティブとポジティブの両方が存在する。

 

<5、 ゼータ・レチクル星人>

・ゼータ・レチクル星人とグレイは同じような姿をした人間型生命体であるが、発祥はやはり琴座であるという。起源は、琴座のアペックスという星だという。

 

・ゼータ・レチクル星人は、個人主義がはびこり、核戦争を引き起こし、地下に避難を余儀なくされた。地底生活を送るうちに、自然分娩による出産が困難になり、クローン技術が開発された。クローン技術は、生殖によらずに同一の遺伝形質を持つ個体、すなわちコピーを作る技術である。

 

<新人種への変革>

・ 脳の構造を変え、感情表現を抑制し、自我意識を排し、集合意識を大事にする人種。

 

・ 地下生活のため、体を小さく作る。集光面積を広げるために目を大きくする。栄養を食物からではなく、特定の光波を吸収して、エネルギー源になるようにする。その結果、生殖器官と、消化器官がなく、頭が大きく、大きな目をして、皮膚から光のエネルギーを栄養として、摂取する、いわゆるグレイタイプのクローン人間の宇宙人が生まれた。

 

・なお、ゼータ・レチクル星人の平均身長は、107センチメートルである。核戦争の爆発によりこの星は、3次元から4次元へ次元移動を起こしたという。移動した新しい場所は、レチクル座のゼータ1とゼータ2の付近であった。そのため、新アペックス人をゼータ・レチクル星人という。

現在、ゼータ・レチクル星人は、第4密度の人間型生命体であるが、クローン化により進化が止まり、種族の存亡の危機に陥っている。

 

・そして、これを打開するには、遺伝子操作により、感情を取り戻すことであり、それには地球人の遺伝子が参考になると、高次の生命体に教えられた。そこでゼータ・レチクル星人は、現在地球に来て、一部の地球人を誘拐し、遺伝子実験を行なっている。誘拐された人間の多くは、恐怖を体験するが、一般的にゼータ・レチクル星人に悪意はないといえる。

 

<6、グレイ>

・ゼータ・レチクル星人のうち一部のネガティブな存在は、肌の色からグレイと呼ぶ、したがって、グレイは、見かけはゼータ・レチクル星人と変わらず、クローンで作られた宇宙人である。

 

・グレイは、UFO技術は持っているが、精神性の低い邪悪な宇宙人である。グレイは地球人の遺伝子が欲しいために、UFO技術の提供などを条件にアメリカ政府と密約を結んだ。そして、アメリカ政府に地下の秘密基地を作ってもらい、地球人を誘拐して殺し(!?)遺伝子実験を行なっているという。

 

<7、プレアデス星人>

・プレアデス人は、琴座から地球に来て地球の霊長類の遺伝子を組み込み地球に住みやすい体に改造した後、プレアデスに定住した。プレアデス人は、第4密度の肉体を持った宇宙人で、地球人と一番良く似た宇宙人だという。精神性が高く、高度な宇宙文明を発達させている。地球人と類似の遺伝子を持つため、プレアデスに移住後も地球人を見守り続けている。プレアデス人というと、セムヤーゼというプレアデス人とコンタクトしているスイスのビリー・マイヤーが知られている。

 

 

 

『異人その他』 

岡正雄) (岩波書店)   1994/11/16

 

 

 

<異人>

・異人もしくは外人は、未開人にとっては常に畏怖の対象であった。あるいは彼らは、異人は強力な呪物を有していると考えて畏怖したのであろう。あるいは悪霊であるとも考えたのであろう。

 

・自分の属する社会以外の者を異人視して様々な呼称を与え、畏怖と侮蔑との混合した心態を持って、これを表象し、これに接触することは、吾が国民間伝承に極めて豊富に見受けられる事実である。山人、山姥、山童、天狗、巨人、鬼、その他遊行祝言師に与えた呼称の民間伝承的表象は、今もなお我々の生活に実感的に結合し、社会生活や行事の構成と参加している。

 

 

 

『秘密結社』

綾部恒雄  講談社    2010/10/13

 

 

 

<異人と祭祀的秘密結社>

メラネシア又はポリネシアの社会生活の概念となるものはいわゆる秘密結社である。

 

・そのようなメラネシアポリネシアの秘密結社の考察は、その様相、変型、フォークロア化の点で、日本文化史に与える暗示はきわめて深いと述べている。

 

  1. 異人が幾度にか、季節を定めて訪来したこと。

 

  1. 異人は先住民より亡魂、又は死者そのものと考えられたこと。

 

  1. 異人は海の彼方から、来るものと信じられたこと。後には、山中の叢林より来るとも信じられるに至ったこと。

 

  1. 異人は畏敬されつつも平和的に歓待されたこと。

 

  1. 異人は食物の饗応、殊に初成物を受けたこと。

 

  1. 異人は海岸地に住まずして山中の叢林に住みしこと。

 

  1. 異人はdual organization の構成の原因となりしこと。

 

  1. 異人が土民の女と結婚する必要ありしこと。

 

  1. 異人とその女との間に出来た子供が特殊な社会的宗教的性質を有せしこと。

 

  1. 異人は入社式、男子集会所の起源をなしたこと。

 

  1. 異人はその異人たることを表徴する杖、及び「音」を有せしこと。

 

  1. 仮面が男女二つあること。女異人が山中に住むということ。

 

  1. 異人が訓戒、悪事摘発をなし、豊作をもたらし、又はもたらさしめんことを任務としたこと。

 

  1. 異人が季節殊に収穫季、冬至に関係したこと。 

 

  1. 異人は季節が来ると、その出現を期待されたこと。

 

  1. 異人若しくは神は常に村にとどまらないと信じられたこと。

 

  1. 異人の出現の際は女子、子供は閉居したこと。

 

  1. 異人のタブーが財産の起源となったこと。

 

  1. 異人がフォークロア化して遊行歌舞伎団となったこと。

 

  1. 遊行人は異装し、杖と音とを有し、饗応を強制し、或は掠奪を敢えてし得ること。

 

  1. 遊行人が神話、神の系譜を語り、或は之を演技で表現すること。多く季節と関係して。

 

  1. 遊行歌謡団から伊達者(man―woman)が発生したこと。

 

  1. 彼等は民間信仰に於いては、侮蔑されつつも亦高き階級に属すとされたこと。

 

・すでに触れたように、岡の考察はメラネシアの社会史を範例として行われたのであるが、これらの異人にまつわる表象、状況、発展について暗示された諸項目は、アフリカの祭祀的秘密結社の成立の事情を辿ることによっても、確認することができるのである。

 

                      

 

『異人・河童・日本人』 (日本文化を読む)

(住谷一彦・坪井洋文山口昌男、村武精一)

新曜社)  1987/11

 

 

 

<異人その他><日本民族の起源>

・アメリカ大陸の神話の中にスサノオ神話と同質のものが入っているらしい。もしそうだとすれば、スサノオ神話の歴史的な遡源は3万年近くまでさかのぼってしまうことになります。

 

・ストレンジャー(異人)が主役を演じる

 

・大人(おおびと)というようなストレンジャーがあり、山姥が暮れに市に出るとその市が終わる、という話がある。

 

・経済史の中で、経済的な事象の中に「市に山人、異人、山姥、鬼が出現し、何程か市行事の構成に散ずるといふ事。つまり交易の相手たる『異人』の問題が考へられる」と書いておられます。要するに、ひとつの社会の対象化するために、そういうふうな異人が出現することが、いかに重要だったかということが、このへんで、明らかにされていると思います。

 

 

 

アセンションの準備はできていますか』

(希望の太陽)中丸薫の光のワークショップ

中丸薫   ヒカルランド    2011/9/30

 

 

 

<5次元と霊界はどうちがうか>

・(中丸)霊界と言うのは4次元以降のあの世といわれるところですね。5次元というのは、この世の5次元。例えば、クエンティンさんかミコスさんは、半霊半物質の状態と言ってもいいんですね。呼べばテレパシーで行ってすぐ来るし、だからといってあの世の人ではないんですよ。だから5次元でも半霊半物質の世界。

 

 <日本国内にも黒い目をした闇の権力の人が5000人ぐらい入っているということです>

 <地底のアガルタ・ネットワークは2500万人ぐらい住んでいます>

<アンドロメダの超科学文明についてお話ししましょう>

 

・(中丸)宇宙にいってきた人は、例えばアンドロメダの星に14歳ぐらいから何回か行ったとか、そのアンドロメダの母船にも案内されたというアメリカ人と会ったことはあります。

 

・6階建てぐらいの母船。母船と言ってもその1階だけを見ても気が遠くなるほどの広さと言っています。山あり、湖あり、川ありという大自然の風景と同時に、すごい楽園のようなきれいな花畑とか何か、ビルだとかいっぱいあった。

 

・そして、飛行船に乗っている女性たち5~6人に囲まれて、女性と思っていたんだけれども、「女性ですか」と聞きましたら、「いや、私たちは、両性」、女性であり男性でありと言う関係ですね、ですから、みんな2メートルぐらいで、ほとんどテレパシーでお話をし合っている。

 

・そういうことで、文明の進み方というのは、アンドロメダ星でいうと、地球と比べて科学文明は1万年ぐらい、アンドロメダのほうが進んでいるそうです。技術的な面ですね、精神文明は5万年ぐらい進んでいる。これが理想なんですね。

 

 

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■

 

・フリーエネルギーはケシュ財団によって、すでに製作され、公開されているというインターネット情報があります。特許もとらず、原理が公開されているともいわれます。事実は、どうなっているのでしょうか。眉唾物の話かもしれませんが、インターネット情報によると「トンデモ話」が先行しているようです。「ニセモノ」なのか、またはイタリアなどでは、安価な装置が、かなり売れているとかの情報もあり、私自身も詳しくは調べていません。が、雑誌『ムー』にも情報が載りましたので、今後の報道が注目されます。もちろん「ホンモノ」なら各メーカーが飛びついているでしょう。多国籍企業は、合法的にタックスヘイブンを使って、国の税金の枠を外れているといわれます。多国籍企業も当然動いているはずです。今後、どうなるのでしょうか。「フリーエネルギー」と検索しますと、様々な情報が載っているようです。フリーエネルギーは昔から一部では注目されていましたが、「インチキ話」のように受け取られていたようです。

 

・「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」の研究によってアメリカ合衆国は発展段階の初期段階にあるといわれます。「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」の研究によって、実に想像を絶するようなテクノロジーが米国で開発されているといわれます。宇宙人とのコンタクト当初は、人間タイプの異星人が、米国に「「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」の提供を拒否したといわれます。そこで、米国はグレイタイプの宇宙人に「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」の導入をもとめたという話です。しかしエリア51白鳥座61番星の異星人とコンタクトしていた日本人科学者もいたといわれます。この異星人は人間タイプのようです。そして「その彼らは地球から68光年離れた惑星クイントニアに住む宇宙人で母星から「エリア51」まで45分で移動できる」という話もあるようです。このタイプの異星人はグレイタイプのようです。グレイタイプの宇宙人にも「人間タイプ」も多いといわれます。グレイと人間の交雑種が「エササニ人」といわれます。エササニはオリオンの方向にあります。

 

・そして「米国政府がリゲル人に騙されたことに気付いた後、プレアデス人が招聘されたが、過去ヒトラーの人類浄化政策を画策し仏教を堕落させた」という話もあります。事実とすればホロコースト(大虐殺)にプレアデス人が関係していたとは驚きです。また米国政府を騙すようなリゲル人という宇宙人の過激派もいるようです。米軍の特殊部隊とエイリアンが秘密基地で「銃撃戦」を展開したという「ダルシー戦争」の話も真しやかに語られています。日本も国家組織をあげて、プレアデス星人やリラ星人の宇宙文明を取り入れたらいいとおもいます。が、「UFO後進国」なので、ユーフォロジー(UFO学)は禁断の学問のようです。しかし、昔から、その他のそれこそアバブ・トップシークレット的な動きもあるのかもしれません。

 

イスラエル政府と契約の「宇宙の商人」が シリウス星人だそうです。ロシアはタウ星人と当初コンタクトがあったそうです。レプテリアン(爬虫類)がさまざまな支配者の黒幕であるともいわれます。最近になって、ロシア人はタウ人との協定を破棄し、同じ協定をリュウ座人の前衛部隊と交わしてタウ人を追い払ったと考えられていると語られています。世界中で、宇宙人との様々な動きが極秘にすすんでいるのかもしれません。エリア51については、アメリカ政府は、その存在を一度も認めていないそうです。

 

・たとえば、「あまり知られていないことだが、日本の社会保障というのは、先進国とは言えないくらいお粗末なモノなのである」といわれます。この話も、日本の社会保障を研究している研究者には、当然の共通認識なのでしょうか。私たち一般人には、研究する時間もなく、社会保障については理解不能なことが多いようです。膨大な情報が、様々な分野にあり、すべてを網羅することは、私たち一般人には、無理で、理解不能なことが多いようです。

 

・「宇宙に無限にある電波から電気を作る」実験も国内で成功しているようですし、現代では様々な研究所がフリーエネルギーの研究をしているといわれます。現代では普通になった原子力発電も戦後に開発されたものです。原発事故で代替えのエネルギー源が現在注目されています。

また安全な小型の原子炉の研究もすすんでいるともいわれます。

 

・「フリーエネルギーのテクノロジーを入手するころには人類と「宇宙連合」とのコンタクトが公開されるかもしれない」ともいわれます。UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なので、フリーエネルギーの正体の研究がすすめばUFO推進機関の解明にも役立つことでしょう。

 

・『ペンタゴンの陰謀』という本では、墜落したUFOやグレイとの密約による様々な超兵器をペンタゴンが極秘に開発していることが元米軍将校から報告されています。ロズウェルのUFO墜落事件から60年くらいたっておりますし、エリア51の秘密基地ではエイリアンの超テクノロジーを米軍は研究し一部は入手しているでしょう。レザー兵器もエイリアンの兵器だそうです。

 

・「戦後に、米軍に異星人が混じっていた」という話も多くありました。当然、米軍は国家資金と科学者の総力をあげて、異星に進出していることでしょうし、宇宙連合は、さまざまな地球人とコンタクトをとっているようです。宇宙連合とのコンタクトは、別体系の情報になっているようです。

 

・プレアデス星人が7000年進化し、「人間を実験室で創ったというリラ星人」が3万年、人類に進化しているそうです。また、「人類の進化には介入できない」という宇宙法のようなものがあるといわれます。エルダーとよばれる天使のような人間タイプのオリオン星人が小柄なグレイと共に飛来したそうです。米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。

 

・人類の進化を妨害する宇宙人もいるようです。天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人は、人類に対して、どれだけ進化しているのか正確な数字は分かり暗線。仮に数百万年人類に進化しているとすれば、その超科学は人類には理解不能なことでしょう。

 

・人間タイプの宇宙人が超テクノロジーを教えてくれないので、グレイ・タイプと米軍は密約をしたという説もあるといわれます。「宇宙人は遥かに進化している」ということが私たち一般人はなかなか認識できません。「神々は遥かに進化した異星人だ」といわれます。「エンジェルと呼ばれる金髪碧眼のノルディックが人類に超テクノロジーを教えることを拒否している」という説もあったといわれます。

 

・人間の一生を網羅する100年という期間をとっても、100年前の科学者には、現代の超テクノロジーは想像不能だったでしょうし、現代の科学者は100年後の超テクノロジーは夢想だにできないでしょう。数千年、数万年となると全く想像不能になることでしょう。人間の知っている科学知識は「大海の一滴」ともいわれます。

 

・パラレル・ワールドにいるという天使的な宇宙人、シリウス星人になりますと、例えば数百万年(?)人類に進化しているといわれています。そのシリウス星人が人類にコンタクトしてきているようなのです。またプレアデスの世からシリウスの世に変わるとも言われているようです。空飛ぶ円盤からグレイが出てきた段階から、目に見えない天使クラスの宇宙人が、肉体を以て、波動をさげて、コンタクトを始めた段階のようです。「あのグレイも壁を透き通るようにして部屋に侵入してくる」そうです。「宇宙人の実体をエーテリアン(霊人)と呼び、彼らの乗用する円盤のことをエーテル船(霊船)と呼ぶべきだ」いう説もあるといわれます。「はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうです。「宇宙人と普通の人間を区別できなくなっている」時代だといわれます。

 

・日本人として最初にUFOの推進機関を研究した清家新一さんは、「マッド・サイエンティスト」ともいわれ、先覚者として大変苦労したようです。が、当時の大平総理から国家の研究資金を得たと語られています。UFOは日本の科学者にとっていまだにタブーのようです。

 

・清家さんは昭和32年の学生時代に「ウラニデス」という宇宙人からコンタクトをうけたといわれます。清家新一さんはエリア51向けの科学者だったようです。ちなみに米軍の秘密基地エリア51も、あまりに有名になりすぎて別の場所「エリア52」に移転したとかの噂があるといわれます。

 

・「ドクター中松の宇宙エネルギー・エンジンこそが日本を根底から変えてしまう超発明である。この執拗な「モールバンド」からの食糧自給破壊工作が「琉球の玉から発する電光」で撃退される」とは、どういう意味があるのでしょうか?

 

・宇宙に無限に存在する「電波から電気を取り出す実験」が国内で成功しているといわれます。いわゆるフリーエネルギーについては、世界中の研究所が研究しているようなのです。例の米軍の秘密基地「エリア51」でもエイリアンの超テクノロジーの一つとしてフリーエネルギーも研究されていることでしょうか。

 

原子力発電も戦後の発明ですから、向こう50年でフリーエネルギーが実用化されれば、原発や火力発電所もいらなくなるといわれます。原発事故でフリーエネルギーに科学者の関心が集まっているようです。フリーエネルギーが現に実用化されているという情報もあるといわれます。

 

・とにかく私たちの生活と社会には電気が必要なのですから原発を超えるフリーエネルギーのテクノロジーを金髪碧眼のノルディックというエイリアンからでも入手しなければならないでしょうか。エンジェルとよばれる宇宙人は米軍へ、超テクノロジーを提供することを拒否したともいわれています。

 

大本教出口王仁三郎の予言は、本人が眠りながら、艮(うしとら)の金神からのチャネリングによって完成されたものであるそうです。はるか遠い未来には「神人種」と「小人に退化した人類」との二種類に進化するそうで衝撃的です。高次元の神人種は、太古から地球にしばしば来ていたようなのです。「大本教出口王仁三郎は自分はオリオン星から来たと語っている」そうです。天狗もオリオン星人だったようです。堕天使ルシファーもオリオンからやって来たそうです。「現代的な解釈ですと堕天使ルシファーとかリラ星人のサタン(悪魔)という言葉は、遺伝子科学者の研究集団の名前だ」といわれます。

 

・ 人によれば荒唐無稽な話も多いので、研究者の新刊書籍は少ないようです。ちなみに、バイオロボットといわれる小人の宇宙人グレイが「人類の未来から来た」という話もあったようです。またグレイの人間タイプもおり、人間と変わらないともいわれているといわれます。

 

・「ご存知のように日本は、アメリカをはじめとする諸外国から米市場の完全開放を求められている」ということは国論を二分したTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)のことでしょうか?自由貿易政策は、「闇の勢力」が進めている世界統一政府のための一連の政策だともいわれます。

 

・このようなことで国論を二分するようになったのは、日本の政治の衰えを感じさせましょうか。食糧自給破壊工作も分からないのは日本の外交官も衰えたからといわれます。国益の視点から考えれば、政策は自ずから定まるように思えます。ところが、外交官たちも自由貿易政策を進めているといわれます。

 

・「敗戦後、アメリカの神さまが日本神界のトップになった」という与太話もあるそうです。「日本の神様がロシアに引っ張られた」等の話のように私たち一般人には、理解不能なことが多いようです。そこで、戦後70年もたつと、米国の影響がなくなるというよりも、ますますその影響力が強くなるといわれます。米国の政策が優勢になるのもその辺に事情があるのかもしれません。有識者から大変頻繁に言われるように「属国以下」と酷評されています。

 

・米国の支配階層を統括するフリーメーソン、彼らの経済理念は、「競争至上万能主義」、「ビジネス至上万能主義」であるといわれます。WASPの支配を貫徹するために「マネジメント万能至上主義の精神的資本主義」を推進していると語られています。ニューエイジなどの彼らの思想の背景には、異星人の考えが影響しているのかもしれません。たとえば、「アファメーション」という思想にも「思念でモノを創る」という宇宙人の思想が反映しているといわれます。

 

・どの国でもエイリアンの超テクノロジーは、喉から手が出るほど欲しいので、エイリアン情報を「アバブ・トップシークレット」にしてせっせと研究をしているといわれます。米国やイスラエルシリウス星人と通商協定を結んでいるという話です。ロシアもタウ星人と協定を結んでいたそうです。

 

・「エリア51」での米軍とエイリアンの共同研究により、レーザー兵器など様々な兵器が実用化されていますが、エイリアンの超テクノロジーが人類の未来の科学を大きく変えているといわれます。

 

金髪碧眼のノルディックなどの進化した宇宙人種族は、人類に超テクノロジーを教えないという立場であったといわれます。「その生物(透明人)は、私の思考に直接働きかけ、完全にテレパシーで交信してきた。もはや人間が存在しなくなった遠い未来から来た」という話も語られています。「小柄な宇宙人のグレイが来て、その後に金髪碧眼のノルディックや赤毛のオレンジの人間タイプの異星人が飛来して、その後に東洋人タイプが来た」といわれます。日本に関係する神々(異星人)も来ていたのでしょうか。プレアデスに日本人の原郷があるともいわれます。プレアデスやオリオンには日本人が多く住んでいるという与太話・怪説もあるといわれます。

 

・エイリアンのフリーエネルギーの存在は昔から言われていましたが、原子力発電が常識になったように、近未来に普及するのでしょうか。