UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

ルシファーは堕天使で、イルミナティのグノーシス派では、このルシファーを信仰しています。「この世界が地獄なのは、創造主自体が悪魔だからであり、その悪魔と戦った神がルシファー」と考えるんですね。神と悪魔の価値が逆転しているわけです。(1)

 

『日本も世界もマスコミはウソが9割』

出版コードぎりぎり【FACT対談】 新聞で正しいのは日付だけ!

ベンジャミン・フルフォード   リチャード・コシミズ       成甲書房  2016/5/18

 

 

 

<今が最後の踏ん張りどころ、人類幸福の革命を起こしましょう>

・「ウラ社会を暴くにはホモ人脈の追及が不可欠です」

「日銀は今や“FRB日本支店”に墜しました」

「宗教を悪用して世界中でやりたい放題、それがカルトです」

「ニセ警備員まで配して不正選挙公判は闇に葬られました」

「CIA情報によれば金正恩暗殺クーデターがあったようです」

「麻薬ビジネスは日本の暗部と深く関わっています」

リーマンショック並みの金融恐慌が迫っています」

 

<「裏社会相手の戦いはまだまだ続けますよ、絶対に!」>

・この世界を不幸にしている「黒幕」は誰なのか?

 両氏の手法の違いからベンジャミン・フルフォード氏は、その「黒幕」の存在に向けて一直線に迫っている。CIAといった諜報機関、その隠れ蓑となっていたヤクザに始まり、その後はヨーロッパやアジアの王族、フリーメイソンといった秘密結社からイルミナティ。そして氏は、ついにイルミナティの背後にいる正真正銘の「黒幕」へと辿り着いた。

一方のリチャード・コシミズ氏は、黒幕の存在より、どの勢力と誰が結びつき、何をしているのか、黒幕の構造と支配のシステムを明らかにしようとしてきた。

 

<「オモテとは別にウラの経済システムが存在します」>

・(RK)2008年のリーマン・ショック後から始まった米国、日本、ヨーロッパの強力な金融緩和によるマネー膨張が、世界的な株高を生んだわけですよね。しかし、その「宴」は終わりを迎えました。

 

・(BF)まるでジェットコースターのような世界経済ですが、いったい、どんな裏の経済システムがあるのか、そうして調べていくうちに「闇の支配者」の存在に気づきました。ようは、表の権力者ではなく「裏の権力者たち」。表のメディアには登場しませんし、出てきても別の顔を見せます。この裏の権力者たちの存在を理解しなければ、世界の実相は絶対に理解できません。

 

<一般民衆は“シープル(羊人)”、支配・管理の対象なのです>

・事実、遊牧民たちは農耕民族を「草を食べる」、穀物と言いかえてもいいですが、「シープ・ピープル」から「羊人(シープル)」と呼んでいます。その羊人、農耕民族を管理する「羊飼い」として一神教があって、その神を動かすことで全体を支配する。この発想でずっと世界を支配してきたのです。

 

<“在日と部落”、メディアはタブー視して絶対に報道しません>

<CSISこそが日本支配のヘッドクォーターです>

・(BF)いわゆる「ジャパン・ハンドラー」、まあ、わかりやすく「黒幕」でもいいのですが、実際に日本にどのような黒幕が居るか、いろいろ調べました。真っ先に浮かぶのはシンクタンクのCSIS(戦略国際問題研究所)ですね。ワシントンDCに本拠を構えた、文字通り、日本支配のヘッドクォーター(司令部)です。

 

<「VIP専門の“ヤミの性愛組織”を突き止めました」>

・(RK)日本の政財界とホモの関りについて私の理解を整理しておきましょう。

 日本の政治と裏社会の実態を知りたいなら、従来の「暴力団・同和・半島」の3要素では不十分、これに「ホモ人脈」があるのです。CIAが対日工作するとき、この「ホモ人脈」が動いて政界・財界を動かしています。つまりはCIAが使う脅迫の道具として、ホモ問題が活用されてきたのはインテリジェンスの世界の常識です。

 諜報戦の歴史資料やナチス史を読めば、ホモ関係がいかに重要な役目を果たしてきたのかがわかります。映画になった『将軍たちの夜(長いサーベルの夜)』で突撃隊(SA)が殲滅され、英政府が発禁にしたベストセラー・ノンフィクション『スパイ・キャッチャー』でKGBがMI6を翻弄したのも、ホモ人脈を操った謀略戦の代表例です。

 また、日本には昔から衆道の世界があって、『葉隠』に三島由紀夫が傾倒していたのは、主君に命を捧げる殉死の美学だし、天皇制は男が男に惚れる世界だという説もあります。その点で日本は世界に冠たるホモ天国だから、日本に住みつく米国人の半分はホモ趣味への魅力だと、人類学者のシーラ・ジョンソンが『アメリカ人の日本人観』に書いています。

 ようするに、ホモでないと出世できないブラック国家が日本。彼らはいわば特権階級なのです。米国のユダヤ・ホモ・ジャパンハンドラーとくんずほぐれつ相思相愛。しかもホモに付きものなのは「薬物」。なんとも日本的ではないですね。

 

<「ハザール=サバタイ派マフィアの再興計画が進んでいます>

・(BF)そうして浮かんできたのが、ハザールです。それで一時、「ハザールマフイァ」という言葉を使っていたのですが、カザフスタンという関係のない国の人からクレームが来たので、それで「サバタイ派マフィア」という言葉を使うようになりました。

 

・(RK)今のウクライナにあったハザール汗国ですね。この地域はイスラム教圏とキリスト教圏がぶつかり合う場所で、あの当時のことですから、イスラムに占領されればキリスト教徒は奴隷にされますし、逆にキリスト教圏に組み込まれればイスラム教徒は下手すれば異教徒として処刑される。そのため、同じ一神教であるユダヤ教に改宗する人が増えた。これが「アシュケナージ」と呼ばれるスラブ系のユダヤ人です。

 

・(BF)そのアシュケナージ系の人たちの分派に、本当の悪魔教徒がいて、それでハザールマフィアと呼んでいたのですが、民族学的な意味の「ハザール人」ではない。それでサバタイ派と変えたこともありました。ハザールを根拠地にした犯罪集団なので、今では「ハザールマフィア」に統一しています。実在したサバタイ教団はユダヤ教徒イスラム教に改宗して、つまり、なりすまして乗っ取った。そのハザール民族の残党が国際犯罪ネットワークを作っているのです。それでサバタイ派マフィアと名付けました。

 

・つまり、サウジアラビア王族も隠れハザール。イスラム教の聖地を支配していながら、ヤハウェという善である神様ではなくサタン、悪魔教徒なのです。

 信じがたい話ですが、あの人たちいわく、ルシファーは堕天使で、本当はいい神様なのだ。

 

イスラエルはハザール汗国出自の改宗ユダヤ人のでっち上げ国家>

・(BF)そもそもイスラエル自体が、このハザールマフィアたちによって、でっち上げられた国家です。現在のユダヤ人は、イスラエル人と言い換えてもいいですけど、彼らはヘブライ人ではない。古代、カナンヲの地で暮らしていたヘブライ人は、今のパレスチナ人です。イスラム教ができてから、そのまま改宗して、そこで暮らしていた。それをヘブライ人ではない、ハザールなどでユダヤ教に改宗したスラブ系ユダヤ教徒たちがキリスト教圏に散らばって、それでイスラエルを建国したのです。

 

アシュケナージ

ユダヤ系ディアスボラ(移民定住)のうち、ドイツ語圏や東欧諸国などに定住したユダヤ人、およびその子孫を指す。アシュケナージとセファルディーが今日のユダヤ社会の二大勢力であり、イスラエルでは一般にアシュケナージがヨーロッパ系ユダヤ人、セファルディーが中東系ユダヤ人を指す語として使われる。しかし、歴史や人種的な事実は不詳であり、現在も論争が絶えない。

 

<「人工ハルマゲドン計画のための情報操作が繰り返されています」>

・(RK)ということで、日本国内でも原始キリスト教の一派といわれる「キリストの幕屋」あたりが、イスラエルに肩入れして、エルサレムに、集団でだらしのない浴衣を着ていって街中を行進して、日本のイメージを壊したりしています。そのおかしな宗教の中核には、統一教会工作員を送り込んで内部から操縦していると思われます。

 一方で、米国ではプロテスタント指導者を統一教会が買収・洗脳して「キリスト教原理主義者」的運動をさせています。おかげで、米国の原理主義者7000万人は、こぞって、イスラエルの中東侵略を礼賛しています。「キリストの再臨」のためなら、イスラムなどいくら虐殺されてもよいという発想なのです。

 もちろん、キリスト教徒たちは、今でも金融ユダヤ人の用意したシナリオにまんまと騙されている状態です。彼らを覚醒させるためには、さらなる情報拡散が必要でしょう。

 こういった経緯を頭に入れれば、「ハルマゲドン」「アセンション」といったユダヤ謀略の背後関係を理解できるでしょう。そして、彼らが「純粋水爆」という名の「21世紀のアーク」を使おうとしているであろうことも……。

 

<人工ハルマゲドン計画>

・聖書に見られる「終末思想」に従って、人工的にハルマゲドン(最終戦争。世界の終末的な善と悪の戦争や世界の破滅そのものを指す)を起こそうとする一派が地球の人口を大幅に削減し、残された彼ら以外の人類をすべて奴隷化(羊人化)し、彼らにとっての「黄金の千年期」(「至福の千年」ともいう)を打ち立てるという極秘計画。そのためのプロパガンダとしてアセンション(地球の次元上昇)なる用語が提示され、ニューエイジ思想を盲信する人たちに支持されてきた。アセンションに乗じて彼らにとっての偽りの「地上天国」を作り、残された人類を意のままに操るためには、人工的にハルマゲドンを引き起こし、生き残った人類に「アセンションが起こった」と信じさせなくてはならない。そのための情報操作が主としてスピリチュアル系のメディアを利用して繰り返されている。

 

<「隠れユダヤはヒクソス、彼らの正体をお話ししましょう」>

・(BF)さっきの「隠れユダヤ」についてもボクがいろいろ調べたら、サウジの王族はイスラム教徒ではなくて、厳密にいうとヒクソスという民族なのです。

 ここで少しヒクソスの説明をしたいと思います。ボクは長年、おかしなことばかりするのでアメリカは悪い国だと糾弾してきました。でも実際に会って取材すると、たいていのアメリカ人はいい人ばかりなので、もしかすると、アメリカ人ではない、「アメリカ人になりすました連中がいる」と考えて、「ユダヤ」をターゲットにしました。ところが、ここでもユダヤ人に会って取材すると、やはり、みんな真面目で正義感のある人たちです。

 ちょっと違うのではないかと思って、もっと探ってエジプトの歴史を勉強しました。それがヒクソスなのです。ヒクソスが歴史に登場するのは、エジプトの第2王朝を倒した征服民族として。ヒクソスは当時の先進国だったエジプトを100年間、支配しているのです。

 もともとヒクソスは中近東あたりの遊牧民族のグループの一派です。家畜を扱う能力を持っている人たちで、ヒクソスの神様は、ヤギの顔をした二股の尻尾のある「セット」という名前です。要は悪魔崇拝です。この人たちの感覚では、一般人類は家畜、ゴイムという豚という意味なのです。自分たちが人類を家畜のように扱う帝王学を持っている人たちです。

 そしてエジプト支配時代、エジプトの神様だったセト神と、そのセットを融合して、そうしてできたのがサタンです。セットからサタン。だからルシファーではないのです。ルシファーは堕天使で、イルミナティグノーシス派では、このルシファーを信仰しています。「この世界が地獄なのは、創造主自体が悪魔だからであり、その悪魔と戦った神がルシファー」と考えるんですね。神と悪魔の価値が逆転しているわけです。

 

<「シリア内線=大イスラエル捏造計画、私はそう分析しています」>

<「サタン崇拝者が世界のリーダーに納まっているのです」>

・(BF)もともとのユダヤ人、ヘブライ人は太陽の神を拝むエジプト人の奴隷だったのです。その太陽神をヒクソスは一神教にすり替えて自分たちの奴隷にしました。

 メソポタミアの歴史を調べてみますと、昔の中近東では戦争に負けた部族に割礼するんですね。奴隷である証拠として、あそこの皮を切られてしまうわけです。そういう侮辱的な意味なのに、いまだにユダヤ人がやっているのは、今もヒクソスの奴隷民族だからです。

(RK)割礼は奴隷の証拠であり、家畜の証明ですよね。

(BF)だからユダヤ人の後ろに隠れているのは、人間を家畜化する技を持っている馬賊であるヒクソスなのです。ヒクソスの神である悪魔、セットのサタンは遊牧民族の神様なので、儀式などで必ず生け贄、血を求めます。モンゴルなどでの儀式では山羊や牛の仔を使いますが、彼らにすれば人間だって「羊人」という家畜です。当たり前のように生け贄に使ってきたわけですね。

 

・本当に、サウジの王様もそう。イスラム教徒ではありません。ネタニヤフ総理もユダヤ教徒ではありません。ブッシュ、ロックフェラー、クリントンユダヤ教徒ではありません。皆、サタン崇拝のヒクソスです。それが問題の根底です。

 とはいえ、近年、ユダヤ人、つまりイスラエル人は自分たちがヒクソスの奴隷民族であった事実に気づくようになっています。暴露している人たちには、ユダヤ人が多いのです。ボクがユダヤという言葉を使わないのも、関係ない一般のユダヤ人を巻き込みたくないためです。だから最近は、ヒクソスとかハザールマフィアとか、いろいろと違う用語を試しています。とにかく、悪魔崇拝、サタンという神を崇拝する上層階級が問題です。

 

 

 

リチャード・コシミズの未来の歴史教科書』

知らずに生きるのは悲しすぎる!本来は教科書が語るべき、真実の歴史

リチャード・コシミズ  成甲書房 2012/7/10

 

 

 

ユダヤ権力の凋落>

・歴史を正しく知ることで、現代社会の不可解な事象が即座に理解できるようになります。

 本書を読まれた方は、なぜ安倍政権は憲法9条や96条改正に血道を上げるのか、なぜ秘密保護法法案を強行しているのか、なぜ日本版NSC創設などを言い出したのか、なぜ消費税増税を強行するのか、なぜTPPに参加しようとするのか、容易に理解できていると思います。

 

・この国家の危機を当面乗り越えるために、米国ユダヤ勢力は緊急かつ徹底的に日本から搾り取る作戦を始動しています。米国の窮状を救うのは、日本の消費増税、TPP参加、9条改正なのです。つまり、郵貯簡保、農協に眠る500兆円を超える資産を略奪して米国債買い付けに回させる。9条改正で、尖閣諸島で日中衝突を引き起こし日中戦争を惹起することで世界の資産が軍事大国米国へ流れ込むようにする……それらを実現するには、不正選挙を敢行して、米国ユダヤの言いなりとなる傀儡議員で日本国会を占拠してしまう必要があったのです。

 

済州島と日本の深くて暗い関わり>

・1945年、日本の敗戦により朝鮮は35年にわたる日本による支配から脱却する。日本の敗戦を機に故郷済州島に帰る仲間もいる。だが、高志源は大阪に残ることを選択する。

 日本の敗戦で、在日社会にも変化が生まれる。積極的に世に出ようとする者が続出する。高志源の遠い親戚筋の高太文は1920年済州島生まれの人物で、高志源よりも少し前に大阪鶴橋に移住している。高太文は柔道6段の猛者であり、戦後10年経って、1956年にプロレス団体を立ち上げた。だが、同胞の力道山率いる日本プロレスに敗退して団体は活動停止してしまう。夢やぶれた高太文は、1961年、一家を連れて朝鮮に帰国する。済州島へ帰ったのか?違う。「北朝鮮へ」である。

 当時、在日同胞の北朝鮮への帰国運動を推進していたのは、小泉純也という政治家であった。元首相、小泉純一郎父親である。一体全体、なぜに小泉の父親北朝鮮に関わったのか?現代史の教科書を1万回読んでも答えは見つからない。

 

<利用された在日朝鮮人ネットワーク>

・しかし、北朝鮮とは地縁も血縁もない高太文は、なぜ、娘たちを連れて北朝鮮に帰国したのか?謎である。だが、真の歴史を知れば謎でもなんでもない。学校の教科書に載っていないだけである(森喜朗小泉純一郎安倍晋三という3人の総理経験者には共通する出自の秘密があり、だからこそ、総理になれたのだ。前首相、野田某も別の意味での「総理の資格」を有しており、これと同じ資格を前原、岡田という他の民主党幹部も持っていることを記しておく。互いを絶対に裏切らない「心身」両面での固い絆が彼らにはある。あとは、読者の想像にお任せする)。

 

・高太文の娘、高英姫は、1950年6月大阪の鶴橋生まれである。11歳の1961年5月18日に父親に連れられて北朝鮮に帰国している。高太文は、北朝鮮における柔道指導者として歓迎されたようだ。娘の英姫は、平壌芸術大学に入学し、卒業後、国立民族歌舞団に入団して映画「金剛山の処女」に踊り子として出演した。そこで、金正日総書記の目にとまったようだ。そして、金正日の三番目の妻となる。

 

 この在日の帰国女性が金正日の息子を2人産む。ひとりが次男金正哲、もう一人が三男の金正恩が就いたのである。

 

・(最近、高英姫が別人であり、ほかの在日女性だったとする説が語られている。どちらが事実かは不明である。だが、柔道家、高太文の娘だったとする説は、高英姫自身が書いた伝記に記載されている。)

 

・1959年12月に始まった在日朝鮮人の帰還に済州島出身者が群がった理由はこれでおわかりであろう。1961年に済州人特有の苗字である「高」なる11歳の女の子が、柔道家父親に連れられて北朝鮮に渡る船に乗船したのには、こんな経緯があったのである。関西の在日居住地区には、大虐殺を行った大韓民国政府への怒りと北朝鮮の楽園神話に憧れる思いが渦巻いていたのである。

 

朝鮮労働党が日本国内に協力組織を作ってきたのは疑いのない事実である。日本はスパイを取り締まる能力のない国であるゆえ、北朝鮮工作員ネットワークを作ることはいとも簡単である。厳しい摘発を行う韓国でさえ、北朝鮮とつながった協力者のネットワークは何度も露見している。脇が甘いどころか、脇が開けっ放しの日本では工作のやりたい放題であろう。

 北朝鮮が日本ネットワークを作るとき、まっさきに組織化対象になるのは、済州島での弾圧を避けて日本に逃れてきた左派島民とその家族である。彼らが日本に定住している以上、使わない手はない。

 

<オウムの名を借りたCIA・北朝鮮合同部隊>

・さて、話は突然にオウム事件に飛ぶ。オウム事件に宗教団体であるS価学会、T一協会が関与していたことは、著者の別著で学んでいただきたい。学校の教科書には「麻原某によるマインドコントロールが原因」と書いてあるが、そんなものをいつまでも信じていては真実には絶対に辿り着けない。オウム事件とは国際的な大規模な謀略の一部分であり、その最終目的は、毎度おなじみ「ユダヤ権力による大戦争惹起」、つまり、今まで繰り返されてきたのと同じ、戦争捏造計画の一端だったのである。

 

<裏社会は小沢一郎の何を恐れていたのか>

ユダヤ権力がこのまま何も起こさずに推移してしまえば、世界の経済の中心は、極東アジアに移ってしまう。欧米は長い間の世界経済支配体制を失い、没落の坂を転がり落ちるだけだ。これでは困る。だから、日中韓露が経済的に合体することは万難を排して阻止したいのだ。日中韓露が極東アジア経済共同体でも結成すれば間違いなく世界最強の経済圏が誕生する。米ドルなどに依存する必要は毛頭なくなる。

 つまり放置すれば、欧米ユダヤ権力は確実に没落する。だからこそ、小沢一郎氏が徹底的な攻撃を受けているのだ。

 

 

 

金正日は日本人だった』

佐藤守(元自衛隊空将)   講談社  2009/10/28   

 

 

 

<日本を愛す将軍様

・そして<かちかちのサンマをほおばりながら、「百年の宿敵」であるはずの日本の庶民料理が、とにもかくにも平壌のど真ん中で食べられるのは、なんとも不思議な感じがしたものだった。いま思えば、金正日が無頼の和食通だったのである>との感想を持った。

 これまた、金正日の和食好きを表しているエピソードである。

 

<人民軍の大将たちの愛唱歌は「ラバウル小唄」>

・将軍が愛する日本のものは食べ物だけではない。

 金正日の愛車はトヨタのセンチュリーだという。当然ながら安全性には細心の注意が払われており、防弾ガラス、鉄板も普通の市販車に比べると分厚い改造車で、藤本氏によると、ドアはことのほか重かったらしい。

 

・藤本氏は、宴会場には必ず「カラオケセット」があり、日本の歌もよくうたわれたという。

 

・演歌だけではなく、宴会で軍の大将が酔っ払うと、どういうわけか日本の軍歌を歌っていた。

 

・藤本氏の証言では、金正日が執務室で使っていたのも、NECのパソコンだったらしい。金正日には毎日500~1000件の報告が届く。報告はFAXとメールが主で、金正日はその処理のために、早くからNECのパソコンを導入していたという。

 これらの物資のほとんどは、日本から万景峰号で運ばれたものだろうが、日朝間がいかに「太いパイプ」で密接に繋がっているかという証明でもあろう。

 

・なぜ、日本のアーティストを将軍がご存じなのか。私は北朝鮮内部にも情報網をめぐらせている知人から、「実は、金正日は日本の衛星放送を好んで見ている」という話を聞いたことがある。そのとき非常に印象深かったのは、彼が「一番好きな番組は皇室関係の番組らしい」と語っていたことである。

 

 天皇制と金王朝の関係を示唆する重要な証言だが、それはさておき、藤本氏の著書が伝える金正日の姿は、まるで親日家である。元在日の妻を寵愛し、日本人の料理人を傍に置き、和食に舌鼓を打つ。日本のテレビ番組を好んで観るし、移動はトヨタのセンチュリー。ときには日本の芸能人のショーを楽しむ。親日家を超えて「愛日家」という印象さえ受けるのだ。

 

<30年近く前に来日していた金正日

・いや、それどころか、金正日は何度も来日しているという説を唱える専門家もいる。あまりにも突拍子もないので、大半の人が信じられないだろうが、そう主張しているのが、あの北朝鮮の専門家、早稲田大学国際教養学部教授の重村智計氏だと知れば、私でなくとも興味が湧くはずである。

 

・重村氏は元毎日新聞記者で、30年以上、北朝鮮に関して取材を続けてきた。その取材のなかで、それまで書かなかった事実を、『金正日の正体』(講談社現代新書)と題して2008年に出版した。

 その書には、金正日の影武者の存在など、驚くべき事実が、確かな裏づけに基づいて明らかにされているのだが、私が最も興味を持ったのは、<将軍様は82年から東京に遊びに来ていた>というくだりである。

 重村氏はあるとき、衝撃的な内容の本に出合った。タイトルは『人生は、ショータイム』(ブックマン社)。著者は日本有数のダンスの振付師、小井戸秀宅氏で、2004年5月に上梓された本だった。題名だけを見れば、小井戸氏の振付師としての半生を綴っただけの本のように思えて、一般の人はほとんど関心を持たないだろうが、この書には度肝を抜かれるような事実が書かれていた。

 

・若い方はご存じないだろうが、かつて東京・赤坂に伝説のレストランシアターがあった。「コルドンブルー」である。コルドンブルーが開店したのは1971年。約40年近くも前に、一人5万円の料金で、フランス料理のフルコースとレビューを楽しませる超のつく高級レストランシアター。フランスのル・モンド紙が「レストランシアターではフランスのクレイジーホースとジャポンのコルドンブルーが世界の雄」と絶賛するほど、その豪華なショーは評判が高かった。

 

・この伝説のコルドンブルーで、ショーの振り付けを担当していたのが、小井戸氏だった。小井戸氏は『人生は、ショータイム』のなかで、北朝鮮の「喜び組」の踊りの振り付けは、コルドンブルーで彼がつけていた振り付けのパクリで、北朝鮮にはコルドンブルーのスタッフが呼ばれてつくった、まったく同じ舞台まであると明かしている。

 これだけなら驚くに値しないが、続く記述に重村氏の目は釘付けになった。

 

<“喜び組”は、コルドンブルーを見た金正日が、『コルドンブルーと同じような女性ダンサーを育てたい』といって結成したものです。コルドンブルーは北朝鮮に文化輸出されました>

 

<彼は芸能界、映画界に興味がありショービジネスも大好きで、お忍びで来て、コルドンブルーのショーを楽しんだのでしょう。日本のタレントのなかでもプリンセス天功にとくに興味があり、彼女のショーを見たのでしょう>

 

金正日は来日し、コルドンブルーのショーを見て、すっかり気に入り、北朝鮮にコルドンブルーの舞台を再現し、「喜び組」にそっくり同じショーをやらせている。プリンセス天功のイリュージョンを見たのもコルドンブルーで、その後、彼女をたびたび招くようになったというのである。

 しかも、小井戸氏は、1982年5月に金正日がコルドンブルーを訪れたときの写真まであるという。

 

・それにしても、金正日のような有名人が来日すれば、すぐにばれて大騒ぎになってしまうのではないかと疑問を持つ方が数多くおられるかもしれない。だが、それは愚問だ。なぜなら、1982年当時、金正日の名は聞こえてきていても、顔は誰も知らなかったからだ。2009年の後継者騒ぎを思い出していただければわかりやすいだろう。

 

・北の後継者として金正雲の名が取りざたされたとき、報道各社はその姿を写した写真を入手しようと奔走したが、テレビに映し出されたのは、先述の藤本健二氏が北朝鮮から持ち帰った、子供のころの写真でしかなかった。日本人は誰も現在の金正雲の顔がわからない。街で来日した金正雲とすれ違っても、誰一人気づかないはずだ。

 

・1982年当時は、日本人はもちろん北朝鮮の人々も、金正日の顔など見たことはない。飛行機嫌いの金正日万景峰号に乗船し、日本へやってきたといわれている。だが、将軍様万景峰号に乗船して来日しても、北朝鮮の一般の乗客は、まさか偉大なる首領の後継ぎが自分たちと同じ船に乗っているとは思いもしない。

 

<北の指導者が赤坂に通い続けたわけ>

・なぜ、それほど熱心に金正日はコルドンブルーに通ったのか。プリンセス天功のショーが目当てだったのはたしかだが、重村氏は他にも重要な理由があったと分析している。

 

金正男はなぜ密入国を企てたか>

金正日が1970年代からたびたび訪日していたとすると、2001年5月1日の金正男事件も理解できる。

 この日、「金正男氏と見られる男性」が、成田空港で入国管理局に拘束された。男は妻子を連れており、ドミニカ共和国の偽造パスポートを使用して入国をはかったところ、入国管理官に見抜かれ、拘束・収容された。

 その際に、背中に虎の刺青が施されていることが判明し、金正男であることが、ほぼ確認された。ロイヤルファミリーの一員の身柄拘束は、北朝鮮から重要な人質を取ったに等しく、日本人拉致問題の解決の糸口になるのではという声も多くあがった。

 ところが、外交問題に発展することを恐れた日本政府は、強制退去処分にし、金正男は5月4日、全日空機で中国に向け出国した。

 

 

 

『実録 自衛隊パイロットたちが目撃したUFO』

地球外生命は原発を見張っている

佐藤守   講談社  2014/11/20

 

 

 

・ただ単に、「UFOなどという非科学的なものを見たというような人物は精神的にどこかおかしい」とする観念に国や自衛隊のトップが囚われていて、UFOの目撃は非現実的な錯覚だと決め付けているのです。私が危惧しているのは、こうした指導層のUFOに対する無関心です。

 

・ところが今もって、自衛隊内部では、UFOを目撃したなどと報告しようものなら、「貴様、頭でもおかしくなったのか」と一蹴され、過去には正直に報告したがため、辛い目に遭った後輩もいます。

 

 UFO問題は、かように日本の安全保障にもつながる重大問題であるにもかかわらず、民間でも「サイエンスフィクション」として興味本位に扱われるだけ。真正面から科学的に調査・分析するという姿勢がまったくといっていいほど見受けられません。

 

・ただ、これだけはまちがいありません。彼らの話を総合し、かつ私自身の経験に照らし合わせてみると、「UFOは確実に実在する」と、自信を持って断言できます。

 

<UFOがたびたび目撃される基地>

・私が自衛官のUFO目撃談を集めてみると、ある傾向に気づきました。それは、不思議とUFO目撃談は、ある特定の基地に偏っているという事実、UFOの名所があるようなのです。

 たとえば取材したなかで最も多かったのは、松島基地に関するレポートでした。

 

<アメリカからの強烈なコンタクト>

・UFOに関してはずぶの素人の私の問いかけに、これだけの目撃談が集まったのには驚きました。

「正体不明の飛行物体」に対処すべき任務を持つ防衛省航空自衛隊が、今まで領空に侵入してくる対象は「他国の航空機」だけであるかのような感覚ではなく、レーダーに映った、またはパイロットが目撃した「正体不明物体」のデータも、いかがわしいと思うことなく素直に収集していれば、この五十余年の間に貴重な資料が集積でき、科学的根拠も整っていたに違いありません。

 すでに北朝鮮のミサイルに備えなければならない事態が迫っているのですから、今までのような航空警戒レーダー網が「低速度目標」ばかりを意識していては、日本の空は守れません。

 

・しかし、未だにUFOといえば、オカルトかSFのような感覚でしか捉えられていないようですし、わが政府の扱いも、麻生太郎氏の答弁からうかがえるように、サイエンスフィクション的発想に留まっています。これでは、第一線の部隊に「UFO関連情報」収集を義務付けるように求める日は、永遠にやって来ないのかもしれません。

 しかし、私のUFOに対する調査に、信頼する部下たちから素直な体験談が寄せられたうえ、その後、私も家族とともにUFOを目撃することになったのですから、彼らの証言を簡単には否定することはできません。

 

・ところが、資料を分析して一つ強く感じたことがあります。それは、現代日本人のUFOに対する姿勢に、排除または封じ込めようという風潮が蔓延している点です。

 

・ところで、2010年に上梓した『実録 自衛隊パイロットたちが接近遭遇したUFO』を読んだ読者からは、本書に収録した以外にも多くのメッセージを賜りましたし、テレビや雑誌などからも取材を受けました。そのなかに、グレゴリー・サリバン氏という「ETコンタクト活動家」がいました。

 

・名刺には「JCETI」、肩書は「ETコンタクト・コーディネーター」とあり、活動内容と経歴を聞くと、実に興味ある答えが返ってきました。「2003年ニューヨークを旅立ち、ニュージーランドに半年滞在、その後来日、日本が非常に気に入ったので現在は福岡を拠点に活動中」だというのです。

 現在は、「地球外知的生命体(ETI)とコンタクトしながら、コンタクトのためのテクニックをナビゲートするセミナーなども交え、特別なスカイウォッチング『第5種接近遭遇』のイベントを全国で展開中」なのだそうです。

 

・私の本を読んで、多くの自衛官たちがUFOを目撃したのはその第一歩であり、それは「第1種接近遭遇」段階だといいます。「第2種接近遭遇」段階は。「UFOをレーダーで記録すること」であり、「第3種接近遭遇」段階は「宇宙人を目撃すること」、「第4種接近遭遇」段階は「UFO船内で宇宙人とコミュニケーションを行うこと」であり、そして最後の「第5種接近遭遇」段階は、「人間から発信し、宇宙人と双方向のコミュニケーションを行うこと」――彼はそのナビゲートをしているというのですから、いつか私もコンタクトさせてくれるに違いありません。

 

・3時間ほど楽しい会話が続き、時が経つのを忘れるほどでしたが、実に清潔感あふれる好青年で、彼こそ「地球外生命そのものではないか?」と想像を豊かにしたくらいです。

 このときの彼との「遭遇」で得られた成果は、私に寄せられた多くの体験談の信憑性が確かめられたこと、「宇宙人=地球侵略者」という悪しきイメージは、「アメリカのメディアによって植えつけられた誤ったイメージ」であること、「宇宙人は常に地球、特に核エネルギーの未熟な扱い方について見守ってくれているのだ」ということ………。

 

・結論は、UFOは物質ではなく、「光体やエネルギー体」であり、いろいろな「利権」に絡んでいる各国政府は、自己保存のためにその存在を隠蔽し続けてきたのだということでした。

 

・本書は、2010年7月に講談社から発刊した『実録 自衛隊パイロットたちが接近遭遇したUFO』に新しく寄せられた情報を大幅に加筆、改題のうえ再編集したものです。