UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

世論調査をすればわかるように、アメリカ人の3分の1以上が、今も空飛ぶ円盤が地球を訪れていると信じている。(2)

 

<●●インターネット情報から●●>

ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)から引用。

フェルミパラドックス

フェルミパラドックス(英: Fermi paradox)とは、物理学者エンリコ・フェルミが最初に指摘した、地球外文明の存在の可能性の高さと、そのような文明との接触の証拠が皆無である事実の間にある矛盾のことである。

 

(各種の考察)

宇宙人は存在しているが、存在の証拠を人類の知識では理解できないのだという主張から、宇宙人の存在を前提にフェルミパラドックスの解決が試みられたり、知性を持った宇宙人は存在しないか極まれにしか存在しないので、人類はそれらと接触することができないという観点から議論されることが多い。主として超常現象を基にした憶測に基く様々な解釈・意見が挙げられている。

<宇宙人は存在し、すでに地球に到達しているが検出されない。

・到達した宇宙人は発見されても全て、各国政府により公表が差し控えられている。

到達した宇宙人は全て、潜伏、又は地球の生命に擬態して正体を隠している。

・到達した宇宙人は全て、ケイ素生物・意識生命体など、地球人が「宇宙人」として認識できない形態の生命である。

・別次元(五次元等)に存在するため、地球人が認識出来ない。

 

<宇宙人は存在し、過去に地球に到達していたが、最近は到達していない。

・既に来訪しており、遺跡などにその痕跡が残されている。詳細は古代宇宙飛行士説を参照。

・既に来訪しており、我々人類(もしくは地球上の他の生物)はその子孫である。

・既に来訪しており、ハンガリー人を名乗っている。(当時のフェルミの周囲で語られたジョーク。「火星人」と言われた天才ジョン・フォン・ノイマンハンガリー勢を指している。アインシュタイン他の19世紀後半のヨーロッパ生まれの天才たちを、潜伏した宇宙人とするバージョンもある)

 

<宇宙人は存在するが、なんらかの制限又はある意図のためにまだ地球にやってきていない。>

・多くの宇宙人は穏健で引っ込み思案な知的生命であるため、宇宙に進出しない。

・知的生命体は、高度に発達すると異星人の文明との接触を好まなくなる。

・異星人と接触した結果地球上に起きる混乱を避けるなどの目的で敢えて目立った接触を行わない。これは「動物園仮説」又は「保護区仮説」と呼ばれる。(創作小説等の言葉を借りれば、「未開惑星保護条約(宇宙に大規模に進出し得ない文明レベルの惑星には介入しない)」のような星系間の条約が存在する可能性が指摘されている)

 

<宇宙人は存在するが、恒星間空間に進出し地球にたどり着くための進化・技術発展における難関を突破できない。>

・生命が発生し、知的生命として発展し、宇宙航行種族になる確率が非常に低い。

・高度な技術文明があっても、地球人の観測圏までたどりつくのは非常に難しい。

・ほとんどの宇宙人はある程度文明が発展すると、核戦争や著しい環境破壊などの事態を引き起こし、短期間に滅亡してしまうため宇宙旅行に乗り出す時間を持ち得ない。

 

<この宇宙には地球以外に生命体が存在しない。「存在しないものは来ない」。>

・この宇宙には地球以外に生命が存在しない。

・地球以外に生命が発生する確率はゼロではないが、今のところ地球の生命が一番目に発生した生命で、二番目がまだ登場していない。或いは二番目が現在の地球の文明レベルよりも低い。

・宇宙人による全天探索計画が実際になされているとしても、はるか遠方で行っているため光速の壁に突き当たってまだ地球には達していない。(137億光年以内に、そのような試みをする知的生命体はいない)

 

このパラドックスに関連する問題は天文学、生物学、経済学、哲学など様々な分野に及び、多くの学術的な成果を生み出した。宇宙生物学という分野の出現で、フェルミパラドックスと宇宙人の問題に対して、学際的に検討することが可能となった。

 

 ■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■

 

・ハリウッド映画のおかげで宇宙人グレイのイメージが世界中の人々の頭の中に刻み込まれました。特に、子供たちへの影響は、大きいものだったようです。人間タイプの宇宙人もハリウッド映画にはよく出てくるようになりました。人間タイプの異星人が、バイオ・ロボットのグレイを作ったそうですので、その超テクノロジーの凄まじさが窺われます。進化した異星人は、天使のように目に見ない存在になったり、目に見えるように実体化したりできるようです。そのメカニズムが現代の科学者には理解不能のようです。神々や天使、大天使の話になりますと「現代の神話」となり、タブーになるようです。Amazonの「洋書」にも膨大なUFOやalien関連の書籍がありますので、現代の科学者が無視しているのは不思議な話だといわれます。

 

・エイリアン・エンジニアリングにしても、商業主義が徹底しているといわれます。実際に「特許」の独占が窺われます。現実的に「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」により、米国の軍需会社や情報通信会社は、非常に大きな恩恵を受けているそうです。パソコンも「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」の結果だといわれます。誰の目にも「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」が明らかになっている時代だといわれます。とにかく目に見えない天使のような異星人は、誰も識別ができないそうです。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」といわれますので、「人間化した宇宙人」や「宇宙人化した人間」のパーソナリティーが多いそうです。

 

・「彼ら蛇人はすでにロシア共産主義勢力としてやってきており、マルクスとレーニンはその勢力のいわば幹部たちだった」という説もあります。資本主義も共産主義ももともとは宇宙人のシステム、思想だったといわれます。共産主義を信奉するエイリアンがいるかぎり、社会主義国はなくならないといわれます。フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのであると指摘されています。ところで「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」は、ロシアも研究しているのでしょうか。「モスクワには多くの異星人が住んでいる」というリーク話もあるそうです。ロシアは昔から宇宙人の逸話が多い地域だと語られています。

 

ところでAmazonに係るネット詐欺が非常に多いそうで、犯罪グループの一網打尽が望まれています。「浜の真砂は尽きるとも世に(ネット)詐欺の種は尽きまじ」といわれます。近未来には、プログラミングの学習が普及しサイバー犯罪が激増するといわれます。また振り込め詐欺にしても被害者が高齢者で被害額も多額ですが、犯人グループを一網打尽にできない警察捜査の劣化が窺えるそうです。

 

・「旧版の『広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由』から十余年、原書が改訂され、理由も75に増えたのに応じて、翻訳も『広い宇宙に地球人しか見当たらない75の理由』と改めて新版を出すことになりました」とのこと。私たち一般人は、インパクトがほとんどなくて、デーヴィッド・アイクの本の方が衝撃的だったといわれます。デーヴィッド・アイクの本のほうがよく売れていたといわれます。このように文字だらけの大部の本よりも、『ヴィジュアル版 超極秘UFO・異星人図鑑(ムー)』(並木伸一郎)(2018/6/19)のような写真や絵図の豊富な本が読まれていると指摘されています。望遠鏡にもエイリアンの超巨大な宇宙船が写る時代になりました。

 

ハンガリーのジプシーは火星人の末裔という説」も不思議な話です。ヨーロッパのジプシーは独自の生活習慣を持って、ヨーロッパを放浪していたようです。「ジプシーはまたアガルタの住民の末裔」という説もあったようです。「日本のサンカもアガルタの住民の末裔」という説もあるようです。奇妙な一致の話です。現代のジプシーの現状と異星人を結びつけることは理解不能だそうです。ロスアラモス国立研究所は、原子爆弾を創るために創設された研究所です。そこで異星人のような頭脳のハンガリー系の科学者の尽力で原子爆弾の製造に成功したようです。そこで「ハンガリー人は異星人のように優秀だ」という伝説ができたようです。ユダヤ性とハンガリーマジャール)性の混交が優秀な科学者や数学者を生んだようです。「ユダヤ人は神の選民」という話もあり、ヨーロッパにおいては膨大な歴史的な背景があるようです。

 

・ちなみにウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)から引用。

(ジプシー)

ジプシー(gypsy)は、一般にはヨーロッパで生活している移動型民族を指す民族名。転じて、様々な地域や団体を渡り歩く者を比喩する言葉ともなっている。外名であり、当人らの自称ではない。

(名称について)

「ジプシーは「西暦1100年にアトスに現れた」とする記録が最古のものとされる。ドイツでジプシーを確認している最古の記録は1407年のものである。1427年にフランスのパリに現れた彼らは、「自分たちは低地エジプトの出身である」と名乗った。ここから「エジプトからやって来た人」という意味の「エジプシャン」の頭音が消失した「ジプシー」 (Gypsy) の名称が生じたと言われる。

 

近年の日本においては、「ジプシー」は差別用語放送禁止用語と見做され、「ロマ」と言い換えられる傾向にある。しかし、「ジプシー」には「ロマ」以外の民族も含まれているので、これは他のジプシー民族を無視することになる

 

明治時代の日本の新聞ではジプシーが「西洋穢多」と報じられたことがあるが、ジプシーの居住圏は西洋だけにとどまらない上、生活様式は日本ではむしろサンカに近い」とのこと。

 

・「ハンガリー語は、ヨーロッパで話される諸言語の多くが属するインド・ヨーロッパ語族とは系統が異なっている」そうです。人間には太古から多くの異星人の遺伝子が混じっているようです。「火星霊人と金星蛇人」の対立・戦争と昔は語られましたが、現代の金星人とのコンタクティは少なくないようです。が、火星人は秘密主義のためか、コンタクト話は極めて少ないようです。金星と火星の異次元には壮大な文明の都市が存在するという話です。このような荒唐無稽な話は現代の科学者には理解不能といわれます昔は「金星人の美男美女というイメージ」、「火星人はタコのような生物のイメージ」がありました金星のマスター(長老)、サナンダとのコンタクティが日本にもいるそうで驚きです。金星人と火星人は進化に大きな格差があるのかもしれません。金星も火星も人間の目には、荒廃した砂漠のようなイメージですが、探査衛星からの写真が異様な事実を物語っているようです。インチキなのか真偽が分かりませんが、謎の写真集も出版されているようです。それは謎の人工物の遺跡の話です。

 

・日本の河童とハンガリーのつながりと言えば、上記の「一隊は頭目貘斉坊(ばくさいぼう)に率いられて中央ヨーロッパハンガリーの首都フタペストに到着し、この地に棲息しました。頭目九千坊は、瑞穂の国日本をめざし部下をひきつれて黄河を下り黄海へ出ました。そして泳ぎついたところは九州の八代の浜です」というくだりがあります。河童と言い異星人とハンガリーのつながりは荒唐無稽ですが、面白い話です。

ハンガリーは距離的にも遠く、人種的にも違うので、繋がりを予測するのは困難のようです。しかし、異星人と河童の繋がりがあるのかもしれません。

 

・遥かに進化した天使のような異星人は異次元から人間世界を観察しているそうです。天使的な異星人が住む、幽界、霊界、アストラル界は、非常に細かい粒子(エーテル)の世界のようです。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」ともいわれますが、一人一人の人間は数知れず、転生してきているようなのです。「異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視調査し社会生活をしている」ともいわれます。ウォークイン(憑依)やワンダラー(転生)やさまざまな形態で人間に取り憑いているようです。「進化した宇宙人は人間の精神に侵入してくるとか、精神体に憑依できる」ともいわれます。空飛ぶ円盤の宇宙人よりも、目に見えない幽霊のような存在です。

 

・人間に憑依し乗り移っているようで、目に見えない高次元の異星人にはかなわないようです。「宇宙人と普通の人間が区別できなくなっている」ともいわれています。「人間の精神体に憑依」したりしますので誰も分からないようです。神々や天使のような異星人は、目に見えないために、かつアバブ・トップシークレットなので、私たち一般人は、理解できないようです。

 

・また「神々も市井の人となり普通の生活をしている」とか「神々や天使は、背後霊や守護霊となり人間に憑依している」ということで、誰にも分からない世界なので、問題にすることもできません。「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だ」ともいわれますが、私たち一般人は、理解不能のようです。「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」ともいわれ、日本人にはさまざまな異星人の遺伝子が混じっているようです。

 

・九千坊は不思議な河童のようです。渡来人説があり、人間タイプなら、なぜ河童の話がでてくるのでしょうか。とにかく九千坊については分からないことが多いそうです。人間化したのも混じっていたのでしょうか。河童は人間との関わりあいが多く、単純に未確認動物(UMA)とはいえないそうです。この話では九千坊は非常に長寿のようですし、河童=宇宙人説でも妥当するのでしょうか。宇宙人は一般に非常に長寿のようです。河童=異星人=火星人の一種かもしれません。グレイと人間の交雑種が「エササニ人」といわれます。エササニはオリオンの方向にあるともいわれます。

 

・「河童は米国で問題になったグレイと言う小柄な宇宙人の一種である」という説もあります。またマオリッツオ・カヴァーロというクラリオン星人のコンタクティによると「河童は現在も海底基地に存在する」とのことです。バミューダ・トライアングルの海底にも海底基地が二つあり宇宙連盟が管理しているともいわれます。「ゼータ・レチクル星人のグレイと、オリオン座のリゲル人の長身のグレイ、オリオン座の有翼のドラコ族、恐竜から進化した地球のレプトイド(恐竜人)」がダルシー基地やエリア51等のアメリカの秘密基地で活動しているともいわれます。

 

・小柄なグレイはゼータ・レチクル星人ともいわれています。その昔ゼータ・レチクル星人でも大挙してきていたのでしょうか。グレイの種類もいろいろとあるようです。バイオロボットから人間との異類混血までかなり多種のようです。イタリア人のマオリッツオ・カヴァーロもグレイの人間タイプしか見たことがないともいっています。全国に多くの異名を持つ河童もマンガのイメージのようなものばかりでなく、いろいろと種類が多いようです。

 

・「グレイの後に金髪碧眼のノルディックが来た。その後に、人間タイプのオレンジと呼ばれる宇宙人が来て、その後に“東洋人タイプの異星人が来た」そうです。人間タイプの異星人は詳細がわかりません。アメリカ空軍は133種類の宇宙人を確認しているそうです。グレイには、「ビーガン。シリウスA人の遺伝子から作られたグレイ」、「ゼータ・レティクリ1。地球人監視のためリゲル人が作ったグレイ」、「ゼータ・レティクリ2。遺伝子操作で作られたグレイ。爬虫類人に奉仕」などが存在します。

 

・米国では小柄なグレイを部下として使役している金髪碧眼のノルディックという人間タイプの宇宙人がリークされました。階級意識が強く、かなり位が高いそうです。プレアデス星人ともいわれますが、国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)の数段階上の厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いのため、詳細はわかりません。

 

・全国の河童もバイオロボットで「異人」が連れてきたのでしょうか。天照大神須佐之男命は対立する神々として歴史上描かれています。天照大神は太陽神界の神様かもしれません。一方では、須佐之男命はネガティブなシリウス系列かオリオン系列に属する異星人だったのかもしれません。須佐之男命の系列の異星人が河童を全国に連れてきた可能性があるそうです。スサノオ命は絶対神ヤハウェにほかならない」という奇説もあります。西洋神界はスサノオ神とその系統の神々が1万年ほど前に拓いた地域で、シュメール族は「スサノオ神系」だといわれます。「ゲルマン神話の神々は日本の神々だった。まず、主神・オーディンは「須佐之男神」だった」という説もあります。

 

・全国には河童を研究している人も多いらしく「河童の本」も多いようです。また河童を観光資源にしている町もあるようです。「須佐之男命がヤハウェという説」もあり、異星人としてのスサノオ命の正体は分かりません。異人や日本の歴史上の神々を異星人と結びつけて解釈することは少数説のようです。「大衆は常に間違う」とも「大衆は常に正しい」ともいわれます。

 

・偉人といえば『ライオンの隠れ家――異星人だった歴史上の偉人たち』(ジョージ・ハント・ウィリアムソン)という本があります。つまり、「ダビデ王、モーゼ、ツタンカーメン、マリア、イエスなど、歴史上有名な偉人たちは、地球で転生を繰り返してきた異星人だった」そうです。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」ともいわれます、私たち一般人も過去に無数に転生を繰り返してきたようなのです。また「都市型の超巨大な宇宙母船シャンバラには、“不死の処置”を施された偉人が多数、存在している」ともいわれます。ウォークイン(憑依・人格転換)やワンダラー(転生)の人間が大勢いるようなのです。

 

 

******************************** ・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろう

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド 神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」 日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」 「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」

「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けたのだろうか」「フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのだろうか」

国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

 

グーグルのブロガーにも書いています→UFOパラレル・ワールド