UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

ナポレオンはエジプト遠征の前とエルバ島へ流される数ヶ月前の2回「『チュイルリー宮殿の赤い服の男』に会い、助言をうけた」といわれていますが、この『赤い服の男』は、サン・ジェルマン伯爵だったといわれています。(5)

 

  

アトランティスの叡智』

(思考の現実化、意識の物質化)

(ゲリー・ボーネル)(徳間書店)  2004/9/30

 

 

 

ホワイト・ブラザーフッドアトランティス

数世紀にわたりブラザー・オブ・ライト(ホワイト・ブラザーフッドとも呼ばれています)のメンバーは、アトランティス人の直系の人たちに限られていました。「叡智の道」の教えを守っていくにはアトランティスの血統が重要だと信じられていました。血統自身の構造の中にユニティの直接体験が保持されているからです。

・ ある意味、これが王制と神官の階級の始まりといえます。神官階級はたとえば、最後のシフトの直後にエジプトで花開き、世界中へと広がっていきました。ブラザー・オブ・ライトはその都度、名前を変えながら継続していきました。そして文明が変化するときに、中心的な役割を果たしてきたのです。グループの機能は変わりません。集合意識が再び受け入れられるようになるまでに「叡智の道」の大いなる教えを守ることです。

ギリシャローマ神話に出てくるエピソードは、シフト後、これらの意識を保ったままのアトランティス人と霊的に目覚めていない人々との間に、起こった出来事を下敷きにしているものも多いのです。このオリジナルのアトランティスの長老達はまだ何人か私たちと共に見守り続けてくれています。

 

 

 

『光のアカシャ・フィールド』 超スピリチュアル次元の探究

よしもとばなな × ゲリー・ボーネル  2009/7/23

エイリアンは我々にテクノロジーを与えてくれている

・――今、よしもとさんが言った話は、異次元から来る異次元人みたいな感じでしょうか。その人のイメージ体系に合わせて出現するみたいな。別の星からではなくて、地球の次元の違うところにいろんな人がいて、それが知の起源というか、文明の起源だという研究が民俗学のほうではあるんです。日本では「異人(まれびと)」といっていた。これは折口信夫が研究していました。そういう違う次元から来る異人と星に起源を持っている宇宙人とは違う気がするんですが、ゲリーさんはそういう区別をつけているんですか。

・(ボーネル)いわゆる知の起源、我々の知性の源だというふうには思いませんが、彼らが我々にインスピレーションを与えてくれていると解釈しています。我々の現実を、子供の世界のようにはしたくないんですが、言ってみたら我々は子供っぽい。別次元の異人たちにせよ、そういう存在たちは、我々を一種の発展途上段階にいる存在というふうにみていると思います。そして、彼らは確かに我々にインスピレーションを与えてくれます。エイリアンはまったく違った形で取り組んでいると思います。きっと今は完全にわからないだろうけれど、必要に応じて使ってごらんという感じで、彼らは実際に我々にテクノロジーを与えてくれていると思っています。

・ほかにもエイリアンから情報を得た人がいます。彼の名前はニコラ・テスラといいます。彼はいろいろなものをつくりました。――ニコラ・テスラには、電力の空中輸送システムとか、壮大な発明があった。

・――そう。惑星ウンモ(地球から約14.5光年離れた恒星イウンマの周りを公転)から来た地球外生命体ユミット(=ウンモ星人)のことです。書いた人はフランス国立科学研究庁(CNRS)で主任研究員を務めていたジャン=ピエール・プチさんという優秀な科学者ですけれども、彼は、ウンモ星人からもらった手紙をもとにいろんな研究を発表して、正統な科学界でも評価されたサイエンティストなんです。その方が、論文のニュースソースはウンモ星人だとはっきり書いている。プラズマ推進の装置やUFOの飛行原理とか、いろんなテクノロジーを宇宙人からの手紙で受け取った、実際にそういう人がたくさんいて、プチさん自身も受けとっています。

 

・残念ながら、プラズマというものはある特定の世界にしか応用できません。プラズマが存在するためには幾つかの条件というものが必要です。たとえば、正しい電磁波フィールドが必要ですし、正しいイオンの状態も必要です。僕は宇宙船の推進力についての資料を見ました。それは全部ピュアなイオンのエネルギーです。

――アメリカ政府はそれもかなり知っている中で伏せているという話です。プチさんは、手紙から得た情報をもとに磁気流体力学(MHD)という推進原理を論文に発表していますが、アメリカはそれを技術応用して、すでにUFOのような軍事用飛行体を開発済みであることも指摘しています。

・僕が見たものは、イオン振動ジェネレーターみたいなものです。その飛行体というのは、真ん中が空洞になっていて、内側の円は磁化されていて、周りにはコーン、円錐形のような形をした長い大きなタワーのようなものがあり、内側とは反対の磁気を帯びていて、正反対だから逆に引き寄せ合います。イオンの振動を送るとコーンの磁気が変化し、イオンに乗って宇宙船がヒュッと飛んできます。サーファーが波に乗っているような感じです。同じアイデアなんですよ。イオンの波の上を乗っていく感じです。そして、イオンの波が動きを与えられると、それは決して消滅しないんです。そのまま一定してそこに存在します。イオンを使ったものです。

エリア51というのは、ご存知ですね。そこにはもう「パルセーションウエーブジェネレーター」というものがすでに存在しています。

・(ボーネル)僕は1回だけUFOを見ました。もし一緒に車に乗っていた人がいなかったら、多分、僕はUFOを見たとは思わなかったと思います。非常に伝統的なものでした。音もなく、空中に浮いていて、ヒュッといなくなりました。

・ふだんから幽霊は見えますし、精霊たちも見えるし、天使も見えるんだけど。宇宙船というのはエーテル状のものであろうと思っていたんです。でも、はっきりした固形物だったので、まるで幽霊に遭ったような気がしました。

アカシャ・フィールドについて

・アカシャ・フィールドとは、この次元ではないところに存在する壮大で神秘的な図書館、またはスーパーコンピューターのようなものです。ここには、2億600万年前から西暦6732年までの人間一人ひとりの意識から集合意識まで、人類史上に起こったすべての出来事とそれに対する反応が記録されています。個人の過去も未来も含めた転生の記録であるアカシックレコードは、このアカシャにすべて貯蔵されているのです。

 

マチュピチュは黄金の巨人たちの神官たちが棲む場所だった

マチュピチュに関しては、ずっと昔になります。僕たちの時間の概念というのは文化・文明によって変化しますので、正確にいつかということはだれにもわかりませんが、レムリアの前に当たります。ですから、おそらく6万年前です。地球以外の存在たちがこの地球という世界にやってきて、最初の足跡を中央アメリカにしるしました。

・そのころ、地球の人たちは、知性はあったんですけれども、原始的な生活をしていました。地球上の出生率が非常に低かったので、エイリアンたちのグループは、簡単に魂が肉体に入れるように遺伝子を操作したんです。しかし、魂のエネルギーが非常に強烈だったので、お腹の中の胎児の組織を破壊してしまいました。ですから、遺伝子が操作され、調整され、その結果、次第に体が破壊されないような形になって、生まれてくるようになりました。

 こういう地球外の人たちは、僕たちの基準から見ると体格的に非常に大きな存在で、大体4~5メートルぐらいの背丈がありました。そして、皮膚は黄金色に光り、髪も光っていました。ですから、もし我々が今日そういう存在を目にしたなら、SFの世界の存在だと思うでしょう。

・ウィリアムソンの『アンデスの秘密』という本があります。巨人の種族に関する本です。しかし、人間の意識がどんどん暴力的になってきたので、巨人たちは、アンデスピレネーチベットなどの山岳地帯に引き揚げていきました。それで、バスク地方チベット文明、マヤとインカの文明にはいわゆる巨人伝説というものが残されているのです。

 彼らは、基本的に、「すべてを知っている存在」でした。また、600~700年前ぐらいの古い絵には、マリアと赤ちゃんのイエスが描かれ、空にUFOが描かれているものがありますが、実際にUFOを使って移動していたのです。

 

十戒の箱は、彼らとのコミュニケーションの手段でした。ユダヤ人たちはこのテクノロジーを持っていたので、ほかの文明の人たちが理解できないレベルまで理解していたように思います。ユダヤ人は、選民、神から選ばれた民だということですが、それはモーゼがシナイ山に登って、エイリアンたちとともに時間を過ごし、1万年のシナリオを見せられたから。いってみれば、彼は人類の未来を見せてもらったわけです。

エイリアンは4つの惑星システムから本当に地球を訪れています

・エイリアンたちが地球を訪問しているというのは本当です。少なくとも4つの惑星システムから来ています。オリオン、ベガ、アンドロメダ、そしてカシオペアです。今、プレアデス人はいません。レムリアとかアトランティスのころは長い間地球にいました。

・今、オリオン星から来ている存在たちが結構活発に活動しています。人類の暴力というものをできるだけ減らそうとしています。プレアデス星人は、アートとかクリエイティビティー、音楽、美、彫刻、そういうものにかかわっていました。オリオンの人たちは、主に政治とか警察官、いってみたら宇宙の警察隊みたいな感じです。

『空洞地球』  2012バージョン&アセンション

中丸薫  徳間書店 2008/8

 

 

 

コズミック・ホワイトロッジ(宇宙聖白色同胞団)は、銀河連邦・宇宙連合と同じもののようである・・・・

・宇宙聖白色同胞団は、地球のシャンバラが七秘市の中央本部の様なものである様に、各遊星白色同胞団の宇宙本部のようなものである。

 

・この全遊星白色同胞団の総本部・コズミック・ホワイトロッジは、さそり座の主星アンタレスに位置している。この星は、今の宇宙の創造の第一サイクルの時のネガティブ(破壊性・消極性・悪徳性)の流れを非常に強い力で防いでいるから宇宙聖白色同胞団の物質的場所として選ばれたのである。

 

・この宇宙聖白色同胞団の大会議は、第三の完全で最終の神秘一体感光輝(第三イルミネーション)を得た千人の大師達によって構成されている。この大師(マスター)がたはまた、宇宙内全惑星にある白色同胞国(支部)についても全責任を持っておられる。千人のマスターの“主”とも言うべきかたが、“サイクルの主”と呼ばれるかたである。

 

イエス・キリストは、宇宙聖白色同胞団の千人の大師の中の一人であって、この地球に物質肉体をまとって化身され、この地球上の霊的働きを促進し援助するために来世されたのである。

 

・多くの秘教学徒が犯す大きな間違いは、この偉大なる大師達と一般世俗の人々との全く違った人間だと区別することである。偉大なる聖者大師と普通の人間と違う唯一の点は、大師達は時間にも空間にも物にも何らの限定もされないというだけである。

 

・これらの大師がたは、肉体の物質化もできるし、非物質化(分散消滅化)をも自由自在なので、この地上物質界に顕現しようとするには、御自身の自由意志で選ばれない限り、誕生という過程を通らなくてもよい。

 

<アダマ・ミコスのインナーアース・メッセージにおける惑星銀河連邦とは?>

・この惑星がまさに経験しようとしている神聖な介入は、実は創造主が直接起こした介入です。そのために、何百万もの他の銀河系から数え切れないほどの宇宙の存在が、つまり皆さんをたいへん愛している、皆さんの宇宙の兄弟が今ここに何億人もいて、この『大いなる移行』の期間中、皆さんとこの惑星を準備し、援助しています。多様な地球外文明の中で援助に来ているのは、アルクトゥルス人・プレアデス人・アンドロメダ人・シリウス人・金星人・ケンタウルス座のアルファ星の人々・オリオンのポジティブな人々と、その他にも大勢います。

 

アルクトゥルス人、シリウス人、プレアデス人、その他多くは、皆さんのとても大切な宇宙の友人であり、守護者です。

 

 

 

『2012年 アセンション最後の真実』

浅川嘉富  Gakken   2009/8

マヤ予言の秘密とクラリオン星人の啓示・・・魂の5次元上昇が今、始まる!!

 

 

 

ワンダラーとウォークイン

・遺伝子コードの起動によって肉体ごと5次元に移行できるまでに覚醒」した人々は、上空に飛来した巨大母船に乗りこんで故郷の星へと帰還することになります。一方、覚醒への道を歩みながらもそこまで進まなかった人は、肉体を離れてフォーカス35へと進み、5次元的肉体を得た後、そこで待機している宇宙船に乗りこむことになります。これはすでに説明したとおりです。

 前者の地球に出現した母船に乗りこむ人々に加わるのが、「ワンダラー」、そして「ウォークイン」と呼ばれる人々です。

 

・ワンダラー、ウォークインとは、アセンションを果たそうとしている人類を支援するため、他の惑星から自らの意志でこの地球にやって来た人々のことです。彼らは人間の体をまとって地上での生活を送っているので、通常は、異星からやって来たことや人類救済が使命であることなどを、周囲に知られることなく活躍しています。霊的世界の高位な存在たちが、彼らを裏から支えていることはいうまでもありません。

 

・なぜ、彼らのような存在が必要なのかというと、根源神がすべての生命体に自由意志を与えているがために、高位の霊的存在や異星人たちはあるラインを超えて地球や地球人類へ干渉することを許されていないからです。しかし、ワンダラーやウォークインたちであれば、地球人として転生してきているので、同胞として直接的に地球人類へ働きかけることができるのです。

 

・なかでもとくに数の多いのがワンダラーです。彼らは地球生命圏を取り囲む霊的世界(フォーカス35~27)を経由して地上界へと転生してきているわけですが、その数は想像以上に多く、10万とか100万といった数ではなさそうです。また、彼らのなかには、いわゆる人間型生命体ではない種の異星人も混ざっているようです。

 

・そこで、思い出すのが、近年の霊界通信のなかに、幽界や霊界で地球上では見慣れない生命体をよく見かけるという報告です。私は長い間それを不思議に思っていましたが、最近になってようやく、彼らが地球で人間として生まれるためにやってきた、体系を異にする地球外生命体であるということに気づきました。

 

・彼らは5次元的存在として地球生命圏にやってきて、人類としての慣習を学んだり、異なる肉体をまとうためのさまざまな準備をしたりしながら、転生のときを待っていたのです。

 

 しかし、こうしていろいろな世界から崇高な使命を持ってやって来たワンダラーたちも、自らの魂の出自と地球への転生の目的を思い出せないままに人生を送ってしまっているケースも数多いようです。彼らが「塩漬けのリンゴ」と呼ばれているのはそれゆえです。

 

異星人としての記憶を持つウォークインたち

・ウォークインと呼ばれる人々は異星からやって来て、すでに地上で肉体を持っている人間の魂と入れ替わった人々のことです。

 

 ある人が、突然の病や不慮の事故によって致命的な状態に至ったとき、それまで肉体を占有していたもともとの魂が肉体を離れ、そこに入れ替わるようにして、使命を帯びてやってきた異星からの魂が宿ることがあります。

 

・それは、まわりの人々には奇跡的な回復とか蘇生として映るでしょう。そして、その後、人格が入れ替わったことによる言動の変化が、さらに周囲を驚かせることになります。

 

 一見するとこれは、憑依現象のように思えますが、肉体を離れる魂とその肉体へ新たに入りこむ魂との間には、生まれる前の段階で入れ替わりへの同意がなされているので、一般的な憑依現象とは違って、両者の納得ずくの入れ替わり現象というわけです。

 

・彼らウォークインがワンダラーと異なっているのは、自らの魂のルーツと背負っている使命に関して、完全な記憶を保ったまま地上に現れているという点です。そこで、彼らはワンダラーたちの目覚めを促すための活動を行う一方、すでに目覚めたワンダラーたちとともに、ひとりでも多くの人間がアセンションできるよう、世界各地で活躍しているのです。

 

 

 ■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■

 

 

ノートルダム大聖堂が2019.4.15の火災で大きく被害を受け、世界的なニュースになりました。

ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)によると

ノートルダム寺院ゴシック建築を代表する建物であり、フランス、パリのシテ島にあるローマ・カトリック教会の大聖堂。「パリのセーヌ河岸」という名称で、周辺の文化遺産とともに1991年にユネスコ世界遺産に登録された。現在もノートルダム大聖堂は、パリ大司教座聖堂として使用されている。ノートルダムとはフランス語で「我らが貴婦人」すなわち聖母マリアを指す。

パリのノートル・ダム大聖堂の正面に向かって左側のポルタイユ(正面)には、聖母マリアの聖母被昇天の主題が取り上げられている。中段では聖母マリアが地上における生を終える場面が描かれ、上段でキリストから祝福を授けられている聖母マリアが鎮座している。キリストを中心にして天使や聖人たちが描かれており、過去、未来、未来という崩れた構成となっている。

 

2019年4月15日夜(現地時間)に大規模火災が発生し尖塔などを焼失した。翌日16日午前に消火活動により鎮火した。同日にローマ法王庁のフランシスコ法王も「ローマ・カトリック教徒およびパリ市民のために祈っている」と声明発表している」とのこと。

 

キリスト教文化が根強いヨーロッパ、特にフランスでは、社会生活に深く、キリスト教会が浸透しているようです。日本の場合は、キリスト教の普及は明治維新以降ですので、日本人には、想像を絶する程度だといわれます。太古から、神々や大天使、天使、堕天使、悪魔や異教との対立等で、膨大な資料の蓄積があるようです。聖母マリアや大天使ミカエル等の出現の「奇蹟」も多くあったといわれますキリスト教会の歴史のように、フリーメーソンの歴史にも長い伝統があったようです。異人や神人の伝承も昔から豊富にあったようです。サン・ジェルマン伯爵のような神人についても様々な記録が残っているようです。「ナポレオンはエジプト遠征の前とエルバ島へ流される数ヶ月前の2回「『チュイルリー宮殿の赤い服の男』に会い、助言をうけた」といわれていますが、この『赤い服の男』は、サン・ジェルマン伯爵だったといわれています」という説もあったようです。『赤い服の男』の正体については、諸説あったといわれます。『赤い服の男』は、フランスを統括する「大天使」が「テレポート」(念力移動)して、歴史上の人物に度々会ったようです。「テレポート(瞬間移動)は、人間にとり奇跡ですが、宇宙人にとっては、それほど難しくないテクノロジーだ」と指摘されています。進化した異星人(天使や大天使)は自由に物質化、非物質化ができたようです。大天使が大組織や都市等を統括しているといわれます。

 

・「ヒトラーは堕天使ルシファーに憑依されていたのだ」という説もあります。ヒトラーはホワイトブラザーフッド(白色同胞団)のメンバーであったという怪説もあると語られています。そして「ヒトラーはブラジル人の愛人と95歳まで生きていた」という話もあるようです。ヒトラー霊媒で宇宙人から「人格転換」を受けた“霊界から来た男”ともいわれます。「第2次世界大戦は堕天使ルシファーと大天使ミカエルの代理戦争だった」という奇説もあったといわれます。

「実はなんとヒトラーロスチャイルドの血統だという説がある。そして、当然のことながらイルミナティだったというのだ。ヒトラーの側近も四人の重要な相談役もすべてがイルミナティで占められ、ヒトラーは常に監視下にあった。つまりヒトラーは「イルミナティに培養された独裁者」だったのだ」と指摘されています。そしてヒトラー霊媒の多い地域で生まれたといわれています。アルデバラン星人はアーリア人の「超人」であり、ゲルマンの神々だったようです。アルデバラン星人は、ゲルマンの諸民族とスカンジナビア人、特にバイキングの創作と管理を担当したそうです。アルデバラン星人は「幽霊」のように現れたり消えたりするようです。地球から68光年の距離にある牡牛座のアルデバラン太陽系の二つの惑星からなる“スメーラン帝国”の異星人とナチスは、コンタクトしていたと指摘されています。見えない異星人の「超人」たちにヒトラーは憑依されていたようです。「ヒトラーの亡霊」に関する「都市伝説」は、世界中に少なくないといわれます。

ナチスは「超人」を崇拝したともいわれます。シュメール文明を打ち立てたのが金髪碧眼のアルデバラン星人といわれ、牡牛座のアルデバランが故郷の惑星のようです。中世のドイツの領主はほとんどが「異人」か「異人」の末裔ともいわれます。ヨーロッパには「異人」の伝承が豊富にあるといわれます。

 

ヒトラーが同性愛者であったという事実を証明し、この事実を知ることが、ヒトラーの人格とその経歴を理解する上で不可欠であることを論じることが本書の狙いである」と書かれてあります。ヒトラー霊媒で宇宙人から「人格転換」を受けた“霊界から来た男”ともいわれます。「ヒトラーは常に監視下にあった。つまりヒトラーは「イルミナティに培養された独裁者」だったのだ」といわれます。ヒトラーの側近も四人の重要な相談役もすべてがイルミナティで占められ、ヒトラーは常に監視下にあったと語られています。ナチスドイツ国防軍の対立も凄まじかったようですが、ヒトラー総統が国防軍を掌握したのは、ドイツの異人のネットワークが背景にあったからなのかもしれません。ヒトラーは堕天使ルシファーに憑依されていたのだ」という説もあります。中世のドイツの領主はほとんどが「異人」か「異人」の末裔ともいわれます。異人も昔からさまざまな人間社会との繋がりがあるようですが、詳しくは分かりません。ヒトラーだけが注目されますが、「ヒトラーを異次元から操っていたといわれる超人たち」については、誰もわかりません。ヒトラーがゲイ(LGBT等)だったことは、「人格転換」を受けた証明なのかもしれません。アルデバラン星人は「幽霊」のように現れたり消えたりするようです。アルデバラン星人はアーリア人の「超人」であり、ナチスが崇拝したゲルマンの神々だったようですシュメール文明を打ち立てたのが金髪碧眼のアルデバラン星人といわれ、牡牛座のアルデバランが故郷の惑星のようです。地球から68光年の距離にある牡牛座のアルデバラン太陽系の二つの惑星からなる“スメーラン帝国”はどのような国だったのでしょうか。アルデバラン星人は、ゲルマンの諸民族とスカンジナビア人、特にバイキングの創作と管理を担当したといわれます。

 

・当時の政府の高官がLGBT(性的少数者)であったということは、当時は非難されたようです。しかしながら、現代ではヨーロッパでは、政府の高官がLGBT(性的少数者)であることは珍しくないといわれます。LGBT(性的少数者)は私たち一般人は、いまだに不思議な存在に思います。LGBT(性的少数者)の科学的、医学的な説明はないようです。「不思議なゲイの現象は、宇宙人の人格転換である」という説もあるようです。その昔カリフォルニアなどではゲイの宇宙人の話もあったといわれます。

 

・ちなみにヒトラーが描いた絵は、よく知りませんが、ナチスの幹部たちに、とても売れたようです。ということは、絵描きとしてもある程度の腕前だったようです。その話で、生前に1枚も売れなかった著名な画家ゴッホを思い出します。正確に言えば生前に1枚だけ友人の親戚筋に売れたといわれます。ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)によると「他方、ゴッホの絵が生前売れたのは、友人の姉アンナ・ボックが400フランで買い取った「赤い葡萄畑」だけであるとされ、これは一般的に生前の不遇を象徴する事実とみなされているただし、これについては、ゴッホが絵を描いたのは10年に満たず、ちょうど展覧会に出品し始めた時に若くしてこの世を去ったことを考えれば、彼の絵画が成熟してから批評家によって承認されるまでの期間はむしろ短いとの指摘もある」とのこと。絵のことは知りませんが、現代では数億円から数十億円の値がつく絵を描いたゴッホの悲惨な人生が窺われます。死後に値がつく芸術家も多いようです。

 

・宇宙人の性生活については不明なことが多いようです。グレート・マスターはこの太陽系一帯からリラ、シリウス、プレアデスといった地球文明の発展に緊密に関連する星系に瞬間的に移動できるといわれます。歴史上、様々な分野で尊敬されている著名なマスターたちは多くが同性愛者だ」といわれます。LGBTはマスター(大師)達がゲイであることが多いことも背景にあるのかもしれません。「アンタレス人は、トルコ人ギリシャ人、スペイン人のDNAに関係し、同性愛者で生殖目的でのみ女を使用すると考えられている」といわれますその昔、アンタレスエーテル質量を操作できる異星人がいて、自由に宇宙旅行をしたといわれます。またホワイト・ブラザーフッド(白色同胞団)の本拠地はアンタレスにあるそうです。

 

・異星人には雌雄同体もいるようです。宇宙の根本人種のようなアンタレス人もゲイ(LGBT等)なのかもしれません。人間を造った時に男性を先に作り、それから生殖のために女性を造ったのかもしれません。リラ星人のエロヒムが「人間を実験室で創った」といわれます。リラ星人にでも聞けば、その辺の情報がわかるのかもしれません。上には上があるようですが、「神」の発生には男性のみが先だったのかもしれません。神々の神話には女神の神話がつきものです。北欧神話ヴァン神族アース神族についても、対立緩和のために「政略結婚」をしたといわれます。ゲイ(LGBT等)の神々はそれよりも古いのかもしれません。アバブ・トップシークレットの異星人なのかもしれません。また異星人がアバブ・トップシークレットをアメリカ政府に要求した可能性もあるといわれます。

 

諜報機関をつくるときは、フリーメイソンの研究から始めるといわれます。「神は最初のフリーメーソンだ」そうです。そして「天使は神の秘密諜報員である」といわれます。諜報機関に異星人の情報を集中させるということも至極当然の事だといわれます。私たち一般人には、訳の分からない奇説だそうです。

 

・「ヒトラーがブラジル人の愛人と95歳まで生きていたという証拠写真が公開された」という話題は欧米人や南米人の話題だけではないようです。ヒトラーに関する世界中の人々の関心の強さは、現代でも強烈のようです。特にアルデバランの異星人とのかかわりは、米国の宇宙人情報から分かり始めてきたようです。「米国政府がリゲル人に騙されたことに気付いた後、プレアデス人が招聘されたが、過去ヒトラーの人類浄化政策を画策し仏教を堕落させた」という異星人情報には驚きます。人類にポジティブなプレアデス人が、ユダヤ人のホロコースト(大虐殺)に関係していたとは、全くの奇説です。「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象だ」といわれます。もっと宇宙人情報やUFO情報をメディアに載っているものだけでも注目したいものです。人類を作った宇宙人種族の現代の情報が封印されています。なおamazonの「洋書」に「Hitler」といれますと13492件の洋書が分かります。和書ですと1038件の本が載っています。これからでもヒトラーの世界史に与えた破壊力が窺われます。ヒトラーの写真はネットに「Hitler in Brazil - His Life and His Death」と入れれば見ることができます。

 

・ベルリン陥落の2年程前から、敗戦を予想したナチスは、南米等への逃亡の準備を開始していたようです。当時は逃走準備のための十分な資金と組織と時間があったようです。ヒトラーの秘書のボルマンも整形手術をして逃亡したといわれます。そして、ヒトラーも整形手術をして逃亡したのでしょうか。それで戦後では容易に特定できなかったようです。

 

・「あの世」の動きが時間を経て「この世」に起こってくるともいわれます。「あの世」も私たち一般人には、訳の分からない奇説だそうです。パラレル・ユニバース(並行宇宙)は、目に見えないが、すぐ隣にあるといわれます。パラレル・ユニバース(並行宇宙)は「幽界」のように「この世」に似ている世界ですが非常に大きく違うアストラル界のような世界のようです。パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だともいわれます。ようやく現代人も目に見えない「神々や天使、堕天使」というかなり進化した異星人の影響力や破壊力に気付き始めたそうです。

 

ヒトラー霊媒であったといわれていますし、現代風にいえば、コンタクティでエイリアンのアブダクションをうけていたのでしょうか。ドイツ国民を狂わし数百万人以上の犠牲者をだしたヒトラーナチスとは、人格転換を受けた悪魔の集団だったのでしょうか。

 

ヒトラーナチスが妄信した“金髪碧眼のアーリアの超人たち”は、戦後の米国に現れた“金髪碧眼の宇宙人ノルディック”、“金髪碧眼のエンジェル“なのでしょうか。一時、米国のマスコミを賑わしたエイリアンのアブダクションキャトル・ミューティレーションの話も最近では現象が起こっていないのでしょうか!?金髪碧眼のノルディックと金髪碧眼のアルデバラン星人がよく混同されるそうです。

 

ナチスヒトラーが金髪碧眼のアーリア人、ゲルマンの神々「超人」を崇拝していたそうです。そして金髪碧眼のアルデバランの異星人とコンタクトしていたようです。ヒトラーは異次元の「超人達」を感じて知覚していたのかもしれません。宇宙人は科学技術の進んだ国に現れるといわれます。戦後、米国政府が秘密協定を結んだオリオン星人は、人類に5万年進化しているといわれています。そして「人間の魂の交換」ができるそうなのです。つまりオリオン星人は「人格転換」ができるようなのです。

 

・ゲイ(LGBT等)は宇宙人の「人格転換」の結果であるともいわれますが、オリオン星人等に「魂の交換」をされたのでしょうか。異次元に宇宙人の多い地域にゲイが増えているそうです。超太古から、さまざまな宇宙人が、人間を創り、人口を増やしてきたそうです。そして、異星人の実験場といえる地球に空飛ぶ円盤に乗って飛来して、人類を観察し実験してきたようです。

 

アルデバランの宇宙人も「神人種」ともいわれ、金髪碧眼の神々や天使の「原型のイメージ」になったともいわれています。当然、異次元にアガルタの「光の都市のネットワーク」を創っているとも言われております。ヒトラーもゲルマンの神々、アルデバランの「超人」を非常に恐れていたそうです。アルデバランの異星人も「アストラル界」から地上に出入りしていたようなのです。私たち一般人は、「アストラル界の住人が地上に出入りしている」という概念が理解できませんブラヴァツキーの見解によれば、世界の王は数名の従者を伴って金星から来訪したのだ」といわれます。金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けた、といわれます。「今でも彼らは、時空の別の次元の旅を続けている。「神の種族」あるいは「エルダー・レース」と呼ばれている。 神々の総数は10億を超え、それぞれ位階に応じて宇宙の各所を支配している」といわれます。ここでいう金星というのは副金星、異次元の金星、アストラル界にある目に見えない金星のことのようです。金髪碧眼のマスター・レイス(支配人種)が火星より地球へとやって来て、古代伝説の神々(gods)となったといわれます。金星蛇人と火星霊人の対立・戦争もあったようです。

 

金髪碧眼のアルデバラン星人とか、金髪碧眼のノルディック、金髪碧眼のプレアデス星人、金髪碧眼のウンモ星人、金髪碧眼のケツアルコアトルという具合に「神や天使のイメージ」である、“金髪碧眼の白人種”がヨーロッパには多かったようです。当然、金髪碧眼の宇宙人は、種類が多いようで、混同されて認識されることも多いそうです。東洋人タイプの宇宙人も多いようですが謎のようです。

 

ヒトラーナチスの「ユダヤ人のホロコースト(大虐殺)」も背景には金髪碧眼のノルディック(金髪碧眼のプレアデス星人)が黒幕としていたという話もあり、驚かされます。金髪碧眼とはかけ離れた風采を持つ、冴えない水彩画家だったヒトラー自身もアルデバランの異星人、ゲルマンの「超人」達から「人格転換」をうけたという説もあるそうです。「米国政府がリゲル人に騙されたことに気付いた後、プレアデス人が招聘されたが、過去ヒトラーの人類浄化政策を画策し仏教を堕落させた」といわれます。米国政府を騙すぐらいですから恐怖を感じます。

 

・「霊界から来た男、ヒトラーはホワイトブラザーフッド(白色同胞団)のメンバーだった」という奇説もあるそうです。アルデバランの宇宙人、ゲルマンの神々{超人}は、アストラル界を自由に出入りして、ヒトラーナチスにコンタクトしたようなのです。戦後も“ヒトラーの幽霊”が出たという話はいくつもあるそうです。

 

アメリカ空軍の士官学校の教科書には宇宙人の種類が載っているそうです。アメリカ空軍は133種類の宇宙人を把握しており、エリア51等の秘密基地で「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」の研究に余念がないそうです。宇宙連合のコンタクトがドイツから米国に戦後、移ったともいえるそうです。「その彼らは地球から68光年離れた惑星クイントニアに住む宇宙人で母星から「エリア51」まで45分で移動できる」といわれます。日帰りが自由自在にできるようなのです。