日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

低アストロ次元にいるその“存在”は人類の不調和と恐怖から派生するエネルギーを彼らの糧としているわけです。古代の説話によるとそれらは堕天使と呼ばれていました。(6)

 

・「アルデバラン人が強い関心を持って、こと座文明の再創造を支援している。よくノルディック人と混同されることがあるが、ノルディック人は、もっと背が高く傲慢である」とのことですが、アルデバラン星人とプレアデス星人が混同されているそうです。金髪碧眼のノルディックは、人類に6千年進化しているプレアデス星人といわれていますが、「ナチのようだった」というコンタクティの報告もあるようです。「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」ともいわれます。「透明人」とシリウスA星人が創造し、りゅう座(ドラコ)に配置したのが爬虫類人だそうです。

 

・「実験室で人間を創った」というリラ星人(こと座人)と「思念で人間を創った」といわれるシリウス星人の対立の構図は、複雑な様相を示しているそうです。が、現在では、大規模なスター・ウォーズは、互いに起こさないようにしているらしいのですが、小規模な小競り合いはあるのでしょうか。どちらもネガティブ・グループとポジティブ・グループがあるようで、複雑怪奇な宇宙人の様相を呈しているようです。

 

・天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人は、「世界中で奇跡を演出している」ともいわれていましたが、詳しいことは分からないようです。プレアデス星人はシリウス星人とも宇宙連合で当然、コンタクトがあるようです。「進化の格差」も克服していることでしょうか。「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だ」ともいわれています。

 

・「プレアデス人は、ローブを着た白い姿で現れる非物質的存在が率いる最高評議会の指揮下にある」そうですが、この評議会と各国政府、国際連合とのコンタクトがあるのかもしれません。準マスター(大師)クラスが、人間の姿を装い、地上に出てきているともいわれているそうですが分かりません。マスター(大師)・クラスや日本に関係する神々も超能力を隠して密かに来ているのかもしれません。はるかに進化した異星人は人間の精神体に憑依するそうで、天使クラスは通常は認識できないようです。「神々や天使は、背後霊や守護霊となり人間に憑依している」ともいわれます。

 

・「理論的には神々は『不死』で、時空を超えており、何でもできる」そうですので、現代の神話も多いはずですが、アバブ・トップシークレットのため、私たち一般人には全く分からないようです。

 

スター・ウォーズもめぐりめぐって、「異類混血」などの結果、元来、人間は完全なものだったのですが、「人間の子供に障害児が生まれる原因」になっているという話もあり、事は重大です。人間が困ることを何でもする堕天使グループもおり、「病原菌をばら蒔く堕天使もいる」そうです。「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」ともいわれますが、中東での戦闘も激化しているようです。また「ヨーロッパの人口が激減した中世の黒死病の流行は異星人の細菌兵器だった」という説もあるようです。

 

・米国やイスラエルのようにエイリアンの超テクノロジーなどの異星文明を国家戦略として、国家機関の総力をあげて導入すべき時だと思いますが日本的な対応が限界のようです。ロシアやその他の国々もアバブ・トップシークレットとして、異星人とコンタクトしているのかもしれません。

 

・異星人情報を国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)の数段階上の厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いにしているアメリカ合衆国も、コンタクティやチャネラーやUFOマニアが多いために「UFO関連書」を読めば、かなりのことが分かるそうです。

アメリカの洋書の数も多く、とうてい私たち一般人は、把握できず、当然詳しくはありません。

 

・日本でも「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」といわれます。「遠野郷の民家の子女にして、「異人」にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。-遠野物語第三十一話」。「黄昏に女や子供の家の外に出ている者はよく神隠しにあうことは他の国々と同じ。-遠野物語第八話」ということで、犯人の「異人」はオリオン星人だったようです。しかし、「神々や進化した宇宙人(天使)は、背後霊や守護霊となり人間に憑依している」ので誰も分からないそうです。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」といわれます。

 

・CIA(米国中央情報局)の宣撫工作の1つとして、ハリウッド映画界に、宇宙人ものの映画を製作させて、秘密事項を大々的に明らかにするという手法があるそうですが、それによって真の秘密を隠す手法だそうです。人気の動画サイトYou Tubeなどでも大量の宇宙人ものの動画が流れておりますし、ネットに載る宇宙人情報もマニアのものを含めて、整理に困るほど膨大のようです。情報公開法などに期待するむきもいるそうですが、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップシークレット)を数段階上回る『厳秘』に関しては、 超法規だそうです。

 

イルミナティ大幹部ザガミ氏の言う「2012年ではなく、2019年に2万5900年の時を経て神の王国が現れるのです」とは、どういう意味なのでしょうか?

 

・昔は、キャトルミューティレーションの宇宙人グレイ、生体実験の宇宙人グレイと米国のマスコミや学者は大騒ぎをしたようですが、人間タイプの宇宙人が核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階も上回る『厳秘』処理のため、さすがに米国のマスコミも沈黙を保っているようです。

 

・小柄な宇宙人グレイは生体ロボットという説もあり、米軍はプレアデス星人と連携して恒星間飛行可能な空飛ぶ円盤のエンジンを開発しているのでしょうか。日本にも飛来しているプレアデス星人の動向とは!?神々や宇宙人の情報は各国とも核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階も上回る『厳秘』処理が多いようです。

天国の天使的な宇宙人は、第3次元密度の体を持って地上に登場することがあるのでしょうか。

 

・中世のヨーロッパのフリーメイスンといわれた薔薇十字団は、「団員は天の周辺に住む神的な一団である。彼らは分身の術を備えていて、意のままに姿を変えて現れることができる。また彼らは自分の望む場所に移動することもできる。その他、団員は占星術によって地震を予知したり、都市の疫病の流行を遅らせたり、空中を歩いたり、どんな病気でも治すことができた」そうですので、天国に自由に出入りしているシリウス星人が、第3次元の密度の体を持ってパリに現れたのかもしれません。

 

・現代では、「メン・イン・ブラック」がテレポートができる集団だったそうですが、小柄な宇宙人(生体ロボット?)のグレイも壁を透き通るように部屋に侵入することができ、異次元移動ができたそうです。グレートマスター、マスター、ライトワーカーなど人類のために活躍しているようですが、私たち一般人には、分からない事柄のようです。

 

・現代の死者からのチャネリングによってニルバーナ(天国)の現代的な姿が報告されています。死後、天国に行けば誰でも天使的な宇宙人、シリウス星人に会えるようです。高次元の宇宙人と死後世界の天使とが結びついていることが次第に明らかになってきているようです。ハトン銀河連合軍の艦隊がニルバーナ(天国)に到着していることが、マシューの報告から理解されます。宇宙人のマスター(長老)の話も昔のコンタクティ物語に多く出てきたといわれます。

 

・毒ガスや細菌兵器などの生物兵器なども、第1次世界大戦ごろからの話であり、ある意味では核兵器以上の破壊力があり、戦争の原因となることから各国とも神経を使っているそうです。中世の黒死病なども宇宙人が原因とする説もあり、「次の戦争には、常に新兵器が使われる」ということで、核兵器以上に生物兵器、毒ガスは各国の諜報機関の探索の中心となっているといわれます。

 

・仏像でも耳たぶの大きい仏像がありますが、プレアデス星人の耳たぶを連想させるそうです。プレアデスのとある惑星に日本民族の原郷があるという話もあり、プレアデスとのつながりは、昔から多くの伝説があるようです。現在でも、プレアデス星人飛来の話がマスコミをにぎわせます。

 

・金髪碧眼の宇宙人の話も多いですが、宇宙人は多種多様で、黒目黒髪の宇宙人で日本語を解するとなると区別が不可能のようです。スサノオがルシファーに相当するという説もあり、ノストラダムスのいう「ヘルメスの統治する国」が日本だという説は、まじめに研究するに値する話で、「神の中の神」ゼウスに相当する宇宙人もいるのかもしれません。世界中の神々、宇宙人はランク的に相似するそうです。

 

シンセシス(人造生命体ーグレイ等)は、人造ロボットであり、宇宙母船に多くいるそうです。昔からアデプト(肉体の存在する聖者)とアバター(肉体の存在しない聖者)と区別があるように、目に見える3次元密度の宇宙人と目に見えない4次元密度の宇宙人が存在するといわれていますが、私たち一般人には理解不能の事実のようです。

 

・現在、日本では一部の出版社とテレビ局が宇宙人問題を追っているそうですが、マイナーな問題がプロ野球の話のようなメイジャーな問題になってこそ先進国といえるのでしょうか?それともマスコミの自主規制や、宇宙人の安全を守るための報道規制でもあるのでしょうか。「宇宙人の安全を守る」といえば、昔からコンタクティや宇宙人が「命を狙われた話」は、欧米に非常に多くあるそうです。

 

・「世界中の外交に機密はつきものだ」そうですが、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップシークレット)を数段階上回る『厳秘』の規則は世界中の国々にあるのでしょうか!?その世界は「殺人許可証」を持つ英国情報部、秘密諜報員007やCIA、KGBの暗殺部隊のような映画の世界なのでしょうか。

 

・エレア星に行った中田くんは、その後どうなったのでしょうか?

神々や天使が人間に憑依したりして、人界を調べたりすることがあるでしょうが、その逆は非常に少ないそうです。しかし、少なくない人数の地球人が異星に行っているのかもしれませんが。まるで米国のテレビ映画のように、「街中の超人たち」もいて、人間社会に溶け込んでいるのかもしれません。

 

・プレアデス星人は、人間に最も近いそうですし、たまにコンタクト報告があるようです。メンインブラック「黒衣の男たち」は、オリオン星人だったそうですが、コンタクティの評判は非常に悪いようです。米国に飛来した金髪碧眼のノルディックと呼ばれる宇宙人もプレアデス星人といわれています。おそらく、米国の諜報機関員や米軍人も異星に行き、異星育ちもいるのではないのでしょうか。異星への留学生の派遣の話もあったそうです。

 

・異星語と英語のバイリンガルの存在も予想されているそうです。プレアデスには、6時間で行かれるそうですが、ときたまマスコミも報道しますが、最近も日本にプレアデス人が現れたそうです。その後の動きがわかる書籍の発刊がまたれます。宇宙人の物語には「14万4千人」という数字がよく出てきますが。この数字は一説では「古代リラ人」の数だといわれます。「古代リラ星人は、アセンション、つまり上位の次元、5次元以上の移行を待っている」といわれます。

 

・「人類の進化に干渉してはならない」という宇宙のルールがあるそうで、空飛ぶ円盤の墜落から60年もたちますが、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップシークレット)の数段階上の『厳秘』扱いのため、異星文明を大々的に導入しようとする動きが出てきませんが、「エリア51」などの秘密基地で研究が進んでいるそうです。

 

・50年前から「街中の超人たち」の話が出てきていましたが、地上には彼らのネットワークが当然あるのでしょうか。日本のテレビでもハリウッド映画『MIB(メン・イン・ブラック)』が放映されましたが、邪悪な宇宙人を取り締まる「宇宙警察」のイメージでした。コンタクティの報告では、殺人もしかねない恐ろしい「黒服の男たち」ですが、映画では、正義の味方の捜査官でした。まさに映画「スター・ウォーズ」では分からない謎と同じく、映画「メン・イン・ブラック(MIB)」では分からない謎でしょうか。

 

・映画を使ったCIAの手法とも言われていますが、「黒服の男たち」は、コンタクティによるとオリオン星人だったそうです。小柄な宇宙人グレイも壁を透き通るようにして、部屋に進入してくるそうで、よく異人のテレポートも報告されています。異次元移動は、UFOばかりでなく、肉体といえるものでもできるようです。

 

・人間には奇跡に思える「テレポート(瞬間移動)」も、宇宙人によれば、テレポートはそれほど難しくないテクノロジーだそうです。そこに人類と大きな格差があるようです。霊界を管理しているシリウス異星人もいるわけですから、天使的な宇宙人とは、誰でも死後、彼らと遭遇できるということになります。

 

・オリオン星人についても、断片的な情報しか入手できませんが、人類は太古から宇宙連合の高等知性体(神々)とコンタクトしていたと理解すればよいでしょう。近い将来、テレビ映画ばかりでなくテレポートする宇宙人の話は、当たり前の普通の話になる可能性もあるといわれます。

死後世界からの霊界通信は、昔から数多くあり、幽界や霊界の様相などもテレパシーなどでチャネラーに聞こえてくるようです。

 

・今話題の「2012年」のマヤ暦に関して、「幽界がなくなる」という説も多くあり、死後、人間は、直接「霊界」にいけるという話もあるようです。従来は、人は死後「幽界」に入り、死後生活に慣れて、それから霊的に成長して一段上の次元の「霊界」に入れるといわれてきたそうですが?

 

・ハリウッド映画「2012」も評判ですが、「2012年」に関しては、百冊以上の本が日本でも出版され、多くの霊能者が、「2012年」にフォトンベルトに入ることなどを伝えているようです。ハトン銀河連合軍の艦隊やアシュター(銀河連合の総司令官)などもシリウス星人系列で、4次元以上のアストラル界、エーテル界、霊界、天国などで活動しているといわれます。4次元以上は、普通の人間には視認できませんが、「夢の中」が、4次元以上だそうです。

 

・霊界(天国)、ニルバーナ(涅槃)の状況は古今東西、共通している描写ですが、現代の死者(マシュー)からその母親(スザン)にテレパシーで伝わる内容は、より高次元の宇宙人の活動を伝えてきているようです。

 

・高次元の宇宙人、天使、神々が、私たち一般人の現実の生活に影響を与えていることが、次第にチャネラーにより、明らかになりつつあるといわれます。死者からの霊界通信は、邦訳されているものでも百冊以上ありますが、「人間はあの世から来て、あの世に帰っていく」そうです。また、「霊界の存在」も現代では常識化しつつあるようです。

 

・小柄な宇宙人グレイも壁を透き通るように部屋に進入してきたそうで、宇宙人にとっては、異次元移動、「テレポート(瞬間移動)」はそれほど難しくないテクノロジーだそうですが、現代人にとっては驚異の「奇跡」のようです。異星人の進化の速度が人類よりも遥かに速く、3次元的な宇宙人よりも、4次元以上のアストラル界、エーテル界の異星人が数の上でも優勢なのでしょうか。ハトン銀河連合軍の艦隊やアシュター(銀河連合の総司令官)なども、霊界と同じ次元の4次元以上で、活動しているようです。物質化と非物質化を自由に行える異星人の飛来も報告されているようです。人類に7000年進化しているプレアデス星人も、遥かに進化したシリウス星人などと接触し、提携して、ニルバーナ(天国)にも進出しているといわれます。

 

・人間の死後の霊界と、異次元の高等知性体の活動領域は、重複するようです。人は死後、「人はみな記憶喪失の異星人だった」ということが分かるようです。現在でもプレアデス星人の情報によれば、日本民族の原郷である惑星がプレアデスに存在し、宇宙人=神々が活動しているそうです、太古、神々と人間はテレパシーで交信していたといわれています。

 

・ルシファーもサタン(悪魔)も現代的解釈をすると遺伝子科学者だそうですが、現代のUFO搭乗者に関しては、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップシークレット)を数段階上回る『厳秘』のため、米国のマスコミも手がでないようです。世界中の神々は、宗教の違いによっても共通性があり、{宇宙人=神々}と認識すれば、神々の様相は、相似するということでしょう。

 

・ハリウッド映画「メン・イン・ブラック」は、宇宙警察のイメージでしたが、実際のメン・イン・ブラックは、恐ろしい話が多かったようです。

・テレポートもするメン・イン・ブラックは、オリオンに去ったのでしょうか。メン・イン・ブラックの情報も、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階も上回る『厳秘』処理のため、詳細は不明のようです。メン・イン・ブラックと「街中の超人たち」は関係があったのでしょうか?「彼ら(メン・イン・ブラック)は、必要に応じて物質化や非物質化ができる」という話は、我々一般人にとって奇跡のようです。話題となっている問題の2012年、メン・イン・ブラックも再び、地球に到達したのでしょうか。

 

・マヤの白い神ケツァルコアトル(「羽毛ある蛇」の意)は、戦後、米国に飛来した金髪碧眼のノルディックという人間タイプの宇宙人だといわれます。アヌンナキの正体については様々な説が存在します。「彼らは、プレアデス星人であり、12番目の惑星とは実は巨大な宇宙船だったのだ」という説もあるようです。

 

・シュメールの古代文書によれば私達が住む太陽系には12個の惑星があります。太陽、月、既知の9個の惑星で合計11個。そして12番目の惑星が3600年に1度、宇宙の果てから姿を現すニビルです。12番目の惑星は神々の惑星と呼ばれ、シュメールはこれらの神々を「アヌンナキ」と呼んだそうです。アヌ神の息子たちという意味です。アヌンナキ達は自らの「種」とクロマニヨン人などの「獣」の種を掛け合わせ、アダム的生命体が地球という惑星に適合できるようにした、とされているそうです。

 

・異次元に突入した都市型の超巨大宇宙船がシャンバラなのかもしれません?映画「2012」は、凄まじい内容ですが、2012年に金髪碧眼のノルディックが戻ってくるのでしょうか?「街中の超人たち」という話もあるといわれます。

 

ニルヴァーナ(涅槃)、天国に自由に出入りして、人間の転生や人間への憑依を自由に操作できるシリウス星人は、エーテル界の都市に住む高等知性体なのでしょうか。「人間を実験室で創った」サタン(悪魔)と呼ばれるリラ(琴座)星人と「思念で人間を創った」シリウス星人は、かって宇宙を二分してスター・ウォーズを展開したという物語とは?人間は「あの世」から来て「あの世」へ帰っていく存在、つまり涅槃(天国)から来て涅槃(天国)に帰っていく存在だと指摘されています。

 

・世界中のチャネラーやコンタクティが一斉にインターネットのブログで自分の体験談を語り始めると、恐らく膨大な量になるのではないでしょうか。沈黙のコンタクティも多いそうです。宇宙人は、チャネラーやコンタクティによる、人間との接触方法以外に『取り替え子』の方法で、人間との交流を果たしたようです。異星人の子供と、人間の子供を取り換えたというヨーロッパの非常に多くある伝説も、事実だといわれます。

 

・異星人や神人、異人は、『取り替え子』の手法で、地上の『観察者』としての役割を果たしていたのでしょうか?異星で育った『取り替え子』が空飛ぶ円盤で地球を訪問したり、テレポートして現われたという話もあるのでしょうか。チェンジリングとは、「取り替え子」という意味です。ヨーロッパの民話で、妖精が人間の子供をさらった後に置いていく妖精の子供。転じて嬰児交換の意味でも用いられます。「取り替え子」の例は、昔から多くあり、異星人の直接的な末裔の存在は、特定のネットワークで知られているといわれます。

 

・「『ノア』の血統は爬虫類と人間の混血種だ。自分がノアの末裔だと主張する人々が多数いるが、これはつまり、自分は爬虫類である監視者アヌンナキの子孫だと言っていることになる」そうですが、自称「ノアの末裔」という存在が欧米に多くいるようなのです。「一般の人々は真の意味を知らないはずはないのに、なぜ『ノア』の血統が数多くの団体から非常に重要視されているのかも、これで理解できる」そうですが、「知る人ぞ知る」で、「ノア」の血統という存在が欧米といわず、世界中にも存在するそうです?なぜ『ノア』の血統が数多くの団体から非常に重要視されているのでしょうか?『ノア』の血統は、チャネラーが多く『神(高等知性体)の声』が聴けるからなのでしょうか。

 

・神人や異人、異次元の宇宙人、天使や悪魔が人間の生活に影響を及ぼしているという話は、「人形と人形使い」のように、私たち一般の者にとっては、気がつかないといわれます。死後の霊界の世界と高次元の宇宙人の世界は相似しているそうです!?神智学では、エーテル界には都市があり、神人がいるという話もあるようです。

 

ヒトラーの正体・背景をめぐって色々な説があるようですが、人間の力を超えた魔力を持つ霊媒だったという説が多いそうです。ヒトラーフリーメーソンを弾圧したそうですが、イルミナティなどと複雑な関係があったようです。ヒトラーはホワイトブラザーフッド(白色同胞団)のメンバーであったという怪説もあると語られています。「ヒトラーは堕天使ルシファーに憑依されていたのだ」という説もあります

 

末日聖徒イエス・キリスト教会モルモン教)は、全世界で1200万人の会員を持ち、米国では第4位の規模のようです。日本国内でも約320箇所の礼拝施設を構えており、活動は活発だといわれます。

 

・古代アメリカ大陸に実在したとされる預言者モロナイの示現を受け、ジョセフ・スミス・ジュニアが実際に掘り起こした金の版でできた書物「モルモン書」を翻訳したのが始まりだといわれます。モルモン教も神秘的な話が多いようです。

 

・さそり座のアンタレスにホワイト・ブラザーフッドの根拠地があるそうです。アンタレスは、直径が太陽の720倍で、明るさは太陽の8000倍ないし1万倍で表面温度が3500Kである赤色超巨星であり、地球からの距離は約600光年だそうです。一般にシリウスアルクトゥルスアルデバラン、アンタレスのように明るい星の『異次元』に超人や最も進化した宇宙人がいるといわれます。「天使や悪魔」が人間を装ったり人間に憑依したりして、一般人に交じって生活しているという米国のテレビ映画のような世界は誰も信じられない世界のようです。

 

・涅槃や天国に自由に出入りするシリウス星人は、リラ星人と違い、チャネラーやコンタクティによる詳細な記録が大変少ないようです。フランス人の有名なリラ星人のコンタクティのクロード・ボリロン・ラエルのような者の登場が期待されます。アガルタ・シャンバラ・ネットワークの書籍も現在では数冊、発行されており、今後の一般人への啓発・流布が期待されているといわれます。ブログや書籍のネット化、電子ブックなどの普及により、膨大な情報が入手できるようになりましたが、忙しい現代人にとって、「情報の整理と管理」が難しくなってきているようです。「宇宙における“光明の勢力”と“暗黒の勢力”の対立」といわれても私たち一般人には、理解不能です。

 

・未知のエネルギーであるフリーエネルギーを研究する科学者も増えているそうです。日独伊の三国同盟を促した原動力となったナチスのヴリル協会や日本の緑龍会の謎は、歴史の大きな謎のようです。「天使や悪魔」の争いが現代にも表出しているのでしょうか?はたしてヴリル協会や緑龍会は「天使や悪魔」の伏魔殿で超人や怪人、妖怪が跳梁跋扈していたのでしょうか。

 

・まるで、現代にもメン・イン・ブラックに似た男たちがあらわれたような話ですね。宇宙人情報が、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階も上回る『厳秘』にされて、50年以上もたちますが、当初から米軍の関与は続いており、異類や異種の宇宙人のハリウッド映画も世界中で放映されていますが、「異類や異種の存在を一般人に知らさない」という歴史的な掟は、今世紀中も継続されるといわれます。果たしてアリゾナ州セドナにおいて、ウルフダンサーの身に何が起こったのでしょうか?

 

・肉体的な要素の強いプレアデス星人は人類に6千年進化しているそうですが、アルクトゥルス星人は、次元的にもっと進化しているようです。

アリゾナ州セドナは、UFO目撃多発地帯で、それを目的の観光客も多いそうです。が、周辺地域には米軍基地もあり米軍も動いていますので、「UFO異星人」が核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階も上回る『厳秘』扱いのため、事件も起こっているようです。何事も『君子は危うきに近寄らず』でしょうか?米国ではUFOや宇宙人に関するペイパーブックやブログが多く出されていますが、整理が大変のようです。

 

・アシュタール司令官とは、チャネラーの書籍などによく登場してきており、たくさんのニューエイジチャネラー接触している司令官、アシュタールの最高指揮権に従っているポジティブな宇宙人たちの銀河間連邦を表すのに用いられるのが、アシュタール司令部。古代からの神々や天使にしても“宇宙連合”からの接触とみればよいそうで、異なった宇宙連合間同士の戦争が大規模なスター・ウォーズになったようです。宇宙連合や銀河連邦など種々の形態や存在がチャネラーやコンタクティによって報告されているといわれます。

 

・「最も高等なギゼーの知性体」とアルクトゥルス星人との関係とは?また、ヒトラーは、「ギゼーの知性体」とのコンタクティであったのでしょうか?歴史的なイメージとしては、ヒトラーは、悪魔か魔神が憑依した黒魔術師だったのでしょうか。

 

アリゾナ州セドナはニューヨークの芸術家が憧れるUFOで有名な観光地ですが、最近は多くのヒーラーが集まっているそうです。「人類をつくった高等知性体の策略、支配」は、太古から続いており、昔から秘密裏に実行されており、人智を超えており、当然、把握できないそうです。

 

・2012年はアセンションの年であり、人類の遺伝子構造が変化し進化するという説が有力だそうです。しかし、どのようにして?観察者として人類の進化に介入することを禁じられている高等知性体が、何らかの形で人類の進化に介入するのでしょうか?

 

・映画『2012』は、『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』を監督したローランド・エメリッヒの作品で、ハリウッド映画らしくスペクタクル巨編だといわれます。

 

・大統領の多くがフリーメイスンだった、フリーメイスン王国の米国のルシフェリアンも我々一般人にとって不思議な存在のようです。「2012年に、ルシフェリアンが巨大な陰謀を実現させるため、何か仕掛けてくる可能性が高いと判断している」とは?

 

・中国の秘密結社、青幇(チンパン)・紅幇(ホンパン)は、欧米のフリーメーソンと似ている組織・秘密結社のようです。中国のフリーメーソン組織も昔から伝統があり、政争や内乱に大きな力を発揮したようです。

今後、中国のフリーメーソン組織の活動が活発化しそうです。人口13億人の中国の秘密結社は、その歴史的な役割の大きさから、共産党による政治の観点からも今後の動向が注目されるようです。

 

・神人、異人、悪魔、天使、宇宙人が人間の装いをして諸国を徘徊しているというヨーロッパや日本の伝承は、堕天使の話と結びつくようです。昔から、コンタクティやチャネラーなどを通じて、「天の存在」が人間を観察し、交信してきたそうです。「堕天使の子孫の血を受け継ぐ者」は、普通の人とは違う特殊な超能力を持っているのでしょうか?

 

テキサス州のフィートフット陸軍基地で発生した米軍の軍医の銃乱射事件が昨日、報道されていましたが、この基地は、約5万人の軍関係者、その家族が20万人も住む世界最大の陸軍基地だそうです。第2次世界大戦前後に、米軍の中に特殊な能力を持った人間タイプの宇宙人が、米軍基地にいたという話がコンタクティなどから報告されているそうです。まるで、米国のテレビ映画の話のようですね?

 

・「ロスチャイルド家の謎」というのも古くて新しい話のようです。ロスチャイルド家フリーメーソンの話によくでてきているようですが?

天使団の3分の1を率いて神に反乱し、天界の戦争を起こし、天使長ミカエルによって、地獄に落とされたというサタンこと堕天使ルシファーを信奉する一派をルシフェリアンというのでしょうか?フリーメイスンは堕天使ルシファーを主神としているといわれているようです。

 

・地球は戦争や殺りくなど悲惨なことが多いので地上に転生を希望する人は、非常に少ないそうですね?転生するかどうかは、あの世で、天使の助力を得て、自分自身が最終的に決めるようですが、別の次元の世界に行くことを希望する人が圧倒的なのも自然なことなのでしょうか。その天使的な存在はシリウス星人なのですが、「地球はシリウス星人の植民星だ」そうです。シリウス星人の地球支配は非常に巧妙で、そのためにしょっちゅう戦争や殺りくがおこるようなのです。シリウス星人の地球管理の手法が非常に巧妙なために、私達一般の人には、天使の存在が分からないように認識できないと指摘されています。

 

・人口13億人、日本の約10倍の人口を持つ中国には、多くの不思議現象があるようです。「人は記憶喪失の異星人だ」という話もありますが、あの世での記憶を強制的に消して再びこの世に生れてくるそうです。

天国に自由に出入りし、人間の転生や人間への憑依を自由に操作するといわれるシリウス星人ですが、人間が死ぬときに誰でも出会える天使的な存在のようです。天使的な存在が、普通の人として地上に現れるという話もあるといわれます。ちなみに中国は、欧米と劣らないくらいフリーメイスン王国だそうです。中国のフリーメーソンとは?中国の昔における道教の神々の『スター・ウォーズ』と地上の戦争を描いた文学作品に『封神演義』があるそうです。

 

ヒトラーは、側近によると「霊媒だった」そうですが、「悪魔か魔神の霊媒」だったのでしょうか?当時のドイツの社会の恐慌状態に対して、魔界からの使者の霊媒だったのかもしれません。「ドイツ語は悪魔の言葉だ」という話もあり、ヒトラーは「悪魔の霊媒」だったのでしょうか?

ヒトラーは、『超人』を恐れていたチャネラーやコンタクティだったのでしょうか。人間の無意識、潜在意識に影響力を行使し、存在するアーリアの『超人』とは?

 

・第2次世界大戦後、米国に小柄な宇宙人グレイとともに飛来した人間タイプの宇宙人、金髪碧眼のノルディックとナチスとの関係とは?「米国政府がリゲル人に騙されたことに気付いた後、プレアデス人が招聘されたが、過去ヒトラーの人類浄化政策を画策し仏教を堕落させた」という説もあります。第2次世界大戦後、米国に飛来した金髪碧眼のノルディックと小柄なグレイは、金髪碧眼のアーリア支配種と遺伝子的に劣化した、いく種かの亜人類でしょうか?リークされた情報によると金髪碧眼のノルディックはプレアデス星人だそうですが?

 

核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階も上回る『厳秘』のため、人間タイプの宇宙人の情報は、米国のマスコミでもつかめないようです。人間タイプの異星人は、テレビ映画のように昔から米軍関係者に交じっていたという話もあるといわれます。メン・イン・ブラックは、邪悪なオリオン星人だったそうですが、実際はさまざまに報告されており、不明です。また、テレポートする話もあり、その超能力は凄まじいものがあったようです。映画にもなったメン・イン・ブラックも地球を去ったのでしょうか。キャトルミューティレーション(動物切断)も一昔は、大変な騒ぎだったのですが、最近の米国マスコミや学者たちはなぜか追跡をしていないようです。

 

・「古代の文献によるとレプティリアン的存在はずっと地下にある次元において活動をしています」ということですが、爬虫類人レプティリアン)と人類との交配とは、異星人の交配実験だったといわれています。

 

・「異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視・調査し社会生活をしている」そうですが、人間タイプ以外の異星人は、地球人とのコンタクトを止めているようです。しかし、宇宙母船などに乗ったコンタクティの報告では、動物タイプも含めて多種多様な異星人が存在するそうです。

 

******************************** ・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろう

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド 神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」 日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」 「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」

「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けたのだろうか」「フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのだろうか」

国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

 

グーグルのブロガーにも書いています→UFOパラレル・ワールド