日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

伝説的なオシリスの時代で、当時エジプトは、人間の形を採る神々が、直接統治していたという。(4)

 

 

「やはりキリストは宇宙人だった」

 (レイモンド・ドレイク) (大陸書房)1977/8/1

 

 

 

エーテル

ヒンドゥーの哲学者が説いたところによれば、絶対者なる至高神が、原初宇宙に充満した光波原動力の各種ばらばらな振動をとりさばき、きわめて微妙な物質の活性的空間であるエーテル界をまとめあげたところ、その分離物質によってできた恒星界から、さまざまな振動を持った光が再びエーテル界に飛び込んできた結果として、微妙な調和がとれるようになった。その振動光のうち、地球のような惑星に到達していた各種のものが、われわれ具形生物界の住民にとっては、感知できない光、つまり不可視光体だの、エネルギーだの色々な物質を構成するものになっていたのだ。だいたいこういうことである。

 

神、光あれと言い給いければ光ありき

・宇宙の各層実在「界」における現象のすべてが、原動力たる光から生じたものであることは、確からしい。創世記の原著者たちは、何か特に偉大な文明の知得者(どこかから来た宇宙人)にこの根本原理を教えられたのかもしれない。

 

第一の創世記の原典で、神を指す言葉は「エロヒム」であり、これは「エル」の複数形である。つまり、「神々」を意味したものだが、1961年にこの事実が明らかにされるまで、「聖書翻訳者」たちは、「全宇宙を知ろしめる唯一の神」という意味と判断していた。「神々」なるエロヒムは、銀河系を通り抜けて地球までやってきた移住者たちと関係を持っているのである。シリウスの惑星あたりから来たかと思われるその移住者たちは、おそらくエーテル界に属する存在だったであろうが、その子孫たちが数えきれぬほどの幾年月にわたって地球に住んだ結果、少しずつながら次第に体内固有の緒振動が減速し、人間の肉体をそなえたレムリア人としての形を現すようになってきた。

 

両性具有の堕天使

・オリエントに発した最初の神秘学説の説くところでは、地球上第一番目の人類は、太陽から来た両性具有者であり、その次は、木星から来た愚鈍な化け物みたいなもの。3番目は、レムリア人であり、金星と火星から飛んできた両性具有の堕天使たちで、これが1000年間地球に住んだ結果として、男性部分と女性部分がそれぞれ分かれた存在になってしまった。4番目の人類は、月と土星からやって来たアトランチス人であり、5番目の私たちの先祖なるものは、水星から来たものであるという。

 

・ ナバホ・インディアンもヒンドゥー人もアイルランド人も、その他古来の人類の大部は昔の四つの時代を信じ、その古いものが天災かなにかで滅びては、そのつど、次期の人類が長い苦しい努力によって、新しい文明を築き上げてきたのだと信じていた。

 

エデンの園は火星にあった。

<人類は水星から飛来した?

アテネの歴史家アポロドウスは、「世界を支配した第一人者は、天空から来たものであった」と書いており、紀元前200年代ころに教養のあるギリシャ人は、地球を最初に統治したのが、星から来た天界人であったと、まだ信じていた。つまりアダムをはるかに先駆けるインドの巨人アシュラ魔王の信仰と同じようなものを持っていたのである。

 

・ ヘシオドスの著した「労働と日々」は、この地球がかってクロノス(サタン)の支配下にあって温順な気候にめぐまれ、神々と暮らしをともにしていた男たちが、食料も自給できる黄金時代をたのしんでいたことを描き出している。ところが、クロノス(サタン)とタイタンとが、ゼウス(ジュピター)に対して、抗争を起こし、その影響で地上には、天災が起き、銀時代に入る。ことに、ゼウスは、女というものを創り、奇妙な話がつながることになるパンドーラを地上に送り込んだ。こんなからくりをしておきながら、人類の邪悪さが気にくわないと、ゼウスは、洪水を起こした。これが青銅時代の初めとなり、巨人類の発生などを生じ、とうとう私達の時代の鉄時代になったというわけである。

 

・ 「ベールを取ったイシス」では、最初の人類は、アダム・カドモンと直接のつながりがあり、あらゆる神性というか、神通力を持っていたそうである。アダム・カドモンは両性具有の神人である

 

 

 ■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■

 

「はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうです。「あのグレイも壁を透き通るようにして部屋に侵入してくる」といわれます。 「グレイ」は人間の無意識の中に入ってくると指摘されています。したがって「神」が人間に憑依した場合、人間が認識できない場合がほとんどなのかもしれません

「神が憑依しないと人間は何か大きいことができない」ともいわれます。「知る人ぞ知る」話ですので、現代の神話についても私たち一般人は、理解できません。「ヒトラーは堕天使ルシファーに憑依されていたのだ」という説もあります。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」といわれますので、「人間化した宇宙人」や「宇宙人化した人間」のパーソナリティーが多いそうです。オリオン星人は、エジプト文明など地球に文明をもたらした異星人だとしても知られていると指摘されています。オリオン座は「神の故郷」ともいわれますが、『闇の勢力』も利用しているそうです。オリオン人は、地球と直接的なつながりを持つといわれます。オリオン星人は昔から人間社会に同化してきたのかもしれません。神が憑依して新興宗教の教祖になったりします。しかし、神人が現れても、普通人の姿だと誰も識別ができないといわれます。神人や異人の地上のネットワークがあるのかもしれません。宇宙人情報を公開すると主権が危うくなるともいわれます。

 

・人間の形を採る神々の実態は不明といわれます。イエスの血統は、テンプル騎士団フリーメーソンなど、西欧文明の底流に触れていくことになるそうです。ところで、映画「ダヴィンチ・コード」の反響は大きかったそうです。太古のエジプトは、オリオン星人と結びつきが強く、そのようなSF映画も作られたといわれます。

 

太古エジプトと、異星人を結びつけるSF映画は、少なくないといわれます。エジプトとオリオン星人との結びつきは深いようです。「イエス・キリストは、異星人だった」という説は、多いし、説得力があるといわれます。オリオン座は「神の故郷」ともいわれますが、『闇の勢力』も利用しているそうです。オリオン人は、地球と直接的なつながりを持つといわれます。日本でも平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔といわれます。異人も昔からさまざまな人間社会との繋がりがあるようですが、詳しくは分かりません。明治時代の『遠野物語』の「異人」はオリオン星人だったのかもしれません。日本でもテレポーテーションの伝承や民話が少なからずあるといわれます。

 

「河童や北海道のコロポックルが、例の小柄な異星人グレイの変種だった」と言われれば、その可能性は、否定できないと指摘されています

テレポーテーションの仕組みは、「時間と空間を超越している」4次元の異次元通過を含んでいるそうです。UFOは、異次元瞬間移動ができるといわれています。テレポーテーション現象は、幻覚、幻視であり、昔の人は幽霊を見たと思ったのかも知れません。「人が消えたり現れる」現象は、伝承には、少ないが、ある」といわれます。例のグレイもテレポーテーションができるらしいといわれます。テレポーテーションの仕組みは、不明です。

 

・「人類の進化には干渉しない」のか、人間タイプの異星人の情報は、リーク情報のみで、国家最高機密以上の扱いを受けているようです。人間の霊体や幽体、つまりアストラル体エーテル体は、人間の死後、始めて人間が認識できる、状態であるといわれているようです。テレポーテーションや「物質の非物質化」、また、UFOが現れたり、消えたりするテクノロジーは、異星人によれば、それほど、難しいテクノロジーではないといわれます。それは、人類の技術とあまりにかけ離れているテクノロジーなのでしょう。リラ星人は、「実験室で人間を造った」といわれます。リラ星人は、人類に3万年進化しているといわれています。グレイも人類の未来の姿、リラ星人系列だという説もありました。グレイも核戦争のスター・ウォーズを繰り返したとも伝えられています。

この数十年前に出版された本は、異星人がテレポーテーションして、現れたと記録報告されており、当時のベストセラーになったようです。テレポーテーションできる異星人が飛来したと言う記録は、多くの読者に感動を持って迎え入れられたようです。誰でも夢の中で、アストラル体で、アストラル・トリップ(幽体離脱)(体外離脱)ができるといわれています。

「地球人類の進化には、異星人は干渉してはならない」という宇宙法があると指摘されています。

 

・異星人の問題が「国家最高機密以上の扱い」を受けるのは、米国が5万年進化したエイリアンのテクノロジーを入手できれば、「無敵」となるからだといわれます。また、「5万年進化した異世界」に突入できる可能性があります。異星人の存在を認めているのは、「サッカーに強い」ブラジルの政府だけだそうです。世界中の政府は、異星人の来訪を「国家最高機密」以上の扱いをしているのでしょうか。それとも異星人側の「命令」なのでしょうか?映画「Xファイル」では、米軍関係者が、異星に行ったように思わせる場面がありましたが、彼らは、地球に戻ってきているといわれています。謎は、深まるばかりのようです。

異世界の都市」、「異星の都市」は、映画「スター・ウォーズ」でも想像され、映画化されたようです。また、神々(異星人)の世界では、「破壊」と「創造」が繰り返されたようです。インドの太古の「スター・ウォーズ」は叙事詩マハーバーラタ」に見られ、中国太古の「スター・ウォーズ」は、「封神演技」に見られるといわれます。それには、核兵器以上の兵器も窺えるようです。映画「インディペンデンス・デイ」のようのエイリアンの母船も超大型化していますが、太古人類に文明を与えた神々(異星人)は、どこに去ったのでしょうか。

 

・エイリアンが発進した星は、プレアデス、リラ、シリウス、オリオン、アルクトゥルス・・・・・とか色々な説があるようです。 宇宙戦争と地上の戦争が平行して起こるストーリーもあったといわれます。「太古、神々(異星人)が、飛来し、人類に文明を与えたが、核戦争で、滅びるということを繰り返している」といわれます。インドの太古の大叙事詩の「マハーバーラタ」に記録される大戦争は、地上の戦争と平行して天空の戦争(スター・ウォーズ)が、起こっており、これは、中国の「封神演技」と同じ、ストーリーでしょうか?

  人類の歴史を検討すると「平和の時代」よりも「戦争の時代」のほうが長かったと言う指摘もあるようです。つまり戦争が正常な状態で、平和が異常というロシア風の逆説になるらしいといわれます。映画「スター・ウォーズ」と同じことが、宇宙と地上の両方で、平行して戦われたというストーリーは、異星人の戦争と、地上の戦争が相似していることを示しているようです。何かネットワーク、繋がりがあったのかもしれません。つまり「地上の戦闘に、神々(異星人)の超近代的な兵器が投入された。核兵器放射能で、生まれてきた子供が全員死んだ」という伝説もあったようです。インドの太古の宇宙船ビマーナは、性能などが、驚異的な異星人のテクノロジーであることが、再確認されているようです。米国の有人宇宙船とUFOの遭遇は何冊かの書籍となり出版されています

 

・「UFOとNASAの関係は、微妙だ。なにせ、国家最高機密以上の扱いを受けてきたのだからだ」といわれます。異類との血の濁り、中間雑種の存在が、スター・ウォーズの原因となるといわれます。太古から異類とか、異星人との血の交わりはあったようです。米国大統領とエイリアン問題とは、密接に関係していると指摘されています。「米国大統領も手玉に取れる「米軍」は、「軍紀」という厚いベールで隠されていますが、「米軍」こそが、UFO問題の核心を握っていると私は、推測しています」と指摘しています。“米軍”ウオッチャーの情報を期待しましょう。アイゼンハワー大統領が、グレイ・タイプの異星人に会ったということは、よく引用されている事実のようです。映画「Xファイル」の中では、「米軍関係者」が異星に行ったようなイメージを与える場面もあるようといわれます。

つまり大衆にパニックを与えないために「核兵器以上の国家安全保障上の最高機密」以上の扱いとなるといわれます。

 

・何十年も明らかに“最高機密以上”の扱いを受けてきた情報は、民衆には届かないようです。映画「Xファイル」でも放映されましたが、CIAや国家保安局、メン・イン・ブラック、軍の諜報機関、謎の集団が暗躍し、銃殺や爆殺が平然と行なわれる、フィクションのスパイ映画のように怖い話になるといわれます。昔から言うように「知りすぎたら殺される」という映画ストーリーのようですか?怖いですね。どこまでがフィクションで、どこまでがナンフィクションなのか不明の伝承のようです。米国のマニアや研究者は、「エリア51」等のグレイの情報を掴みとろうとしているようです。す。情報公開法でどれだけ、エイリアンの情報が公開されるのでしょうか。UFO・エイリアン情報は、“最高機密以上”の扱いを受けてきているそうで、情報公開法からも守られているといわれます。「人類を家畜化しようとするEBE”地球外生物的存在“とアメリカ合衆国政府は、既に戦争状態にある」と言う「とんでも本」もありますが、大衆とマスコミは、サッカー試合に夢中といわれます。

 

・「最近残念に思うのは、マスコミがUFO問題をあまり報道しなくなったということです。UFO問題、異星人問題は、60年以上の歴史があるのですが」と指摘されています。米国の作家でエイリアンの物語で、ベストセラー作家になった人もいるようです。それでも大衆の関心は高いのかもしれません。大衆はテレビ映像に大きく影響されるといわれます。小柄な異星人グレイの超科学は、人類のそれに3万年から5万年程度進んでいるといわれています。異星人によるアブダクション(誘拐)の研究の書物もかなり多いようです。「人間の肉体を誘拐するというよりも、異次元の人間の「霊体、幽体」を誘拐するという状況もあるようだが詳細は不明」といわれます。エイリアンのアブダクション現象は、現在、どうなっているのでしょうか。アメリカ合衆国の大統領も会ったといわれている異星人グレイの情報は、リーク情報以外、核兵器以上の“国家安全保障上の最高機密”として、60年以上、完全に封印されているようです。

 

「大衆は、野球やサッカーなどのスポーツで、政治を忘れさせろ」というユダヤプロトコルが、想起させられます。EBE「地球外生物的存在」とアメリカ合衆国政府が“戦争状態にある”と言われても、我々にとっては、意味不明なことでしょう。1947年7月ニューメキシコ州ロズウェルで起こった墜落事件から70年以上がたちました。その間、「未知との遭遇」「Xファイル」とか、色々な映画にグレイ・タイプのエイリアンが登場しました。連続テレビ映画の青春エイリアンものの「ロウェル」をあったといわれます。異星人の存在は、核兵器以上の“国家安全保障上の最高機密”なので、大衆は何も知る必要はないようですよ。

 

4次元、5次元は、精霊界、霊界ともいわれ、「夢の世界」(サマー・ランド)で、俗人は、そこから上の世界には、行きたくないという世界だそうですチャネラーチャネリング情報が世界中で増えてきているようです。異次元の様相も諸説あるようですが、特に人間が死後行くといわれている、4次元5次元は、高等知性体、異星人が存在するといわれている、アストラル界やエーテル界と非常に似ているようです。あなたも憑依現象を体験したことがありましょうか。日本の「いたこ」の実体、歴史も注目される事実のようです。チャネラーの世界は興味深いものです。

 

「秘教真義」(M・ドーリル博士)(霞ヶ関書房)(1975/1/1)の「セートンがであった青色人とは、人間の霊体や幽体のことではなかろうか」といわれます。コンタクティーの報告では、このような形の知性体の報告もあるようです。 世界中を結ぶ地下王国のトンネルとは、異次元の宇宙航路のことでしょうか?位の高い異星人は、マスターと呼ばれますが、地上にもさまざまな形態で現れてきているのでしょうか??多数の住民が円盤の大型宇宙船で、異星に消え去ったという伝説があるといわれます。

 

・「徳間書店」から出版された「超シャンバラ」の口絵にもブラジルのマット・グロッソが、インナー・アースへのトンネルの入口として載っているといわれます。「ノストラダムスは古い時代の人で記録が疑わしいものが多いが、若い人たちの間では、関心が最も強い題目・テーマであるという調査もあった」といわれます。若い人たちには、「占い」や「運勢占い」への関心が強いからでしょうか。ノストラダムスの背後には、例のフリーメーソンなどの闇の力があったのかもしれません。ノストラダムスの予言は、若い人たちの間では、根強い人気があったようです。「鳥の言葉」とは、グレイタイプのゼータ・レチクル星人の言葉かもしれません?

“グレイ”がタイム・トラベラーなら、人類の未来を知っているのかもしれません。いわゆる5次元では、時間も空間も超越されているといわれます。

 

・カルマの法則のように我々の人生は、定まっているのでしょうか。カリフォルニア州のシャスタ山の異次元にある、光の地底都市。徳間書店からシャンバラ・ファン待望の「超シャンバラ」(ダイアン・ロビンス)が、出版されました。シャスタ山関係の本は、異星人とアメリカ大陸の繋がりを連想させます。「幽体離脱で、あなたもシャンバラへ行ける」といわれます。「夢の世界が一種の異次元の世界の体験であろうか。あなたも、今夜、夢の中でアストラル・トリップをするのかもしれない」といわれます。カルマの法則からは、なかなか抜けることができないようで、運命論者も増えているようです。人間の体は、いくつもの、異次元生命体でつつまれているらしいのです。神々が「市井の人」となり超能力を誇示せず、普通の生活をしているともいわれます。「人は皆、神様だ」という見解もあるようです。

 

・進化の程度がはるかに高い、超人や神人が地球を訪問しているのでしょうか。地球上に彼らが自由に出没できるとしたらそれは、奇跡でしょう。異人の消失現象、テレポート現象は、地球人には、把握されていないようです。「異次元の我々の目に見えない、「非物質化の世界(エーテル界、アストラル界)」は、我々が死後の「霊の世界(精霊界)」を見ることができないのと同じで、理解できないが、実存するらしい」といわれます。人間の進化に干渉しないという宇宙の法があるといわれます。

 

 ・「宇宙の知的存在」(ジャック・ベルジュ) (大陸書房)において、

「地上に降りてきたのは天使・異星人たち」なのでしょうか。米国のメン・イン・ブラックは、異星人であったといわれていますが、当然、人間とテレパシーで話ができたようです。「人類の進化には、介入しないという宇宙の法理は、多くのコンタクティによっても報告されている」そうです。「異星人の寿命は、人間をはるかに超えて長寿だ」そうです。リラ星人のように不死の惑星もあるらしいのです。フランスの伝承によく出て来る「赤人の正体」は、テレポーテーションができる異星人だったようです。

 

・インドとサンスクリット語とシャンバラの結びつきは、あるといわれます。「インドは、異星人情報の宝庫であるとも言われている。現代でもシャンバラからの異星人が、到着して徘徊しているという書籍情報もある」といわれます。ブラバツキーの背後には、超人が存在したのでしょうか。現代でもブラバツキーのコンタクティがいるそうで奇妙な話です。神々のいるといわれているエーテル界やアストラル界は、人間の死後の世界、精霊界に似ているといわれます。

 

エーテル界の神々の世界を垣間見た人間がいるのでしょうか。それとも、アンジェルッチの幻視、幻覚なのでしょうか?異次元のエーテルの世界の異星人は、われわれ地球人には想像を絶するようです。物質を非物質化できる超科学は、異星人にとっては、それほど高度な技術ではないといわれています。

 

・天使のような異星人は、見えないけれども、現実社会に影響を与えており、死後に彼らに会えるといわれています。「ゼイ・リブ」というエイリアンの映画がありましたが、まさに「彼らは存在する」ということでしょうか?シリウス星人は、「力天使」のクラスに相当するのかも知れません。天使の階位の情報は、どのような経路(チャネリング等だろうか)で、人間に伝わったのでしょうか。

 

・エイリアンが私達にとって「異種交配」をしているという話は、将来の大異変を暗示しているのでしょうか。膨大な資料の書籍から、マイヤー事件は、事実だといわれます。映画の影響は、何といっても一番大きいようです。あなたも生涯忘れられないようなUFO映画をご覧になりましたか。最も重要な問題ですが、日常生活では、全く関係がないので、何も知らない方がよいのかもしれません。

 

・異星人が人類の生活の仕方を指導したといわれます。といわれます。“太陽十字の騎士団”もフリーメーソンの一種なのでしょうか。フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのである」とも伝えられています

14万4000人と云う数字は、聖書などにも出てきますが、一説では“古代リラ星人”の数字でもあるといわれています。ワンダラーとかウォーク・インの世界は、我々地球人にとって、理解不能の世界のようです。この本は、数十年前に出版されましたが、内容は先端的だといわれます。日本にもある天女伝説などは、世界中の異星人伝承に見られるようです。

 

・ 「地球に来た神人」(ロベール・シャルー)(大陸書房)(1984/1/1) の指摘する「古代インカの宇宙船を操縦するパイロットの図絵」は、有名なようです。高等な異星人は、現代ではワンダラー(転生)やウォーク・イン(憑依)の形で、自由自在に地球人に変身してきているといわれています。現代では多くの書籍でシャンバラの伝承について触れられているといわれます。シャンバラは、エーテル界に突入した都市型の超巨大宇宙船なのかもしれません?米国に根付いているフリーメーソンなどのロッジでは、現代でも活動が活発といわれます。太古から異星人、神人が地球に飛来して、人類を指導してきたという伝承は、近年では、米国の「メン・イン・ブラック」が異星人であるという伝説につながるといわれます。映画「スター・ウォーズ」の話こそ、現在でも広大な宇宙で起こっていることなのでしょうか。

 

「宇宙連合の飛来」(喜多要光) (大陸書房)(1975/1/1)で指摘のあるように、地球が宇宙連合に加入できるのは、何百年後になるのでしょうか?土星の都市とは、アストラル界にある都市のことではないでしょうか。「転生(ワンダラー)」を異次元から自由に操作できる天使クラスの異星人が存在すると思われます。現代では、火星や金星も米国の人工衛星などで写真が撮られていますが、コンタクティのいうのは、異次元の都市のことではないのでしょうか。目に見えない異次元の金星や火星に都市があるそうですが。「地球にシリウス星人の囚人が送られてきた」というのは、英国がオーストラリアに囚人を開拓団として送ったのと似ているのでしょうか?「人間を実験室で造った」というリラ星人のことは、出版もされているようですが、「遺伝子操作か人間を思念(?)で創った」といわれているシリウス星人のことは、多くが謎のままのようです。ダーウィンの進化論もアインシュタイン相対性理論も古臭いのでしょうか。シリウス星から「神の子」と呼ばれる霊魂の大群が、地球に移住してきたといわれます。南米を含め、米大陸のインディアンの伝説には、天空からの飛来した神(宇宙人)の話がとても多く、少数ではない学者の関心をあつめているようです。

 

・異星人の謎は、現代の最大の謎の一つでしょうか。シャンバラの伝承と日本民族の「高天原」の伝説とは、似通っているところも多いようです。UFOによる亜空間の異次元のジャンプ飛行などによって、プレアデス星座には、約6時間で到着するとも言われています。現代では、もっと短時間で行けるといわれます。シャンバラは、異星文明のエーテル界に突入した都市型の超巨大宇宙船なのかもしれません。日本民族の原郷の「高天原」も“都市型の超巨大宇宙船である”と言う説もあるようです。カタカムナ人とは、史料も少なく、相事象学会などが研究しているようですが、不明なことが多いようです。私には、シリウス星人系列の異文明だと思えるのですが、アマとは、エーテルのことでしょうか?日本人のルーツは、プレアデス星人だとか、リラ星人だとか、シリウス星人だとか色々な説がありますが、現代においてもその関係は、つながっているといわれます。

 

・イルナミティの正体は、かなり解かりずらいようです。フランスの“チェイルリー宮の赤い小人”の正体も、後世には、詳細には伝わっていないようです。地球に異星から“神人”、異人が来ているのでしょうか。謎に包まれた異人と異星人、フリーメーソンは、ヨーロッパ中世から色々な伝承を残しているといわれます。フリーメーソンと謎の異人たちは、諸説ありますが、正体は、“地球を定期的に訪れている異星人”つまり現代風に言えば、UFOにまつわる“メン・イン・ブラック”といえるのでしょうか。フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのであるといわれます。

 

・ポジティブなシリウス星人とネガティブなシリウス星人がいるとも言われています。ポルターガイストとは、目に見えない異次元の話なのでしょうか。「プレアデスの宇宙船の実写写真は、スイスのビリー・マイヤーが撮影し発表しました。日本でも写真集が発売されました。日本人の原郷は、プレアデス星座だという説は、昔からあり、多くの伝承や民話が残っているようです。しかしながら、スメラミコトはシリウスからやってきたといわれます。

 

・世界的に大きな勢力を持つイスラム教も、始祖マホメットと天使との遭遇が始まりのようです。膨大な宗教関連情報は、テレパシーなどで伝えられるといわれました。天使との遭遇体験で教祖が目覚めた宗教団体は世界中にあるようです。地球上から異世界へ行くのは、異星人の指導による「体外離脱」によってもいけるようです。スウェーデンのスウェデンボルグのガイドの案内による「異星旅行」は、大変有名なので、ご存知の方も多いといわれます。これも、シリウス星人によるウォーク・イン(憑依)の例だったのでしょうか。イルージョン(幻覚)ができるのは、火星人、すなわち現代風に言うとシリウス星人だといわれていますが。

 

・「異世界、異星からの異星人が人類を創造した」という説を強力に否定する説はなくなったようです。現代の人類は、第四の人類と似ているといえるといわれます。雌雄同体の宇宙人もよく報告されているそうです。最初の人間は、巨人であって、それが、進化して現在の人類になったと指摘されています。創造者たちは、コーハンと呼ばれたそうです。ヒトラーナチスは金髪碧眼のゲルマンの神々、アルデバランの宇宙人に動かされたといわれます。「米国政府がリゲル人に騙されたことに気付いた後、プレアデス人が招聘されたが、過去ヒトラーの人類浄化政策を画策し仏教を堕落させたと伝えられています。

 

・英国でもUFO研究は、盛んなようですし、色々な現象や事件が起きているといわれます。英国も昔から宇宙人とのコンタクティが多かったようです。火星人から転生してきたと主張する欧米の人々もいるようですが。キリストは宇宙人だったという説が現代では有力です。イエス・キリストはアプ 星人で非常に多くの転生をしているそうです。アプ星人は現代では南米にも飛来しているようです。UFOがローマ上空に現れてからキリスト教が急速に広まったという説もあるようです。4世紀にローマ上空に現れたUFOの大群を描いたフレンツェ派の画家マゾリーノ・ダ・バニカルの作品もあったそうです。金星の葉巻型大型宇宙船と小型の宇宙船を描いたものでしょうか?「宇宙人もの」のマスコミへの露出度も低くなっており、時折、「ハリウッド映画」でとりあげられますが。異星人問題も現代のタブーで、「国家安全保障上の最高機密」で、大衆は、知る必要のない空想物語になったのかもしれません。

私には、また、この囲いにいない他の羊がある」という言葉は、キリストが異星人の住む天体からやってきたことを本当に言っているのでしょうか。世界の怪奇現象、超常現象は、異次元の異星人が関与しているのかもしれません。キリストとUFOの関連は、多くの絵画があるようです。ポルトガルのファティマで現れた“聖母マリア”は異星人だったのかもしれません。キリストは、ヘビ使い座2番星からきたという説もあるようです。

 

・都市型の超大型宇宙船の記録はインドの古文書などに多く見られるようです。アガルタのシャンバラが、“都市型の超大型宇宙船”であるという説もあるといわれます。ヒンズーの神々も“空飛ぶ船”で地球に飛来したといわれます。我々も死後エーテル界に到達できるといわれています。夢の世界か、またはその一種であるようです。ヒンズーの神々によって使われた”空飛ぶ船”を描いたインドの18世紀の絵画には、空には、中・大型UFO”空飛ぶ船”が見られるようです。現代の”空飛ぶ船”の情報は、巨大化しているといわれます。人類の発生は、光の世界である「エーテル界」にあるらしいのです。シリウス星人は、人間を遺伝子操作か思念(?)で造ったといわれているようです。人類の進化にも諸説あるようです。異星人が、人類を創造したという説は、多数説になりつつあるといわれます。人類の誕生には、神々(進化した異星人)の創造力があったといわれます。

 

 

******************************** ・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろう

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド 神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」 日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」 「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」

「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けたのだろうか」「フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのだろうか」

国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

 

グーグルのブロガーにも書いています→UFOパラレル・ワールド