日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

「メタトロン」射手座・インクルード星のヤギ型宇宙人。イエス・キリストの宇宙の魂(アモール)の一部。六千五百年ほど前にメソポタミア地方に生まれた。光の神の一人。(6)

 

『あの世の存在に活かされる生き方』

(パット・クビス&マーク・メイシー)(徳間書店) 1999/7

 

 

 

テレパシーを送ってくる目に見えない仲間

・他界から通信してくる者たちは、多くのアイデアはまずアストラル界で生まれ、それが現世の発明家に与えられると告げています。発明家が研究開発に一心不乱に取り組んでいるとき、彼らは、しばしば、自分にテレパシーを送ってくる目に見えない仲間と共に作業していることが多いのです。

発明家の多くは、まるで見えない何者かが自分の傍らにいるようだと言っています。

 

・ 多くの発明家たちが貴重な情報を夢の中で受け取ったと言う経験を語っています。他界の科学者たちにとって、人間が夢を見ている間と言うのは通信にもってこいの時間なのです。

魂が、アストラル界を離れて心因界に進む準備ができると、アストラル体に死が訪れ、魂が自分の進歩を振り返るための休息期間に入ります。しかしながら、魂は、別の選択肢として再び地上に生まれて物質的世界でさらに経験を積むことができます。

第三界が地球に良く似ているのに対し、第四界では、地球との類似点はそれほどありません。

 

天国

ほとんどの人によって天国と考えられている世界は、アストラル界高層にあります。神秘家や霊能者は、この世界を「常夏の国」と呼んでいます。

この常夏の国(サマー・ランド)では、人々は私達と同じように暮らし、その姿は若かったころのように見えます。ここには素晴らしい大学や、デザイン・センター、きれいな花や植物があり、美しい風景があり、まさに天国を思わせる鳥たち、犬、猫などの動物のほかに、こちら側の世界には見られない種類の動物たちがいます。またこの世界には存在しない色がたくさんあり、初めてこのアストラル世界を訪れた人たちは、そのまばゆさに目がくらんでしまうほどです。

 

 

 

カシオペアのプサイΨ』

(C・I・ドフォントネー)(国書刊行会)   2006/7

 

 

 

スター人の文明・文化

・現在のスター人の衣装はかって彼らが、タシュルやレシュールの地に亡命していた最後の時期にタシュル人が知っていたものと大きな相違はない。

女性の衣服は、足元まで隠れるゆったりした白い寛衣で、その上は美しい布地の、やや短めの上衣という組み合わせで、頭髪にはリボンをつけるが、それが装飾や神の留め具と見事に調和するのである。

 

不動産の所有制限を規定したマリュカールの法律のおかげで過大な生産蓄積は影を潜め、他方で動産の所有は無制限なことも手伝って、資本は芸術品や嗜好品に向けられるようになった。スター人の知的活動の秘密を解く鍵の一つが、そこに存在すると断言しても、あながち間違いではないものと私は信じている。

 

 

 

アメリカ大陸の太陽人たち』

(グレース・クック)(できのぼう出版) 2006/7/1

(ホワイト・イーグルの教え)

 

 

 

<太陽人・神人たちは、かの偉大な光の丸十字同胞団、大白光同胞団の使徒たちである。>

フリーメイスン・真のフリーメイスン制度は太古の叡智そのもの

・ 明らかにフリーメイスン団のものである印や記号のついた石碑がアメリカで発見されてきましたが、私達の仲間がそこで、失われた大陸から携えてきたフリーメイスンのしきたりを実践していたことは確かです。フリーメイスン制度は近代になってできたものではありません。それは、神人たちによって地球にもたらされた原初の叡智に由来しているのです。過去の建設者たちが(今はほとんど残っていない)神殿ばかりでなく、太古以来継承されてきた人類の霊的生活をいかに構築してきたか、その内容は秘密の淵源は太古に発生したフリーメイスン制度にあります。

 

・人類に太古の叡智をもたらした太陽人・神人たちは、かの偉大な光の丸十字同胞団、大白光同胞団の使徒たちである。その同胞団は地球に生命が誕生して以来、人類の保護育成に当たってきたのです。使徒たちの何人かはアンデス山中に住み着き、そこに同胞団のセンターを設立しました。ホワイト・イーグル自身、アンデスで兄弟姉妹と共に暮らしていたときの記憶を保ってきました。彼らは金で装飾された、白いローブをまとい、羽飾りのついた被り物をしていました。

 

・グレース・クックは、もとアメリカ・インディアンであり自身の指導霊でもあったホワイト・イーグル霊とコンタクトしてきた。

 

・同胞団の内なる中核をなしてきたものは、今日であれ何百万年前であれ、常にその光でした。すなわち、時至って自ら太陽人となる可能性を秘めて内在の霊光、キリスト光、ハートに輝く太陽、だったのです。

 

エーテル的な生命体

・初めの頃、人間は肉体的というより遥かに霊的な存在でした。もっと霊妙な「エーテル」的な生命体と申しましょうか。彼らは、天使たちや他の世界からの訪問者たちに気づいていました。それでもその後、人間はより深く物質化して自らを肉体のうちに幽閉するようになったのです。自己選択によって、人は困難な道を旅するようになりました。苦痛や苦悩を持って学び、試練を乗り越えなければならなくなったのです。

しかしながら、そうした体験をしてこそ、やがては創造者の完全な生命へ帰入するのを可能とする真に善きものが意識の内に生じてくるのです。

 

・『アメリカ大陸の教導者』において、その聖人の人となりについての記述は部族ごとの伝説によって多少異なっていますが、繰り返し描写されているところによると、彼は美しく、光輝いており、色白の顔、ブロンドの髪、青い目をしており、刺繍で美しく縁取りされた白い長衣を身につけていました。その衣服には十字型のシンボルが縫い付けてありました。彼は病気を治したり、死人を甦らせたりして、インディアンたちに白魔術の力を実証してみせました。

 

・また聖人はもともと金星から地球にやって来たということです。ホワイト・イーグルもしばしば金星の同胞団について言及してきました。

 

・“あの世”、或いは「天国」は、星々を遥かに超えた遠いところにあるわけではありません。そうではなく、いつでもここに、私達の周囲に存在しているのです。その世界はもっと精妙なものでできていて、物質的なものとは違う速度で振動しているため、物質的な目で見ることはできません。しかしながら、私達は、その世界と接触するための内的感覚を使えよう。自分を鍛えることができるのです。もし誕生時からそうした内的感覚が活動し続け、その人の魂が、まさに魂の故郷であるその世界と極めて親密になるのなら、彼は非常に鋭敏になるため、あの世の人々や状態にたやすく波長を合わせることができるようになります。

 

 

 ■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■

 

 

3割の動物タイプの中には犬頭人の宇宙人もいるといわれます。宇宙母船は広大で、他にも爬虫類、鳥類、魚類、昆虫、植物などの生態から進化した人間もいるといわれます。「グレイは我々が遺伝子工学、バイオ化学、宇宙科学を駆使して造ったロボットでした」といわれています。

また「バフォメット」というキリスト教の悪魔の一人で、黒ミサを司る、山羊の頭を持った悪魔は知られていますが、この種族も異類混血や遺伝子操作で相当進化した宇宙人になっているのかもしれません。

 

ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)によると、「メタトロンの性格については様々な伝承があるが、「契約の天使」、「天の書記」、「神の代理人」、「小YHWH」(YHWHヘブライで神を表す)など、様々な異称を持ち、72の異名を持つともいう。中世ユダヤ神秘主義者のなかには『出エジプト記』に現れる「太陽よりも燦然と輝く」顔を持つ天の御使いこそメタトロンであり、天の上から「炎の柱」を使って彼らを導いたという。一般には『出エジプト記』の「炎の柱」は神そのものであるとされる。

偽典『エノク書』ではエノクが天上に昇りメタトロンになったと思わせる記述がある。また預言者エリヤともされる天使サンダルフォンとは、双子の兄弟であるともいわれる。大天使ミカエルよりも強大だとされ、神と同一視する声もある」と記載されています。どのように変身するのか分かりませんが。

 

・また「多肢の仏像」がありますが、宇宙母船の中には多肢のバイオ・ロボットが活動していると言われています。馬頭人や犬頭人、猿頭人やビッグフットのような毛深い獣人もいるようです。現代においてもビッグフットやサスカッチのような「獣人」を「空飛ぶ円盤」からオリオンETグループが地上に降ろしているといわれています。

 人間に対する神々や天使、堕天使、悪魔等の異種の存在がありますが、動物タイプも進化して変身していくようなのです。アバブ・トップシークレットなので、私たち一般人は、理解できません。グレイや空飛ぶ円盤の時代から、「はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうですので理解不能・識別不能のようです。時空を超えた見えない存在を私たち一般人は、理解できません。

 

・ネガティブな未来の予測が多いようですが、ポジティブな未来の予測も有力なチャネラーやコンタクティにより明らかにされています。

21世紀になる前は、「第3次世界大戦の予言」が出版界で幅をきかせていましたが、人類も戦争を繰り返していた時代から、大戦争を避けようとして、少しは利口になったのでしょうが、あいあらず、現在も世界中で小さな戦争は続いています。「人類の歴史を見ると平和の時代よりも戦争の時代が長かった」そうです、これは「人を殺す」という「さっこう」の本能が人間にあるからだそうです。異次元世界の高等知性体の働きに気付きだした人々も増えているようです。

 

・石油の禁輸のために連合艦隊がスクラップになるよりは、開戦を選んだ軍部の太平洋戦争の発端に関しても、「過去百年の戦争の歴史の根底に流れる石油の存在」は、非常に大きいようです。

イルミナティのような英米系のフリーメーソン組織に入ると神に会える」という与太話があるそうですが、「闇の勢力」とか「歴史のシナリオ」を描く連中の正体とは、存在するのでしょうか。「シリウス星人が世界中で奇跡を演出している」という話もあるそうですが、不思議な話のようです。現代は宇宙エネルギーのフリーエネルギーの開発も研究されており、エイリアンの超テクノロジーでは、石油は必要ないようです。テレポート(瞬間移動)の現象も人間にとり、「奇跡の技術」ですが、宇宙人にとっては「それほど難しくない技術」だそうです。あの小柄なグレイと呼ばれる宇宙人も、壁を透き通るようにして部屋に侵入してきたそうです。

石油による国際間の経済格差は、地球上に悲惨な子供達が多くいる国の原因・結果となり、国際連合でも解決不能の問題のようです。

ソ連崩壊」の原因の事情もあまり知られていない国際問題だったようです。「現代版農奴制」についての知識人やエコノミストの認識は、多くないようです。イルミナティについては、「イルミナティの円盤は、タイムトラベルができる」とか「イルミナティの円盤にレプティリアンと米軍の将軍が同乗していた」とか、様々な奇怪な話があるといわれます。

 

・「地上世界は霊界の写しである」という考え方は、パラレル・ワールドの考え方と似ています。大本教出口王仁三郎の描く「はるか遠い未来」は、「神人と小人の地球人・人類が併存する世界」のようです。これは、金髪碧眼のノルディックと小人のバイオロボット、グレイが現代の米国に飛来したように、「地球人は、神人に容易に進化できない」ということを物語っているようなのです。異次元の世界は、「過去、現在、未来が混然一体となっている世界」だそうですが、出口王仁三郎の描く遠い未来、「神人と小人の人類の世界の併存」はありうる世界のように思えるそうです。進化の差はそれほど大きいということでしょうか。

 

・「とある米軍基地に行けば神に会える」とか「イルミナティなどのフリーメーソンに入れば神に会える」という与太話があるそうですが、「高次元の異星人=神々」と考えれば、神々とのコンタクティやチャネラーもいるのでしょうか。アヌンナキという宇宙人も神々に近いともいわれ、天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人は、“天使的な宇宙人”ですが、天使や神々を創った造物主とか6次元以上の話になると普通の人では理解できないことが多いようです。大本教のように神々が人間に憑依して、新興宗教ができて、大教団になる例も少なくなく、神々の現世界への顕現が窺われます。

 

・異星人=神々(天使、「堕天使」という説は、キリスト=宇宙人説とともに定着しつつあるようです。アプ星人は現代において南米に飛来しているともいわれます。キリストの出身星はアプ星だったそうですが、アプ星人は国際連合の設立に尽力したという話もあるようです。当初、地球に来た異星人は「巨人」タイプが多かったようです。「巨人」の伝承は、世界中にありますが、「巨人」は、異次元に去り、異次元に今も存在しているのかもしれません。北米のビッグフットも異星人が造った「獣人」だといわれます。

 

・エジプトの遺跡の中にグレイ(小柄な異星人)のミイラがあると言われますが、グレイと共に飛来する人間タイプのオリオン星人が、神々にあたるのでしょうか。「神様の中の王様であるゼウス」は魔神の系列だといわれます。エジプト文明はオリオン星人の指導が発祥のようで、ピラミッドなどの配置は、オリオンと関係があるといわれているようです。文明は、異星人の指導、教化により突如、出現したと語られています。

 

シリウスの二連星システムは、決してこと座文明に吸収されたことも、こと座の植民地にもなったこともないと語られています。シリウス人はオリオン人と交戦していた。この敵対関係は今でも続いているそうです。「オリオン大戦」やスター・ウォーズの原因や結果も詳しくは分からないそうです。異類混血がスター・ウォーズの原因だともいわれます。

神々や異人の世界は、不条理の世界で人間が推し計れるところではないらしいのです。現代では、無神論よりも有神論が、はるかに有力のようです。 神々の総数は10億を超え、それぞれ位階に応じて宇宙の各所を支配しているそうです。神々は最高神「イ・アム」を頂点として7つの位階に分類されるといわれます。

 

・神々の世界は善神ばかりで、至福の世界だと思われますが、神々の世界でも善悪の対立概念があり、善神と魔神の争いから、頻繁に戦争、スター・ウォ-ズが起こっているようで、年中、殺し合いをしている地球上の人間(互いに殺し合う“さっこう”という遺伝子を持っている)と似ているそうです。北欧神話ラグナロク(最終戦争)、善と悪との両極端にわかれての戦いを予定しています。

 

・むしろ、神がいない(無神論)と考えたほうが、人間が行動しやすいのではないかということなのでしょうか。フランスのコンタクティによると、実験室で人間を造ったというリラ星人は、「神はいない」と言っているようです。リラ星人は人類に3万年進化しているそうです。サタン(悪魔)といわれるリラ星人は無神論者のようです。

“祟り神”と言われる所以は、実際そのような現象があったともいわれています。神がかりの憑依の現象は、超常現象の神秘を一般人に認識せしめる効果があったようです。高度に進化した異星人、シリウス星人などは、人間の転生を操作、管理できるようです。それが、理解できるのは、死後の覚醒時ということなのでしょうか。前世の異星の記憶を語る霊能者は、少なくないそうです。

 

・有名なおとぎ話「竹取の翁、かぐや姫の話」がありますが、かぐや姫は、聖徳太子の祖母(欽明天皇が祖父)にあたるそうです。かぐや姫が宇宙船で地球を去るという日本映画がありましたが、そうすると、聖徳太子には、エイリアン、異人、神人の血が流れていたということでしょうか。聖徳太子と“鬼の集団”との関係を説く説もあるようです。グレイ(小柄な異星人)のように、大昔(3万年前)から、河童も異人も宇宙船で地球を離れていたようです。河童も異人も異次元移動ができたようです。

 

・「人は皆、記憶を失った異星人である」とか「人は皆、神様だ(神様が憑依している)」と言うことになりますと、誰でも数えられないくらい“転生”しているということになるようです。そして、あなたの悲惨な前世を、あなたは知る必要がないといわれております。

高度に進化した異星人は、人間に対する憑依(ウォーク・イン)や、転生(ワンダラー)を自由に操作できるらしいのです。そうすると、聖徳太子が、救世観音の化身であるという説も、ありえることになるのでしょうか。人間に対する“神がかり”もありえるらしいのです。

 

・『竹内文書』は、「事実無根・荒唐無稽」な「おとぎ話」として排斥する人よりも、理解を示す人が増えてきているのは、歴史の皮肉といえましょうか。

そうすると、日本では、異人のネットワークがいまだ機能している可能性があるといえると主張する人たちもいるようです。神代文字は、現代人の眼からするとモダンなデザインの印象を与えるようです。

 

・テレビでも放映される超能力者の『透視力』の番組で、犯罪者や、失踪者を捜すという番組がありますが、彼らの能力も、エーテル界の能力で、量子力学で解明しようとしている現象でしょうか。彼らの超能力は『時空』を超えているようです。シリウス星人が世界中で奇跡を演出しているそうです。遠隔ヒーリングも量子力学から説明できるようです。

 

・異類との混血は、殺人事件などを呼び起こしたり、暗い面が多かったようです。歴史上の著名な人物も異星人の混血がいたという説もあります。(たとえば,安倍清明、等です。)平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔と語られています。 太古からの異類との混血は、部族間の争いや殺し合い、スター・ウォーズの原因となっているそうです。暗いおぞましい話は、タブーとし社会的な影響を考えて、「民に知らしめず」というのが、明治以来からの警察当局の伝統的な立場でしょうか。当時の警察が「異人」をどの程度、把握していたのかは不明です。

宇宙を2分する異星人(リラ星人系列とシリウス星人系列)の対立は、混血をめぐって、常にスター・ウォーズの様相を呈するようです。「戦争状態が常態である」ということは、「神々の世界が異類混血の世界」「神々の世界は、人間の道徳感覚が通用しない世界」だからだという説も少数説として主張されています。

 

・「シリウス星人が、遺伝子操作でモンスターのような生物を作ったので、神に嫌われたという神話」「人型を守ろうとする異星人と、異類との混血を進める異星人との間の衝突がスター・ウォーズの原因とする説」などいろいろな伝承があるようです。「現代的な解釈ですと堕天使ルシファーとかリラ星人のサタン(悪魔)という言葉は、遺伝子科学者の研究集団の名前だ」そうです。ある種の生体実験を巡って、対立戦争をすると指摘されています。

が、もしグレイや異人が、異次元移動ができるとしたら、人類は対応ができないということになるようです。壁を通り抜けて、異次元移動してくるグレイ(小柄な異星人)が、実際報告されています。「グレイ」は人間の無意識の中に入ってくると語られています。「シリウス星人が、遺伝子操作でモンスターのような生物を作ったので、神に嫌われたという神話」「人型を守ろうとする異星人と、異類との混血を進める異星人との間の衝突がスター・ウォーズの原因とする説」などいろいろな伝承があるようです。「はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうです。そうなると人間自身が「変容」、「変性」してしまうそうです。

現にアメリカ政府とグレイが、人体実験等をめぐって、戦争状態であるという情報がまことしやかに流されているそうです。果たして真実はいかに。当時のアイゼンハワー大統領は、異星人の超テクノロジーを見て、異星人にはかなわないと考え「秘密協定」を結んだと指摘されています。

 

・“異人”は、英語でストレンジャーというそうですが、これも正体不明です。異人はオリオン星人だったのかもしれません。異人伝承は、世界中にありますが、グレイとともに、人間タイプの異星人も定期的に地球上に飛来してきているようです。太古から、彼らは地球上で、人間の女と交わり、混血も多く作ったようです。 近年の米国のメン・イン・ブラックが、オリオン星人だったことを考えれば、異人は、人間タイプの異星人と考えることもできると思われます。平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔と語られています。また、人間に憑依したり,転生を自由に操作できる高次元の知性体、シリウス星人ですと、人間それ自体を変性、変質させ、「ある人間を全くの別人格にする事」は、容易なようです。人間タイプの異星人が、位が高く、グレイをバイオ・ロボットとして使役しているといわれます。

 

柳田國男の『遠野物語』の怪異の伝承は、当地への河童(グレイ)と異人の飛来を窺わせるものが多いようです。異類との係わり合いは日本全国の伝承に残っており、河童(グレイ)と異人が組んでいることを窺わせます。遠野は、神がかりの事例も少なくないようです。神人の伝承も日本中にあると述べられます。「河童もゼータ・レチクル星人系列のバイオロボットの一種かもしれない」そうです。クラリオン星人のコンタクティ、イタリア人のマオリッツオ・カヴァーロによると、「日本の河童はグレイの一種で、現在も(異次元の)海底基地にいる」と語られています。

 

・神々や魔神の憑依ですと人間を全くの別人格に変性させることは容易なのでしょうか。人間に憑依(ウォーク・イン)したり転生(ワンダラー)を自由にできる高次元の異星人、シリウス星人の地上への影響かもしれません。

米国で、グレイの後に登場し、地上を徘徊したメン・イン・ブラックは、ネガティブなオリオン星人だといわれていますが、映画「メン・イン・ブラック」では、“宇宙警察”の「正義の味方」のイメージで放映されました。小柄な異性人グレイ(河童)とメン・イン・ブラックは、平行して地上に現れるようです。日本でも『河童・異人・日本人』という本がありましたが、彼らは、組織的に動いているように窺えます。人さらいされた者の、その後はどうだったのでしょうか。異人の犯罪行為は、グレイがそのように、処罰しようがないのでしょうか。異人には、全く人間の感覚が通じないとも言われているようです。やはり暗黒勢力といえるのでしょうか。「オリオン・グループ」「オリオンの邪体霊」といわれます。「オリオン星人は非常に階級意識の強い宇宙人だ」と語られています。

現代のグレイのアブダクション(誘拐)、人体実験、混血作りと明治時代の「遠野の異人の人さらい」、人体実験、混血作りは、相似しており、「歴史は繰り返す」のでしょうか。その時、警察は、どのように動いたのでしょうか。

 

・米国の場合は、情報の核心を握るのは、CIAや米軍や情報・諜報機関ということになるのでしょう。が、日本の場合は、100年前からの「警察の異人情報」に重要な鍵があると考えますが。「民に知らしめず」という警察の100年以上にわたる行動パターンも今後とも変わらないと思います。当時の警察がどのように動いたのかは興味のあることです。民俗学者柳田国男も当時の警察の異人情報にまでは調査できなかったようです。

戦後の民主警察になってから「昔一時期、日本の警察は世界一だ」と言われたこともあったようですが、近年は評判が良くないようです。「警察の劣化が、特殊詐欺を招き寄せている」といわれます。

 

・100年前からの人さらいの“異人”を警察が逮捕して、新聞公表したこともなければ、ありようのないことなので、“作り話”という結論になるのでしょうか。それでも近年、河童(グレイ)の話が、映画などでリークされました。こういう話は、事実無根・荒唐無稽の伝承で、問題とすべきではないのでしょうか。河童が宇宙船を操縦して地球を離れるという邦画でした。UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象といわれます。なお、グレイと組んでいるのは、ネガティブな人間タイプのオリオン星人だといわれております。いわゆる暗黒勢力で、グレイ(河童)も異人も異次元移動ができたのかも知れません。

 

・グレイには、「ビーガン。シリウスA人の遺伝子から作られたグレイ」、「ゼータ・レティクリ1。地球人監視のためリゲル人が作ったグレイ」、「

ゼータ・レティクリ2。遺伝子操作で作られたグレイ。爬虫類人に奉仕」等がいるといわれます。今から100年以上前に、河童(グレイ)が飛来して、同じく異人も飛来したのでしょうか。異人が混血の子を作ろうとしたことが伺えますが、宇宙連合の者としては乱暴なものです。異類との混血は、『スター・ウォーズ』の原因となるようですし、現在もグレイとの混血・人体実験が問題となっているようです。近年、カシオペア座からの異人にコンタクトした日本人によれば、彼らは日本語に関しても「ネイティブ・スピーカー・コンプリートバイリンガル」であるらしいのです。つまり、宇宙語と日本語を完全にしゃべれるらしいのです。しかし、翻訳機や通訳機が飛躍的に発達しているのかもしれません。「そのETは我々が白鳥座61番星と呼んでいる星から来たことが判明、腰につけた自動翻訳機で対話したという」と述べられます。

 

・昔から、「闇のネットワーク」とか「鬼のネットワーク」があるといわれているようですが、「異人のネットワーク」が、この社会にも浸透しているのでしょうか。社会に同化した異人は、誰にも分からないそうです。中世のドイツの領主はほとんどが「異人」か「異人」の末裔ともいわれます。このような作り話はナンセンスで、無視すべしでしょうか。この種の作り話にしては、事例の伝説が多く根が深いようです。

100年前、日本全国、河童(グレイ)伝承がある地に、異人伝承も豊富にあるようです。大男、山男、異人、山女たちの正体は確かに謎。100年前に宇宙連合が飛来していたようです。が、”人さらい”の犯罪者としてです!? 異人や魔神の不条理と言えばそれまでですが。堕天使が地球の女を狙って降りてくるといわれます。堕天使の性的な能力は異常に高いともいわれます。堕天使の目に見えない世界のことは、ほとんど誰も分からないといわれます。在日宇宙人問題を認識している人はほとんどいないといわれます。

 

・マレビトの概念は、異人に通じます。沖縄のニライカナイ伝承は、プレアデス星座のことなのでしょうか。日本全国の河童伝承のある地域には、河童(グレイ)とともに飛来した異人が、日本各地に残した伝承があります。宇宙連合のリラ星人(異人)が、日本各地を徘徊していたのではないのでしょうか。リラ星人が3万年前の太古から人間を観察していたといわれていますが、異人が日本人の生活様式などを観察していたのでしょうか。高等知性体ゆえに、一般人は気づくことが少ないのでしょう。

「いま二人が一番伝えたい大切なこと」(船井幸雄中丸薫)(徳間書店(2007/3/20))には、「地底世界テロス」の記事もあり、経営コンサルタント船井幸雄ファンや国際問題評論家の中丸薫ファン、シャンバラ・ファンは見逃せない本といわれていました。

 

アルクトゥルスに関する色々なチャネリング情報。白色大同胞団の存在があります。アンタレスに白色大同胞団の根拠地があると述べられます。アルクトゥルスシリウスとともに重要な役割を演じており、“光の同胞団”への理解が進むことが可能になれば、地球人も進化の過程が進むといわれているようです。アルクトゥルス(牛飼い座の一等星)の意識は、天使の姿で人間の前にしばしば現れるといわれます。アルクトゥルスは、ローマ帝国建設を手伝った精神性の高い種族だと語られています。全天で一番明るい、シリウス、オリオン座のペテルギウスなどは、人類の生命の発祥の可能性が多いといわれています。その昔、アンタレスエーテル質量を操作できる異星人がいて、自由に宇宙旅行をしたといわれます。「アンタレス人は、トルコ人ギリシャ人、スペイン人のDNAに関係し、同性愛者で生殖目的でのみ女を使用すると考えられている」といわれます。戦後、カリフォルニアでは「ゲイの宇宙人」の話題があったと語られています。「堕天使ルシファーは、対立するものを意図的に作る事によって、世の中を多様化させたが、現代は、限界のない多様化の様相を呈し始めている」といわれているようです。異星人には、モンスター・タイプと人間タイプがあるそうですが。堕天使ルシファーもオリオンからやって来たそうです。

 

・昔の“鬼”伝承は、“天狗”や明治時代の“異人”伝承となっているようです。鬼はむしろ、バイオ・ロボットの一種なのかもしれません。鬼にも“人間タイプ”がいます。「鬼の末裔」という伝承が、日本各地にあります。昔、“天狗”にさらわれて一緒に生活していた娘さんが、人里が恋しくなり、村里の祭りの日に出てきて、ひょっと昔の友人に再会する民話などは、面白い“異人”の伝承と思います。3万年前から、宇宙連合、リラ星人などは、“人間を観察”してきたといわれているようです。『九鬼文書』でも、地球開発委員長格のアメノミナカヌシが地球に降臨し、私たち日本人は 800万の神々の子孫ということになっています。

 

・リトル・グリーン・メンとは、欧州の昔話に出てくる妖精たちです。米軍の情報担当者に異星人情報に詳しい者が多いようです。特にライトパターソン空軍基地は、よく知られ、数十箇所の秘密基地の名前も取り沙汰されています。日本でもテレビなどで放映され評判を呼んだ映画“Xファイル”でも米軍関係者が大きな役割を演じていたようです。エリア51白鳥座61番星の異星人とコンタクトしていた日本人科学者もいたといわれます。アメリカ空軍の士官学校の教科書には宇宙人の種類が載っているそうです。アメリカ空軍は133種類の宇宙人を確認しているそうです。

 

・グレイ(小柄な異星人)の登場は、発端にしかすぎない、その後に続く人間タイプの異星人が大きな鍵を握っているといわれています。米国政府には数十種類のエイリアンの情報があるともいわれ、隠蔽すること自体が、一般社会にパニックを引き起こしているようです。そして、エイリアンの存在否定派の言動も変化しているようです。グレイは、惑星探検用の人工ヒューマノイドともいわれ、彼らの登場で人類が目覚めたことだけは確かなようです。米国では異星人に関して様々なリーク物語があったようです。

 

・ラージノーズ・グレイといえば、西洋の御伽噺にでてくる「大きな鉤鼻の黒いマントの魔法使い」のイメージを連想させます。「グレイの後に金髪碧眼の異星人が来て、その後に東洋人タイプが来た」という情報以外に日本で公開されるリークの話はないようです。その東洋人タイプは、日本の神々が関係しているのかもしれません。人間タイプの宇宙人は、身の安全を図るために守秘義務は厳重のようです。いつの頃からか分かりませんが、宇宙人や宇宙人のコンタクティやチャネラーの命が狙われたこともあったようです。しかしながら、この分野では、関係者の情報の意図的なリークが今後ともあるように思われます。このような話は、全てが荒唐無稽な話ばかりとはいえないところに不気味さがあります。なお、ベテルギウスは、オリオン座のα(アルファ)星。冬の空に輝く赤色の超巨星で、0.4~1.3等に変光する。距離500光年。和名、平家星。

 

・進化した異星人になると、口頭ではなく、テレパシーで意思を通じ合うといわれているのですが。「カタカムナ文明」はオリオン星人かシリウス星人系列のものではないのでしょうか。カタカムナ文明についても数冊の書物があるようですが、カタカムナ人たちは多分、別の惑星、“カシオペア座のプサイ”のような惑星で高度に進化を遂げているのではないでしょうか。 連続テレビ映画「ロズエル(星の恋人たち)」の中でも“異星人たちが住む街“と思わせるようなイメージのシーンがあったそうですが、米国でもそのような情報を消そうとする力がはるかに強いようです。アバブ・トップシークレットである宇宙人情報は、大統領も含めて、あなた方は知る必要がないということでしょうか。小柄な異星人グレイの情報がリークされただけでも、儲けものなのかもしれませんね。

映画のように「何も知らせるな」が合言葉のようです。

 

・映画「スター・ウォーズ」は、実話を脚色して製作されたという説もあり、世界中の多くの人に鮮烈な印象を与えた映画のようです。 月人工天体説とか、地球空洞説とか、異星人飛来説など色々な説がありますが、グレイのアブダクション事件以来、徐々にもつれた糸がほどけだしたような感じです。地球の月は、永劫の昔、レムリア大陸への入植の時代に、軌道上に設置されたりゅう座人の宇宙船であると語られています。古代伝説によれば、プロセレネ人は「天空に月が現れる前から」住んでいたとして、アルカディアに対する権利を主張したそうです。

サタン(悪魔)の説明は色々あるようですが、人間にとって迷惑至極としか感じられないようです。歴史的にも迷惑以上の話です。また、「現代的な解釈ですと堕天使ルシファーとかリラ星人のサタン(悪魔)という言葉は、遺伝子科学者の研究集団の名前だ」と言う現代風の解釈もあるようです。