日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

結論として、ビジネスを含め、あらゆる世界で偶然や運が果たす役割が非常に大きいことをまず受け入れなくてはなりません。(6)

 

異星人の末裔で、異星人の遺伝子を持っている人々のネットワークがあるのかもしれません。異星人が人間の精神や肉体に憑依した場合、人格転換が起こり、外見からは識別ができないといわれます。異星人とのコンタクティやチャネラーは、先天的に何か異星人とのつながりがあったのかもしれません。しかしながらルシフェリアンという概念も、一般化していません。ナチスの中枢部はレプティリアンの関与する真の歴史を知っていたのだ」という説もあります。レプティリアン爬虫類人)も人間化しているといわれます。「イルミナティなどのフリーメーソンに入ると『神』に会える」という与太話もあるそうです。スワードロウ氏は、こうした大規模かつ時間がかかるプロジェクトの裏側にあって、すべてを取り仕切っているのがイルミナティであると主張しています。しかし、いつまでも“闇の政府”フリーメーソンイルミナティに世界が操られていいわけがないともいわれます。竜座人(ドラコ)が遥かに進化しており、このレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティである。交配人種であるイルミナティが地球を支配しているといわれます。

 

フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのであるといわれます。「金星は5次元世界にまで進化している。いわゆる聖人的な人々である」といわれます。金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けた、といわれます。

 建築家・職人の擁護者であるメンフィスのプタハは、最も重要な神の一人に数えられる。彼に冠せられた「宇宙の建築家」という称号は明らかにフリーメーソンとの関連を示しているプタハは太陽系の外からやって来て、トトの指示に従って世界、太陽、惑星、すべての生き物を造ったとされる。となると当然、彼はオシリス一家よりも古い神々のカテゴリーに属することになる」といわれます。「神と悪魔」と言う言葉は、さまざまな点で、理論的に混乱、混同があるといわれます。一般的には、悪魔という言葉は、ネガティブに使われています。

 

フリーメーソンの主神はグノーシスデミウルゴス(悪の創造主)であるという説もあるといわれます。また「フリーメイソンは神の嫌悪である」といわれます。「神は最初のフリーメーソンだ」そうです。「ニムロードは堕天使すなわちルシファーの子孫であり、強大な力を手にした。神への反逆者ということだ」といわれます。「ルシフェリアンはニムロード思想を信奉する人々、もしくはその悪魔教の信者なのである」といわれます。

ニムロド」とは古代バビロンの統治者で、宗教的に言えば「アンチ・キリスト」、つまり、「大魔王」のことです。ニムロドとは、666という数字の主である悪魔王サタンのことです。ニムロドは有名な「バベルの塔」を建設して、神に反逆したといわれます。ニムロデとセミラミスは、やがてエジプトのオシリスとイシスとなり、ギリシャのアポロとアテナとなり、他のさまざまな神々となったといわれます。

 

・神人、異人、悪魔、天使、宇宙人が人間の装いをして諸国を徘徊しているというヨーロッパや日本の伝承は、堕天使の話と結びつくようです。昔から、コンタクティやチャネラーなどを通じて、「天の存在」が人間を観察し、交信してきたそうです。「堕天使の子孫の血を受け継ぐ者」は、普通の人とは違う特殊な超能力を持っているのでしょうか。

 

テキサス州のフィートフット陸軍基地で発生した米軍の軍医の銃乱射事件が、報道されましたが、この基地は、約5万人の軍関係者、その家族が20万人も住む世界最大の陸軍基地だったそうです。時々、軍隊内部でも事件が起きています。第2次世界大戦前後に、米軍の中に特殊な能力を持った人間タイプの宇宙人が、米軍基地にいたという話がコンタクティなどから報告されているそうです。まるで、米国のテレビ映画の話のようですね。「ロスチャイルド家の謎」というのも古くて新しい話のようです。ロスチャイルド家フリーメーソンの話によくでてきているようですが。ロスチャイルドはニムロデの子孫と言われており、今世界を支配しようとしているものは、古代のサタン崇拝者ニムロデの子孫たちであるという説もあります。

 

・天使団の3分の1を率いて神に反乱し、天界の戦争を起こし、天使長ミカエルによって、地獄に落とされたというサタンこと堕天使ルシファーを信奉する一派をルシフェリアンというのでしょうか。フリーメイスンは堕天使ルシファーを主神としているといわれているようです。

 

中国の秘密結社、青幇(チンパン)・紅幇(ホンパン)は、欧米のフリーメーソンと似ている組織・秘密結社のようです。中国のフリーメーソン組織も昔から伝統があり、政争や内乱に大きな力を発揮したようです。今後、中国のフリーメーソン組織の活動が活発化しそうです。人口13億人の中国の秘密結社は、その歴史的な役割の大きさから、共産党による政治の観点からも今後の動向が注目されるようです。

 

・「世界の歴史は、秘密結社同士の戦争の歴史である」といわれます。「歴史のシナリオを描く」といわれるシリウス星人は、天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作しているそうです。地上に出てくる天上人や異人についての活動は不明だそうですが、秘密結社である由縁だからでしょうか。

 

イスラエル政府と契約の「宇宙の商人」が シリウス星人だそうです。シリウス星人の情報は、現代に入って増えてきています。「神とは言えないが、神に近い異星人」といわれます。日本政府も宇宙の商人であるシリウス星人とコンタクトして、エイリアン・エンジニアリングを導入すべきだという説もあります。エイリアン・エンジニアリングのパソコンを毎日使いながら、「あなたは空飛ぶ円盤を信じますか?」という時代錯誤的な質問をしているといわれます。「日本はUFO後進国だ」そうです。金星のマスターの活動も、アバブ・トップシークレットのようです。

・「シリウスのテクノロジーは、アヌンナキによって地球にもたらされた」そうです。「アメリカ」はL(こと座(リーラ)・アトランティス)、S(シリウス)、D(りゅう座・レムリア)の合体であるといわれます。竹内文書』の内容で特筆すべきは天皇家の先祖が、宇宙の彼方、シリウスから飛来したと記されていることであるという説もあります。スメラミコトはシリウスからやってきたといわれます。「世界の王はサナット・クマラと共に金星から降りてきた。この神人の一団はシリウス星と繋がりがある」といわれます。「透明人」とシリウスA星人が創造し、りゅう座(ドラコ)に配置した爬虫類人が異常に進化しているといわれます。シリウス星人が遺伝子操作等でモンスター・タイプの生物を創り神に嫌われたといわれます。「爬虫類人を支援していたのが、仏教思想を開発したシリウスB星人であり、その他に爬虫類人支配下でこと座(リーラ)文明を再生させようとしている」といわれます。源平合戦はハム系とセム系のオリオン、シリウス北極星、北斗七星の戦いということになってくるといわれます。古代エジプトの神々は、シリウス人であったといわれます。「平氏の“平”がヘライ(ヘブライ)に由来すると考えると平氏セム系、ユダヤ系ということになってくる。源平合戦はハム系とセム系の争い」といわれます。シリウス人は、古代ヘブライ人も遺伝子組み換えを作り出していた。ユダヤ人とは、実際には、こうした遺伝子操作されたヘブライ人である」といわれます。米国には、シリウス星人がウォーク・イン(憑依・人格転換)やワンダラー(転生)の形態で飛来しており、その数は、非常に多いといわれます。シリウス人は、遺伝子改変や思考プログラミングに広範な知識を持っており、それを惜しみなく爬虫類人に与えたと指摘されています。

シリウス人は、別の非物質的存在の集団であるオハル評議会の創造物であるといわれます。つまりシリウス星人はオハル星人に創作されたということになります。

・日本の宇宙人のコンタクティが母船でマスター(大師)かアデプトや長老に会ったという話は少なくないそうです。宇宙人社会は長老たちの評議会が統治しているという話もあります。「異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視・調査し社会生活をしている」そうですので、昔から社会に溶け込まれると識別不能のようです。「米軍に宇宙人が混じっていた」という話も多かったようです。昔から宇宙連合の宇宙人が来ていたということ。ウンモ星人がヨーロッパの社会に入っているそうです。ウンモ星人の子孫はヨーロッパに多いそうです。 異星人の「ブラザーフッド」についても多くの言及があります。その流れがフリーメーソンを形作ったのかもしれません。

 

・時空を超えた「異人」や「神人」の伝説は世界中に無数にあるようですが、現代ではなかなか記録に残らないようですし、マスコミも追及しないようです。ちなみに「昔のドイツの領主は、ほとんど異人であった」という話もあるようです。謎のシークレット・タイム・トラベラーが今日でも来ているとしたら?「宇宙人が公然と姿を現すのは遠くありません」という与太話もあるそうです。在日宇宙人問題を認識している人はほとんどいないといわれます。宇宙人情報を公開すると主権が危うくなるともいわれます。

 

・日本の「緑龍会」についても高等知性体の秘密結社ゆえに秘密は保たれているそうです。無理に秘密を暴くために探索する必要もないでしょう。エスパー(超能力者)の家系と言うものはあるようですが、外部からは分からないでしょう。「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので戦争が頻繁に起こる」という説もありますが、今後とも「人間同士が殺し合うこと」は変わらないのではないのでしょうか。

 

・プレアデス星人のコンタクティとして世界的に有名なスイスのビリー・マイヤーは、「日本民族の発祥の元(原郷)になった異星から宇宙人(神々)が来ている」と語っています。旧約聖書の創世記の洪水物語における「ノアの箱舟」といえば、「フットボール球場位の大きさの超大型宇宙船に、豪雨の洪水の前にその家族と動物のつがいを乗せて地球から去った」という米国人のUFO画家の絵がありましたが、興味深いものです。ノアの末裔は時空を超えているのかもしれません。

 

・「資本主義は崩壊する」という説は、少なくない有識者が唱えているといわれます。旧社会主義国の経済は崩壊して、多くの国に分かれましたが、依然、経済は低迷しているといわれます。資本主義も景気に大きな波がありますが、先進国では、さまざまな経済政策を打って、不況を克服しようとしています。はたして世界経済はどのような方向に向かうのでしょうか。新しい経済システムが実験されるのでしょうか。グローバリゼーションの限界が現れ、トランプ大統領のような反グローバリズムの政策をとる方向に向かい出しました。アメリカも共和党による、大胆な政治の方向転換がなされていくようです。1100万人とか1400万人といわれる不法移民は大きな社会問題でしたが、「法と秩序」を強力にすすめますと、大きな混乱がでることと思われます。資本主義の自由経済の限界として、タックスヘイブンに金持ちや多国籍企業の莫大な資金が逃避しているといわれます。これらの資金に税金をかけていく動きも出てくると思われます。「財源の裏付けのない政策は実現できない」が、ベーシックインカムを提唱する学者も増えているそうです。さまざまなシンクタンクから資本主義を変更するような政策が提言されていくことでしょうか。

東日本大震災により、大地震や大津波の情報や書籍が膨大にメディアに載りました。8年も経過しましたので、実際の政府の政策にも大きな変化がおきてきているようです。地球温暖化や寒冷化による天候異変が、農業に異変を起こし始める未来予測も多いようです。とうとう「治山治水の危機、非常事態」といわれます。未来は旱魃や飢饉も頻繁に起こるようになるのかもしれません。日月神示の予言も、現代風に解釈され、123冊も本が出版されています。「天災は忘れた頃にやってくる」といわれます。未来を心配ばかりしていても仕様がありません。日月神示は具体的な日時や出来事が分からず、そこが弱点といわれます。「江戸が元のすすき原になる日近づいたぞ」という指摘も具体性がなく不気味です。

・天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人も、ネガティブなシリウス星人とポジティブなシリウス星人がいるといわれます。そしてネガティブなシリウス星人が「遺伝子操作などで、人間がぞっとするような怪物タイプの生物を創り神に嫌われた」という神話があったといわれます。神との中間に爬虫類人レプティリアン)がいて、人類を混乱させているようです。爬虫類人レプティリアン)はシリウス星人が創造したようなのです。シリウス星人とフリーメーソンイルミナティなどの秘密結社のつながりを認識する人々も増えてきているようです。「レプテリアン(爬虫類)がさまざまな支配者の黒幕である」といわれます。

どう彼らを追跡しても、あなた方の祖先はレプテリアン(爬虫類)であることを発見するでしょう」と語られています。

スター・ウォーズでは「牛神」が「龍神」をテクノロジーの面で圧倒し、「爬虫類的異星人(レプティリアン)を低層4次元に追いやったといわれます。彼らは、「驚嘆すべき牡牛なす双神」と表現され、発進母星は65光年先の牡牛座(地球から観測する最も明るく輝く恒星アルデバラン)といわれます。モーゼとユダヤ人は龍神の系譜にあり、イエス・キリストは牛神の系譜で、お互いのバックはオリオン星系とシリウス星系という宇宙人といわれます。「りゅう座人は、地球に巨大な地下基地、金星にコロニーを持っている。地球には二番目の月が配置されている」といわれます。太古、地球には「龍神」と「牛神」の2種類の神が来て、多くの種類の異星人が人間を創ったそうです。旧約聖書の神が「龍神」で、新約聖書の神が「牛神」といわれます。龍神もバイオ・ロボットであり、上には上の神の種族がいるといわれます。アヌンナキとかサナンダといわれる金星のマスター(長老)が活動の中心ともいわれます。「クラリオン星の人々というのは今から約1億8000万年前に人類創造計画に参加した数多くの民族の一つなのです」といわれます。

・17世紀の前半期、ヨーロッパに大旋風を巻き起こした秘密結社の薔薇十字団は、1648年頃、再び忽然とその姿を消してしまいました。「薔薇十字団員は天の周辺に住む神的な一団である。彼らは、分身の術を備えていて、意のままに姿を変えて現れることができる。また彼らは、自分の望む場所に移動することもできる。その他、団員は占星術によって地震を予知したり、都市の疫病の流行を遅らせたり、空中を歩いたり、どんな病気でも治すことができる」ということでした。シリウス星人でも地上に表出してきたのでしょうか。シリウスのレベルは、もうすでに非物質のレベルです。しかしながら、「物質化」したり、「非物質化」するエイリアンのテクノロジーは、人間の科学者の想像を絶するようです。

・宇宙人の関係については、『地球を支配するブルーブラッド爬虫類人DNAの系譜』(スチュワート・A・スワードロー  徳間書店)が詳しいようです。この本によると危機感の強いイスラエルシリウス星人と通商協定を結んだそうです。これらの点に関して日本政府の動きが非常に遅いのはいつものようです。現代は「シリウス星人と通商協定を結ぶ時代」だそうです。

・「東日本大震災を予言していた人々」は多いのですが、特に宇宙人やタイム・トラベラーによる予言は的確だったそうです。宇宙人は一般的にタイム・トラベラーですので、彼らの未来予測を防ぐように行動すると事件は起こらないという「タイム・トラベルのパラドクス」という不思議な話になるようです。 「人類の進化には介入しない」という宇宙人の法則は、一切の事象に適用されるようなのでしょうか。

 チャネラーがブログなどで体験記を書く機会も多いかと思いますが、私自身は、ブログをネットであまり探索していないので発見できません。松原照子さんは『幸福への近道』(主婦と生活社)を出版していましたが、今後の予測が注目されます。

・昔は米国ではアルファ波の活用が言われましたが、シータ波の活用は「シータ・コマンド」という本もあるように、現代米国では「脳波としてのシータ波」が科学的に支持されているようです。宇宙人にはエスパー(超能力者)やタイム・トラベラーが多いので、CIAなどの諜報機関が活用しているようです。エスパー(超能力者)の活用は、日本の情報機関も調査員として利用すべき時代でしょうか。

・「UFOを目撃したと証言(報告)すると、地上勤務に回されるので、口を固く閉ざしている日本の航空自衛隊や航空会社のパイロットの処遇を考えると、数十年の宇宙科学の遅れを感じる」そうです。現代は「イルミナティなどのフリーメーソンに入ると『神』に会える」という時代だそうですが、与太話で終わりになるようなのでしょうか。胡散臭い話が多いといわれます。UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象といわれます。しかしながら、「日本はUFO後進国だ」ともいわれます

アイザック・アシモフという米国のSF作家がいますが、彼も部屋の中に7人の小人が出てきて、彼らの話をまとめたのが、アシモフの作品だったそうです。昔からディケンズのように作家に霊人がついて小説を書くこともあるそうです。あちら側の霊人がつかないと作家としても大成しないともいわれるそうですが。人類型異星人の起源は、琴座周辺からやって来た異星人ですが、ほかにプレアデス星団アルデバランの生物も混ざっていると語られています。古代・地球には異星から知的生物が来て、それが地球文明発達の引き金となったといわれます。アメリカ・インディアンのルーツは超古代の天皇という説もあるといわれます。インディアンに「文化神」となる異星人が、さまざまな生活の仕方を教えたといわれます。グレイタイプも太古から、インディアンの住む地帯に、空飛ぶ円盤で飛来していたようです。

東京大学地震研究所の平田教授らが、「マグニチュード(M)7級の首都圏直下型地震が発生する確率は4年以内で70%とする」衝撃の研究結果をまとめたので、マスメディアで報道され、誰でも知ることになったようです。このことにより東日本大震災で高まった緊張感が一層高まりました。南海トラフ巨大地震が起これば死者最悪で32万人と国の有識者会議が発表しましたので、関係者は対策を急ぎたいでしょうが、資金の不足が最大の問題となるようです南海トラフ巨大地震は、最悪の場合、被害220兆円が想定されています。それは3・11大地震の10倍程度のようです。この事態を深刻に受け取っている知識人も多いそうです。戦後最大の危機が懸念されています。

・「南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループ」の想定によると、太平洋沿岸が最悪クラスの揺れと津波に襲われた場合、建物や工場内の設備が被災する「直接被害」が40都府県で169兆5千億円に達すると推計されています。大都市部の愛知県で30兆7千億円、大阪府で24兆円に達するとされています。また30メートルの超の津波が押し寄せるとされる静岡県高知県ではそれぞれ、19兆9千億円、10兆6千億円の被害がでると予測されていました。

・大都市での大地震や大津波も多くの人々の常識となったようです。東日本大震災は千年に一度の天災ではなく、百年に一度の人災であったといえるようです。特に原発事故がともなったので未曽有の国家危機となりました。首都直下大地震津波南海トラフ巨大地震津波には、最高度の警戒が必要のようです。「天災は忘れた頃にやって来る」といわれますが、東日本大震災後の余震は頻繁に起こり、日本国民の多くにショックを与えました。そして余震は地震学者たちのすぐにでも起こるような大震災への警告とともに地方自治体の震災の対策計画を大きく変えたようです。つまり今後とも不特定な地域に不確実な時期に大震災は起こりうるということです。

・「首都圏直下型地震」への警告は昔からマスメディアに登場していましたし、テレビでもシミュレーションの映画がよく上映されていました。しかし、確か火炎流の恐ろしさが中心で、大津波の警告は少なかったようです。津波への警戒が低かったのは、明治三陸津波の10メートルの津波を基準としてこなかったからのようです。地震関東大震災を基準にしていますが、なぜなのでしょうか。明治三陸地震の教訓は現地の住民には知られていましたが、それ以後の行政レベルまでには徹底していなかったことが被害を拡大させたようです原発事故も津波の基準を低く設定したことが原因となったそうです。原発事故も放射能が高濃度で広範囲に飛散したら大変な事態になったようです。東京の住民たちも避難しなければならないようなパニック的な事態も懸念されたようです。そのようになった場合、まさに壊滅的な被害を日本経済に与えたことでしょう。

・ブラジルの夢見の預言者ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースが「2011年が日本経済の破綻、2012年が阪神大震災」を預言しているそうで、不気味な預言が多いようで心配です。神のような者からビジョンを見せてもらって警告するそうですが、異次元の高等知性体の異星人の存在が窺われるそうです。彼らの予言は、過去において年月が不正確な場合があると以後はマスメディアに無視されるようです。

・この度の東日本大震災で全ての楽観的な観測・希望は、一挙に吹き飛んだようです。首都圏、東海、その他の日本における大地震の警告が地震学者たちによって声高に叫ばれるようになりましたが、東日本大震災の後などで遅きに逸した感があります。地震研究所の学者たちは、何をしていたのでしょうか。学問と実際の政策が結びつかなかったようです。地震学者は「机上の空論」ばかりで、被災者の役に立つものはなかったといわれます。東日本大震災を予言・的中させた松原照子さんは、25年前に「2009~2011年、大阪、堺あたりを中心に大地震が起きる」と予言していました。時間軸が違いましたが二人の予言が一致するようでなお一層気にかかりました。松原さんは、ホワイト・ブラザーフッドの人々からビジョンを見せてもらって預言をするといわれます。

・予言は、正確な場所と日時が当たらないことが多く、また意味不明な高度な解釈を必要とする予言も多いので「イカサマ」「インチキ」扱いされるのがオチのようです。また、神のような存在からビジョンやメッセージを受け取る預言者たちに完璧を求めることはさまざまな条件から無理なようです。そして1件でも当たらないと、それ以後の全体が怪しいものとみなされ、熱心な読者たちからも忘れ去られるようです。

・国常立神(くにとこたちのかみ)の『日月神示』の予言は、研究者も多いようですが、なお一層不気味です。『日月神示』は現代的な解釈が必要なので、現代人には分かりずらい点があるようです。しかし、「大都市における大震災や大津波の災害」については、東日本大震災の影響で80%の人々の“常識”になり防災意識も相当高まり、被害を抑える力になりましょうか。「日本にコンタクトしてきた外国の神・国常立神は、ゲルマン神話に登場するアスガルドのトール神ではないかという推測を先に行った。トール神は縄文の神で、日本神話には直接登場しない。ギリシャ神話では「オーケアノス」に対応するのではないだろうか」といわれます。国常立神(くにのとこたちのかみ)はヘルメスだと言う説もあるといわれます。

・また、東日本大震災を契機として、さまざまな地震学者からの警告や予言がでていますが、多すぎるので詳しくは知りませんし研究もしておりません。そして昔から高次元の高等知性体の異星人が様々な形で、人類に災害の警告をしているようなのです。異星人は一般的にタイム・トラベラーだそうですので、彼らの預言は注目されるようです。「21世紀前の異星人の予言」は人類の滅亡だとか第3次世界大戦の警告だとか、支離滅裂で稀有壮大なものが多かったのですが、マスコミは忘れたようです。

・いたずらに不安をあおってもいけませんが、「10メートルの津波は何度でも来ていた。が、エリート官僚と選良が、津波の基準を5メートルにして、10メートルの防潮堤を造った。その結果、原発事故という未曽有の国家危機を招いた」といわれます。「数多ある失政のうちの一つにすぎない」そうですが残念です。津波の基準を低くしたために、東日本大震災により約20兆円の国家的な損失となったようです。被災地の県庁の役人たちが津波の基準を明治三陸地震の大津波の基準にしておけば、相当、死亡者等や被害を減らせたものと思われます。まさに天災は忘れた頃にやって来たのでした。南海トラフ地震では、想定被害が最悪で200兆円ともいわれ、「減災政策」が必須だといわれます。

・そして、大地震とUFOの目撃は相関するそうです。「大地震や大災害・大事件の現場上空でUFOを目撃した」という話は少なくないようです。関東大震災の時に、上空に空飛ぶ円盤を見たという話があったそうです。一般に宇宙人はタイム・トラベラーですし、イルミナティの円盤はタイム・トラベルができるそうです。タイム・トラベラーたちからもたらされた予言は当たるようです。しかしながら、パラレル・ユニバース(並行宇宙)の相互作用があるので、予言は当たらなくなるといわれます。ちなみに「イルミナティの空飛ぶ円盤にレプティリアンと米軍の将軍が同乗していた」という与太話もあるそうです。イルミナティの空飛ぶ円盤が見えない次元で、東日本大震災の現場を観察していたのかもしれません。

・天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人は、はるかに進化しており時空を超越しているので、未来・過去も全部わかるようです。「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なために戦争がしょっちゅう起こる」ともいわれ、シリウス星人は、地球の事象に目に見える形で介入しないし、できないようです。地球は異次元の異星人に支配されているという話もあり不思議な事柄のようです。

・人類の歴史を見ると戦争の時代が平和な時代よりも長かったそうです。戦争というものが地球の歴史を描くシリウス星人の仕業が根底にあるとすれば、大変なことでしょう。シリウス星人は限界のない人々ともいわれ、歴史上に明らかに登場したことは、分からないようです。シリウス星人は様々な時代に人間に憑依して、人類を観察していたようなのです。パラレル・ユニバース(並行宇宙)に住むシリウス星人が認識され始めています。またシリウス星人は天使的な宇宙人と言われているようです。「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会える」という与太話、冗談があるそうですが。神々も市井の人となり普通の生活をしているのでしょうか。超能力を示さなければ誰も分からないようです。

トランプ大統領の就任式は大きな出来事でした。徹夜で就任式をテレビで見た人もいたといわれます。経済雑誌は、「トランプ大統領」の特集を多く組んでいましたが、具体的な政策は、1年くらい見る必要があるといわれました。トランプ大統領自身の政策というよりも共和党自身の政策と考えたほうがよいともいわれました。民主党の政策に対するアンチテーゼなのでしょうか。4000名ぐらいの共和党のスタッフが、ホワイトハウスの政権の職につけるのですから、非常に大きな出来事だったそうです。しかし、ポストの入れ替えが大幅に遅れているといわれていました。多くの専門家が政権入りをためらっているというのでした。数カ月かかるといわれました。三権分立がはっきりしており、議会が法律を作り、大統領が執行するといわれる制度は、日本とは大きく違うようです。しかし、大統領権限もある程度あるようです。共和党は「小さな政府」で補助金を大胆にカットするというイメージがあるといわれました。「民主主義国家においては国民はその程度に応じた政府しか持ちえない」、「国民が政治を嘲笑している間は嘲笑に価する政治しか行われない」といわれます。日本の政治は、アメリカの意向に従ってきた対米従属外交だったともいわれます。トランプ大統領の出現で、さまざまな大きな変化が出てきました。国論を2分したTPPを、アメリカは離脱したというのですから、政治家の資質が窺われました。米中貿易戦争のように、自由貿易万能主義の時代が変化しているといわれます。アメリカのTPP離脱は、想像以上に深刻なダメージを与えるといわれました。2017年1月20日のトランプ政権の登場から2年たっていますが、世界中で激変の時代だったようです

・アヌンナキとかサナンダといわれる金星のマスター(長老)が活動の中心ともいわれます。アシュター(銀河連合の総司令官と呼ばれる存在)という存在がよく米国のスピリチュアルな本で言及されます。世界はアヌンナキのシナリオ通りに動いているのかもしれません。別体系の宇宙から来たということで、アヌンナキは、詳細は不明です。アヌンナキという別宇宙の生命体が、この宇宙へ入ってきて、 こと座(リラ)の星や、オリオン座リゲルに定着し、そこからさらに展開したといわれます。「オリオン大戦」やスター・ウォーズの原因や結果も詳しくは分からないそうです。

はるかに進化した異星人でも「広い宇宙には、まったく分からない宇宙人が存在している」と述べられています。造物主や神々の世界は、私たち一般人には、理解不能なことがほとんどのようです。「日本はヘルメスが統治する国だ」といわれます。誰も認識できない与太話だといわれます。シリウスの大天使の代表であるというヘルメスは、ギリシア神話に登場する青年神です。大天使が大組織や都市等を統括しているといわれます。現代の神々の神話についても情報は全くないようです。

アシュター・コマンドというのは、現在、地球周辺の宇宙空間に滞空しているUFO艦隊の司令官アシュターならびに、主サナンダ・クマラという霊的な導きの下に存在する「光の偉大なる聖職者団(グレート・ブラザー/シスターフッド)の空挺部隊のことだといわれます。

 地上に存在するエーテル体のアセンションしたマスターに至っては、ほとんどがアシュター司令部のメンバーであるといわれます。地球を訪れているものには、琴座星(リラ)系、ヴェガ星系、アルクトゥールスシリウス、オリオン、プレアデス、アシュター司令部からだといわれます。

・太古のインドでは阿修羅が金星のマスターを崇拝していたといわれます。阿修羅はアシュタールという説もあるようです。帝釈天(インドラ)も人間化して、人知れず社会で生活しているのかも知れません。

「キリストの転生歴を持つ金星のマスター(長老)、サナンダと宇宙母船上で会見したという日本人がいた」といわれます。サナンダは神智学では サナト・クマーラより上位の存在として「沈黙の監視者」と呼ばれています。シャンバラの支配者(世界の王)のサナト・クマーラがルシファーであることや、サナンダは神智学ではサナト・クマーラより上位の存在です。かつてイエスであった存在は現在「サナンダ」と名乗っており、アシュタールとともに彼の宇宙船に住んでいるといわれます。

・「中世の我が国民に大きな影響を及ぼした勝道、空海親鸞日蓮らの御聖人方が、金星人、すなわち明星天子と会っているという事実がある」といわれます。日本の精神世界にも深く関与しているといわれます。現在、サナート・クマラは公式的には金星に戻っていますが、引き続きシャンバラに焦点を合わせていて、今でも私達の惑星に援助をしています。

往古、かの尊い釈尊が、明星天子にあったという事実、また、イエス・キリストと金星との関わり、その記録が歴然と存在している」といわれます。

ここでいう金星というのは副金星、異次元の金星、アストラル界にある目に見えない金星のことのようです。オムネク・オネク『私はアセンションした惑星からきたー金星人オムネク・オネクのメッセージ』(徳間書店)があり、よくわかります。現在では、金星と火星の異次元(アストラル界)には、壮大な都市文明が存在しているそうです。

 

・西洋の秘教には、非物質的な悪魔の召喚があるそうですが、非人間的な存在とのコンタクトは、今なおタブーとなっているようです。イルミナティには、コンタクティやチャネラーが多いということでしょうか。

イルミナティの空飛ぶ円盤でタイム・トラベラーになれる」という話もあったといわれます。日本の宇宙人のコンタクティが母船でマスター(大師)かアデプトや長老に会ったという話は少なくないと語られています。宇宙人社会は長老たちの評議会が統治しているという話もあります。

・「異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視・調査し社会生活をしている」そうですので、昔から社会に溶け込まれると識別不能のようです。「米軍に宇宙人が混じっていた」という話も多かったようです。昔から宇宙連合の宇宙人が来ていたということ。ウンモ星人がヨーロッパの社会に浸透しているといわれます。ウンモ星人の子孫はヨーロッパに多いそうです。

異星人の「ブラザーフッド」についても多くの言及があります。その流れがフリーメーソンを形作ったのかもしれません。フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのであるとも伝えられています。

 

・時空を超えた「異人」や「神人」の伝説は世界中に無数にあるようですが、現代ではなかなか記録に残らないようですし、マスコミも追及しないようです。ちなみに「昔のドイツの領主は、ほとんど異人であった」という話もあるようです。「フランスの『美女と野獣』の話は、異類婚姻譚だ」そうです。謎のシークレット・タイム・トラベラーが今日でも来ている可能性もあるといわれます。「宇宙人が公然と姿を現すのは遠くありません」という与太話もあるそうです。

・日本の「緑龍会」についても高等知性体の秘密結社ゆえに秘密は保たれているそうです。無理に秘密を暴くために探索する必要もないでしょう。エスパー(超能力者)の家系と言うものはあるようですが、外部からは分からないといわれます。「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので戦争が頻繁に起こる」という説もありますが、今後とも「人間同士が殺し合うこと」は変わらないのではないのでしょうか。パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だといわれます。プレアデス星人のコンタクティとして世界的に有名なスイスのビリー・マイヤーは、「日本民族の発祥の元( 原郷)になった異星から宇宙人(神々)が来ている」と語っています。日本民族の原郷はプレアデス星団という説とシリウスという説もあるようです。