日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

人が死ぬたびにつくり直すのを手間に感じた女媧は、人間に生殖機能をつけて婚姻制度を整えさせたといい、そのため女媧は今でも婚姻の女神として崇められている。(17)

 

 

 ■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■

 

 

・世界の神話には共通性があるといわれます。神々も進化した異星人として、世界的に共通の特徴があるといわれます。中国も異人や神人の伝承の豊富な歴史を持っているといわれます。

ただ、モンスター・タイプの鬼神が、大衆には理解ができない存在のようです。魔神のイメージが強い要素もかなりあるといわれます。天国の白髪の善の神様のイメージとは違うようです。インドの帝釈天も、最初の頃は、大衆から尊崇を受けていたようですが、だんだんとその弱点が露呈され始め、人気がなくなっていったといわれます。ネガティブなオリオン人は、地球に来ている地球外生命体の中で、最も発達レベルの低い存在で、地球に暗黒をもたらそうとしているといわれます。シリウス星人が遺伝子操作等でモンスター・タイプの生物を創り神に嫌われたといわれます。そして、さまざまな異星人が、超太古から地球に飛来して人類創造計画に参加したといわれます。

しかし、今なお、底層4次元にモンスター・タイプが生存しているともいわれます。それで異次元にいるモンスター・タイプの宇宙人が人間に危害を与えるようになったようです。

ルシファーもグレイ(ゼータ星人)を作り神に反抗したとも言われています。シャンバラの支配者(世界の王)のサナト・クマーラ がルシファーであるといわれます。堕天使ルシファーもオリオンからやって来たそうです。4次元の宇宙人と5次元の宇宙人の対立・戦争、神と堕天使ルシファーの対立・戦争が延々と続いているといわれます。

モンスター・タイプも進化していきレプティリアンのように、人類を支配しようとしている宇宙人種になったともいわれます。バベルの塔=世界統一王国=ニムロデ=バアル=モロク=メイソン=イルミナティ=世界統一政府の筋書きといわれます。

竜座人(ドラコ)が遥かに進化しており、このレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティである。交配人種であるイルミナティが地球を裏世界から支配しているといわれます。

 

・いわゆるグノーシス主義のように、(「ピクシブ百科事典」より引用)「「エスの教えと東洋の教えを混ぜたものがグノーシス主義」と主張する人も存在する。

 しかしながらグノーシス主義は反宇宙論( 宇宙自体は善なるものではなく、むしろ悪であり、受け入れるべきではないという思想 )・反造物主( 造物主は狂った下級の神であり、従うべきものではないという思想 )という点でヒンドゥー教と異なり、邪悪なものだとしても造物主を認めるという点で仏教と異なる」という説もあるようです。神様を信仰しても、この世は、ネガティブな要素で満ち溢れているといわれます。

 

・『中国の鬼神』についても、どこまでがフィクションで、どこまでがナンフィクションなのか不明の伝承のようです。『封神演義』にしてもフィクションなのですが、そこに登場する仙人たちは、昔の多くの種族の「宇宙人」を連想させます。玃猿(かくえん)」の話についても「猿神」のイメージです。純然たるUMA(未確認動物)ではなさそうです。ネガティブなオリオンETグループが遺伝子操作実験で創造した、「獣人」だったのかもしれません。昔から、人間をアブダクション(誘拐)して、異類混血の交配実験をしていたのかもしれません。日本でも人身御供に関する狒々のような「獣人」の伝承が全国にあります。異次元移動をしたようなので、「猿神」として、当時の農民たちから怖れられたようです。「もし、さらわれて玃猿(かくえん)の女房にされてしまっても、子供を生まないと人間世界へ返してはもらえない。玃猿は人間世界に自分たちの子孫を残すことを望んでいるらしい」と語られています。中国の宇宙人の場合は「人間化」が進んで、その末裔が多くの種族になっていったようです。類人猿から進化したといわれる人類も、非常に多くの異星人の遺伝子が混じっていたのかもしれません。馬頭観音(イアルガ星人)も昔から日本に来ていて、異類混血などで「人間化」して同化して、社会に溶け込んでいるのかもしれません。平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔といわれるように、人間タイプの宇宙人も「人間化」していくと識別ができなくなります。「天狗」の末裔という人間の村落もあると指摘されています。現代においてもビッグフットやサスカッチのような「獣人」を「空飛ぶ円盤」からオリオンETグループが降ろしているといわれています。「獣人」の出現話は、今なお世界中にあると指摘されています。おぞましい生体実験の米国の秘密基地の話もありました。異類異形の宇宙人の交配実験をアバブ・トップシークレットにしたといわれます。「はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうです。そうなると人間自身が「変容」、「変性」してしまうそうです。宇宙人情報を公開すると主権が危うくなるともいわれます。UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象といわれます。

 

・夜叉や羅刹鬼、阿修羅、仙人等は、みな異星人か、その交雑種のイメージです。中国も太古から豊富な異人や神人、妖怪の伝承があるといわれます。異星人の方が、宇宙連合のネットワークにより、進化が速いそうです。夜叉は現代のオリオンETグループの異星人か、その交雑種だったのかもしれません。

  オリオンETグループが異次元のモンスター・タイプの生物を創り、人間と異種交配・混淆させ、生体実験で「人間化」させようとしたのかもしれません。

 

インド神話の猿の神様は「ケンタウルス座α星人」ともいわれます。動物タイプが3割も存在しているようです。動物タイプの異星人の情報もアバブ・トップシークレットのようです。ハヌマーンは、インド神話におけるヴァナラ(猿族)の1人といわれます。猿田彦神も天狗の容貌とか猿のような容貌とかといわれています。「ケンタウルス座α星人」が昔からアブダクション(誘拐)を繰り返していたのかもしれません。インド神話においてもハヌマーンが、どのように人間たちを交配実験していたのか、詳しくはわかりません。調べれば伝承があるのかもしれませんが。フェイク(偽)・情報の可能性もおおいにあります。

 

グレイと人間の交雑種が「エササニ人」といわれます。「時空間を超えてこの地球にやってきて、人類をアブダクション(誘拐)し、受精して、子孫を作りました」と語られています。それがエササニ人のバシャールだといわれます。エササニはオリオンの方向にあります。エササニ人の様にすでに交雑種が異次元に存在しているようです。太古から、様々なアブダクション(誘拐)があり、人間を交配実験のモルモットにしていたのかもしれません。進化の過程で、動物タイプの異星人の遺伝子も混淆したのかもしれません。犬頭人の伝説もありました。人間をゴキブリ以下に考えるエーテリアン(異次元種族)がいる」と語られています。「現代的な解釈ですと堕天使ルシファーとかリラ星人のサタン(悪魔)という言葉は、遺伝子科学者の研究集団の名前だ」といわれます。異星人は、遥かに進んだ惑星の科学者とか技術者、宇宙飛行士と見れるといわれます。ルシファーもグレイ(ゼータ星人)を作り神に反抗したとも言われているそうです。ルシファーの異類混血実験が、現在も行われているのかもしれません。「ルシフェリアンはニムロード思想を信奉する人々、もしくはその悪魔教の信者なのである」と指摘されています。ルシファーの遺伝子を持っている異星人の末裔も地球にいるのかもしれません?

 

・またケンタウルス座アルファ星(アルファ・ケンタウリ)からは、人間タイプの金星人の末裔がきているといわれます。アルファ・ケンタウリの異星人も金星人の末裔のようです。ここでいう金星というのは副金星、異次元の金星、アストラル界にある目に見えない金星のことのようです。現在では、金星と火星の異次元(アストラル界)には、壮大な都市文明が存在しているそうです。「金星は5次元世界にまで進化している。いわゆる聖人的な人々である」といわれます。「人間化」した宇宙人は誰も認識できないと指摘されています。「宇宙人の実体をエーテリアン(霊人)と呼び、彼らの乗用する円盤のことをエーテル船(霊船)と呼ぶべきだ」いう説もあるといわれます。

 

・超太古にネガティブなシリウス人が、遺伝子操作などでモンスタータイプの生物を創り神に嫌われたと語られています。そこで、神は、天変地異を起こして、それらの生物を全滅させたといわれます。しかし、低層4次元にはいまだにそれらの生物が存在しているともいわれます。「現代的な解釈ですと堕天使ルシファーとかリラ星人のサタン(悪魔)という言葉は、遺伝子科学者の研究集団の名前だ」といわれます。神々や天使的な異星人を科学者と結びつける見解は少ないようです。「第2次世界大戦は堕天使ルシファーと大天使ミカエルの代理戦争だった」という奇説もあったといわれます。シャンバラの支配者(世界の王)のサナト・クマーラ がルシファーであるといわれます。堕天使ルシファーが天使団の3分の1を率いて神に反乱したという「天の戦争」が続いているそうです。 「フランスの『美女と野獣』の話は、異類婚姻譚だ」そうです。

  

スター・ウォーズでは「牛神」が「龍神」をテクノロジーの面で圧倒し、「レプティリアンを低層4次元に追いやったといわれます。私達の銀河は直径が10万光年あり、その意味では龍神の発進母星シリウス、牛神のオリオンはお隣の星、隣接する恒星といってよいといわれます。エルダーとよばれる天使のような人間タイプのオリオン星人が小柄なグレイと共に飛来したそうです。オリオン座は「神の故郷」ともいわれますが、『闇の勢力』も経由地にしているようです。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。シリウス人はオリオン人と交戦していた。この敵対関係は今でも続いている」といわれます。奇妙なことに、オリオン人はかっては琴座からの移民である人間らしい存在だったが、その後レプティリアンに征服されてしまったといわれます。天狗もオリオン星人だったようです。オリオン人は、地球と直接的なつながりを持つと指摘されています。

 

米国では獣人ビッグフットがUFOから降ろされているのが、目撃されているといわれます。日本における「獣人」や「野人」もUFOから降ろされたといわれます。獣人や野人も異星人の「遺伝子操作」「異種交配の生体実験」の結果の生物なのかもしれません河童も異人のUFOから降ろされたのかもしれません。平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔と語られています。異人はオリオン星人だったのかもしれません。河童も明治の文明開化で、全国から姿を消しました。民俗学者等で、獣人や野人、河童と宇宙人を結びつける人はいないようです。レプタリアンとリゲル星人のオリオンETグループが、過激な異星人で、遺伝子操作の異種交配実験を、現代でも盛んにやっているといわれます。グレイの長身タイプがリゲル人といわれます。

 

アブダクション(誘拐)の現場に現れる金髪碧眼の宇宙人の部下として働くグレイといわれるバイオ・ロボットも数種類あるといわれます。グレイには、「ビーガン。シリウスA人の遺伝子から作られたグレイ」、「ゼータ・レティクリ1。地球人監視のためリゲル人が作ったグレイ」。「ゼータ・レティクリ2。遺伝子操作で作られたグレイ。爬虫類人に奉仕」がいるようです。軍隊的な階級組織でもあると指摘されています。ラージノーズグレイもオリオン星人で、米国と秘密協定を結んだともいわれます。ラージノーズグレイは中世の鉤鼻の魔法使いのお婆さんのイメージのようです。これらのグレイたちは、ラージノーズグレイの指揮下で異種交配の遺伝子の生体実験をしているのかもしれません宇宙人情報はパニックを防ぐために情報を隠蔽しているといわれます。「宇宙人は“幽体”や“霊体”で目に見えない異次元に存在している」といわれます。はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうです。宇宙人が、太古からスパイと売春と麻薬を扱っているという怪説もあるといわれます。宇宙人同士の争いが地球にも波及しているといわれます。「歴史のシナリオを描く政治力の非常に高い宇宙人が存在する」といわれます。宇宙人情報を公開すると主権が危うくなるともいわれます。

 

・「山男」には、2種類があるといわれます。1つは、毛むくじゃらの獣人で、アメリカのビッグフットのような獣人で、近年、UFOから降りてきているのが目撃されているそうです。宇宙人のペットか、交配実験の産物ともいわれます。2つ目には、人間タイプですが、裸に近く、正体不明の未開の「異人」です。この種の者も、獣人と同じようにUFOから降ろされた異種交配実験の結果なのかもしれません。昔から、宇宙人の中には異類混血の交配実験をする種族がいるといわれます。現代ではニューメキシコ州のダルシ―基地での異星人の異種交配の研究施設が知られています。「現代的な解釈ですと堕天使ルシファーとかリラ星人のサタン(悪魔)という言葉は、遺伝子科学者の研究集団の名前だ」といわれます。要するに、宇宙人のほとんどは「科学者」のようなのです。エリア51白鳥座61番星の異星人とコンタクトしていた日本人科学者もいたといわれます。世界中や日本にある昔からの妖怪の伝承は、ある種の異星人による(異次元の)「異種交配実験」の産物なのかもしれません。「あのグレイも壁を透き通るようにして部屋に侵入してくる」そうです。

 

一部の異星人による異種交配の実験は、太古から続けられており、この日本においても昔から、ビッグフットのような毛むくじゃらの獣人や「山男」のような未開の人間タイプをUFOから降ろしている可能性はあるといわれます。「遠野郷の民家の子女にして、“異人”にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。-遠野物語第三十一話」「黄昏に女や子供の家の外に出ている者はよく神隠しにあうことは他の国々と同じ。-遠野物語第八話」という伝承があります。異人はオリオン星人だったのかもしれません。かなり人間との交配実験がすすんだようです。平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔といわれます。牛若丸と鞍馬山の天狗の伝承のように、源氏はオリオン星人との繋がりがあったようです。

 

・当ブログはUMA(未確認動物)については、あまり取り上げていません。しかし、オカルト界では「河童」などはUMA(未確認動物)、「妖怪」として区別され、取り上げられています。ここで強調するのはビッグフット等の獣人がUFOから降ろされた異星人の由来のものだということです。「ビッグフットは異星人のペットだった!」と指摘されています。UFOからUMA(未確認動物)の一部が降ろされているというのです。アブダクション(誘拐)の現場にもビッグフットがいたこともあったと報告されています。

 

宇宙人とビッグフットといえば、ハリウッド映画「スター・ウォーズ」のフィクションの森林惑星のキャッシーク出身のウーキー族の獣人「チューバッカ」を連想させます。あの毛むくじゃらの獣人のようなキャラクターです。数種のUMA(未確認動物)は、単独に考えるのではなく、常にUFOの異星人と結びつける必要があるといわれますモスマンやビッグフットがUFOに出入りしているところが目撃されたこともあるようです。異星起源のUMA(未確認動物)が少なくないといわれます。「地球外に起因するとみられる異常生命体の俗称で、“エイリアン・アニマル“と呼ばれて区分されている」ようです。日本にいる河童もUFOから降ろされたのかもしれません。クラリオン星人のコンタクティ、イタリア人のマオリッツオ・カヴァーロによると「日本の河童はグレイの一種で、現在も海底基地にいる」と指摘されています。当時の「異人」が「河童」をUFOで連れて来たのかもしれません。河童も純然たるUMA(未確認動物)というよりも、人間と交流できるバイオ・ロボットタイプもいたようです。

 

「あのグレイも壁を透き通るようにして部屋に侵入してくる」そうです。 「グレイ」は人間の無意識の中に入ってくると指摘されています。テレコン(テレパシー・コンタクト)ができるほど宇宙人は想像を絶する進化をしているようです。「テレポート(瞬間移動)は、人間にとり奇跡ですが、宇宙人にとっては、それほど難しくないテクノロジーだ」と指摘されています。「家の中からテレポート(瞬間移動)して異界に移動できる」そうです。UMA(未確認動物)も異星人により、飼育されているのかもしれませんが、地上に取り残されると「悪臭」がひどいといわれます。世界中にビッグフットに似たUMA(未確認動物)が目撃されています。その周辺にはUFOが現れたようです。ビッグフットを地上に下ろすような異星人は、人間に敵対的なアブダクション(誘拐)で生体実験をやっているオリオン・グループなのかもしれません。カナダではサスカッチ、ビッグフットを法律で射殺することが禁じられていると指摘されています。それだけ目撃事例が豊富のようです。一部は異次元に行き来できるのかもしれません。

 

日本の昔に「覚(さとり)」というUMA(未確認動物)がいましたが、毛むくじゃらの獣人ですが、人の心を読む超能力があったといわれます。日本の「ヒバゴン」も異星人がUFOから降ろして、再び回収したのかもしれません。日本全国にある「羽衣伝承」も異星人と人間の交流があったのかもしれません。UFOが天女を連れてきたようです。UFOを「天の車、飛行物体」「羽の車輪のようなもの」と見ています。

 

・「隠れた聖者たち(隠れた首領)」の正体も詳しくは分かりません。宇宙人のマスター(大師)クラスの神人のことでしょうか。進化している宇宙人、神や天使のような存在が、さまざまな方法で、人間にコンタクトしてくるようなのです。「ガーディアン(守護神)―昔、人間であったが、霊的に進化し、霊的存在となった。人間世界の指導をしている。コズミック・トラベラー(宇宙の旅人)――ガーディアン委員会の下で、ガーディアン委員会の特命事項を遂行する宇宙人」という種族がいるそうですが、彼らとのコンタクトからさまざまな情報が昔から得られたようです。

 

・アセンディッド・マスターのコンタクティやチャネラーがいるということは驚きです。ブラヴァツキー夫人の神智学協会の話でも登場しますが、「導師」から膨大な情報を受け取っています。クートフーミ導師(マハトマ)とモリヤ導師の教えをうけたといわれます。世界中でもホワイトブラザーフッド(白色同胞団)のメンバーからチャネリングを受け取る人びとは少ないようです。アリス・A・ベイリーは、米国でチャネラーが活躍する前の時代の人なのですが、「神の国の様相」を明らかにしているそうです。ベイリーは「ジュワル・クール覚者の教えを口述筆記し、24冊の本を表わしており、密教学徒の間では有名である」とのことです。

 

・『肉体を持った人間になったり、目に見えない透明な人間になったりすることができる。宇宙人のクェンチンは、コズミック・トラベラーの一人である』とありますが、このあたりが、フリーメースンと関係があるのではないのでしょうか。天使や神々の進化した宇宙人は目に見えませんが、「空飛ぶ円盤」の時代から「見えない宇宙人の時代」に変わりつつあるようです。「進化した宇宙人は人間の肉体や精神体に憑依するので誰にも分からない」そうです。また「神々や進化した宇宙人(天使)は、背後霊や守護霊となり人間に憑依している」ので誰も認識できないようです。フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのであると指摘されています。中世の薔薇十字団の逸話のなかにも、この種のコズミック・トラベラーの集団がフランスに存在していたという話があるそうです。昔から、「異人」や「神人」が地上を徘徊していたという話も多いようです。

 

・現代では、米国で映画にもなった『メン・イン・ブラック』(MIB)が、相当するのかもしれません。しかしながら、メン・イン・ブラックは、UFO研究者を脅す犯罪者のようにいわれていました。ところが、近年、ハリウッド映画『MIB(メン・イン・ブラック)』では「宇宙警察」のような役回りでした。コンタクティによると彼らは、グレイと共に飛来した『シリウス系オリオン星人』だそうです。オリオン星人は、人類に5万年進化しており、「人間の魂の交換」ができるといわれます。

 

・米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。「オリオン大戦」やスター・ウォーズの原因や結果も詳しくは分からないそうです。 「ゼータ・レチクル星人のグレイと、オリオン座のリゲル人の長身のグレイ、オリオン座の有翼のドラコ族、恐竜から進化した地球のレプトイド(恐竜人)」がエリア51等の秘密基地で活動しているともいわれます。

 

・「遠野郷の民家の子女にして、“異人”にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。-遠野物語第三十一話」、「黄昏に女や子供の家の外に出ている者はよく神隠しにあうことは他の国々と同じ。-遠野物語第八話」という伝承がありますが、「異人」はオリオン星人だったようです。全国では、どれくらいの「人さらい」の犠牲者がいたのでしょうか。また被害者がどのようになったのかも分かりません。柳田国男は当時の警察の「異人」の情報を調べなかったようです。柳田国男は『遠野物語』は民衆の作り話ではなく事実だと述べています。天狗も異類異形の異星人だったようです。

 

『肉体を持つが地球人の目には見えない』という表現なので荒唐無稽な与太話ということになるのでしょうか。コズミック・トラベラー(宇宙の旅人)や異人、超人、神人、天使、宇宙人が昔から地上を徘徊しているともいわれています。また一部は、社会に溶け込んでいるともいわれます。また金星のマスター(長老)に葉巻型宇宙母船の中で会見した日本人もいたそうです。「宇宙人と普通の人間が区別できなくなっている」時代のようです。アヌンナキとかサナンダといわれる金星のマスター(長老)が活動の中心ともいわれます。プタハに冠せられた「宇宙の建築家」という称号は明らかにフリーメーソンとの関連を示している。プタハは太陽系の外からやって来て、すべての生き物を造ったとされる。となると当然、彼はオシリス一家よりも古い神々のカテゴリーに属することになる」といわれます。 

 

 

・牛神と龍神との争いが古代のスター・ウォーズといわれます。モンスタータイプの異星人が神々の役割をしていたのでしょうか。牛神というのは鬼やモーゼのように頭に二本の角が生えていたのでしょうか。モンスタータイプの異星人も種類が多いといわれます。「紀元前5千年ごろから旧約聖書に至る時代には、主に「牛神」と「龍神」に総称される二種の異星人が地球に来ていた。オリオン星系とシリウス星系の2大勢力があった」という説もあります。

「幽界がなくなる」という説もあるそうです。死後の霊界と高等知性体が存在すると言われている異次元世界が、相似して、結合されてきているようです。女性に関心の高い「赤い糸」に関してもチャネラーにより、色々な説明がなされているようです。著者の秋山眞人氏は、カシオペア座のある惑星に行ったコンタクティとして30年ほど前に有名だった人だといわれます。

霊的な体験から新興宗教ができたり、霊界のことを紹介する書籍を出したりすることができるようです。デーヴィッド・アイクは、5000ページ以上の評価の分かれるレプティリアン爬虫類人)関連の書籍を書いていますが、異次元との異星人とのコンタクトが契機になっていると主張しています。

「歴史のシナリオを描く連中」といわれているシリウス星人は、天国に出入りしており人間への憑依や転生を自由に操作できるといわれているのですが、私達のような通常人は認識できず、歴史の闇に隠れた「謎の集団」だといわれます。

 

経営コンサルタントとして有名な船井幸雄氏は病気のためにあまり執筆活動がすすまないようですが、「イシヤ(フリーメーソンイルミナティ)」の正体を解明してもらいたいものです。イルミナティの円盤はタイムトラベルができるそうです。

・逆レベレッジでGMも経営破たんするような「百年に一度の経済大変動」を上手に乗り切るのは、従来の経済理論、経営理論を超える手法が必要とされていたようです。株式以上に不動産価格の暴落がひどいようです。国家機関の総力をあげて「異星文明」を導入しようとしているフリーメイスン王国の米国は、「百年に一度の経済大変動」をどうにか乗り切れるといわれます。

 

・2012年の地球の大変動が、多くの本で予言されていましたが、「一部の人々に次元上昇が起こる」「幽界がなくなる」と言われておりましたが、地球にとりポジティブな変化のようでした。

「地球が銀河連合に参加するのにはあまりにもレベルが低い」と言われているそうです。米国が秘密協定で、グレイなどのUFO技術を入手しつつあるといわれており、米軍が異星に留学生を送ったそうですが、高度文明の超科学は、現代の科学では理解不能なのでしょうか。

60年前から(太古から?)異星人が地球の人間社会に溶け込んでいるそうなのですが?

5次元にある地下都市のイメージは、一般人には理解不能ですが、2012年のアセンションと何か関係があるのでしょうか。また、霊界のイメージと似ているのでしょうか。

 

柳田国男の「遠野物語」の赤顔の異人は、赤顔の聖良と似ているようです。明治時代の異人たちはどこから来てどこに去ったのでしょうか?ちなみに、奇跡に見える現象のテレポート(瞬間移動)は宇宙人にとっては「それほど難しくない技術だ」そうです。今様でいえば、異星人がテレポート(瞬間移動)してきたのでしょうか。

異次元に存在するという天使クラスの宇宙人の存在は、次元の理解がすすまないと、わからないようです。著者は、レプティリアンの影響も説明しています。

精神面も不純物がまじると、エネルギーが発揮されないそうです。「潜在意識の中に宇宙人の影響がある」という著者の説は不思議です。

日本でもチャネラーが増えてきているようです。日本民族の原郷をプレアデス星団とする説も多いといわれます。人はみな「記憶を失った異星人」なのでしょうか。

 

・中世ヨーロッパでは、異星人やそのコンタクティは「魔女や魔術師」として虐殺されてきたのでしょうか。陰惨な話が多いようです。どの先進国も選挙で選ばれた政治家よりも諜報機関が実質的に上位になり実権を握るといわれます。よくある「(ユダヤフリーメイスン)謀略本」では、目に見えないレプティリアンバビロニアン・ブラザーフッドフリーメイスンイルミナティが世界を実質的に支配しているという論調になるそうです。・現代の欧米の一般的な友愛組織、フリーメイスン組織も一般の日本人には馴染みのない観念だと指摘されています。

英米諜報機関に異星人情報は埋めこまれており、異星人自身が諜報員になっているそうで、『厳秘』として秘密は50年以上も厳重に保たれているようです。「諜報機関のない国家は衰退する」といわれますが、日本に本格的な諜報機関ができないのは、敗戦国の最大のデメリット・政治の欠陥であったそうです。確かに政治家よりも諜報機関の判断が優先されますので、そうなのかもしれません。

異星人・UFOのコンタクティによると金髪碧眼の異星人(ノルディック)に遭遇したという話は、日本も含めて欧米では非常に多いそうだ。

・異星人の歴史は、光の神と呼ばれる金髪碧眼のアーリアの支配種と光の神よりも劣る悪魔との物語なのでしょうか。ちなみに「ドイツ語は悪魔の言葉だ」そうです。金髪碧眼のアーリア人種に狂ったナチス・ドイツの時代にドイツに出現した異星人が、現代に小柄なグレイとともに米国に飛来した金髪碧眼のノルディックであるようです。

 

・高次元の宇宙人は波動が高く、人間の眼には見えないが、波動を下げると見えるそうです。グレイタイプはバイオロボットであるともいわれており、はるかに進化している宇宙人(天使クラス)は、通常は人間の眼には見えなくなるといわれているようです。当然タイムトラベルも可能のようです。

カシオペア座付近の異星に行った日本人のコンタクティとして有名だった秋山氏のその後は、霊能者として活動しているといわれます。

生まれてから50年は、ほぼ最初に書かれた台本通りですと指摘されています。霊界の記述は、当然ながら古今東西似てくるようです。

作家の三島由紀夫もUFOに関心を示していたそうです。死後の三島由紀夫は、太田千寿を通じて自動書記で霊界通信を送ってきたといわれます。

ナチスと金髪碧眼のノルディックの異星人との結びつきは、とりあげる学者が少ないと指摘されています。一種のタブーなのかもしれません。

「私は宇宙人と出会った」(1997年、秋山眞人ごま書房)という珍しい本もあります。

 

・デーヴッド・アイクの1000ページにも及ぶ大作ですが、この著者には毀誉褒貶も多く、「トンデモ本だ」という者も多いといわれます。一般人には内容が理解不能な箇所も多いそうですが、同じ著者の本は5000ページ以上も翻訳出版されており、読者も多いのでしょう。

ナチスが、金髪碧眼のアーリア人種に狂った過程とは、奇妙な話のようです。

『大いなる秘密・爬虫類人レプティリアン』、『恐怖の世界大陰謀』、『竜であり蛇であるわれらが神々』、『超陰謀』、『究極の大陰謀』、『さあ5次元の波動へ』(デーヴィッド・アイク)等、デーヴィッド・アイクは大部の本を書いているようです。

 

・小柄なグレイとともに飛来した金髪碧眼の宇宙人ノルディックに関しては、『厳秘』のため、日本のマスコミもさすがに手が出せず、出版活動も低調です。

「グレイの後に人間タイプの金髪碧眼のノルディックや赤毛のオレンジと呼ばれる宇宙人が飛来し、その後に『東洋人タイプ』が来た」そうですが、50年以上も経っているのですが、『厳秘』のためこの程度しか、マスコミには流れてこないようです。リークの中心人物だった米国海軍の情報将校も亡くなった(殺された)ようです。UFOで有名な矢追純一、元テレビディレクターのその後(『矢追純一のUFO大全』)の活動は、どうでしょうか。レプティリアンを作った「透明な人々」とは、「遺伝子操作か思念(?)で人間を創った」と言われているシリウス星人のことでしょうか。「透明人」とシリウスA星人が創造し、りゅう座(ドラコ)に配置した爬虫類人が異常に進化したそうです。シリウス人は、別の非物質的存在の集団であるオハル評議会の創造物であるといわれます。異類混血の問題はスター・ウォーズの原因となるほど深刻な問題なのでしょうか。

「人は誰でも悪いことはできない。なぜなら霊界の監視者がいるからだ」そうです。「あの世」との相関で「この世」にも色々と恐ろしい不幸な出来事が起こるのでしょうか。

「異星人は、昔から一般人として人間社会に溶け込んでいる」といわれます。宇宙人の服の情報も、当然ながら種々のコンタクティの報告では、似てきます。

「実験室で人間を創った」というリラ星人と「遺伝子操作か思念(?)で人間を創った」というシリウス星人の対立とは、「神とサタンとの抗争」なのでしょうか。ところでシリウス人が遺伝子操作か思念(?)で人間を造ったというのは、本当でしょうか?

 

・中国は人口も多いので、霊能者、超能力者、異人情報の宝庫のようです。道教も異星人との関わりがあるといわれます。「誰でも人は、記憶を失った異星人で、夢の中で異次元世界に入っている」といわれます。

「光の中へ」中国道教に伝わる異次元旅行(具道士、同朋舎)という本の「関落陰」は、道教の催眠術の一種なのでしょうか。人を神霊界に送り込めるといわれます。

役小角の正体は不明であり、その事実も検証はできないが、何らかの宇宙人との関係が窺われるようだ!?現代風に考えると、歴史の記録に残るヒューマノイドの宇宙人と関係するウォークインのシリウス人だったかもしれないと考えられよう!?)

奇書“竹内文書”に登場する地下都市「磐城ノ国」とはシャンバラだったのでしょうか。

地下都市「磐城ノ国」の話は、紀伊半島にある異空間から、UFOや宇宙船に乗って異次元宇宙の地下都市に行ったと言うことでしょうか。超太古から異星人が地球に飛来して、さまざまな実験を行っていたようです。

 

・「竹内文書」の超太古、日本は地球の中心地だったという説は、スケールの大きい仮説のようです。※1982年11月に「悪魔の黙示(アポカリプス)666大予言事典」(ついに解明された恐怖の人類未来史)(学研)、謎の地底王国アガルタ(アレック・マクレラン/高橋良典監訳)を出版するなど、活躍中の高橋良典氏の「驚異の地底王国シャンバラ」(銀河連邦の宇宙都市へようこそ)が、出版され、好評のようでした。

これもまた、アガルタ・シャンバラ・ファンの待望の書でしょう。

シャンバラの説話は、世界各地の伝承ばかりでなく、現代においても体験談があるようです。また、異次元の地下都市の伝承は世界各地にあるといわれます。「仙洞(シャンバラ)」の伝承は、世界中に存在するといわれます。

幻視と蜃気楼を結びつけて、色々な現象を説明している説もあるようです。

 

・マヤの預言にある「滅びの哲学」は西暦2012年の崩壊を告げたのでしょうか。実際、何が起こったのでしょうか。ミロクは、地下より現われるといわれ、アガルタやシャンバラの地底の国からやがて、この地上に現れる人々と関係があるといわれます。

中米や南米のケツァルコアトルという神は、近年、米国に小柄なグレイとともに飛来した金髪碧眼の異星人ノルディックと同じ種族だといわれます。

チベットの奥深くにあるという伝説の地底王国。その首都は、欧米秘密結社員の間で「アガルタ」と呼ばれるそうです。

20世紀のハルマゲドンの予言はすべて誤りとなったのだが、次の予言が出てきているといわれます。

黙示文学の特徴は夢の幻で未来を語るといわれます。

ハルマゲドンには小人族のグレイが暗躍するのでしょうか?

パレンケの石棺レリーフはやはり宇宙飛行士だったといわれます。

中学生が夢で見たという不思議な宇宙ステーションでの体験もあるようです。