日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

人が死ぬたびにつくり直すのを手間に感じた女媧は、人間に生殖機能をつけて婚姻制度を整えさせたといい、そのため女媧は今でも婚姻の女神として崇められている。(18)

 

・「スウェーデンのスヴェーデンボリの霊界旅行は有名ですし詳細のようだといわれます。

人類型異星人の起源は、琴座周辺からやって来た異星人ですが、ほかにプレアデス星団アルデバランの生物も混ざっているといわれます。

古代・地球には異星から知的生物が来て、それが地球文明発達の引き金となったと指摘されています。

アメリカ・インディアンのルーツは超古代の天皇なのでしょうか。

 

・「霊界物語の“竜”と“爬虫類人”」邪神=レプティリアンの地球支配と改造の経綸書(狭依彦、徳間書店)のレプティリアンについては、昔からの伝承が結びつくと指摘されています。

金髪碧眼の宇宙人のノルディックの厳秘主義とは?異星人情報のアバブ・トップシークレットは異星人側、オリオンETグループが命令したのでしょうか?

「確かにオリオン系には金髪の人が多いですね」と指摘されています。

 

・近未来のインターネットの様相とは?インターネットは印刷機の発明以上のインパクトを持っているようです。「毎日、何百万人もの人間が世界のネットワーク上の巨大な集団の「ミサ」で、回線上で「聖餐を受けている」といわれます。ラエルの体験は1973年のことですが、国際ラエリアン・ムーブメントを創設したり、米国ではクローン人間で社会問題になったりしましたが、その後の活動は?「インターネットほど人類を一つにするものはありません」と指摘されています。

 UFOが話題になってから相当たちますが、UFOの世界は、裏世界・表世界ということで、表面化することが少なくなるような印象です。

 

・あの世との境界。向こうの世界への架け橋は、いつの時代でも多くの人の関心事のようです。フォーカス27の「向こうのモンロー研究所」とは、パラレル・ユニバース(並行宇宙)でしょうか。坂本政道氏は米国のモンロー研究所を紹介した日本人の一人だといわれます。

著者(坂本政道氏)が言うように「日本人の多くが理解するには少なくとも10年以上必要だろう」とのことです。

米国のモンロー研究所は地上から異次元に入る手法を開発したといわれます。日本のマスコミも最近では米国のUFO動向を追跡しなくなったようです。

 

・米国の異星人に関するマスコミの関心度は、現在はどうなっているのでしょうか。宇宙船が地球を訪問しているという事実を世界各国の政府首脳が知っているといわれます。

清家博士はUFOの研究所も作ったそうですが、その後の活動は、マスコミにもあまり知られていないようです。

清家博士は、昭和32年ころからの体験を述べていますが、マスコミも最近ではコンタクトしないようで近況はわからないようでした。2009年に亡くなっています。清家博士はUFO史上、古い先駆者的な人ですが、当時は衝撃的だったようです。

清家博士は昔、注目を集めたコンタクティだったようです。

 

・明治時代の柳田国男の『遠野物語』は不思議な話が多い民話集のようです。しかも柳田国男は、「全て事実」だというのですが。明治時代の遠野地方に現れた異人とは、異星人だったのでしょうか?

山男や山女の話も「農民の作り話」ではないと柳田国男は言うのですが、そして彼らの正体とはオリオン星人だったという説もあるようです。

明治時代の『遠野物語』現われた異人たちの話は、彼らが昔から地上を徘徊してきたことを物語るのでしょうか。山男は里人にとっては恐怖の対象である異人として語られていたといわれます。

日本の歴史に係る“鬼”や“童子”“異人”の伝承と関係づけて聖徳太子の背景を解く研究家もいるようです。日本を裏から操ってきた“鬼”との関係や「聖徳太子が鬼の一族と関係があった」とか「キリストが宇宙人だった」という説をからめると面白い推理ができそうです。

日本も昔から神々との交流話は全国にあるようです。聖徳太子の祖母が「かぐや姫」であったという話もあり、現代では「かぐや姫」は、プレアデス星人で、宇宙船で帰ったという説もあり、聖徳太子と異人とのつながりはあったのでしょうか。聖徳太子と謎の神人との交流話もあったそうです。

明治時代、民俗学で大きな功績を残した柳田国男は、『遠野物語』は山間地の農民の作り話ではなく「これらはすべて真実の物語だ」と述べていたそうです。異人たちは遠野地方を通過してどこに去ったのでしょうか。

 

・「瞑想は、実在界との交渉を開始するためにある」といわれます。

「6次元光明界は、光の海で。光の海は、水の中に住んでいる感覚である」といわれます。シャンバラは、エーテル界と呼ばれる目に見えない世界にあるという説もあります。

近年になって神々と宇宙人が結び付けられだしたようです。個体の密度を持たない光の存在である神々の正体とは? 神々が人間を作った過程もよく分かりません。アガルタのシャンバラは、異次元に入れる「都市型の超大型宇宙船」でしょうか。米国のUFO研究家の言う「アリゾナ州セドナ上空に滞空するエーテル界のシティ」との関係は何だろうか?

 

・「地底人王国」(エリック・ノーマン、大陸書房、昭和51年)の謎の「シャスタ山」は、色々な風聞のある地域で、多くの書籍に取り上げられています。「アガルタのシャンバラ」へ行ったという、ドーリル博士の本にもシャスタ山が、地下世界へ行く入り口の場所として取り上げられておりましたし、エルダーとおもわれる宇宙人も登場していました。

その後、アリゾナ州セドナから異次元へ入った」というオスカー・マゴッチの本が現れて、一躍、セドナの名前が知られるようになりました。新しく発見された惑星の名前に「セドナ」という名前が使われたり、伝説にも登場します。エスキモーの世界では「セドナ」と呼ばれる女神が広く信仰されています。また、ニューヨークの芸術家たちが住みたい町の第一によくあげるのが、「セドナ」の町だそうです。「セドナ」のボルテックス(渦巻き)が、よく知られています。「シリウス」か「エーテル界の都市」からのボルテックスなのでしょうか。「エーテル界のシティ」とは、超近代的なシティなのでしょうか。

「超近代的な神の国?」、「死後行くといわれている精霊界とかパラレルワールドとの関係は?」

「地底人王国」の地下世界の異質人類(巨人、超人、小人族、蛇人)は、異次元に存在するという、あらゆる宇宙(並行世界)から来ている異星人ではないでしょうか?

突如、一片の乗り物が地上から飛び上がった。それは垂直に舞い上がって行って、一つのプラットフォームの上に着いた。私達は実際にそれに乗っているように上へ昇って行った。気がつくと、そのプラットフォームは、メキシコ・シティが二つ分も入ってしまうほどの大きさだった。そこには、銀で作られているかのように光り輝く魚雷がずらりと並んでいた。(アルシは、これが宇宙船であると説明した)。

私たちが見守っていたあの人物は、これらの宇宙船の中でも一番大きなものの横腹へ入って行った」といわれます。想像を絶します。

人間が、異次元に入るのは、(1、UFOで入る。2、夢の中で幽体離脱して入る。3、地上から異次元に入る。)などの方法がありますが、セドナでは、地上から異次元に入った人がいるそうです。甲賀三郎地底旅行の話を思い出させます。

「賢者の石」、「聖杯」、「秘密の知恵の石」とは、UFO、宇宙船をさすのではないでしょうか?

金星人は、この間の宇宙船で来たのです。我々は、地表人にも知られているもの、知られてないものも含めて、あらゆる世界に植民地を持っています」と指摘されています。

 

・「アストラル界の語は、一般的な意味として、死後の全体をさす場合もあるが、死後の世界を7つの階層に分け、そのなかの第2~4界をアストラル界と呼んでいる」といわれます。

「シャンバラは、理念的に創られたものとは、ちがって現実に存在していたし、また存在しているし(しかも到達した人もいる!)と信じている人々が近代に入ってからも絶えないそうです。確かにサンスクリットの文献やチベットの伝承にあるという説もあります。

超人(異星人)が地球上に住んでいたのかもしれません。アバター(神人)とは?もしかしたらアバター(神人)は、異星人で、インドの記録にあるアストラル界の住人でしょうか?

 ヒジャラ(性同一性障害者)にしても、雌雄同体者にしても人口が多い国なので、多種類の異星人の末裔が現在も存在するのでしょうか?奇跡の演出者、シリウス人が原因でしょうか。霊体として地球に移住してきた宇宙人は、いきなり地球人の肉体(胎児)に宿って生まれることが難しいときに、まず、「生きている人間の肉体を乗っ取り、霊体として支配する」という、憑依のようなスタイルをとる場合があり、これを「ウォーク・イン」といわれます。

 

・インドのヒジュラは、異次元のシリウス人による「人格転換」の結果なのでしょうか。「ウォークイン(異星人の憑依、人格転換)やワンダラー(異星人の転生)の現象でしょうか。

シリウス人の謎)といわれているものは次のようです。

1、 地球はシリウス異星人の殖民星であるといわれている。

2、 世界中でシリウス異星人が奇跡を演出しているそうだ。

3、 シリウス人は、遺伝子操作か“思念”で人間を作ったといわれている。(一方では、リラ星人は、実験室でDNAから人間を作ったといわれている)

4、 人間がぞっとするような生物をシリウス人が作ったので、神から嫌われたといわれている。

5、 かって、天界で戦争があり、天使団の3分の1が神に反乱したといわれている。それで、フリーメーソンの主神は、堕天使ルシファーといわれている。ルシファーはシリウス異星人だろうか?堕天使ルシファーもオリオンからやって来たそうです。ルシファーもグレイ(ゼータ星人)を作り神に反抗したとも言われているそうです。

6、 シリウス人は、ウォークイン(人間に憑依)やワンダラーの形で人間に転生してきており、外見からは見分けがつかない。

7、 シリウス人は、テレポート(瞬間遠隔移動)で地球に降りてきている天使に相当しよう。だが、人間には見えない。

8、限界のない人々といわれている?

 

・「天上のイエルサレム (13世紀)の絵の謎」。

 「ヨハネの黙示録には天上のイエルサレムのことが記述されている。その町の特徴やそこに場を見出すものたちの性格は、旧約聖書新約聖書の文章から取られている」といわれます。エーテル界の都市を指すのでしょうか。「ピンゲンのヒルガルドの幻視によると最後の審判の後に地上に降りてくる神の町、あるいは天上のイエルサレムは、キリスト教の教会と同一である。それは神の愛により姿が変わって見えるのである」といわれます。

 

・ゲイ(LGBT等)についても、科学的、医学的な正確な説明はできていないといわれます。「ヒジュラ」(セレナ・ナンダ、青土社、1999/11/1)によりますと、

ヒジュラヒジュラとは、同性愛の人々。1905年までは、同性愛は世界各地にある共通する在り方としては認められなかった。しかし、ヒジュラは、「半陰陽で生まれた人」とは違うそうです。詳しく調べてはいませんが、ヒジュラの説明に「インドの両性具有者のアウトカーストヒジュラ」とありますが、誤りではないのでしょうか?

世界的なゲイ(LGBT等)の現象は、高次元のシリウス人の「人格転換」が原因なのでしょうか。シリウス人は、「人間がぞっとする生物」を創ったので神に嫌われたという話がありますが、キリストの神の道のあり方(愛の世界)に反抗してゲイの現象を演出したのかもしれません。ネガティブなシリウス人は「進化するために破壊する」という論理の悪魔ということになるのでしょうか?ちなみに、ヒジュラのオンラインの写真集もあるようです。

 

・「呪法抄」(禁断の呪術を操る闇の魔道師たち) 宮崎天斎(学研)1995/11/1によりますと、昔から“幻術”を使う果心居士のような正体不明の者が権力者の側近に居たそうです。その背景に異星人との結びつきがあったのでしょうか。幻術を使う果心居士の伝説が残っています。凄まじいばかりの果心の幻術に織田信長さえも震撼したといわれます。

「日本地名はUFOの記録だった」という説の本「日本地名はUFO飛来の記録!」(橋野昇一、たま出版)は奇説なのでしょうか?

 

・ところでブラッド・スタイガーの本で、日本で出版されているのは、

1、「ペットたちの不思議な能力」(扶桑社)

2、「フローシップ」(知られざる宇宙の隣人たち)(たま出版)

3、「プレアデス科学の謎」(徳間書店

4、「ハリウッド・スーパーナチュラル」(映画スターと超自然現象)扶桑社。以上の他に、絶版になりましたが、超常現象の本やUFO関連書籍が10冊ぐらい出版されました。

ローゼンクロイツは人間の姿をとって物質界に現れた高次の霊的存在だったのでしょうか。ウォーク・インとは、霊界からきた高次の知性を持った存在で、状況によって不要になった人間の肉体内に宿ることが許されていると指摘されています。

 

・パラレル・ワールド(並行世界)の謎は多くの識者が語っているようです。「レプテリアン(爬虫類族)は、あなた方の祖先であり、親戚なのです」といわれます。レプテリアンは顔かたちを変えて、人間に近い顔かたちになっているかもしれません。「レプテリアン(爬虫類)がさまざまな支配者の黒幕である」と指摘されています。この説も、イルナミティ、フリーメーソンの世界支配とかの文章などに多いそうです。

アメリカ・インディアンとUFO・異星人との結びつきは非常に強いそうです。しかしながら、UFOの大部分は地底王国シャンバラから発進しているのでしょうか?

ナポレオンと「赤い人」の伝承。地球内部のアガルタ王国から送られた「世界の王」の使者だったのでしょうか。異星人がテレポートしてきたのでしょうか。

 

・清家新一氏のようなUFOの円盤機関を研究し作ろうとした学者もいました。

アガルタは、エーテル界にあり見えないから、「訪れる者がそれと気づかぬままにそこを通り過ぎてしまう」不思議な国なのでしょうか?地球空洞説にでてくるアガルタの平行世界(パラレルワールド)の観念は、SFの世界だけなのでしょうか。異星人が、異次元からテレポートしてきたのでしょうか。

旧約聖書の神と新約聖書の神は異質のものであるといわれます。

普通の人々の中に、色々な、霊体験、UFO体験をしている人も多いようです。体験談を日記などにしてインターネットで公開する人もいるようです。バシャールあや子さんも、セドナで宇宙人と会ったそうです。

山川氏の「サン・ジェルマン伯爵との霊界通信かチャネリング」を本にして出版してもらいたいものです。

 

・「日本に最初に降り立ったのは、シリウス人で、天使の存在だった。現代人はテレパシー能力を失ってしまった」といわれます。

アガルタのシャンバラのような「都市型の宇宙船」は、インドのサンスクリットの古文献に見られる。『マハーバーラタ』の戦いは、超近代科学兵器がからむ戦争であったという説もあります。『マハーバーラタ』の世界は、実話に基いて作られたと噂のある映画『スターウォーズ』の世界のようです。「インドの「マハーバーラタ」の物語は、太古の超科学の時代の物語である。神々は、進化した異星人たちだった」といわれます。

 

・「「神の種族」あるいは「エルダー・レース」とも呼ばれているその種族こそ、我々に先駆けてこの地球に住んだ、最初の生命体である」といわれます。

サンフランシスコのシャスタ山は昔から伝説の多い観光地のようです。世界各地には、妖精伝説も多いようです。小柄な異星人の一種が地上に現れたのでしょうか。異星人の身長もリラ星人は、小柄の者が多く、巨人の宇宙人もいるようですが、不明な点が多いといわれます。

 

・クロール・インは、ワンダラーの観念と似ており、別世界からの転生を認識しているものと完全に忘却しているものの二種類があるといわれます。「人間は皆神様」だが、気づかないという論理でしょうか。ウォーク・インとは、人間への憑依、人格転換を引き起こすものといわれます。

 

「火星人」と「金星人」という名前は昔から馴染みがありますが、最近では、シリウス星人とかオリオン星人に変わったようです。

常に対立する二種類の宇宙人が存在し、それが進化を促すというルシファーの論理でしょうか。「ネガティブな宇宙人」と「ポジティブな宇宙人」の存在と対立があるといわれます。ディクホフは、この本「アガルター虹の都」をある隠れた啓示に従って書いたというが、その内容はかなり破天荒で、SF風なものであるといわれます。金星蛇人とは、SFでしょうか。最近では、火星人とか金星蛇人とかの言葉は使わなくなったようです。まるで昔の米国の連続テレビ映画「ビクター」のような話ですね。善神と悪神の対立抗争は、宇宙戦争の中心テーマで、伝説、神話などで記録されております。人肉食の鬼、宇宙人の話もあります。

 

・青色人の伝承は、インドの青色の肌の神々と関連するのでしょうか。また青色人の伝承は、インドの青色の肌の神々につながっており、現在も、どこかの惑星に存在しているのでしょうか。国内のUFO研究家、研究グループも多いと思われます。米国の連続テレビ映画「スタートレック」。SF映画ですが、「全部が空想の産物」とはいえない番組といわれます。

 

柳田国男の『遠野物語』は「超常現象」を記録しているといわれます。

神隠し」と「マヨイガ」は、異次元の現象でしょうか。この小説早池峰山の「異人」(長尾誠夫)では、別の結論になっていますが、遠野物語民俗学者柳田国男の代表作であり、この遠野地方は、その方面ではよく知られている地域です。東北地方でのUFO目撃の多さから見れば、「異人」=宇宙人という説も、全く可能性がないとは言えないでしょう。日本における伝承は、例えば、浦島太郎伝説にしても、UFO(亀と表現される)に乗って異星に行ったと解釈する人も出てきております。天女伝説もそうでしょう。UFOが亀や鳥や馬や象などに表現されている例も多いのです。UFOが小説にも取り上げられることも多くあります。高橋克彦氏の「総門谷」(講談社)でも、早池峰山のUFOが取り上げてあります。

 

・音楽に関する天使とは、存在するのでしょうか。「天上の音楽、霊界の音楽、異星の音楽」とは?音楽ファンは、どこまで知っているのでしょうか。死後、霊界に入ると霊界の音楽が聞こえてくるそうですが?

霊界では、非常に音楽が重要な地位を占めており、音楽の神様、天使たちも活躍しているそうですが、これらの情報は少ない。芸術家は、霊界に行っても芸術家として活躍するといわれます。

 

・天界の状況は、言葉では表現できないほど素晴らしいものであるといわれておりますが、音楽、芸術も人智をはるかに超えているのでしょう。欧米のフリーメーソンは日本人には理解不能のものです。「聖白色同胞団が、フリーメーソンや薔薇十字団の上位に存在した。フリーメーソンは神に近い存在に到達している」といわれます。

 

・「1973年は、フランス人のクロード・ボリロン「ラエル」が、初めて小柄なリラ星人のエロヒムと遭遇した年である。日本でも団体の支部が作られ、「クローン人間」で世界を騒がせている」といわれます。そして「神も霊魂も存在しない!遠い昔、人間は他の惑星から来た人々“エロヒム”によって実験室で科学的に創造された。ヘブライ語で書かれた聖書の原典では、この“エロヒム”という言葉は、『天空より飛来した人々』の意味で、複数形で使われている。しかし、後の聖書では唯一“神”(God)と誤訳されてしまった。1946年からわれわれはアガポリプスの時代にいる・アガポリプスとは、ギリシャ語で『真実の啓示』という意味である」といわれます。

ホワイト・ブラザーフッドの本拠地はアンタレスにあるそうですが、リラ星人のいるリラ星は、人類に2万年進化しているそうです。

 

・「石の舟」、「天の浮き船」、「賢者の石」とかは、「空飛ぶ円盤」を表現しているのでしょうか。UFOの外形は、多種多様で、その種類の豊富さには、驚かされます。昔の人は、UFOを適切に表現する言葉を知らなかったのでしょう。昔は、UFOが、「石」や「動物」などで表現されたのかもしれません。伝承や伝説の中には、現代のUFOや異星人との係わり合いを考えれば、かなり説明ができる場合が多いといえます。太古から異星人が種々の方法で地球人と接触をしてきたということでしょう。

社会史や民族学などにでてくる「異人」とは何でしょうか。インディアン伝承のサンダーバードのように天空から飛来した山の神か異星人なのでしょうか非人間タイプの異星人は地球上を去ったのでしょうか。『遠野物語』にも出てくる「異人」の謎の解明では、学者が異星人と結びつけていないようです。

 

柳田国男の「遠野物語」は「超常現象」を記録しているといわれます。「異人」の正体が解らないのは、ウォークイン(異星人の憑依、人格転換された人間)の人が分からないのと同じではないでしょうか?フリーメーソンのようにその実体は不明で手法は巧妙だといわれます。ガイ・バラードの「アイ・アム教」もシャスタ山でのサン・ジェルマンとの出会いから始まったといわれます。

スカル&ボーンズはアメリカの名門エール大学の“フラタニティ”(友愛会)といわれます。アメリカはフリーメーソン国家であるといわれています。ブッシュ家一族三代、対抗馬ケリーも会員であるスカル&ボーンズのネットワークは強力だといわれます。

 

・米国のチャネラー(霊的交流者)には、「夢の中でアストラル・トリップ(体外離脱)をしてクリスタル・シティでイエス・キリストに出会った」と語る者は多いようです。

米国のチャネラーのよく言う「クリスタルで出来た都市」とは、エーテル界の都市のことでしょうか。

日本人とユダヤのつながりに関しては多くの書籍があるようです。

ユダヤと日本のつながり、八幡信仰とキリスト信仰のつながりを説く説もあるようです。

ちなみに神隠し事件は迷宮入りの事件となったものも少なくないそうです。

 

・八幡信仰の大神比義(おおがのひぎ)は、宇宙人であった可能性があるようです。「光り輝く3才の童子が現れて、「われは誉田(ほんだ)の天皇広幡八幡麿(すめらみことひろはたのやはたまろ)なり」と申された」と記載されています。

宇宙人と神々と神仏などの関係は現代になってから指摘されだしたようです。夢の中の霊体験が洪秀全を変性せしめたといえましょう。「キリストの弟」であるという幻覚が、6000万人の民を死にいたらしめたという太平天国の乱。太平天国の乱を起こした「洪秀全の幻覚」と霊能力とフリーメーソン組織。霊能力と影響力は比例するといわれます。

 

 

フリーメーソンでは、有神論者が入会の条件だそうです。が、「実験室で人間を創造した」というリラ星人とコンタクトしたフランス人のラエルという人物は、リラ星人が「神はいない」と言っているといわれます。無神論だが、「神はいない」と考えた方がいいと自分は解釈しているのですが。

天国にいるシリウス星人の話は、この本「天国の真実」(スザン・ワード ・ナチュラルスピリット)が最初だそうです。

 

マオリッツオ・カヴァーロはイタリア人のコンタクティの話ですが、「異次元の火星の超文明」の話は我々一般人には理解不能の話のようです。

コンタクティからの情報も「2012年の大変革」を指摘する者が増えていたようです。「夢は暗在系の現れかもしれない。夢のシンクロニシティは、渾然一体の4次元にある」といわれます。

シンクロニシティ(非因果的な連続性)現象も不思議な現象です。

 

・太古の神々の伝承も多いのだが、現代米国のメン・イン・ブラックのようにオリオン星人などの人間タイプの宇宙人も飛来しているのですが、詳細は不明で謎のようです。彼らは、タイム・トラベラーでもあるともいわれているようです。

神話の須弥山か「白き島」が、都市型の超巨大宇宙船であったという説があるそうです。神話の地は、異星の都市か都市型の超大型宇宙船であった可能性が高いのだが、現代においてもコンタクティを通じて交流があるのでしょうか。異星人、異星、都市型の超巨大宇宙船、UFOのイメージが、「古代の文献」の宇宙観から窺われます。神山は、都市型の超巨大宇宙船の可能性があるようです。

 

・色々な状況があり、コンタクティに正確な情報を求めるのは無理なのでしょうか。エーテル的存在の異星人は、一番超能力がすごいそうです。2000年前の時代に、マスコミなどで、大いにもてはやされた「ノストラダムスの予言」や「世界終末予言」もめでたくも、全て誤りとなりましたが、「2012年に何かが起こるという説」や書籍も多くありました。非人間タイプの宇宙人も多いそうです。他にも爬虫類、鳥類、魚類、昆虫、植物などの生態から進化した人間もいます3割の動物タイプの中には犬頭人の宇宙人もいるといわれます。

・神々や天使が憑依したりして新興宗教やカルトができるそうですが、世界中で神懸りは、少なくないそうです。神々が現界に影響を及ぼすことは、各民族の伝説や習俗に残っているようですが、天国に出入りしているシリウス星人クラスの高等知生体がその正体かもしれません。「シリウス星人は、世界中で奇蹟を演出している」とも言われているようですが、グレイなどと違って人間タイプのために詳細は不明のようです。シリウス星人は、憑依現象(ウォーク・イン)、人格転換(ゲイ)や転生現象(ワンダラー)を自由に操作できるとも言われていますが、見えない現象のために理解不能のようです。

 

・新しい人種は別の星からやって来るのでしょうか。記録に残るコンタクティの話も年月を経て色々と脚色されているようです。

天使の存在も昔から知られており、現代でもコンタクティが多いようデスクトップ。日本でもチャネラー、霊通者が増えて、異界通信、霊界通信とか自動書記の発表がインターネットで盛んになれば、「あの世」の実態も明らかになりましょうか。

 

 

 

 

********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろう

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」

「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けたのだろうか」「フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのだろうか」

国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

 

グーグルのブロガーにも書いています→UFOパラレル・ワールド