日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

UFOは雷と同様のエネルギーを使い飛来するという話を主張するUFO研究家もおり、ヌカヒメとの間に子供を作った男性がレプティリアンである可能性も考えられるのだ。(18)

 

・「円盤人というのは、他の次元―もし言うならば、4次元―の世界に存在する非常に優秀な実体なのである」といわれます。エーテル界に存在する天使のような異星人や、奇妙な特徴はしばしば地球人に知らされるといわれます。

ヒトラー霊媒であったといわれていますし、現代風にいえば、コンタクティでアブダクションをうけていたのでしょうか。ドイツ国民を狂わし数百万人の犠牲者をだしたヒトラーナチスとは、人格転換を受けた悪魔の集団だったのでしょうか。ヒトラーナチスが妄信した“金髪碧眼のアーリアの超人たち”は、戦後の米国に現れた“金髪碧眼の宇宙人ノルディック”、“金髪碧眼のエンジェル“なのでしょうか。一時、米国のマスコミを賑わしたエイリアンのアブダクションキャトルミューティレーションの話も最近では現象が起こっていないのでしょうか。

宇宙人に提供した基地エリア51の謎もテレビ関係者でも手がだせなくなったのでしょうか。“エリア51”に関するテレビやマスコミの関心も最近は衰えたようで、秘密基地の場所を移動したという話もありますが、報道番組もないようです。

空飛ぶ円盤は、マイナーな情報ではなく、メイジャーな情報になってこそ人類の進化も進むのでしょうか。一時期多くの支持者を得ていたCBA(宇宙友好協会)は、主宰者の病気等で活動が衰えたそうですが、終わりがよくなかったようで残念だったそうです。円盤は神人や悪魔の乗り物なのでしょうか。スターゲイトのようなもっと進化した異次元移動手段があるそうです。空飛ぶ円盤は、60年代から多くの著述家の想像力を刺激したといわれます。

空恐ろしいほどの進化したエイリアンの超テクノロジーに驚いて、米国政府は、宙人情報を核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階も上回る『厳秘』に閉じ込めて、『コンタクトの独占』を計るのでしょうか。はたして“エリア51”では何が行われているのでしょうか。

宇宙には発生上に二種類の宇宙人がおり、抗争がありスターウォーズをしている」といわれます。「サタンといわれるリラ星人系列の宇宙人とエンジェルといわれるシリウス星人系列の宇宙人の争い・スター・ウォーズがある」そうです。「実験室で人間を創った」といわれるリラ星人と「遺伝子操作か思念(?)で人間を創った」といわれるシリウス星人との対立でしょうか。小人族のグレイも核戦争で退化した姿ともいわれますが、「人類の未来」という説もあるようです。一万年以上前のベテルギウス星人の容姿は現在の「エンジェル」とほぼ同じであったといわれます。

 

・「2000年5月5日 宇宙人大襲来」(草刈龍平)(第一企画出版)(1996/12/1)の本は、まるでSFのような話ですが、異類ということで、地球を回避して離れたのでしょうか。両者の争いはスター・ウォーズとなり、「エンジェル」と「グレイ」との対立は現在も継続中であり、その行方はまだ予断を許さないといわれます。

金髪碧眼の白人の元祖タイプの宇宙人は、昔から地球の社会に溶け込んでいるそうです。地球の一般社会に紛れ込んでいる異人は不思議な存在のようです。本書「天使的宇宙人とのコンタクト」(ハワード&コニー・メンジャー)(徳間書店)(2007/7/19)でもあるように「米軍に異人が混じっている」といわれます。

 

・彼ら異人は、普通の人として米軍の軍属などとして、紛れ込んでいるのでしょうか。しかもその存在は異人同士しか分からないというのですから驚きです。米国のテレビ映画などでは、異人が一般社会に潜伏しているようなストーリーが多いようです。地球人に見えるのは3次元の金星だけで、4次元の金星は“別の惑星(太陽系)”に属しているといわれます。

「日本政府はUFOを知っていた」 (太田東孝)(KKベストセラーズ)(1992年)によりますと、「そもそも全ての自衛隊の内部ではUFOの存在を認めている」といわれます。自衛隊に関してはファントム戦闘機がUFOに撃墜されたとか、いろいろな話題があるといわれます。また昔の話ということで、時たま雑誌にとりあげられたりしますが、最近では、情報を追跡するマスコミ関係者も少ないようです。UFOは、たまに国会などでとりあげられることもありましたが、日本的な国家安全保障上の最高機密のようで、米軍のようにリアルなエイリアンとの遭遇話ではないようです。

 

・{UFO軍事交戦録}(コールマン・S・フォンケビスツキー)(徳間書店)1992/7/1(元国連広報担当官が公開する爆弾文書)によりますと、「1950年代、円盤を迎撃すべく努力した結果、米軍は、たくさんのパイロットと戦闘機を失った」と指摘しています。米軍のみならず国連幹部も空飛ぶ円盤に震撼した時代があったようです。空飛ぶ円盤は米国への領空侵犯機なので、すぐに撃墜行動をとった米軍の戦闘機の多くが撃墜されたようです。

 

・いわゆる霊能者にしか分からない情報がコンタクティよりもたらされるようです。天使の存在する世界を知覚できる霊能者も多いのでしょうか。ヒル夫妻が遭遇したレティクル座人とは小人族のグレイタイプなのですが、いろいろな情報があるようです。20世紀には色々な日本のUFOマニアが書籍を出版したようですが、最近は米国からの情報が入ってこないようで、低調のようです。どこまでが正確な情報かは不明なようです。「500年前に惑星連合政府を創設。指導種族として恒星間貿易ルートの50%を支配」とありますがどこからの情報なのかはわからないようです。ヒル夫妻が遭遇したレティクル座人とは指導種族なのでしょうか?

容姿は平均身長2メートルほど金髪で白人に近い宇宙人は琴座星人なのでしょうか、グレイの後に米国に来たと言われている金髪碧眼のノルディックの情報も最近はどうしたのでしょうか。非常に細かい粒子の世界に生息する高等知性体の正体も不明で、しいていえば“幽霊のイメージ”で“エーテル界の世界”でしょうか。

 

・フランスのコンタクティのラエルのように「不死の惑星から来たリラ星人」との話があるそうですが、クローン技術で“不死”が可能だそうです。プレアデス星人も20歳に見える女性が実は200歳だとか、宇宙人の寿命に関しては多くの報告があるといわれます。

彼ら“ガーディアン”は肉と血のある生物ではなく、時空を超越した非物質的領域に住む純粋エネルギーの存在だ」というのは天国に自由に出入りしているといわれているシリウス星人のような“天使”タイプの異星人のようです。宇宙連合との交流が一般化するのは数世紀先のことになるのでしょうか。

ヒトラーナチスが狂い崇拝した“金髪碧眼のアーリアの超人たち”と戦後米国に現れた小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックという宇宙人とは、同一の種族なのでしょうか。“金髪碧眼の宇宙人”の話は非常に多いのですが、中世ドイツに現れた異人たちと同じなのでしょうか。「中世ドイツの領主は異人が多かった」という伝説もあるようです。金髪碧眼の異人は“白人の元祖”タイプで、ケルトの神話などのヨーロッパの伝承に多く見られるそうです。ヒトラーについては世界で1万冊以上でしょうか、関連研究書籍が出ているようなのですが、ヒトラー研究家が多いにもかかわらず、謎の部分が多すぎるようです。ドイツ民族を狂わせたヒトラーナチスには何か“異星人の超常的なもの”が存在したようです。

ヒトラーナチスの“金髪碧眼のアーリアの超人たち”への狂気の原因を調べた学者は少ないといわれます。

 

・「マクモニーグルが語るリモート・ヴューイングの世界」 (植田睦子)(ハート出版)によると、マクモニーグルが語るリモート・ヴューイングの世界では、人類の未来は悲観的なことばかりではないそうです。

ところで太古の昔、『光の勢力』と『暗黒の勢力』との間に宇宙大戦争が起こったという話は多くありますが、とにかく宇宙を2分するような大惨事であったようです。宇宙には発生的に2種類の宇宙人がおり、互いに対立し争い殺し合い戦争になったという構図だそうです。一方が絶滅するのではなく、その争いは永遠に続くというスケールの大きい話のようです。「オリオン大戦」やスター・ウォーズの原因や結果も詳しくは分からないそうです。

ガーディアン達は多宇宙の構造の『外側』に、時空を超越した完全に非物質的な次元の最上階域に存在し機能している」といわれます。シリウス星人は自由に“天国”に出入りしているといわれています。死後の世界の天使たちが、波動レベルを下げて人間に感知されるレベルにまで降りてくることもあるそうです。高次の知性体は霊的な存在であり、霊の世界と高次元の宇宙人の世界は、同じようなエーテル界やアストラル界に存在するといわれます。

体外離脱による超能力は、異次元世界の神秘を垣間見せてくれるようです。米軍の超能力研究もすすんでいるようです。臨死体験の間、神の光を見たという話は非常に多いそうです。

 

・超大型の宇宙船も普通のようです。「深宇宙探訪記」(オスカー・マゴッチ)(加速学園出版)は、影響力の大きい本だったといわれます。

シリウスは、私達に向けた「連盟」の送信センターとして使われている」といわれます。シリウス星人のグループには、ネガティブなグループとポジティブなグループがあるそうで、“暗黒勢力”と“光明勢力”の対立を生んだと言われているようです。2作のハリウッド映画にもなった“メン・イン・ブラック”は、その後、消息はどのようになったのでしょうか。

オリオン座は『光の主達』の故郷である」といわれます。MIBすなわち『黒服の男達』は、嫌がらせや威嚇、テロや殺人を専門とする『暗黒の勢力』の手先だそうで評判が極めて悪いようですね。映画“メン・イン・ブラック”では、“宇宙警察”のイメージもありましたが、地球に来るのは情報部関連、諜報機関関連の先遣隊みたいなものでしょうか。警察と秘密の犯罪者たちでは大違いです。プレアデスとオリオンは宇宙社会の構図が違うという報告があるようです。オリオンは階級色の強い神々の社会で、プレアデスはどちらかといえばフラットで神々ではない社会だといわれます。

都市規模の巨大なクリスタル宇宙船の正体は、コンタクティにより言及されました。このクリスタル宇宙船の現在『地上の平和』号と命名されている太陽系の惑星間ヒエラルキーの最高の旗艦に乗船する種族の正体とは天使クラスの宇宙人なのでしょうか。はたして、それは、キリスト教の伝説の“天上のエルサレム”なのでしょうか。

 

・現代アメリカに登場した、小人族のグレイの母船に搭乗している金髪碧眼のノルディックの一派が、カリフォルニア周辺に紛れ込んでいる可能性も全くないとはいえないそうです。また小人族も昔からシャスタ山の伝承に多く登場しているそうです。アメリカ映画でも異人が社会に溶け込んでいるというストーリーが多いようです。

人間タイプの異星人になるとマスコミも沈黙するのは秘密が完全に守られているからでしょうか。小人族のグレイの登場の時は、米国や日本のマスコミ関係者も大変騒いだようですが、金髪碧眼のノルディックあたりになると、マスコミも沈黙を守るようです。『厳秘』のため情報操作は完ぺきのようですが、米国や日本のUFOマニアの活躍に今後も期待したいものです。

日本でも昔から霊能者、いわゆる神々とのコンタクティの話が多いといわれます。

人間の魂のシステムやメカニズムは、誰も分からないといわれます。「ソウル・メイトは探し求めるものではない」とか言われますが、前世の因縁で人間関係がつながっていることが多いそうです。

 

カリフォルニア州のシャスタ山の不思議な伝承は昔から多いようです。米国のニューエイジ・ムーブメントもよくシャスタ山を取り上げており、不思議な現象や奇妙な人々の話が昔からあるといわれます。シャスタ山の怪光に多くの人々が注目した話もあったようです。

シャスタ山の不思議な伝承は多くの人に注目され、今では、“聖地”として訪れる観光客も多いといわれます。ちなみに、シャスタ山に関する書籍も日本で以下のように出版されています。また、多くの人が現地に入りますが、期待したほどのことはないという人も多いのでしょうか。

  • [レムリアの真実]

シャスタ山の地下都市テロスからのメッセージ

(オレリア・ルイーズ・ジョーンズ) (太陽出版)

  • 「パワースポット、シャスタ山の歩き方」

 (高原操、中尾好孝)(ヴォイス)

  • 「本当のあなたに出会える天使の言葉」

―聖なる山・シャスタからのスピリチュアルメッセージ

(TAKAKO)(ワニブックス)

 

・あの世とこの世は結びついており、個人の人生において“心霊体験”は、多くの人が、経験しているそうです。有名人の“心霊体験”などの書籍も多いのですが、米国では特に“天使体験”が多いといわれます。「人は皆、記憶を失った異星人」だそうです。また、シリウス星人などは天国に自由に出入りしているそうですので驚きです。

 

・「爬虫類的異星人とその代理人たる秘密結社は、地球人類の効率的管理のために精神的牢獄としての宗教を創作した」たという説もあるといわれます。シリウス星人という種族は、「遺伝子操作か思念(?)で人間を創った」ともいわれるほど、思念の力が強いそうです。太古、シリウス星人は、遺伝子操作か何かでモンスターのような生き物をたくさん作り、神に嫌われたといわれます。また、天使団の3分の1を率いて神に反逆したといわれるルシファーもグレイ(ゼータ星人)を作り神に反抗したとも言われているそうです。ルシファーは、地獄に落とされ、そこで悪魔の王、サタンと呼ばれるようになったともいわれています。神々や天使の世界は、時空を超えており、今もルシファーは健在だそうです。ちなみに、ルシファーやサタンというのは、“遺伝子科学者”の集団の名前だという説もあるようです。米国で話題となり映画にもなった 『メン・イン・ブラック』は、シリウス星人系列のオリオン星人だという説もあるようです。フリーメイスンと異星人との結びつきは、太古から結社員自身しか分からないといわれます。

スウェデンボルグの見た天国は、霊たちの住居は都会のように配列され道々もまたよく整って美しい町を造っていた」といわれます。シリウス星人や一部のプレアデス星人は、“天国”“涅槃(ねはん)”に出入りしていると言われています。死後の世界の天国は、エーテル界やアストラル界などにあるらしいのですが、筆舌にはつくしがたい世界のようです。

 

・英国の情報部は、戦後一時期「英国情報部は、男を女に変える以外は何でもできる」といわれたこともあり、大いなる秘密を持っているそうです。映画ジョームズ・ボンドの「007」シリーズで世界的に英国情報部の活躍が宣伝されましたが、英国の貴族を中心とするいわゆる支配階級には、フリーメイスンの組織が昔から浸透しているといわれます。

13世紀のロジャー・ベーコンは、自動車、潜水艦、飛行機の登場を予見していたといわれます。13世紀のロジャー・ベーコンは、タイム・トラベラーの異星人とコンタクトしていたのでしょうか。現代の米国に現れた小人族のグレイもタイム・トラベラーといわれているそうです。アンドロメダ星雲からも異星人が飛来しているという話もあるといわれます。

アヌンナキのスターゲイトとは存在するのでしょうか。UFOが異星人の乗り物なら、もっと進化した異星人の異次元移動方法が、SF映画のようなスターゲイトなのでしょうか。進化した天使のような異星人になりますと、人間に憑依したり、転生を通じて自由自在に、人間の肉体に受肉できるようですし、記憶も消せるようです。

 

シリウスやプレアデスを経由して送られた地球5次元化計画のガイドたちとは、はたして存在するのでしょうか。シリウスの高度に進化した知性体は、ウォーク・イン(憑依)やワンダラー(転生)を自由に操作できるようで、太古から地球を植民星にしているといわれます。

地下世界への入口を見つけ出そうと躍起になっていたヒトラー霊媒で、事実上、異次元のレプティリアン爬虫類人)の繰り人形であったといわれます。

 

・反ユダヤ・反マルクス主義とゲルマン支配種の復権が、トゥーレ協会の教義の中心となったといわれます。68光年のかなたから火星経由、地球にシュメール文明を打ち立てた金髪碧眼のアルデバラン星人とナチスが狂い崇拝した金髪碧眼のアーリアの超人たち、そして戦後の米国に現れた小人族のグレイと共に飛来した金髪碧眼のノルディックは、同じ種族なのでしょうか。現代のコンタクティたちは、テレパシーで情報を得ると言われますが、ヒトラー霊媒であったといわれているそうです。“彼らとの通信方法”とはテレパシーが使われたといわれます。

 

・68光年の彼方から火星経由、地球にシュメール文明を打ち立てた金髪碧眼のアルデバラン星人はかなり進化した異星人の種族のようです。ヴリル・ソサイエティーチャネラーたちによると、シュメール語はアルデバラン星人の言語であり、その音は、「不可解なドイツ語」のようであり、そして、ドイツ語とシュメールーアルデバラン語は波長が同じであるとも彼らは、信じていたそうです。70年前は、プレアデス星人とかリラ星人という言葉がなくて、“金星人”と“火星人”という言葉が使われていましたが、探査衛星などが火星や金星に近づきだしますと、“異次元の金星”とか“異次元の火星”という表現になりました。

そして、“金星人”と自称する宇宙人の話は多くの書籍になりました。しかし、“火星人”については彼らの秘密主義のためか、まとまった情報は出てこないようです。莫大な犠牲者をだした第二次世界大戦震源地ドイツでは、金髪碧眼のアーリアの超人たち、金髪碧眼のアルデバラン星人、現代でいえば宇宙人の金髪碧眼のノルディックが、陰でヒトラーナチスを操っていたのでしょうか。

戦後米国に飛来した小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、金髪碧眼のマスター・レイス(支配人種)なのでしょうか。日本でも太古、紀伊半島から異次元の地下世界へ“天の浮船”が往来しており、世界の中心地だったという“竹内文書”の説く説話もあり、金髪碧眼ばかりでなく黒目黒髪のマスター・レイス(支配人種)も存在していたのでしょうか。「グレイの後に金髪碧眼のノルディックや赤毛のオレンジが来て、その後に東洋人タイプの異星人が来た」そうですが、宇宙人情報については、『厳秘』のため、リークもないそうです。はたして「ドイツ語は悪魔の言葉」なのでしょうか。

米国では、臨死体験ばかりでなく、社会生活においても天使との遭遇話が多いようです。

 

・スイスのビリー・マイヤー氏のプレアデス星人とのコンタクト記録は有名で、日本にも協会があり、多くの翻訳書を出版しているそうです。日本のテレビでも2時間の特別番組として放映され、大きな反響を呼んだといわれます。ヒンズー教にしろジャイナ教にしろ、空飛ぶ円盤とのコンタクトの記録が太古の絵画などに残っているそうです。スイスのビリー・マイヤー氏のコンタクトしたプレアデス星人は、金髪の美人宇宙人だといわれます。また、世界的にも白人タイプの金髪碧眼のノルディックやスペインに現れた金髪碧眼のウンモ星人、昔の南米の金髪碧眼のケッアルコアトルという白人タイプの神様などのように、金髪の天使を思わせるイメージの宇宙人が多いようです。ヒトラーナチスが狂信した金髪碧眼のアーリアの超人たちのように、歴史的にも大きな影響力を残してきているようです。金髪碧眼の宇宙人とのコンタクト記録が世界的に昔から非常に多いのですが、人間社会に紛れ込むと全く識別ができなくなるそうで詳細は不明。金髪碧眼のノルディックの後に米国に飛来した東洋人タイプの異星人のリークもないようです。

スイス人のプレアデス人のコンタクティ、“ビリー・マイヤー”の“その後”はどうなったのでしょうか。異文明の超科学はあまりにも進化していて、現代科学では理解不能のようです。

 

・私達の死後の世界の霊界と高次元の宇宙人の世界エーテル界やアストラル界は、共通性があるといわれています。地上で、天使とコンタクトしたという米国人の体験記も多いといわれます。死後の世界から転生(ワンダラー)や憑依(ウォーク・イン)を通じて自由に地上の人間に霊体を降ろせるのは、天使クラスの宇宙人だと指摘されています。「ゲイ(LGBT等)は気持ち悪い」というのが一般イメージの現象だそうですが、ゲイは地上で悪魔か魔神により『人格転換』を受けた例といえるでしょうか。世界的に“人格転換”や“多重人格”の例も増えてきているようです。天国や霊界を自由に出入りしているといわれるシリウス星人の正体は不明のようです。

 

・ヨーロッパは、昔からUFOの観察記録ばかりでなく、悪魔的な妖精や異人との遭遇の報告事例が多く「エイリアンは太古から地球を観察していた」という説を裏付けるといわれます。

「人は皆神様である」とか「人は皆記憶を失った異星人である」というふうな解釈もできるそうです。天国や霊界から来ている高次元の知性体、天使たちは、転生の形態や憑依の形態などで、自由に地球上に現れることができるといわれます。このような“転生”や“憑依”を自由に操作できるのは、「遺伝子操作か思念(?)で人間を創った」といわれるシリウス星人のようです。また、シリウス星人やプレアデス星人の一部は、天国に自由に出入りしているともいわれているそうです。米国では“異星における記憶”を持つ人々が多いといわれます。ワンダラーとかウォーク・インの魂を持つ人々が、米国では増えてきているといわれます。

 

・昔の天の浮船は、空飛ぶ円盤のことだったといわれます。日本民族の原郷は、プレアデス星座の惑星にあるというのが有力説だそうです。「かぐや姫」伝説もプレアデスにつながりがあるといわれます。いずれの古書も偽書とかいわれたのですが、現代において再評価されているといわれます。

ちなみにナチス占星術師に“アルデバラン(牡牛座のアルファ星)”の異星人とのコンタクティがいたという話もあるといわれます。

 

・現代の米国における小人族のグレイと金髪碧眼のノルディックのアブダクション事件などは、さすがに米国らしく、映画などにもなり全世界に知られるようになりました。が、ヨーロッパでは、グレイなどやメン・イン・ブラック(黒服の男たち)のような悪魔的な宇宙人の存在は、昔から多くの記録に残っているそうです。中世ヨーロッパでも小人族のグレイなどは、アブダクションなどで、人体実験を行っていたようです。多くの妖精や異人伝説が、エイリアンの活動を物語っているといわれます。小人族のグレイと人間タイプの宇宙人の遭遇事件は、ヨーロッパでも多いといわれます。

「ヨーロッパのUFO」 (イロブラント・フォン・ルトビガー)(星雲社)真の科学的UFO研究の模索 (2007年12月)という本において、「10m先で、自転車の男が、徐々に消えてしまったのだ」という奇妙な体験談もあったといわれます。シェフラーが遭遇した小人族のグレイ・タイプとメン・イン・ブラック(黒服の男たち)の組み合わせは、米国におけるグレイと金髪碧眼のノルディックおよびメン・イン・ブラックの組み合わせを連想させるようです。エイリアンとのつながりに関しては、昔から中世を経て、ヨーロッパは現代の米国以上なのかもしれません。特にエイリアンが、テレポートして異次元に消えるような現象は、奇蹟以外のなにものでもなく、人間が理解不能になり凍りつく原因のようです。ナチス・ドイツが、金髪碧眼のアーリアの超人、神人たちに狂ったのもそこに原因があるのではないかという説もあるといわれます。邪悪なオリオンの一派は再び地球に姿を現したのでしょうか。小人族のグレイですら異次元移動ができるのですから、もっと進化した人間タイプの異星人たちも当然、異次元移動ができるそうです。

 

・UFOに関する説は色々だが、タイム・トラベル説も有力のようです。グレイが未来からの訪問者(地球)なのでしょうか。グレイは生物ロボットなのでしょうか。4次元以上は時空を超えているそうですので、地球に飛来する異星人が“時空を超えている”のは当然のことなのでしょうか。以前は、プレアデスまでは、時空を超えて6時間で行けるともいわれたそうです。異星人は、高齢なのに、外見は若く見えるということですので、この点からもタイム・トラベラーという可能性が高いといわれます。50年ほど前のことでしたか、米国防総省に住んでいたという金星人が「テレポートして去った」という話もあったようでしたが、彼らもタイム・トラベラーだったのでしょうか。

 

・昔からあるシャンバラ伝説は、現代では、異次元、エーテル界に存在する人間の目に見えない世界であるといわれているようです。また、シャンバラは、都市型の超巨大宇宙船であるという話もあるそうです。そして、シャンバラは、グレイの母船などに同乗しているといわれる金髪碧眼のノルディックの発進地でもあるという説もあるといわれます。小人族のグレイも異次元移動ができるようなので、もし人間タイプの金髪碧眼のノルディックが、グレイよりもはるかに進化しているとすれば、彼らの原郷なのかもしれません。

異次元から歴史のシナリオを書く連中とは、存在するのでしょうか?

『厳秘』として、宇宙人情報を隠ぺいしてきたのは、情報公開することによって社会的な“集団ヒステリー”がおこることを懸念してのことでしょうか。終末論的で「大変なことになる」といった論調よりも、太古から「歴史のシナリオを書く連中」「世界中で奇蹟を演出している連中」と言われたシリウス星人が、誰でもが理解するように、はっきりとした、地球への介入をするのかどうか、恐らく誰にも分からないのではないのでしょうか。ちなみに宇宙連合間では、“人類の進化には介入しない”という宇宙法があるという説もあります。

 

ナチスを狂わせた金髪碧眼のアーリアの超人たちと日本の『緑龍会』とのつながりは存在したといわれます。『緑龍会』は、異人のネットワークだったのかも知れませんが、日本の秘密結社ですから、当然詳細は、分からないようです。現代の米国の小人族グレイと金髪碧眼のノルディックの組み合わせと日本の明治時代からの河童(グレイ)と異人の組み合わせは、何か相似現象でもあるのでしょうか。第2次世界大戦では、日独伊軍事同盟を締結して、ナチスと手を組んだのですが、当時は、ナチスが崇拝した金髪碧眼のアーリアの超人たちのことを知る人は、極め少なかったのでしょうか。ヒトラーナチス・ドイツが狂うように崇拝した金髪碧眼のアーリアの超人たちは、現代の米国に現れた小人族グレイと金髪碧眼のノルディックという宇宙人たちなのかもしれません。ヒトラーも恐れていたといわれます。ナチスもシャンバラの超テクノロジーを入手したかったそうです。ヒトラー霊媒であったとよく言われるようですが、現代風にいえば、異次元の知性体を感じ、テレパシーを受けることのできる『コンタクティ』だったといえるのでしょうか。ナチスは邪悪なマスターに操られ、金髪碧眼のノルディックの血族間で交配を行うプログラムを煽動したのであるといわれます。

 

・現代の米国に現れた小人族のグレイと、グレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックを“悪魔の一派”“オリオンの邪体霊”と呼ぶなら、ヒトラーナチス・ドイツ軍が狂ったといわれる“アーリアの超人、神人たち”も悪魔の一派であり、悪魔崇拝者により、第2次世界大戦という大量殺戮という人類の愚行が繰り返されたのでしょうか。米国もグレイや金髪碧眼のノルディックの超テクノロジーを入手しようとしているのは、ナチスと同様で、“ナチスが円盤を製作した”という本もあったようです。最近は“エリア51”周辺の話題もマスコミにのらず、この辺の話も低調のようです。昔のユダヤの政策であるといわれる、シオンの議定書にある「大衆をして、3S(スクリーン、セックス、スポーツ)でもって、政治を忘れさせよ」という政治手法もあったそうですが、UFOのことも秘密にしておく勢力もあるといわれます。ところでドイツの昔の領主は、異人が多かったそうです。

 

・人間の原型だからか、ハンサムというよりは美しいという表現がピッタリだという宇宙人種がいるようです。至高神のイメージも「性別が分からないほどに美しい」という存在だという話もあるそうです。知性を司り人間を憂鬱、自殺、精神障害などに導くハーンなどといった堕天使の正体は、不思議な話です。

小人族のグレイは、中世ヨーロッパでは、悪魔の伝説となったようです。ハリウッド映画『未知との遭遇』では、バミューダ海域で行方不明になった5機の対潜哨戒機“アベンジャー型”の米海軍パイロットらしき者たちが、地上に着陸したエイリアンの母船から出てくる場面がありました。『魔のトライアングル(バミューダ海域)』は、巨大UFOが、異次元への飛行をするための通路、“窓”となっているという説もあるといわれます。グレイが悪魔なら、グレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは“魔王”となり、太古からの謎が全て解けてくるのでしょうが?公式記録はないそうですが、海上自衛隊練習艦隊が、パナマ運河を出て南米の沖合を航行中、巨大なUFOに遭遇したという、海上自衛隊員の体験者からの話もあったといわれます。人気のあった連続テレビ番組『Xファイル』の中でも、社会に溶け込んでいる“神のような人物”の物語がありましたが、米国でも異人が、一般市民となって、社会生活を送っている話が多いそうです。ちなみに、映画『スターウォーズ』や『Xファイル』などの20世紀フォックス社のSF映画のいくつかは、米国の国家安全局などが密かに絡んだ、“広報映画作品”だったといわれているようです。

 

・日本人が欧米人を理解できないのはフリーメーソン組織を理解できないからだといわれます。昔の薔薇十字団とか、欧州の秘密結社には、その最上層部ではシリウス星人の関与があったという説もあり、現在も“悪魔の秘密組織”があるという陰謀論まことしやかに語られているそうです。ちなみに「イルミナティの円盤は、タイムトラベルができる」という説もあるそうです。イルミナティの円盤と言わずに「アンドロイドといわれている小人族のグレイの円盤もタイムトラベルができる」のではないでしょうか。そうだとすると、2作以上の映画にもなった“メン・イン・ブラック(黒服の男たち)”は、シリウス系のオリオン星人という説もあり、『メン・イン・ブラック』は、テレポートのできるタイムトラベラーということになるのでしょうか。

 

・秘密結社フリーメイスンは堕天使ルシファーを神として崇めているのでしょうか。聖書の「ヨハネ黙示録」のなかの“反キリスト”“獣”の正体は、どこの惑星の異星人でしょうか。50年前に米国に飛来した小人族のグレイ、金髪碧眼のノルディック、メン・イン・ブラック(黒服の男たち)などは、いわゆる昔の人が“悪魔”と呼んでいた宇宙人たちなのでしょうか。小人族のグレイは中世ヨーロッパにおいても、生体実験を行っていたという記録があり、“悪魔”と呼ばれていたようです。フリーメイスンは秘密結社であるのですが、米国内では大きな力を持ち、表に出ている建物、組織は一般社会に定着しているといわれます。

 

・海軍元帥でヴィクトリア女王の曾孫であった英国のマウントバッテン伯爵は、家の庭にUFOが着陸して、金髪の宇宙人と会見したという話もあるそうです、ロスチャイルドや英王室を中心とするフリーメーソンと金髪碧眼のノルディックや金髪碧眼のウンモ星人との関わり合いは、その関係を指摘する説もあるといわれます。フリーメイスンだったマッカーサー元帥も「宇宙戦争」について言及するなど、軍部首脳として、宇宙人の存在を知っていたようです。小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックが、“悪魔の王”“ルシファー”なのでしょうか。英国の場合、“金髪の宇宙人”は、“アーサー王”伝説や“魔術師マーリン”の伝説に結びつくのでしょうか。悪魔の数字666については、いろいろな説があるようです。

 

・20世紀の出版界やマスコミも「ノストラダムスの終末予言」とかで、非常に騒いでいたのですが、21世紀になったので、すっかり音沙汰がなくなったようです。しかし、「2012年にむけて、いろいろな現象がおこる」ということで、「予言」に関するテーマも再びにぎやかになっていきました。昔は、「ノストラダムスの予言」というテーマは高校生などに人気のあった題目だといわれます。「グレイですら3万年程度、人類に進化している」とかということだそうですので、「100万年以上(?)も進化している宇宙人」ですと、語るのも恐れ多いということでしょうか。ちなみに、プレアデス星人は、6千年程度、人類に進化しているといわれていたようです。ところで20世紀に騒がれた終末予言は幸いにも全て誤りの結果となりました。

 

・小人族のグレイと金髪碧眼のノルディックの宇宙人情報も60年間、『厳秘』ということで、大衆に衝撃を与えないという目的のために確実に隠蔽されてきたようです。グレイが生体ロボットかアンドロイドだという説も多いようです。グレイの母星は地球から37光年離れたゼーター・レティキューリーといわれています。

20世紀に予言された、非常に多くの世界終末戦争予言はめでたくも、全て誤りの予言となりました。しかし、今後はイスラエルをめぐる周辺諸国などとの情勢は、予断を許さない状況のようです!?イスラエルアラブ諸国イスラム圏は『殺戮(殺し合い)の正当化(戦争)』に走るのでしょうか。グレイの母船に同乗する人間タイプの金髪碧眼のノルディックはプレアデス星人なのか(邪悪な?)オリオン星人などか、はっきりしたことは分からないようです。だが、小人族のグレイよりもはるか高次の高等知性体という説もあるそうです。金髪碧眼のアーリアの超人たち(金髪碧眼のノルディック)を崇拝したヒトラーの「ナチス・ドイツ」が、第2次世界大戦を引き起こしたように、邪悪な異星人が、世界大戦の勃発に関与してくるのかも知れませんね。ナチスは邪悪なマスターに操られ、金髪碧眼のノルディックの血族間で交配を行うプログラムを煽動したのであるといわれます。

龍神」と「牛神」とか、モンスター・タイプが進化の系統としては人類に先行していたのでしょうか。小人族のグレイや金髪碧眼のノルディックの生体実験や、DNA操作による交配は、太古から続いているようです。また、米国においても広範なアブダクション(誘拐)事件が現代でも起こったようです。モーゼの頭には角があったという説もあり、太古の宇宙人は異類タイプが多かったといわれます。

 

NASAがつかんでいる情報では、宇宙人は133種族もあるといわれます。色々と宇宙人の進化の程度が違っており、異星の報告の内容も多様だそうです。恒星間飛行のできる反重力機関などのエイリアンの超テクノロジーの入手には、米国も総力をあげているのでしょうが難しいといわれます。地球人のレベルの異星人で恒星間飛行技術を持って宇宙旅行をしている種族もいるといわれます。

 

・石川県、羽咋市はかってUFOの目撃情報が絶えず、「UFOに会える町」として有名だったそうです。UFOに関する最古の資料もあるそうです。現在は、あまり、町の特色として売り出していないようですが。水産庁調査船「開洋丸」が遭遇した巨大UFOとは、珍しい事件だったようです。地方自治体がUFOを取り上げて「町おこし」やイベントに使ったりすることもあったようです。日本全国にある宇宙人との遭遇話とか、いろいろと話題は豊富のようです。河童がグレイの一種なら、全国各地に小人族のグレイが飛来していたことになるのでしょうか。