日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

UFOは雷と同様のエネルギーを使い飛来するという話を主張するUFO研究家もおり、ヌカヒメとの間に子供を作った男性がレプティリアンである可能性も考えられるのだ。(19)

 

・米国のUFO関係者やハリウッド映画の関係者によって、グレイやエイリアンのイメージがテレビや映画を通じて全世界に流れましたが、SFと単純に片づけることもできるようです。米国のように、「エイリアンの存在を大衆に知らせない」というのは、政府(超政府?)関係者とエイリアン双方の利益としての“密約”らしいのです。これを打開してきたのが、マスコミ関係者やUFOマニアたちなのですが、この力関係は、むこう50年から100年以上、続くものでしょうか。高次元の高等知性体は、ウォーク・イン(憑依)やワンダラー(転生)の形で、地球上に現れてきているそうです。宇宙人は進化の程度が極端に大きく違い、天使クラスの宇宙人は、いわゆる目に見えるUFOという乗り物を必要としないとも言えるのでしょうか。UFO自体もその進化の程度に応じて、性能・機能が大きく違うようです。したがって、“人格転換”をうけた地球人も一般社会に交じって増えており、「人はみな記憶を失った異星人だ」そうです。一見してすぐ分かる“人格転換者”というのは、“ゲイ(LGBT等)の人たち”だといわれます。天使クラスのシリウス星人や一部のプレアデス星人は、『天国』『死後の世界』『ニルヴァーナ』『涅槃』の世界に出入りしているそうです。このクラスの異星人・天使・神々は、幽霊などの“心霊現象”にも関係しているようです。

 

・完璧に美しい小柄な異星人との遭遇もあったようです。小柄な人間タイプの異星人は、有名なフランスのコンタクティ、ラエルが遭遇したようなリラ星人ではないでしょうか。

宇宙人の人間タイプは、美男美女が多いというコンタクティの報告があります。小人族はグレイ・タイプばかりでなく、小柄な人間タイプのリラ星人も有名だそうです。この本の金星人というのも、はっきりせず、“地球の探査衛星の着陸する3次元の金星”ではなく、多くの書籍が指摘するエーテル界の“異次元の金星”か、“別の星座から異次元の金星の基地を経由して地球に飛来した”というふうに解釈するようです。この本にも書いてあるように、著者は、宇宙人の出身星名を聞き洩らしたといわれます。50年前は、リラ星人とかプレアデス星人という単語は使われていなくて、宇宙人に関しては“火星人”か“金星人”という用語が使われていたそうです。全員が銀色に波打つ髪を持ち、肩のあたりまでの長さで、緑色の目で象牙色の皮膚の宇宙人の詳細な情報は不明だといわれます。1メートルにも満たない小柄な異星人の正体とは、グレイ種のことでしょうか。

「私は、金星に行ってきた!!」 (S・ヴィジャヌエバメディナ)(たま出版)(1953年8月頃の事件)のの著者はメキシコ人で、アダムスキーと同時代のコンタクティだそうです。が、普通の市民で、学識のある人ではなく、詳しい記録もないようです。学識のある人がコンタクティとなると秘密結社のような形態に発展するのでしょうか。政府筋とコンタクトして、米国のようにエイリアンとの密約のある国は、他にあるのでしょうか。この小柄な人間タイプの異星人は、日本の古来の『鬼、童子、河童、異人』なども宇宙人だそうですが、『童子』にあたるのではないでしょうか。リラ星人も昔、日本に来ていたのでしょうか?

 

・UFOと日本の航空機の遭遇も少なくないようですが、正体は不明だといわれます。エイリアンの超テクノロジーが進化しすぎで、地球人とはコンタクトしないのでしょうか。

133種族のエイリアンが地球に飛来しているという説もあります。米国では、小人のグレイと2メートルくらいの長身の金髪碧眼のノルディックとか赤毛のオレンジなどがよく知られているようです。また小柄な人間タイプのリラ星人もよく物語には登場します。フランスの有名なコンタクティのラエルも、身長が1メートル位のリラ星人と遭遇し、天国のような惑星に行きキリストや仏陀に会ったと語っています。巨人族、モンスター・タイプその他種々の進化に応じて、非常に多くの宇宙生命体が存在するというコンタクティの報告もあるそうです。エイリアンの超テクノロジーは、あまりに進化の程度が高いものは、理解不能ということでしょうか。

グレイは、遺伝子操作の結果、創り出されたアンドロイドだといわれます。金髪碧眼のノルディックは、プレアデス星人ともいわれますが、この金髪碧眼の宇宙人こそ、ヒトラーナチスが崇拝した金髪碧眼のアーリアの超人なのでしょうか。ヨーロッパでは、金髪碧眼の宇宙人は、一般社会などに紛れ込まれると、全く識別できないそうです。金髪碧眼のウンモ星人もスペインなどのヨーロッパでは有名だったようです。米国に姿を現したグレイやラージノーズグレイ、金髪碧眼のノルディック、オレンジなど宇宙人は、少ししかリークされていませんが、NASAでは133種族の宇宙人を確認しているといわれます。金髪碧眼の宇宙人、東洋人タイプの宇宙人のオン・パレードかもしれませんね。黒髪黒眼の東洋人タイプの宇宙人も飛来しているのでしょうか。人間タイプの異星人は、人間の原型タイプの場合、美男美女という整った顔立ちが特色となるのでしょうか。

ブラジルでは政府筋とのコンタクトがあるのでしょうか。ブラジルはUFO、異星人の遭遇事件の多いUFO遭遇頻発地帯だといわれます。

1958年、宇宙友好協会の創始者、松村雄亮氏は、北欧系の美人宇宙人と野毛の喫茶店でコンタクトしたといわれます。1960年代の宇宙友好協会の活動は、当時、大きな影響力を持ったそうです。金髪碧眼のノルディックたちも日本に来ていたのでしょうか。ここ50年間、米国内の社会に、異星人が浸透したものと思われますが、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階も上回る『厳秘』のため、当然ながら、『厳秘』情報は、漏れてこないようです。米国の軍人・公務員の守秘義務は、罰金が高額なため、違反者が少ないといわれます。

 

・西暦840年のヨーロッパの宇宙人来訪の伝承もあるようです。フランスのマゴニアの伝承は、多くの書籍に取り上げられていますが、その内容も色々と変化しているようです。雲の上の街マゴニアとは、どこの異星なのでしょうか。日本でも明治時代の頃には、異人と農民たちとの変わったトラブルもあったようです。

米国のエリア51での空飛ぶ円盤の製作も、反重力機関については、エイリアンの超テクノロジーの入手は、かなり困難であるといわれます。エイリアンの超テクノロジーによる先端武器への応用も米軍は研究をすすめているそうです。空飛ぶ円盤の反重力機関を研究している学者も増えているといわれます。

 

・ヨーロッパ中世にはUFOの大群が飛来して、各地で記録が残っているようです。平野氏は50年前に活躍した作家ですが、当時と今は、“エイリアン”の情報の内容、取り扱い事情が、全くちがい、「大衆参加型のサブカルチャー」になりつつあるようです。この問題は異次元とかエーテル質量の観念がないと理解がすすまないと指摘されています。

古文書によく出てくる空中を飛翔する“悪魔の船”は、現代の空飛ぶ円盤だったといわれます。“悪魔の船”の乗員は、昔から、ヨーロッパの住人に紛れ込んでネットワークを作っていたのでしょうか。現代でも米国などでは異人が一般社会に紛れ込んでいるという話が多いそうです。「ドイツの昔の領主は、異人が多かった」そうですが、“悪魔の船”の飛来と関係があったのでしょうか。

 

長身の金髪碧眼のガニメーデ星人はあまり知られていないといわれます。世界中でグレイ・タイプの小人族と金髪碧眼のノルディックの宇宙人が出没したようです。

この本「ヒューマノイド 空飛ぶ円盤搭乗者」(平野威馬雄)(高文社)(1974年)には、小人の宇宙人との遭遇話がすこぶる多いといわれます。

南米でも小人族と金髪碧眼のノルディックとの遭遇事件がよく報告されていたといわれます。「2.1メートルくらいの長身で、男前で、金髪碧眼ではなく黒髪で紫目をした異星人がヨハネ黙示録のいう『反キリスト』『悪魔の666』だ」という説もあるといわれます。小人族と同じ円盤に同乗する長身で金髪碧眼のノルディックは、プレアデス星人だとか、いろいろな説がありますが、ここ50年間不思議な存在のようです。

 

・グレイ・タイプの小人族は、現在、全宇宙領域で、戦闘的で優勢のようです。米国政府は、ラージノーズグレイと密約し、エリア51を提供しているといわれており、マスコミの中心的な話題になっているようです。宇宙には、進化の程度で大きく違う宇宙人種族が、多数いるそうですが、恒星間飛行を可能とするテクノロジーを取得しつつあるのは米国でしょうか。グレイのような小人の種族のレティクル座人、通称レティキュランは、恒星間貿易の85%を支配しているといわれます。

グレイのような小人の種族のレティクル座人、通称レティキュランは、約50万年前までは琴座のリラ星に居住、その後核戦争による汚染を逃れてレティクル座に移住したといわれます。「レティキュランは、500年前に惑星連合政府を創設、指導種族として恒星間貿易の50%を支配、後に85%に拡大して現在に至る。大規模なスター・ウォーズは720年前で終結した」といわれます。小人のレティキュランと金髪碧眼のノルディックのような人間タイプの宇宙人との関係も依然、謎が多いようです。正式なコンタクトができるまで、第2次大戦後、米軍はエイリアンの円盤とよく交戦をして、多くのパイロットと戦闘機を失ったと指摘されています。

宇宙人には、動物タイプの宇宙人も多いそうです。“馬頭観音”という馬の顔で人体が人間タイプの異星人、イアルガ星人もいると述べられます。小人のグレイ・タイプの図絵が多く出回っていますが、いわゆるモンスター・タイプの異星人も地球人とコンタクトすることがあるようです。「インドのヒンズー教徒が牛を神聖視して牛肉を食べない」とかというヒンズー教の教理が、『牛の神』という宇宙人と結びつくのかどうか、不思議な話のようです。“龍神”と“牛神”の2種類の宇宙人が、太古に大きな役割を果たしたと言われるように、『旧約聖書』と『新約聖書』の神もそれぞれ違いあるとか、諸説入り乱れているといわれます。太古、牛神と龍神が、人類の創造に関与したと述べられます。

 

・最初に小人のグレイ・タイプの異星人の映像がハリウッド映画などで全面的に出され、世界中の人々にエイリアンの印象を強烈に与えました。NASAや米軍は地球に飛来しているエイリアンの種族として、133種族を確認しているといわれます。モンスター・タイプの宇宙人の情報は、少ないですが、エイリアンの種類は133種族あるといわれます。

金髪碧眼のノルディックや金髪で緑眼の異星人の報告もあるそうです。天王星人の話もあるようですが、『別の星座から金星の基地を経由して飛来する金星人(異星人)』という風に解釈もするようです。現代の探査衛星の報告する3次元の金星は、人の住めない荒涼とした地だからだそうです。・全宇宙のスター・ウォーズ(星間戦争)の歴史も凄まじいようです。小人のグレイも異次元移動をして、壁を透き通るようにして部屋に侵入してくるので、アブダクション(誘拐)事件も複雑怪奇だといわれます。小人のグレイ・タイプのレティクル座星人ではない金髪緑眼のレティクル座星人も存在するのでしょうか。

聖書『ヨハネの黙示録』の“悪魔の666”の数字の意味とは、私たち一般人は、理解できません。「悪魔の666」とか、「獣の666」とかいろいろな説があるようです。また、「人類の元になる魂がシリウスから囚人として地球に送られた」という奇説もあるといわれます。

 

レティクル座にはグレイの本拠地があり金髪碧眼のノルディック達も太古にレティクル座に移住したそうです。そこで、グレイの母船に金髪碧眼のノルディックが同乗しているのも不思議なことではないそうです。金髪碧眼のノルディックと小人のグレイの遭遇事件は世界中に非常に多いといわれます。日本のカッパと異人も同時期にレティクル座から飛来し去ったのでしょうか。河童・異人は非常に多くの目撃事件、遭遇事件がありますが、河童は高等知性体のため捕獲されたことはないようです。日本の河童はグレイの一種で、現在も海底基地にいるといわれます。

このように全国に多くの名前があるということは、河童は実在したが、いずこかに去ったということでしょうか。小柄なグレイは、「人造ロボット説」、また「核戦争の放射能による退化説」など色々あるそうです。グレイと金髪碧眼のノルディックは同じ宇宙人を祖先に持つが、核戦争などで、退化して醜いグレイとなったという信じられない話もあるといわれます。グレイは「未来の地球人」という大胆な仮説もあり、量的には人間タイプよりも多く優勢のようです。いろいろな書籍に種々の説があり、詳細は不明。

 

・関東地方くらいの広さのある“エリア51”のエイリアンの動向は依然不明だと述べられます。カッパは宇宙の通商の80%を握るといわれるレティクル座星人の小人の一種なのでしょうか。

エイリアン間の関係も諸説あって詳細は不明のようです。「異星人遭遇事件百科」 (郡純)(太田出版)(1991年)のこの情報も1991年当時のものなので古いそうです。レティクル座のゼータ星から来ているレティキュランは、グレイのような小人タイプばかりでなく、金髪碧眼のノルディックもその昔、レティクル座に一部が移住したといわれます。グレイのような小人タイプが中心の宇宙連合もあり、宇宙連合もいく種類もあるようです。そして、太古からスター・ウォーズを対立する宇宙連合間、組織間で繰り返していたようです。SF映画『猿の惑星』の5部作のように、おぞましい結末が人類に降りかかってくるのでしょうか。

アイゼンハワー大統領が異星人と会見したといわれます。キャトルミューティレーションで殺された牛は1万5千頭以上とも言われています。多くのマスコミやUFOマニアや関係者がキャトルミューティレーションと小柄な異星人グレイとの関与を認識しているといわれます。米軍の特殊部隊とエイリアンが戦闘をしたとか、いろいろな情報が流れてきて、エリア51もハリウッド映画などでよく取り上げられたようです。

関東地方ほどの広大な基地の中にある『エリア51の謎』は、砂漠の中に埋もれていくようです。

 

・米国では「臨死体験者の様相」が学者の研究題目のひとつになっているようです。幻覚という見解もあるようですが、臨死体験者の共通項目は多いようです。日本の臨死体験者の報告には「光輝く都市」に入ったという報告はないと指摘されています。

死後世界では、亡き家族や親しい故人を「見た」り、出会ったりするといわれます。「あの世」の神や天使との遭遇体験は、昔からの伝承と一致するのは当然でしょうか。

 

・全国に伝説のある河童は、どこからきてどこへ去ったのでしょうか。昔から全国各地に伝説のある河童(グレイの一種)は、高等知性体で宇宙船に乗って地球を去っていくという日本映画がありました。欧米ではリトル・グリーン・メンとも言われているようですが、河童は、小柄なグレイの一種であり、同時に異人も飛来していたそうです。米国の金髪碧眼のノルディックと小柄なグレイの組み合わせと、日本のカッパと異人の組み合わせは、相似の事象なのでしょうか。昔から「河童を見た人びと」も多いそうです。明治時代の近代化がすすむと、異人も河童もどこかに去ったようです。

 

・天変地異以外のテロなどの予言は、事前に阻止行動をとれば、発生を防止することができるといわれます。ジュセリーノの予言は、ノストラダムスの予言と違って「実に現代的な予言と言える」ようです。

「ブラジルの予言者ジュセリーノは、四川大地震も的中させていた」と指摘されています。ジュセリーノは、未来の出来事を夢で見て、その内容を関係者や当局へ手紙で知らせ警告を発して、その記録は地元の郵便局や登記所に残していることが特徴。的中率の非常に高いブラジルの予言者だったそうです。しかしながら、その後メディアが検証してみれば、高いとはいえず、全く無視されたようになったといわれます。夢の中に出てくる神のような者の正体は不明ですし、ビジョンの解釈が難しいようでした。

 

 

 

********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろう

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」

「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けたのだろうか」「フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのだろうか」

国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

 

グーグルのブロガーにも書いています→UFOパラレル・ワールド