日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

「僕たちのマスターであるザイだよ。様々な地球人に宿ってきた。そのうちの一人が、イエス・キリストなんだよ」(16)

 

・異次元の都市の詳細な記述は、少ないようですが、エーテル界やアストラル界に都市があるというのは神智学の定説だといわれます。人間の死後の世界の精霊界がパラレルワールド(並行世界)で、現実世界と相似の世界だといわれていますが、高等知性体の住む高次元の世界は、現代科学が認識していない、エーテルのような精妙な非常に細かい粒子でできているといわれます。

 

・「火星人の生命波動も地球人の物理的な密度のものではありません」ということも理解が難しい原因なのかもしれません。昔は地球に係る異次元の「火星人と金星人」という対立の構図でしたが、火星人が秘密主義であるということは、コンタクティのほとんどが「金髪碧眼の白人種の金星人」とコンタクトしているという事実が物語るようです。火星人が秘密主義で正体がはっきりしないため、宇宙人理解の大きな障害になっているようです。火星人の系統から日本の神々の系列が分かるのかもしれません。日本民族はプレアデス星座のとある惑星に原郷があるという説もあるのですが。地球は波動レベルが低くて、未来数世紀経っても宇宙連合に入れないそうですので、確認しようのないことのようです。

ナチスが狂った金髪碧眼の白色人種アーリア人は異次元の金星から来たともいわれます。火星人の秘密主義のため情報は混沌としたものになっているといわれます。秘密主義に走るのは異類混血を進めているからでしょうか。

 

・「シャスタ山の小人」とは、グレイ・タイプのゼータ・レチクル星人のことでしょうか。ハイパーボーリア人、レムリア人、アトランティス人とか太古の種族と現代とのつながりとは存在するのでしょうか。「アガルタ・ネットワークは地下にある120の光の都市」とは、高次元の話といわれます。目に見えない異次元の話として理解しても把握が難しいようです。カリフォルニア州のシャスタ山のアガルタ・ネットワークとは、今も機能しているのでしょうか。

 

・金髪碧眼の白人タイプの人間型宇宙人は、よく報告されているようです。「グレイが来て、その後に金髪碧眼のノルディックが来た。その後に東洋人タイプが来た」と米国の異星人の報告書にはあるそうですが、その後の情報はまったく流れてきていないようです。日本にも昔から異人の伝説が多いのですが、河童(グレイ)とともに飛来していた異人の正体とは、オリオン星人といわれます。東北地方には、プレアデス人とのコンタクト話が現代でもあるといわれます。

 

アンドレアソン事件の小型ヒューマノイドは、異次元移動で部屋に侵入してきたといわれます。小人タイプ(グレイ)の遭遇の報告が衝撃的だったので、映画やテレビなどに多く取り上げられたそうです。日本でも河童(グレイ)の伝承が、明治時代まで、農村部では、日常的に語られていたようです。アンドレアソン事件は特に衝撃的で、当時、多くの書籍で取り上げられたといわれます。

 

・ウォーク・イン(憑依)やワンダラー(転生)によって、地上に異星人が人格転換して登場するという現象は米国に多いそうです。シリウス星人は、天国に出入りして、人間へのウォーク・イン(憑依)やワンダラー(転生)を自由に操作できるといわれます。一般的には、宇宙人は異次元移動ができるものもいるようです。金星人オムネク・オネクも、ウォーク・インやワンダラーの形態によって地球の人間に転移したといわれます。異次元のエーテル界、アストラル界にも都市があるといわれます。パラレル・ユニバース(並行宇宙)でしょうか。

 

・金星人オムネク・オネクも、ウォーク・イン(憑依)やワンダラー(転生)の形態によって地球の人間に転移したそうです。ヒトラーナチス・ドイツが狂い崇拝した「金髪碧眼のアーリアの超人たち」とは、金星人オムネク・オネクによると「現在、アーリア人という呼び名で多くの人々が知っている白色人種は、金星から来ました」といわれます。金星と言えば、人工衛星が着陸する時代、『異次元の金星』ということの認識をはっきりしないと誤解するといわれます。

金星人オムネク・オネクのメッセージによりますと「都市を取り囲む輝く白壁は地球の最も高い摩天楼に十分肩を並べるほどでした」といわれます。

 

・「実験室で人類を創造した琴座(リラ)星人」と「遺伝子操作か思念(?)で人類を創造したシリウス星人」と二種類の宇宙人の対立があるという説もあり、人類の創造に関しては諸説あるといわれます。

 

・「キリストが日本に来ていた」ということは、昔から日本人がとりあげ、いくつもの書籍があるそうですが、米国人のチャネラーが言及したのは、珍しいことでしょうか。「個人には天使(背後霊)がついて助けてくれている」、「イルミナティフリーメイスンなどの秘密結社が、世界の政治経済を裏面から影響を与えている」とか、異次元に関することは、目に見えず、少数の者にしか理解できず、謎ばかりのようです。キリスト教徒が信じているらしい「イエス自身が、生き返った」ということも、荒唐無稽で、理解不能の信じられないことでしょうか。やはりキリストは日本に来ていたといわれます。イエス・キリストはアプ 星人で非常に多くの転生をしているそうです。

 

・太古の神話やUFO、宇宙人の飛来ということよりも、高等知性体の操作によりウオーク・イン(憑依現象)、ワンダラー(転生現象)などにより「人間自身が人格転換を受けている現象」が、米国などに増えている状況のほうが注目に値するといわれます。目に見えない高次元の高等知性体が、現実世界に影響力を行使しているそうですが、「天国に出入りしているシリウス星人」の情報などは、チャネラーからのものが多いそうです。4次元以上の高次元は、時空を超えているからだといわれます。「神々は高次元の宇宙人だった」と仮定すれば、理解がすすむようです。太古、日本は世界の中心だったという『竹内文書』の内容が思い出されます。

太古、広島の宮島の周辺には大規模な宇宙人の複合都市があったといわれます。

 

チャネラーの情報とか、ウォーク・イン(憑依された者)やワンダラー(転生者)の情報は、貴重なものが多いといわれます。輪廻転生に関しては、「人は皆、記憶を失った異星人」だそうですが「前世の異星人の記憶」を持って転生してくる米国人が増えてきているそうです。ウィングメーカー(今からおよそ750年未来の地球人のタイム・トラベラー)についての書籍3部作、『ウィングメーカー』(ヴォイス社)がありますが、内容が非常に濃密なのでSFファンタジーと単純には片づけられない内容だそうです。タイム・トラベラーの概念もSF100%ばかりではないといわれます。

「未来の地球人、タイム・トラベラーとの遭遇もあり」なのでしょうか。

 

・グレイが来て、その後に金髪碧眼のノルディックが飛来して、その後に東洋人タイプが来たといわれます。プレアデス異星人のコンタクティによると日本民族の原流となった異星もあるそうですが、詳細は不明のようです。

 

・ゼータ・レチクル人は、多くの意味で地球人とは対照的な種族といわれます。グレイの一種が、ゼータ・レチクル人だといわれます。グレイは生体ロボットとか言われていますが、異次元移動ができるようです。やはり米国のUFO研究家は、情報豊富なようです。アメリカ空軍の中佐でもあった有名なUFO研究家の Wendelle C. Stevensは、書籍やCD-Rなどで、以下の情報を集め販売しているといわれます。

 

「Message From the Pleiades - The Contact Notes of Eduard Billy Meier」、「UFO CONTACT FROM PLANET KOLDAS」、「UFO Photographs Around the World」、「UFO CONTACT FROM PLANET ITIBI-RA」、「UFO CONTACT FROM PLANET NEP-4」、「UFO ABDUCTION AT BOTUCATU」「UFO CONTACT FROM PLANET KORENDOR:」、「UFO CONTACT FROM ALCYON OF THE PLEIADES」、「UFO CONTACT FROM PLANET KLERMER」、「UFO CONTACT FROM PLANET APU」、「UFO Crash at Aztec」、「UFO CONTACT FROM PLANET UMMO」、UFO CONTACT FROM THE DAL UNIVERSE OF ASKET OF THE TIMMERS SOCIETY」、「UFO Contact from the Pleiades、Message from the Pleiades The Contact Notes of Eduard Billy Meier 4」、「Ultimate UFO Series: Andromeda」、「UFO Contact from Reticulum Update」、「UFO CONTACT FROM PLANET BAAVI IN PROXIMA CENTAURI」、「UFO's Over Modern China」、「UFO CONTACT FROM PLANET ACART」、「UFO CONTACT FROM PLANET ZETI IN ORION」、「S-4 Leak: The Connor O'Ryan Story」、「UFO Contact From Mars: Among The Saucers」、「UFO Contact from Andromeda」、「UFO...Contact from Planet Iarga」、「UFO Abduction At Maringa」、 

 

・グレイの人間誘拐といっても異次元移動をし、肉体というよりも人間の幽体を操作するとも言われていますし、記憶を消すといわれます。ドアを透き通るようにして部屋に侵入してくるグレイは気味が悪いそうです。グレイは、生体ロボットともいわれていますが、超テクノロジーは、凄まじいようです。宇宙人は本質的にタイム・トラベラーともいわれます。『竹取物語』のように日本民族とプレアデス星人とは、強いつながりがあり、日本民族の原郷は、プレアデス星座にあるという説もあるといわれます。エササニ人は、地球人とゼータ・レチクル人の融合によって生まれる混血種属の一つだそうですが、異類混血が進んでいるのでしょうか。異類混血がスター・ウォーズの原因となるという説もあるようです。小柄な異星人は「グレイ」や「レチクル座のゼータ星人」とも呼ばれており、人間を誘拐する主要な宇宙人種であると考えられています。

 

・各国政府の取り組みは、低調のようですし、エイリアンとのコンタクトのある米国政府のみが、国家機関・資金の総力をあげて、エイリアンの超テクノロジーを入手しているようです。60年も経ってこのような状態なのは、事態があまりにもショッキングで、秘密主義に走ったのは、至極当然なのでしょうか。米国の軍人や公務員の守秘義務は、罰則も厳しく、厳格に守られているようですが、何らかの理由でリークする者もでてくるのでしょうか。英国の場合は、映画『女王陛下の007』シリーズで、世界的に有名になった“殺人許可証”を持つ諜報員ジェームズ・ボンドの所属する秘密情報部が、異星人情報を握っているらしいのです。英国情報部の歴史は長く、MI5、MI6とか、軍情報部もあって、第2次大戦後「英国情報部は男を女にする以外は何でもできる」といわれた時代があったといわれます。

 

・異次元へ移動する“窓”“ゲート”のような“スターゲイト”とはあるといわれます。英語圏では、UFO関連の書籍は約2万冊、現在、出版されているそうですし、インターネットやパソコン機器の普及で、UFO研究家が出版物を出すことが大変容易になったようです。個人が対応・把握できる量をはるかに超えているといえるでしょう。

また、米国人の現実志向、マネー志向(お金が動くところに価値がある)の人生態度も、UFO出版物の増大に拍車をかけているのかもしれません。異星人関連の映画・テレビ番組もジャンルとしては、大きなものになりつつあるようです。UFO・異星人に関する商業主義もますます大きくなっています。UFOやグレイのような宇宙人という事実よりも、注目されているのは、人間自身がウォーク・イン(憑依)やワンダラー(転生)などによって、異星人としての記憶を持って地上に誕生するようになっているらしいのです。UFOよりも「人間自身が変性しつつある」ほうが大きな現象なのでしょうか。ウォーク・インやワンダラーの現象は、米国人に多く、その体験記などもビデオなどで販売・出版されているようです。

ちなみにWendelle C. Stevensという元米空軍の中佐でもあったUFO研究家によると英国と言えばインドなどを徘徊している「Itibi-Ra」星人が有名だそうですし、出版物もあると指摘されています。インターネット革命がこの分野でも大きな影響を持ち、既存のメディアをはるかに凌駕しつつあるようです。「インターネットを見る時間と個人の幸福度は比例する」というインターネット宗教の普及は如何ばかりのものでしょうか。

小柄な異星人グレイは、遺伝子組み換えのロボットといわれます。グレイと人間タイプの異星人の関係もよく分かりません。

 

バスク語について、出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』より引用、

言語学上の位置付け

周りをラテン語に起源を持つロマンス語の言語に囲まれているにもかかわらず、バスク語スペイン語やフランス語はおろか、世界のどの言語とも異なる極めて独特な言語である。

語源が注目される単語として「ナイフ←物を切る石」「天井←穴の上」等がある。イベリア半島では正体不明の非印欧語族の痕跡も見つかっている事から、そのため、インド・ヨーロッパ語族言語を話す民族がヨーロッパに入ってくる以前から話されていた、氷河時代先住民族の言語ではとも考えられている。

日本語との親族関係も指摘された事があるが、さすがに支持されてはいない。後述の能格の存在から、カルトヴェリ語族に分類されることもあったが、現在は比較言語学上、孤立した言語に分類される。

 

・(バスク語学習の神話)

バスク語はその独特さゆえに欧州人には習得が難しいとされる。司馬遼太郎はその著書『街道をゆく』の中で「ローマの神学生のあいだで創られたバスク語学習にちなむ“神話”」として、悪魔でさえ、3年間岩牢にこもってバスク語を勉強する罰を課されると神に許しを乞うた、という話を紹介している。

また、英語のジョークとして「悪魔がバスク人を誘惑するためにバスク語を習ったが、7年かかって覚えたのは『はい』と『いいえ』だけだった。」、この変形として「バスク人は決して悪魔の誘惑を受けて地獄には落ちない。なぜなら、悪魔はバスク語を話せないからだ。」とのこと。

・現代スペインに現れた金髪碧眼のウンモ星人と太古のバスク人とは関係があるのでしょうか。エイリアンの言語に関しては、情報が少ないようですが、いろいろな書籍に載っているようです。バスク人については、私は詳しく知りませんが、「バスク人は、その違いは外見から一目瞭然、ブロンドでブルーやグリーンの眼をしていることに気づくだろう」ということだそうです。イタリアやスペイン等のラテン系民族は、「黒髪にブラウン系の眼」がほとんどだが、バスク人にはそれが当てはまらない。異民族との混血がほとんど進まなかったことの現れだといわれます。バスク人は太古のアトランティスの神人の末裔なのでしょうか。バスク人の8割以上(?)は「血液型がRHマイナス」ということで、バス。また、「ク人はヨーロッパで最も古い民族ではないかと推測されているそうです約4万年前に欧州で出現したと見られるクロマニョン人の唯一の末裔」とする説もあるといわれます。「バスク人というのは赤毛で目の瞳の色が緑色で、スペイン人とは見かけ上も異なる少数民族で、アイルランド人と近いケルト民族の末裔」という説によるとケルト民族のように、“金髪碧眼の白人そのもののイメージ“ということになるのでしょうか。ヨーロッパの人種は、全く多種多様のようで島国の日本人は理解ができないそうですが、奇説として「ジプシーがアガルタの住人の末裔」という説もあるといわれます。

 

・オムネク・オネクのようなウォーク・イン(憑依)により、地上の人間として活動する異星人(シリウス星人)は、米国に多いといわれます。ウォーク・イン(憑依により人間を人格転換して入れ替わる現象)は、異星人としての前世の記憶を持つ人々といってもいいのかもしれないそうです。

ヒトラーナチスが、「金髪碧眼のアーリア人の超人たち」に狂った原因は不明のようです。

 

バスク人の移民は、昔は牛の世話での移民が多く、ネバダ州とか特定の州に集中しているとの説があるそうです。バスク人の特異性から「バスク人は、失われたアトランティスの住人たちの末裔である」という説がでたのかもしれません。ヨーロッパ人は昔から残虐で、歴史的にも、おぞましい虐殺や戦争を繰り返してきているようですし、近年では、ユーゴでの虐殺も凄惨なものだったようです。中世に大挙して“空飛ぶ円盤”がヨーロッパ上空に現れた記録があるようですが、それと中世の「魔女狩り」が関係しているのではないかと想像したりしますが、とにかく中世にはバスク地方やフランスの南部では、魔女狩りがとても多く、悲惨な犠牲者が多かったといわれます。こうしたおぞましい虐殺や紛争・内乱の原因となることから、ヨーロッパでは、人種の容貌に関することをはっきり書くことは、ナチスの例もあるように、タブーなようですね。「民に知らせるな」という警察の手法も一理あるといわれます。ウンモ星人の書籍は、数冊(“宇宙人ユミットからの手紙”“アメリカが盗んだ宇宙人ユミットのプラズマ科学”等)が日本語訳で出版されていますが、宇宙人はヨーロッパの普通の住人に交じると区別がつかないといわれます。スペインと言えば宇宙人ユミット、『金髪碧眼のウンモ星人』のコンタクトが有名だといわれます。

 

・フランスも昔からグレイ・タイプなどのエイリアンと異人伝承の多い国のようです。金髪碧眼のウンモ星人もヨーロッパの市民社会に紛れ込むと誰も識別できないと報道されています。グレイ・タイプの宇宙人の超テクノロジーも凄まじいようです。

米国などの先進国の公務員の守秘義務は退職後も適用されるし、違反者にたいする罰則なども厳しく、そのような事情が、60年間も続いた結果が、現在の状況なのでしょうか。米国の異星人情報は、『厳秘』だそうで、一般の人には、知る権利はないそうです。“情報公開法”ができても、公開される情報は、限定されているといわれます。空母2隻分くらいの大きさのUFOや、フットボール球場位の大きさのUFOの正体とは、「悪魔の船」だったのでしょうか。「宇宙人が実在するか」を真面目に議論している歴史家は遺跡を探索しておれば良いのでしょう。ちなみに、米国は、既にエイリアンの超科学を国家機関の総力をあげて入手しているといわれます。科学者とUFOは、昔からタブーとなっているといわれます。

人類はレベルが低すぎて、向こう数百年、例の“宇宙連合”に入れてもらえないといわれます。国家としてコンタクトするとなると、米国のようにアバブ・トップシークレットになるのでしょうか。ハリウッド映画“未知との遭遇”のように国家として異星人とコンタクトができれば、異文明も導入できるのでしょうか。

宇宙人に関する仮説は、色々あって定説がないといわれます。

ところで“エリア51”が公然の秘密となったために、米軍はその隣に“エリア52”を作ったといわれます。“エリア51”は、何度も映画に取り上げられ、UFOマニアの聖地となり、その周辺は観光地化したそうです。そこで、隣の広大な地域に“エリア52”という秘密基地を作り研究所施設などを移転しつつあるという話があるようです。米国の日本では想像できない広大な米軍基地を見ますと「何でもあり」という印象を受けるそうですね。今後の米国のUFOマニアや米軍ウオッチャーの活躍を期待したいものです。

 

・“UFO銀座”といわれる北海道もUFO目撃談が多いのそうですが、アイヌの伝承のコロポックルは、グレイの一種の高等知性体で、アイヌとの交流があったそうです。自衛隊パイロットも北海道で多くUFOに遭遇しているといわれます。コロポックルは、小柄ですが、人間に捕獲されたことはないそうで、グレイと同じように異次元移動ができたのでしょうか。グレイ・タイプの異星人は、81種類以上もあり、生体ロボットという説もあるようですが、「北海道のUFOは、コロポックルや異人が乗っている」のでしょうか。

 

コロポックルについて、

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

コロポックル (アイヌ語: コロポックル, koropokkur) は、アイヌの伝承に登場する小人である。アイヌ語で、一般的には「蕗の葉の下の人」という意味であると解される」とのこと。

 

ミャンマーなどアジア各地にもUFOが太古から飛来していたといわれます。ミャンマーは大型サイクロンで深刻な被害をたびたび受けているのですが、60年前のビルマでの日本軍の戦争の記憶も現代日本では風化しつつあるようです。太古から宇宙人がアジアにも来ていて、各国で神々と異人の伝説になっているそうですが、宇宙人や宇宙人をイメージした遺跡も多いようです。現代にもUFOは飛来しているのでしょうか。また、宇宙人が人類を創造したそうなのですから、宇宙人が来るのも当然なのでしょうか。「神々が地球に飛来した宇宙人だった」という説が多数説になりつつあるようです。

 

・「アミ小さな宇宙人」で有名なエンリケバリオスというチリ出身の作家の本で、13冊くらいが日本では翻訳出版されているそうです。SFファンタジーの夢物語が多いそうですが、スクリーンのような『スターゲイト』のことが書いてあり、面白そうなので載せてみました。

スターゲイト』が太古のエジプトなどの神殿にあり、「神々がスターゲイトから出入りしていた」という説が、宇宙老古学者などが唱えているそうです。そういえば、ハリウッド映画『スターゲイト』にも異次元の門・扉がありました。この種の話は、正確性を求めるのは無理なことで、ナンフイクションとフイクションの話の境界が不明のものが多いそうです。『スターゲイト』の技術は、異空間を歪めて互いに隣接させるような超テクノロジー、エイリアンの超技術では可能なのでしょうか。UFOもポータルを通過して、異空間を瞬間移動するそうですが。宇宙人のテレポート(瞬間移動)や異次元移動も行き先が不明のようです。人間には、奇跡に見える『テレポート』も宇宙人によると「それほど難しくないテクノロジー」だといわれます。 UFOで飛来していた異星人も進化すると超テクノロジーの『スターゲイト』を通ってくるのでしょうか。映画『ナルニア国物語』のような「異次元の扉」は、SFファンタジーには多い手法だそうです。また、伝説にも「暗い穴を通って異次元の別世界に行って来た」という伝承が世界中にあるようです。

(映画「ナルニア国物語」の異次元への扉などの「異次元への門」、『スター・ゲイト』の話も少なくないのですが、SFファンタジーの話と考えたほうが無難でしょうか。

 

アブダクション(誘拐)の現場に現れる金髪碧眼のノルディックと、ナチスと関係とは、膨大な量で、私たち一般人は、到底把握できません。「米国政府がリゲル人に騙されたことに気付いた後、プレアデス人が招聘されたが、過去ヒトラーの人類浄化政策を画策し仏教を堕落させた」といわれます。

「戦後、ヒトラーナチスの幹部が多数に南米などに逃げた」、「UFOから降りてきた人物がナチスのSS(親衛隊)の制服を着ていた」とかの話もあり、ナチスの謎も計り知れないようです。ナチスの人体実験とアブダクション(誘拐)の人体実験(インプラント)、米国の地下基地での人体実験の噂など、「生体実験や人体をいじくりたい」謎の宇宙人種族がいるらしいといわれます。

アブダクションの宇宙人はドイツのナチスのようだったという話もあったようです。

 

・地球外起源の超テクノロジーに関しては、ヨーロッパをはじめとするほかの諸国がもはや取り返しのつかない遅れの中に取り残されてしまったといわれます。ヨーロッパに現れた宇宙人ユミットも金髪碧眼だそうで、米国に登場した金髪碧眼のノルディックと近い種族なのでしょうか。グレイ(小柄な異星人、ゼータ星人)ですら色々なスター・システムに81種類以上もいるそうですので、人間タイプの異星人も多種多様なことでしょう。国家機関・資金の総力をあげて、60年間に渡ってエイリアンの超テクノロジーを取得しつつある米国の独走態勢にフランスの科学者も気づいたのでしょうか。異人は、諜報機関、スパイ機関に溶け込んでいるようなイメージをテレビ映画「Xファイル」などを見ますと印象付けられるといわれます。

 

・河童(グレイ)や異人の乗り物がUFOだそうですので、日本には、昔からUFO目撃談が多いのも当然でしょうか。題名は忘れましたが、「河童が宇宙船に乗って地球を去っていく」というストーリーの日本映画もありました。太古から河童(グレイ)や異人が日本人を観察していたようです。日本の伝説には、河童や異人と農民との不思議な交流伝承が多いようです。ちなみに明治時代に消えたという日本のジプシー『サンカ』が、“アガルタの住人の末裔”であるという奇説もあるといわれます。長い間、UFOディレクターと言われた矢追氏の今後の活躍、出版物を期待したいものです。テレビという現代の武器で、私たちにUFOを知らしめた矢追氏の功績は大きく、後任のディレクターの活動次第では、状況も変わってくると思われます。自衛隊パイロットのUFO目撃談の公表は、公務員の守秘義務でタブーだといわれます。

 

・アーリアの「超人」たちは、テレポート(瞬間移動)ができるようで、大戦後、米国に現れた金星人も「テレポート」ができました。このテレポート(瞬間移動)の技術が奇跡のテクノロジーということで、「神」と誤解される原因となったようです。米空軍も異星人に関しては、ショックを受けて、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階も上回る『厳秘』にしているのでしょうか。金髪碧眼のノルディックは、ゼガリア・シッチン「地球年代記の著者」のいう惑星ニビルから飛来したアヌンナキ(エロヒムネフィリム)という異星人で「天から降りた人びと」(神)であるという説もあり、シリウスの星系からきているといわれます。例のグレイ(ゼータ星人、バイオ・ロボット)もすくなくとも81種類以上ぐらいあり、その上に君臨する人類を30万年前に創造し、シュメール文明を授けたアヌンナキ(金髪碧眼のノルディック)が飛来しているという説が事実なら大変なことでしょう。アヌンナキは、ギリシャ神話のゼウス、インド神話のインドラのモデルともなったという説もあるそうです。ゼウスは、「神の中の神、王様」ともいわれているのだからすごいことでしょうか。現代米国に現れた金髪碧眼のノルディックは、プレアデス星人だという話もあり、米空軍が公表しない限り正体不明なことでしょう。

メン・イン・ブラック(黒服の男たち)が、テレポート(瞬間移動)ができるオリオン星人だというチャネラーの話もあるようです。異類も遺伝子操作や異類混血などで、「人形(じんけい)」に近づきつつあるという説もあるようだ。なぜなら「神の似姿が人間だからだ」そうです。デーヴィッド・アイクの1000ページの「トンデモ」本だという人も多いのですが、内容が濃密なので参考になるのでしょうか。2本のハリウッド映画にもなった『メン・イン・ブラック(黒服の男たち)』の正体も不明で、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階も上回る『厳秘』と公務員の守秘義務のため、何もかもがはっきりしないようですね。

 

・映画では、『宇宙警察』、『諜報員』、『スパイ』のイメージのようでした。『厳秘』を扱う軍情報部とかCIAなどの諜報組織に異人が紛れ込んでいるといわれます。また、力関係からすると「異人が諜報組織を動かしている」とも言えるそうです。地球に来ている異星人は、いわゆる“情報目的”で来ているので、諜報組織に隠れるのが当然でしょうし、昔から諜報員の世界ですし、まるでハリウッドの映画のように「異人しかできない諜報活動」もあるのでしょうか。敗戦国の日本は現在ですら実際上「本格的な情報組織を持てない」そうで、このようなことに関しては、60年遅れている“スパイ後進国”なのでしょうか。当然、国家の諜報組織としては、自国に飛来する異星人とはコンタクトしているでしょう。「本格的な諜報機関を持てない国家は、歴史上衰退してきたし、衰退する国家になる」といわれます。

 

 ・戦後、ナチスの情報部員の幹部の多くが、米国の情報部に移籍し、米ソの冷戦に対応したそうですし、米国のCIA(合衆国中央情報局)と英国諜報部、フランス情報局は、形成過程で、フリーメイスンなどの共通の基盤を持っているといわれます。現在「諜報機関が異人に対応している」そうで、当然CIA・米軍情報部は、「“厳秘”の豊富な異人情報を持っている」と思われます。

 

・<ナチスの狂気>「ナチスの迷宮」というブログによれば、「レーベンスボルン(生命の泉)計画」のことが記載されてあるといわれます。

(参考文献)「ぼくはナチにさらわれた」(アロイズィ・トヴァルデツキ)(共同通信社

「・1940年5月にヒムラーは、東方の子供たちを毎年人種選別する計画を立て、1941年の後半から、占領地区で「アーリア的」な子供を探して誘拐することを開始したのであった。

 

・戦争中、ドイツに占領されたポーランドの西部の町々ではナチスにより2歳から14歳までの少年少女が大勢さらわれたが、その数は20万人以上といわれている。

 

・大変に特徴的だったのは、その子供たちがみな「青い目で金髪」であったことである。彼らは名前をドイツ名に変えられ、修正された出生証明書とともに、選ばれた家族の元に送られた。子供の多くは本来の家族の元に帰されることはなく、更に彼らは、自らがポーランド人であることも知らなかった。(このため、戦後になると両親とも不明の孤児が多数出現するという悲惨な事態を招いた)。

 

ノルウェーのレーベンスボルン

・「生命の泉」計画は主としてドイツ国内で実施された。しかし、ヒトラーは「金髪」「碧眼」「長身」といった身体的特徴を持つノルウェー人を「より純粋な」アーリア人と考え、ドイツのアーリア化をノルウェーにおいても促進した。

 

・ドイツ降伏後に当時のノルウェー政府が「対敵協力者」の処分を行い、ノルウェー人女性14000人を逮捕、そのうち約5000人が18ヶ月の間強制収容所に入れられた。特にドイツ兵と結婚した女性についてはノルウェー国籍を剥奪された。このように政府が「公式に迫害」したのはノルウェー政府だけであった」と記載されています。

 

・<ウィキペディア(フリー百科事典)>によると

占領地域下での子供の誘拐>「生命の泉」計画ではポーランドチェコ、フランスと言った占領地域下での子供の誘拐が行われた。ポーランドではおよそ5万人から20万人の子供が誘拐された。検査後に「アーリア人」の条件を満たすとされた子供は修正された出生証明書と共に選ばれた家族の元に送られた。子供の多くは本来の家族の元に帰されることはなく、更に彼らは、自らがポーランド人であることも知らなかった」といわれます。

 

ヒトラーナチスの「人類に対するおぞましい犯罪」については多くの書籍があります。が、「金髪碧眼のアーリアの超人」願望への具体的な施策は、戦後明らかになったようです。歴史のおぞましい陰の部分が多すぎるようです。なぜ、ヒトラーナチスは、金髪碧眼の子供たちを狙ったのでしょうか、そしてその協力者たちの正体は、異人たちだったのでしょうか。米軍もグレイ(小柄な異星人)と金髪碧眼の宇宙人ノルディックを核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階も上回る『厳秘』にしています。しかしながら、不思議なおぞましい話も漏れてくるようですね。

「金髪碧眼のアーリアの超人」たちに狂ったヒトラーナチスの「金髪碧眼の子供の誘拐」の謎もあったと指摘されています。

 

・河童(グレイ)とともに飛来したと思われる“異人”の伝説が全国各地に存在しますが、彼らの正体は依然、謎のままのようです。“異人”すなわち異星人が、全国各地を徘徊していたのでしょうか。また、米国では、異人が、一般人として、巧妙に一般社会に溶け込んでいるといわれます。

 

ヒトラーナチス・ドイツが崇拝した「金髪碧眼のアーリアの超人たち」は、現代の米国に現れた金髪碧眼のノルディックであるようです。ノルディックは、オリオン星人かプレアデス星人なのでしょうか。金髪碧眼のノルディックと金髪碧眼のアルデバラン星人がよく混同されるそうです。ノルディックとオレンジは、両方ともプレアデス星座の“アルテア4・5”から来ているといわれています。

ノルディックが大昔、レプティロイド(爬虫類人)を異次元の地下や他の恒星、4次元や5次元に追い払ったといわれます。「オリオン大戦」やスター・ウォーズの原因や結果も詳しくは分からないそうです。

「最も肝心な論点は、この 『レプティリアン爬虫類人)』を地球産の爬虫類とまったく同じ種と見てはならない!ということである」そうです。宇宙には、様々な生命形態があるといわれます。

悪魔(レプティリアン)の宿主(霊媒)、ヒトラーの正体は謎だったといわれます。現代の米国に姿を現した金髪碧眼のノルディック、ラージノーズグレイたちの正体は、アバブ・トップシークレットにされています。

悪魔(レプティリアン)の宿主(霊媒)のヒトラーという解釈のほうが誤解をまねかないでしょうか。一説では「ヒトラーは、菩薩(邪神)に憑依されていた」とか「ヒトラーは、かってホワイト・ブラザーフッド(白色同胞団)の団員だった」とか「ヒトラーはベルリン陥落後も生きていた」とか、いろいろな説があるようですが、一般人が誤解するような説では説得力がないのでしょう。

ヒトラーはブラジル人の愛人と95歳まで生きていた」という話もあるようです。ヒトラーナチス・ドイツが崇拝した「金髪碧眼のアーリアの超人たち」とは、現代米国に現れた金髪碧眼のノルディックという宇宙人のようです。当時のドイツは世界一の科学の進んだ国といわれ、宇宙人は科学の進んだ国に姿を現すともいわれているといわれます。ユダヤ人の大量虐殺を遂行したヒトラーナチスが渇望したエイリアンの超テクノロジーは、大戦後の米国が入手しつつあるようです。もちろん、金髪碧眼のノルディックもグレイと同様に異次元移動ができるそうなので、「見えない超人」にヒトラーは恐怖したといわれます。ヒトラー霊媒で、宇宙人のアブダクション(誘拐)に遭遇し、映画のように『人格転換』を受けたのかもしれません。

 

・米国は既にエイリアンと交渉し超テクノロジーを入手しつつあるそうです。ハリウッドの映画にもよく登場する“エリア51”付近は米国の戦略兵器の研究所が数多くある、『禁断の地』だといわれます。戦後米国と対峙していたソビエト連邦が、簡単に崩壊したのも経済的な理由というよりも、何か金髪碧眼のノルディックが絡むフリーメイスン組織のイルミナティの力でも働いたのでしょうか。米国の喜劇俳優チャップリンと風貌が似ているヒトラーは、金髪碧眼のハンサムなアーリア人種とはほど遠い風貌だし、ユダヤ人の血も混じっていたといわれています。

ヒトラー伍長が、第三帝国の総統にまでのぼりつめたのは、何か「超常的なもの」の力が作用したといわれているそうです。ヒトラーは現代風にいうとチャネラーであったようです。ヒトラーは、異次元の悪魔に『霊媒』として、人格転換を受け「霊界から来た男」ともいわれ、ドイツ民族に君臨し、世界大戦を引き起こしたようです。悪魔とは、『邪悪なオリオン星人』か、ヒトラーが恐れた『金髪碧眼のアーリアの超人』たちなのでしょうか。「米ソはいまもアガルタ探検を続け、超科学を入手しようとしている」という文章は、「米国はすでにエイリアン(金髪碧眼のノルディック)の超科学を入手している」と変えた方がよいそうです。ヨーロッパの昔からの複雑な人種問題はタブーであり、島国の日本人には誰も分からないそうです。ヨーロッパに昔登場したジプシーが、“アガルタの住人の末裔”という説もあるようです。

 

・米軍が金髪碧眼のノルディックやグレイなどの異星人情報を核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階も上回る『厳秘』にするのも当然でしょうか。が、広報活動の一環として、映画などで、意識的にリークする手法もあるようです。『公然の秘密』にすることによって、真の実態を隠す手法でしょうか!?人体実験とかのおぞましい話もどこまでがナンフイクションなのか分からないのでしょう。アメリカ・インディアンも昔からエイリアンと交流があったと指摘されています。それゆえに、インディアンが、異星に行って進化した可能性も十分考えられるそうです。

ニューメキシコ州のダルシーの地下軍事基地や『ダルシー戦争』なども有名だといわれます。『ダルシー戦争』での米軍特殊部隊とエイリアンとの交戦の話しとか、「米国はエイリアンと戦争状態だ」とかの噂が頻繁に流れてくるといわれます。UFO墜落事件のロズウェルを舞台にした、テレビ放映され評判をよんだ海外ドラマ『ロズウェル 星の恋人たち』という作品がありましたが、SF&青春ラブストーリーとは思えないような新鮮な内容だったといわれます。また不思議なインディアン役が登場していたといわれます。とにかくどこかの国と違って、エイリアンの情報を『厳秘』にして、国家組織・科学者陣の総力をあげてエイリアンの超科学を入手し、異星に留学生を送っていると思われる米国の優位、「一人勝ち」は、向こう数世紀にわたって続くものと思われるそうです。デーヴィッド・アイクの本は、『トンデモ本』だという人たちも多いのですが、異次元の話が入ると混乱するのでしょうか。しかし、その内容の量には圧倒されるようです。

ちなみに「金髪碧眼のノルディックは神だ」という説によると、グレイよりはるかに位の高い金髪碧眼のノルディックが『地球の主神』で、米国をしいては世界を間接に支配しているという仮説になるそうです。神々の世界も厳格な階級制度があるのでしょうか。

我々が住む3次元に、4次元、5次元を連想することは無理のようですが、『死後の世界』、『夢の中の世界』と思えば、少しは理解が進むそうです。我々にとっては「異次元の地下世界」という観念も理解不能の観念のようです。アブダクション(誘拐)にしても、あの小柄な異星人グレイですら、「締め切ったドアを透き通るようにして侵入してくる」といわれており、異次元移動ができるエイリアンには、どうしようもない現象だといわれます。人間の肉体をアブダクション(誘拐)するというよりも人間の異次元の体、幽体(アストラル体)を操作するようです。そして、記憶を消すのですから始末がおえないようです。「半神半人」であり「神と人との混血」(レプティリアンの混血種)という概念もエイリアンとの異類混血も太古から現われている現象のようです。

蛇の種族」は、アガルタ王国やシャンバラ王国に暮らす「金髪碧眼のノルディック」と支配権を争ったといわれます。