日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

現在報告がなされているサスクワッチ(ビッグフット)やイエティ(恐怖の雪男)とよく似た生物も、地上にやってくる地下の生物の古い中から見つけられることだろう。(1)

 

『竜であり蛇であるわれらが神々 (下)』

人類の起源と闇の支配一族レプティリアンの血流

デーヴィッド・アイク 徳間書店  2007/8/1

 

 

 

レプティリアン

レプティリアンは三種類に分けられる。肉体を持ち、ほとんどは地球内部に住んでいる者(地球内種族)、肉体を持ち、他の星々からやってくる者(地球外種族)、そして肉体を持たない者。この肉体を持たない者たちこそが権力を握っている中枢で、姿を現さずして異次元から混血族を操っているのである。レプティリアンたちはこういった悪巧みを銀河のあちこちで働いている。

 

「ペーパークリップ計画」脱出ナチス、メンゲレのMKウルトラ

・メンゲレをはじめ、ナチスの主だった遺伝子学者やマインドコントローラー、科学者、エンジニアもしかり、彼らは英米両国の情報(諜報)機関の立てた「ペーパークリップ計画」に従って、連合軍の到着に合わせて国外へ脱出した。この話は、しばしば主要なメディアにまで登場している。

 

・メンゲレは南アフリカおよびアメリカ合衆国へ連れて行かれ、カリフォルニア州の砂漠地帯にあるチャイナレイク海軍兵器センターを主要な活動拠点の一つとした。このメンゲレこそが、MKウルトラという悪名高きCIAのマインドコントロール計画を指揮した人物である。MKはマインドコントロールの略称だが、これがドイツ語風の綴りである理由は、ジョン・フォスター・ダレス国務長官とその弟で初代のCIA長官であったアレン・ダレスなどの出資によって創設されたためである。アレン・ダレスはケネディ大統領に更迭されたが、その直後に大統領は暗殺された。アレン・ダレスは後にウォーレン委員会の調査委員に名を連ね、この委員会によってリー・ハーヴェイ・オズワルドの犯行と断定されたのだ!ある研究者によると、「ウルトラ」とは宇宙人との相互関係を扱う高度機密と、同じ問題に対処する国家安全保障局の秘密軍に与えられた名前である。ウルトラは、ニューメキシコ州ロスアラモス近郊の悪名高きダルシー地下基地にある宇宙人と「人間」との合同ネットワークの運営体であると同時に、第2次世界大戦中に南極大陸にあると噂されたドイツの地下基地の警備にあたる秘密のナチ部隊の名前でもあった。モーリス・ドリールという研究者が、ノルディックとハイテク戦争をしていた時代に、レプティリアンがまだ氷のなかった南極大陸を基地にしていたという確証を得たと言っていたのを思い出した読者もあるだろう。

 

<「セックス中に尻尾が‼ 」パメラ・ストンルブックの赤裸々証言

・ロサンゼルスのジャズ歌手、パメラ・ストンブルックは、レプティリアン種とのセックス体験を公然と話した。最後に聞いた話では、彼女はこのテーマで本を出版する準備を進めているということだった。非常に背の高いレプティリアンが最初に彼女の寝室に現れたとき、彼女は恐怖を感じたという。

 

しかし、レプティリアンにレイプされたという女性の話は珍しくない。私はパメラにはロサンゼルスの集会でごく短時間会っただけだが、彼女は実にユニークで、非常に強い意志を持った人だった。それこそが、そのような状況に置かれたときになによりも必要な資質なのだ。彼女は「UFOコミュニティ」に公開書簡を送りつけた(メンバーの大半はいやになるほど閉鎖的で、彼らの「通念」以上のものを見ようとはしないのだが)。

 

・「レプティリアンは、UFOコミュニティの中で公式に認められた種ではありません。だから、レプティリアンと性的関係を持ったと認めること、ましてやそれを楽しんだなどということは、コミュニティに関係されている、より保守的な方々からすれば常識外のこととは存じます。けれども私はさまざまな本を読み、研究を進め、さらに何十人もの女性(および男性)と個人的に話をするうちに、こうした経験を報告しているのは私だけではないことを知りました。これを認めるのは私が初めてとなりますが、この問題は途方もなく複雑で、まるで鍵だらけの部屋のように、次元の実相は変化し続けています。しかし、レプティリアンがセックスを利用してさまざまな方法で人びとを支配しようとしているのは確かです

 

彼女は、自分の経験を公にして以来、レプティリアンとの同様な出会いを語る何百もの人からの連絡を受けたクレド・ムトワによれば、アフリカでは何十人もの女性が誘拐され、レプティリアンにセックスを強要されたり、人為的に妊娠させられたりしたが、その後、胎児は妊婦の体内から説明のつかない状況で突然「消えて」しまうのだという。大半の女性は、言えば笑われると思って口をつぐんでいる。しかし、パメラ・ストンルブルックは、世間からどう思われようが、そんなことは知ったこっちゃないという風情だ。

 

・多くの人びとは、真実、あるいはより正確な現実と向き合っても、目の前で笑い飛ばし、邪悪なものとして片づける。真実のある面に心を開いた人でさえも、レプティリアンの次元の話になると、これだけ多くの証拠があっても、いまだに心を開いて理解しようとはしない。ある著述家は、古代の地球外生物について他の点では非常に面白い本を書き、その中で蛇のシンボリズムや名前の不思議、アヌンナキのまつわる伝説などについて書いている。だが彼は、それは爬虫類のような柄の衣をまとっていたせいか、蛇を飼っていたせいだろうと推論する。私には違う理由があると思えてしかたない。

 

・人類型異星人の起源はこと座周辺からやって来た異星人だが、ほかにプレアデス星団アルデバランの生物も混ざっている。彼らはもともと、別の次元に人間と同じ姿で存在していた。しかし、爬虫類人とDNAを交わらせた結果、もともと素朴だった性格が変化し、爬虫類気質が入った。これが人間の堕落である。

 

人間社会を異星人との「超混血種」に置きかえる

・ジェイコブズ博士によれば、「異星人のアジェンダ」には人間と異星人の遺伝物質を使って混血種を生み出し、異星人のコントロールのもとで、人間社会を混血種に置きかえることも含まれているという。男性から精子を採取し、女性を妊娠させるというすべての誘拐事件の裏にある真の目的はこれなのだそうだ。その第一段階として、人間の遺伝子と「異星人」の遺伝子が交配される。それからこの遺伝子を他の人間の卵子精子と融合させ、この第二段階の混血種の遺伝子をさらに別の人間の卵子精子を交配させると、正体に気づかれることなく街なかを歩くことができる混血種が生まれるということだ。

 

レプティリアンによる誘拐/灰色の生物、「次元間の爬虫類」

・始まりは1992年の3月。ウォールデンがベッドに入ろうと、寝室の明かりを消したところに、身長120センチほどの、黒く大きな目に球根のような頭をした灰色の生物が現れた。空気が急激に冷たくなり、「体が硬直し」、ウォールデンは悲鳴を上げた。

 

・意識を失い、次に目が覚めたとき、彼はつるつるの冷たい金属の台の上に横たわっていた。

 

ウォールデンを誘拐した相手の中には「次元間の爬虫類」もいた。それは身長240センチから360センチほどもあり、ひょろ長い脚をしていた。体と腕の間に「コウモリのような」、翼にも見える被膜があり、背中には「ひれのような附属物」がついていた。頭は大きく、冬瓜のように長細い形をしていた。肌はざらざらした感じで緑がかった模様があり、「尻尾もついていた」とウォールデンは思っている。この生物は、自分は数多くの「人間」の体に住んできたと言い、「私の目は人類の進化を見届けてきた」とも言った。

 

琥珀の目、緑の肌「訪問者」と「密教的性交」のパメラ

・目を覚ますと部屋の中にレプティリアンがいたという話も、よく聞かれる。カリフォルニアとアリゾナに住んでいたアメリカ人女性、パメラ・ハミルトンは、グレイやレプティリアンに加えて金髪碧眼の「ノルディック」も、自分が若かった頃から数え切れないほど家、それもたいていは寝室にやって来たと言っている。

 

・カリフォルニアとアリゾナは、レプティリアンの活動にとって非常に重要な場所であるらしい。特に次にあげる場所が、そうである。カリフォルニア州オレゴン州ワシントン州、そしてカナダ南部にまたがるカスケード山脈にある休火山ラッセン山。アリゾナ州にある「ニューエイジ」の中心地セドナセドナから南へ2時間行った、太陽の谷にあるフェニックス。フェニックスの近郊のスーパーステイション山脈は、生身のレプティリアンが数多く目撃されたことで話題になった。そのいくつかは私のウェッブサイトwww.davidick.comで読むことができる。

 

・何体かの緑色をしたレプティリアンが、彼女の服を脱がしていた。彼らは人間と蛇が合体したような奇妙な姿をしていたという。大きく切り裂いたような、まぶしいほど黄色に輝く目には、縦長の瞳孔がぎらぎらと光っていた。鼻は広くて平べったく、顔にぺったりとくっついたような鼻孔は、それが彼女を検査する間に鼻を鳴らしたとき、ほんのわずかだけ動いた。彼女の話では、ある者の口は大きく、周りの皮膚にたくさんの襞があり、ある者は小さな口をして、その周りには襞はなかった。耳たぶはなく、小さく丸い耳が頭の上のほうについていた。鱗の色は頭の上と後ろでは違うことがわかった。上のほうはカーキグリーンだったが、後ろは灰緑色だった。顔は滑らかで、細くとがったあごをしていた。うちの二体は、白いジャンプスーツを着ており、まん中に体をくねらせた竜があしらわれた七芒星形のバッジをつけていた。他の「爬虫類人」は、黒いユニフォームを着て、同じバッジをつけていた。彼女はまた、青い目に白い肌の、背の高いトカゲ――レプティリアンヒエラルキーの最高位にいる「王族ドラコ」として何度も確認されているものについても話している。彼は左側に三つのバッジのついた、「柿色のジャンプスーツ」を着ていた。

 

・王族ドラコは他の者より背が高く、2メートル10センチ以上の身長があった。

 

メン・イン・ブラック/ハート形割れ頭、緑色鱗肌に変身

・変身するレプティリアンの報告は世界中にあり、「メン・イン・ブラック」現象もまた、それらと関係している。黒いスーツに身を包み、UFO研究者や誘拐体験者を脅迫する連中である。一見政府関係者のようにも見えるが、普通の感覚で見て「人間」とは思えないようなしぐさなり表情なりがある。彼らは奇妙なオーラに包まれ、突然「姿を消す」ことができるという証言が多くある。

 

レプティリアンの地下基地/「悪夢のホール」に奇怪なヒューマノイドたち

レプティリアンと変身の目撃情報は数多くあるが、ほとんどの人がそれを知らないのは、99パーセントの人がメディアから「ニュース」や「情報」を手に入れているからだ

 

・フィル・シュナイダーはアメリカにある多くの地下施設の一部を造るよう命令されたという。彼は、新世界秩序のアジェンダのために、131もの地下軍事基地が平均して地底約1.5キロのところに建設されているのを知っていると言った。彼が関わった中に、ネバダ州のエリア51ニューメキシコ州のダルシーもある。ダルシーは人口が約1000人の小さな町で、標高2100メートルあたりには、ヒカリヤ・アパッチ族居留地がある。ダルシーやその周辺では、UFOを見た、UFOが着陸した、「エイリアン」に誘拐された、人間や動物がばらばらにされた、レプティリアンを見たといった報告が絶えず聞かれる。ダルシー基地はまた、1979年にレプティリアンとグレイが人間の軍隊や民間人と戦った「ダルシー戦争」があったとされる場所でもある。両陣営とも多数死者が出たが、フィル・シュナイダーもこの衝突に参加していたのだそうだ。

 

ニューメキシコ州のダルシー基地で働いていたある人物は、最下層部でグロテスクきわまりない光景を見たと報告している。研究者のビル・ハミルトンとTAL・レヴェックは、ダルシーについての情報を収集し、それを「UFOマガジン」誌に発表した。

「地下6階は密かに『悪夢のホール』と呼ばれていた。そこには遺伝子の研究室があった。奇怪な実験を目撃した労働者からは、次のような報告がされている。タコのように脚が何本もある『タコ人間』を見た。爬虫類人、人間のような手をして赤ちゃんのように鳴く毛だらけの生物………それは人間の言葉をまねていた。………そして、檻に入った巨大なトカゲ人間。また、とてもその種類の生き物とは思えないような魚やアザラシ、鳥、ネズミなどの生物たち。いくつかの檻やタンクの中には、コウモリのような翼を持つグロテスクなヒューマノイドがいた。………身長は、1メートルから2メートルを超えるものまであった。ガーゴイルのような生物や、竜のような爬虫類もいた」

 

・「地下7階はさらにひどかった。人間と、人間と他の生物の混血種が数千体、冷凍保管室に並んでいた。保存用のタンクには、さまざまな発達段階のヒューマノイドの胎児があった………(ある労働者は、こう言った)。『檻の中に人間がいるのをよく見かけましたが、たいていぼんやりしているか、薬物を投与されているようで、でもときには泣き叫び、助けを求めていました。彼らは重度の精神疾患で、危険性の高い治療薬の試験を受けているのだと私たちは聞かされていました。私たちは最初のうち、その話を信じていたのです。でも、1978年、ついに労働者の小さなグループが真実を発見しました』」。

 

世界中の地下都市に繋がるトンネル・ネットワーク

・この発見が「ダルシー戦争」のきっかけとなり、1979年に起こったこの人間とレプティリアンレプティリアン・グレイの間の戦いで、多くの科学者や軍人が命を落とし、フィル・シュナイダーも危うく重傷を負うところだったという。トーマス・カステロと称するダルシーの警備員がダルシー基地で起こったことを研究者に語り、彼の話は「UFOマガジン」誌に掲載された。

 

・インターネットで、広範囲にわたりレプティリアンのコネクションについて書いている研究者アラン・ウォルトンはこう言っている。

ほとんどの主要都市の真下、特にアメリカでは実際に、地上とよく似た地下の『街』が存在し、フリーメイソンで混血種の異星人『エリート』によってコントロールされている。地上あるいは地上近くの入口が、フリーメイソン支部、警察、空港、主要都市にある連邦の建物などの下にあり、………それほど主要な都市ではなくても地下の街が存在する。その人口は、おそらく地上の10パーセント近くではないだろうか。さらに地中深くで暮らしている純血種のレプティリアンは、この数字には含まれていない

 

・「人口密集地の中には、すでに存在していた、中には数千年前から存在するものもある地下世界と簡単に行き来できるように、旧あるいは新世界のフリーメイソンの混血種エリートによってわざわざつくられたものである。………この地下都市はまた、地上で活動する犯罪シンジケートを組織するのにも非常に役立っている。彼らは『同化』学のあらゆる技術を開発し、重層的課税、インフレ誘導、理想化、操作、規制、罰金、手数料、ライセンス、……連邦準備銀行とウォールストリートが管理運営する何から何まで信用詐欺の賃貸取引といったことを通じて私たちから少しずつ少しずつ搾り取り、私たちを奴隷化している」

 

・「ニューヨーク市が世界最大のドラコの巣の一つであることは、間違いない。もっと正確に言えば、この地域の地下にあるのは、古代『アトランティス』の地下ネットワークである。それらはウォールストリートのピラミッド構造を文字どおり地下からコントロールしており、…………そこにはロックフェラーなどのレプティリアンの血流からの少なからぬ援助を受けている。……これらの地下施設は、実際にフリーメイソンのエリートの地下社会と、それがコントロールしている地上社会の主要な出入口として機能している可能性もある」

 

・アラン・ウォルトンはダルシーの警備主任トーマス・カステロが、ダルシーやロス・アラモスなどの地下システムの深いところで、グレイ、爬虫類人、翼を持った「モスマン」が協力し合っている様子を語ったと言っている。この指揮系統のピラミッドは、上からモスマン、レプティロイド、グレイ、そして混血種の人間が彼らの下に置かれているらしいと、カステロは言う。あるレプティロイドは、大昔、自分たちは地表に住んでいたが戦争(神々の戦争)によって追い払われたのだとカステロに話した。彼らは地下や他の恒星や惑星、4次元や5次元にさえ逃げた。この話は、レプティリアンたちがこの星で栄え、後に他の宇宙人のグループ、特にノルディックに敗北したと語る、クレド・ムトワをはじめとする誘拐体験者の話とぴったり合っている。

 

・UFO研究家として高い評価を受けているティモシー・グッドは、著書『想像を超えた真実』に、地下の異星人基地の存在を立証する二人の「上層部消息筋」の話を引用した。

 

・「これらの情報は、アメリカ軍が地球上に基地を設置している正体不明の「異星人」と仕事をしているという証拠を提供しているとグッドは言う。基地の多くは水中にあるそうだ。この事実は、「神々」が水の中から現れるという古代の伝説と合致する。情報によれば、基地は、オーストラリア、太平洋、旧ソ連アメリカ、そしてカリブ海にもあるそうだ。カリブ海というのは、プエルトリコだと考えられている。空軍関係者はグッドに言った。「彼ら(「異星人たち」)は、恒久的に地球に基盤を置いている。彼らは地球を狙っている」。彼らはまた「プレートテクトニクス」(地震の原因となる大地の動き)に干渉しており、世界の海水温の上昇も異星人の活動に関係しているらしい。そう、地球温暖化によるものではない、それは確かだ。興味を引かれるのは、情報提供者が、「異星人」たちが彼らの種族に地球を支配させるため、「混血化」の実験を行っていると示唆していることだ。しかしこれは、ずっと昔に始まったことである。

 

ET基地の地底生物たち/光を嫌い、異種交配を欲す

レプティリアンやその他の人間でないものたちが、地球内部の、私たちが今日「基地」、都市、トンネル・ネットワークと呼んでいるところで暮らしているという話は。古代の物語にも広く見られる。インドやアジア一帯、極東のナーガあるいは蛇の種族は、主にパーターラとボーガヴァティーという二つの地下都市で暮らしていて、ヒンドゥーの伝説によると、彼らはここでアガルタ王国とシャンバラ王国に暮らすノルディックと支配権を争ったと言われている。

 

日本の「地獄」あるいは地下ネットワークも似たようなもので、人間とは違う生物として、河童という半水棲のレプティリアンヒューマノイドがいるほか、山中や地底、海中に、姿を変化させる生き物が住んでいる

 

スカンジナビアやゲルマンの神話には、エルフとして知られているフルドレ(「見えない人たち」)がいる。「エルフ」は例の血流を示す暗号の一つで、民話に出てくるトロル、エティン、妖精、エルフ、トログロダイト、ネフィリム、ブラウニー、そしてアイルランドの「小さな人びと」のような存在はすべて、現代の「ET基地」の話に出てくる地下に住む生物を呼び表す別名なのだ。

 それらにはみな、人間と異種交配をする、日の光の中には出られないなど、同じ話が伝わっている。

 

・古代スカンジナビアやゲルマンの妖精、ゴブリン、トロワ、ノッカー、ブラウニー、レプラコーン、シー、ティルエス・テグなどなどは、人間にとって害をなすか冷淡かのどちらかだと、マイケル・モットは言う。それらはほとんど例外なく地下で暮らしている。塚、丘、遺跡、古代の土居、あるいは丘の上の砦、山地、断崖、古代都市が、居住地の「屋根」であると言われている。現在報告がなされているサスクワッチ(ビッグフット)やイエティ(恐怖の雪男)とよく似た生物も、地上にやってくる地下の生物の古い中から見つけられることだろう。アジアの蛇の種族「ナーガ」のように、ヨーロッパの民間伝承でも、このような「妖精」の人びとは湖を通って地下の住居へ戻っていくと言われている。マイケル・モットは、こう続ける。

 

・「古代スカンジナビアの『見えない人びと』とインドのナーガとの関連性に対する疑いを払拭する両者の共通点には、日光を嫌う、しばしば自分たちの血流と人類の血流を交配させる、さらには彼らの『家畜』、あるいは妖精の牛、馬、猟犬などと、それに一番近い地上の種を交配させることにさえ興味があるらしいということが挙げられる。人間の赤ん坊やその遺伝子をもらいたがるという点では、ゴブリンやルンペルシュティルツヒェンが民話の一例だ。エルフは人間の生活に非常に興味を持っている。結婚や、子どもの誕生、死、(血流)、農作物や家畜の出来具合などなど。だがそれは、自分本位の興味にすぎない。彼らは遺伝的と生物学的な多様性に異常な関心を持っているらしく、機会があればいつでも家畜や農産物をくすね、盗んだり、異種間の密通によって人間の遺伝子を持っていくエルフはたいていみごとな金髪で白い肌をしていると表現されている

 

世界中のお伽噺、民間伝承に共通/地底人の邪悪さ

・モットがヨーロッパの民間伝承から拾い出した描写は、現代の誘拐体験者や地下基地の研究者の口からそのまま出てきてもおかしくない。グレイと呼ばれる現代のUFO伝説は、シュメールやエジプトの伝説で、地下から人間を誘拐しに来るガラトゥルやウシャブティとして知られている存在と同じものであり、スコットランドの北の沖合にあるシェトランド諸島の民間伝承に現れる人間を誘拐する「小さな人間」は、「灰色の隣人」あるいはグレイと呼ばれている。アメリカにも、似たような伝説や地下の住民の物語がある。そこには人間、レプティリアンあるいはレプティリアンヒューマノイド、その他さまざまな「怪物」や「悪魔」が登場する。それらの描写は、世界中の他の古代文明のものと似通っている。ホピ族をはじめ多くのネイティブ・アメリカンには、地上に来て暮らす前は今までの話に出てきたような地下洞窟の「都市」で暮らしていたという特徴がある。マヤの叙事詩ポポル・ブフでは、二人の「半神」(混血種)の兄弟フンアプフーとイシュバランケが、ワニ頭の怪物と戦うためにシバルバーと呼ばれる恐ろしい地下世界へと入って行って戦いに勝利し、人間の生贄をやめさせたとある。今日なお、生贄はレプティリアンの名刺代わりになっている)。このような地下世界は、地底に地獄の生物がいると信じられるようになった由来である。詩人のダンテはテンプル騎士団のイニシエイトだった。彼は有名な『神曲』の「地獄篇」で、地下世界巡りに出た。地獄は九つの「圏」から成り、「罪人」は捕らわれて、角が生えた悪魔やレプティリアンハーピーと呼ばれる巨大な鳥に罰せられていると書かれている。ダンテが描いた「地獄」の様子や環境には、地下世界や洞窟のコミュニティの特徴が見られる。「地獄篇」には、地下に収監されて審判の日を待つというアイデアさえ含まれている。

 

アイルランドマン島は、どちらもイルミナティの血流とその活動にとって重要な場所であるが、そこの文化は多くが妖精の伝説や地下に住む「小さい人びと」に基づいている。アイルランドの伝説では、古代のミレ族と、地中に逃げ込みそこに定住した「地下の神々」トゥアハ・デ・ダナーンとの性的な関係が語られている。アイルランドから蛇を追い払った」聖パトリックは、こうした地下の住人の一人、クルアチャンの洞窟から来たという「妖精の女」に会ったと言われている。聖パトリックがその妖精についてミレ族の男に尋ねたところ、男はこう答えた。「彼女は死ぬことのないトゥアハ・デ・ダナーンで……私は不死ではなく消え去る運命にあるミレ(アイルランドの人間)の息子たちだ」。死ぬ運命にある者と永遠の命を持つ者の話はよくある。

 

もしも「妖精」の人びとの伝説と今日の「宇宙人」の物語が同じ生物を表しているということにまだ疑いを持つ人がいるなら、マイケル・モットが要約した世界中の民間伝承に出てくる、地下の住人の共通の特性を挙げてみよう

「彼らはおおかたレプティリアンか、レプティリアンヒューマノイドか、肌の白い『ノルディック』だ。彼らは抜群の精神力とテレパシー能力を持つ。彼らは変身し、イリュージョンを作り出せる。彼らは人間と交配したがり、人間の血、肉、生殖用個体を必要としている。彼らは進歩したテクノロジーを持つ。彼らは不死の秘密を持っている。彼らは自分自身の力、あるいはテクノロジーを使って飛ぶことができる。彼らのほとんどは、人間に対して邪悪なアジェンダを持っている。彼らは直射日光が当たるところでは長い間生きられない。彼らは地上から追放されたか、地上の人間および(あるいは)太陽から隠れている。彼らは自分たちの宝、知識、秘密の真実のアイデンティティを保持し続けようとしている。彼らは地上世界の出来事を密かに操っている。彼らは地上の人間を宗教、カルト、秘密結社を通じて働かせている。彼らは(硫黄のような)腐ったような臭いがする」

 これらの特長は数千年以上もの間、信じがたいほど一貫している。

 

・「そのバリエーションの一つが、おとぎ話でおなじみの『カエルの王子』のパターンだろう。カエルの王子はハンサムだが、女性をたぶらかす日本の竜のように、爬虫類あるいは両生類の姿をしている。地下世界とのリンクは完璧で、カエルはたいてい深い井戸に住み、ヒロインが彼をそこで発見するか助けるかする。スカンジナビアでは、ドワーフは太陽の光を浴びると『ヒキガエルになる』と信じられているが、花御本の恋人がやはり日に当たると人から『大蛇』の姿に変わったのは、明らかにそれと関連性がありそうだスロベニアには妖精や『小さい人びと』の伝説があるが、洞窟に住む半身が女性で半身が蛇の大きくて白い生き物『蛇の女王』はおとぎ話ではおなじみの存在となっている。信心深いヒンドゥー教徒仏教徒の一部は今でも、インド、ネパール、チベットの地下には人間ではない蛇の種族のナーガが住むと信じている」

 

<悪魔の「宿主」、ヒトラーの「危険な魅力」

・ドイツのナチスほど本章で述べた内容を顕著に表す例はないだろう。また、悪魔の存在に憑依されたイルミナティ血族として、アドルフ・ヒトラーほど明白な人物もいないヒトラーレプティリアンの血流であることはほぼ間違いない。「人をひきつける人柄」を持つ人を磁石のようだと英語では形容するが、こういう人たちはほんとうに磁石を持っているのである。

 

・極悪人に「危険な魅力」を感じるのもこれと同じだ。アドルフ・ヒトラーの魅力とカリスマ性はここから来ている。ヒトラーが大衆の前に立って顔を歪めながら狂ったように演説するとき、彼は「レプティリアン」悪魔の意識の霊媒となってこの波動を大衆に伝達する

すると、大衆の振動の状態が変わり、同じように憎しみに狂っていくのである。これが波動を使った「笛吹き男」の原理である。ヒトラーについて著述家のアラン・ブロックは次のように述べている。

ヒトラーが聴衆を魅了する力はアフリカの祈祷師やアジアのシャーマンのオカルト的な技に例えられてきた。また、霊媒の持つ感受性や催眠術師が人を引きつける力と比較して言う人もある

 

ヒトラーの側近であったヘルマン・ラウシュニングは著書『ヒトラーは語る』で次のように書いている。

ヒトラー霊媒だと考えない人はいない。霊媒は普段、ふつうの取るに足らない人間だが、突然、超自然的な力が宿ってきて、ほかの人間とは隔絶した存在になる。つまり霊媒が憑依されるのだ。この重大な局面が去ると、霊媒は凡人に戻る。ヒトラーが彼自身の外側にある力に乗り移られたことは間違いない。その力とは、ヒトラーという個体を一時的な媒介物として取り憑いた悪魔のような力だ。凡庸と超自然の混在は、どちらがそのときの意識を司るかによって耐え難い二面性を生み、……それは、秘められた力の穏やかならざる痕跡があいまった、アンバランスな精神状態を映した異様な顔を見るようだった」

 

 ヒトラーは「超人」の恐怖にさいなまれていたようだ。ラウシュニングによると、ひどい悪夢にうなされ、当人にしか見えない存在への恐怖から叫び声を上げて目を覚ましたことが何度もあったという。ある日、ヒトラーは側近にこう話ししている。

 

「将来の社会秩序はどうなるか、同胞諸君に教えてやろう。まず最高君主という階級がある。その下にナチスの一般党員がピラミッド構造に並び、次に膨大な数の無名の従者と永久使用人がその下に来る。さらにその下が征服した外国人種、つまり現代の奴隷である。そしてこのすべての上に、高貴なお方が新しく登場して支配なさるのだ。このお方について私は何も言えない……が、この計画を軍部の者も何も知らない。この新しいお方は今ここに、われわれの中にいらっしゃる。そこにいる!これで十分だろう。実をいうと、私はこのお方に会っている。勇猛で無慈悲。私は怖くて仕方がないのだ

 

陰の主は「超人」/「黄金の夜明け団」「ヴリル協会」「トゥーレ協会」

これこそ、レプティリアンと、レプティリアンとノルディックの混血種(アーリア人)の「支配種」が計画している社会だ。奴らの新世界秩序による地球支配を許せばできあがる社会である。ヒトラーが言う「秘密の首領たち」とは邪悪なレプティリアンとその一味である。ピラミッド状の異界組織と儀式への執着は、これから解説するとおり、爬虫類脳の特長である。ヒトラーが英雄と称したヒューストン・スチュアート・チェンバレンにも悪魔が乗り移っていたようだチェンバレンは、ヒトラーのもう一人の英雄である作曲家のリヒャルト・ワーグナーの娘エーファと結婚したイギリス人である。チェンバレンは、自分は悪魔に乗っ取られ、反ユダヤアーリア人(白人種)主義の書籍を著したが、そのときは「熱」にうなされ神憑り状態であったと述懐している。自著の内容のほとんどは身に覚えがないと自伝に書いている。チェンバレンはドイツ皇帝ヴィルヘルム二世(これも例の血族)の重要な相談役を務め、1914年の大戦に同国を引き込んでいる。それから20年あまり経ち、チェンバレンに取り憑いていた邪悪な力はアドルフ・ヒトラーに乗り移り、第2次世界大戦へと導いたヒトラーの行動は、痙攣のような奇妙な発作をはじめ、悪魔的存在が取り憑いたことをうかがわせる。ほかの側近たちも、彼が夜中に叫び声を上げて目を覚まし、体をけいれんさせていたことを証言しているヒトラーは半ば麻痺状態で、助けを求めたという。窒息するのではないかというほどあえいだり、完全に意識があるときでも、何もないように見える場所を指さして大声で叫んだという。「そこにいる! そこだ! あの隅にいる」と。

 

・ドイツに移り住んだ当初、ヒトラーは主にバイエルンに居住していた。ここからバイエルンイルミナティが結成されている。ちなみにヒトラーは第1次世界大戦後バイエルンに戻っている。これは公になっている歴史上の事実だ。バイエルンイルミナティにとって重要な拠点であるバイエルンに戻った翌年、ヒトラーは哀れなドイツ労働者党というちっぽけな政党に出くわした。ドイツ労働者党は、極端な国家主義反ユダヤ主義を掲げた秘教的秘密結社ゲルマン騎士団の流れをくんでいる。ゲルマン騎士団からは悪名高い「トゥーレ協会」と「ルミナスロッジ」(別名「ヴリル協会」)といった似たような秘密結社が誕生しており、ヒトラーは両方のメンバーだった。「トゥーレ」とはギリシャやローマで使われた「極北の地」という意味の言葉である。極北の地をトゥーレまたは究極のトゥーレと呼んだ。

 

・「ヴリル」は、イギリスの作家にしてイルミナティの高位階イニシエイトのエドワード・ブルワー=リットン男爵の造語で、人類を真の力に目覚めさせ、超人にする血の中のエネルギーを言う。血はDNAと読み換えることができる。ブルワー=リットンは英国植民地で聖職に就いていたが、中国人をアヘン中毒にする作戦に深く関与していた。また、英国のベンジャミン・ディズレーリ元首相(ロスチャイルド家と親密な間柄)や作家のチャールズ・ディケンズとも親しかった。さらに、イルミナティ工作員であるフランシス・ベーコンや宮廷占星術師ジョン・ディーが初期メンバーであった英国薔薇十字協会のグランドパトロン(名誉職)でもあった。さらに、フリーメイソンスコティッシュ・ライトのグランドマスターであり、英国諜報部の長官でもあった。手下にはヘレナ・ブラヴァツキーがいると私はその筋から聞いている。ブルワー=リットンはオカルティスト、ブラヴァツキー夫人の著作『イシス開帳』にしばしば登場しているという。ブルワー=リットンは『ポンペイ最後の日』で有名だが最も情熱を傾けていたのは秘教的魔術の世界だった。ところでブルワー=リットンが書いた血の中のヴリルの力とは何だろうか?それはヒンドゥー人には「蛇の力」として知られていた体内の遺伝子構成のことで、変身や意識の次元間移動を可能にするものだ。ヴリルの力は、これもまた爬虫類人の血流に関係する。

 

・ブルワー=リットンの小説『来るべき民族』も、ヒトラーに大きな影響を与えた。現代よりはるかに進んだ地球内部の巨大な文明を描いたものだがこの地下の超人世界はある日地上に現れて世界を支配するという。多くのナチス党員がこの話を信じていた。地下にすむ超人や「陰の主」は多くの秘密結社思想の根底にあるもので、今まで見てきたとおり世界中の伝説にも登場する。フリーメイソンのウィン・ウェスコット博士とS・L・マサースが結成した「黄金の夜明け団」がこの典型である。黄金の夜明け団の主(マスター)は「秘密の首領」と呼ばれ、この主にコンタクトできるよう儀式が考案された。

 

・1933年、ドイツを逃れたロケット科学者ウィリー・レイは、ヴリス協会の存在を暴露し、秘教的な教えと精神拡張によって地球の深奥にいる超人と同じ存在になるというナチス党の信条を暴いた。連中はこう信じることで血の中に眠っているヴリルの力を目覚めさせることができると信じていたのだ。ヴリル協会のイニシエイトには、その後ナチス党で有名になるハインリッヒ・ヒムラーヘルマン・ゲーリングがいた。ヴリル協会のメンバーはチベットの神秘的な密儀ロッジと繋がりがあると信じており、いわゆる未知の超人「恐怖の王」との繋がりを確信していたナチスの副総統ルドルフ・ヘスは、1941年に不運なイギリス単独飛行を実行してロンドン塔に拘留されるまで熱心なオカルト信者で、ゲーリングとともに「エーデルワイス結社」のメンバーになっていた。エーデルワイス結社はノルディックの支配種(ノルディックとレプティリアンの混血種、つまり私がアーリア人「白人種」と呼ぶ人種)の存在を信じていた。ヘスはヒトラーを「救世主」と崇めていた。もっともヒトラー総統は金髪碧眼とはほど遠いため理由は不明だ。ナチスは邪悪なマスターに操られて金髪碧眼のノルディックの血族間で交配を行うプログラムを扇動したのである

 

トゥーレ協会の創始者占星術師のルドルフ・グラウアーだが、フォン・ゼボッテンドルフ男爵という華やかな名前に改名している。グラウアーがユダヤ人とマルクス主義者に反抗する革命を標榜したため、トゥーレ協会は反ユダヤ主義、反マルクス主義、ドイツ人支配種主義へと急進していった。こうした潮流の中からドイツ労働者党が結成され、後にナチス党となったのである。フォン・ゼボッテンドルフ男爵の友人に、ほかにもオカルトに傾倒していた重要人物がいる。ドイツ独裁への道を切り開くためにこの世に生を受けたと信じていた著述家ディートリヒ・エッカート(大酒飲みでドラッグもやっていた)である。エッカートは1919年にヒトラーに出会い、彼こそ自分が探し求めていた救世主だと確信した。ヒトラーに高度な秘教的知識を授け、彼が悪魔的レプティリアンとあれほど完璧に接続することになった黒魔術の儀式に誘い込んだのはエッカートである。そこからヒトラーの人びとを引きつける力は急激に拡大していった。エッカート1923年、友人に宛てて次のように書いている。

ヒトラーに従え! ヒトラーは踊り出す。だが、調べを奏でるのはこの私だ。われわれはヒトラーに彼らとコミュニケーションする術を与えておいた。私のことでは嘆かないでくれ。私はドイツ人の誰より歴史に影響を及ぼすのだ」

 

悪魔の意識の霊媒アドルフ・ヒトラーは、レプティリアンの憑依‼ 

悪魔の存在に憑依されたイルミナティ血族として、アドルフ・ヒトラーほど明白な人物もいない。彼がその伝説となっている演説で、大衆に送り込んだ波動は、まさにレプティリアンのものだった。悪夢にうなされ、自分の中に住む高貴なご主人について「怖くて仕方がない」と彼自身が述べていたことからもそれは明らかだ。アドルフの父アロイス・ヒトラーは、マリア・アンナ・シックルグルーバーの私生児だったという調査がある。このヒトラーの祖母はウィーンの豪邸でたった一人で暮らしていたサロモン・マイヤー・ロスチャイルドのもとで働き、妊娠させられていたヒトラーは、クリントンなどと同じく正統なレプティリアン血流の何万にものぼる私生児の一人だった可能性が大きい。

 

ナチスは死なず! 秘教的集団催眠は地球規模に

ナチスの思想を集大成するにあたって影響を与えた思想家や団体には、ほかにもドイツの秘教的魔術師のグイド・フォン・リストとランツ・フォン・リーベンフェルズがいる。

 

ヒトラーフリーメイソンなどの秘密結社を破壊し、ドイツでの秘教的活動を禁止したこととこれとは矛盾するように思えるかもしれないが、実はそうではない。ヒトラーはこの知識を持った人間が入手できる権力について誰よりも知り尽くしていて、それを独り占めしたかったのである実際、ナチスは地下の秘密結社、つまり究極的には悪魔のレプティリアンによって結党され支配されていた。

 

ナチスの秘密結社ごとレプティリアン組織をアメリカに移植した男

・CIA設立時の長官アレン・ダレスは、ヒトラーのSS隊長ラインハルト・ゲーレンを雇用し、CIAネットワークをヨーロッパ中に張り巡らせた。ヨーゼフ・メンゲレなどのナチス党員を保護してアメリカに送りこんだ。メンゲレはMKウルトラというCIAのマインドコントロール計画を指揮した人物。MKウルトラの「ウルトラ」とは宇宙人との相互関係を扱う高度機密と、同じ問題に対処する国家安全保障局の秘密軍に与えられた名前。アレン・ダレスはケネディ大統領に更迭されたが、その直後に大統領は銃殺された。

 

ナチスは1945年に消滅したのではなく、地下に潜伏したか名前を変えただけである!

 アメリカの国務長官だったジョン・フォレスター・ダレスは、アレン・ダレスの実兄であり、兄弟でナチスレプティリアン組織)のアメリカ移植を推進した。ダレス家はロックフェラー家の縁者にあたる。つまりレプティリアンの血流であり、ヒトラーの支持者だったクーン・ローブ商会でロスチャイルドに雇われていた。MKウルトラは、ニューメキシコ州ロスアアラモス近郊のダルシー地下基地にある宇宙人と「人間」との合同ネットワークの運営体であると同時に、第2次大戦中、南極大陸にあると噂されたドイツの地下基地の警備にあたる秘密のナチ部隊の名前であった

 

アイルランドの二つの顔/「両極」セクトのトップは同一イルミナティ

・私がヒトラーナチスに関してここで説明したような方法は、世界中の主な政治家、財界人、軍人、マスメディア人が選ばれて権力を持つ際の基本となっている。北アイルランドをめぐる何十年にわたる暴力的な内戦状態は一般に解釈されているようなものではない。ジム・ケアンズという情報提供者は、北アイルランドアイルランド共和国悪魔主義や子どもの虐待がどれほど行われているか何年もかけて暴こうとしている。だが、ケアンズはこれだけではなく、カトリック系のアイルランド共和国軍(IRA)とプロテスタント系親英連合派のアルスター義勇軍(UVF)という二つの「対立する」武装組織のリーダーが同じ悪魔主義集団に属していることに気がついたのである。これは私が世界中で発掘している証拠と一致する。反発し合う「両極」だと思っていたセクトが、トップまで上りつめてみると、ここでもまた同じ一つのもの――つまり、イルミナティであったということだ。