日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。

1966年から67年にかけてこの信じられぬような有翼の怪物を目撃した成人は、総計100人以上にのぼる。(4)

 

どいつもこいつも

・2008年の金融危機が起こった時点で、私はこの計画には3つの段階があると書いた。すなわち、(1)経済を破綻させる、(2)政府が(つまりは国民が)銀行に大金を与えて国庫を空にする。(3)政府の対抗策が尽きたところでもう一度経済を崩壊させる。そこへ、銀行家と金融詐欺師が近づいてきて、解決策を提示する――ただし彼らの解決策を。

 これは、当時から言っていたように、世界の金融秩序を作り変える作業だ。その基礎には世界銀行があり、最終的には単一の電子通貨へ、そして、かつてないほどの少数者による世界経済支配へと向かっていく。

 

「世界の終末」という詐欺

・こうして、本当の黄金時代の人類がかつて解読していた幅広い真実は、遺伝子操作と土星―月マトリックスの妨害電波によって否定された。私たちには「実際にそこにある」と見えるものもあるが、その多くは、土星―月マトリックスから送られる信号とホログラムによって操作されてたものだ。こうしたタイム・サイクルの考えが出てきたマヤやインダス文明は、どちらもレプティリアンが支配していた地域だし、古代エジプト文明やホピなども同様だ(だからホピには、現在の状況についてお馴染みの予言が残っている)。そのときの情報源として、レプティリアンの「神々」との「チャネリング」が多く行われた。私は中央アメリカのマヤ遺跡を訪れたことがあるが、そこは典型的なレプティリアンの「神々」の社会で、血の生贄が行われた痕跡が見られた。マヤから近いアステカもヘビを信仰する文明で、国を挙げて人間を生贄に捧げていた。私はかつてこのように書いたことがある。

 

・現在のメキシコに住んでいたマヤの人びとは、自分たちの先祖は「ヘビの人びと」だったと言っている。云い伝えによれば、空から降りてきたレプティリアン種が文明を乗っ取り、人間の生贄を求めたという。人間の生贄はどこにでも出てくるテーマだ。レプティリアン種とそれに従う非人間的な存在は、その技術力の高さから「神々」と受け止められた。アメリカのホピ・インディアンの言い伝えでは、彼らの「ヘビの兄弟」や「空の神」がホピの女性と交わったとなっているインドの伝説には「シャルパ」というレプティリアン種が出てきて、これが文明を起こしたとされている。驚くほど人種差別的なヒンズーのカースト制度を作り上げたのは彼らなのだという。

 

・ここでもう一度、メキシコのミゲル・デ・ラ・マドリード元大統領との経験を語ったキャシー・オブライエンの話を見てみよう。

 デ・ラ・マドリードは私に「イグアナの伝説」の話をして、トカゲのようなエイリアンがマヤ人のところへ降りてきたのだと言った。マヤのピラミッドは彼らの発達した天文学テクノロジーそのもので、処女を生贄に捧げる習慣も含めて、トカゲ型エイリアンがもたらしたと考えられている。エイリアンはマヤ人と異種交配し、自分たちが宿ることのできる生命体を作った。そうやって彼らは、人間の姿とイグアナの姿とを行き来できるようになった。このカメレオンのような能力は「世界的な指導者に姿を変えるにはうってとけの乗り物だ」とデ・ラ・マドリードは言った。そして、自分もマヤ人とエイリアンの血統を受け継いでいるから「自由自在にイグアナにシャイプシフトできる」のだ、と。

 

バリケード上の爬虫類

レプティリアンとその混血種は、ずっと以前から、この<真実の振動>の挑戦に備えている。それこそがHAARPの最大の動機なのだ。

 

力を持っているのは私たちだ

・人生で最も大切なのは、今直面している状況と、それに対処する方法に焦点を絞ることだ。すべてはそこから始まる――私たち自身の体験も、子どもたちや孫たちの体験も。私は、この本を書いている時点で59歳だ。今の子どもや若者と比べれば、グローバル収容所で過ごす時間は短いだろう。

 

世界の目覚め――すべての心が変化をもたらす

・世界中のすべての町、都市、村、コミュニティの人びとが一歩を踏み出して、グループで集まることが必要だ。週に数回でいいから定期的に集まり、自分たちのエネルギー場をつなぎあって、愛と平和と調和を、大気中に放出するのだ。集まる人数は多ければ多いほどよい。

 

時は今

・私たちは置かれた状況は切迫しているが、絶望するには早すぎる。冗談で言っているのではない。まだゲームは始まったばかりだ。なにしろ、これがどんな「ゲーム」なのか、やっとわかってきたばかりなのだ。

 

・思い出せ、自分が誰なのか。今どこにいて、どこから来たのかを、

なぜここにいるのかを思い出せ、思い出せ、思い出せ。思い出せ。

 

――「超巨悪」の一大パノラマ――本書を、覚醒の「テキスト」とせよ!  「陰画」の世界こそ、実は“現実”なのだ!! 船瀬俊介

超巨悪の「シナリオ」と湧き出るゾンビ

・まさに、「超巨悪」の一大パノラマと言うしかない。圧倒的に壮観である。身震いするほどに壮絶である。そして、付言すれば悍ましいほどに醜悪である。

 

・まずは、一にも二にも――この分厚い二部作を読め――これに尽きる。とりわけ自称他称を問わず、学者、知識人、ジャーナリストを自任する人は、本書をまず読破せねばなるまい。

 

・しかし、それはフィクションではない。大地から続々と醜悪なゾンビたちが、湧いてくる。そいつらが、この地球という惑星を支配し、蹂躙し、詐術と殺戮の舞踏を踊っている。それが現実世界なのだ。目を背けたくなっただろう。しかし、この醜悪な現状を直視しなければならない。

 

魔の山岳に挑むための「地図」

・本書のタイトル『ハイジャックされた地球を99%の人が知らない』が全てを物語る。

 

・その意味で、本書、冒頭にある「訳者まえがきに代えて」は、その旅程を判りやすく示してくれる。懇切な山岳ガイドである。

 

<“常識”否定から起こる知恵熱

・「でたらめばかり書くな!」と怒鳴りたくなる。胸の辺りがムカムカしてきて、吐き気さえ覚える。後頭部がボウッとしてくる。もはや、読み進むことすら、生理的に不可能となり、この分厚い一冊を投げ出す。あるいは、壁に叩きつける。そんな光景が目に浮かぶ。なぜか?

それは、本書の内容が、これまであなたが“常識”と思ってきたこととまるで真逆だからだ。

 

「虚」「実」180度の転換を体験せよ

・文字どおり、眼が回る。その目眩を体感しない限り、あなたはこの惑星の真実へ到達することはできない。

 

支配者は「ロスチャイルドシオニスト

・今、現実が“疑似”なら、“真実”の世界とは、いったいどんな世界なのか?

 デーヴィッド・アイクの結論はあっけない。それは「ロスチャイルドシオニスト」らによって支配が貫徹された地球なのだ。

 

ファミリー(血族)に完全支配された「教育」と「報道」

・そうして、ロスチャイルドやロックフェラーの名を一言でも口にする者には、例外なく、“陰謀論者”のレッテルを貼り付ける。

 

・デーヴィッド・アイクは、その策謀の主体を本書で、明確に「ロスチャイルドシオニスト」と定義している。

 

多くのユダヤ人はシオニズムに猛反対!

・「多くのユダヤ人は、シオニズムに猛反対しているし、ほとんどのシオニストユダヤ人ではない。世間に現れているロスチャイルドシオニズムはひとつの政治的イデオロギーでしかない

 

「血族」が最後に狙うのは地球の所有権!

・つまり、彼らのお得意手法は、常に二股支配なのだ。“陣営”は一切、関係ない。

 

腐敗、隠蔽、弾圧――権力の三大法則

・「権力は腐敗する」 

これは政治学の第一命題だ。それは、こう続く。

絶対権力は、絶対に腐敗する」 私は、第二命題としてこう続けたい。「権力は隠蔽する」

 つまり、権力は自らが、絶対に陥る腐敗を、民衆の眼から徹底的に隠す。そのために、“かれら”は、絶対的に虚言するのだ。

第三命題はこうだ。「権力は弾圧する」

腐敗を隠蔽、虚言する権力に対して、民衆の中から告発する者が必ず出てくる。権力は、これらの反撥に情け容赦はしない。徹底的に弾圧する。この権力の「三大法則」は、まさに地球を支配する絶対権力「ロスチャイルドシオニズム」にこそ、符合する。

 

超巨悪には笑いを武器とせよ!

・地球ハイジャックを目論む連中が恐れるもの。それは「………<心>のエネルギーと<意識>の目覚めだ」。それは、なにかに反対して抗議するのではない。なにかを求めての活動だ。「戦争に反対するのでなく、平和を求めよう」「人類すべての自由と正義を求めるのだ

 そこでアイクが提案するもの。それは「不服従のダンス」なのだ。

「怒りの抗議行動の代わりに、心を静かに集中させ、いつも相互作用しているエネルギー場に愛と平和と調和を送り込み、愛、喜び、笑いのダンスを踊る

 私は、常々、講演や著作などで呼び掛けてきた。

 それは、「笑いを武器とせよ!」というメッセージだ。まさに、ここで私はデーヴィッド・アイクと、魂のレベルで、深く、深く、共鳴するのである。

 覚醒せよ! 笑顔で立ち上がれ! 希望と愛を胸に………。

 

上巻への案内

陰謀論を超えた熱き陰謀論者デーヴィッド・アイク

・本章の序論ともいうべき第1章では、誰もがどこかで口にするフレーズを手がかりに、軽妙なタッチで自身の生涯をふり返りつつ、その世界観の概要を述べている。

 

・1冊の本を介しての「霊能者」ベティ・シャインとの巡り会い、3度目の訪問で初めてコンタクトした「存在」からのメッセージ。

 

私たちは何者なのか、私たちはどこから来たのか――この根源的な問いかけから第2章は始まる。アイクは、さまざまな宗教や近代「科学」といった既存の枠組みのウソを暴いたうえで、宇宙をインターネットになぞらえ、私たちが本来は<意識>であること、この世界がホログラムに過ぎないこと、私たちが宇宙インターネットとの交信を意図的に切断/制限されていることを明らかにしていく

 

・第3章も、ヴァーチャルリアリティーというきわめて現代的な話から始まる。<コントロールシステム>によるプログラミング、メディアを使った大規模なマインドコントロール、肉体というコンピュータの誤作動など、世紀に生きる私たちが実感を持って読んでいける切り口だ。人間のDNAはそもそも超伝導体で、宇宙インターネットと交信できる送受信機なのに、それが故意に操作されて、いわゆる「タイムループ」という幻覚も含めた「時間」の概念に閉じこめられてしまっている。私たちは左脳の支配に縛られて真実が見えなくなっているが、多くの臨死体験者の話から、人間の本当の姿が垣間見える。人は、左脳の司る精神に縛られているが、本当に大切なのは心臓だ。心臓こそは、まさに心の臓器なのだ。

 

・ではなぜ、どのようにして、私たちの心と精神は分かれてしまったのだろう。この疑問に答えてくれる第4章は、宇宙が電気でできているという話から始まる。人間に観察できる宇宙はほぼすべてプラズマでできていて、まさに生命体そのものだ。大宇宙で観測される「プラズマのピンチ効果」はヒトのDNAとそっくりだし、地球にも人体のような「気」の通り道がある。太陽もプラズマで、ブラックホールは別の次元への入り口になっている。こうした斬新な宇宙観からは、これまでとまったく違う太陽系の姿が導かれ、特に土星は、そのイメージを一変する。

 

・続く第5章ではアイクの世界が本格的に展開される。この「真に開かれた精神だけが入れる領域」で、読者はついに爬虫類人と遭遇する。大洪水後の地球を支配したレプティリアンのことは、アフリカ・ズールー族クレド・ムトウが語る古代の伝承をはじめ、大蛇崇拝や、大蛇神の末裔としての王族というかたちで(日本を含めた)世界各地にその姿をとどめている。この大洪水後の時期にはレプティリアンによる遺伝子操作が行われた。いわゆる「ジャンク」DNAがタンパク質をコードしないのはその結果であり、私たちにはレプティリアンの精神が植え付けられている。人類は低振動のエネルギーを供給する家畜となった。現在の世界を支配しているイルミナティ血族は、この時期に遺伝子操作で作られたレプティリアンと人類の交配種だ。

 

・こうした歴史を踏まえたうえで、上巻の白眉とも言える第6章では、月と土星の真の姿が明らかにされる。月は地球の衛星ということになっているが、それを信じるにはあまりに疑問が多すぎる。

 

NASAは秘密にしているが、月には知的生命体が存在する証拠が数多くある。月は巨大な宇宙船だとしか考えられない。しかも、太陽系のほかの惑星にも同様の「衛星」がある。こうして、レプティリアン同盟による地球のハイジャックが明らかとなる。そのうえでアイクは、私たちに新しい情報をもたらしてくれる。すなわち土星の真の役割である。土星は単なる太陽系の一惑星ではなく、レプティリアンが支配する「黒い太陽」だ。銀河の中心から太陽を経由して送られてくる波形情報は土星による不正侵入によって歪められ、それが月によって増幅されて地球にやって来ている。

 

・第7章では、いわゆる陰謀論で語られる世界支配の構造が、現実に起こっているさまざまな事件の真相とともに、目まぐるしいほどの速さと驚くべき深さで語られていく。グローバリゼーションの進行も、リビア内戦への介入に代表される「国際社会」の行動も、すべてはレプティリアン交配種のアジェンダの一部だ。彼らの支配は円卓会議を中心とするネットワークが担っている。

 

・上巻の締めくくりとなる第8章では、前章で取り上げた巨大ネットワークをつなぐ「セメント役」の要素が分析される。フリーメイソンリーは世界で最も有名な秘密結社だが、会員の大部分は自分の所属している組織の実態を知らない。しかしイタリアのP2ロッジの事件やローマ教皇ヨハネ・パウロ1世暗殺事件に如実に表れているように、この組織はまさに世界を陰から動かしていく。

 

 

 

『新しい宇宙時代の幕開け』②

地球はすでに友好的宇宙人が居住する惑星だった!

ジョン・B・リース  ヒカルランド   2012/12/28

シャンバラ・惑星連邦・地球内部の知られざる新事実

 

 

 

息子のヒトラー2世が地球内部のドイツ元首を引き継いでいた

ヒトラーの死後、息子のヒトラー2世が地球内部のドイツ元首を引き継いでいた!

 

・1万1500年前にアトランティス人とアテネ人が地上で原爆戦を繰り広げていた!

 

・太陽や地球の磁場に干渉して異常気象をもたらす放浪惑星ナガースの脅威!

 

アメリカは太陽系の他惑星と外交的対話を続けており、ワシントンには金星・火星・冥王星公使館があった!

 

・地球内部に住むアトランティス大陸の末裔が語る、その驚きの生活

――平均年齢800歳、高度なテクノロジーを持った平和的国家の全貌とは!?

 

・地下世界の住人の長寿の秘訣は、太陽光線に当たらないこと、そして正確に調合された野菜ジュースを飲むことだった!

 

<バイキングランドと新ドイツとの接触

・1時間後、内部太陽のそばまでやって来ると、速度は落とされた。その光は激しくなく、目を痛めることもなかった。彼らは直系600マイル(965キロメートル)の巨大な光球に近づくと、それは巨大なちょうちんと似ていることに気づいた――その周囲には柵が付けられた狭い通路があった。

 

ヤルタ会談の裏で強力な影響力を与えたのは、円盤翼機とインナー・ワールド!

・バードの任務報告の23日後、大統領のヨットはフロリダのビスケーン湾に錨を下していた。そこで世界の先進国の参謀長らは、どのように対応すべきか極秘に戦略を練るために落ち合った。結局のところ、敵ドイツは敗北しておらず、それどころか卓越した航空機と兵器において全世界に対する戦術的な優位性を保持するために空軍力を刷新しているのかもしれない。全参加者は、ドイツ軍の野心は続いているものと推察した、イギリス、フランス、そしてアメリカは、ヒトラーの独裁に対して新たに戦わねばいけないという危機感を抱いていた。

 

<沈んだアトランティス大陸の末裔は地球内部に脱出していた>

<インナー・ワールド(地球内部)に暮らす人々は、5億人以上/NASAは内部の詳細地図を持っている!>

・1980年(本書の出版年)は、世界の人々が自分たちはこの惑星において孤独ではなかったことを最初に知る年となるだろう。地上住人の失われた親類が5億人以上、地球の中心部内側で平和に暮らしているのだ。

 

・だが、インナー・ワールドの最古の種族は古代ドイツを起源としている。その始まりは地上世界の凍った南極にあり、亜大陸がかつて住民の徒に、卓絶した富と美の「熱帯の楽園」だった頃にさかのぼる。彼らのインナーアースへの集団脱出は3万年前のことだった。

 

100人を超えるインナーアースの住人がアメリカで仕事や研究を行っている

地底世界人ボッドランド人との遭遇/インナー・ワールドの人々は地上でも暮らしている

・1600年代に地下に移り住んだドイツ系アングロ・サクソンの親類によって歓迎された。その探検の際、地上の第三帝国のドイツ人は、おそらく世界中で最も進んだ人種と思われるボッドランド人と出会った。彼らは、もう一つのドイツ系の分家で、その揺籃は南極に始まったが、現在はイランが位置する場所からトンネルを介して3万年前に地下に移住している。

 

・その後、内部にやって来た民族には、バイキング、アトゥリア人(またはアトランティス人)、そしてエスキモーが含まれた。日本人は地球内部に先祖となる親類はいないが、実のところ、沈んだムー大陸――いくらかの記録によれば、それはアトランティスが沈む25万年前にさかのぼる――からの末裔であるとボッドランド人は主張した。地下のボッドランド人の年代記によると、地上では過去に4つの文明が栄えては姿を消し、現在は5番目に当たるとのことだった。

 

・1943年のドイツの遠征隊が発見したのは、内部世界で最大の大陸は北米の3倍の大きさの大陸地域をカバーするアガルタであり、アトゥリア人と呼ばれる人々によって占有されていることだった。このグループは沈んだアトランティス大陸からの末裔で、最初の祖国が最終的に沈んで何百万人もの祖先が滅びる前の紀元前1万5000年から1万1500年にかけて内部へ移住した。アトランティス人は多くの地上の白人種と関係していて、混合した元の民族は3万3000年前に金星からもたらされたが、その冒険は金星人が最初に地球を再植民地化しようとする試みではなかったとアトランティス人は主張する。彼らはまた、金星はもともと地球のコロニーであったと主張する。

 

アトランティス人の地球内部の脱出の様相/破滅を引き起こした原爆戦>

・最初のアトランティスは3万3000年前に大西洋の中央に位置した大陸の肥沃な渓谷と高台にて金星のコロニーとして始まった。

 

・それはかつて裕福な国で、20世紀の地上の先進国と同等の社会とテクノロジーを発展させていた。彼らの宇宙船は地球の空を移動し、他惑星への貿易ルートが開発された宇宙空間にも進出していた。

 しかし、アトランティス人には不倶戴天の敵がいた。彼らは、地中海の渓谷とエーゲ海の大部分に位置する大都市で暮らすアテネ人と呼ばれる人々だった。300年間の貿易上の対抗関係は、お互いにが相手を滅ぼす戦争に備えるほど、徐々に耐えがたくなっていた。

 戦争の間接的な原因は、土地獲得の必要性ではなく、貿易や経済上の理由が挙げられた。アトランティス人とアテネ人がその戦争で得られるものは、太陽系を超えた天の川の惑星間での貿易を支配することだった。生まれ高まる憎悪感を抱えて、いくつかの小規模な地域紛争がすでに地上と外で行われていた。

 

アテネの王がアトランティスの主要都市への奇襲攻撃を命じたのは、およそ1万1500年前のことだった。それは、統制された地上戦として始まった。アテネ軍はアトランティスに上陸して、破壊的な光線兵器を用いて、アトランティス軍と目標に対して強い地歩を築いた。

 戦争が始まった21日目、アトランティス人はアテネ軍の防空網を破って、アテネ人の首都に原子爆弾を落として報復した。都市は完全に破壊されると、すぐにアテネ軍はアトランティスの首都に対して報復の原爆攻撃を命令した。この2国によって全面原爆戦が起こった。次の9日間、無制限の原爆戦がはびこった(聖書同様に、ギリシャスカンジナビア、インドの伝説はこの戦争のことをさまざまな物語として伝えている)。

 何百万人ものアトランティス人とアテネ人が大破壊(ホロコースト)で命を落とし、工業化・教化された彼らの偉大な世界は永遠に失われることになった。

 

<金星(ホスト星)からの非公式の大使エステス・プラトー氏>

<空洞地球でドイツ人が発展させた新たな主権国家/首相はヒトラー2世!>

ドイツ人のインナー・ワールドへの入植

・第2次世界大戦時に旅立ったドイツ人によってインナー・ワールドへの入植が進んだことにより、少なくとも通常よりも1世代早く初期の居留地建設が可能になった。それには一つの大きな理由があった。それは新しい円盤翼機のスピードと載荷能力に起因する。

 

<地球内部のニューベルリン/新ドイツの人口は1800万人>

・しかし、インナー・ワールドの新しいドイツ国家への移住リストに載っているかどうかにかかわらず、誰が地下で暮らすことが許されるのかという決定はもっぱらボッドランド人の手に委ねられていた。彼らは、ブラジルにあるトンネルの入口と、アルゼンチンのどこかにあるインナー・ワールドへの知られざる出発地点で、入ってくるドイツ人をふるいにかけたのである。30年以上にわたり、ナチス・ドイツ出身の数百万人ものドイツ人が、インナー・ワールドの新ドイツ国の市民にはふさわしくないとして、ボッドランド人によって拒絶された。入国を拒否された人々の大半は、ソビエト共産主義下の東ドイツには戻ることができなかったり、戦争犯罪の廉で西ドイツでの投獄を恐れたナチスであったが、彼らは戦時中にドイツの組織が邪魔されずに動き回ることができたブラジルに主に避難した。

 

アメリカに登録された宇宙人は5000人/5万人以上の宇宙人が地球で暮らしている>

・名前とポジションが機密扱いのアメリ国務省報道官は、昼間・銀河間を起源とした宇宙人5万人以上が地球で暮らしていると1980年に見積もっている。合衆国では、一般には気づかれていないが、登録外国人(宇宙人)が少なくとも5000人いる。

 

・このような宇宙人――主に金星、冥王星、火星からだが、我々の太陽系全体からやって来ている――による友好的な地球侵入にはある目的がある。彼らの目的は、地球の主流に入り込んで、自分たちの太陽系の大使に活動を報告することで、現在向かいつつある自滅コースから逃れられるよう地球を導くことにあると信じられている。さらに縁起の悪い理由があるとしても、当局の者は誰もそれを筆者らに明らかにすることはないだろう。

 

・この惑星上の宇宙人らの動向を調整・決定するのは、一人の宇宙人である。彼はこの太陽系管理組織の地球担当代表者である。すべての政府と絶えず連絡を取るのに加えて、彼の存在は国連にも知られている。地球規模の情報ネットワークの長として、彼は惑星間警察網と金星の太陽系評議会とは日々通信を行う。

 この心温かくフレンドリーな非人類の名前は、エステス・プラトー。彼は数世紀もの間、大統領、王、政治家らと腹心の友である。

 

・ワシントン界隈で「金星からの幽霊」と呼ばれている彼は、イギリスのマグナ・カルタが制定されたわずか数年後の1228年に生まれたと言う。彼はジョージ・ワシントンの時代からアメリカの運命を形作り始めて、1943年以来、恒久的にアメリカのキャピトルに配属されてきた。だが、おそらく休暇で、彼は自分の母星(ホーム・プラネット)に帰省すべく一度に数カ月間は姿を消す。

彼の身体が特定のオフィスにあるのを大統領にさえ見られているが、大抵の場合、それは自身の3次元投影である。

 

<世界各国に金星人や他星の調査官がいる/すべての情報はプラトー氏に集ってくる!>

 

 

プラトー氏は地球にワン・ワールド・ガバメントの創設を求めていた

<ウィルソン大統領にプラトー氏が伝えた「次の戦争」のこと>

戦争自体が不法とされて、統合世界秩序が築かれる前に3度目の戦争が勃発しうる

・「次の戦争は善と悪、あるいは神(ゴッド)と反神(アンチ・ゴッド)の勢力間で行われるでしょう。善が勝利して永続的な平和がこの惑星にやってくるでしょう」

 

プラトー氏のアストラル次元による出現/ボッドランド王とも会っていた!

・アストラル・プロジェクションの際、プラトーは撮影不可能である。

 

プラトーがもたらす情報は、アメリカと世界にとって極めて貴重であるにもかかわらず、底知れぬUFO支配グループによって彼のアメリカでの行動が高度に監視されているため、総じて有効に活用されていない。

 

・その後、ハッカス王はプラトー氏によって実演されるエーテル次元へと入り込んで、訪問者を自分の肉体が留まる宇宙船へとエスコートして戻した。

 

<未知の惑星ナガースからの侵略者>

外来宇宙船と足指3本のイエティ

・動物捕獲用ネットを利用して、北極圏部隊はイエティを20体生け捕りにした。それらはかつての流刑捕虜収容所へと連れて行かれ、それぞれ別個に人間用防御柵(営倉)に拘置された。イエティの一体は身長9フィート(約2.7メートル)を超えていた。だが、その夜、予期せぬ出来事が起こった。それまでは確実に檻の中に居た生物たちが、次の瞬間にはすべて姿を消していたことを警官たちは報告したのだ。残されたものは悪臭だった。

 

未知の宇宙船が地球に飛来する目的は、いまだに謎のまま!

<スペース・トラベラーたちの外見は、我々とかけ離れたものが多い…>

・800フィート長のくさび型、ボトル型、飛行チューブ、フットボールのグランドほど長いフットボール型、球形、そして円柱形。おそらく四角いものを除けば、報告されていない形状はほとんどない。だが、空軍が飛行都市として知る一群の形状には四角いものですら含まれていて、そのうち2つはアメリカ南部の砂漠地帯を含めた世界の辺境で垂直に飛び上がったのが目撃されていた。高さ数マイルで、高速で移動する大きな都市は、カナダ北方のデューラインのレーダーで追跡された。

 

シリウス星系を起源とするそのような宇宙船は、宇宙空間へと発進または反発させるために太陽を利用する。そして、我々の太陽系に向けた航路を半分過ぎた時、シリウスの宇宙船はこの太陽系に向けて宇宙船が引き寄せられるように太陽の磁力を利用する。