日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

物質界を通じての贖罪の道は長く険しい。しかし、最終的には神へと至るのである。(7)

 

 

地球アストラル次元

『シャンバラからの超レッスン』 

目から銀河も飛び出す超巨大宇宙情報

By ペガサス  ヒカルランド   2012/12/10

 

 

 

<薔薇十字団/仕組まれた入会>

・「神とはどんな存在でしょうか?」「はい、天敵です!」

 

・地球独立のため、シャンバラの地球代表になるべくレッスンを受けたエリザベスに、ペガサスが緊急インタビュー。

 

ホワイトハウスに入ったアロム!アンドロメダの宇宙人たちの歴史介入>

・「そう、私たちは、4次元に今いるの。アロムたちは、多次元存在、つまり異次元だから、5次元だっていうのね」

 

ソビエトの崩壊は、1991年12月25日。ソビエト連邦大統領、ミハイル・ゴルナチョフが辞任し、各連邦構成共和国が主権国家として独立した。これに伴い、ソビエト連邦は解体された。しかし、ベスの話していることが事実なら、1980年代初頭に、『ソビエト崩壊』は、アロムたちによって予定されていたことになる。

 

<シャンバラは地球のアストラル体(幽体)の中に存在している/そしてあなたも行ける!!>

<シャンバラへ入会/マイトレーヤ、クートフーミ、9人の賢者たちとの交流>

マイトレーヤは、サンスクリット語弥勒菩薩、中国では布袋を示す。その姿は、中国の道教の神仙。神仙は神に近い者で、人間がなることは出来ない者と考えられていた仙人を指し、中国の道教においては、仙境に暮らし、仙術を操り、不老不死を得た人を意味した。つまり、道教の不滅の真理である、道(タオ)を体現した人とされた。

 私が、日本に一時帰国をした2008年2月、自宅の居間に神仙が現れたことがあった。

 

・「私、マイトレーヤって言いづらいから、Mさん、Mさんって呼んでいるの。それで、アロムと会長とマイトレーヤと、クートフーミ大師で、封印の開け閉めをやったのよね」なんともま、あっけらかんとベスが話を続けた。

 

・クートフーミ大師もまた、神智学で、「古代の知恵の大師」と言われるアセンデットマスターの1人だ。

 

・私たちの肉体は、中に、アストラル体という、幽体と、その中に、メンタル体という、霊体を持ち、肉体の外に、エーテル体という気功でいう気、ヨガでいうプラーナを持つ。そして地球を肉体とするとシャンバラはその中の4・5次元メンタル体(霊体)に近いアストラル体(幽体)に存在する。

 

・私たちは、自分の内側のアストラル体(幽体)から地球の内側のアストラル体(霊体に近い幽体)に入ることで、シャンバラに入ることが出来る。そこは、私たちの魂のいる場所だ。

 

<表と裏の2つあるフリーメーソンの組織構造>

・私が、組織図を書いた。一番下に、表のフリーメーソン、その上に、300人委員会、次に裏のフリーメーソンのトップグループ。そして、薔薇十字団、シャンバラ、9人の賢者、さらに、三長老、そして、トップは1人。綺麗な三角形が出来た。

 

・「そう、フリーメーソンの中で組織だって会社を持っている人たちが、300人委員会に入ってて、この300人委員会に指示を出しているのが、フリーメーソンのトップクラス。でも、そのフリーメーソンのトップクラスに指示を出しているのが、薔薇十字団」

 

911/シャンバラのグループがはめられた!?>

911アメリカ同時多発テロ事件)は、2001年9月11日にアメリカで発生した、前代未聞の航空機を使った4つのテロ事件の総称である。

 

・「もう、恐らく、精神世界の本だけで、1000冊以上読んでいるわ。私、日本で最初の本を出すまでの間に、考えられないくらいの数の本を読んでいるのよ」

 

<会長サナトクマラとブラックマン>

・「アロムのグループ自体が、薔薇十字団だって言うの?」私が聞いた。

 

・『今回のアセンションの一番上のリーダーが、実は、サナトクマラって、いう人でこの人は、金星から来てます』

 

<シャンバラへ入会/マイトレーヤ、クートフーミ、9人の賢者たちとの交流>

・「これが、『シャンバラ』だったの」ベスが答えた。

 確かこれも、語源はサンスクリット語だったはず。シャンバラは、チベット密教で伝えらえる不可視の王国の中心地で、肉体を持たず、人の最高に進化した形のエネルギー体。つまり、キリストや釈迦のようなマスターたちの住む場所だった。彼らは、私たちの精神的向上を願い、進化したいと思う人間を援助すると聞く。サナトクマラは、シャンバラと金星を行ったり来たりしているマスターで、彼は、百戦錬磨の戦士だが、本当の姿は、平和を好むやさしい存在、鞍馬ツアーに行ったことで、私には、そんな基礎知識が備わっていた。

 

・「薔薇十字団の中の9人の賢者、つまり同じ人たちなんだけど、シャンバラの中にある9人の賢者と繋がる世界なのね。シャンバラの中に入る方法は、自分の心の中に部屋を持ち、部屋を持っている人が入って来るの、それから、部屋の外に出ていくと、国があるわ。その国の中で、スタッフ達と一緒に仕事をするのね。丁度、この頃は2000年の世紀末の頃で、シャンバラの中で、私たちの世界と繋がっているアストラル界(幽界)の封印の開け閉めを手伝ってた。もちろん封印の授業も受けたし、黒魔術の使い方、白魔術の作り方、それによる邪気の出し方、仕舞い方とかってね」

 

マイトレーヤは、サンスクリット語弥勒菩薩、中国では布袋を示す。その姿は、中国の道教の神仙。神仙は神に近い者で、人間がなることは出来ない者と考えられていた仙人を指し、中国の道教においては、仙境に暮らし、仙術を操り、不老不死を得た人を意味した。つまり、道教の不滅の真理である、道を体現した人とされた。

 

<ベスのカウンセリング/石屋の任務を支える>

・「アロムは、ドイツ系アメリカ人なの。ドイツ人の姿、形もしているのね。ドイツにも4年くらいに行っていたから、言葉も喋れるの。だから、ドイツのフリーメーソンの方に入りながら。イギリスとドイツのフリーメーソンの本部。それから、ヨーロッパをずーっと転々としながら、『また新しい任務が入った』って言っては飛び回ってるの。そう言う意味では、しょっちゅう任務が入ってて、彼としては、いつも追われてる感があるんだけれど」

 

<地球は今、独立国家登録中/かつ、金星保護観察下>

・聞いたことがあった。宇宙人たちは地球のアストラル界にあるシャンバラの許可がない限り、地球での勝手な行動が許されず、それほどシャンバラは地球にとって、とても大きな存在だと。

 

・「私の場合、マイトレーヤとキリストは良く出て来るなあ。もっとも、2人は同一人物だし、『守護は金星、キリストの船。何かあったら金星が動く』そう言われたのよ」私が言った。

 

<地球人に埋め込まれた戦いの遺伝子/それは火星人の仕業なのか?!>

・「う~ん、病んでるというよりもね、基本的に地球人の遺伝子の中に、何者かが、戦闘の道具として、戦闘能力を植え込んだ形跡があるって、アロムが言うの」

 地球人の遺伝子の中に戦闘のための遺伝子が、故意に組み込まれてる。

「それは、金星人は持ってないわ。強いて言えば、火星人は若干持っているって言われてる。だけど、火星人たちが、その遺伝子を私たちに植え付けたのかどうかは、わからないのね」

 

<地球が金星の植民地>

・「地球を金星は植民地として、今まで支配していたんだけれど、火星もそれが欲しくて、今まで結構、攻防戦みたいのがあったらしいのね」

 

・「そうそう、でも、人類は滅亡せずに、世紀末を抜けちゃったわ。だけど、今度は、アンドロメダ銀河がぶつかって来るから、地球を独立国家に仕上げたの。地球を金星と共にエネルギー調節するために、シャンバラっていう存在があるのよ。シャンバラって何っていわれると、結局、私、ベスという人間が肉体として存在している幽体でもあり霊体の名前なのね。そして、地球という物の幽体。それが、シャンバラ」

「幽体がシャンバラかあ」

 私たちの肉体は、中に、アストラル体という、幽体と、その中にメンタル体という、霊体を持ち、肉体の外に、エーテル体という気功でいう気、ヨガでいうプラーナを持つ。そして地球を肉体とするとシャンバラはその中の4・5次元メンタル体(霊体)に近いアストラル体(幽体)に存在する。

「私もシャンバラに行ける?」

「うん。自分の内側の中に、意識で部屋を作る。すると、その部屋に、必ず訪問者が来て、その訪問者が案内してくれるわ」

 

・私たちは、自分の内側のアストラル体(幽体)から地球の内側のアストラル体(霊体に近い幽体)に入ることで、シャンバラに入ることが出来る。そこは、私たちの魂のいる場所だ。

 

アンドロメダ銀河との衝突を避けるために、次元を変えるには、人々の意識の周波数を上げる必要がある>

アンドロメダ銀河>

・でも異次元だと、アンドロメダ銀河が、地球の隣りに来るのね。

 

・「火星と金星は戦争になって戦った時期があったから、火星からは、アラブ人として生まれ変わったらしいのね。でも、金星の方は、プレアデスから金星に来て、金星から地球に生まれ変わったの」

 

<ある生き物の細胞壁/それが私たちの生きている場所?!>

・「アロムたちは、私たちのいる宇宙のビッグバン以前から来ているから、この細胞(宇宙)では、『ビッグバン以前の神』と言われてるわ。でも、実際には、光の物理学、つまり、宇宙物理学的な話になるんだけれど、彼らは、他の細胞(宇宙)から、私たちの細胞(宇宙)に入り込んだの。だから、ビックバン以前の人間というよりは、他の細胞(宇宙)

からやって来た面々って言い回しが正解かしら。でも、その彼らの居た、元の細胞(宇宙)なんだけれど、ここの細胞(宇宙)と同じ歴史を持っているのよ」

「つまり、彼らは、私たちの未来を経験したことがあるのよね」私が言った。

「そう」ベスが頷いた。

「彼らは、前の細胞(宇宙)の時に起きた出来事を、私たちの細胞(宇宙)の時には、変化させたい。つまり、歴史を変化させようとしているわ。彼らの細胞(宇宙)の中には、太陽系つまり、天の川銀河アンドロメダ銀河がぶつかったという歴史があるのね。だから、彼らは、自分たちのいた以前の細胞(宇宙)の歴史にあった事実を、私たちのこの細胞(宇宙)では起こさないようにするために、地球の次元を変えようとしているの。まず、歴史を変化させるために、アロムたちは私たちの細胞(宇宙)に、『宇宙連合』を作ったわ。そして、各銀河との調整は、結構出来上がっているの。彼らは、他にも、自分たちが過去の細胞(宇宙)で体験した、細胞(宇宙)を老化させた原因の一つである、銀河団同士の戦争と、その戦争を起こしてしまった人間を抹消しようとしているんだけれど、とにかく、前の細胞(宇宙)で学んだ歴史を踏まえて、この細胞(宇宙)の歴史を変えようとしているの」

 

<輪廻転生がこの世の善悪を超越させる!?>

<遺伝子の戦い/それは自らの意志で遺伝子を変えること!?> 

<コーザル体/潜在意識を変え周波数を上げる>

・「コーザル体がある人たちって、10億人くらいしかこの星にはいなかったよねえ。要は、コーザル体がある人たちになれば良いわけじゃない。そのためには、一人一人の潜在意識を変えて、周波数を上げなくちゃいけないわ。周波数が上がらないと、結局、コーザル体が動かないし。道は1つね。教育で周波数を上げるしかないのよ。だから、本を出して101匹の猿現象を目指すわ」私が言った。

 

<世界はすべて「電気体」で出来ている/オーラ、超能力解説>

<アストラル界(幽界)/それは私たちの世界の雛形>

<本書は宇宙人との遭遇をテーマとするチャネリング情報を、著者の個人的な体験や研究の成果を総合して編纂したものです>

・私は、高い評価を得ているロサンゼルス存在のチャネラーの下で、チャネラー養成のための正式な訓練を受け、1985年から複数の存在をチャネリングするようになりました。

 

チャネリングの手順は極めてシンプルです。まず、私は自分の意識を瞑想状態に導きます。この時点で私のパーソナリティーは、日常的な現実から遠ざかっていきます。次に、私と交信する意識体が、私とエネルギー的(テレパシー的)に接触します。意識体はあるテーマについて語るために私の脳を翻訳機として使います。このプロセスは、霊媒が霊に

身体に占領される「憑依」とはまったく異なり、情報提供の作業は、あくまでもチャネラーと意識体との共同作業として行われます。

 

 

 

『地球一切を救うヴイジョン』

白峰   徳間書店     2008/11/30

 

 

 

<西洋でもルシファーは堕天使とかサタンとか言われていますけど、実はルシファーは光の存在>

イルミナティの優秀な神官やシャーマンの一族は、血族結婚というか、その同族でずっと子供をつくり、種を守っている。そして、太陽信仰なのです。神様のご神託、例えばギリシャだったらアポロのご神託がありますが、上からの命令で、宇宙的なスピリチュアルな存在で、歴史を全部動かしてきたのが、イルミナティなんです。

 

フリーメーソンは、イルミナティ王族などトップの人たちの神殿をつくったり、下働きをする人たちのことです。現場の作業員みたいな集団なんです。だから石屋(いしや)と言うんです。

 

フリーメーソンで言っているルシファー信仰は、いい悪いは別として、完璧な選民思想なんです。我々のグループだけはどんな時代になっても常にワンワールド(世界国家、統一政府)をつくっていくと。ところが、イルミナティにいきますと、我々の存在は、地球人じゃなくて、宇宙の崇高な生命進化をつかさどったんだとしている。だから、アヌンナキとか、異星人による地球文明創成説は、実はフリーメーソンじゃなくてイルミナティのほうなんです。

 

・ルシファーの起源も2通りあります。例えば、京都の鞍馬山のサナトクマラは魔王尊と呼ばれていますけれども、地球で言えば、すばらしい光の存在なんです。西洋でもルシファーは堕天使とかサタンとか言われていますけど、実はルシファーは光の存在なんです。秘密結社のイルミナティが信仰対象としています。その一方で、フリーメーソンでは、ルシファーを世の中を制裁する神としてとらえている。

  この制裁の神というのは、日本で言えば例えば、閻魔大王であったり、死神であったり、それから国常立神(くにとこたちのかみ)もそうですね。結局、世の中を清めて、建てかえる。

 

 <インディゴ・チルドレン>

・インディゴ・チルドレンと呼ばれる常識では測れないような子供達がどんどん増えています。こうした現象は、真実の歴史から考えれば、日本人にとっては何の不思議もありません。

  天孫降臨の伝説では、日本民族はそれこそ天浮舟(あまのうきふね)で宇宙から降りてきたという伝記があるわけで、宇宙に一番近い民族は日本人なんですね。日本民族は例外なく全部ハイブリッドですからね。在日宇宙人問題こそ真剣に考えなければならない時期かもしれません。

 

 

 

『2012年にパワーをもらう生き方』 セドナUFOコネクション

 リチャード・ダネリー  徳間書店  2009/9

 

 

 

 <指揮官アシュタール>

・クウェッツアルによれば、アシュタールは本命をアルスィークと言い「最も高等なギゼー知性体」と呼ぶ者の従兄弟にあたりギゼーの知性体はしばしばセミヤーゼのグループと対立しているのだという。

クウェッツアルはまた、アシュタールの一派がアドルフ・ヒトラーの後ろ盾だったという、かなり奇抜な主張を唱える。アシュタールが常に愛についてキリストの教えについて話そうとしている事実に照らして考えると、これは相当大胆な主張である。実はアシュタールは、かってイエスであった存在は現在「サナンダ」と名乗っており、アシュタールとともに彼の宇宙船に住んでいる、と言っているのである。さらにクウェッツアルはファティマの奇跡を起こしたのもアシュタールの一派であるという。もしそれが本当ならアシュタールがヒトラーの後援者であったという主張とまったく相容れない。

 

・ビリー・マイヤーと接触のあるプレアデス星人、「セミヤーゼの一派」がアシュタール及び「高度に進化した者」と対立していることは確実と思われる。

 

 

 

聖母マリアの奇跡』

世界中に出現する「キリストの母」からの預言メッセージ

鬼塚五十一  学研  2003/5

 

 

 

<『ファチマ第3の秘密を全世界に公表しろ!』>

・改めて振り返ってみると、すでに23年の歳月が流れている。当時、私は『週刊現代』(講談社)の記者をしていた。

 そんなある日、デスクから「面白そうだから、これを追いかけてみろ」と、小さな新聞記事の切り抜きを渡された。記事といっても、わずか1段数十行の、いわゆる「ベタ記事」と呼ばれるものである。丹念に隅から隅まで読む人でないと、思わず見落としてしまうような小さな記事だ。そこにはこう書かれてあった。

「ハイジャック犯の要求『ファチマ第3の秘密を全世界に公表しろ!』」

 ロンドンのヒースロー空港で、旅客機がハイジャックされ、犯人はそう要求しているものの、その要求内容はまったく不明だということだった。そのほか、詳細は何も書かれていない。

 

<聖母出現の聖地に続々と訪れる巡礼者たち>

ポルトガル人を夢中にさせるものは、3F。ファチマ、ファド(ポルトガルの演歌)、フットボールである。その3Fのひとつ、ファチマが聖母出現の聖地であり、毎年5月13日がその祝日となっている。人々の群は、そのファチマへ向かう巡礼者なのだ。

 彼らは昔から何日もかけ、歩いてファチマに巡礼する。今やこの国民的行事となった巡礼のため、政府の軍隊や赤十字は国道の要所に仮宿泊所や治療所のテントを設け、国をあげてこの宗教的行事に対応するのである。

 

<3人の子供たちに告げられた3つの預言>

・ファチマは、首都リスボンから北東へ約150キロのところにある、人口わずか2500人の小さな村である。この村に聖母マリアが出現したのは、ロシア革命が勃発した1917年のことだった。

 

・その年の5月13日、ルチア・ドス・サントス(当時10歳)と、その少女のいとこにあたるフランシスコ・マルト(当時9歳)とヤシンタ・マルト(当時7歳)の兄弟が、羊を負いながらコーワ・ダ・イリアという窪地にやってきたとき、聖母の出現を受けたのである。

 そのとき、聖母は雪のように白い衣服をまとい、黄金色で縁取られた白いマントを羽織っていた。聖母はこの世のものとは思えない清らかな声で、3人の少年少女に優しく呼びかけた。「怖がらないで。悪いことはしません。私は天国からやってきました。世界が平和であるように、毎日熱心にロザリオの祈りを唱えなさい」

 そして聖母マリアは3人の子供たちと、毎月13日の同じ時刻、同じ場所での再会を約束して別れを告げたのである。

「ご出現があったのは合計6回で、第3回目の7月13日、聖母は3人の子供に3つの預言をいたしました。第1の預言は、当時の第1次世界大戦(1914年~1918年)が間もなく終結するだろうということ。第2の預言は、第2次世界大戦の勃発、核兵器使用とソ連の脅威です。そして第3の預言は、まだ公表されていないのです。その第3の預言が秘密にされつづけたため、『ファチマ第3の秘密』といわれるようになったのです」

 いうまでもなく、第1と第2の預言は見事に的中している。とくに第2次世界大戦の預言は、恐ろしいほどに当たっている。

 

・預言を受けた3人の子供のうち、ルチアは1948年から現在までコインブラのカルメル修道院で健在であり、2003年には96歳になる。彼女には、ローマ教皇の許しがない限り、親戚以外は面会することができない。

 筆者も当修道院を訪れ、取材を申し込んでみたが、ガードは堅く、断られてしまった。近所の人の話だと、彼女は選挙のとき以外は外出しないという。

 カルメル修道院はルチアに関して、厳しく沈黙を守ったままである。

 残りのふたり、フランシスコとヤシンタは、聖母マリアの預言どおり、出現から1年たらずのうちに死亡している。

 

<輝く太陽が火車のように回転し、落下した!?>

・出現当時、3人の子供たちは当然のことながら、人々から嘘つき呼ばわりされ、地元の教会からもきつく戒められていた。

 ところが、噂が噂を呼び、第5回目の出現があった9月13日には、刈り入れの忙しい時期にもかかわらず、2万5000人から3万人の群衆がファチマの地に押し寄せてきた。その日の目撃者は次のように語っている。

「前の日からひっきりなしに人々の列が続き、明日の出現に立ち合うために徒歩でファチマへ向かった。それは本当に人の山だった。道を歩きながらロザリオを唱えつつ進む、無数の巡礼者の敬虔さ。燃える信仰。私は深く感動し、たびたび目から涙が溢れでた。10時ごろ、私たちは到着した。群衆はすでにおびただしい数にのぼり、ほとんどの人がひざまずいて熱心に祈った。最後には群衆の数は、3万人近くもなっていると思われた」

 

・3人の子供たちには、球に乗った光り輝く聖母マリアが見えた。

 

聖母マリアは3人の子供たちに、戦争の終結を願うためにはロザリオの祈りを続けることが必要だと説いた。そして、かねてからの約束である奇跡の実現の日と、10月13日に再来することを告げ、再び光を放つ球に乗って太陽の中に消えていった。

 約束の10月13日、ファチマには10万人以上の群衆が押し寄せ、興奮の坩堝と化していた。聖母マリアはその10万人の群衆の前で、太陽を火車のように回転させたのである。

 太陽の大きな光の束は、緑、赤、黄、紫、青と変化し、四方八方に飛び散った。周囲の雲は虹を浴びたように輝きわたり、木も草も人間も動物も、地上のものは大光線の綾なす世界に飲み込まれてしまった。群衆は息を殺し、身動きひとつせず、この光景に見入っていた。

 この光の乱舞は合計3回続いた。ところが、3回目の回転が終わると、太陽は赤く燃え上がる火の玉になり、群衆目がけて突進してきたのだ。まるで世界の終わりが来たかのようだった。

 詰めかけた群衆は大混乱に陥った。大多数はその場にひざまずき、うめき声や涙とともに、大声で今までの自分の生き方に対する改悛の祈りを唱えはじめた。人々はこのとき、強い熱を感じていたのである。

 人々の祈りが高まったとき、突如、太陽は落下を止め、降下したときのように稲妻の光のようなジグザグの経路をたどって元の場所に昇っていった。やがて、少しずつ普通の輝きを取り戻し、青空の中におさまったのである。

 奇跡は終わった。

 このとき、出現前に土砂降りの雨に打たれ、濡れていた人々の着物は乾いていた。

 群衆の中には信者もそうでない者も、田舎の人も都会の人も、科学者も新聞記者もいたが、すべての人々は一様に信じた。

 さらに、この現象を何も知識のない多くの人々が、ファチマから30~40キロ離れたところで目撃している。

 

・翌日の新聞は、このファチマの大奇跡を大々的に報道した。教会ではあまりの事の大きさに、10年以上厳密な調査を重ね、1930年10月13日、ファチマの聖母に対する信心を許可することを正式に宣言した。この奇跡が許可された日、出現があったコーワ・ダ・イリアには10万人もの巡礼者が、世界各地から集まってきた。

 1932年5月13日には、リスボン駐在教皇大使自らが大巡礼団の団長を務め、ファチマを訪れた。

 現在、ファチマの聖母出現地には、広大なファチマ大聖堂が建てられ、世界各地のカトリック信者が年間200万人も訪れている。

 

<公表された「ファチマ第3の秘密」は捏造されていた!>

・「それは、内容が非常に重大なことだからです。私の先任の教皇たちは、外交的な配慮からこの発表を控えました。しかし、次のことがわかるだけで十分でしょう。すなわち、ファチマ第3の預言によれば、“おおきな大洋(大西洋、太平洋)が火の海となって大陸に襲いかかり、一瞬のうちに何百万単位で人々が滅びる”というメッセージです」

 まるで、核兵器を使用した第3次世界大戦の惨事を思わせるような内容である。

 しかし、この預言の公表は、それだけではなかった。第3の預言の中には、今の教皇ヨハネ・パウロ2世の後に、フリーメーソンに支えられた反キリスト的人物がローマ・カトリックを支配し、不正な方法で偽教皇として君臨するようになる、という不穏な内容も含まれているといわれている。

 

・ところが、いざ蓋を開けてみると、そこには思わぬ結果が待ち受けていた。ヨハネ・パウロ2世のこの大英断にもかかわらず、ヴァチカンの担当枢機卿たちはその指示に従わずに、肝心の部分を握りつぶしてしまったのだ。

「ファチマのメッセージ」と題された43ページのその小冊子には、第3の預言としてこう書かれている。それは、白い服を着た司教(ヨハネ・パウロ2世のこと。教皇は司教職の最高責任者)が、ほかの司教、司祭、修道者たちとともに急な山を登り、荒削りな木材で作られた大きな十字架に向かっていく様子から始まっていた。

「そこにたどり着く前に、教皇は半ば廃墟と化した大都市の中を通り、そこに横たわる無数の死体のために祈り、その悲しみと苦しみで震え、進んでいったのです」

 とルチアの私記の一部を紹介している。そして、それはこう続く。

教皇が山の山頂に到着し、大きな十字架の下にひざまずいて祈っていると、兵士の一群がやってきて、銃弾や矢で教皇を殺した」

 そして、教皇とともに来た人々も、同じように殺害されたという。

 

・第3の預言は、この教皇受難のことだと教理者たちは発表している。しかも、この教皇の苦しみと苦難のビジョンは、1981年にサンピエトロ大聖堂前広場で、ヨハネ・パウロ2世が狙撃された事件によって頂点に達したため、この預言はすでに終わっているというではないか。

つまり、もう秘密はなく、すべてが公表されたのだという。

 多くを知らない者なら、それで騙されたかもしれない。実際、マスコミはその主張どおりに報道し、日本のカトリック新聞でさえも「ファチマの預言は、すべての秘密がもう明かされた」と報じた。

 しかし、本当に預言の公開を待ち望んでいた人々は、すぐにその虚偽を見抜き、怒りの声を上げたのである。

「80年以上も封印されていた預言が、こんなものであるはずがない!」

「ヴァチカンは預言の秘密を闇に葬ろうとしている。反キリストの勢力であるヴァチカン内のフリーメーソンの陰謀だ!」

 イタリアを中心に各国からの不満の声が高まった。

 

・こうして、またしてもファチマ第3の預言の真実は公表されず、それは今もヴァチカン記録保管所に封印されたままなのである!

 

<ヴァチカンも認めた秋田の聖母出現>

・秋田の聖母出現は、テレビに何度となく紹介され、日本ではあまりにも有名だ。日本だけでなく、諸外国にも知られるところとなり、外国からの巡礼者も少なくない。

 ことに韓国の巡礼団がこの秋田を訪れ、脳腫瘍から植物状態となった、ひとりの婦人のために聖母マリアに祈ったところ、なんと彼女の病床に聖母が3度も出現し、この婦人の病気は完全に癒されたため、韓国からの巡礼団はとくに増えている。

 婦人の脳腫瘍は断層写真からも完全に消失し、医学的にも完治したことが証明されている。そこでソウルのカトリック教会も、この奇跡を正式に認め、韓国の枢機卿の名のもとにヴァチカンに奇跡認定のための申請書を送り、ヴァチカンはこれを受けて調査を行った。その結果、ローマから正式に認められたのだった。そのため、この出現を否定的に扱い、関係者に威圧的な態度をとってきた日本の司教団も、とうとう追加公認せざるをえなくなっている。 

 

・出現を受けた笹川かつ子シスターは、昭和6年生まれ。娘時代の盲腸手術で、麻酔の失敗によって半身不随となり、20回以上も手術を受けている。しかし、結果はかんばしくなく、ある日、10日間も意識不明となり、危篤状態に陥った。そのときルルドの水をひと口、口に含ませてもらったところ、たちまちのうちに意識が戻り、麻痺して動かなかった手足もすぐに動くようになる、という奇跡を体験していた。

 だが、彼女の試練はその後も続き、1973年から進行性難聴のため、全聾となっていた。その笹川シスターが、聖母出現の前触れである不思議な出来事に遭遇したのは、1973年6月12日のことだった。その日、笹川シスターは、聖体礼拝のために聖櫃の扉を開けようとすると、突然、まばゆい威光に打たれ、その場にひれ伏してしまった。

 

・7月5日、その日、あまりの激痛に一睡もできなかった笹川シスターは、夜明けの3時ごろ、包帯のガーゼを取り替えながら祈っていた。そのとき、どこからともなく声が聞こえてきた。「恐れおののくことはない。あなたたちの罪だけではない。すべての人の罪の償いのために祈ってください。今の世界は、忘恩と侮辱で主の聖心を傷つけています。マリアさまの傷は、あなたの傷より一層深く痛んでいます。さあ、お聖堂へ行きましょう」

 声と同時に、彼女の守護天使と思われるひとりの美しい女性が現れ、彼女を案内するように聖堂へ導き、中に入るとすぐに消えた。

 

<ガラバンダル>

<聖母の出現と同時に脱魂状態に陥る子供たち>

・「それは歓喜の感情です。3回呼ばれます。1回目はやや弱く、2回、3回と心が高まり、特に3回目になると、なんともいえない幸福感に満たされます。私たちは2回目に行けばいいのです。なぜなら、1回目と2回目の間には長い時間があるからです」

 スぺインのガラバンダルで数千回も聖母マリアの出現を受けた4人の少女が、聖母から出現地に呼びだしを受けとるときの合図のことだ。この呼びだしを受けると、少女たちは各人ばらばらに出現場所の松の木の下に集まり、一瞬のうちに脱魂状態となる。

 

・こうした出現時における少女たちの身体・精神状態は、医学調査の結果、まったく正常であるという証明書が、今もバルセロナ大学に保管されている。

 さらに注目すべきは、首を後ろに傾けたまま、でこぼこした岩道をつまずくことなく、実に巧みに歩くことである。しかも、後ろ向きのままのこともある。1メートルあまりの岩をひょいと飛び超えて、歩いていく。電灯もない夜でも同じことだった。

 また、暗い岩だらけの田舎道を、顔を上に向けたまま、信じられないスピードで歩いていくこともあった。懐中電灯で足もとを照らしながら、人々はその後に従うが、その速さに追いつくことは不可能だった。それは彼女たちが後ろ向きで歩いても、結果は同じである。

 あるときなど、ひとりしか通れない木の板の橋に差しかかったことがあったが、ひとりは橋の上を歩き、残りの3人は空中を歩き、4人は同時に川を渡ってしまったのだ!

ガラバンダル――そこは、スペインの北西部のカンタブリヤ山脈に囲まれた、古い石造りの70軒の家しかない人口300人の寒村である。当時、電話はおろか、電灯さえ引かれていなかった。聞こえてくるものといえば、風の音と、羊や鶏の鳴き声。ときたま、牛につけた鈴の音が聞こえてくるぐらいだった。

 大天使ミカエルの出現は、そんな静かな村の人々を驚かすに十分な事件となった。

 

<人類は「大天罰」を免れることができるのか!?>

・ガラバンダルで告げられたことをまとめると、神は「大警告」と「大奇跡」によって、人類へ覚醒としてのしるしを与え、その回心いかんによって、「大天罰」の大きさを測るというのである。

 

聖マラキアイルランド大司教。1094年~1144年)の有名な預言によると、そのふたりの教皇の亡き後、ヴァチカンはローマの街とともに破壊され、歴代のローマ教皇の流れとは違う、もうひとりまったく別の新しい教皇が誕生し、その名を「ペトロ2世ローマノフ」と預言している。

 この新しい教皇は、宗派とは関係なく、世界中の子羊たちをまとめながら、反キリストと戦い、「大天罰」の後のキリストの再臨に備える、神から直接任命された教皇になるという。

 

聖母マリアの出現を受ける人たち>

・当然のことながら、取材費は自前で、現地に赴くと、まず現地語と日本語のわかる観光ガイドを雇う。通訳者だとガイドの何倍も、下手をすると10倍近い通訳料がかかるからだ。一介のライターの乏しい取材費では、とても負担できる額ではない。

 

・この本で紹介したように、各国のそれぞれの出現には、それなりの意味と特徴があり、それをテーマに取材を進めていったつもりだが、エジプトの空の色、メキシコの太陽の輝き、エルサレムの土の匂い、ポルトガルののどかな田園風景、カナダの大自然と木々の緑など、ここでは紹介できないものもあった。しかし、そこで聖母マリアの足跡を感じ、まるで風のように私の心の中を、何かが吹き抜けていったような気がした。

 聖母マリアの出現を受ける人たち(幻視者、預言者、神秘家)にも直に会った。その数は100人を下らないだろう。カリスマ的な人もいれば、普通のおばさん、子供、若者、社会人もいた。霊性の高い人もいれば、人間的にクセの強い人もいた。