日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2019-02-08から1日間の記事一覧

「前近代的で弊害の多い農業政策や制度が改善され、グローバル時代の新しい流れに即した農家(経営体)のビジネスモデルが構築されれば、日本の農業は必ずや成長産業として復活する」(4)

・「刀狩」をウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)でみると 「しかし、百姓に日常帯刀は認めないという秀吉の刀狩りの原則は貫徹していたが、やがて豊かになった百姓により金で帯刀権は買えるようになり帯刀者は増えていき原則は一部崩れていく。だが…

「前近代的で弊害の多い農業政策や制度が改善され、グローバル時代の新しい流れに即した農家(経営体)のビジネスモデルが構築されれば、日本の農業は必ずや成長産業として復活する」(3)

<最新科学と交差する謎> ・岐阜県の旧神岡町は古くから鉱山の町として栄え、今はスーパーカミオカンデが有名だ。再現された神岡城から眺める四方を山に囲まれた地域である。交通の要衝でもある神岡町で180年続く旅館の主、茂利昌彦さんに聞いた話。 ・誰も…

「前近代的で弊害の多い農業政策や制度が改善され、グローバル時代の新しい流れに即した農家(経営体)のビジネスモデルが構築されれば、日本の農業は必ずや成長産業として復活する」(2)

<ジビエ(野生鳥獣肉)が獣害対策にならない理由> ・ジビエの最前線を追うと、シカ肉が人気を呼べば獣害の元であるシカの駆除も進む、というほど単純ではないことが浮かび上がる。ジビエの普及は有害駆除とまったく別の次元であり、連動していないのだ。そ…

「前近代的で弊害の多い農業政策や制度が改善され、グローバル時代の新しい流れに即した農家(経営体)のビジネスモデルが構築されれば、日本の農業は必ずや成長産業として復活する」(1)

『2025年 日本の農業ビジネス』 日本の農業はこう変わる! 21世紀政策研究所 ・編 講談社 2017/3/15 <大規模農家は増えていく> ・つまり、一口に農家数が激減するといっても、実際には小規模・零細規模の農家が減るのであり、大規模の農家・経営体はむしろ…