日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2019-12-30から1日間の記事一覧

日本では、古代から現代に至るまで、妖怪や幽霊、超能力といった怪異にまつわる物語が数多く紡がれてきました。古代では、怪異は人々の身近にあり、その存在は当たり前のものとして記録されていました。(6)

・スメラミコト(太古の天皇)はシリウスからやってきたといわれます。日本に最初に降り立ったのは、シリウス人で、彼らは東北地方の青森県を中心に、下北半島、津軽半島、十和田湖周辺から秋田県の一部に展開したといわれます。「平氏の“平”がヘライ(ヘブ…

日本では、古代から現代に至るまで、妖怪や幽霊、超能力といった怪異にまつわる物語が数多く紡がれてきました。古代では、怪異は人々の身近にあり、その存在は当たり前のものとして記録されていました。(5)

『「ピラミッド」の謎』 失われたメシアの神殿 フリーメーソンのカッバーラで読み解く未知なる第三玄室の正体と大嘗祭の秘密 飛鳥昭雄・三神たける 学研 2010/1 <絶対神ヤハウェと出雲族> ・古代エジプトからイスラエル人を導いた絶対神ヤハウェは、しばし…

日本では、古代から現代に至るまで、妖怪や幽霊、超能力といった怪異にまつわる物語が数多く紡がれてきました。古代では、怪異は人々の身近にあり、その存在は当たり前のものとして記録されていました。(4)

『本当にあった 世界の陰謀論 案内』 世界陰謀評議会 笠倉出版 2014/10/13 <八咫烏 名前すら持たず天皇家を影から護る> ・全日本チームのマークとして有名だが、陸上自衛隊所属の中央情報隊のシンボルも八咫烏である。 ・八咫烏とは日本神話に登場する三本…

日本では、古代から現代に至るまで、妖怪や幽霊、超能力といった怪異にまつわる物語が数多く紡がれてきました。古代では、怪異は人々の身近にあり、その存在は当たり前のものとして記録されていました。(3)

<鴨族> ・神道の祭祀を専門に行う賀茂氏のことを彼らは「鴨族」と呼ぶ。一般の人間と普通の会話をしているときに名乗ることはまずないが、自らの正当性を示す必要がある場合、彼らは必ず鴨族である証をする。 ・天狗の下にいるとされる烏天狗。烏天狗の正…

日本では、古代から現代に至るまで、妖怪や幽霊、超能力といった怪異にまつわる物語が数多く紡がれてきました。古代では、怪異は人々の身近にあり、その存在は当たり前のものとして記録されていました。(2)

<二つの中心> ・(内田)そのうちに、思いついたことがあって、それは「中心が二つ」ということです。日本の神様には二種類あるという話がありましたが、ユダヤ教にも中心が二つあるんです。正統が二つあって、常にお互いが厳しい批判を投げかけ合っている…

日本では、古代から現代に至るまで、妖怪や幽霊、超能力といった怪異にまつわる物語が数多く紡がれてきました。古代では、怪異は人々の身近にあり、その存在は当たり前のものとして記録されていました。(1)

『歴史人物怪異談事典』 朝里樹 幻冬舎 2019/10/30 <怪異談> ・日本では、古代から現代に至るまで、妖怪や幽霊、超能力といった怪異にまつわる物語が数多く紡がれてきました。 古代では、怪異は人々の身近にあり、その存在は当たり前のものとして記録され…