日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2020-03-12から1日間の記事一覧

日本のデフレは、国としてのあり方がまったく違うにもかかわらず、アメリカの物真似をして、雇用の規制緩和を進めてしまったことが大きな要因です。(12)

・「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」といわれます。太古の歴史から人類の支配のために、「戦争」という手段は欠かせなかったと語られています。「人類の歴史は、平和な時代よりも戦争の時代が長かった」といわれ…

日本のデフレは、国としてのあり方がまったく違うにもかかわらず、アメリカの物真似をして、雇用の規制緩和を進めてしまったことが大きな要因です。(11)

■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・ネット情報「中日新聞」(2020/3/12)によると、「【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は11日、新型コロナウイルス感染症について「パンデミック(世界的大流行)と表現できると…

日本のデフレは、国としてのあり方がまったく違うにもかかわらず、アメリカの物真似をして、雇用の規制緩和を進めてしまったことが大きな要因です。(10)

<円安戦略では、日本は勝てない> ・時代そのものが変わったので、通貨は強いほうがよくなったのですが、日本が変わったことも、日本にとって円が強いほうが国益になる第2の理由です。 ・日本はもはや超成熟経済国家です。高齢化ばかりに話題がふられていま…

日本のデフレは、国としてのあり方がまったく違うにもかかわらず、アメリカの物真似をして、雇用の規制緩和を進めてしまったことが大きな要因です。(9)

『世界はこう激変する』 2016-17長谷川慶太郎の大局を読む ◎米国利上げで浮かぶ国、沈む国 ◎悪貨(中国元)が世界を脅かす ◎IS不況のヨーロッパ ◎好調な米国、堅調な日本が世界を牽引する 長谷川慶太郎 李白社 2016/2/12 <結局、イランとサウジとは実害の…

日本のデフレは、国としてのあり方がまったく違うにもかかわらず、アメリカの物真似をして、雇用の規制緩和を進めてしまったことが大きな要因です。(8)

<国対政治の狭間で続く猿芝居国会> ・足立康吏に対する懲罰動議は、本書執筆中の平成30年5月現在も「吊るされた」ままである。ちなみに「吊るす」とは、国会の俗語で「法案が委員会に付託されないで放置されている状態のこと」を指す。 ・本書冒頭で紹介を…

日本のデフレは、国としてのあり方がまったく違うにもかかわらず、アメリカの物真似をして、雇用の規制緩和を進めてしまったことが大きな要因です。(7)

<国の借金問題など存在しない> ・(三橋)いずれにしても「公共投資に20兆も使っているんですよ!」といわれると、国民は「天文学的数字だ!」となってしまう。国の借金も1000兆円とか。 ただし、その種の指標は数値をつなげて考えなくてはいけない。GD…

日本のデフレは、国としてのあり方がまったく違うにもかかわらず、アメリカの物真似をして、雇用の規制緩和を進めてしまったことが大きな要因です。(6)

<日本の財政は悪くない> <「日本の借金は1000兆円」という財務省による洗脳> ・話を消費増税の延期に戻そう。そもそも消費税率を引き上げる目的は、「税収」を増やすためである。税収を上げたがっているのは誰かと言えば、それは財務省だ。景気が充分に…

日本のデフレは、国としてのあり方がまったく違うにもかかわらず、アメリカの物真似をして、雇用の規制緩和を進めてしまったことが大きな要因です。(5)

<「日米同盟を破棄して自主武装しよう」も愚論だ> ・日米同盟のコストは年間1.7兆円、防衛関係費が約5兆円、合わせて約6.7兆円が日本を守るために使われている現在のコストだ。それと同じだけの防衛力を自前で整えようとすれば、24~25.5兆円が必要になる…

日本のデフレは、国としてのあり方がまったく違うにもかかわらず、アメリカの物真似をして、雇用の規制緩和を進めてしまったことが大きな要因です。(4)

<財務省が政治家に忖度しない3つの理由> ・しかしそもそも、財務省には「首相に忖度しなければ出世できない」とか「政治家に逆らうと危うい」などといったプレッシャーはありません。財務省は、政治家に忖度をする必要などないのです。むしろ逆に「政治家…

日本のデフレは、国としてのあり方がまったく違うにもかかわらず、アメリカの物真似をして、雇用の規制緩和を進めてしまったことが大きな要因です。(3)

<国益と政策的合理性の追求> <筆者は、「国益を守る」ということが愛国だと思っている。> ・国という共同体において、そこに生きる人々の雇用が確保され、生きがいを持って仕事に打ち込み、相応の賃金が確保されることは、経済政策の根本だ。相応の賃金…

日本のデフレは、国としてのあり方がまったく違うにもかかわらず、アメリカの物真似をして、雇用の規制緩和を進めてしまったことが大きな要因です。(2)

『続・ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ』 秋嶋 亮(旧名・響堂雪乃) 白馬社 2019/5/27 <被選挙権のない者たちが法律を作っている> ・ニホンで制定される法律の80%以上は官吏が作る「内閣立法」です。つまり国会議員の作る「議員立法」は全体…

日本のデフレは、国としてのあり方がまったく違うにもかかわらず、アメリカの物真似をして、雇用の規制緩和を進めてしまったことが大きな要因です。(1)

『国運の分岐点』 中小企業改革で再び輝くか、中国の属国になるか デービッド・アトキンソン 講談社 2019/9/21 <日本の新しいグランドデザイン> ・これは、日本の新しいグランドデザインを考えていく本です。 日本という国がどのような道に進むのか、そし…