日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2020-06-11から1日間の記事一覧

昭和時代でも、実体を把握しかねる大猿とおぼしきものが出没した目撃談・捕殺譚があり、これらは伝承の観念通り狒狒と俗称されている。(8)

・バイオロボットといわれるグレイとともに飛来した金髪碧眼のノルディックは、エンジェルともプレアデス星人ともアルデバランからきた宇宙人とも言われています。米国が宇宙連合とコンタクトしてから60年、宇宙でははるかに進化して、「プレアデスからシリ…

昭和時代でも、実体を把握しかねる大猿とおぼしきものが出没した目撃談・捕殺譚があり、これらは伝承の観念通り狒狒と俗称されている。(7)

『深宇宙探訪記』 (オスカー・マゴッチ)(加速学園出版)1991/8 <悪の帝国(正式名は『正義を任ずる諸世界帝国同盟』の本拠地は大熊座にあり、ドラコニスを主要作戦センター> ・『暗黒の勢力』は、自分たちの基地はオリオン大星雲にある、と私達に思いこ…

昭和時代でも、実体を把握しかねる大猿とおぼしきものが出没した目撃談・捕殺譚があり、これらは伝承の観念通り狒狒と俗称されている。(6)

<くだん【件】> ・半牛半人の予言する怪異。生後すぐに予言して死ぬ。その予言は必ず的中するとされ、証文等で結びの文句とされる「よって件の如し」という表現は、件の予言が確かなためであるという俗説とともに語られる。 件は、多くは人面牛身であるが…

昭和時代でも、実体を把握しかねる大猿とおぼしきものが出没した目撃談・捕殺譚があり、これらは伝承の観念通り狒狒と俗称されている。(5)

<正体の研究・考察> <エイリアン・アニマル説> ・余談になるが、1974年9月から11月にかけて、広島県の東部一帯でUFOフラップ(UFOの集団目撃事件)が発生した。そのため、このヒバゴンがUFOから落とされた“エイリアン・アニマル”ないしは“ペッ…

昭和時代でも、実体を把握しかねる大猿とおぼしきものが出没した目撃談・捕殺譚があり、これらは伝承の観念通り狒狒と俗称されている。(4)

<鈴木紀夫さんがつかんだ雪男の正体> ・どうして鈴木さんがヒマラヤに?と多くの人は思ってしまうが、鈴木さんが小野田さん救出の翌年から雪男に興味を注いでいたらしく、すでに6回もヒマラヤに雪男を捜しに出かけていたのだった。 最後となった6度目のヒ…

昭和時代でも、実体を把握しかねる大猿とおぼしきものが出没した目撃談・捕殺譚があり、これらは伝承の観念通り狒狒と俗称されている。(3)

<オマク> ・人間の霊に関しては、死んだ者が生前の姿のままで、葬儀に現れる例もあれば、今にも息を引き取ろうとしている病人が、下栃内という場所に健康な姿で現れて家の普請を手伝った例も伝わっている。あるいは寺に現れて和尚と世間話をして帰ったとい…

昭和時代でも、実体を把握しかねる大猿とおぼしきものが出没した目撃談・捕殺譚があり、これらは伝承の観念通り狒狒と俗称されている。(2)

『中国の鬼神』 著 實吉達郎 、画 不二本蒼生 新紀元社 2005/10 <玃猿(かくえん)> <人間に子を生ませる妖猿> ・その中で玃猿(かくえん)は、人を、ことに女性をかどわかして行っては犯す、淫なるものとされている。『抱朴子』の著者・葛洪は、み猴が…

昭和時代でも、実体を把握しかねる大猿とおぼしきものが出没した目撃談・捕殺譚があり、これらは伝承の観念通り狒狒と俗称されている。(1)

『図説 日本未確認生物事典』 笹間良彦 角川文庫 2018年11月25日 当ブログ註;(本文修正) <猿神 さるがみ> 『今昔物語』巻十六飛騨国猿神止生贄語第八に 昔、廻国修行をする僧が飛騨国(岐阜県)の山中を道に迷い滝の所に来て途方に暮れていた時に、笠を…