日本は津波による大きな被害をうけるだろう UFOアガルタのシャンバラ 

コンタクティやチャネラーの情報を集めています。森羅万象も!

2020-07-14から1日間の記事一覧

ガルガンチュアといってもただの大男の話で、日本でもだいだら法師の話がある。メリュジーヌはトヨタマヒメの話だ。昔話が世界中で同じような話ばかりであるように、神話伝承でも似た話がいくらでもある。(15)

・ウィキペディア(フリー百科事典)によると、「日本における人口当たりの核シェルター普及率は、0.02%という現状である。(全人口に対し、何%の人を収容できるシェルターが存在するかを基準として)これはスイス・イスラエル100%、アメリカ82%、イギリ…

ガルガンチュアといってもただの大男の話で、日本でもだいだら法師の話がある。メリュジーヌはトヨタマヒメの話だ。昔話が世界中で同じような話ばかりであるように、神話伝承でも似た話がいくらでもある。(14)

・宇宙人の“長衣”に関しては、1960年代後半にサンフランシスコを中心としたアメリカの若者の間で生まれたムーブメントで『ヒッピー』というのがありましたが、ヒッピーがよく着ていた“長衣”を思い出しました。何か契機か繋がりがあったのでしょうか。ニュー…

ガルガンチュアといってもただの大男の話で、日本でもだいだら法師の話がある。メリュジーヌはトヨタマヒメの話だ。昔話が世界中で同じような話ばかりであるように、神話伝承でも似た話がいくらでもある。(13)

・並木伸一郎さんは、超常現象研究家としては、割合知られているようです。amazonに「並木伸一郎」といれますと214件の書籍を知る事が出来ます。「UFO研究やUMA研究など、オカルト分野の第一人者ともいわれる」とのこと。『眠れないほど面白いUFO 9割方、…

ガルガンチュアといってもただの大男の話で、日本でもだいだら法師の話がある。メリュジーヌはトヨタマヒメの話だ。昔話が世界中で同じような話ばかりであるように、神話伝承でも似た話がいくらでもある。(12)

『世界不思議大全』 増補版 泉保也 Gakken 2012/8 <「ダルシィ文書」と異星人地下基地の秘密> <異星人とアメリカ政府が結んだ密約とは?> <明らかになった異星人地下基地> ・1970年代半ばから、アメリカ、ニューメキシコ州アルバカーキに近いマンザノ…

ガルガンチュアといってもただの大男の話で、日本でもだいだら法師の話がある。メリュジーヌはトヨタマヒメの話だ。昔話が世界中で同じような話ばかりであるように、神話伝承でも似た話がいくらでもある。(11)

『裏金神―原爆をこの世に送り出した神』 西郷武士 文芸社 2001/2 <鬼門信仰(艮{うしとら}の金神について)> ・さて、ナオについたこの艮の金神とは果たしてどのような神なのか。金神とは陰陽道系の祟り神で、古来その方角をおかすと『七殺の祟り』を受…

ガルガンチュアといってもただの大男の話で、日本でもだいだら法師の話がある。メリュジーヌはトヨタマヒメの話だ。昔話が世界中で同じような話ばかりであるように、神話伝承でも似た話がいくらでもある。(10)

<●●インターネット情報から●●> 「DEEP IMPACT」から引用します。 雑誌「ム-」の12月号(99年)にウランティア・ブック についての記事が掲載されていました。興味深いので以下抜粋してみました。 「URANTIA」は「ユ-ランシャ」と読むの…

ガルガンチュアといってもただの大男の話で、日本でもだいだら法師の話がある。メリュジーヌはトヨタマヒメの話だ。昔話が世界中で同じような話ばかりであるように、神話伝承でも似た話がいくらでもある。(9)

『UFO遭遇と真実[日本編]』 (久保田八郎)(中央アート出版) 1998/4 <円盤や母船に乗って別の惑星に行ってきた! 体験者;秋山眞人> <肉体のまま母船に乗って><他の惑星の大文明> ・一人は背の高い金髪の白人タイプだった。その人は、非常にこま…

ガルガンチュアといってもただの大男の話で、日本でもだいだら法師の話がある。メリュジーヌはトヨタマヒメの話だ。昔話が世界中で同じような話ばかりであるように、神話伝承でも似た話がいくらでもある。(8)

『宇宙人大図鑑』 (中村省三) (グリーン・アロウ社) 1997/2 <バーンサイド事件、英国、1980年11月13日> <宇宙人の身体的な特徴> ・宇宙人は男女のカップルで、2人とも身長1メートル65センチ程度だった。どちらもブロンドの髪の毛を肩まで垂らしてい…

ガルガンチュアといってもただの大男の話で、日本でもだいだら法師の話がある。メリュジーヌはトヨタマヒメの話だ。昔話が世界中で同じような話ばかりであるように、神話伝承でも似た話がいくらでもある。(7)

<人類のスピリチュアリティを目覚めさせたイジュニュ星人> ・時がたつにつれ、イジュニュ星人たちは水晶窟の聖域からゆっくりと外に出て、地球の人々に、宇宙(『すべてなるもの』)や、彼らが持っている6次元の意識、『光の螺旋』に沿ったあらゆる意識の…

ガルガンチュアといってもただの大男の話で、日本でもだいだら法師の話がある。メリュジーヌはトヨタマヒメの話だ。昔話が世界中で同じような話ばかりであるように、神話伝承でも似た話がいくらでもある。(6)

『漂白する神と人』 (花部英雄) (三弥井書店)2004 <(憑霊の声)> ・憑霊の語りを表した昔話に「こんな晩」というのがある。民俗学者の向山雅重が長野県の伊那谷で聞いたのは、こんな話である。 ・渡し船を業とする川越え人夫が、二十三夜の明け方、そ…

ガルガンチュアといってもただの大男の話で、日本でもだいだら法師の話がある。メリュジーヌはトヨタマヒメの話だ。昔話が世界中で同じような話ばかりであるように、神話伝承でも似た話がいくらでもある。(5)

『オカルト』 現れるモノ・隠れるモノ・見たいモノ 森達也 角川書店 2012/4/10 <「現状は、誠実な能力者には不幸でしょう」オカルト・ハンターの返信はすぐに来た> ・とにかく対談は行われた。以下は『STUDIO VOICE』2008年12月号に掲載された対談の一部だ…

ガルガンチュアといってもただの大男の話で、日本でもだいだら法師の話がある。メリュジーヌはトヨタマヒメの話だ。昔話が世界中で同じような話ばかりであるように、神話伝承でも似た話がいくらでもある。(4)

<天才科学者の告発――“地球製UFOが完成していた!”> ・2014年8月7日、ある天才科学者がこの世を去った。彼の名は、ボイド・ブッシュマン。 ・その死の直前、彼は「エリア51」で科学者としてUFO開発チームにいた経験、自身とエイリアン・テクノロジー…

ガルガンチュアといってもただの大男の話で、日本でもだいだら法師の話がある。メリュジーヌはトヨタマヒメの話だ。昔話が世界中で同じような話ばかりであるように、神話伝承でも似た話がいくらでもある。(3)

(ノッキー・ボー KNOCKY-BOH イングランド) ・ポガートやポルターガイストともいい、家の壁や木製パネルの裏側で、ドンドンと物をたたいたり、ガラガタと音をたてたりする。 (ノップ KNOPS ウェストミッドランド) ・恐ろしい魔の馬。おそらくキリスト教…

ガルガンチュアといってもただの大男の話で、日本でもだいだら法師の話がある。メリュジーヌはトヨタマヒメの話だ。昔話が世界中で同じような話ばかりであるように、神話伝承でも似た話がいくらでもある。(2)

<後世の作家> ・わたしたちがよく親しんでいるマーリンは、マロリーが描いたものですべての要素がそろうが、後世の作家たちも、この偉大な魔術師の話をさまざまに書いた。19世紀には、詩人のアルフレッド・テニスン卿がアーサー王に関する壮大な物語詩『国…

ガルガンチュアといってもただの大男の話で、日本でもだいだら法師の話がある。メリュジーヌはトヨタマヒメの話だ。昔話が世界中で同じような話ばかりであるように、神話伝承でも似た話がいくらでもある。(1)

『フランスの神話と伝承』 篠田知和基 勉誠出版 2018/5/31 <フランス神話> <隠された神々の恐ろしさ> ・ゲルマンの一支族フランク族がフランク王国をたてたとき、そこにはケルト系のガリア人がすみついていた。ローマの駐屯軍の兵士たちもいた。 ガリア…